VIE SHAIR VIE FIT(ヴィーフィット)Bluetooth5 – 名前の通り”フィット”

普段はbluetoothイヤホンだとbose soundsport free、bluetoothヘッドホンだとvie shair、akg k845bt、urbanista new yorkなどを使っています。平板指向性スピーカーを用いたvie shairの音に感動し、同社のvie fitも購入してみましたが、こちらも素晴らしい商品だと思います。音質傾向としては限りなくフラットに近い弱ドンシャリで、ヴァイオリンやピアノもよく聴く自分でも納得できる解像度とシャープさがあります。かといってvie shairほど細い音ではなく、音圧もしっかり感じ取れる音になっているので、家ではvie shairのオープンエアフレーム、外出先ではvie fitを使いたいと思います。ノイズキャンセリング機能があるのも魅力ですね。soundsport freeとはセミオープンゆえの音場とbose特有の質の高い低音があり、遮音性にもかなり差があるので状況に応じて使い分けたいと思います。【追記】左右の接続がけっこうブチブチ途切れます。新宿駅とかだと非常にヤバいです。.

普段は左右が繋がってるタイプのワイヤレスイヤホンを使っていますが、ランニングをする時に邪魔なのでフィット感のある完全ワイヤレスを探していました。vie fitはワイヤレス、カナル式、しかも耳に入る部分が柔らかいということで、フィット感と長時間装着時の快適さにも期待をしました。普段通勤や徒歩、ランニングでも外れずにフィットしています。また耳に収まりがいいので悪目立ちすることもありません。たまに通勤の電車内で音が飛んだり(一瞬接続が切れる)ことや、ペアリングに時間がかかることがありますが、完全ワイヤレスなのでしょうがないありがちなレベルだと思っています。音は悪くないです。iphone8との接続時は、音量がかなり小さくできるのも気に入っているポイントです。.

初期不良なのか、ケースそのものに充電ができません。音質はわるくありませんが、既に使えません。残念です。.

レビュークラブからレンタルしてレビューしています。クラウドファンディングを利用して商品開発されたり、何かと話題になってた“viefit“でしたが、装着してまず感じたのはその軽さ、装着感のよさでした。よくあるウイングのようなものはついていませんが、しっかりと耳の奥まで入ってホールドしてくれるので落としてなくしてしまうかも、という不安は皆無でした。音質は、いわゆるドンシャリで、脳を揺さぶるような重低音が楽しめるので、ロックやedmなど打ち込み系には最適でしょう。ただ驚いたのは、迫力ある音質ながら、音の分離はしっかりしていて、空間の広がりが感じられることです。打ち込みとボーカルがくっきり分かれて聞こえるので、hiphopやエレクトロなr&bであっても英語のリスニングもしやすく、歌詞をよく聞くことができます。これは映画の視聴にも活きていて、派手なアクションシーンの中でもしっかりとセリフを聞き取ることができます。なんだったら有線イヤホンよりもいいくらいです。以前別の完全ワイヤレスイヤホンで動画を見たら、音の遅延がひどくてとても使っていられませんでしたが、“viefit“でそれは起こりません。ケースはわりとデカくてポケットとかに入れておくことはなかったですが、説明書通りしっかり充電はもって、防水もついてるのでイヤホン自体の携帯性、不安は全くありませんでした。完全ワイヤレスというとイヤホンの操作がよくわからないものも多いですが、“viefit“は左右にボタンが1つずつで、どちらを押しても同じ働きなので、右利きでも左利きでも気にせず使えそうでした。.

▪着け心地抜群、走っても取れる心配がない▪音が飛ぶこともあまりない.

ソフトシェル素材により耳穴にしっかり固定されるので遮音性が高く、音質も同価格帯のものと比較して優位性があり軽量で使い勝手の良い製品。イヤホンは向きを気にせず耳に入れてから回しながらベストポジションを探せばよいので、取り扱いが楽なことに加えフィット感が高い。先端のイヤーチップは他社モデルと比較してもサイズが小さいが、これは製品の特性上、イヤーチップだけで耳穴の入口に固定する他社製品と比較し、本製品はソフトシェル構造の本体部まで耳の奥に押し込む形態になっているため。イヤホンをケースに入れると自動充電、取り出すと自動で電源が入る仕組みになっているが、気になった点としては、充電池を兼ねたケースから取り出すと自動で電源が入り、その後にbluetoothで自動接続するのだが、稀にタイムラグが発生する場合あり。充電ケース(バッテリー搭載)の充電も1時間程度と手軽であるが、付属のusbケーブルの素材は硬すぎて少々使いにくい。コストパフォーマンスの観点からすれば総じて満足度は高いと思われる。.

ヘッドバンド式のbluetoothイヤホンを並行して4本使ってきましたが、そろそろ完全ワイヤレスを試してみたくなりました。使用シチュエーションはランニングが9割、通勤が1割です。完全ワイヤレスイヤホンには、「不意に外れて紛失するのではないか」「左右の音切れが激しいのではないか」との不安を持っていましたが、2週間使った現在では及第点をつけられます。まず、耳穴にフィットする柔らかな素材とねじり込むような装着方式のおかげで、ロードのランニングでは、ポロッと外れるケースは皆無です。耳介にフィットさせるウィングも付属していますが、必要性を感じません。次に、左右の音切れですが、これは時折発生します。多発するのは大きな交差点での信号待ちの時。この時は両耳が同時に聞こえなくなります。交通管制用の電波が影響しているのでしょうか。一方、混雑した列車内などいかにも発生しそうな場面では結構持ちこたえる印象です。途切れる時もフェードアウトのように途切れ、フェードインするように回復するため、ブツブツ切れる不快感はありません。スマホとのペアリングはスムーズで、ケース収納時に電源が自動オフになる機能もきちんと動作しており、総合すると期待以上のプロダクトといえます。ランニングなど動きを伴うシチュエーションで使いたい方にはまさにおススメではないでしょうか。.

利点と欠点

メリット

  • これで1万7000円は安すぎると思います
  • 初期不良あり。
  • 名前の通り”フィット”

デメリット

特徴 VIE FIT(ヴィーフィット)Bluetooth5.0対応 柔らかいカスタムフィット 完全ワイヤレスイヤホン 28時間連続駆動 IPX5防滴 AI呼び出し クリアな通話 AptX AAC対応

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 柔らかいソフトシェルがあなたの耳にカスタムフィット。
  • 最高レベルの遮音性能で、音の微細な表情も聞き逃さない。
  • Bluetooth5.0の通信性能。
  • 大容量バッテリーで長時間の試聴が可能。(最大:イヤホン4.5時間、充電ケース24時間)
  • 水洗い可能。IPX5の防滴性能。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、とても柔らかいシリコンでできており、どんな耳の人にも瞬時にカスタムフィットする、Bluetooth5.0搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。耳にフィットすることで隙間なく音楽を聴くことができるので、まるでライブ会場にいるかのような臨場感、音の中に包まれるようなこれまでにない感覚を感じることができます。

$327,699 raised

with 3,029 backers

ソフトシェルが柔らかく、あなたの耳にカスタムフィット。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、柔らかい外装を使用した、誰にでも瞬時にカスタムフィットする完全ワイヤレスイヤホンです。 先端のイヤーチップだけではなく、肌に触れる全ての部分が柔らかく低反発、丈夫な抗菌シリコンでできており、あなたの耳の形に変形してカスタムフィットします。 隙間なくフィットすることで周りの騒音を消し、聴く人の耳に合った形で音楽を聴くことができます。

Bluetooth5.0の通信性能。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、Bluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤホンです。 既存のBluetooth 4.xを採用した完全ワイヤレスイヤホンに比べて、左右のイヤホン間でのオーディオ共有性能が格段に向上、WiFiや他のBluetoothの干渉にも強くなった通信性能を備えています。

IPX5レベルの防滴性能。水洗いもOK。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、IPX5レベルに相当する高度な防滴性能を備えています。 ハードなエクササイズの発汗や、雨の中での使用はもちろんのこと、清潔に保つために、イヤホンを定期的に、水洗いすることも可能です。

耳の内部で変形しぴったりフィット。最高のカスタムフィット音質が楽しめます。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、とても外装が柔かく、5〜10mmほどの範囲で全ての方向に凹むので、小さな耳にもフィットしやすく、最適な位置にイヤホンを配置することができます。これにより本来聞くべき高音質で音楽を聞くことができるようになります。

激しい運動にも最適。

VIE FIT(ヴィー・フィット)は、フィットするため外れにくく、激しい運動にも最適です。

Yazz Imamura

CEO

Andrew Dunbar

Board Member

商品を3つのキーワードで表現すると?

・柔らかい ・カスタムフィット ・完全ワイヤレスイヤホン

商品はどのように着想を得ましたか?

最高のイヤホンを開発する際に、問題は全ての人の耳の形が違うということに行き着いた。 耳栓のような柔らかいイヤホンを作れれば、誰の耳にも合い、快適で最高音質のイヤホンが作れると着想した。

商品の最大の売りは?

柔らく、つけ心地が最高で、音がとても良いこと。

スタートアップを始めてから最も嬉しかったことは?

自社の製品を使用している人に道ですれ違ったとき。

ベスト VIE FIT(ヴィーフィット)Bluetooth5.0対応 柔らかいカスタムフィット 完全ワイヤレスイヤホン 28時間連続駆動 IPX5防滴 AI呼び出し クリアな通話 AptX AAC対応 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.