ULTRASONE earphone IQ – 鋭利な刃物のような高音域

Nw-a866→dookオーグpt各3本→pha-1→ultrasone iqの構成で聴いてますドンシャリ系として非常に優れた音を出しますね、se535ltdと比べて、中音を増やして低音を豊かにした印象sonyの付属イヤホンは基本ドンシャリですが、吐き気がする程質の悪いドンシャリで高中低がそれぞれ主張が邪魔して潰しあってるんですよねこのイヤホンは潰れませんし定位が安定してるので、非常に優れて洗練されたドンシャリを聴かせてくれますね。mmcxコネクタなのでリケーブルはシュアーと互換性がありますが、付属ケーブルが無酸素銅の良いケーブルなんで素の状態でも十分な音が出せます。何Nの無酸素銅かは記載が無いので不明ですが(^_^;)ケーブルはu型なのでこの辺りの好みは別れるかと後、初めてエージング効果を実感したイヤホンです、主観ですが(^_^;)段々と刺さりも消えてくる使用感は驚きましたこのイヤホン最大の難点は値段ですよねハイブリッド型といえどba1+d1ですので不得意なジャンルはありますし、その辺りはsonyのxba-h3に劣りますが極低音とかを求めない限りはse535と比べて窮屈な音場ではないので自分は全曲問題無く聴けてますコスパは高級イヤホンに求める事ではないのでse535の音が苦手あるいは詰まらない方はオススメしたい音ですね.

某イヤホン専門店にて試聴。sonyのzx2直刺しで、曲はマンウィズのdistanceを。ファーストインプレッションは、高音域のすさまじさに驚きました。聴く人によっては刺さると言うかキンキンすると感じるかもしれません。一発で目が覚めましたこの高音域を刺さるととるか、きらびやかと取るかによって大きく評価が割れそうな予感。万人受けする感じではなく刺激的な音を求める方には大いにオススメしたいですね。自分には刺激が強すぎて購入には至りませんでしたが、女性ヴォーカルや高音域を担当する弦楽器メインの曲なんかと相性が良さそう。スピード感もありイエローカードの楽曲なんかは相性がいいかなと思います。守備を無視したオフェンシブな音を鳴らしますので音量には要注意ですね。まったり系よりもスピード感ある楽曲で攻めたい時の相棒になると感じました。.

購入後2年ほど経ちますが、実にいいです。ipod touch 4th~pcocc-a(30pinドック〜iris4pin)〜rsa intruder〜iris telefunkenリケーブルmmcx〜iq。これに勝るリケはないです。d1+ba1でここまで厚みのある音と左右の分離。上下音場も低い位置で全体の音像を表現してくれてます。自分はケーブルは自作ですが、どうもオーグの浮つく感じが大嫌いで銅線でしかリケしません。ちょっと聴きはいいように聴こえるんですがうるさく聴いてられないのと音場の上昇が最悪。何より音線が細いのが嫌です。iqはチューニングがいいのか元の表現力も十分なので、うるさく聴きたくい方は銅線のリケをおすすめです。.

帯域バランスは高音より弱ドンシャリ、キレ、スピード感良く弾力のある太い低音は打ち込み、ハードコアテクノと相性抜群。同社のヘッドホンっぽい独特の立体感がある鳴り方でかなり好きなイヤホンなのですが再生環境に手持ちのイヤホンで最もうるさく敏感です。自宅でヘッドホン用ですがat-ha5000等のアンプを通して聴くときめ細かい高音と締まりのある太い低音がバランスよく鳴ってくれ、とても聴き心地が良いですがΩ及び感度が高いため無音時に若干ホワイトノイズが乗る。スマホやfiio等のプレイヤー直挿しだと音が荒くなり高音がキンつきドラムが刺さりまくる。普段の音量ではとてもじゃないが聴いていられません。加えて低音も締まりが減退しボワつきボーカルも奥に引っ込んでしまいます。現在、外で聴くときはdp-s1を使用し、fiio使用時よりはだいぶ改善されましたがそれでも据え置き環境と比べるとやはり音が荒く、上記の鳴りきっていないような特徴がやや残ります。よほど良いdapを使用していなければポタアンの使用をオススメします。19/03追記:最近までほとんどテクノばかり聴いていたので気づかなかったのですが女性ボーカルだとサ行がかなりキツく荒い出音になりますねwestoneイヤピの軸を切った物とeタイプを合わせて刺さりを抑えてますが他のイヤホンに慣れると本機の音の粗さが気になる・・顕著なのがgarnideliaの曲のシ・チ・ツ等の音です、かなり耳障りに鳴ります。テクノ等のインスト曲では良いんですがボーカル物をメインで聴く人にはオススメ出来ません。.

都内イヤホン店で視聴、即買いでした。手持ちのイヤホンはie800、k3003、h3です。baの音はすごいと感じることが多くありますがあまり好きな音の物はなく(カスタムクラスは別格です)w60やse846も好きになれずダイナミックかハイブリッドでいいのがないか視聴しまくってたらこいつに出会いました。最初の印象はとにかく太い音、なかなか優れた空間表現、少しモヤがかかった様な気がするけど高解像度の元気なやつ。視聴環境はzx1→pha-3→iqです。さて、持って帰ってきたのはいいのですが、なんでしょうこの変な音はw視聴機と全く違ってぶっとい筆でなぐり書きしたような音が出てきましたwどこかのレビューで要エージングとかultrasoneは200時間くらいとか書いてあったのを思い出し、アンプにつないで1週間放置しました。いくらか良くはなりましたがこのままでは売却確定wまだなのかと思いつつ、手持ちのpha-3にリケーブルしてバランスで聴いてみる。音が太すぎて重なりまくっていいとこなしw本当に変化が出始めたのは2週間流しっぱなしてからでした。分離がよくなり視聴機と同じような音に変わっていて、思わず、お帰り、遅かったねと言ってしまいましたwそれからまたしばらく流しっぱなしにしましたが、今ではかなりいい音させてます。モヤもなくなりスッキリしてます。西野カナと安室奈美恵を聴く時は必ずこいつを使っています。ちなみに私はjpopしか聴きません。また、付属のケーブルが優秀で、h3に着けてもなかなかいいです。もう一つ、イヤーピース探しにも苦労します。付属の物は全部私には合いませんでした。高音刺さることなく綺麗に出てます。繊細な細く綺麗ではなく、はっきり綺麗に。伸びもなかなかよし。中音ヴォーカルが真ん中にいるようで聴きやすく、自然な立体感がいいです。忙しくなっても全部鳴ります。低音曲により弾んだり、ドカンときたり、いなかったりします。総評音楽を元気に楽しく綺麗に聴けます。モニター的でもフラットでもなく、他に似た物が無い、iqにしか作れない表現があります。音が細くないので、ヘッドホンで聴く音に近いのでしょうか。たぶん嫌いな人と好きな人ではっきり分かれると思います。私は大好きでお気に入りの一つになりました。店頭で見つけたら是非とも視聴していただきたいです。.

利点と欠点

メリット

  • 洗練されたドンシャリ

  • 打ち込みと相性抜群、再生環境には注意 ※追記、刺さりについて

  • 音場の広がり

デメリット

特徴 ULTRASONE earphone IQ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ(4極)
  • 周波数帯域(L):17Hz, 周波数帯域(H):21000Hz

ベスト ULTRASONE earphone IQ レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.