v-moda ブイモーダ / FORZA Metallo FRZM-W-WSILVER ホワイト・シルバー ワイヤレス・イヤホン – 耳への装着感が良く、音質もクリアで良いです。

「v-modaとはいえスポーツ用、しかもワイヤレスでしょ?」と思っていましたが、いい意味で予想を覆されました。macに接続し、コーデックはもちろんaptxで試聴しました。音源は主にモダンジャズ、accurateripした非可逆圧縮音源(flac:44. 1khz/16bit)です。試聴してまず印象に残るのが、コンパクトなハウジングとは裏腹にかなり分厚い低音とシャープな高音域を両立している(補完しあっている?)ところ。それでいて輪郭とコントラストが極めて明瞭なことに感心しました。微細な音を聴かせるのも得意なようで、シンバルやブラシの音を減衰しきるまでしっかりと描いてきます。いわゆる「ドンシャリ」と揶揄されるような音とは一線を画しています。細かいディテールを漏らさず聴かせてくれますが、音作りはフラットではなく色のついた感じで、反面、どちらかといえば聴き疲れのしやすい音かなという印象も受けました。音質の話が長くなってすみません。装着感も非常に優れています。もともとハウジングが軽くコンパクトなため収まりがいい上に、ネックバンドが特殊な設計のようで首まわりにピタッと固定され、耳からイヤフォンがずり落ちてくるということがありません。スポーツ用のイヤーフィンも付属するのですが、軽い運動ならなくてもいいくらいしっかりした装着感です。その他、フル充電で10時間というのもワイヤレスイヤフォンとしてはなかなか優秀な部類。リモコン部分も物理ボタンが採用され、左側が電源スイッチ、右側がボリューム・再生・停止となっており、目でみなくても使いやすく設計されています。正規品の輸入元・サポートがローランドというのも安心感がありますね。長短が一体のことがらや好みで左右されそうな部分を除けば、これといって欠点が見当たらない、隙のない優秀なイヤフォンです。.

まず届いて感じたのはパッケージングの贅沢さ。ただ、下のレビュアーの写真のようにすぐにフタは開くものの、中のプラスチックケースをどう開けて良いかわからなかったです。箱をよく見回すと、箱の裏側の上片方にハサミ印がリボンの近くに2枚目の写真のように入っており、リボンを写真のようにハサミで切ると、プラスチックケースがそっと開けられました。プラスチックケースを取った場面が3枚目の写真で、商品が丁寧に切り込みに嵌まるように納まっています。説明書やケースや充電用usbコードなどの付属品はネオプレーンケースの裏側に入っています。 使用法は黒い説明書に写真4枚目と5枚目のように書いてありますが、説明書きは英語のみで、日本語の説明はありません。よって、レビュアーが念のため、写真4枚目と5枚目の説明について以下に和訳しておきます。写真4枚目(以下レビュアーの和訳)①音量アップボタン:本機を正しく耳にセットしたとき、左のコントローラーの下側のボタン。上側のボタンが音量アップボタンのほうが直感的で良かったのではないかとレビュアーは思いました。②多機能ボタン:本機を耳にセットしたとき、左のコントローラーの真ん中のボタン③音量下げボタン:本機を耳にセットしたとき、左のコントローラーの上側のボタン。④マイク(電話用マイクロフォン)⑤状況を知らせるled照明⑥主電源スイッチ⑦充電用マイクロusbの孔:フタに覆われているため、一見したところ、孔がどこにあるのかわかりにくいので注意。マイクロusbのフタは爪の先でこじ開ける。写真5枚目(以下レビュアーの和訳)1、本機を耳にセットしたときに右側のコントローラーの真ん中に位置する「主電源」ボタンを押してください。2、iphoneやアンドロイドなどのスマホやipadなどのタブレットの設定アイコンで、bluetoothを「オン」にして、表示されたデバイスの中から、v-moda forza を選択してブルートゥースを「接続済み」にしてください。3、ブルートゥース接続が完了したら、耳にセットした本機から接続完了の音「シューン」が鳴ります。これでスマホやタブレットの音楽やラジオなどを楽しむことが出来ます。* レビュアーによる本機のタッチノイズの評価(以下):レビュアーが持っている3000円程度の他メーカーのワイヤレスヘッドホンはタッチノイズ(コードが動いたり衣服や肌に擦れたときに、電気ノイズとしてノイズ雑音が音楽などのサウンドに混じること)がひどくて、ほとんど使用したくなくなっていましたが、本機はこの手のワイヤレスヘッドホンに宿命的なタッチノイズがほとんど気にならなくなるくらいにレビュアーの感覚だと極限までなくなっています。(タッチノイズがまったく無いわけではなく、上記の他社機種と比べると90%削減:10分の1に削減されている感じです。)このタッチノイズの少なさは本機を「shure掛け」(耳からコードを一旦上げて耳たぶの裏を通すようにセットすること)するとさらに際立ちます。一般のタッチノイズの多い機種も「shure掛け」がタッチノイズ軽減には役立ちますが、本機の場合、「shure掛け」でタッチノイズが皆無になるという感じです。* レビュアーによる本機の音質の評価(以下):一言で言って、きわめてサウンドバランスがよく、ヘタな密閉型を凌駕する音質だと言っても過言ではありません。5. 8mm ネオジム・ドライバー搭載のおかげで、バスが効いているのが実感できますが、決して「ボンツキ」ではなくて、美味く抑制された低音の強さになっているため、締まりのよい低域になっています。クラシックはglenn gouldのピアノが静かさから立ち上がる繊細な感じがゾクゾクします。また、jaap schroderとchristopher hironsのヴァイオリンコンチェルトでは、やはり静かさから立ち上がるviolinの弦音が素晴らしく、倍音も感じられるような感覚さえ得られます。上記2つのアルバムで、レビュアーが「静かさから立ち上がる」という表現を続けて使ったのは、通常、このようなタッチノイズの宿命がある(ワイヤーが或る程度垂れた)ワイヤレスヘッドホンでは「静かさから立ち上がる」感じというのは普通はかなり難しいからです。本機ではその「静かさから立ち上がる」感じが出ているので、レビュアーは驚いたわけです。jpopのオフコースでは、yes-yes-yes で、ストリングスも綺麗で、テンポの良いドラムスが魅力的な低音を響かせます。小田和正のヴォーカルとギターとドラムスのバランスがとても良く再現されます。country rockでは、eaglesのdesperado で、”and freedom, oh freedom, well that’s just some people talkin’your prison is walking through this world all alone” という歌詞が澄んだ平原の空気感の中ではっきりと聞き取れます。レビュアーの総評:タッチノイズの宿命がある(ワイヤーが或る程度垂れた)ワイヤレスヘッドホンの中では、たぶん、タッチノイズを極力消し去った最上機種のひとつという位置づけは間違いないでしょう。音質的にはとてもバランスが良く、ヘタな密閉型を凌駕するほどです。ただ、¥ 24,786 というお値段の価格帯では、密閉型で結構魅力的な機種があるので、レビュアーの評価は結果、星4. 3で、四捨五入して四ツ星としますが、タッチノイズの少なくて音質バランスの良さを本機のようなコンパクトタイプで求めるならば、本機は期待を裏切らないとレビュアーには思われます。.

パッドが少し薄めで,耳に装着するときキャビネットの堅さを感じましたが異物感はすぐに消えました。まず音質の傾向がナチュラルで,非常に好感度が高いと思います。まだまだエイジングができていないので今後どう変化してくるか不明ですが,期待できます。スポーツ用なので,耳への固定が素晴らしいです。特筆すべきがその遮音性!全くと言って良い程漏れてきません。相当ボリュームを上げたら分かりませんが常人のレベルなら本当に気にせず音楽に浸れます。.

音についてレビューさせていただきます。体感ですので、個人的に、、、まず、再生媒体がiphoneとして、高音は割れずに響きます。シンバル音は欲しいところまで取ってくれます。低音はベースの低音が聴きやすいです。ベースとドラムのタムがよく聞こえて、タム回しも聞き取れます。.

ローランドが代理店を始めたdj用ヘッドフォンに強いアメリカのメーカーとのことですが特に低音が強いとか派手にブンチキ鳴る印象はなく、一聴して自然ですっきりクリアーに感じます。軍用仕様の耐久性をうたっているメーカーですが、とくにゴツいということもありませんでした。長期使用における汗などに対する強さは期待したいところです。カナル型のタッチノイズは気になるほうなのですが、首の後ろにからかける形のシステムとワイヤレスの併用はタッチノイズの軽減にも理にかなったシステムで激しく動いても気になりません、とても良いと思います。スペック的に凄く大きな音が出せる仕様ではないと思います。音質も明瞭でクリアーなのでつい音を大きくしがちで音源によっては物足りなく感じる人もいるかもしれませんが健康面やスポーツ用途の安全面を考慮するとちょうどよい設計かと思います。操作系はシンプルでとくに説明書などみなくともペアリングから操作までできました。15分の充電で2時間のスピードチャージ対応など使い勝手は申し分ないです。ポーチ付属でそんなにかさばるわけではありませんが首から鎖骨のコントローラーまでの材質が弾力のあるブルンブルンしたものなのでポケットに入れるたり、ぎゅうぎゅうのカバンにガサツに突っ込める感じではありません。.

良い点が目立つ。まずパッケージがかっこいい。軽くて、ペアリングもすんなり。汗に強い素材ということもあり、高級ある質感。その割に軽い。耳にフィットして臨場感が上がる。じつはマイクもついておりfacetimeでも問題なくつかえた。着信時は振動してくれる。音質はクリアな方で、重低音もしっかるある方。唯一気になったのはある程度ノイズキャンセラーはあるが、その度合いが調節できない点。この価格帯のイヤホンであればこれで十分ではなかろうか。.

元々ヘッドフォンではedmに代表されるようなエレクトロに強く、低音寄りという印象のv-modaという事で、こちらもそういう傾向にあるのではと予想して使用してみたら全く違う事にまずビックリしました。一言で言えば非常にバランスが良い音だと思います。これまでもbluetoothのイヤホンは何個か使用してきたのですが、動画視聴等に使う分には満足出来ても、音楽を聴くとなるとどうしても物足りなさを感じる為音楽を聴く時だけは有線接続のイヤホンに切り替えていたのですが、aptxで接続した本製品に関してはそういった不満も無く音楽を聴けるので、音楽を聴きながらのジョギング、ウォーキングの際にケーブルに煩わされずに済みそうなのが有り難いです。また、音質だけではなく、イヤーピースのフィット感と遮音性も良く、更にイヤーフィンも併用すると完全に耳と一体化した様な密閉間があるのも非常に良いです。バッテリーの持ちも、公称値の10時間程度は持ちそうです。本製品を使用してみて、音質やバッテリーの持ち等を考えると、bluetoothイヤホンに関してはネックバンド方式が一番理に適ってるとの印象が一層強くなりました。また、本製品の特徴として、2デバイス同時接続があるのですが、使ってみるとこれが意外と便利でした。自宅では、音楽はdapから、動画の視聴はタブレットからといった使い方をする事が多いのですが、その都度bluetoothの接続を解除してもう一方と接続しなおすといった手間が無く、dapの音楽を止めてタブの方のyoutubeアプリの再生ボタンを押せば自動的にそちらの音声が流れ、逆もまた同じくというのは本当に使えます。v-modaという事で厚い低音を期待すると裏切られると思いますが、bluetoothイヤホンとしては非常にバランスが良くとても良い品だと思います。高品位なbluetoothイヤホンをお探しの方にお勧めです.

今まで、コスパ良し的なイヤホンばかり使っておりましたので、もう少々本格的なものを試してみたいと思い、こちらの製品を試してみました。1か月ほど使ってみましたが、まず音が非常にクリアで抜けがよく、電車内、バスなどの車内、店内、どの環境でも、また自分がどんな動作をしていても再生中の音楽などが非常に快適に聞き取れます。音の抜けは良いのですが、決して高音域が痛いわけでもなく、かといって低音が痩せているわけでもなく、とてもまとまりのある音で気に入りました。全体が非常に明瞭に聞き取れるのですが、少々パワー感が弱い感じもしましたが、ワイヤレスなので仕方ないと割り切っております。充電速度もなかなか早く、ついついうっかり充電を忘れていても、15~20分充電すれば2時間使用可能で、移動中の使用時間はなんとかカバーできるので本当に便利です。朝の忙しい時間にこれはとても重宝しております。通勤などの移動中でしか使用しないのであれば、フル充電で数日間は使えると思います。バッテリーの持ちも良い感じです。そこいらの安いイヤホンなどと違い、作りがかなりしっかりしており重そうな感じがしますが、装着してみるとそんなことはなくさすがスポーツ使用時を想定した作りらしくフィット感がとても良いです。軽く走ったくらいでずれたりもしません。使っていて思いましたが、スポーツ好きの方で音楽も聞きながら楽しんでいる方にぴったりだと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 僕は音について
  • 参考程度に…
  • 究極クラスのBluetoothイヤホンでは

デメリット

Iphone5sで使用です。ペアリングはデバイスを選ぶだけ。一度接続すれば、次回からは同じデバイス間では自動的に接続されます。したがって使うデバイスが決まっていれば有線イヤホンど同じ感覚で使えます。音質はスポーツに特化しているのか、低音はあまり出ません。フラットな感じ。最近は不自然に低音を強調するイヤホンが多い中、新鮮です。昔のイヤホンの音に近い。音質は大変気に入りました。電源on/off時のビープ音も控えめで良いです。肩にかかる部分は重みがあるのでランニング時でもさほど気になりません。ネックレスのようにしっかり首に回してやる必要があります。ただ、厚着のときは使いにくいかも。バッテリー寿命が気になるところですが、最近はスマホなども1、2年は平気で使えますので、買い替え時までもつだろうと目論んでいます。.

まずこのv-modaというブランドはダンスミュージックに定評のある米カリフォルニアの会社で、ローランドが買収したものらしいです。保証はパッケージには2年とありますが、日本では1年になるとかなんとか。操作感覚は中華廉価のbluetoothイヤフォン大差はありませんが、細かい気配りはあります。まず、電源ボタンが独立したところにあること。大体よくある方式としては、音量ボタンに挟まれる感じに中央にfunctionボタンがあって、それを長押ししたら電源がつく、みたいな感じなんですが、独立していることで操作が楽です。さらに横にledがあり、電源on/off時にバイブレーションしてくれるため、機器の消し忘れ防止にもなる上、電源on時にバッテリー残量を示してくれるというこだわりっぷり。中華廉価イヤホンだと、ledがつくのは充電時のみ、という機種が多いと思います。この辺の説明は日本語併載のクイックスタートになく、英語表記の取説にあるため、ちょっとマイナス点かも。操作は音量ボタンは音量だけに特化して、functionボタンのクリック回数で曲移動を行わせてます。音量を上げるつもりが次のトラックに行ってしまった!ってのはbluetoothイヤフォンにとってよくあることなので良いことだと思います。イヤーフィンがついてますけど、ハウジングに外側からすっぽり被せるようにして固定するようです。ハウジング自体が六角形でぴったりハマるので、ズレたりしないのがよく考えて作られてる印象。たまにあるのがフィンが耳に食い込みすぎて痛いということなんですが、そういうのもなく絶妙なサイズ感です。防水性や堅牢性はこの手の高級スポーツイヤフォンでは重要だと思いますが、mil規格をクリアしています。この規格はタフネススマホtorque g02などに採用されて話題になったので、ググってみたら相当過酷な検査であることがお分かりいただけるかと。ただしwikipediaによると製品に対して全項目を網羅した試験が行われることはない&破損によって保証が受けられるわけではないので注意が必要、ともあります。3d彫刻パーツというので改造できるみたいなんですが、多分、、これは見た目だけの問題だと思います。音質はメタルハウジングだけあって割とドンシャリ系だと思います。ただし個人的に超高音質の音源を持っているわけでもなく(ごく普通のmp3)、利き音性能に優れてるわけでもありませんので、その点はご了承を(ただしatpxイヤホンとして一定の水準は超えていると思います)。多くの人が懸念する通り、bluetoothイヤフォンは内部バッテリーの消耗が心配で、高額製品には手を出しにくい、、というのがあると思いますが、この製品は1回の充電で10時間再生ができるということで、よくある廉価イヤフォンの実質4,5倍くらいです。となると、充電回数は1/5回になり、電池の寿命は相当に長い、と予測できそうです。再生時間2時間の廉価イヤフォンでも毎日使ってもなかなか電池劣化しないですし(個人的には週1の利用でもう3年位は使えてます)。.

かつてbluetoothではどんなに頑張っても有線イヤホンには勝てないと言われていましたが、それっていつの話だったんでしょう。今製品、完全に負けていません。音の良さを確かめるためにこれまで聞き比べていた楽曲を総動員しますが、自前の割と良い有線イヤホンと比べて、最初は違いが判りませんでした。だったらコードは邪魔でも遅延の少ない有線でもいいかなとなりかけたのですが・・・そこで恐ろしい事に気付きました、それまでmp3の320kbps程度の楽曲で比べていたことに。思い立ったように比較対象を急遽ロスレスオーディオでの比較に変更、ここでしっかりと差がわかりました。こっちの製品の方が全体的に音がはっきりクリアに聞こえます。これまで音楽をがっつり堪能したいときは結構いい有線イヤホンを使ってたのですが、まさか無線のイヤホンに乗り換える時が来ようとは思いませんでした。また今製品は「apt-x」を搭載しています。自分は今まで値段がそんなに高くないbluetooth製品も愛用していたのですが、これで音ゲーを楽しむ際の設定は無線で絶対に発生してしまう遅延の関係で、大体「-15」の反応速度でプレイしていたのですが・・・高速通信可能とする「apt-x」は、それが「-10」程度で抑えられていました。無線で音ゲーなんてやらんわって人が大半かもしれませんが、この応答の速さは動画にも影響します。「口パクずれてんなぁ」って感覚が他の製品の三分の二程度に抑えられると思っていいかと思います。防水性については対汗の事しか書かれていないので、ipx等級は3か4程度でしょうか。形状的に首元にかなり接するのですが、しっかり首後ろを包むような形になっているのできつくもないしつけていて苦しい事も無く、スポーツの邪魔にはならないでしょう。取り外し可能な耳に固定するフィンも付属しています(しかも大きさ三種類)スポーツで使いたい人にも家でじっくり派の人にも超おすすめです。電波強度もかなりしっかりしているので「体をよじっただけとか、首を曲げただけで音が途切れる」なんてことはありません。扉一枚挟もうがしっかり音を拾ってくれます。個人的な目線で書けるのはこんなもんでしょうか。本当に素晴らしい製品です、パソコンの保存容量もガンガン上がっている時代、音楽好きならcd音源をロスレスで保存する方も増えてきているでしょう。そうなると他のbluetooth製品では対応しきれないと思いますが、今製品は確実に他より良く聞こえます。普段からロスレスで音楽を保存しているような方には特におすすめしますが、ハイスペックなbtイヤホンが欲しい人も将来を見越して持っておくといいかもです。いやぁ最高。よいものを持つと音楽をもっと好きになれます。.

パッケージからして,高級感があります.箱を空けるとさらに上質感を感じます.スピーカ,イヤーパッド,リモコン部,ケーブルに至るまで,ひとつひとつが丁寧に作られていて,高い質感を持っています.むろん,音質もきわめてよいです.この手の製品を使うのは2回目ですが,こちらのほうが,明らかに低音がキレイに出てくれます.良い商品です.プレゼントなどにも適していると思いました.とてもオススメです..

音質などは自分の聴いてる音楽によっても変わってくると思いますし好みもあります。通販でパッと買わずに視聴がおすすめです。メカニズムなども商品ページにも詳しく説明がありますので省きます。一番良いと思った他商品との違いは、2デバイスで使えることです。ipadとiphoneに入れているアプリは違うので、簡単に切り替えられるのはすごく便利。いちいち解除したり設定したりしないでいいのでストレスがない。今まではどちらかは有線のを使っていたのですごく助かります。あと、実際走ったりなんかするのに、イヤホンのところにつける固定パーツみたいなのがイイですね。差し込むだけので走っていて耳から外れて、拾おうとして後ろの人とぶつかったことがあるのでしっかり固定されているのは安心です。.

コントローラーからイヤホン部分が妙に長くて、曲がりくねったコードが顔にかかり煩わしいです。音は3~4時間慣らしをすればバランス良く聞こえると思います。使用しない時もバッテリー消費はなく、満充電のあと電源をオフにしておいて丸2日放置しましたが、バッテリーは100%を保っていました。コードがやたら細いので、インナーケースから取り外すときに注意しないと使う前に断線するかもしれません。ウレタンのケース側を折り曲げてゆっくり取り外しが必要です。付属のケースは安っぽいサテンの巾着だったのでがっかりです。外箱にこだわるよりこちらにこだわってほしかった。イヤーピースがxsから4サイズ標準で入っているのは好印象です。.

普通のイヤホンを使用していると体の前にコードが垂れていて、絡まったり引っかかったりして鬱陶しかったので、ワイヤレスイヤホンに以前から興味が有り、今回使用してみました。操作方法は非常に簡単でクイックスタートという説明書を読めば、1分で使い始められます。bluetoothを使用して接続し、一度接続すれば次回からはイヤホンの電源を入れるだけで接続するので非常に便利です。耳の大きさに合わせられるよう4種類のシリコンがついていて自分に合ったものを選べるので耳も痛くなりません。肝心のコードですが、全く絡まることもなくストレスなしで使ってます。ここが不便だなーと思うところがなく非常に気に入っているので星5個の評価にしました。.

Bluetoothのイヤホンは正直あまり良い印象がありませんでしたですが、この製品は思ったより良かったですワイヤレスなので取り回しが良いし、音質も良好です接続も簡単に出来ましたボタンが少ないので間違うこともありません低音の強いヘッドホンをよく使ってましたので、低音が強く出ない音に最初違和感はありましたもう少し低音が効いても良いかなと思います気になった点は、プレイヤーをズボンのポケットに入れていましたが、稀に音が途切れることがありました同じ場所(交差点)で起こったので、個人的には気にするほどでもないかな、と思いました.

左側に電源ボタン、右側に下から音量マイナス、操作ボタン、音量プラスとなっています。首の部分に受信部が来るようになっており、本体が固定されるので、ランニング時にブラブラすることがありません。ケーブルが擦れるノイズも少ないので、運動時でも快適です。受信部に充電の挿し込み口があり、普段はフタがついています。microusbで充電が可能です。満充電すれば10時間使用できるそうなので、充電に関しては困ることはなさそうです。初回接続は簡単で、電源ボタンを長押しして、スマホ本体から接続を押すだけで簡単に接続が可能です。次からは電源を入れるだけですぐに接続され、本体がバイブレーションで震えて接続を知らせてくれます。音質に関してですが、まず遮音性が高く周りの雑音が気にならないのと、音漏れもかなり少ないです。中音~高音が物凄くクリアで、まるで原音を聞いているかのようなクリアさです。ただ低音が物足りない感じで、せっかくの中音~高音のクリアさと低音のバランスが取れていないと感じます。また気になった点としては、コントローラーとイヤホンが繋がっているケーブルのコントローラー側の根元が若干貧弱な感じで、長期間使用しているとこの部分が断線しそうです。.

特徴 V-MODA ブイモーダ / FORZA Metallo FRZM-W-WSILVER ホワイト・シルバー ワイヤレス・イヤホン

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 高音質とスポーツタイプを両立したBluetoothワイヤレスタイプ

メーカーより

head

妥協のないデザインと信頼のサウンド

FORZA METALLO WIRELESSは、30人以上のエンジニアが評価し各種アワードを受賞したV-MODAこだわりのサウンドを小型サイズのワイヤレスイヤホンで実現。

受信部を肩で固定するのでランニングをはじめとする運動時でも安定した装着が可能です。V-MODAこだわりのデザインと信頼の高音質をスポーツタイプで両立させたBluetoothワイヤレスイヤホンが、FORZA METALLO WRELESSです。

2lineup

Point of Forza Metallo Wireless

・小型軽量化を実現する5.8mmネオジムドライバー搭載。

・肩部で受信部を固定する独自技術のTitanium TrapLock。

・2基のデバイスを同時接続可能。

・装着したままで通話を可能にするコントローラーとマイク内蔵。

・高い密閉感を可能にするBLISSを採用したイヤーチップ。

・人間工学に基づいた設計のイヤーフィンをS,M,Lスリーサイズ同梱。

・2色のカラーバリエーション。

driver

mic

10H

setting

V-MODAこだわりのサウンドを小型ドライバーで実現

FORZA METALLO WIRELESS は、海外で各種アワードを受賞し、高評価を得ているV-MODAこだわりのサウンドをスポーツでの使用を念頭に5.8mmの小型ネオジムドライバーに凝縮しました。aptX対応で小型でありながらもワイドレンジの高精細サウンドを実現しています。

運動しながらの通話をアシストするコントローラー&マイク

2つのノイズキャンセリングマイクを搭載。3ボタンコントローラーとの併用で音声操作による通話が可能。また、着電時には、本体部がバイブレーションでお知らせしますのでランニングしながらの着電、発信が可能です。

長時間使用と堅牢性

・フル充電で10時間の長時間使用可能。

・15分の充電で2時間の使用が可能になる高速充電対応。

・防滴や防水仕様よりも汗に強い防汗仕様。

高い遮音性と快適な装着感

スポーツ使用時を想定しているFORZA METALLO WIRELESSは、運動時の安定した装着感を実現するためにイヤーチップで4種類、イヤーフィンで3種類のサイズを付属しています。耳のサイズに合わせて取り替えることが可能です。また、イヤーチップには、ノイズ排除システム「BLISS 3.0(Bass Level Isolating Soft Silicon)」を採用。医療用に用いられる高純度なシリコン製のイヤーチップにより高い遮音性を実現します。

Forza_slides_wireless_Material_Edge_05

・5.8mmオリジナル軽量小型ドライバー。

・CDクオリティを実現するaptX対応。

・ナノコーティングが実現する防汗仕様。

・フル充電で10時間の長時間使用を可能にするバッテリーと15分の充電で2時間使用が可能。

・ノイズキャンセリングマイクを内蔵した3ボタンリモートコントローラー。

B071R311K1 B01MQEL094 B01M33IP24 B017LI9HCA
Forza Metallo Wireless Forza Metallo Forza Zn
ドライバー 5.8mm小型ハイレゾネオジムドライバー(メタルチャンバー) 5.8mm小型ハイレゾネオジムドライバー(メタルチャンバー) 5.8mm小型ハイレゾネオジムドライバー 8mmダイナミックドライバー(亜鉛メッキチャンバー)
ワイヤレス(Bluetooth)対応 × × ×
コントローラー部 3ボタン&ノイズ抑制デュアルマイク 3ボタン絡み防止ケーブル(Apple/Android対応) 3ボタン高耐久性ケーブル(Apple/Android対応) リモートコントロール&マイク付絡み防止ケーブル(コントロール部は、3ボタン、1ボタンの2タイプあり)
スポーツ用イヤーフィン

このモデルの最大の特長は、wirelessでありながら有線接続に劣らぬ音質が楽しめることではないでしょうか。これまでの自分の常識がくつがえされた思いです。使用するにあたりすべて英文解説なのではじめてワイアレスを使う人は戸惑いがありそうですが、この音質はすばらしいと思います。個人的には首の後ろの部分がずれやすくて、そのたびに耳からはずれてしまうのが唯一の難点ですが、これはまだ使い方に慣れていないせいかもしれません。ワイヤレスの音質に不信感?を抱いていた私には、この音質はすくなからぬ驚きでした。.

色々な音楽聴いた感じ低音が若干出てない感じはするが、聴いてて綺麗だと思いました。見た目は本当にかっこいいと思います。着け心地は普通ですが落ちたり外れたりすることは滅多にありません。(全て個人的感想)ちなみに私は違うメーカーのイヤピース付けて着け心地を良くしています。.

全帯域をクリアに鳴らすイヤホンなので、早朝にジョギングしながらクラシック、古典派などを聞くのに良いなと感じました。グールド演奏のバッハなんかを聞くと面白いのかもしれません。音質は、bluetoothで飛ばしたmp3を聞いているので、データの再生機器の側に制約があるため、なんとも評価ができないなと感じました。個人的にはドンシャリと言われる低高音を主張した音も好きなので、シーンと用途を選んで使用したいと感じる一方、イヤホンはどうしても耳に入れた時のフィット感や感触によって自分の中の評価が決まってしまう難しさがあります。自分にとってワイヤレスのイヤホンを使いたいシーンと、自分の耳へのフィット感を確かめた上での購入をお薦めします。.

日本語の詳細な説明書はないものの、簡易の説明書で簡単に接続できました。イヤホンにはさらに耳の襞に嵌めるパーツが附属していて、装着感がしっかりしていてとても良いです。音もクリアで音質が良く、音量を上げなくてもよく聞き取れます。スポーツ用とのことですが、通勤にも使用しています。.

ベスト V-MODA ブイモーダ / FORZA Metallo FRZM-W-WSILVER ホワイト・シルバー ワイヤレス・イヤホン レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.