Tag Archives: Kinboofi

Kinboofi BQEYZ K2 カナル型 イヤホン ハイブリッド 高音質 2PIN 3 – 当たり外れ?

低音高音バランスよく鳴って、サ行が刺さったりもせず良い感じだったのですが、片方だけ極端に音が小さくなってしまいました。同類の製品で似た症状を見かけたので、運悪くハズレを引いた感じでしょうか。2pinのリケーブルの選択肢が少ない点は少しマイナスかも。. 利点と欠点 メリット 当たり外れ? デメリット 特徴 BQEYZ K2 カナル型 イヤホン ハイブリッド 高音質 2PIN 3.5MM 中華イヤホン 2基バランスドアーマチュア&2基ダイナミック(2BA+2DD) Kinboofi (ブラック マイク付き) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 【音質】:本製品はBQEYZ K2イヤホンです。2BA+2DD 4ドライバー 低域の量感は高域がしっかりと伸びる様になり、全域に渡って見通しの良い音になった。音の分離感が向上し、立体感を感じ取れる奥行きのある広い音場です。構造の恩恵か響き方は独特で音場も広め、音が立体的に分離し、楽器ごとの聴き分けはしやすい, 幅広いジャンルの曲を気持ちよく、個性なサウンドがクセになるイヤホンです。 【デザイン】:人間工学に基づく、高度なノイズ・アイソレーションを実現することができ、耳に負担の無い音量でもパワフルな美しいサウンドを快適に、難聴を心配することなく、長時間聞くことができます。通勤・通学、また更に高度なアクティブな運動をする時、イヤホンが落下する心配がなくなり、静かでよりクリアな音楽を楽しむことができます。 【高い遮音性】:カナル型の設計により騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。周囲の雑音や風切音をブロックし、深く豊かなサウンドを提供します。音漏れを抑えることで、通勤、運動など、他人に迷惑を掛けのこと全然心配しない 【解像度き】:解像度も高めです。密閉型にも関わらず広大な音場表現を可能としています。低音は相反してややウォームで、サウンド全体のバランスを重視しています。音の響きと広がりが綺麗なイヤホンをお求めの方にお勧めしたいです。楽器、声、エフェクティブな残響等、広がりを感じやすい振り分けになっています 【保証】:弊社は正規品イヤホンを販売しております。 当店でお買上げの場合に12ヶ月の製品保証(修理・交換対応) ご購入日から12ヶ月以内に製品に不具合が発生した場合、無償で修理或いは交換対応致します。 ベスト BQEYZ K2 カナル型 イヤホン ハイブリッド 高音質 2PIN … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi BQEYZ K2 カナル型 イヤホン ハイブリッド 高音質 2PIN 3 – 当たり外れ?

Kinboofi KZ ZST カナル型 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2PIN 3 – 皆さんの評価通り

Kzの1dd+1baシリーズ色々持っていますが、zstは(kz中堅の中では)マイルドで聞き疲れがあまりありません。しかし、5か月使って右耳側のケーブルがすぐ抜けるようになってしまいました。いろんなところで書かれていますが、イヤーピースは交換必須です。100均のでも低音がよく出るようになります。. 最初は掛け方に戸惑いますが、私は見た目、音ともに好みです。コードはゴムなのでゴワゴワしてます。タッチノイズ(?)はあるかもしれません。. 紫色に引かれて購入今まで安物ばかりを使っていたのでかなり新鮮な思いです音もよく、イヤーピース?ですか、内部のゴムが大中小と三種類ついています(値段的に無いと思っていたので)ただ、いくつかの問題点が、コードが分離でき耳にかかる部分が針金のように曲がるのですが、イヤホン単体だとうまく耳にはまるのにコードをつけるとその分余計な力がかかるのか耳から抜けやすくなる点コード自体が滑りにくい素材で覆われているので服などに引っかかりやすいコードが擦れる音がかなり響く、などの欠点が目立ちますコード自体は変更できるので買い替えを前提にしたほうが良いと思われますそれなりの欠点がありながらも値段と効果を考えるとなかなかに良い買い物をしたと思います以上、素人でした。. 寝る時に使っていたイヤホンが壊れたので購入。1799円で買って翌日届きました。販売店違いでたくさんレビューが有り評価が良いし、価格も安かったので失敗してもいいかなという感じでした。結果、音は素晴らしいですね。ハイエンドdapでハイレゾ音源を聴いていますが、7~8千円だったとしても納得してしまう音だと思います。しかし。。。装着感はちょっと良いとは言えませんね。。。寝ホンに購入しましたが、全体的に耳からかなり浮き上がっているので寝ホンには使えません。シュアー掛けせずに使うと少しましになりますが、本体の厚みがあって横向きにはなれませんでした。イヤモニのように密着しているイメージだったのでそこは失敗でした。私の場合は目的に合いませんでしたが、部屋で気軽に使うイヤホンとしては価格的にも音的にも満足できるものだと思います。. Kzのイヤホンはate(耳掛け式)以来で、リケーブル出来て値段と評価でzstを購入しました。付属のケーブルが評価がゴム見たいってことでケーブルも一緒に購入しました。いつも聴いている曲がランクアップした感じがします。音ゲーが楽しくなりました。. ハイブリッドで安いので買って見ましたが、残念ながら自分の好みの音では無かった様です。余り耳が良い方では無いしアンプ使ってる訳でもないので正当な評価にはならないかも知れませんが、ピアノや管楽器の艶が全く感じられず強い高低音に較べ中音が足りない印象です。とは言え、この価格では非常にコスパは良い。使っているうちにエージング効果?で良くなるのを期待します。. 高音が強く、きれいな音です。ただし音量を上げすぎると破綻します。低音はあまり出ないと言うよりも、高音が強すぎか。音場感も広くはない。クラシックやジャズむきではない。(雰囲気の問題で、音が出ていないわけではない)baのきれいな音が生きる女性ボーカルや、電子音多めの音楽を小さめの音で聴くのがベストと思います。. イヤホンは数年前に ipod shuffle の付属のものを使って以来、使用していませんので他のイヤホンと比較することはできませんが、すごくいい音だと感じました。映画のostを聴いたのですが、低音が、まるで映画館にいるようにドンドンと響いて感動しました。心配していた初期不良もなく大満足です!. 利点と欠点 メリット 紫カッコイイ! お手頃で楽しめるイヤホン 音に驚きました。 デメリット 残念ながら最初は欠陥品に当たりましたがkinboofi さんの対応で代替品を送っていただきそちらは今のところ問題なしです。中華品は安いが当たりはずれもあるという話をよく見るので躊躇しますが問題なく対応いただけるので購入価値はあるかと思います。まだ音出ししてからそこまで時間は経ってませんが、私には音楽が楽しく気持ちよく聞ける好みの音質でした。イヤホンの形状もあっていたのでしっかり耳に装着できるし落ちる心配もありません。遮音性については高いとは思いません、ですがこれはイヤーピースで変わるし問題なし。付属のコードはブルンブルンのゴムみたいなので使いにくいのは知っていたのでリケ―ブルしてます。極力リケーブルをお勧めしますが、まぁーこのイヤホンが安くて本体と同等もしくは少し高いくらいなので考えてしまう人も居ますが、同社中華系のケーブルはどれも柔らかく取り回ししやすく感じます。セットで購入してもお手頃かなーとおもいます。2ピンは箱出しで最初刺す時はきつく刺さりにくい個体があります、少し力が必要かもしれない。私のは1回目以降は問題ない感じです、ゆるいよりはまし?です慎重に接続しましょう。お手頃な値段や音質に私は満足しています、良い買い物でしたー。. ドライバー搭載機入門に最高ですね。見た目も派手で好きです。音は聞き始めはもうひどかったですが、今は落ち着いてます。しっかり自分の耳に装着しないと低域がどこかへ行ってしまうのでちゃんと装着できるようになりましょう。. ¥2120円とは思えない、1dynamic driver + 1baのこちらと¥1980円のyinyoo yyx4753 2pin ケーブル 2pin 6芯 ケーブルと同時に購入、私の所有しているものハイエンド、ミドルから比較してcampfire audio polarisで評価すると中々いい音出しますね、バランスもいい。作りは中華ですね、音はエージングしなくても私は低音好きですが曲は何でも聞くので中域、広域は刺さらないですし、音にかんして、この価格帯ならかなりレベルが高いと思います。エージングするとまろやかになりますが低音もでますし、ボーカルも埋もれませんので、某イヤホン店舗の一万出すならこちらを試しに購入もありですね。1つは所有してみては如何でしょうか?おすすめですね私は寝ながら聞きたくて購入致しました。ハイエンドやイヤモニは気を使うので、この価格帯ならリケーブルも気軽に出来ますし故障や初期不良品に当たってもamazonなら直ぐに交換や返品対応してくれます。某イヤホン店はそうはいかないですからね。学生さんにおすすめです。リケーブルあわせても¥4000円、某☆イヤホン店舗の商品よりおすすめです。私は某イヤホン店舗でかなり購入しておりますが中華イヤホン恐るべし、素直な音で量感もあり驚きました。ちなみにイヤーピはアズラにしてます。. 音質が「どうのこうの」は置いて置いて私にこの音は合ったと思います。ath-im02をずっと使っていたのですがこっちの音の方が好きです。ケーブルの買い換えてオシャレです。. 紫購入しました、ケーブルとイヤーピースは変えると良くなります。上記 表示(写真)と変わってる所を記しておきます。ダイナミックドライバのトッププレート(蓋)の穴空きパターンが4つ穴から小さい穴が沢山空いてる物に変更されてます。 4/8追記(kz zs10の説明にあるダイナミックドライバの所の説明図の物と同形状です)        baドライバはkz30095でした。パッケージにはkz-zst proインピーダンス: 18Ω感度: 106db再生周波数帯域: 7-40000hzとなっています。. 中華イヤホンをなめていました。ちゃんと色んな音が聴こえてきます。この値段でこれは良いです。ただ、大きいのでずっと聴いていると少しだけ耳が痛くなりました。. この価格としては充分だと思います。低音は少し弱めで物足りなさを感じましたが、ボーカルを聞きたいときは調度良いかも?. 結構すごい音出しますね。時間経つにつれて、馴染んできたのかパワフルに感じます。細かい音までしっかり鳴り、安っぽさはありません。低音、中音、高音、バランスがよく、ドンシャリでもなく、一つ一つ独立な音域で満足。かなりお値段以上. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi KZ ZST カナル型 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2PIN 3 – 皆さんの評価通り

Kinboofi TENHZ P4 PRO カナル型 別注 イヤホン 4BA 高音質 MMCX 3 – 美しいクリアシェル、フラットで解像度の高い音

初めてのmmcxでした。4baということで楽しみにしていたので届いてすぐ開けました。筐体のカーボンの柄が綺麗で、内側のクリアな部分も中の構造が見えてかっこいいです。音ですがまず音量が大きく感じます。さらに中高音にブーストがかかったような感じがあります。自分はyinyooの16芯のケーブルに変えて使ってます。(低音に厚みが出る)コスパもいいと思います。イヤーピースも大中小あり、コンプレッションも大中小入っているので選択肢は多いと思います。サイズが合うイヤーピースを選ぶと遮音性も申し分無しです。これまでのイヤホンでは聞こえないような細かな音まで聞こえて、より音楽を楽しめます。. 明らかにr側のbaが不安定で鳴ったり鳴らなかったり。音も解像度はそこそこあるが、ノイズがひどい。即返品しました。この価格帯でこの品質は有り得ないですね。. 最初は低音が出ないし音が籠るしで、失敗したかなと思ってましたが、エージングとリケーブルでどちらも改善しました。またdapによってはホワイトノイズが非常にのりやすいため、その場合アッテネーターが別途必要になります。iematchがオススメです。. ずっとkz zst、zs5、zs6、as10と使ってきました。人生初のmmcxknowlesの4baという事で非常に興味が湧き購入。久しぶりに開封からワクワクしました。筐体:パッと見 カッコいい!レザーケースもいい!ケーブルの取り回しはいいです。いずれはリケーブルしようと思います。よく見て触るとカーボンプレートの接合部の雑さが多少 見受けられます。そんなには気にしてません。装着感:いいです。筐体の形状が耳に合っているのでちゃんと耳の奥まで入ります。イヤーピースはチープな感じというか…チープです!(標準イヤーピースは使用していません)kzだとエージング終わらないと ずっとザラついた感じなので気長にエージングしようと思っていました。音:装着すぐから音が綺麗でした。曲の終わりの余韻など聞こえていなかった音も聞こえます。(音源によりけり?)音源に対して素直に音が鳴ってくれます。ただ中域がやや引っ込み気味だと思います。価格的に仕方ないと思います。当初は¥12000で販売していたんですが一度amazonから在庫がなくなり、入荷したと思ったら¥15000になったのが残念です。大切に使っていこうと思います。※knowlesのbaは低域のみのようです。. 音楽を低音量で聴くとサーというノイズがあるのですが仕様なのでしょうか?もし不良品の現象でしたら交換したいのですが、kinboofiさんよろしくお願いします。. それは気にしないとしても、感度が高いので音は大きめです。イヤーピースはスパイラルドットにしてます。(写真は付属のイヤーピース)「音質・遮音性・フィット感」はとても良いものなので故障・破損が起きなければずっと使い続けたいと 切に思います。【追記】19年/6月ㅇ最近pcで使うとr側からよくジリジリ音が鳴り、偶に少しの間、静電気で右耳の外耳を攻撃してきます、ちょっと痛いです。ㅇpcとm6を介してdac接続しても僅かに聞こえてたノイズは 電磁波の影響 のようです。pcのコンセントのアースを使えば静電気の件も共に解消。. K5で衝撃を受け、p4がどうしようもなく気になって購入。箱出し直後は激しく後悔しました。特に肝心の中音がこもりまくって聴けたもんじゃない。でも、ほんのちょっとのエージング(例の1時間エージングを2周させました。)で完全に別物に化けます。で、これが又素晴らしい。全域にわたってフラット、解像度は高いけどうるさくなく、音場も適度に拡がり気持ちいい。k5のキャラクターを想像してましたが全くの別物。1音1音が美しいです。更に16芯にリケーブルすると全体の雰囲気を損なわず、特に中高音が更に細かく表現され更に気持ちいい。カマボコからカニカマになったというか、繊維を感じるというか。この価格でコレが体験出来るとは思いませんでした。そしてちょっと半信半疑だったエージングというものがちゃんと効果があるのがわかりました。. 中音の解像度が良くとてもバランスのよいイヤホンだと思います備え付けのケーブルはは硬めでタッチノイズを拾いやすいのでリケーブル必須かと思います. 利点と欠点 メリット お気に入りイヤホン 美しいクリアシェル、フラットで解像度の高い音 シェルに気泡が見える デメリット 左右バランスに、違和感を感じたのでシェルを見てみたら片側のネットワーク基盤のハンダ付けが雑でハンダがブリッジしてました。しっかり検査しているのでしょうか?許容出来ないので返品しました。もう一度買ってみて音質についてのレビューをしたいです。. Audbos p4のアップグレード版だそうです。クリアのシェルはとても美しく、装着感もとてもいいです。フラットでボーカルはとても解像度が高い音です。また低音や高音もしっかり出ていてとても気持ちの良い音です。とても美しいクリアシェルの4baイヤホンで1万円台前半というのはとてもお得だと思いました。. 箱から出して最初に聴いた時はコモりがヒドかったですが、他の方のレビューにも書いてあったのでしばらく、というかかなり鳴らしてみました。素敵に化けました。箱だし時のアレは何だったんだろうって位です。エージングなんて、という方もおられるでしょうが、是非試した方が良いと思います。ケーブルを2. 5mmバランス16芯の物に変えたら、更に良くなりました。素人耳でボキャブラリーも無いのでどう表現したらいいか分かりませんが、ボーカルが前面に出て、キラキラした高解像度とでも言いましょうか。音量は取りやすいので、初めて聴くときは気をつけて下さい。更に上の物はあるでしょうが、自分はコレに出会ってしまったので、しばらく有線イヤホンは買いません。. いままで5000円以下のイヤホンばかり使っていて初めて15000円という10000円を越しての金額のイヤホンで、ものすごく音がクリアに聞こえ過ぎて感動してしまいました。さらにいつもは音量の8割位の所で聞いてたのですがこのイヤホンを使うと音量の半分でもうるさい位でとてもいいと思いました。. 期待して購入したが、一度繋いだmmcx端子がイヤホンから外れない初期不良により返品する羽目になった。在庫がなく、交換もできないとか…。. フィット感がとても良いイヤホン高音はとても綺麗で長時間聴いていても疲れを感じづらいのですが、明るい音ではありません中音は滑らかで目立った粗を感じずとても良いですね、満足感があります低音はしっかり鳴っていてキレはあるものの迫力のある「ドンッ」という音は出ません特定の周波数帯を強調しているようには感じられませんでした、フラットな音です付属のケーブルに関してはあまり良い物ではないため交換をオススメします付属の革のケースは収納力が高くなくケーブルを接続した状態のイヤホンが入りきらない感じでしたイヤーピースケースにでもしようかなと思ってます綺麗な中音が好きな方に向いているイヤホンと感じました. 音に関しては素晴らしいのですが、使用頻度が増えると上のフタ?みたいな部分が剥がれてきてしまいました。値段も割と高めなのでその分ガッカリしました。. 箱だし直後は後悔します。ですが使ううちに化けます。本当に化けます買って良かったたたたたた. 特徴 TENHZ P4 PRO カナル型 別注 イヤホン 4BA 高音質 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi TENHZ P4 PRO カナル型 別注 イヤホン 4BA 高音質 MMCX 3 – 美しいクリアシェル、フラットで解像度の高い音

Kinboofi SENFER PT15 インナーイヤー イヤホン MMCX 3 – 値段にしてはよいが、上質感はない。※追記あり

この製品を購入したきっかけは、安いイヤホンをたくさん買って聴き比べをしてみたいと思った時に、リケーブル可能なインナーイヤー型イヤホンが目に止まったから。この値段でリケーブル可能なんて、どうせ…とは思いましたが、amazonレビューはなかなかの高評価だったので、とりあえず聴いてみようと購入してみました。使用した感想は「値段を考えたらすごい良い音、ケーブルがもっと良ければ…」です。届いて製品を見て思ったことは、セミハードケース、スポンジカバー2種、クリップが付属していて、なかなか豪華と思いました。が、手に取ってすぐに…ゴムゴムしたケーブルに「ええっ~、リケーブル前提かよ…」と思いました。mmcxのリケーブルを持っていないので、後日購入することにしましょうか…。さて、イヤホンを耳に付けて…とりあえずスポンジカバー無しでどのような感じかを試してみました…が、あんまり安定しませんね、若干緩めで…。私は外耳が外側に大きく開いているので、インナーイヤーだと耳据わりがイマイチですね。早速音楽を…うんうん、なかなか良い抜け感で、低音は弱いですが高音はきれいに響きますね、これは当たりでしょう。音質は高級機に比べたら…ではありますが、この価格でこの音質なら十分ありだと思います。ポップスやロックでもいけますが、ジャズやフォーク、弦楽器のカルテットやクインテットなどが断然合うと思います。ただ、聴くには耳に緩かったので、スポンジカバーをすることにしました。2種類のスポンジカバーのどちらを使うか…とりあえず赤青の方を付けましたが、心持ち高音の抜け感が少なくなりましたね、誤差とは思いますが…なので、穴あきスポンジカバーを使用することにしました。穴あきスポンジカバーだと当初の高音の抜け感もあるし、滑りにくくなって耳にかけやすくなりました。インナーイヤー用のウイングチップとか無いんですかね…。このイヤホンの問題は、本体よりもケーブルでしょう。付属のケーブルは、ぐねぐねと癖が強く、手触りの滑りが悪く、タッチノイズはインナーイヤーの所為かあまりありませんが、かなり使いづらいです。リケーブル可能なので大丈夫ですが、リケーブルできなければ使わなくなっていたと思います。評価としては、4です。値段を考えると音的には5でも良いと思いますが、ケーブルがダメダメです。リケーブルできるので、マイナス1ですが、リケーブルできなければマイナス2にしていたと思います。後日、友人よりmmcxケーブルを格安で譲ってもらったので、付け替えてみました。リケーブルで音質の変化は判りませんでしたが、ゴムゴムしたケーブルの感触が無くなったので良かったです。ただ、本来のケーブルの値段を聞いて…如何にこのイヤホンのコスパが良いか再確認しましたね、ケーブルの方が高いとか…。. 全体的に明るくソリッドな音。¥5000〜¥10000クラスの良いものには敵わない音でもある。特に低音の質など。安く手軽にソコソコの音としては良い。ケーブルの作りか安っぽいのでリケーブルでどれだけ変わるかやってみたいがリケーブル代の方が高いので迷うところ。イヤフォンとして☆3、売主の対応が良かったのでプラス☆1の4つとした2019/06/14 追記添付写真のように壊れました。普通に聴いていて、耳から外すとこのような状態。音は出ているので接着剤で自分で修理する事も考えたが、12ヶ月保証で対応できるか確認中。元払いで返送するよう連絡あり。確認後送料を返すとのこと。修理か交換のようだが、修理なら接着剤だろうと思う。バランスとか大丈夫か心配。とりあえず、一時的に評価を下げる。2019/6/20新品交換になりました。ただし、以前とケーブルが異なるようです。mmcx部分が黒から透明に変わってました。多少の慣らしが必要なのか中高域がピーキーに感じた。少し慣らして様子をみる。最初片側が鳴らずにガッカリしたが、ケーブルを挿し直ししたら、音が出た。これも様子見。今のところ星3つというところ。. TPSのゲームに使用していますが、低音がしっかりしているので足音が聞き取りやすいです。しかし、耳が比較的大きい自分でも大きいなと感じるので、人を選ぶかもしれません。. パッケージは非常に簡素で、イヤホンケースとイヤーパッドが二種類付属しています。イヤーパッドは中央に穴が開いていて側面を覆うタイプの物と、全体を覆うタイプの物があります。パッドを付けなくても装着は出来ますが、自分の場合は非常に装着感が悪かった為に穴空きタイプの物を使用しています。ケーブルに関しては可もなく、不可も無いです。音の傾向はフラットで、低音だけは控え目に感じます。音場は普通ですが、音の抜けは良くそこそこクリアです。音に関しては値段以上に良いと思います。しかしながら、インナーイヤー型のため、外部の音が聞こえる事や、背面の穴から音が漏れるので電車やバスでの使用が厳しいなど、用途を選びます。また、過去のレビューの写真を見た所、過去のロットでは背面の穴が4つ開いていたようです。(現在は大きく一個)その為、音質面でも過去とは大幅に変化している可能性があります。レビューを参考にする際は一応注意した方が良いかも知れません。. Fiio x5 3rdで聴いた印象ですが、本機の音のバランスはなだらかなv字で、音色は寒色系ですがクセもなく聴きやすい音作りです。箱出し直後は女性ボーカルを遠くに感じ、低音の量感にも物足りなさを感じましたが、鳴らし込みで不満点は解消されました。弦楽器をはじめとする楽器演奏の表現は巧みで、音場は奥行よりも左右に広い印象です。派手さはありませんが長時間リスニングしやすい整った音は好印象。3千円以内ながら質感の良い落ち着いたデザインで、専用ポーチまで付属するなど外出先や普段使いに適したイヤホンです。. 見た目は、高級感がありとてもその値段の商品とは思えません。しかし、肝心な音質が良くありません。今、現在shureとゼンハイザーとソニーを所有していて、今回、こちらはpc用として購入したので、そちらと比較するのは酷とは思いますが、pcのイヤホン端子、またはヘッドホンアンプを通しても、小音量でさえ耳が痛くなります。mmcxなので念のため、余っていたestronでリケーブルしてみましたが、変わりません。この値段なので、レンジを狭くして聴き疲れのないものを作ったらよかったのではないかと思います。使用は諦めました。. 今まで色々なイヤホン、ヘッドホンを買ったけど、この製品より満足度の高い物は無かった。音質は同価格帯の製品群の中では飛び抜けており、非常にバランスの取れた、透明感のある音で、しかも聴き疲れしない。インナーイヤーが苦手じゃないなら是非、手にとって聴いて欲しい逸品。. 高域も低域もおとなしく、良く言うとヴォーカル向き、直感的にはamラジオの音。. 利点と欠点 メリット 音は悪くない 値段を考えたらすごい良い音、ケーブルがもっと良ければ… 悪くない デメリット シンプルで飽きのこないデザイン。2000円台という安価ながらpmv e01は総合的にしっかりとした作りをしています。ハウジングはプラスチックにアルミを被せた物。小さく軽量な部類です。ケーブルは一般的な黒のスタンダードケーブル。タッチノイズは気になりますが、耳掛けで軽減できます。音質に関しては、解像度は思った以上に良好。音の分離に関してはこの価格帯では充分以上のレベルです。「中心寄り手前」と「左右外寄り」にハッキリ分離されます。その為、聞きたい主音が中心に、サブ・バックの演奏は横の広がりを感じる面白い聴かせ方をしてくれます。1ddのしっかりとした低音と、中高域の少し尖った音が合わさる事で臨場感のある表現をしてくれます。過去の聞き飽きた音源を再度聞きたくなる様なイヤホンです。当方は普段ゴテゴテなデザインのイヤホンを好みますが、pmv e01の出す「癖になる音」が気に入ったので当面レギュラー使いします!友人にも勧められると思いました。唯一の不満点と言えばスタンダードなケーブルくらいですかね。もう少しシルキータッチタイプで上質ケーブル版があれば値段が上がっても欲しいです!. セールで1600円程で購入。高級感のある重厚なつくりでした。スマホでの使用で音質も使用感も満足していましたが使用3ヶ月程で断線。安価な商品でしたが1年くらいはもってほしかったなぁと。残念。. 勘違い防止のため、星は3つにさせていただきます。あまりにも当然のこと、この製品に価格帯を大きく超える性能はありません。pc再生の音楽を軽く聞き流すインナーイヤーの開放型イヤホンを探している中、異常とも思える本製品の高評価に釣られてみました。この価格なら、スマホ用にマイク付きmmcxケーブルを買ったと思えば済みますので…、損は無いかと。第一印象、音域は比較的広くフラット。低音はそこそこ、高音は頭打ちが早く頭上は狭い感じでした。中域は明瞭で華やか、メタリックな音質のイヤホンです。ただし、表現力は価格相応で、音楽はただ流れているだけです。1ヵ月ほどのエイジング(約200時間)後も、大きな印象変化はありません。まず、pcで聞くと…レビューでは、モニター用にも匹敵しそうな高評価で、海外でも似た評価を散見出来ますが… 正確には2,500円のインナーイヤー・開放型としては、とても良いと言うレベルで、5,000円クラスで良く出来たカナル型との比較になると、再現力では遠く及びません。たとえば、オーケストラは、弦楽器は全くと言って良いほど分離しません。打楽器は低音がだらしなく漂う感じで、アタック音の質感は全くなし、定位も不明瞭。管楽器は息遣いなどの繊細な再現が皆無で、音は漫然と鳴っています。ボーカルは明瞭で聞きやすいのですが、ブレスの生々しさはありません。立体感にも乏しく、幾重ものベールの向こう側と言う疎遠感に加え、ボーカリストが立っている後ろの空間も全く感じられません。耳元で囁かれるような… と言ったリアル感は全くありません。ナマの音を再現と言う領域には至らず、比較的重低音が出せるラジオから流れる音楽を聞いているレベルです。比較は、jrmc23(64bit)→asio→nano-ua1a / mdr-nwnc33、hf5、dt990proで行いました。mdr-nwnc33とならノイズキャンセリング機構やカナル型と言う事で一長一短、純粋な再生音比較なら本品が良さそうですが…、hf5とでは比較の対象にならないレベルです。質感、重量感、見た目も価格より、ちょっと高級って感じです。クラスを超えた高級感はmmcxという事で… 手持ちのpcocc、銀線でリケーブル効果を確認しましたが、いずれもコストに見合う変化は感じられません。ケーブル代でハウジングごと買い換えた方が費用対効果は確実に大きいです。もちろん、マニアックにケーブルを交換する楽しみを味わいたい方には、充分に射幸心を煽ってくれます。では、本品は買って損なのかと聞かれれば、全くそんな事はありません。スマホ(xperia xz premium)で聞く分には、上位価格ヘッドホンとの差は緊迫し、明瞭感のある本品は、フラットな音域と相まって、とても印象が良くなります。特に、音漏れしない程度の小音量でその特徴が際立ちます。小音量でもフラットな音域を保てる点は、本当に素晴らしい。低音の不足を補うのであれば、スマホのイコライザー設定を見直すだけでも効果はありますし、安価なポタアン(試したのは fiio e6)で低音ブーストを噛ませば、音質もしっとりした方向へ様変わりし、聞き疲れも低減できます。安価なポタアンでは解像度や定位感の改善は望めませんが、リケーブルという微妙なニュアンスの判定ではなく、誰もが判断できるほど圧倒的な効果が得られます。このイヤホンは、音楽に浸って、真剣に聞き込む様な使い方ではなく、小音量で軽く聞き流すのがbest。艶やかな音質でワクワクさせてくれる、とても楽しいイヤホンです。インナーイヤー開放型が必須で、国産ブランドの平凡な手堅さではなく、豊かな個性を求め、さらにこの価格帯を狙われる方なら、強くお勧め出来ます。. インナーイヤーの金属筐体は初めてだったのでどういう音か楽しみでした低価格帯にありがちな低音盛り盛りかなと聞いてみたのですが中高域がよくでているイヤホンでしたかと言って低音が出ていないわけではなくちゃんと低音も埋もれないで中高域の音がちゃんと出ています特性はフラット寄りといえるので長時間のリスニングに向いています解像度もこの価格帯では中々みない良さでとても気に入りましたmmcxということでケーブルも変えられdapなどによってはバランス接続も可能で幅広く使えるイヤホンとなります付属のイヤーパッドは黒穴あきと赤青の通常タイプがあり通常タイプは音が籠ったので黒の穴あきを利用しています注意としては高密度な人のいる場所では(電車の中など)音漏れがあると思いますので周りの迷惑にならないように使いましょう. 低音域が、クリアで伸びがあってとても良い。中音域から高音までスッキリしている。まるで、大型スピーカーを聴いてうるようである。. 2千円台で購入できましたが、金属製のボディで思ったより高級感がありました。金属っぽいソリッドな音ですがキンキンすることもなく聴きやすいと思います。ボーカルが結構聴きやすいと思うので、スマホで気軽に聴く用途には最適だと思います。. 中華製という事もあってちょっと心配してたけどなかなかの出来でした。スイッチは音量の調整は出来ないけどストップ・スタート・次の曲・前の曲・早送りなどが出来ます。パッと聞いた感じ耳に自身はないですけど音質はいいと思います。appleのイヤホンと比べてやや劣るくらい?ただ少し音漏れすると感じました。公共交通機関ではちょっと音量小さめで聞けば問題ないと思います。appleのイヤホンの方が安くて音漏れあまりしないのでそちらの方が良いと思います。. インナーイヤーではめずらしくフラットな音が鳴るイヤホンです。iphoneでの利用で、洋楽がとても聴きやすかったです。とてもクリアで低域が広がりすぎないのがよいですね。ケーブルがmmcxで交換できるのも良いと思いました。. Senfer pt15がすばらしいイヤホンだったので、久しぶりにレビューを書きたくなりました。イヤホン本体には適度な重量感がありますがステンレスほど重くありません。イヤホン表面は冷たさもあるので、恐らく金属コーティングしているものと思われます。そのために篭りや付帯音の無いクリアーな音が出ます。試聴dapはauneのm1sです。dnr120db(アンバランス時)の超高性能dapです。まず付属のケーブルで聴いて見ると、自然な音でピークのきつさも無く、解像度も高く抜けが良いクリアな音を出します。オープンとしてはそこそこ低音も出て、バランスの良い音楽が聴けます。アンバランスの銀メッキ線に替えてみると、エッジが立ち尖った音になります。若干ハイ上がりの音になるので、オープンなので低音が減るので、音のバランスとしては付属のケーブルのほうが良いかなと感じました。バランスの銀メッキ線に替えると、尖った音は同じですが、バランス接続にした分、低音はしっかり出て空間が広がり音像が鮮明になります。バランスの純粋な銅線に替えると、とても自然で全く色付けの無い音になります。原音再生の見本のような音になります。アンバランス接続とは比較にならないほど広大な空間、鮮明な音像、音の位置が立体的に描かれます。私はヘッドホンでは主にakgのk812やk712を使い、イヤホンではakg k3003やucotechのil300やオープンイヤホンなど、数多くのリファレンスサウンドを堪能してきましたが、senfer pt15は自信を持ってリファレンスサウンドだと言うことができます。私はほとんどのヘッドホン、イヤホンをバランス改造していますが、senfer pt15もバランス接続時に最大のパフォーマンスを発揮するのは同様です。私が聴いた感じでは、k3003よりもバランス接続したsenfer pt15のほうがリファレンスサウンドらしいのではないかと思うくらいです。その理由は、15mmドライバというカナル型よりも遥かに大きいドライバをdnr120db以上のaune m1sでバランス駆動するときのパフォーマンスの向上が非常に大きいからです。sebfer … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi SENFER PT15 インナーイヤー イヤホン MMCX 3 – 値段にしてはよいが、上質感はない。※追記あり

Kinboofi PHB EM023 イヤホン 高音質 MMCX 3 – イヤーピースとケーブルが良くない

プレゼント 用にと。NICEHCK からの 購入は、本国から 送られて来た為 1週間ほど かかり、今回は こちらからで、数日で 届きました。「 CA,星雲 」の オマージュモデル、まさに「 カッコいいは 正義!」と云える。仕上がり 精度は ともかく、明るめの ケーブル に 合わせると、映えるようです。イヤーピース は 付属品が 合わなかったので、「 Perfk 」扱いの物に( 画像が 装着状態 )。中華系で、たまに 付属品で 入ってる 事があり、全長 長め。リケーブル に関して 思うのは、スリット 入り 先端部 ロック 式 の プラグ の … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi PHB EM023 イヤホン 高音質 MMCX 3 – イヤーピースとケーブルが良くない

Kinboofi KBF F60 自社開発 着脱式 3DDイヤホン でんでん太鼓 ダイナミック型 重低音 イヤホン MMCX 3 – 片側の接続がゆるい

この手の3ddイヤホンは二種類購入いたしました、一つはこちらもう一つはnfjのロゴが入っているやつです。よくよく見るとイヤホン本体は全く同じモノでロゴのところがでんでんなのか英語表記なのかでした。向こうのケーブルは少し豪華使用で編み込みのやつでとてもしなやかで取り回しも良かったが、こちらは折れクセ・巻グセが取れず値段相応とでも言いましょうかちょっとガッカリ(他の方のレビューどおり)、イヤピースもほぼ同じモノ、でもこちらはケース付属で少し得した気分、料金は購入時こちらが約千円ほど安かったのは儲けものでした。でも、でもこちらの方が格段に音が良い・・・・同じモノだから音質・臨場感・左右高低バランス等同じのハズだが、向こうはハズレ商品だったのか音質・バランス悪し不快にさえ感じ出品者に質問問いかけて48時間のエイジングが必要との事だが、こちらは開封して装着した時点から楽器や歌声もしっかりバランスよく出て高音質を楽しむことが出来、こんなに音質良かったのかと驚きととても満足感、エイジング後が更に楽しみです、ケーブル等両方流用ができるのは良いので楽しみもありです。こちらがアタリ商品だったのか音質、コスパはこちらに軍配あとはケーブルの取り回しと耐久力次第ですかねー、純正でも良いのですがイヤピ変えると更に音良くなります。ケーブルしけてるのでマイナス☆追記:リケーブルを買ってしまった 出費となってしまったがなにせ趣味のモノ致し方ない、いざ取り替えて使ってみると、言うことない最高、今までの弱点を克服し音も更に良くなって高級機種にも劣らない音質になりました。. 就寝時に使う、いわゆる「寝ホン」としてサイズも最高だと思います。音場広く深くヒーリングや睡眠音楽を届けてくれます。. 外見が好みだったので購入しました。3ddなので最初は低音しか出ないのかなと思っていましたが高中低音バランス良く鳴らしてくれています。バランス良いと言っても特徴的で好き嫌い分かれる音かも知れません。自分は寝イヤホンとして使用していますが、大きさも丁度よく耳掛けも出来るので満足しています。リケーブルに関しては音質も取り回しも決して悪くないのでする必要はないと思います。2000円台でコスパが良いので外見が気に入ったり、3ddの音を試してみたい方などは購入してみるといいと思います。. Dd3発ということで低音にがっつり寄せているのかと思っていましたが、実際はやや低音よりのややドンシャリ気味程度の実用性のあるイヤホンでした。解像感はこの価格帯の他商品と同等で、良くも悪くも価格通りです。イヤーチップは2種類で3サイズで計6種類もついていますが、1種類は中華イヤホン特有の薄い素材で装着する際にカサカサ音が発生するタイプです。また、ケーブルも華奢で交換したくなる品質です。筐体自体は写真で感じる印象よりもかなりコンパクトで、太鼓の柄のようなデザインも見慣れてくればかわいらしく感じると思います。いろいろ悪くも書いてしましたが、イヤーチップとケーブル交換を前提に考えればハズレでは無いイヤホンです。. 3ddやリケーブルという事で興味を持ったが、とにかく、装着感が悪すぎ、結局、聞き感はよくない。コードのコネクタが甘く、動くと音が飛ぶ。ジャック・コードがぜい弱で使用後直ぐに音飛びや接触不良あり。個体差ありとのことだが、農産物じゃないんだから、それダメでしょう。どれだけ安価でも商品として購入の意味がない。大陸的というか、詰めが甘いというか…。. 中華製品なので個体差があるという前提でレビューします。ウォーム傾向で中低音よりに鳴り響くのはいいんですが、どうも音が中央に固まってて、音場が狭いのかよく分かりませんが、こもり気味でキレがなく爽快感のない音でイマイチです。イヤーピースで変化するとか改善するとかそういうレベルの音ではないですね。ケーブルはmmcxですが、接触不良なのか動かすと音が途切れたりします。このイヤホン買うなら国産品買ったほうが後悔は少ないですよ。. 通常は1つ、ハイブリッドイヤホンでもバランスド・アーマチュアドライバと組み合わせることが多いダイナミックドライバを、片側に3つ搭載している製品です。奇抜なドライバ構成からはモコモコした音になりそうな想像をしてしまいますがそんなことはなく、自然な空気感が広がります。高域には濁った感じはなくサ行の刺さりも少ないです。高域も低域も出ますがフォーカスとしては中域が前に出てくる感じがあります。ポップスやボーカル物を聴くには最適です。価格からしてかなり優秀な部類だと思います。. 面白いですよね3ddって(笑)どんだけ低音特化かと思ったけど届いた製品はそんな事は有りませんでした。でも低音寄りではあります。私はケーブルを「kbf4758 6芯 リケーブル https://www. Jp/dp/b07f1nn1b6/」(リンクは2pin3. 5mmが売り切れなもので(汗))に変えています。(+10%)イヤーピースはこれ以上低音がいらないなら「jvcのスパイラルドット」もっと低音を求めるなら「final eタイプ」辺りの出口の狭くなってる品が良いですかね(+10%)これで完成100%です♪ケーブルやイヤピで最終的な貴方の好みに仕上げると良いと思いますよ♪. 利点と欠点 メリット 3DD好きの私がさらに惚れた。 3DDは一回聞くべき MMCX機種 デメリット 値段を考えると音は満足です。でも、mmcxコネクタにガタがあり、顔を動かすと音が途切れます。. いい音。ダイナミック3つだからこそ出せる歪みの無さと音圧。baだとどうしても割れてしまう部分がありますがダイナミック3つにしたことで全帯域の負担を少なくして歪みが抑えられていると思います。リスニング用としては十分. 物は良いと思います。お値段以上の満足です。個人的感想ですが、根本のカバーが折れた。l字があれば良かった。. 全てに置いてとても良い音だと思いました。3ddですが、決して低音が強い訳では無く、それぞれの音の分離も良いです。この値段ならまず試して買っても失敗ではないと思います!. 価格もリケーブル可能なのにリーズナブルでしたので購入しました。音については物凄く良い…とまではいきませんが、出来は悪くないのでかなりコストパフォーマンスが良いと思います。ただ、デザインはかなり個性的なので賛否は別れるかと思いますけれど。うちはそのまま使うだけではなく、少しデザインを変えようと思い、何個か買い増しました。. その奇抜なデザインで人気商品ということで、前から気になってて今回購入に至りました。初の3ddイヤホンということで低域ゴリゴリなのかなと思ってたのですが、聴いてみてバランス良くてナチュラルな感じでした。何かに特化してるというわけではないのですが、僕的にはすごく耳に優しいサウンドなのかなと感じました。聴いてて飽きが来ないので、いつまででも聴いていられるなという感じです。. 右側の音がでない。デザインはかわいいです! 安くなっていたので買ったけど、残念。コード、交換してほしいです(tot). 2ピンではなくmmcxで3ddで安かったので買いました。使ってみて、ケーブルは接続が不安定でたまに片方が聞こえなくなったりするので後で買い換えようと思います。フィット感は良好です。ただし友人に貸したらポジション出しに苦労していましたので合う人と合わない人がいるかもしれません。音はフラットな感じで高音から低音まででます。友人から借りたzstのように高音(サ行)が刺さったりドンシャリに極振りしたような感じではなくフラットです。友人は大音量で流すと高音がばらけると言っていましたが、個人的にはあまり気になりませんでした。どちらにしろ値段にしてはとてもいい音がなると思います。個人的には好きです。ただ安物なので作りや質感などはあまり期待しない方がいいと思います。不良品がくるリスク等も含めて割り切れる方にはおすすめです。. 通称でんでん太鼓:3ddと聴いて想像しいた音をとても良い意味で裏切る超ハイバランス系のイヤホン。高音域はあくまでも広く澄み渡り空間感が素晴らしい。中音域は明るく闊達でボーカルが前へ前へと出る感覚!中低音のタムなどのパンチ力も手伝って、非常によく弾み抑揚がある鳴り方。popsやrock系には非常によく合うと思われます。逆に重低音の沈み込みや押し出し感はもう一歩足りない感じなので、classicalな音源だとスケール感が物足りなく感じるかも知れません。その辺りは太めの銅系ケーブルでリケーブルしたり、イヤーピースをfinalのeタイプ系に交換して補えば、良好な変化を楽しめるのかなと思われます。いずれにしても、この価格からは考えられないパフォーマンスが得られるのは間違いありません。. 特徴 KBF F60 自社開発 着脱式 3DDイヤホン でんでん太鼓 ダイナミック型 重低音 イヤホン … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi KBF F60 自社開発 着脱式 3DDイヤホン でんでん太鼓 ダイナミック型 重低音 イヤホン MMCX 3 – 片側の接続がゆるい

Kinboofi KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 – KZの良さが凝縮された一本

【概要】次から次へと新作を発売しているkz社の最新(?)イヤホンになります。バランスドアーマチュア型ドライバー1基(高音)、ダイナミック型ドライバー1基(低音)、合計2基を片側に搭載しています。金属製でとてもアンダー3000円とは思えない高級感あるイヤホンです。【音について】最近のkz社イヤホン全般に言えますが箱出しでも充分よい音です。ダイナミックレンジは満足出来る程には確保されております。一言で言うと弱ドンシャリ系。高音はキラキラ感がありますが刺さりません。しっかりしたレスポンスのよい低音。音場は広くはないですがヴォーカルは近めに感じます。これでアンダー3000円かと、感嘆してしまいました。【使用方】コストを考えれば文句無しですが、ケーブルはリケーブルした方がいいかなと思います。またイヤピースも自分に合うものに交換すれば更によい音で聴く事が出来るかと思います。【総論】アンダー3000円でなら現在無敵のイヤホンはこれだ!と自信を持ってオススメできますね!. すぐに外れてしまいます。幸いリケーブル用のケーブルがあり、そちらはすぐには外れないようです。他の方のコメントにはないので、個体差なのでしょうか??. 音質はとてもよく満足してるのですが、ケーブルと本体が外れやすいですハズレを引いたんですかね…. ここ最近のKZの新作で湧き上がってますが、どれを買うか・・・いっそ全部か悩むと思います。なんでそんな何本も必要なの?wって思われるでしょうがまぁ同志はゾンビの様にイヤ沼を新たな音を求めさまよい続けます。まぁ脱線した話は置いておいて、私的にはこの金属筐体のZSAは注目株でした。ZS6の金属筐体の見た目に惚れ惚れしてたので、エントリー価格で出てきたZSAは見逃せるはずがありません。箱が届いてさっそくご対面。1つ目、ちっさっ! 筐体がデカ目だったKZのイヤホンでしたが小さい!今まででかくて使いにくと思っていた方でも使いやすくなったのではないでしょうか。2つ目、金属筐体で質感も良く、価格以上の満足感が得られます。赤黒のツートンカラーもカッコいい!3つ目、ケーブルが良くなった、これに関してはZS10やES4と同じくゴムゴムのケーブルからブラウンのツイストケーブルにかわりそのままで追加購入しなくても使える為このイヤホン良いぜって友人におすすめするにも良い一品(最近の物でED16は残念ながらゴムゴムらしいです・・・)あとはイヤーピースですが、これはフィット感や音質で個人で使いたい物があるので、ほぼ交換前提なので問題ないかなーと思います。毎回交換してますが、ZSAはイヤモニの形をしてる物の小さいので耳にはめてガッシリというよりはイヤーピースで安定させて装着するのが正しそうです。今回ZSAにはスピンフィットのダブルフランジの物を選んで使用してます。そして肝心の音は箱出しですが、箱出しからKZらしい楽しい音を聴かせてくれます。他のプラスチック筐体にはない金属のよさであるキレがあり心地よく音楽が聴けますZS6のようなキンキンな高音ではなく、とても聞きやすく普段使いに良いイヤホンです。(ZS6はたまに違う刺激が欲しいときに使います)最近の物ではED15の音質が良いと思われた方であれば、さらにリケ―ブルや耳に収まる(はみ出ない)物に変わったと考えて良いと思います。最近のKZはイヤホンの出来が良く以前のZSTなどであった付いてたイヤピを取ったらステムのメッシュがいきなり取れるとかケーブルのピンが刺さらないもしくはゆるくて抜けるなどの不良を心配する必要性がなくなりました。安心して購入できると私は思います。今も過去の機種は販売されていますがなるべく新機種のほうが良いでしょう。ですが不良が全くないってことも無いので、その時は販売者に連絡を取れば問題ありません。過去に数回不良対応していただいたことが有り安心ですよー。. 音質は真面目に出てくるが、僕にはレンジが広いのに音が瘦せて聞こえて、まぁまぁでしょう。タブレットで聞いているがtablet本体の音質をさらけ出す力はあります。中華タブレットとは相性が悪いです。アップルだと低音も豊かになり、音楽が鳴りだします。要は音声回路のインピーダンスが低いからでししょう。間違い易い言い方ではf特が広いからです。. いままでいろんな中華イヤホンを聞いて来ましたがこの価格でこの音とクオリティーがだせるようになるとは凄いですね…筐体の作りもかなりしっかりして安っぽさはありません音は若干サ行が刺さり前のドンシャリです、音の抜けが悪かったりはせずとてもクリアな音でした3000円でハイブリットが買えるとは恐るべし中華といったところでしょうか高級イヤホンをメインで使いサブでイヤホンを持ちたい方にもお勧めできる商品です. タイトルどうりです。個体差なのでしょうが片方が微妙に高音が出ていない。イヤーピースのはまり具合のせいかと思っていろいろ試したがどうも違う。微妙な違いなので気にならない人もいるかもですが。コスパ最高なんだけどなぁ。今回は残念でした。. Zs5/6と持っていて、zsaも気になったので購入。zs5/6のように大きくなく、違和感なく装着できて、尚且つ独特の刺さりも少なく感じます。気になった点は、付属ケーブルのイヤホン側のコネクタがl字になっていて、フィットしにくかったのと音量がとりにくかったことです。総合的に見て、この値段なら十分の性能だと思いました。. 利点と欠点 メリット 小っこくて綺麗なハイコスパイヤホン かなり好みです KZの良さが凝縮された一本 デメリット 数ヶ月前に購入しましたが、今更ながらレビューを見てみると、どうやら自分の元には不良品が届いてしまっていたようです。本体の右の方にケーブルがしっかりとはまらず、使っているとすぐに抜けてしまう状態です。左側のケーブルを差し込んでもはまらないので、どうやら本体に問題があるようです。kzシリーズは音質はとてもいいのですがやっぱり不良品が気になりますね。. 音離れが良いのか中高音を中心に音場は広め、ボーカルは明瞭で聞き取り易くクリアーで明るめな味付け、ポップスや電子音楽を聴くには適していると思うが、反面低音は不足めでしっとり感はないのでクラッシック等には向いていないと思う、カシャカシャ感やドンシャリ感は無いので2000円台にしてはよく鳴らしていると思う。さて☆2つの理由はケーブル。他の人のレビューにもあったが、よく外れる。商品写真ではコネクト部分が凸ていてすっぽり嵌っているが、マイク付きを注文したのだが、付属していたケーブルはピンの手前が平べったくピンだけが刺さる仕様、首を回しただけでケーブルが外れる。接着剤かグルーガンで固めないと使い物にならない、さすが中華Style!!これから注文する人はマイクなしを注文すれば写真通りの商品が届くのではないかな?*付属していたケーブルは付根に二本線がありes4用と思われます. 試聴は「松任谷由美」で行いました・・・結論から言えば、気が付けば試聴の積りで聞き始めたアルバムを聞き入ってしまい、結局は試聴にならなかった。それほどに音楽を聞かせてくれるイヤホンでした。バランスは心地よいドンシャリ型と聞き取れましたが、ボーカル帯域も馬鹿には出来ない、ただし聞き始めたばかりなので音が団子になる傾向が有りましたが、これはエージングが進むと解像度と透明感と言う面では解消されて来ると思われます。*これは私の個体だけなのかも知れませんがケーブルとイヤホン本体の環濠がゆるく、気が付けばケーブルが抜けてしまうと言う現象が起きています。試聴時はケーブルとイヤホン本体をテープで固定して試聴していました。. Kzのiem型ハイブリッドイヤホンは、1ba+1ddではzst、es3、es4などがありますが、zsaは末っ子になります。本体は加工精度が高いアルミ製で高級感があり非常に小さいため装着感もよいです。女性の方も装着についての心配は不要でしょう。ケーブルはofc素材と思われる線材の編み込みのため、柔らかく装着感や収納性が高いです。従来モデルはゴムゴムケーブルだったため別途リケーブルが必須でしたが、本モデルはリケーブル不要なためトータルコストは安く済みます。イヤーフック部の針金は装着の都度調整が必要なため針金が無い方が装着感がよいです。チューブを美容用の細いハサミなどで針金が出るまで切り開いて、針金の端をペンチ等で掴んで引き抜くとよいです。針金を引き抜いた後、チューブ部分をドライヤーなどで熱するとカーブ形状に記憶可能です。音質はkzらしくキラキラ感とクリア感のある分離の優れた音です。中音域〜高音域はes3とほぼ同等ですが音場はes3より狭いです。低音域は、ddドライバが先の機種より小さくbaドライバの真後ろに配置されているためか、締まりがあるものの沈み込みや躍動感はやや乏しいです。eqで低音域を上げるとダマになってまとまりのない破綻した音になるため、ddドライバの限界性能は低いようです。kzのddドライバはいずれもエージングが必要なため使用につれて低音域はある程度は改善されるとは思います。1ba+1ddで、見た目に拘るなら本モデル、音質を取るならリケーブルが必要ですがes3をおすすめします。本モデルはそのまま使用できるカジュアル向きと思った方が良いと思います。とは言え、メジャーメーカーのイヤホンと比較すると圧倒的な高音質ですので反則技と言えるぐらいコスパは非常に高いと思います。. 先程受け取ってすぐに開けてガッカリしました。ケーブルを本体に接続する際に、ケーブル接続付近の黒いパーツ部分がイヤホン側の溝よりも大きい為奥までしっかりとはまらないです。他の方のレビューにも、ケーブルが入らないハズレ品があると書かれていて若干不安ではあったのですが、まさか本当にハズレ品が届いてしまうとは……正直残念でしかありません。返品も含め検討しようと思います。音質・使用感以前の問題ですので、最低評価としました。これから買うか迷っている方はハズレ品が届く可能性もあるのでご注意下さい。. 見た目は思った以上に小さく、またしっかり作られてるという感じがしますただ、音はなんか軽すぎる感じ…また、個人差あると思いますが装着感が良くないです. Kz社のイヤホンでリケーブルできるタイプでは久しぶりにzs6以来となるような元気系のサウンドです。zs6やed15等に近い、高音域の派手さと強めの低音で楽しく聴ける音のバランスに仕上がっています。高音の刺さりはあまり無くキラキラ感で言うとzs6の方が強いです。低音と高音域が強めなので、ボーカルが少し下がった感じもありますが、ドンシャリの楽しい音が好きな方にはめちゃくちゃおススメです。本体も小さく、作りもしっかりしていて安っぽさもありません。最近のzsシリーズで一番のオススメです。. はじめての中華イヤホンはどれにしようかといろいろ探していましたが、kzの新商品ということでこちらの購入を決めました。装着して聞いてみると男性ボーカルの声がイマイチ聴こえにくい印象でしたが、イヤーピースを変えるとガンガンとパンチの効いた音になりました。大きい音量だと違いが出ますね。付属のケーブルは数珠みたいな色で、ビニール臭がします。他の方が指摘されてたようにコネクタの角度が付いてないほうが良かったです。2pinのコネクタは簡単にはまりました。ケーブルは一緒に買った8芯のものに変えたら、装着感が上がりましたので交換もオススメです。. Kzのイヤホンはzst zsrと購入してきましたが、zsrについては長時間装着すると耳が痛くなり使わなくなっていましたが、zsaが発売されると聞き購入しました。届いて、箱を開けてまず思ったのが筐体のサイズです。kzのイヤホンでリケーブル出きる中では一番の小型サイズで最高です。箱だし直後の音に関しては、低音が結構出ていますがしつこすぎない程度で低音よりのドンシャリイヤホンだと思います。. 特徴 KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 Kinboofi … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 – KZの良さが凝縮された一本

Kinboofi KBF MK6 6BAイヤホン KNOWLESドライバー カナル型 オリジナル 旗艦シリーズ イヤホン 紅葉シェル ビルドクオリティ MMCX 3 – スイッチ切り替えで楽しい音へ

このイヤホン、最初はsw無しを購入しましたがswありも気になったので両方とも購入しています。その為両方を同じ条件の下で聞き比べをしたうえでそれぞれの音について述べたいと思います。まずsw無しの方から・・・音の特徴は、解像度が高く篭りのない低域から高域までほどほどバランスの取れた音です。ただ箱だし直後は女性ボーカルの帯域辺りに刺さるような音がしていたものの再生40時間過ぎたあたりから少し華やかな感じ程度の音に収まりましたが人によっては気になるかもしれません。次にswありのほうですが・・・sw1 on,2 offの時が 一番sw無しの音に近いです。このモードの時は低域から高域までフラットになるような音ですが、swありは無しと比べてネットワークの部品をすこし小さくせざるを得なかったようで抵抗値等は同じでも別部品になっているせいか微妙な違いがみられます。sw無しの少し刺激的な鳴り方に対しswありはそれが抑えられ普通のバランスがいい音を楽しむことができます。sw1 on,2 onは2 offに比べて低域が強調されドンシャリな音が好きな人はこのモードがよろしいかと思います。自分はsw1 onの時の音が好きでsw2は曲に合わせて切り替えて楽しんでいます。sw1 off,2 onは高域が抑えられ中低域と低域が強調される音で ボーカルをメインに楽しみたいが低域の迫力も欲しい人向けの設定になっているようです。sw1 off,2 offは中低域だけが強調される音でスッキリとしたボーカルメインの音を楽しみたい人向けの音でした。さてこのイヤホンとても綺麗なつくりをしているのでじっくり眺めていたら中のレジンが丁寧に詰められていることに気づきました。ここではっとしたことが・・・baドライバーがしっかり固定されている!と多分そのせいかと思いますが解像度がとても高い音が楽しめます。がその解像度においてsw無しのほうがわずかですが明瞭度が上であることが確認できました。とくにハイレゾ音源では音の音色の表現などに差がみられた為に自分はボーカルものはswありで、クラシックなどはsw無しでという具合に使い分けて楽しんでいます。本体の丁寧な造りといいドライバーの特性をうまく利用したモード切替えといいとても楽しめるイヤホンだと思いました。最後に・・・swありにはsw切り替え用に針(たぶん縫い針)が付属していますが先が鋭すぎて傷をつけやすいと思うのでつまようじの使用をお勧めします。. Kbf mk4がとても気に入ったのでこちらにも挑戦しました。まず解像度の高さに圧倒されました。mk4よりさらに高音が強化された中高域寄りです。結構刺激はあります。分離性も非常に高く、キラキラした高音域と、スッキリした中音域、キレのある低音域が楽しめます。とても聴き応えのあるイヤホンです。. 音に関して他レビューにある通り中高音域が豊かです。(個人的には耳障りなレベルですが)ジャズなんか聞いたら金物が本当に綺麗に鳴ります。全体的な音質に関して不満はありません。. Kbf mk4スイッチ有りを購入しましたがより高解像度の音が楽しめそうだと言うことで購入。感想ですがデフォルト(スイッチ1. 2on)では言われているように高音域が強く若干ささりがある感じがして悪く言えばパサパサした感じの面白みの無い味気なさを感じる音のように思いました。(解像間はあるのですが)で、これがネット上の情報ではスイッチ無しの感じに近いらしいと言うことですがスイッチ無しは持っていないので参考程度で比較していくと、デフォではちょっと音がきついですね。ですが、スイッチ切り替えするとkbf mk4と変らないくらい音につやがと厚みが加わりかつより高解像度になりとても音が楽しめるようになります。スイッチ切り替えで色々音の感じがはっきり変るのでとても楽しめます。イヤホンの仕上がりも初期のロットだと思われますがとても綺麗で満足いく物でした。値段差があまり大きくないのでスイッチ有りのほうが楽しめて幸せになれるかもしれません。高音域がちょっと苦手な人はkbf mk4の方が万人のかたが音楽を楽しく聴くにはとてもあっていると思いました。. 利点と欠点 メリット とても完成度の高いイヤホンだと思います。 スイッチ切り替えで楽しい音へ 素晴らしい解像度の高音域が楽しめる6BAイヤホン デメリット 特徴 KBF MK6 6BAイヤホン KNOWLESドライバー カナル型 オリジナル 旗艦シリーズ イヤホン 紅葉シェル ビルドクオリティ MMCX 3.5MM 自社開発 オリジナル … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi KBF MK6 6BAイヤホン KNOWLESドライバー カナル型 オリジナル 旗艦シリーズ イヤホン 紅葉シェル ビルドクオリティ MMCX 3 – スイッチ切り替えで楽しい音へ

Kinboofi KZ ZS6 中華イヤホン 人気 2PIN 3 – 高音の刺さりはエージングである程度低減。

ZSTの使用でそこそこ満足していましたが、こちらのZS6を聞いてからは明らかに良い音質です。ZSTも良いのですが、高域と中域が平たく鳴っている感じで長時間聞くと疲れます。それに較べてZS6は低音、中音、高音すべてにおいてバランスがよく、音域も広がっています。更にリケーブルすることで更にその効果が出ます。4000円台で買えるイヤホンでは最高の品質ではないかと思います。是非お試しアレ。. いわくつきグリーンを入手して2ヶ月弱ですが、グレーがタイムセールとなっていたので、購入しました。バランス用とアンバランス用をケーブル付け替えなしに利用するためです。装着感と再生音はイヤピースによって大きく左右されるのはこの種の商品に共通した問題です。試行錯誤するより、最初からコンプライタイプ(低反発タイプ)にしておけば間違いありません。低反発イヤピースもアマゾンで数組セットが1000円以下で手に入るようになり、重宝しています。初期のレビューを見ると、zs6は100時間近いエージングを推奨する記事が見られます。リスニング的に聴きこむ人ではその僅差を問題にされるのだと思いますが、通勤電車で毎日2時間程度ハイレゾdapで音楽を聴くのに使用している限り、最初から問題ない再生音ですし、エージングで劇的な変化は経験していません。他の高価格ハイレゾイヤホンと遜色ない音質、金属外装、2dd+2baというハイスペックがこの価格で手に入ることを考えると当面はベストバイといえるでしょう。. Zs6はzs10発売のよりkzのフラッグシップモデルから陥落したものになりますが実際にこの両者を聞き比べると、改めてzs6の音質の完成度に感動することになります。zs10はzs6と違い音の出し方が180度異なる性格を持ったものになっていて特徴のないフラットな音の出し方になっています。なのでzs6の様な派手で煌びやかなイメージからはかけ離れた音作りになっています。しかも抵抗値が32Ωとzs6の倍以上に跳ね上がっていてスマホ直挿しでの再生は難しくパワーのある音楽専用プレーヤー等が必要になっています。(たとえその状況で再生しても基本的な音のイメージは変わりません)複雑な音を余すところなく表現でき広大な音場ステージの中で音楽の中に没頭できるzs6の音作りはzs10を聞くと改めてその良さが実感できるものになっています。. 私は音質は5が好みかと思います。ジャンル次第では良いかも。ケーブルの品質が悪すぎて、音が慣れる前に勝手に早送り、一曲飛ばしたりと最悪です。別途実績あるケーブルで使用中です。. 2018年4月に購入しました。金属製の筐体は造りも良く、某イヤホンに似ている部分を除けば所有欲も満たしてくれるものです。●音について箱出しすぐに聴き始めてもzs5程の高音の刺さりでは無く、普通に聴けるくらいでした。とは言え200時間以上エージングした後でも、一般的なイヤホンに比べれば刺さります。しかし、解像度の高い高音域と、量感のある低域によるドンシャリサウンドがこのイヤホンの魅力だと思います。低域については、もう少し明瞭さも欲しい部分はあります。高域の刺さりを抑えたい人はイヤーピースをコンプライ tsx 500 にすると改善されつつ、低域も増すのでおススメです。zs6 については、再生機器による音質の変化も楽しめます。一般的には高音がキラキラしたドンシャリですが、ポータブルアンプにmojoを使用するとドンシャリ傾向がやや抑えられ非常に聴きやすくなります。ケーブルも純正は、ゴムで安っぽくタッチノイズも高めなのでリケーブルしたり、購入後もいろいろ楽しめます。zs10が発売され話題になっていますが、zs10は比較的フラットな大人しい音で、キャラクターが全く異なります。解像度が高く、ドンシャリで元気な音を楽しみたい人はzs6 で決まりです!. この商品を購入する前にaliexpressで廃番となったグリーンを購入したのでこちらが二個目ということになります。音質としては初期ロットに比べて高音の刺さりが低減され、低域、中域の押し出しが多少強くなった感じです。初期ロットをしっかりとエージングしたあとの音と言ったところでしょうか。とても元気で激しい音です。デジタルサウンドなどは聴いてて楽しいですが、解像度、高音・低音共にキツめなので、聴き疲れはしやすいです。初期ロットにあったコネクタ部分のグラツキは無かったもののやはり2pin端子はキツキツでした。リケーブルする際は純正ケーブルで数回抜き差しを繰り返した後にリケーブルすることをオススメします。(純正ケーブルのピンが曲がることもあるかも……)、このようなイマイチな点を入れたとしてもkz社の最近のイヤホン(zst pro、zs5ver. 2、es3)は他社の同価格帯のイヤホンより明らかに「コスパ」という面では勝っていることは確実です。zs6の新色のグレーはとてもいい味を出しており、グリーン、レッド、ブラックに比べて傷が目立ちにくいというメリットがあります。※お急ぎ便で注文したら配送業者がデリバリープロバイダとなり、勝手に不在にされたりして災難でした。こちらはお急ぎ便を選んだ自分の責任なので評価には入れません。皆さんも、配送業者がデリバリープロバイダとなった時は気を付けてくださいね。. Zs5と同じユニット構成で、違いは筐体の材質とベント有無だけのようですが、音作りは随分異なります。zs5がhifiオーディオ的とするとzs6はゴージャスというかav的というか、意図的なドンシャリサウンド。zs5はどんどん音量を上げたくなる音だが、zs6は小音量で楽しみたい。これは小音量でも音痩せしないという意味もあるが、音量を上げすぎると低域の振幅の大きさで耳が疲れる感じ。どちらも価格からは考えられない良い音です。. Zs5のプラ製からついに金属シェルです、その分重くなってます良く似た形状ですが形も改善され、耳への収まりが良くなっています。シェルのパーティングラインもバリもなく、すごくきれいな継ぎ目です。音の方ではbaの質が上がったのか、さすがの中域zs5よりさらにボーカルの明瞭さが改善されています。低音はたっぷり出ますが中域を邪魔しないし申し分ないです。高音は音切れ早いので、ゆったりと音の余韻を楽しむ音源には少し弱点があるのかなと思いますが、オーテクなどのハイブリなどでも感じることなので、この値段では十分なクオリティでしょう。ケーブルは2ピンを本体に差し込むときに堅くて、恐る恐る挿しましたがカチっと入るとあとはグラつくこともなく、しっかり固定されました。zs5からシェル素材と形状、中域の音質がアップグレードされた素直に上位機種として良いイヤホンです。. 利点と欠点 メリット 中国の技術力の向上にビックリ!! ZS10よりも間違いなく高音質です!!! 色違い購入です デメリット 半信半疑で購入してみましたが、5000円でこの音質は素晴らし過ぎる!イヤーピースやケーブルの質感に難は有るものの、音は素晴らしい!大手メーカーの3baイヤホンも所有しているが、それと比較しても全く遜色ない音質だと思います。音漏れを少し心配していましたが、通常の音量では電車などでも問題にならないレベルかと思います。. ステムの角度が浅く、重めの金属製ハウジングのため装着感はあまり良くないです。ハウジングにスリットが入っているため音漏れしますので周囲の環境は選びます。音は典型的なドンシャリです。高音域の解像度が高く低音域も締まりが良いですが、2基のddに負けないようにba基の入力を相対的に上げているためか高音は金属的で刺さりを強く感じます。耳の負担が大きいため長時間の使用は無理でしょう。また、ハイハットなどの金属的な音やエレキギターなどの音が誇張されます。女性ボーカルとも相性が良いのでアニソンやedmを聴くには良いでしょう。クラシックやjazzなど全体的なバランスが必要とされるジャンルには全く向かないと思います。特定のジャンルに特化したイヤホンなのでメイン機にはなり得ません。メイン機にするならもう少し足してバランスの良いzs10の方が良いと思います。. エレクトロのような、低音から高音まで作っているような楽曲では、高音が耳に刺さったり強すぎると感じるようなことが。baで無理やり高音出してます感はあります。ただ、エージングの度合なのか50時間程度すれば、刺すような高音は低減されるようです。エージング実施とすれば、鳴らす、休ませるを繰り返すと良いかもしれません。今までs社のextra bassシリーズばかり使っていましたが、zs6は透明感がまるで違います。s社のものが曇って聞こえるようで、zs6が手放せなくなります。低音ばかり追い求めても、透明感とか明瞭感の表現がなくなってしまうのだなと気がつきました。女声の独唱などでは、ささやきかけてくるような独特の聞きやすさがあると思います。聞く人によっては若干乾いた音がすると感じるかもしれないです。リケーブルは必須で、この部分はあとで使いまわしができるので、金額的に許せる範囲で評価のよいものをお勧めします。5千円以下という価格でここまで作れるのだなぁというのが正直な感想です。同価格帯で迷ったらzs6の選択はアリ。これでダイナミックとbaを2つずつ片耳に組み込んであるのですから。これを機会に中華イヤフォンにハマりそうです。. タイムセールで価格が安かった(4千円)ぐらいだったので、お試しで購入してみました。まず見た目や質感からは安っぽさはありません。普通のイヤホンよりは大きく、金属なので重量がありますが、耳にきちんとフィットさせれば装着感もあまり気になりません。音質非常に解像度が高くドンシャリも強いなので、テンションアゲアゲの曲にはピッタリですが、クラシックやジャズなどには向かないと思います。また聞き疲れが少し起きやすい印象です。イヤーピースについては、コンプライ製を装着すると遮音性が高くなり電車等でも聞きやすくなりました。総論ですが、買いだと思います。3万円ぐらいするbluetoothのイヤホンを使用していましたが、久しぶりに有線を使用すると音質の良さに感動しました。ケーブルの煩わしさやノイズキャンセル機能が無い不便さは否めませんが、充電不要で残量を気にする必要が無いことは意外と楽です。. 音質はこの価格ではなかなか驚異的だと思います。まぁ個人的にはもう少し出せるならsatolexのtumuriの方がいいと思いますが好みの差くらいでしかないですね少しドンシャリ気味ですが篭りなどもなくクリアな方だと思います。フィット感もいいですがケーブルのワイヤーが個人的には好きじゃないのでいずれリケーブルしようかと思います。星一つ減らした理由ですが、このケーブルがなんとlr逆に配線されていました。r表記の方からどう考えてもl側の音が出るので気づかないうちは違和感がすごかったです着脱可能なので逆に挿し替えればいいんですがそこらへんのクオリティに不安を覚えるのでマイナスです。. 同時に購入したnicehckの2. 5mm バランスケーブルにリケーブルし、ポータブルアンプのxha-9000に接続して使用しています(音源はスマホからaptx hd送信)。付属の3. 5mmケーブルは細く柔らかめで取り回しは楽なのですが、ボーカルから高音域にかけて明瞭さが無く、楽曲によっては不快に感じられる程でしたが、リケーブルしたところ、かなりまともに鳴るようになりました。ボーカルがやや遠くに感じられるのは改善しませんが、高音域、特に金属製のパーカッションは生で聴いているかのような再現性。seinabo seyの「pistols at dawn」を聴いた際は、自身の周りを囲むシンバル音の生々しさに鳥肌が立ちました。. 今度で、2回目の購入です。中華イヤホンも品揃えが広がって選択肢が増えています。ZS6もそうした中で少し色褪せてきた感が無きにしも非ずですが、価格的にはまだ納得できる状態で、日常使いにはいい製品だと思っています。製品コンセプトは他の方が記述されています様に中華風です。リケーブルを前提に購入を勧めます。. 高音の刺さりは感じません、全体的に情報料が少ない感じです。エージング30時間は足りないでしょうか・・ スマホに直差しの感想です。ケーブルも替えてみましたが感想は変わらず。付属のイヤピースは堅めのカサカサした物で、評判通り良くないです。タイムセールで4,000円で手に入れましたが、ケーブルに2,000円。ほかにも選択肢はあるような気がします。好みでしょうが、zstの方が好き。その後、購入1ヶ月で、低音の音割れするように。ハズレ個体でした。. 特徴 KZ ZS6 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Kinboofi KZ ZS6 中華イヤホン 人気 2PIN 3 – 高音の刺さりはエージングである程度低減。