Tag Archives: v-moda

v-moda V – MODA xl-greyメモリCushions – 購入にはご検討を

私が調べた中ではamazonさんが1番安かった。商品自体は他のレビューなどを見て心配はしていませんでした。実際使ってみて、デフォルトより1. 5倍は厚みがあり付け心地も最高です。音質は低音が少し無くなった感じはありますが、私はそれで十分でした。v-modaを使用していて、耳が痛いなぁと思っている方は是非購入してみてはいかがでしょうか^ ^. 息子が自分で購入したこのヘッドフォンの耳パッドが少し小さいらしく大きめのものが欲しいとのことで購入した。付け替えて調子いいらしい。. ふっかふかで心地良いですよ、これ。元々のサイズが特にタイトで、、ということではなかったのですが取り敢えず購入してみましたが買ってよかったです。も少し価格を抑えてくれるといいのですが。. 標準のイヤーパッドよりも厚みがあり、長時間付けていても痛くなりにくいので快適です。ただ、厚みがある分、折り畳んでもヘッドホンケースに入らなくなります。. 好き嫌いあると思いますがイヤーパッドを変えただけでだいぶ音が変わりました(低音が少し弱くなった気がします)。着け心地はとてもいい感じです。しかし半年ほどで中のクッションが潰れて、買った時の2/3程度の厚さになってしまいました。. 利点と欠点 メリット 購入にはご検討を 快適なクッション 付け心地が最高^ ^ デメリット 特徴 V – MODA xl-greyメモリCushions for over-earヘッドフォン、グレー XL-BLACK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: V-MODA Crossfadeシリーズに対応する交換用イヤーパッド ベスト V – MODA xl-greyメモリCushions for over-earヘッドフォン、グレー XL-BLACK 買い取り

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on v-moda V – MODA xl-greyメモリCushions – 購入にはご検討を

v-moda ブイモーダ / FORZA Metallo FRZM-W-WSILVER ホワイト・シルバー ワイヤレス・イヤホン – 耳への装着感が良く、音質もクリアで良いです。

「v-modaとはいえスポーツ用、しかもワイヤレスでしょ?」と思っていましたが、いい意味で予想を覆されました。macに接続し、コーデックはもちろんaptxで試聴しました。音源は主にモダンジャズ、accurateripした非可逆圧縮音源(flac:44. 1khz/16bit)です。試聴してまず印象に残るのが、コンパクトなハウジングとは裏腹にかなり分厚い低音とシャープな高音域を両立している(補完しあっている?)ところ。それでいて輪郭とコントラストが極めて明瞭なことに感心しました。微細な音を聴かせるのも得意なようで、シンバルやブラシの音を減衰しきるまでしっかりと描いてきます。いわゆる「ドンシャリ」と揶揄されるような音とは一線を画しています。細かいディテールを漏らさず聴かせてくれますが、音作りはフラットではなく色のついた感じで、反面、どちらかといえば聴き疲れのしやすい音かなという印象も受けました。音質の話が長くなってすみません。装着感も非常に優れています。もともとハウジングが軽くコンパクトなため収まりがいい上に、ネックバンドが特殊な設計のようで首まわりにピタッと固定され、耳からイヤフォンがずり落ちてくるということがありません。スポーツ用のイヤーフィンも付属するのですが、軽い運動ならなくてもいいくらいしっかりした装着感です。その他、フル充電で10時間というのもワイヤレスイヤフォンとしてはなかなか優秀な部類。リモコン部分も物理ボタンが採用され、左側が電源スイッチ、右側がボリューム・再生・停止となっており、目でみなくても使いやすく設計されています。正規品の輸入元・サポートがローランドというのも安心感がありますね。長短が一体のことがらや好みで左右されそうな部分を除けば、これといって欠点が見当たらない、隙のない優秀なイヤフォンです。. まず届いて感じたのはパッケージングの贅沢さ。ただ、下のレビュアーの写真のようにすぐにフタは開くものの、中のプラスチックケースをどう開けて良いかわからなかったです。箱をよく見回すと、箱の裏側の上片方にハサミ印がリボンの近くに2枚目の写真のように入っており、リボンを写真のようにハサミで切ると、プラスチックケースがそっと開けられました。プラスチックケースを取った場面が3枚目の写真で、商品が丁寧に切り込みに嵌まるように納まっています。説明書やケースや充電用usbコードなどの付属品はネオプレーンケースの裏側に入っています。 使用法は黒い説明書に写真4枚目と5枚目のように書いてありますが、説明書きは英語のみで、日本語の説明はありません。よって、レビュアーが念のため、写真4枚目と5枚目の説明について以下に和訳しておきます。写真4枚目(以下レビュアーの和訳)①音量アップボタン:本機を正しく耳にセットしたとき、左のコントローラーの下側のボタン。上側のボタンが音量アップボタンのほうが直感的で良かったのではないかとレビュアーは思いました。②多機能ボタン:本機を耳にセットしたとき、左のコントローラーの真ん中のボタン③音量下げボタン:本機を耳にセットしたとき、左のコントローラーの上側のボタン。④マイク(電話用マイクロフォン)⑤状況を知らせるled照明⑥主電源スイッチ⑦充電用マイクロusbの孔:フタに覆われているため、一見したところ、孔がどこにあるのかわかりにくいので注意。マイクロusbのフタは爪の先でこじ開ける。写真5枚目(以下レビュアーの和訳)1、本機を耳にセットしたときに右側のコントローラーの真ん中に位置する「主電源」ボタンを押してください。2、iphoneやアンドロイドなどのスマホやipadなどのタブレットの設定アイコンで、bluetoothを「オン」にして、表示されたデバイスの中から、v-moda forza を選択してブルートゥースを「接続済み」にしてください。3、ブルートゥース接続が完了したら、耳にセットした本機から接続完了の音「シューン」が鳴ります。これでスマホやタブレットの音楽やラジオなどを楽しむことが出来ます。* レビュアーによる本機のタッチノイズの評価(以下):レビュアーが持っている3000円程度の他メーカーのワイヤレスヘッドホンはタッチノイズ(コードが動いたり衣服や肌に擦れたときに、電気ノイズとしてノイズ雑音が音楽などのサウンドに混じること)がひどくて、ほとんど使用したくなくなっていましたが、本機はこの手のワイヤレスヘッドホンに宿命的なタッチノイズがほとんど気にならなくなるくらいにレビュアーの感覚だと極限までなくなっています。(タッチノイズがまったく無いわけではなく、上記の他社機種と比べると90%削減:10分の1に削減されている感じです。)このタッチノイズの少なさは本機を「shure掛け」(耳からコードを一旦上げて耳たぶの裏を通すようにセットすること)するとさらに際立ちます。一般のタッチノイズの多い機種も「shure掛け」がタッチノイズ軽減には役立ちますが、本機の場合、「shure掛け」でタッチノイズが皆無になるという感じです。* レビュアーによる本機の音質の評価(以下):一言で言って、きわめてサウンドバランスがよく、ヘタな密閉型を凌駕する音質だと言っても過言ではありません。5. 8mm ネオジム・ドライバー搭載のおかげで、バスが効いているのが実感できますが、決して「ボンツキ」ではなくて、美味く抑制された低音の強さになっているため、締まりのよい低域になっています。クラシックはglenn gouldのピアノが静かさから立ち上がる繊細な感じがゾクゾクします。また、jaap schroderとchristopher hironsのヴァイオリンコンチェルトでは、やはり静かさから立ち上がるviolinの弦音が素晴らしく、倍音も感じられるような感覚さえ得られます。上記2つのアルバムで、レビュアーが「静かさから立ち上がる」という表現を続けて使ったのは、通常、このようなタッチノイズの宿命がある(ワイヤーが或る程度垂れた)ワイヤレスヘッドホンでは「静かさから立ち上がる」感じというのは普通はかなり難しいからです。本機ではその「静かさから立ち上がる」感じが出ているので、レビュアーは驚いたわけです。jpopのオフコースでは、yes-yes-yes で、ストリングスも綺麗で、テンポの良いドラムスが魅力的な低音を響かせます。小田和正のヴォーカルとギターとドラムスのバランスがとても良く再現されます。country rockでは、eaglesのdesperado で、”and freedom, oh freedom, well that’s just some people talkin’your prison is walking through this world all alone” という歌詞が澄んだ平原の空気感の中ではっきりと聞き取れます。レビュアーの総評:タッチノイズの宿命がある(ワイヤーが或る程度垂れた)ワイヤレスヘッドホンの中では、たぶん、タッチノイズを極力消し去った最上機種のひとつという位置づけは間違いないでしょう。音質的にはとてもバランスが良く、ヘタな密閉型を凌駕するほどです。ただ、¥ 24,786 というお値段の価格帯では、密閉型で結構魅力的な機種があるので、レビュアーの評価は結果、星4. 3で、四捨五入して四ツ星としますが、タッチノイズの少なくて音質バランスの良さを本機のようなコンパクトタイプで求めるならば、本機は期待を裏切らないとレビュアーには思われます。. パッドが少し薄めで,耳に装着するときキャビネットの堅さを感じましたが異物感はすぐに消えました。まず音質の傾向がナチュラルで,非常に好感度が高いと思います。まだまだエイジングができていないので今後どう変化してくるか不明ですが,期待できます。スポーツ用なので,耳への固定が素晴らしいです。特筆すべきがその遮音性!全くと言って良い程漏れてきません。相当ボリュームを上げたら分かりませんが常人のレベルなら本当に気にせず音楽に浸れます。. 音についてレビューさせていただきます。体感ですので、個人的に、、、まず、再生媒体がiphoneとして、高音は割れずに響きます。シンバル音は欲しいところまで取ってくれます。低音はベースの低音が聴きやすいです。ベースとドラムのタムがよく聞こえて、タム回しも聞き取れます。. ローランドが代理店を始めたdj用ヘッドフォンに強いアメリカのメーカーとのことですが特に低音が強いとか派手にブンチキ鳴る印象はなく、一聴して自然ですっきりクリアーに感じます。軍用仕様の耐久性をうたっているメーカーですが、とくにゴツいということもありませんでした。長期使用における汗などに対する強さは期待したいところです。カナル型のタッチノイズは気になるほうなのですが、首の後ろにからかける形のシステムとワイヤレスの併用はタッチノイズの軽減にも理にかなったシステムで激しく動いても気になりません、とても良いと思います。スペック的に凄く大きな音が出せる仕様ではないと思います。音質も明瞭でクリアーなのでつい音を大きくしがちで音源によっては物足りなく感じる人もいるかもしれませんが健康面やスポーツ用途の安全面を考慮するとちょうどよい設計かと思います。操作系はシンプルでとくに説明書などみなくともペアリングから操作までできました。15分の充電で2時間のスピードチャージ対応など使い勝手は申し分ないです。ポーチ付属でそんなにかさばるわけではありませんが首から鎖骨のコントローラーまでの材質が弾力のあるブルンブルンしたものなのでポケットに入れるたり、ぎゅうぎゅうのカバンにガサツに突っ込める感じではありません。. 良い点が目立つ。まずパッケージがかっこいい。軽くて、ペアリングもすんなり。汗に強い素材ということもあり、高級ある質感。その割に軽い。耳にフィットして臨場感が上がる。じつはマイクもついておりfacetimeでも問題なくつかえた。着信時は振動してくれる。音質はクリアな方で、重低音もしっかるある方。唯一気になったのはある程度ノイズキャンセラーはあるが、その度合いが調節できない点。この価格帯のイヤホンであればこれで十分ではなかろうか。. 元々ヘッドフォンではedmに代表されるようなエレクトロに強く、低音寄りという印象のv-modaという事で、こちらもそういう傾向にあるのではと予想して使用してみたら全く違う事にまずビックリしました。一言で言えば非常にバランスが良い音だと思います。これまでもbluetoothのイヤホンは何個か使用してきたのですが、動画視聴等に使う分には満足出来ても、音楽を聴くとなるとどうしても物足りなさを感じる為音楽を聴く時だけは有線接続のイヤホンに切り替えていたのですが、aptxで接続した本製品に関してはそういった不満も無く音楽を聴けるので、音楽を聴きながらのジョギング、ウォーキングの際にケーブルに煩わされずに済みそうなのが有り難いです。また、音質だけではなく、イヤーピースのフィット感と遮音性も良く、更にイヤーフィンも併用すると完全に耳と一体化した様な密閉間があるのも非常に良いです。バッテリーの持ちも、公称値の10時間程度は持ちそうです。本製品を使用してみて、音質やバッテリーの持ち等を考えると、bluetoothイヤホンに関してはネックバンド方式が一番理に適ってるとの印象が一層強くなりました。また、本製品の特徴として、2デバイス同時接続があるのですが、使ってみるとこれが意外と便利でした。自宅では、音楽はdapから、動画の視聴はタブレットからといった使い方をする事が多いのですが、その都度bluetoothの接続を解除してもう一方と接続しなおすといった手間が無く、dapの音楽を止めてタブの方のyoutubeアプリの再生ボタンを押せば自動的にそちらの音声が流れ、逆もまた同じくというのは本当に使えます。v-modaという事で厚い低音を期待すると裏切られると思いますが、bluetoothイヤホンとしては非常にバランスが良くとても良い品だと思います。高品位なbluetoothイヤホンをお探しの方にお勧めです. 今まで、コスパ良し的なイヤホンばかり使っておりましたので、もう少々本格的なものを試してみたいと思い、こちらの製品を試してみました。1か月ほど使ってみましたが、まず音が非常にクリアで抜けがよく、電車内、バスなどの車内、店内、どの環境でも、また自分がどんな動作をしていても再生中の音楽などが非常に快適に聞き取れます。音の抜けは良いのですが、決して高音域が痛いわけでもなく、かといって低音が痩せているわけでもなく、とてもまとまりのある音で気に入りました。全体が非常に明瞭に聞き取れるのですが、少々パワー感が弱い感じもしましたが、ワイヤレスなので仕方ないと割り切っております。充電速度もなかなか早く、ついついうっかり充電を忘れていても、15~20分充電すれば2時間使用可能で、移動中の使用時間はなんとかカバーできるので本当に便利です。朝の忙しい時間にこれはとても重宝しております。通勤などの移動中でしか使用しないのであれば、フル充電で数日間は使えると思います。バッテリーの持ちも良い感じです。そこいらの安いイヤホンなどと違い、作りがかなりしっかりしており重そうな感じがしますが、装着してみるとそんなことはなくさすがスポーツ使用時を想定した作りらしくフィット感がとても良いです。軽く走ったくらいでずれたりもしません。使っていて思いましたが、スポーツ好きの方で音楽も聞きながら楽しんでいる方にぴったりだと思います。. 利点と欠点 メリット 僕は音について 参考程度に… … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on v-moda ブイモーダ / FORZA Metallo FRZM-W-WSILVER ホワイト・シルバー ワイヤレス・イヤホン – 耳への装着感が良く、音質もクリアで良いです。

v-moda オーバーヘッド折り畳み式ヘッドホン crossfade M-100 マットブラック M100-MatteBlk – 迷ってる人は買いです。

3千円からの乗り換えです聴く 曲ジャンルはedm,洋楽です。djが使ってほどなのでいいものだっと思い、期待が高まりすぎてはじめて聞いたときはこんなもんかと思いましたでも値段の分、丈夫で質感のとてもいい買った当時は、自分には2万くらいのsonyのヘッドホンでよかったのかもと思ったでも今では愛着がわき買ってよかったと思ってます。不満はxlイヤーパッドつけてるのですが装着感は圧は強めかと思います3~4時間つけてるとあごのあたりが痛くなる. 私の好きなアーティストaviciiも使用しているヘッドフォン。長時間の使用は少し耳が痛くなるように思いますが、何より見た目がかっこよく素晴らしい音質です。折りたためますし、ケースも付いてますので持ち運びも便利です。買ってよかったです。. ・装着感側圧はやや強め。ath-pro700mk2のまで側圧はきつくないものの、長時間使っていると気になるかも。dj1proと同等かと思われます。やや小さめのイヤーカップのため、完全耳覆いという点でもないので気になる人は気になるかも。個人的には長時間つけていると耳たぶがやや痛くなりました。ま、休み休み使うほうが耳の健康的にも大事かと思いますので、その辺はほどほどに・・・。・遮音性一応セミオープン(イヤーカップのプレートにスリットがあるのでそこから音が漏れてます)ですが、音楽を流している分にはほぼ気になりません。ただ静かめの曲を静かに流すようなタイプのヘッドホンではないので、一応屋外で使用する場合は音量には注意したほうがいいでしょう。・音場イヤーカップのサイズから見るとかなり広いかと思います。さすがにsrh1540クラスではないですが十分に広いと思います。どちらかと言えば縦方向への広さを感じます。ただ曲によっては定位を気にするような感じの曲もありました。・音の傾向やはり低音の強い傾向はありますが、かと言って中音が狭まっている傾向もあまりありません。高域の伸びも十分かと。ただ若干高域がぼやける部分もありますが、これは他に比較したdjヘッドホンでもその傾向が見られたので特に問題ないかと思われます。ただ全体に見るとドンシャリ傾向でもあります。聴きこんでいるうちにちょっとだけ高音も強く出す印象がありましたが、これはプレイヤーやアンプの傾向を引き出しやすいのかもしれません。またメリハリの強い曲のほうがいい印象を持ちました。またハイレゾ音源と通常の圧縮音源の違いもしっかりと聴き取れます。先ほど書いたとおり、録音や音源の良し悪し、再生する環境で印象がかなり変わるかと思います。音量についても特にボリュームを上げなくても十分取れます。ポータブルでも問題ありません。能率は良いほうかと思います(少々ホワイトノイズを拾いやすいですが・・・)。またケーブル交換もできますが、付属のケーブルでも十分いい印象を持ちました。でもケーブルを変えることによって上の音の曇りの印象も十分変わるので、色々試してみると面白いかもしれません。一応ですが、オヤイデのhpc-35やhpc-mslが使用可能でした。・各ジャンルにおいての音質チェックやはりdjヘッドホンベースということもあり、テクノ、ハウス、打ち込み系の作品については申し分なし。色々(basement jaxx、flying lotus、fatboy slim、ken ishii、fpmなど)聴いてみましたが、音の明瞭さなどはっきりしており、dj用途としても十分に使える力を持っています。いわゆるテクノポップ(capsuleなど)でも十分。ただ分解能が割と高いので元の音のあらも出してしまうかも。ちなみにゲームミュージックもかなりいけます。どちらかと言うと基板音源のほうが良いのは気のせいでしょうか。他のジャンルですが、まずは苦手そうなジャズから。これは合う音源と合わない音源があります。いわゆるnew chapter jazz(robert grasper、esperansa、上原ひろみ、fox capture planなど)はかなりいい音で鳴ってくれますし、録音の良いある程度古いアルバム(bill evansの「live in tokyo」など)でも傾向は変わりません。が、物によってはベースの音が目立ちピアノの音が引っ込んでしまうものも。また演奏自体が奥に引っ込んでしまい平面のみになってしまうものも(bill evansの「at the montroux jazz festival」)。なかなか難しいところではありますが、ハマると爆発力のあるように感じました。もっとも落ち着いた曲はちゃんと落ち着いたなりに聴けたりするのが不思議なところで(カーティス・フラーの「blues-ette」とか)。なお、フュージョン(t-square、casiopea、the brecker brothersなど)については相性が良いです。オーケストラ系の作品でも同様。ただ広がりに限界があるのでこれについては不得手かもしれません。まだ聴ける方ではないかと思いますが、これについては他のヘッドホンのほうがいいかと・・・。(ただ純然たるクラシック作品でなく、モンハンライブ等の音源で確認しているので、他ではどうかと。)ロックについては全く問題なし。ノリも十分かと。ギターサウンドの強いほうがエッジが効いていいかもしれません(blankey jet cityとか)。同様にデジタルロック系についても申し分ないですが、低音にマスキングされることも。これは時間が経てば落ち着いてくるんでしょうか。ボーカルはかなり近い印象が。聴き比べてみると女性ボーカルのほうが良いように思います。ただ曲によってはいまいちに感じる可能性も。ポップス(竹内まりやとか)を聴く分には案外大丈夫ですが。一応1枚だけあったソウルの作品(booker-t. & the mg’s)でも普通に聴けました。と、基本的にこのヘッドホンではあまり聴かなそうなジャンルについても色々聴いてみました。・総括djヘッドホンとしてフィーチャーされた売られ方をしているので、やはりそっち方面の音の方が相性はいいですが、色々と聴いていくうちに面白いハマり方をするヘッドホンであるという印象を持ちました。低音にマスキングされる曲もありましたが、鳴らしていくうちに落ち着いてくるのではないかと思いますし、またケーブルの変更で更に印象が変わっていくものと思います。また音源やプレイヤーの良し悪しなどで音の出方が変わってきますので、出来ればいいプレイヤーやアンプで試してほしいと思います。素性が割と素直だったので、djヘッドホンをいくつも持っている自分としてはいい買い物だったと思います。追記:今回試聴した機材ですが、sony nw-zx1(直挿し)、fiio x3(直挿し)、pc→ifi-audio nano idsdを   主に使用、音源はほとんどハイレゾ音源(48/24がメイン)で聴いております。. このヘッドホンのベースはかなり強いほうなんですけど、トレブルを圧倒せずにバランスをちゃんとキープします。ロック / メタル(mastodon, baroness, etc. )を聴く人に特におすすめです。あと、m-100の全体がコンパクトでしっかりしっているので、壊れる恐れなし!. 新しいdj用ヘッドホンが欲しくて購入しました。付属品にケース、ケーブル2本が付いています。音質は低音域によりながらも中音域、高音域もバランスよく調整されています。また耐久性も高くハードな現場でも使用にも適しています。シールドの交換でオリジナリティを出せるところも評価が高いです。. 1年半ほど使ってみての感想です。購入を迷っている人は買ったほうがいいです。つけ心地といい、音といい自分は結構気に入っています。つけ心地ですが、これはフィット感抜群です。イヤーパッドのサイズも大きすぎず小さすぎず、ちょうど耳の周りを覆う感じです。友達に少し貸したところ、『なんだこのフィット感は』と驚いていました。次に音です。低音よりかと思いきや、結構バランスの良い音です。セミオープンなので、なかなか音抜けもいいです。edmのようなノリのいい曲から、穏やかな女性ボーカルの曲までなんでも来いって感じです。このヘッドホンでアニメを見たりゲームをしたししていますが、何の違和感もなくいいかんじです。休みの日は1日中つけてます(引きこもりではありません)。折りたたみ機能も結構便利で、どこへでも持って行きたくなります。. … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on v-moda オーバーヘッド折り畳み式ヘッドホン crossfade M-100 マットブラック M100-MatteBlk – 迷ってる人は買いです。

v-moda Crossfade Wireless PHANTOM CHROME ワイヤレスヘッドホン Bluetooh対応 ブイモーダ – トップDJと同じヘッドフォン

音質的なことではかなり満足しています。ただ有線とbtの音質の差は大きいと思います。あと締め付けが少し強いので私は中耳炎のような痛みがありましたが慣れたら治りました。. 買って正解でした!個人的にはxlサイズのイヤーパッドも購入する事をオススメします!. 予想以上に音質が良かった。長さも調節できるので便利だと思います。. 利点と欠点 メリット 愛用中 トップDJと同じヘッドフォン 側圧が強い デメリット 特徴 V-MODA Crossfade Wireless PHANTOM CHROME ワイヤレスヘッドホン Bluetooh対応 ブイモーダ モデル番号を入力してください これが適合するか確認: Crossfade M-100 Sound, Wireless Freedom ベスト V-MODA Crossfade Wireless PHANTOM CHROME ワイヤレスヘッドホン Bluetooh対応 ブイモーダ 買い取り

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on v-moda Crossfade Wireless PHANTOM CHROME ワイヤレスヘッドホン Bluetooh対応 ブイモーダ – トップDJと同じヘッドフォン