Zero Audio インナーイヤーステレオヘッドホン ダーククローム Zh-Bx500-Dc – この値段でこの音は凄すぎます!

今までipodに付属のイヤホンで取り立てて不満も感じていなかったのだが、ハイレゾを聴くためfiio x3を購入したのを機にamazonの評価を参考に購入。これを一聴して本当にビックリしました。高音域がとにかく素晴らしいんです。伸びやかで微細な音もしっかり聞こえて、どこまでも澄み渡るような透明感のある音という表現になりますか。低音は量的には物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、締まりのあるタイトな音で必要充分。全体的には高域よりといえますが、決してひ弱な音ではありません。キレのあるシャープな音です。5千円でこの音は凄いとしか言いようがない!クラシックがお勧めですが、この音の素晴らしさを味わうために録音のよいものを選んで下さい。あと女性ボーカルデュオ「やなわらばー」のカバー曲アルバムはおすすめ。彼女たちの歌のうまさと録音の良さがよくわかります。.

よい商品です。期待しすぎたらダメですが普通に聞く分にはいい商品だと思います!.

・シングルbaにしては低音が出る・本体のサイズが小さい・遮音性が高い・タッチノイズが少ない外での使用に向いている機種だと思います。.

一つ一つの楽器の音色まで明確に聴こえる、素晴らしい商品でした。.

使ってみるとみなさんのレビュー通りなので思わずニンマリと笑ってしまいました。(笑)低音については、私はこれぐらい締まっている方が好きなので、全く問題なしです。今までは低価格のソニーのカナル型をつかっていたので、音のよさには十二分に満足しています。現在、持っている昔のcdを片っ端から聞き直しています。.

コードが細くてちょっと弱いですが、毎日使って2年近くもったので充分です。同じものをまた購入してつかっています。.

以前使っていたzh-bx500の方が壊れてしまったので、またこちらの商品を買いました。解像度の高く、低音も力強いところが気に入ってます。イヤーピースはsonyのep-ex11sを使用しています。.

たくさんのレビューに惹かれて購入。確かに解像度は高いし、きれいな音だし不満無し。.

利点と欠点

メリット

  • コスパ最強BA機
  • あまり良い特徴がない…1世代前の音
  • 綺麗だけど少し物足りない

デメリット

追加です。イヤーピースが大中小3種類付属しているのですが、一番大きなサイズのものでも、見た目は結構大きいものの、実際使ってみると材質が柔らかすぎるためか、私の耳にはぴったりフイットしません。そこで、手元にあったソニーのep-ex11(ちなみにこちらはmサイズ)に付け替えてみたところ、ガラッと音が変わり、低音もスカスカというほどではなくなり、量感はそこそこながら締まった低音が出るようになりました。よって、星3つから4つに変更しました。———————————————————————————————まだエージングが終わっていない段階でのレビューです。iphone6sでの感想ですが、他の方が書かれている以上に高音寄りのバランスと感じられます。アコースティックギターなどの音は良いのですが、いかんせんボーカルが耳に刺さるのと、ボリュームを上げると音が割れるように感じられます。エージング後に期待です。.

最新のba型が気になり購入しました。他に使用のイヤホンは、akg ip2とcreative aurvana air ep-avnair を所有しています。音源はwav録音で聴いています。購入後一週間は高解像というだけで音は固いし音のバランスもイマイチでしたが、半月ほど使い込むと、高音に艶やかさが出てき音のバランスも良くなってきました。ba型の低音不足が気になっていましたが、耳への密閉性が良いせいか低音も十分出ています。ただ、中域が出すぎの感があるのでイコライザー(jazz)で低・高域を少し膨らまして聴いています。高音の煌めき(超高域)はakg ip2の方が出ます。低音は引き締まったズドンという感じの音で全体的にエネルギッシュな音です。これがba型の音の特徴なのでしょうか。コードのタッチノイズは出ますのでシュア掛けで使用しています。二万円以上のイヤホンを購入しようと視聴し回っていたときに、レビューだけの視聴なしで当イヤホンを購入しましたが当たりでした。ギターの弦を弾く音までリアルに聴こえ、現在お気に入りのイヤホンです。星4つは、高域がもうひと伸びしてくれれば最高なのにとの希望です。.

価格に対する音質が優れている。より高級なヘッドホンを持っている人でも、扱いが手荒になるシチュエーションなどで活用することができる。全般的に繊細というよりは元気のよい鳴り具合。これまでの同価格帯のヘッドホンの中では確実に優秀な部類であるので、あまり有名ではないメーカーだが、検討対象に含めることを強く勧める。.

再生機はipod touch第一世代、普段使用しているのはakgのk402で、320kppsのmp3音源を再生してのレビューです。amazonのレビューのみで判断して購入しました。まだエージングも済んでいませんが、皆さんのおっしゃる通り、引き締まった綺麗な音がでます。低音も埋もれる事なく、しっかりと聴こえてきます。欠点というか気になった点は、ホワイトノイズがある所でしょうか。ただ、他の方のレビューにはないので、再生機との相性の問題かも知れません。 ホワイトノイズの件を含めても、星5つ分の価値は十分あると思います。迷っている方には購入をオススメします。.

初めてba型のものを買いました。音に関しては文句なしですが、コードに少し圧力をかけるとジージーとノイズがかかるので結構気になります。あと、最近イヤーピースが純正のものを使っているのですがとても外れやすいです。.

皆さんのレビューが非常に高評価ですが過剰な期待は禁物です。あくまで「この値段」でこんなに良い音がするいうことであって、1万円以上のものと比較するとがっかりかもしれません。しかし、本当にコストパフォーマンスの高いよいイヤホンだと思います。前に使用していたのオーディオテクニカのck7との比較になりますが、最初はかまぼこ型で全然よくないと思いましたが、聞き込むに従ってとても自然でよい音に感じてきます。むしろck7がかなり味付けされた音(低音と高音が強調され、全体的にエコーがかかったような感じ)だということがわかってきました。音質・装着感・遮音性などは他の方のレビューの通りですが、以下のような方におすすめできます。◆主に電車・地下鉄で利用する方遮音性はある程度ありますが、いくら遮音しても低音は電車のノイズで聞こえなくなるので潔よくあきらめ、聞き易い中音域メインで聞く。(低音をブーストしないせいか聞き疲れしないように思います)◆主にJ−POP、ジャズなど聞く方前述の通り低音はあまりでませんのでロックやダンスミュージックなどには向かないと思います。といっても低音が全く聞こえないわけではなく、むしろベース音の輪郭はよく聞こえます。とにかく、過剰な期待をしなければとても良いイヤホンです。また、最初は耳が慣れていないため、良い音に感じないかもしれませんが、1ヶ月くらい聞き続けると良い音に変化します。.

現時点でこの商品を買う意味は薄いと思います…安価なシングルbaを使っていますが、少し低音よりでbaの特徴である中高音の魅力が感じられません。それでいて結構刺さります。音はウォーム寄りだと思います。よほど特別な事情がない限り、同価格帯のddの物を買った方が良いでしょう。この商品自体、かなり前の物ですからね…おそらく発売当時ならまだ評価は高かったのではないでしょうか。.

デザイン:シルバー購入。惚れました。いわゆる一目惚れ。いやぁ~、こんなシンプルでカッチョいいイヤフォン様、なかなかありそうでないよね。(同じくお気に入りの)finalのe3000に似て非なる美しいデザインセンスが最高。音質:特に高音域の伸びが良く、1発baの割に低音域まで価格を鑑みても文句無し。過去に散々人工的な荒っぽい安物低音イヤフォンを使ってきた私だが、低音が好きな方も、量感は少ないもののこの締まりあるba型特有の低音に慣れてしまえば他の安物フォンの粗さがお解り頂けるハズ。初めてのba機としても非常にオススメ。但し、モニターフォン的な鳴り方ではないため、完全フラットなものを求めると後悔するのでご注意を。最近流行り(?)のドンシャリ型(ソ○ー製とかね)でもないため、ドンシャリ好きな方もご注意。遮音性:私的には昔からこの弾丸型は最高だと思うのだが、ソ○ーやオー○ク等の特殊型カナルイヤフォンから乗り換えの場合は少し慣れるまで時間がかかりそう。総評:タッチノイズと機器接続時のホワイトノイズにさえ慣れれば、高コスパba入門機として間違いない。1発ba入門機といえば、他にこの価格帯ではソ○ーのc10やオー○クの安いのなどがあるが、それらに比べ頭一つ抜きん出た実直なbaの音を出すと言って良い。ドンシャリのdd型イヤフォンでは隠れていた音が本機ではしっかり聴こえるなど、今までの音楽をまた別の聴き方ができるイヤフォンとしてコレクションしても良いだろう。.

私の耳の穴へのフィット感がとてもいいです。三種類のパッドがついているので多少の融通は利きます。それと思ったより音が良いですね。好みにもよりますが、いままで、b&oのa8を使っていたのですが、ちょっと重すぎる感じがしてきたので変えてみました。.

特徴 Zero Audio インナーイヤーステレオヘッドホン ダーククローム Zh-Bx500-Dc

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:30 mW
  • 重量:3.6 g

聴いた感想を端的にまとめると,①高音,中音,低音のいずれもバランス良く聞こえる②音がより細かく,繊細に聞こえる(情報量が多くなった感じ)の2点が気に入りました。edmやポップスより,クラシックに向いているように思います。わずかながら曇った感じがするので,エイジング(が意味があるかはわかりませんが)で様子を見ます。特に②は,同じzero audioのcarbo basso zh-dx210 と聞き比べて感じたことで,高音に如実に現れます。dx-210は「音を上手にまとめている」感覚,bx-500は「忠実に再現している」感覚です。オーケストラならば,「バイオリンの音」になるのが前者,「バイオリンの演奏者各々の出す音」になるのが後者です。ただ,より広いジャンルをのカバーしている点においてはdx-210に軍配が上がるように感じます。特に,ハウス,テクノ,ジャズ,ポップスなど低音がはっきり聞こえたほうが心地よいジャンルに関してはしっかり鳴りますし,高音も劣らず綺麗に出るのでクラシックにも向いています。店舗等で聞き比べていただければと思います。ピアノをやっている妹のwalkman付属イヤホンが壊れ,プレゼント用に購入しました。彼女自身は,「実際にホールに入って聴いてるみたい!スゴイ!」と興奮していたため,買ってよかったなぁと思っています。.

まず始めに感じたのは、あまり音が漏れないということ。他のカナル型と比べても遮音性は高いほうだと思います。オーディオマニアではないので一概には言えませんが私の所持している他のもの(rh-300、mdr-g75、mdr-xb40ex、she9700、ep-630、ipohneの付属品)と比べると遮音性は一番高く、音質はrh-300に劣るものの、その他の製品より、音のひとつひとつをしっかり楽しむことができます。低音が響く!声がパワフルに聞こえる!というような何かしら特徴のある音を求める人にはこの商品をお勧めしません購入しても「こんなものか」、と感じてしまう可能性があります。BA型の入門的な製品ではないでしょうかこれと言った迫力はありませんが音の丁寧さ、繊細さを楽しみたい人のためのヘッドホンだと思います。.

ジャズを中心に聞いてるけど、低音の鳴り、クリアな高音、何よりバランスがいい。この価格でこのコスパはかなりいい。.

某家電量販店で試聴して購入しました。shureのシングルbaと比較しても遜色ないパフォーマンスであると思います。これで1万円未満で購入出来るので、お買い得であると思います。ただケーブルが細いので、若干質感に欠けます。それ以外は満足しています。.

マランツ、ソニーウォークマン付属のイヤフォンなどを使ってきたが、これらと比較して、例えば、アルヴォ・ペルトの静謐な空気感のプレゼンスがこの価格帯では素晴らしい。交響曲第4がライブであったことに改めて気づかされたほど、聴衆のノイズや楽器のメカ音まで聴こえる。中低域の量感と広がりに乏しいのは事実だが、このコストでこれ以上を望むのは酷か。at社などのアクティブノイズキャンセルも使ってきたが、自然な遮音性に勝るものはなく、音楽性を犠牲にしない満足感をとりたい。ピュアオーディオ再生とは何かを理解しているメーカーではないだろうか。ハイエンド製品に期待したい。.

高音が美しく聴こえます。今まではオーテクを使ってたので重低音には物足りなさを感じますが💦まぁ満足です!.

最高に音がよくかなり長持ちします!遮音性に優れていて集中するときの耳栓としても便利です(笑)ですが、耳のカバーが少し緩い感じがします。専用の入れ物に入れているのですが、出したらカバーがとれていることがしばしばあります。難点はそこだけで非常にコスパも良く6000円ですが、安い方だと思います!非常にいい買い物をしました!.

同じ音源を2台のipodにそれぞれイヤホンをセットし、交互に聴いてみました。[panasonic ステレオインサイドホン rp-hje150]一言で言えば、解像度が明らかに違います。ボーカル、楽器それぞれがはっきり聴こえてきます。素人の私でも解りました。もっとも比べるイヤホンがイヤホンですが(^_^;)panasonicのイヤホンも最初聴いた時はいい音だと思ったのですが、やはり値段の差はあるみたいです。購入して音楽の楽しみ方が増えました。.

Ba型に興味があり、こちらが価格的にも評価もよかったので買ってみました。第一印象は今までに経験のない、すごくクリアな鳴り方だなと感じました。スピーカーで使われる表現をするなら「音速が速い音」です。変なくせはなく、すかっと抜けがよく、低音は強すぎず、高音も個人的にはそれほどとげとげしく感じないため、気持ちよく音楽を楽しめると思います。デュアルのbaも気になりますが、スピーカーの理想形はシングル一発という説ありますし、価格のことも考えると非常に価値の高いイヤホンかもとも思います。.

デザインはやや無骨に見えるが機能的には問題なし。音質は高価な機種よりもクリアで音の忠実な再現が期待できる。逸品といって良いと思う。.

家で寝る時につける用に購入しました。音漏れもあまりせず、家族にも迷惑がかからないので満足してます。音もクリアに聞こえます。.

これまで使っていたイヤホンが断線し、片側しか聴けなくなったので、値段も手頃なこのイヤホンを買いました。クラシックなどやボーカルを聴くのに良いとのレビューもあり少し期待していましたが、コーラスの録音を聞いてみると、ソプラノやテノールのそれぞれのパートの歌い手が立っている位置もよくわかり、音の分離も良くいい意味で驚きました。又耳に入れるパーツが大げさでなく、電車の中などで装着していても目立たず、気に入ってます。口がワンタッチで開閉するポーチも付属し、持ち歩きに便利。イヤピースはMサイズがついていますが、Lサイズ、Sサイズも同梱されているので、自分の耳穴のサイズに合わせ、手軽に交換できます。「L」「R」がボディに表示されているので、装着するとき、わかりやすい。ただ、コードが長いので、別にコードホルダーを買って適当な長さにして使っています。お勧めの一品です。.

リスニングやdtm用途に、モニター用イヤホンを探していました。結論から言うと、ちゃんとソースに愚直でしたが、この価格帯のシングルbaだと音質面では不満足でした。まず標準イヤーピースだと・・・ba型なのでd型のような迫力は無く、蛋白なカマボコサウンドです。低域は輪郭が見える程度、中音域は粒立っていて繊細で音場が広いです。高域はd型のように不自然にごちゃっとせず整頓されていて耳に刺さりませんが、ハイエンドまで伸びていません。中音域を中心に非常に綺麗な解像度と音場ですが、シングルbaゆえか、ロー・ハイエンドはあまり解像感なし。続いてaudio-technica finefit イヤーピースだと・・・標準イヤピよりも低域と高域が持ち上がり、音場感・解像感が増しますがその分中音域の解像感が少し落ちます。sony xba-1slと比べると・・・sonyっぽい・・・じゃなくて。bx500のほうが中・高音域の解像度がずば抜けています。どっちもカマボコ傾向のフラットなんですけどね。apple in-ear headphoneと比べると・・・bx500の高域の解像度・音場・音質自体が結構ひどく聞こえます。apple in-ear headphoneのほうはツインbaなのと若干高域寄りなので仕方ないですが。apple earpodsと比べると・・・やはりearpodsの方が迫力(と低音)がダンチです。ba型は歩いてたり外出先だと低音聞こえ辛くなる現象ありますし。音場もearpodsの方が若干広いですが、解像感はbx500に軍配が上がるかと。イヤーピースの穴を軽く指で塞ぐと、iphoneの半分の音量程度なら何鳴ってるか聞こえないので、耳にはめている限り音漏れの心配は無さそうです。写真を見れば分かりますが、ケーブル左チャンネル側に突起がありlrの確認が容易にできるところが個人的に気に入ってます。あとハウジング小さくてびっくりしました。変な味付けや偏りは無く、「ゼロ」のまま鳴らしてくれます。ただシングルba型なので音質や音場の限界も価格的にあります。手軽にbaの音を聴きたい、低価格のモニターライクなba機が欲しい、とかなら検討範囲内かと。.

これまでのイヤホンはダイナミック型、セミオープン型ばかりを使用してきましたがなんとなくレビューを見ていてbaに興味を持ち、いろいろなbaを聴き比べてみたところこのzeroaudioが自分の耳には合っていたので購入しました。主な使用環境: 電車内、自転車移動、歩きカスタム: comply t-200装着視聴曲ジャンル: ロック、ジャズ、クラシック少々感想: 使用して1ヶ月経ち、ようやくこの製品の性能が出だした感じです。中音域に特徴があり管楽器、アコギ、クランチギターの音がきれいに響きます。低音は無理な押し出し感はなく、楽器本来の低音域(実際耳で聞いた感じ!)が出ており貧弱でもなくいいバランスで鳴っています。高音域は耳に刺さる感じもなく聞きやすいです。電車内での音漏れもほとんど気になりません。遮音性も良く(comply使用)あまりケチをつける所が無いです。あと今後気になるのは耐久性でしょうか。これから何ヶ月か使用してみて何かしら問題があるかもしれませんが・・・。トータル的にはとてもバランスの良いイヤホン。楽器本来の音が良く出ており、生演奏ぽい感じ(細かな演奏ノイズ)もあり(良い意味で!)とても気に入っています。.

たしかに、高中音域はクリアな感じ(金属感が否めないが)がしますが、低音域は厳しいですね。ロックに限らず、ベースやバスドラのグルーブを感じたい人には勧められません。ba型?で良いとのレビューで買いましたが、私には違いがわかりませんでした。イコライザーで調整後は、まあまあかと思いました。.

みんなのレビューを見て、当初購入したが、私が想像していた音質とはちがっていた。中高音が思った以上に伸びない。低音は、そこそこ出ており、若い人向けの音作りのようである。 しかし、コストパフォーマンスは良い。   .

ゼンハイザー好きが安さにつられて最初にbassoを買って、今回で2個めのzh-bx500になります。ここ数年は音源ソフトのほうに含まれる低域が広がっているだけに、そろそろ耳が年をとってきた人間には低音オシのモデルは辛くなりました……。実際問題、カナル型は比較的安価に幅広い音域と音量が楽しめるようになってきましたが、ヒップホップやレゲエに続きダンスミュージックがポップスの世界を席巻している状況では耳を痛める可能性もどんどん高くなっています。そういう状況のなかで、コスト面も含めてこれは上手くバランスが取れるイヤフォンではないかと思います。ここから上を見るなら、クリプシュのx10以降か、オーバーイヤーヘッドフォンに進むべきではないかと思っております。.

この価格で、ここまでの高音質は、驚異的です。エージングでどのように良くなっていくのでしょうか?兎に角 凄い.

BAタイプのカナルは初めて使います。今まではオーディオテクニカのcks50を使っていたためだと思いますが低音がすかすかです。。高音とか細かい音がという点はかなり良いですその分低音がもう少し何とかならない物なのでしょうか・・ドラムの音が高音に埋もれてしまうのはなんだか奇妙な感じがします。音楽を選ぶのかなぁとは思いますが。。2012/02/06正直箱に入れたままにしていたのですが久しぶりに箱からだして静かな環境で聞いてみると全然良い!代わりに今までのが低音うるさすぎだったり聞く環境とか音楽で全然違うのかな?低音慣れるとこれはこれで素直ないい音だったりします。イコライザーはちょっと低音よりにするとより良い感じかな元々感じていた中、高音の繊細な感じはやっぱりbaタイプなんでしょうねぇってな事で星を一個増やして四つにします!.

素直で脚色がない感じ。音は淀み無くて、ボーカルも非常に綺麗に聞こえる。この一点のみには非常に優れていると思う。ただ、低音は物足りない。音の立体感はない気がする。.

音がclearまあ低音はそこまで出ないけどね。でも付属イヤホンからワンランク上が欲しい人は十分おすすめ.

評判がいいzero audioのイヤホンです。特に中域がよくアニメ鑑賞、ゲームプレイの時に使ってます。音楽とかはオールokとはなくロックやj-popなどはあまり合わないように感じます。.

あまり高いのは飼えないので丁度いい価格と、これならいいと思える音が感じられます。使用感も問題ないです。.

ベスト Zero Audio インナーイヤーステレオヘッドホン ダーククローム Zh-Bx500-Dc レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.