Yinyoo KZ AS10 重低音 高音質 イヤホン イヤモニ型 イヤホン 2pin イヤホン 片側5バランスド・アーマチュア を搭載 合計ドライバー10基 ハイレゾ型 イヤホン カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン【純正品 合計バランスドアーマチュア10基搭載・付属品-0 – 遮音性

音が篭ってると、他の方からもご意見がありますが、自分も箱出し状態だと、確かに篭ってました。しかし、エージングと通常の視聴をするにつれて、篭りは無くなってくると思います。ちなみに、10時間程エージングと鳴らし込みをしました。今はzs10よりお気に入りです。さらに、鳴らし込みをしたところ、篭りはすっかり取れました。この機種の特質すべき所は、低音の質だと思います。低音は素晴らしいです。かと言って高音が出てない訳ではありませんが、高音の解像度が良ければ100点だと思います。まだまだ、エージングと鳴らし込みを続けてどう変わるか楽しみです。.

当初は付属のケーブルで使ってましたが,二日目でいきなり右から音が出なくなりました。手持ちのケーブルでリケーブルしても改善しなかったのでas10に問題があると判断し,購入履歴からwtsun audioに問い合わせをしたところ,交換対応になりました。メール対応は日本語で,大阪の南港の事務所にレターパックライト(360円)で製品を送るように指示があり,こちらの作業としては「レターパックライトをコンビニで購入→イヤホン封入(箱は無しでok)→メールに記載の宛先を記載→スマホで写真→レターパックライト投函→メールでwtsun audioにレターパックライトの画像を添付して返信」でした。対応は早く,レターパックが到着した日に即日,新品発送してくれました。ちなみにレターパックライトの360円はamazon経由で返金して貰えています。(返品作業の手間と時間は帰ってきませんが・・・)さて,肝心なas10の感想ですが,手持ちのzs5と比べるとボーカル曲向けかなという感じです。zs5だと楽器が主張しすぎる感じがあるのですが,as10は全体的にまとまって心地いいです。逆にインストだとちょっと物足りないかな?という感じの曲もあるのですが,全体的にはas10がバランス良くて気に入ってます。.

片耳5baというkz初のbaオンリー!!期待に胸が踊り、出た瞬間に買おうとしましたが…………やっぱ恐い。そういうギャンブルは苦手なんですよ。bisonicr様や辛口で有名な辛口様?のサイトや人柱となられた方々のレビューを見ながら、11/11の1000円引きセールで買ってみました。baなので、そんなに鳴らしこんでも変わらないことは知っているので、即刻リケーブルします。ケーブルはtyb1という8芯の銀メッキ銅線と銅線のミックス線です。音質(五段階評価)付属ケーブル高音★★★☆☆中音★★★★★低音★★☆☆☆リケーブル後高音★★★★☆中音★★★★★低音★★★★☆高音の★4つは正確には3. 5って感じですね。当たり前だけど響きが弱いかな。中音は綺麗に鳴りますねぇ…………ボーカル聴くには最適!解像度なかなか良いです。この解像度を日本で作るなら、日本のオーディオ業界は赤字経営ですね。滅茶苦茶高くなりますよ。音場以外と広め。kz zstより広いかな。広くて解像度が高めなイヤホンは少ないからありがたい。まとめ今くらいになると、安定したロットが手に入りますね。ハズレを引く人はむしろ運が良いレベルになります。この時期のハズレロットは天文学的確率なので。リケーブルはした方が良いですね。今、4芯ケーブルユーザーの人は6芯より8芯をオススメします。16芯と8芯の間にはあまり差はありませんが……。話はそれましたが、kzの中でもリケーブルの変化が楽しめるイヤホンですね。もちろん、リケーブルしなくても良い音ですよ。今のところ(2018/11/20現在)kz as10が個人的に最強ですね。zs5よりas10ですね。稚拙な文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました(^. -)(__)追記(書き忘れ)普段、私はイヤーピースのサイズがlなのですが、as10にはmを使いました。個人の耳の差なのかもしれませんが、一応書いておきます(^^;参考までに!!追記(2018/12/26)・写真3枚目の金属製のプレートについて。プレートは取り外し可能です。これから出るイヤホンについても同様にプレートに機種名が書かれる形だと思います。(kz ba10で確認済)・イヤーピースについてこの機種はノズル(ステム)が短く、穴の大きさが大きいです。オススメとしてはjvcケンウッドのスパイラルドットイヤーピースなどの穴が大きいものです。(azlaのイヤーピースなどもいいですよ).

遮音性がとてもよく音質もいいと思います。修理依頼の時も担当の方の対応がとても良かったです。.

使用環境:shanling m3s(ローゲイン、バランス接続)snsでは評価が大きく別れていて、地雷臭が漂っていましたが、zs6などのハイブリッドの音に飽きていたため、ハズレ覚悟で購入しました。一体どんな篭った音なのだろうかと逆に期待しながら箱出し直後の音を聴いてみたら、その期待は裏切られ、低音は多いですが繋がりが自然な音を奏でてくれました。1万円以下の多ドラbaとしてはこの時点で合格点です。もちろんただ良いだけではなく、初期状態では低音が多く、リスニング傾向のdapでは低音過多になってそれが篭りの原因になると思います。as10の低音はbaとは思えない量感ですが、バスドラがドゥンドゥン頭に響くほどの深さはなく、ベースが目立つ傾向です。また、as10の良いポイントは中〜高音域です。zs6のような極端なドンシャリ特性ではなく、それぞれの帯域を別のドライバーが担うという多ドラの恩恵により分離感が高くボーカルが非常に映えるセッティングにすることができます。合わせるケーブルですが、超高域の伸びはイマイチなので、銀メッキ系が合うと思います。ブルジョワな方は純銀線も試してみるのもいいかもしれませんが、私は知りません()。低音がまだ多い場合は、イヤーピースをいろいろ試して、いい感じに低音が減衰できるものを探しましょう()。私は現状ではオーテクのsolidbassシリーズ付属のイヤピが意外と合いました(写真のものではありません)。ちなみに遮音性は非常に高いです。比較的耳の奥までしっかり入りますが、大きめな筐体(zs10よりは小さめ)なので人によっては痛くなります。イヤピ選びなどでシビアな面はありますが、派手すぎない傾向が好みであれば買いです。.

Kz初のbaドライバーのみの片側5baイヤホン。イヤーピースをfinalのeタイプケーブルをyinyooの8芯銀メッキにリケーブルして10時間ほど鳴らしてます。as10、良い意味でkzらしくないフラットな音だと感じました。音場も比較的広く、篭りもありません。低域はキレの良い締まった低音。量も十分。中高域は非常に解像度の高い明瞭な音。ギター、ピアノ、女性vo等とても心地よく聴けると思います。音量はかなり取りやすいですが、dap等で鳴らす事でより、実力発揮出来ると思います。イヤーピース、リケーブルで音の印象も結構変わると思いますので色々試して好みの組み合わせを探すのも面白いと思いますね。zs10と比べて一回りコンパクトで厚みも薄くなっているので装着感も良いです。個人的にはkzのイヤホンで一番お気に入りになりました。片側5baドライバーで7000円台は破格だと思うのでイヤホン好きな方には是非試してもらいたいです。.

Kz zs10を購入した友人からこのイヤホンを勧められて購入しました。この商品を買う前は他社の2pinタイプのイヤホンを使用していました。絶賛エイジング中ですが、徐々に篭っていた音が解放されてきてクリアになってきました。しかし、イヤホンのせいではないですがiphone8で聴くと音質が著しく低下します。購入後、リケーブルすればブルートゥース化もできますし安くていいイヤホンが欲しい方にはおススメです。また、耳が小さくてもフィットしやすいと思います。.

Zs10と比べると、ダイナミックドライバがないおかげか、かなり小さく感じます。なので、zs10のようなチープさはあまり感じないです。また、商品写真ほどには中の基盤は透けてないです(グリーンの場合です)。付属ケーブルはzs10と同じもののようです。針金入りが好きではないため、6芯の銀メッキ銅ケーブルを使用しています。そのためか、純正ケーブルでもそうなのかは、分かりませんが、高音域が若干刺さります。いちおう、コンプライ系のイヤーピースを使うことで解消できています。trn v10の付属ケーブルに変えてみたら、刺さりはなくなりました。その代り、低域の締りと全体の分離が悪くなりました。このイヤホンの本領を発揮するにはリケーブル必須のように思います。baがステム内でなく、奥に配置されているためか、音場は狭くはなく、前方定位で、かつ立体的に感じられます。音の分離はかなりよく、いわゆる、「今まで聴こえなかった音が聞こえる」を実感できます。コンプライ系のイヤーピースだと、解像度が若干そがれるようです。音色は、かなり自然で、原音忠実性はなかなかのものだと思います。どの音域も他の音に邪魔されずにはっきりと聴こえ、ヴォーカル曲では、ヴォーカルが前面にくっきりと浮かび上がります。中華baにありがちな中高音の不自然さはないと思います。遮音性はかなりいいです。-30db位はあるんじゃないかな。装着感もzs10に比べるといいかな。形状がアレなのでおさまりが悪いのは致し方ないですが。zs10も、なかなかのものでしたが値段にしてはといった程度。こちらは値段以上のものを持っているイヤホンだと思います。.

利点と欠点

メリット

  • ダメな物にはダメと言おう
  • 少し高くてもお勧めです。
  • 音はリケーブルとエージングで化ける。個人的にKZの中では1位。Ω数値低めなのでそこ注意。

デメリット

【大前提として】購入価格の7千円前後の価格帯のイヤホンと比較して平均並みで星3つとします。(中華イヤホン縛りのレビューをご覧になりたい方は読み飛ばしてください)購入するにあたり気になる以下の3項目についての評価です。①音質②装着感③外観・質感①音質については星1つbaドライバで低音を盛りすぎで潰れ気味。これなら低音がddモデルの方がまだよい。中〜高域はba5ドラとは思えないほど地味な音。5ドラ故にドライバ1発の製品よりも1ドライバあたりのコストは1/5のはずなので1ドラ1000円レベル音質とクオリティ。その1000円のイヤホンが5つ同時に鳴っている、そんな感じだと思ってもらえば分かりやすいでしょう。そう思って聴くとそんなに悪くない音に感じるが、それでもやはり半値程度で買えるdd1発のファイナルや、茶楽音人などのイヤホンの方がよほどスッキリしていて良い音がする。(※これらのモデルをオススメしている訳ではない)アンダー5000円のイヤホンの中には1万円クラスと評価されるものも多数存在する激戦区。そのワンランク上の価格帯のクラスでこの音質では低評価は致し方ない。②装着感については星3つ筐体が大きい割には私の耳には違和感なく収まったが、女性や耳の形状が小さめの方にはちょっと厳しめのサイズに感じる。個人差が大きく出そうな形状のため可も無く不可も無く、の星3つとした。③外観・質感については星2つスケルトンのプラスチックの質感が100均のプラスチック並みに安っぽい。何より、0Ωのジャンパー抵抗をスケルトンで見せるデザインは、仕事柄基板を扱う私としては超絶ダサくしか見えないので星1つの評価だが、最近流行りの『ダサかっこいい』という見方をする方もいらっしゃる、かも知れないので100歩譲って星2つとした。以上、3つの評価を平均して星2つの評価とさせていただきます。kzのイヤホン縛りという“井の中の蛙”であれば評価は星5つでも8つでも構わないが、アンダー1万円クラスという大激戦区で、国内外のメーカーがしのぎを削って世に送り出したイヤホン達がひしめく“大海”では、正直 太刀打ち出来るレベルではない。あえてkzイヤホン比、で言えばzs5よりは100倍良い音です。笑●商品説明欄にエージングについて面白い事が書いてあったので一言音響機器におけるエージングとは、新しい音を自分自身に馴染ませることが大部分であり、使い続ける(聞き続ける)事で目が慣れ、取り扱いや操作に慣れ、やがて耳が音に慣れることを言うのです。その変化の98%はプラセボ効果で残りの2%ほどが実際に機器が馴染んで変動したものだ、と思ってもらえば間違いありません。ブラインドテストをしてみると、如何に思い込みで音が変化して聞こえているかが分かります。面白いので是非やってみてください。これは当然の事で、メーカーは、素材を吟味し形状や取付けを計算し、何千何万時間も音を鳴らし、低高温試験をして、音質だけでなく出荷時の特性(性能)を維持出来るよう設計開発しています。(あえてエージングエージングを楽しむため天然素材を使用している製品も中にはありますが)ところが、商品詳細欄には『【本来の性能を発揮するにはエージングが必要です】 ・ 100~200時間のエージング(慣らし運転)することで、購入当初とは別次元の、驚くべき音質に進化します。』と書かれています。もちろん、ここで言うエージングの本当の意味は『ダメ音なイヤホンだけど200時間も聞き続ければ(ざっくり1日1時間、週4日のペースで “1年間” 聴き続ければ約200時間)貴方の耳も慣れて騙されて良い音に感じてきますよ』ということを遠回しに言っているだけなのです。本当に進化?!したら、それはもうトランスフォームと呼ぶべき機械の姿をした生命体です。笑工業製品は出荷時の状態を最高の状態(メーカーの意図するスペックに1番近い状態)として、使用頻度や時間経過で劣化して行く事はあれど、良くなっていく、などという事は絶対にありません。工業製品に『2日目のカレーは美味しい』理論は通用しません。当然ですが、例え機器が馴染んで音に変化があったとしても、メーカーの想定する範囲内(製品の規格内の変動)であればgackt様級の耳を持ってしなければわからないレベルの変化しかありません。(そのくらいの規格じゃないと個体毎に特性が違ってもokって事になってしまいます)もし万が一、分かるほど変化したなら、商品出荷時のスペック(特性)を維持継続出来ていないので、それはただ故障しただけの不良品です。すぐに修理に出しましょう。『買った時よりどんどん音が良くなってるぞ!どういうことだ!』ってね。笑もしエージングをするのであれば、変なエージング音源みたいな、ただのノイズを大音量で鳴らし続けるのではなく、自分の好きな音楽を自分が快適だと思える音量で再生し、必ず自分の耳で聴き続けて下さい。これが音響機器における正しいエージング方法です。オーディオ機器におけるエージングと、機械製品で言う擦り合わせやオイルを馴染ませる、いわゆる“慣らし運転”とは全く別物なので、いくらイヤホンの振動板をブルブル振動させっぱなしにしても、馴染むどころか劣化を早めるだけです。例えば20khzの音は1秒間に2万回も振動板が振動しています。もちろん通常の使用であればそれに耐え得る素材でメーカーは設計していますが、ある特定の音を連続で鳴らし続けたり通常の使用範囲を超えた大音量で鳴らし続ければ、同じ使用時間であっても劣化を相当早めるだけ、という事は少し考えればわかる事です。もちろん、私は買ってすぐに劣化した中古品になり下げるような愚行はいたしません。笑以上、駄文レビューに最後までお付き合い頂きありがとうございました。.

今まで使用していたイヤホンとは比較にならない音の良さ…と思って使っていたら、3日目に左側プラグが接触不良になり、音が出なくなった。持ち運びもせず部屋で使用していてこれなので、耐久性低すぎじゃないですかね?そんなわけで星1つ。.

さくらレビュー大嫌いな人間ですので、自分が思ったことは素直に書きます。音に関して数十時間聞いて思ったことは、baなのに高音伸びないわー、低音の質が悪い(濃厚な音が出ない、明瞭ではない)が、複数のドライバーを搭載しているのにも関わらず、音の繋がりに違和感がない!、全体的な音のバランスは良いという点はkzさんナイスです。装着感に関してatrやzs6など使ってきましたが、これ一番酷いですね。いままでほとんど使ってきたイヤホンは装着感が悪くてもイヤーピースを変えれば直ぐに良くなったのですが、このイヤホンではそういきませんでした。複数のメーカーのイヤーピース持っているので、試しにスパイラルドット、サウンドピーツ、エレコム、フィナル、コンプライ、オーディオテクニカなど試しましたが、どうもしっくりこなくて、最終手段として スピンフィットにしたら解決しました。スピンフィットのcp145がおすすめです。(cp100だと少し小さいかな)参考になったら、参考になった を押していただければ、これからもレビューを書く意欲が出ます!.

Ba機試してみたくてどうせなら多ドラと購入しましたダイナミック型と比べるとなるほど低音などに脚色が薄く自然体な音なのかなと他の方も仰るように勝手に期待してたキラキラ感とか粒だちは感じなかったです解像度に優れたダイナミック型と言われたらたぶん信じちゃいますね多ドラでありながら上手くチューニングされてるからこそうける印象だと感じるのでとても良品なんだと思います同価格帯のダイナミック型イヤホンと比べれば比較にならない解像度であるわけですしお得ですね良いですよ最後に本体に耳垢ガードがついてないのでそこは嫌ですね.

Kzのイヤホンではzs10に続き2個めです。エージングが済んでいるかというと微妙な段階の評価です。ケーブルはバランスタイプの中華ケーブル(安いやつ)に、イヤーピースはフィットイヤーのダブルフランジを使っています。dapはak70です。zs10比べるとドンシャリ具合は抑えられているように思えます。解像感は程々に高いのですがzs10のほうが高音のシャリ感は高く、低音はダイナミック型の恩恵か強く感じます。しかし、しっかり解像もしてるし音も出てるので逆に言うと落ち着いて聞ける品になっていると思います。zs10とは金額差があるんでどちらがおすすめかと言われると悩みますが、多ドラな感じを求めるんであればzs10、落ち着いて聞くことを優先するならas10でしょうか。zs10に比べて一番のアドバンテージはやや小ぶりになったことによるフィット感でしょうか。このおかげで遮音性も高く感じます。メイン機のshureのse535ltdに比べると中高音の艶やかさ、フィット感、遮音性は譲りますが音場の広さなどはこちらのほうが上かと。まぁshureは音場狭いんであれですが。品質もだいぶ安定してきたようですし金額を考えるとおすすめできるんではないかと。まぁzs10よりはだいぶ高いのでzs10程は手放しでおすすめできないので★一個減らして4つで。.

評判が良いので期待をもって購入したが出音は普通というかフラット。今のところこれといった特色を感じないのだがbaタイプはエージングが必要ということなのでこれから変わってくるかもしれない。現時点ではkz-zsrの方が中低域が充実した濃厚な音を聴かせてくれているので、それに比べるとas10はあっさりし過ぎというかフラット過ぎる。それをモニタライクといえばhifihear f30も同系統の音なのだが、印象はf30の方が上品にまとまっていて良い。とはいえ気に入って購入したas10なので、時間をかけて聴き込んでいきたい。エージングで出音が変化すればまた追記としてコメントを書こうと思う。ちなみにビルドクオリティは大変良いし化粧箱も高級感がある。緑色(シアン)を選んだが商品写真より実物の方がずっと良い色だ。深みのある宝石のような緑色で眺めていても楽しい。【追記】ケーブルを上質な無酸素銅ケーブルに換装、イヤピースも高域減衰フィルター付きのものに換えてエージングを数十時間行なった。音質はかなり良くなったがエージング効果なのかアタッチメント換装の効果なのかはわからない。とにかく自分好みの中低域に重心のあるクリアなサウンドにはなったと思う。重低音は唸るほどではないがパンチがあって解像度も良好なので輪郭が曖昧にならない。高域減衰フィルターのお陰か、ba特有のキラキラ感は少し抑えられてボーカルが前に出るようになった。音場は広く全域にわたって解像度は増した。デフォルトのセッティングで最高の音にはならないが、いじればそれだけ音質の向上がみられるので素性の良いイヤホンなのだろう。評価は1つ増やして星4つ。.

エージング効果はオカルトという意見がありますが電子部品は確実にエージングにより変化があり、出荷する時点がベストの状態ではないです。それは工場でもエージングは行いますが長い時間かければかけるほどコスト高になるため仕様を満たすところでエージングを止めるためです。もっと時間をかければ特性は向上できても仕様を満足すれば良いため無駄な時間(コスト)をかけることはありません。特性はインピーダンス何mΩ以下であるとか、漏れ電流が何μa以下といった特性でありエージングする事で更に向上します。なぜ向上するかは部品内部の化学変化で界面状態が熱や電流により変化するためです。特に高周波は温度(膨張伸縮やアニール処理)や湿度(界面抵抗変化)でも大きく変化します。電子部品はアナログ的要素が多く工程ではエージングが多用されます。イヤホンも内部に回路があるもの、電気信号を振動に変化させるものはエージング効果は確実に出てきます。高級な音響ブランドはコストに余力があり工場で充分にエージングを行なっているため変化が少ない事はあると考えます。.

少し高くてもお勧めです。kzはzs5で大ブレイクしましたがこの商品は5baという、凄いスペックです。もし貴方が良く似た名前のkz-sa//4baの1ddで悩んでいるのなら、基本的に音の出し方が違います。音の緻密さ、低音の響き方。高級品に近いのは、こちらのkz as10です。。。。5baということで、金属音のイメージがありますが、全く持って、ナチュラルで素敵な音です。as10(5ba)とsa10(1dd/4ba)を悩まれる方は2-3000円高くてもこちらをお勧めします。音圧レベルが高く、mpプレイヤーやスマートホンでも、haアンプ無しでも十分にいい音鳴らせます。恐らくメーカーの意図は、高級志向者より手軽に5baを鳴らしてもらえるように、開発されたのでしょう。勿論中上級者でも、十分うならされる、素晴らしい7000円だと思います。今、は他ドラ全盛期、何を買って良いか分からない?4-5000円位の予算の方は+しても、このas10購入価値有り。お勧めです。イヤホン20機種所有。。.

初中華イヤホンでした、これを選んで正解でしたzs10、as10、ba10まで絞って、調べて、バランスの取れているというas10にしたわけです。音がどちらかが小さく聞こえるみたいなこともありませんし、今のところ問題なし。しかし、ノズル貴様はだめだ。イヤーピースが抜けるじゃないか、あれがzsnみたいだったら自分の中で完璧でした。でも、今一番使っているイヤホンです。もしも初中華イヤホンで悩むのであれば、癖のないこれがおすすめなんじゃないかなぁと思いました。.

特徴 KZ AS10 重低音 高音質 イヤホン イヤモニ型 イヤホン 2pin イヤホン 片側5バランスド・アーマチュア を搭載 合計ドライバー10基 ハイレゾ型 イヤホン カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン【純正品 合計バランスドアーマチュア10基搭載・付属品-0.75mm 2pin リケーブル】 Yinyoo (ブラック・マイクなし)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ・KZ AS10は、従来のzs10の解像度、明燈さ、ディテール表現を超えたバランスド・アーマチュア型ドライバー(BA)を左右各5 基(合計10 基)搭載するイヤーモニター型ハイレゾイヤホンです。バランスド・アーマチュア型ドライバー5基のみですが、「低域、中域、中~高域、高域*2」ドライバーを搭載して全ての周波数帯域を再生することにより、優れた解像度を提供するだけでなく、音の量感としてはLOWが多くなって、巧みに作用で各音域が干渉して音が潰れることのないように、それぞれのドライバーの特性がしっかりと活かされていく、Middle,Highの更なる透明感もつぶされる事無くしっかりと主張しています。また、ドライバーが本来持つ、より正確で高解像度な音を得ることに成功し、ハイレゾ音源にも余裕に対応できます。
  • 【本来の性能を発揮するにはエージングが必要です】 ・ 100~200時間のエージング(慣らし運転)することで、購入当初とは別次元の、驚くべき音質に進化します。 音域はより広くなり、低音・高音の伸びもよくなります。帯域のバランスもフラットになり、ボーカルの定位感・距離感の表現も見事です。 音場も広がり、更なる臨場感を感じられるようになります。
  • ・カナル型のイヤホンと、フィット感に優れたイヤーピースにより、快適な装着感と音質を両立しました。遮音性を高めることで、外部の騒音を大幅に低減させるだけでなく、音漏れを抑えることで、通勤、通学、学校や職場、図書館など、他人に迷惑を掛けやすい場所での使用にも適しています。
  • ・KZ AS10アップグレードケーブル(別売り)を組み合わせることで、付属のケーブルよりも更に音の輪郭が明確になり、広大な音場、より自然で透明感のある音質が楽しめるようになります。
  • ・【12ヶ月の製品保証】:当店でお買い上げの場合には、12ヶ月の製品保証(修理対応)があります。 ご購入日から12ヶ月以内に不具合などが発生した場合、無償で修理させていただきます。 WTSUN Audio製品に関して、ご不明の点・ご要望などございましたら、お気軽に弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。日本語スタッフによる迅速な対応をお約束いたします

Kzの5ドライバ搭載10シリーズの次男as10の特徴は、zsでddを採用していた低音域にもbaを採用したフルbaイヤホンということかと思います。低域用baは難しいのか、他の中華フルbaイヤホンが低域だけには定評のあるメーカー性を採用する中、「低価格」に使命感を持っているのか、自社製の低域baがブリブリ鳴っています。(笑)全体的におとなし目に調整されていたzs10と違って、kzらしい元気な音を聴かせてくれます。低域はbaらしい解像感はなく荒削りで重低音はそこそこながら、この後に出たba10と同じくベースラインの音程が非常に取りやすい。そこが目立つということなんでしょうね。高域もレンジはzs10同様欲張っていないのですが、中高音はba10より元気な気がします。この価格帯は今までのkzのモデルの少し上ということで、十分にお金を出すだけの価値があるモデルだと思います。使い始めて短時間でも音は変わってきましたが、まだエージング不足なのでこれからも楽しみたいと思います。.

同社の製品の中では格段にフィットしやすく、音は癖も少なく広く出ているし、聴き疲れしにくい。確かに優秀なユニットなのだが、何か面白みに欠ける。音のバランスはbaながら普通量の低音もあり、高音もシャリシャリせず、ボーカルも聴き取りやすい。かといって、モニターヘッドホン的な音の硬さもなく、バランスはとても良い。普通なら☆5でいいのだが、何だろう、ならではの魅力をあまり感じないのだ。今回、一緒に無酸素銅線のリケーブルも買い、手持ちの銀メッキのリケーブルなども試したが、基本的にはバランスの良い低音も普通に出るbaと云う範囲を超える感動は無かった。普通に良いと云うのは凄い事なのだが、例えば、これがケーブル入れて5000円なら超オススメとなるが、今の値段で中華イヤホンを人に薦めるかと言われると厳しい。勿論、もっと高い有名メーカーの中堅レベルのを買う人がいれば薦める可能性はあるが、その程度の範疇を超えるオススメ品かと問われれば考えてしまう。逆に普段使いで、手持ちの2pinリケーブルもある場合に探してる様な層にはお買い得と言える。特にドンシャリ嫌いにはうってつけだろう。その層にはこの値段は安めくらいに感じるはずだ。また、今まで付属のイヤホンや千円、二千円のドンシャリイヤホンを良い音とか言ってた層に、普通に良い音とはこう云うのだよと聴かせるのにも向いてるが、多分、ケーブル入れて1万、セールでも7000円とかだから、そりゃ(そう云う人からすれば)高いイヤホンなら良い音だろうくらいにしか言わないかも知れない。あと、低インピーダンスなため、再生機器もあまりチャチなもんだとホワイトノイズが乗りやすいのも、初心者向きではないのかも知れない。ユニット自体のサイズや向きも同社製品の中ではかなり扱いやすのだが、見た目が何か安っぽく見える点もマイナスか。う~ん….

16芯ケーブルとスピンフィットssサイズ使用してエージング50時間程終えた感想としては音は標準のイヤーピースだと低音が強めです。篭るとよく見聞きしますが気になりませんでした。あと予想以上に着け心地が良いということです。zs10も持っていますがあれより少し小さめで耳に当たって邪魔に感じることもないのがいいね!使用してるとイコライザー弄って聴くのが楽しくなります。インビーダンスΩが低いからか他のイヤホンより音が大きくなってますね。スマホに挿すバスパワーアンプとかは物によっては相性悪いかな。あとkzの新型btケーブルも一緒に買ったのですけどこちらもインビーダンスΩの関係でノイズが大きくなってました。btケーブルはzs10に着けました。.

ベスト KZ AS10 重低音 高音質 イヤホン イヤモニ型 イヤホン 2pin イヤホン 片側5バランスド・アーマチュア を搭載 合計ドライバー10基 ハイレゾ型 イヤホン カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン【純正品 合計バランスドアーマチュア10基搭載・付属品-0.75mm 2pin リケーブル】 Yinyoo (ブラック・マイクなし) レビュー

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.