ULTIMATE EARS UE 900 Noise-Isolating Headphones 【並行輸入品】 – 買って大丈夫だ

物に関しては良い物なのですが箱がすごく汚れや破けがありました.

すごく今更ですが900sと聴き比べて音の傾向が全然違ったのでレビューしておきます。(付属ケーブルでの感想になります)900は柔らかい音を鳴らすと思いました。高音は角が取れている感じ。低音は不足感はないが主張もしない、コンパクトな分量だけ鳴らしている感じです。聞き疲れしないイヤホンを求めているなら、中古品の購入を検討してもいいんじゃないかと思います。900sはしっかり低音が鳴っています。バランスがいいイヤホンだと思います。しかし900の方で感じた柔らかい雰囲気は無かったです。900も900sも評判は良いイヤホンなので、私のように中古品に興味を持つ人もいるかもしれませんが、付属ケーブルで聴く限りでは名前・見た目とは裏腹に音の傾向は全然違ったので注意が必要です。.

とにかく!!いい音まるでサラウンドスピーカーで聞いてるみたい.

並行輸入品につき、故障、返品の対応ができないみたいです。また、説明も日本語がなく、保証書もないです。連絡先も日本にはありません。値段だけに捉われず、販売元をよく考えて買うべきだったと思いました。.

イヤホンの左側が聞こえませんでした。箱も汚かったです。返品しました。.

イヤーホンの形がいいですね。耳にもフィットして音もいいです。.

Triplefi10を長年愛用し、今回の新製品で購入。(eイヤホンにて)ケーブルが専用から変更になったのは有難いです。装着感は、本来はこれが普通なんだと思うが、fi10慣れしているとどうも不安になるwまだ着用して間もないので、レビューはどうなのかと思うが、fi10よりもフラットな印象。ドンシャリ感が少し和らいでる感じがする。(但し、あたしはドンシャリが好きです)しかしながら、音色は深みがあるように感じた。ここは4ドライバの恩恵であろう。westoneの4rほどの超絶普通クリア(これはとてもいい意味での4r褒めです。)ではない。fi10独特のドンシャリが無いので、fi10からだと物足りないかもしれない。fi10と一緒に持ち歩いて使い分けしたいなぁって思っています。.

10 proからの乗り換えです。ロック全般(特にhr&hm)を良く聴きます。10 pro+luneの音が忘れられずに、こちらもすぐにluneにリケーブルしました。付属のイヤーピースでの最初の印象ですが、10 proに比べ、ボーカル、ギターはくもりなく聞こえますが、ベースとドラムについては、10 proよりもかなりおとなしい感じです。音場は10 proのほうが広く感じます。音の分離や解像度については、こちらが上だと思います。装着感が良いので、しばらく付属のイヤーピースを使っていましたが、どうしても音が気に入らず(繊細だが、おとなしすぎる)評判の良かった、ソニーのノイズレスイヤーピース等も試しましたが、ベースの量感はすごく上がったものの、スポンジの吸音効果なのかシンバルやスネアの音の切れが悪く、自分の好みにはあいませんでした。10 proで使っていた、モンスターのトリプルフランジも最初に試したのですが、耳から出っ張りすぎるので、すぐに使用をあきらめていたのですが、ふと、おもいついて、先端のフランジ(一番小さいフランジ)の芯の途中でカットしてみました。これは、正解でした!10 proと同じ、熱い音が戻ってきました。スネアやシンバルの切れも素晴らしく、10 pro同様のタイトでダイナミックなベースに加え、10 proで足りなかった、ボーカルとギターの充実感・・・イヤーピースでこんなにも激変したのがちょっと驚きです。その後、フランジのカット方法をいろいろ試しましたが(根元の芯だけ切る、小さいフランジをすべて切る等)、結局、先端の芯を途中で切った時が一番自分の好みの音で、ここに落ち着きました。装着感や取り回し等は、みなさん書かれているように、非常に良くなっています。あと、使用が電車での移動時が主なので、プレーヤーは、ipod-nanoをずっと使っていましたが、ue900に対して役不足物に感じるようになり、walkmanのsシリーズに変えました。総評としては、ultimateearsらしい音がする、いいイヤホンだと思います。最近、プレーヤーをwalkman nw-a16に変えたのですが、おとなしいと思っていたue900が大化けしました。うるさくなるギリギリまでボリュームを上げると信じられないようなダイナミックな音を聴かせてくれます。特に80年代後半以降の録音が非常に素晴らしい鳴り方をします(10 proは、60年代後半から70年代前半の録音が魔法のような素晴らしい音に化けるのですが。)メタリカのアルバムジャスティスが、こんなに素晴らしい録音だったのかと再認識・・・。エクストリームの3サイドストーリーは、スネアの衝撃波のような音(生のスタジオとかライブだと実際こういう音なんですよね)にしびれまくっています。プレーヤーの実力次第で、実力を発揮するイヤホンだとつくづく思いました。ケーブルを定番のgalaxy-plus、それからポタアンとして、fiio e12aを導入しました。結果、ボリュームを上げても「音の刺さり」なく、ダイナミックさが上がりなかなかの満足度です。1年以上使ってみての感想ですが、なかなか思い通りの音にならない反面、ケーブルや、プレイヤー、アンプに敏感に反応して、音が変化するところが、jblの70年代のモニタースピーカーに似た趣味性を感じてとても楽しいと思います。このイヤホンは、使いこなしによって、まだまだ隠れたポテンシャルを秘めているような気がします。ちょっと使ってみて思い通りの音にならなくても、じっくり向き合えば「はっと」するような瞬間を何度も提供してくれる素晴らしいアイテムだと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 重低音がよく出ます。
  • 勉強になりました。

デメリット

ケーブルが難。速攻shure用のupgradeに取り替える。本体は10proより耳によくなじむ。ケーブル抜きでは最高の一品です。.

これまでER−4Sを愛用してきました。ケーブルが断線したので本品に買い換えました。音質はER−4Sやヘッドホンのmdr-cd900stと比較するとかなりこもったモコモコした音になります。ボーカルの声はヌケが悪いです。スネアやシンバルの音もキレがわるいです。ER−4Sが晴天ならこれは曇天といった感じ。他の方の評価が高かったので私の使い方が悪いのかと思い、イヤーチップをいろいろ変えて試してみましたがヌケの悪さ変わりませんでした。期待していましたが、ER−4Sになれた耳にはちょっと物足りないです。.

私は重低音が好きなので、高音向きのイヤホンよりこちらの方が迫力があり好きです。遮音性も十分だと思いますし、ブルーの色もおしゃれで良いと思います。.

装着感が10プロよりも良く長時間付けていても疲れない。ただ10プロほどじゃないが純正ケーブルがあまり良くないのでリケーブルでカバーしてほしい。.

メジャーなse535ltdやweston4rなどと比べると音圧感度の違いがあるので同じチューニングで聞き比べてもあまりわからないと思います。ue900などの音圧感度が低いイヤホンにはパワー系のアンプを使いチューニングは音量調整を絞ってから音圧を上げていくと、真のue900の底力を発揮してくれると思います。音4基ドライバーを搭載したイヤホンなので解像度も高く中音域が前に出てボーカルの声がはっきり聞こえてきます。低音域に2基搭載されている為独立して低音域が鳴ります。なのでba機特有の解像度の高さは保持されつつ独立したドライバーのおかげでダイナミック機に近い低音域の鳴り方をします。わたしが購入した動機はこの低音域の重みは保ちながらスピード感のある軽快な鳴り方をする点。中音域のくっきりしたボーカルの声です。高音域に関してはse535ltdが好みですが、スピード感のあるロックなどを聞くにはとても良いイヤホンであろうと思います。.

やはりこの値段のイヤホンになると音が一段階変わります。音に深みが出てすべての音が鮮明に聞こえ、ごまかしがなくなる。その中でそれぞれ個性を持たせたのがこの値段帯のイヤホンであると思う。このイヤホンはかなりフラットだと思う。しかし完璧なイヤーモニターみたいな冷たい音ではなく楽しい音である。またどんなジャンルも高い解像度で楽しく不満なく聞くことができる。なのでいろんなジャンルを聞く人にはおススメのイヤホンである。ue900を買うときに最終候補になったse535との違いse535はとにかくボーカルの解像度がたかくて聞き惚れる音だった。しかし、テンポの速い音楽だと少しベースの音やドラムの音が物足りない感じがした。その部分をしっかり気持ちよく鳴らしているのがue900だった。なんというかこんな楽器もなっていたのかという感動がすごいわかりやく、すべての音が鮮明に聞こえるので、今まで何回も聞いた音楽を聞いたとしても新たな発見があると思う。これ以上高音の解像度が高くなるとサ行が刺さるのではないかとおもいます。刺さるのが好きっていう人もいるのでなんともいえませんが。またこんなにも解像度が高いにも関わらず、全然聞き疲れがなかった。いつもは二時間ぐらい音楽を聴いていると音がうるさく感じて聞くのをやめるのだがこのイヤホンは四時間ぐらい聞いていても疲れはなかった。(個人差はあると思う)ue900はオールジャンルなんでもこなすがアニソンやロックやダンスを聴く人におすすめしたい。最近はラブライブやlinkin parkの曲にはまってます。どんなに激しい曲であっても音がつぶれることがなく、いまこのボーカルの後ろではこの音が鳴ってるというのがはっきりわかります。それほど分解能がすばらしいです。ボーカルも気持ちよく聞けてベースやなっているモノすべてを気持ちよく聞きたい人におすすめのイヤホンです。また再生環境としてはnds10-ha26d-ue900です。音源は基本的にlosslessです。ue900は付属品としてアットネータがついているのでアンプで聞きたいけど抵抗買わないといけないということはありません。.

10proを1回おかわりした身としては、正常進化じゃ無いと言われているue900がとても心配だった。同じ心配をしてる10pro好きも多いと思われる。しかし、試聴して安心した。紛れもなく、ueの音だった。確かに、キラキラ感やドンスコ感は薄らいだが、解像度や装着感は確実に進化しており、時代の変化と捉えて諦めた方が良い。(速攻リケーブルしたくなることも無いのは、おまけ)個性的すぎた10proをいくら懐かしもうと、もう900しか存在しないのだから仕方ない。否定的な意見も目にするが、じゃあ10pro好きが、4rや535ltdと比較して、どっちが気持ちいいと感じるか?まだ、900の方がキラキラしてて、打ち込みやスネアを気持ちよく聞かせてくれると思う。いずれにしても試聴して、そろそろ買うしか無い。アベノミクスで、もう円高にもならなそうだし。。.

特徴 UE 900 Noise-Isolating Headphones 【並行輸入品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 米国Logitach社製、正規品の平行輸入品
  • パッケージ、説明書は英語表記になります

ベスト UE 900 Noise-Isolating Headphones 【並行輸入品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.