Yinyoo Shuoer Tape コンデンサー(静電)型ドライバー ハイブリッドイヤホン イヤモニ型 金属cncアルミニウム合金キャビティ 高純度銅ケーブル付き【正規流通品】 – 2種類のドライバーのおいしいところを最大限生かした楽しい音色

ブログなどで情報収集してから、3000円引きクーポン+購入10%引き=8700円に押されて買いました。いい意味で意外だったのはケーブルの変更。2. 5mmバランスになっています。l字型の2. 5mmアンバランス変換プラグが付属しますが少々ごっついです。悪い意味で意外だったのはもっと高音と低音が暴れてくれるかと思ったら、低音が全然弱いということ。もちろん聞こえないわけではないのですが、とてもネット上の評判通りのドンシャリだとは思えません。写真のイヤーピースはクリスタルチップ(フォームタイプ)でしっかり耳穴は塞がれていますし、他にもいくつか市販のイヤーピースを試した限りの結論です。注意点や気になったことをいくつか。耳穴へのフィッティングが困難でなかなか密閉されません、付属イヤーピースは耳からすぐ外れてしまいます。ノズル軸が太いためスピンフィットなどの装着は大変で、頻繁な脱着をすると破れるかもしれません。fender sureseal tipsも装着はできますがイヤーピースの出口ギリギリまでノズルが迫るので非推奨です。手持ちではスパイラルドット無印とクリスタルチップは良好でした。耳の内側(ノズルがある側)は面取りしてあって痛みはないのですが、外側のテープをかたどった出っ張りが外耳にぶつかって結局少々痛いです。我慢できないほど痛いわけでないにせよ、落胆要素です。また個体差でしょうが、左側のmmcxケーブルがしっかり刺さらず抜けやすく気になりました。対策としてコネクターシールドjac-cs01を買おうかと思います。最後に音質について。中高音はきれいに分離してクリアで聞きやすく、キンキンシャリシャリはしません。baともddとも違うコンデンサー型独特の中高音の実感があれば嬉しかったのですが、特になし。ここに存在感のある低音がドーンと乗ってくれなくて拍子抜けで残念です。.

珍しいコンデンサー型ドライバー搭載イヤホン。中高域の解像度がとても高く、楽しく聴ける元気なサウンド。カセットテープ型のデザインは斬新でとてもクールですね。また、四角い形状だけど装着感は良い。ケーブルも思ったより高級感がすごい。つまり、とても楽しいイヤホンだと思います。.

コンデンサ型ということと、デザインもユニークなことで興味をもって購入しました。たしかにddよりは解像度が高い気がします。baの音に比べると各楽器の音に丸みがあるように思います。測定データも貼っておきますが、環境や使用機器で結構な差が出るものなのであくまでも参考程度です。一言で感想を言うなら、楽しい音ってことですね。.

静電型は初めてなのですが、これは純粋な静電というより、低域をddで補完した楽しさ優先の中華イヤホンらしいチューニングに思えます。まず独特のデザインが目に付きますが内側はきちんと丸みを帯びており装着感はかなり良いです。ボディはおそらく想像よりも少し小さく、仕上げの質感も良好でした。高音域から中音域にかけては静電型のイヤホンらしく繊細に表現されています。ba イヤホンやハイブリッド型と比べても細やかなディティールまで表現されているんではないでしょうか。ただこのイヤホンの個性となるのがこれに組み合わされる低域部分。非常に元気で全体のバランスを力強いものに変えています。どうやら海外サイトの分解図を見る限りドライバーはダイナミックドライバとの複合タイプのようで、二つの種類のドライバーのそれぞれのおいしいところを抜き出したような鳴り方をします。バランスよりも楽しさ優先の音で個人的には大変気に入りました。価格も静電型としては大変安価なので外観含め業務用おった方は挑戦してみてもいいのではないでしょうか?大変おすすめです。.

特徴的なフェイスデザイン、独特なドライバ構成、popなパッケージ、謎物体なイヤホンケース。これといった統一感もなく好きなものを好きなように詰め込んだような製品ですねw肝心の音のほうも各ドライバが遠慮なく好き放題に音を出してる感覚なのですが、それでいて破綻の感じられないサウンドチューニングはお見事としか言えません。装着感も良好ですし、付属ケーブルの質も高くリケーブルの必要性は低そうです。もちろんバランス接続にする場合などは必要になりますが、このイヤホンはもう少しカジュアルな使用法のほうが似合うかな?若干音量が取りにくい気配がありますが、スマホ直刺しでも十分使えますし。全体的にかなりのお気に入りなのですが、敢えて気になった部分をあげさせていただくと…付属イヤーピースは薄くペラペラでイマイチ使えない。ケーブルスライダーは実質使えない、動かすと被覆を傷つけそう。巨大なマーブルチョコにしか見えないケースは実用性としては?パッケージは平箱のほうが片付けるとき邪魔にならない。私はクーポン&キャンペーン割引で\10000未満で入手させていただきましたが、定価で入手したとしても価格相応以上の満足度の得られるイヤホンだと思います。気になった人は是非ゲットしてみてはいかがでしょうか。.

あまり聞かない静電ドライバーという点とイヤホン本体のデザインに魅かれて購入しました。高~中域に目立った特徴がありますね。唸り出る様なとても明瞭感のある、baとはまた違った感じの鳴らし方をします。低域は10mmドライバーを採用しているイヤホンによくあるパンチのある普通の低音です。聞き慣れると、明らかに静電ドライバーと10mmドライバーの音、と言うものが感じ取れてきます。良く言えば、上手に分離できていて各々の長所が目立つ聞いてて楽しいイヤホン、悪く言うと中~高音に対して低音が普通すぎ…?と感じてしまいます。低音が普通かな…?とはいえ、主なのは特徴のある中~高音です。コイツが色々と強すぎます。でもってして全体としての完成度は非常に高いイヤホンです。笑更に言うならば、リケーブル不要と言っても過言では無い6nのなかなか高品質な取り回しの良いケーブルやダブルフランジイヤーピース等が付属しており、10000円台のイヤホンにしてはダブル☆オドロキな内容となっています。恐らく、数多くのイヤホンを所持している人でも埋もれてしまわない、音もデザインも印象が強く残る唯一無二のイヤホンではないかと思われます。かなりオススメです。.

楽しい音です!※音漏れ大。普段はroseのbr5mk2を愛用してます。ボーカルに潤いや色気があり、凄く気に入って使ってますが一つだけ不満があって、低音に力強さがないことでした。ケーブルやプレイヤーにかなり投資しましたが少ししか改善されなくて、この商品を試しに購入してみました。一言で言うなら元気で力強い音です。繊細さには少し掛けます。また、br5mk2程ボーカルに色気は感じませんが聴いてて心地よい音です。ただし、注意点は音漏れがかなりあります。排気口があいてるんですが、そこから音漏れします。記載にはないですが密封型ではなく開放型に近いと思います。遮音性もほぼ無いです。パッケージもかわいくてメーカーの自信作なんだなと思いました。スパイラルにハマってる人試してみて下さい。ただし、人が密集する場所での使用には向かないと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 良いイヤホンだと思います

  • 心地よい楽しい音です!ただし音漏れ大

  • 2種類のドライバーのおいしいところを最大限生かした楽しい音色

デメリット

特徴 Shuoer Tape コンデンサー(静電)型ドライバー ハイブリッドイヤホン イヤモニ型 金属cncアルミニウム合金キャビティ 高純度銅ケーブル付き【正規流通品】 (ブラック)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • コンデンサー(静電)型ドライバーとは、 薄い振動膜に電気をあらかじめ貯めておき、周辺に音楽信号を流すことで振動膜を振動させて音を出すしくみです。
  • カスタムグレードのミニチュア低電圧静電ダイナミックドライバーを搭載、 低歪みと優れた過渡応答、優れた分離性能と豊かな楽器表現
  • 金仕様のイヤホン、衝撃と落下に強い頑丈なボディ、光沢仕上げ、傷や腐食に強く、特殊な製法により音響効果の高い無振動空洞を実現して低音の共感性を高めました。すべての音域にバランスの取れた音色を響かせるので、音楽ジャンルを選ばない柔軟性を兼ね備えています。
  • 人体工学に基づいた設計で耳に心地よいフィットし、激く動いても落ちず、長時間つけても痛くならず、最適なつけ心地とともにご使用いただけます。
  • 当店でお買い上げの場合には、6ヶ月の製品保証(修理・交換対応)があります。 ご購入日から6ヶ月以内に不具合などが発生した場合、無償で修理、または交換させていただきます。

コンデンサー(静電)型ドライバーとは、 薄い振動膜に電気をあらかじめ貯めておき、周辺に音楽信号を流すことで振動膜を振動させて音を出すしくみです。 ◎スペック モデル名:SHUOER 6508 TAPE コンデンサー(静電)型ドライバー ハイブリッドイヤホン インピーダンス:18Ω 出力音圧レベル:104db± 2% db 再生周波数帯域:20Hz-30kHz ケーブル:125cm 着脱式 マイク:無し プラグ:Φ3.5mm ステレオミニプラグ ケーブル:あり プラグ :mmcx

ベスト Shuoer Tape コンデンサー(静電)型ドライバー ハイブリッドイヤホン イヤモニ型 金属cncアルミニウム合金キャビティ 高純度銅ケーブル付き【正規流通品】 (ブラック) レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.