v-moda オーバーヘッド折り畳み式ヘッドホン crossfade M-100 マットブラック M100-MatteBlk – 迷ってる人は買いです。

3千円からの乗り換えです聴く 曲ジャンルはedm,洋楽です。djが使ってほどなのでいいものだっと思い、期待が高まりすぎてはじめて聞いたときはこんなもんかと思いましたでも値段の分、丈夫で質感のとてもいい買った当時は、自分には2万くらいのsonyのヘッドホンでよかったのかもと思ったでも今では愛着がわき買ってよかったと思ってます。不満はxlイヤーパッドつけてるのですが装着感は圧は強めかと思います3~4時間つけてるとあごのあたりが痛くなる.

私の好きなアーティストaviciiも使用しているヘッドフォン。長時間の使用は少し耳が痛くなるように思いますが、何より見た目がかっこよく素晴らしい音質です。折りたためますし、ケースも付いてますので持ち運びも便利です。買ってよかったです。.

・装着感側圧はやや強め。ath-pro700mk2のまで側圧はきつくないものの、長時間使っていると気になるかも。dj1proと同等かと思われます。やや小さめのイヤーカップのため、完全耳覆いという点でもないので気になる人は気になるかも。個人的には長時間つけていると耳たぶがやや痛くなりました。ま、休み休み使うほうが耳の健康的にも大事かと思いますので、その辺はほどほどに・・・。・遮音性一応セミオープン(イヤーカップのプレートにスリットがあるのでそこから音が漏れてます)ですが、音楽を流している分にはほぼ気になりません。ただ静かめの曲を静かに流すようなタイプのヘッドホンではないので、一応屋外で使用する場合は音量には注意したほうがいいでしょう。・音場イヤーカップのサイズから見るとかなり広いかと思います。さすがにsrh1540クラスではないですが十分に広いと思います。どちらかと言えば縦方向への広さを感じます。ただ曲によっては定位を気にするような感じの曲もありました。・音の傾向やはり低音の強い傾向はありますが、かと言って中音が狭まっている傾向もあまりありません。高域の伸びも十分かと。ただ若干高域がぼやける部分もありますが、これは他に比較したdjヘッドホンでもその傾向が見られたので特に問題ないかと思われます。ただ全体に見るとドンシャリ傾向でもあります。聴きこんでいるうちにちょっとだけ高音も強く出す印象がありましたが、これはプレイヤーやアンプの傾向を引き出しやすいのかもしれません。またメリハリの強い曲のほうがいい印象を持ちました。またハイレゾ音源と通常の圧縮音源の違いもしっかりと聴き取れます。先ほど書いたとおり、録音や音源の良し悪し、再生する環境で印象がかなり変わるかと思います。音量についても特にボリュームを上げなくても十分取れます。ポータブルでも問題ありません。能率は良いほうかと思います(少々ホワイトノイズを拾いやすいですが・・・)。またケーブル交換もできますが、付属のケーブルでも十分いい印象を持ちました。でもケーブルを変えることによって上の音の曇りの印象も十分変わるので、色々試してみると面白いかもしれません。一応ですが、オヤイデのhpc-35やhpc-mslが使用可能でした。・各ジャンルにおいての音質チェックやはりdjヘッドホンベースということもあり、テクノ、ハウス、打ち込み系の作品については申し分なし。色々(basement jaxx、flying lotus、fatboy slim、ken ishii、fpmなど)聴いてみましたが、音の明瞭さなどはっきりしており、dj用途としても十分に使える力を持っています。いわゆるテクノポップ(capsuleなど)でも十分。ただ分解能が割と高いので元の音のあらも出してしまうかも。ちなみにゲームミュージックもかなりいけます。どちらかと言うと基板音源のほうが良いのは気のせいでしょうか。他のジャンルですが、まずは苦手そうなジャズから。これは合う音源と合わない音源があります。いわゆるnew chapter jazz(robert grasper、esperansa、上原ひろみ、fox capture planなど)はかなりいい音で鳴ってくれますし、録音の良いある程度古いアルバム(bill evansの「live in tokyo」など)でも傾向は変わりません。が、物によってはベースの音が目立ちピアノの音が引っ込んでしまうものも。また演奏自体が奥に引っ込んでしまい平面のみになってしまうものも(bill evansの「at the montroux jazz festival」)。なかなか難しいところではありますが、ハマると爆発力のあるように感じました。もっとも落ち着いた曲はちゃんと落ち着いたなりに聴けたりするのが不思議なところで(カーティス・フラーの「blues-ette」とか)。なお、フュージョン(t-square、casiopea、the brecker brothersなど)については相性が良いです。オーケストラ系の作品でも同様。ただ広がりに限界があるのでこれについては不得手かもしれません。まだ聴ける方ではないかと思いますが、これについては他のヘッドホンのほうがいいかと・・・。(ただ純然たるクラシック作品でなく、モンハンライブ等の音源で確認しているので、他ではどうかと。)ロックについては全く問題なし。ノリも十分かと。ギターサウンドの強いほうがエッジが効いていいかもしれません(blankey jet cityとか)。同様にデジタルロック系についても申し分ないですが、低音にマスキングされることも。これは時間が経てば落ち着いてくるんでしょうか。ボーカルはかなり近い印象が。聴き比べてみると女性ボーカルのほうが良いように思います。ただ曲によってはいまいちに感じる可能性も。ポップス(竹内まりやとか)を聴く分には案外大丈夫ですが。一応1枚だけあったソウルの作品(booker-t. & the mg’s)でも普通に聴けました。と、基本的にこのヘッドホンではあまり聴かなそうなジャンルについても色々聴いてみました。・総括djヘッドホンとしてフィーチャーされた売られ方をしているので、やはりそっち方面の音の方が相性はいいですが、色々と聴いていくうちに面白いハマり方をするヘッドホンであるという印象を持ちました。低音にマスキングされる曲もありましたが、鳴らしていくうちに落ち着いてくるのではないかと思いますし、またケーブルの変更で更に印象が変わっていくものと思います。また音源やプレイヤーの良し悪しなどで音の出方が変わってきますので、出来ればいいプレイヤーやアンプで試してほしいと思います。素性が割と素直だったので、djヘッドホンをいくつも持っている自分としてはいい買い物だったと思います。追記:今回試聴した機材ですが、sony nw-zx1(直挿し)、fiio x3(直挿し)、pc→ifi-audio nano idsdを   主に使用、音源はほとんどハイレゾ音源(48/24がメイン)で聴いております。.

このヘッドホンのベースはかなり強いほうなんですけど、トレブルを圧倒せずにバランスをちゃんとキープします。ロック / メタル(mastodon, baroness, etc. )を聴く人に特におすすめです。あと、m-100の全体がコンパクトでしっかりしっているので、壊れる恐れなし!.

新しいdj用ヘッドホンが欲しくて購入しました。付属品にケース、ケーブル2本が付いています。音質は低音域によりながらも中音域、高音域もバランスよく調整されています。また耐久性も高くハードな現場でも使用にも適しています。シールドの交換でオリジナリティを出せるところも評価が高いです。.

1年半ほど使ってみての感想です。購入を迷っている人は買ったほうがいいです。つけ心地といい、音といい自分は結構気に入っています。つけ心地ですが、これはフィット感抜群です。イヤーパッドのサイズも大きすぎず小さすぎず、ちょうど耳の周りを覆う感じです。友達に少し貸したところ、『なんだこのフィット感は』と驚いていました。次に音です。低音よりかと思いきや、結構バランスの良い音です。セミオープンなので、なかなか音抜けもいいです。edmのようなノリのいい曲から、穏やかな女性ボーカルの曲までなんでも来いって感じです。このヘッドホンでアニメを見たりゲームをしたししていますが、何の違和感もなくいいかんじです。休みの日は1日中つけてます(引きこもりではありません)。折りたたみ機能も結構便利で、どこへでも持って行きたくなります。.

とにかくヤバいの一言!!デザイン、音質、耐久性、装着感どれをとってもno. Dre beatsを持っていいますが、beatsはdjするには重量感がありすぎて正直なところやりにくかった(汗)音質もbeatsよりクリアで自分はm-100の方が好きです!あと大音量にしても音が割れないのにはびっくりしました!!片耳モニターもやりやすい!!本当に買ってよかった!!一生ものです!!!これからカスタムしてガンガン現場で使います!!.

Eイヤホンで購入し1年ほど使用してのレビューです。まずデザインですがまだ日本ではあまり着けてる人がいないのでbeatsのように被りません。また六角形のスタイリッシュなデザインはapple製品などとは、また違う良さがあり、ずっと眺めてられるようなデザインです。装着性も少々側圧が強めですが慣れてくればそんなに気になりませんしだんだん緩和されていくのでかなり良いほうです。耐久性はミルスペックに対応していて、そんなに高くなければ落としてもビクともしません。世界中のdjが使っているので少し荒い使い方でもしっかり耐えれます。音質面ですが、ほんとにビックリします。今までbeatsやsonyの高価格帯のヘッドホンを使っていましたが音の情報量が桁違いに多いです。(ハイレゾには負けますが)またdjヘッドホンに有りがちなドンシャリ傾向ではなく、低音強めですが高音を潰すことなく全ての音が生きています。また密閉型と開放型の中間であるセミオープン型を採用しているので音が籠らずスーっと抜けていき、とても心地よいです。ケーブルもリケーブル対応です。是非迷っている方は購入してみてはいかがでしょうか。.

利点と欠点

メリット

  • 自分の耳では良さがわからなかった
  • DJにはもってこい
  • DJ用ヘッドホン

デメリット

音に関しては素人なのですごい!暗いしかいえないのですが、ミルスペックなだけあってとにかく頑丈。デザインもいいしケーブルが二本ついてくるのもいいですね。剛性も高くギシギシ言うなんてことはありません。これをつけてベッドで寝ても問題なさそうなくらい丈夫です。.

特徴 v-moda オーバーヘッド折り畳み式ヘッドホン crossfade M-100 マットブラック M100-MatteBlk

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 《ドライバ》50mmデュアルダイアフラムドライバ
  • 《インピーダンス》32Ω
  • 《周波数特性》530000Hz
  • 《感度》[email protected] 1mW
  • 《プラグ》24kメッキ 45-degree 3.5mmステレオミニプラグ
  • 《重量》約280g
  • 《ドライバ》50mmデュアルダイアフラムドライバ
  • 《インピーダンス》32Ω
  • 《周波数特性》530000Hz
  • 《感度》[email protected] 1mW
  • 《プラグ》24kメッキ 45-degree 3.5mmステレオミニプラグ
  • 《重量》約280g

ベスト v-moda オーバーヘッド折り畳み式ヘッドホン crossfade M-100 マットブラック M100-MatteBlk 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.