Tag Archives: BOSE(ボーズ)

BOSE(ボーズ) Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン – 素晴らしい!

キャンセリング能はquietcomfort 20の頃とそれほど変わっていないが、とにかくケーブルがなくて非常に楽。トイレに行きたくなったときもそのまま行けるし、接続先の切り替えも手元のボタン操作だけで簡単にできる。個人的なデメリット・風切り音はキャンセルできない・ある程度遅延があるので音楽ゲームなどには使えない(映像を見る分にはさほど気にならない)・ネックバンドがある分、20に比べてかさばるノイズキャンセルの性能はまさしく一級品なので、これらが問題にならないならば十分検討に値する製品である。耐久性に関しては悪評も多いため、5年保証に加入しておいた。これで最悪の場合でも2年間は使えるだろう。参考として、本製品の公式修理対応は故障内容や有償/無償の如何によらず新品交換のみである。このため有償だと万単位の金を要求されることになり、「修理」のつもりで考えているユーザーは面食らうだろう。しかしこの場合でも普通に買うより安く新品が手に入るのだから、個人的にはいいシステムだと思う。この金額の製品を消耗品と割り切れるかどうかによって評価は分かれるかもしれないが、自分は何度でも買い直すだけの価値があると判断している。#2019/07/11追記6/21に左耳側からノイズが発生するように。メーカー保証期間が終了していたので延長保証を利用して修理依頼し、保証の範囲内で新品交換が行われた。本体価格約3万円に対し延長保証加入料1280円ということを考慮すると、延長保証に入らない手はないと思う。. 修理代は25920円+手持ちの故障端末のセンターへの送料です。長期使用には不向きな製品です使用頻度も週に1度程度と高くなくバッテリーのへたりも無い状態での故障なのでとても残念です。症状としては片側からノイズが凄ましい勢いで入ってきて使い物にならないのと本体のゴムカバーが剥がれてくる。他の人同様カスタマーセンターの対応は酷いです。アメリカ企業としては珍しいかな・・・特筆すべき点は、qc30より2ヶ月前に購入したqc25(ヘッドホン有線タイプのノイキャン)も約1ヶ月前に同様の症状が出て故障しました。boseタイマー搭載機の恐れあり2製品で7万円以上の投資をしたのに2年足らずで壊れるのはさすがにコスパが高すぎる!!5年は使いたかった(涙)違う製品を買うか長期の保証に入ることをおすすめします。カスタマー側に同様の故障等出ているかと問い合わせたところその様な症状や故障は他では出てないと言ってましたがココのレビューを見る限り結構な数故障してますね・・・. 新商品sony wi-c600nとbose qc30の比較ですどっちも購入して試してみた感想です。●ノイズキャンセル圧倒的にqc30です。qc30(10)>>>>wi-c600n(3)●音質音質的にはwi-c600nが良いですが、qc30音はまあまぁですがノイズキャンセルをして音楽を聞くと静寂のなか音楽が聞ける別次元です。●耐久性他のレビューにもある通り耐久性はqc30に不安がありますのでamazon5年保証を付けての購入をお勧めします。私はスロットをやるので、ノイズキャンセル重視で選ぶとしたらqc30です。qc30はパチ屋の雑踏うるささが消えさります!!(衝撃的です)wi-c600nはちょいましかな程度です。(パチ屋の中qc30のノイズキャンセルを外すとどうしようない位うるさく感じます。それ程耳って環境になれるんです。)唯一、qc30ノイズキャンセルは風切り音だけは苦手みたいです。音楽音質重視はwi-c600nノイズキャンセル重視はqc30追記個体差があるようです。写真3枚目(madeinマレーシア)写真4枚目(madein中国)皆様のレビューにもあるように本体のゴムの部分が使っていると剥がれてくるとのことですが、マレーシア産の方は開封時から少し浮いています。購入される時はどこ産かも確認した方が良いかと思います。. いままでboseの機器を使っています。bose quietcontrol 30の音質や耐久性や機能には満足しています。ただmacbook proに接続して使っていると、音楽などを再生していないときに、手をmacbook proの金属の部分に触れると小さいノイズがします。アナログ接続のスピーカーの音声ケーブルに触ったときのような「ブー」といった音です。音楽を再生しているときや外付けキーボードなどを使っているときはノイズが発生しないので、なるべく気にしないようにしています。. 2年使用し、本日突然電源が入らなくなりました。ノイズキャンセラー機能は秀逸だと思いますが、本体のラバーが購入後半年ほで剥がれ出しました。気に入って毎日使っていましたが、耐久性がなさすぎです。3万円近い値段で購入し、2年でゴミはコスパ悪すぎです。直営店舗に寄ったときに本体のラバーが剥がれることについてクレームを伝えましたが、日本は湿度が高い国なのでどうしようもないと言われました。メーカーは特に改善する気は無いようなので故障を気にsonyの新型に乗り換えようと思います。. The noise cancellation was absolute rubbish, which was surprising given how effective their over-the-ear option is. I am totally disappointed by this product and i probably should have … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン – 素晴らしい!

BOSE(ボーズ) Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ホワイト – スイッチを入れた瞬間に別世界へ

ノイズキャンセル機能は最高です!子供のはしゃぐ声、テレビの音声などが横で鳴っていても、ボリュームを下げるこなくゲームに集中できました。ゼンハイザーgsx1000と組合せて使用していますが、pubgでは足音もはっきり聞こえます。もうヘッドセットには戻れないかも!!. 音質は想像したほど良くありません,ヘッドセットの外面がひどく損傷しています。boseのノイズキャンセル機能付きヘッドフォンは2つ目です。一つ目のcomfortは性能は満足できましたが、大きすぎるため海外旅行の飛行機の中で使うくらいでしたが、今回の製品は軽くて嵩張らず持ち運びに便利なため、毎週新幹線の中で利用しています。新幹線の騒音が軽減され、新幹線の中で眠ることができるようになりました。. Iphone8に変換プラグを付けて使用してましたが、コントローラーやコードが脆弱なので、携帯につながず、エレコムのbluetoothレシーバーに接続したら、ワイヤレスで使えました。ノイズキャンセリングも使えます。ただし音量はイヤホン付属のコントローラーは使えません。bluetoothを認識しない場合は一旦レシーバーの登録解除して再登録すればokでした。充電プラグはどちらにも使えます。ノイズキャンセリング機能は素晴らしいですが街中で周囲の音が全く聞こえない程ではありません。レシーバーとイヤホンのバッテリー切れを忘れやすいので、モバイルバッテリーと普通のイヤホンも携帯しておくのがよいです。 sonynのmdr-nwbt20n にも接続できましたが、プラグとイヤホンジャックの接続が不安定で微妙に音飛びしました。製品の個体差かもしれませんが。. やはり安いキャンセラ機能付きではここまで感動できませんでした。. 噂通りのノイズ除去。sony wi-1000xも持っているので、通勤時にiphoneと組み合わせて音楽ストリーミングを、休みの日にはwaikmanとwi-1000xを組み合わせてjazzやclassicを聞いてます。この製品は一昔前の有線+圧縮音源に最適ですね。. 主に機内など旅先で使っています。エンジン音などが「え?」というくらいスパッとカットされるので、耳の負担が激減しました。雑音のカットにより、音楽の聞こえと音質が抜群によくなり、移動中の快適性が増しました。. 隣室の狂人が夜中の0時から3時まで歌うようになり、こちらも発狂寸前まで追い込まれたのでこの商品を購入。最新型は耐久力に不安があることと、「最新型よりこちらの方が人間の声には効果がある」というレビューが決め手になり購入(隣の狂人の歌は常にアカペラだったため)下手な歌と、電車の先頭によくいるインディーズの車掌のような奇声がかなり遠くに聞こえるようになり、久しぶりに眠ることができた。元々聴覚過敏気味で、睡眠時は耳栓や、古いノイズキャンセリングイヤホン(2010年ぐらいの品)を使用していたが、これらは狂人相手には全く効果が無かったので、技術の進歩に感動する。これを買った数日後に狂人は強制退去が決まり暫くして追い出されたが、無駄遣いをしたとは思わない。枕元でコンプレッサー式の除湿機が爆音を出していても眠れるし、台風の豪雨や、暴風で窓がガタガタする音も聞こえない。寝室のエアコンは稼働中かなり音がうるさいがこれも聞こえなくなった。さすがに枕元に置いたスマホのアラーム音はそれなりに貫通して耳に入ってくるが、スマホを目覚まし代わりにしているので、むしろ寝過ごす心配がなく安心感がある。またウレタンの耳栓ほど奥にねじこむ必要がないため耳に優しい。耳栓を多用していた頃に度々悩まされていた中耳炎がなくなった。使う際の注意点としては、イヤホンから出ている角パーツをきちんと耳輪脚にはめ込むこと。これをせずただのカナルイヤホンのようにはめると効果が出ない。また、充電ケーブルをつないだままだったり、端子が硬い物に触れていると「ブゥーーーーーーーーン」という低音が聞こえるため、逆にうるさく感じる。mp3プレーヤーやスマホに繋いで使う時も、それらの端末が充電中だとこの低音が邪魔をするので注意。. Boseのノイズキャンセル機能付きヘッドフォンは2つ目です。一つ目のcomfortは性能は満足できましたが、大きすぎるため海外旅行の飛行機の中で使うくらいでしたが、今回の製品は軽くて嵩張らず持ち運びに便利なため、毎週新幹線の中で利用しています。新幹線の騒音が軽減され、新幹線の中で眠ることができるようになりました。耳への圧迫感もなく、大変気に入っています。. 利点と欠点 メリット 音よし、ノイズキャンセリングもよし、でも、、 睡眠時の耳栓 + Drum演奏時モニターも(耳保護用として) Bluetoothレシーバーをイヤホンジャックにつなげばワイヤレスで使えた デメリット 航空機内で、ノイキャン使うと 凄い効きます。これは、想像以上に凄いですね。ワイヤレスタイプより、有線のこちらの方がノイキャン性能評価高いですね。音質は、高い音が少し割れる感じが、若干します。低音側は、少しだけコモル感じしますね。youtubeに、エージング用の音源いくらでもありますので、そちらを使ってエージングします。エージングは、間違いなく効果ありますからね!. Wh-1000xm3 昨年購入 最高のノイズキャンセリングと期待もQC20の方が明らかにキャンセルします。 ただ、トンネル通過の時のボッという不快感はよくありません。 また耳が真空?状況風になるの違和感も否めませんが、パッドの耳あたりはよい感じです。今や、コード付きで時代遅れ感の20ですが、 ノイキャンのみの使用として持ち歩くことも出期 良くやはりこれは手放せないと、ソニと比べて実感しています。. I have a problem with the design, particularly with the placement of the controller. Why is it in … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ホワイト – スイッチを入れた瞬間に別世界へ

BOSE(ボーズ) Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン 限定カラー ウルトラバイオレット/ミッドナイトブルー – 色々試した結果BOSE

ランニング中、外れます。個人差があると思いますが、私の場合は右耳がすぐ外れます。3種類のイヤーチップが付属しておりますが、3週間試しましたがどれも合いませんでした。boseさんのカスタマーへ相談しましたが「駄目な場合は返品してください。」との事でした。今回は返品させて頂きました。. 購入後3か月で左側が同期しなくなりました。iphoneに繫げたりすると同期が回復することがあります。音質は非常に良いので早急に交換手続きをしたいと思います。. 高価な物だと音質や使い心地にはまったく心配することはないと購入を決めましたが、全然期待はずれでした周囲がちょっとでも人混みになると左耳は音が出なくなり、酷いときは音が出なくなりますとても失敗しました. 音が途切れるとのことが多いですが、それは無線式のサガです、また、音が途切れるのはほとんどが人が多いところで使用した場合で、このイヤホンはノイズキャンセリングがついておらずもともと電車や人混みなどの人が多くうるさい場所で聞くようにはできていません。どちらかというとランニングやキントレ、水泳などのスポーツ中や部屋でケーブルから開放されてのイヤホンで音楽をききたい人などに適していると思います。実際、自分はジムでのキントレや公園でのランニング、家聞きに使用していますが半年使っても音が途切れたことは2. 3回しかなく、他のbluetoothの音楽機器に比べたら少ない部類に入ります。. 価格はちょっとしますが・・・それだけの価値は有ります。全てに星5つ!わたしは満足して使用しています。. 音質は他に使っている無線イヤホン・ヘッドホン(airpods、beats solo3、beats studio3)と比べても緻密でよいと思いますが、とにかく左がすぐに入らなくなります。一度入らなくなるとケースに戻してもだめだったり、再起動が必要になったりとけっこう頑固。レビューにも同じ症状がいくつも書かれていたので一応覚悟の上で買ったんですが、思った以上に頻度が高く、元に戻すのに手間暇がかかるので結局あまり使わなくなってしまいました。製品としてどうなのかな、と思うレベル。購入して5か月くらい経ってしまったので返品交換もできないかもしれませんが、それでもメーカーに直接意見を送っとこうと思っています。音質はいいですが、youtubeなどの動画は音ズレがひどいです。snsなどしつついろんなメディアを見たり聴いたり、通勤など限られた場所と時間で使う人には向かないと思います。. いろんなレビューを参考に、boseを選びました。結果、購入して1週間で返品となりました。1,最初は音飛びが頻発するようになる2,左側から音が出ない。3,ペやリングが不可となるsoundpeats q36の方が安定性、操作性ともに上でした、ちゃんとなっていたときはオンしてゃ流石にboseでしたでも使えなくなっちゃ意味がありません。. 普段、オーディオテクニカの3000円くらいの有線のイヤホン使っていて、奮発してコレを買いましたが、やはりワイヤレスの音質はまだまだ有線には勝てないですね。何というか迫力?音の広がり方がしょぼい。ただ、ワイヤレス初体験でしたが着け心地は抜群でした。線が無いのはやはり快適です。後は充電する習慣がつくかどうかですね。音切れに関しては最悪です。最初音切れは両耳のイヤホンが切れるかと思ったら、左右バラバラ切れるんですね。かなりストレスになります。. 利点と欠点 メリット 左が頻繁に入らない 人混みだと… BOSE製と信じたが デメリット はじめての完全ワイヤレスイヤホンはこいつでした。しかしほかの商品にも興味があり売ってしまいその後はsony、b&o、jabraなど7種類くらいのワイヤレスイヤホンを買っては売ってを繰り返してました。しかし音質はやはりboseが一番でした。そこで2回目ですが購入しました。やはり音質は最高です。高音の抜けや低音、中音全てが完全ワイヤレスで1番だと思います。操作はボタンなので確実に操作することができます。バッテリーの持ちも良いです。開放型なので仕方ないですが遮音性は低いです。周りの音が聞こえるので音楽に没頭したい方には向きません。しかし、静かな部屋であれば音質がいいので音楽を聴くのに最適です。音質にこだわりたい方にも使用場面は限られますがおススメです。フィット感も良いので運動する方には最適ですね、車の音も聞こえるので安全です。ただし通勤、通学で電車を使う人には向かないと思います。色々な完全ワイヤレスイヤホンを試しましたがこのイヤホンが最高です。. 外出用メインをbose soundsport free wirelessとしています。自宅ではbose quietcomfort 35 Ⅱを使用しています。ブルーを購入しましたが、写真ほど鮮明な明るいブルーではありません。目立たないブルーです。若干大きめなイヤホンタイプながら、音はまさしくboseの音です。低音しっかり、高音は少し控えめ。購入して初めて本機で音楽を聴いた時は、低音の豊かさにビックリしました。変なノイズも無くとてもクリアな音です。 耳にグッと差し込むタイプではなく、またノイズキャンセリングも付いていないため外音は聞こえます。 boseサウンドが好きな方なら購入しても満足されるとは思います。しかし、ボーカルが鮮明に聞こえた方がいいとか、何らかの特徴をもって購入される場合は、試聴してから購入されることをお勧めします。. 特徴 Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン 限定カラー ウルトラバイオレット/ミッドナイトブルー モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 完全ワイヤレスで、どんな動きも妨げない。 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン 限定カラー ウルトラバイオレット/ミッドナイトブルー – 色々試した結果BOSE

BOSE(ボーズ) Bose SoundSport Pulse wireless headphones ワイヤレスイヤホン 限定パッケージ – もう少し安ければね

取説を日本語版で分かりやすくして欲しい。. 普段はランニングとトレーニングで使用。使用後は汗を拭きとって保管したにも関わらず故障。boseのカスタマーサービスはメールでも修理受付できると書いてあるにも関わらずメールで依頼すると結局は電話してくれとの案内。高いから大丈夫っていう事はない商品. ランニングなどに使用しています。心拍数などboseのアプリで見れますが私の携帯では音楽プレイヤーとbluetoothで繋いでいる時は使用できませんでした。それ以外は特に不満はありません。. フルマラソンでの使用のために購入しました、水にも汗にも振動にも負けず支えてくれました、おすすめです。. 機能的には文句なしに良いのだけど、、、耳からすごい飛び出してない?大丈夫?フランケンシュタインみたいなってない??. まさに私が求めていたヘッドホンですね。耳に差し込んでひねるとフィットし、運動しても外れない構造。音質も文句なし。ブルートゥース接続専用のため邪魔なコードがない。(全く無いわけではありません。左右をつなげるコードはあります。)コードにリモコンもついていて、一時停止と音量調整ができます。全く文句なしです。正直心拍数については、そこまでシビアな運動をしていないため使いこなせてはいませんが、アプリを使えば簡単に現在の心拍数を教えてくれます。時々計測不能になって、装着しなおすことを指示されることがありますが許容範囲ですね。快適ウォーキングライフに必要不可欠な優れた商品です。大満足です。. 購入して1週間。ランニングに使用してましたが、突如左耳のイヤホンからノイズが発生。充電中でもノイズが途切れず、もう完全に故障。有名メーカーだからと安心して購入しましたが、残念です。音質は良かったです。. 以前より気になっていた当商品がプライムデーで値下がりしているのを機会に購入しました。以前使用していた無名のワイヤレスイヤホンと比較すると以下のような違いがありました。●装着感sml3種類のゴムがあるので自分にフィットするサイズ感を選択ができます。私はデフォルトでついていたmでちょうどよかったのでそのまま使用しています。以前のものとくらべるとランニングしていていてもずれ落ちること無く安定感があります。●軽量感軽いです。首からかけていても気にならない重さです。●デザイン赤がアクセントになっているこのタイプは他のメーカーでは無いのでこちらをチョイスしました。tシャツとあわせても赤がポイントになっているのでおしゃれに見えます。boseであることがわかりにくいですが、さり気なく入っているロゴもいいですね。boseならではの重厚感とデザイン性が気に入っています。●音質無名に比べて低音がしっかりと聞いていて、高音もクリアです。ジャズ、ヒップホップをよく聞きますが、どちらもとても美しく聞こえてきます。●ブルートゥース接続右のイヤホン付近にあるボタンを軽く押すだけで、すぐに接続されるので非常に便利です。●継続利用時間毎朝20分の通勤時に利用していて5%程度減るようです。カタログ数値ですと確か6時間ほど可動するようですが、これだけ長い時間無充電で動くことは少ないので十分かと思います。●電話の無線通話コード右側のボタンを押せば通話開始できます。若干こもって聞こえることがありますが、これは相手とコチラの通信環境にも影響されると思うので、一概に評価しにくいかと思います。両手フリーの状態で通話できるのは非常に便利です。●耐久性使い始めて1週間ですが、今の所問題なく使えています。●総評価格はboseだけに高いです。ただ、デザインや音質、通話可能などあらゆる面でboseにしか出せない満足感があると思いますので、個人的には満足しています。ファッションギアとしてboseを選択される方も多いと思いますが、総合的に期待値以上のパフォーマンスをだしてくれる商品だと思います。boseにこだわりのある方には是非おすすめしたい商品ですが、boseじゃなくてもという人は価格を抑えて同等の音質、機能(デザイン・ブランド力を除く)を持つ商品はあると思いますので、そちらを検討しても良いかと思います。. 利点と欠点 メリット ウォーキングからシリアスランナーまで。 Low Quality item 心拍数が測れるメリットは? デメリット 耳がかぶれやすい上、耳の穴が小さくカナル式がダメでイヤホンジプシーでした。心拍計は正直要らなかったのですが色が気に入って購入しました。音は低音強めですが電車などそこそこ騒音の中で使うため私は気になりません。安定のboseなので音質も良いです。耳のフィット感は自分と合っていて買ってよかったです。音楽を良く聴く人には価格帯も高過ぎず安過ぎずかと思います。オーバーヘッドは家、こちらは外出用で使い分けてます。なお、心拍計のないタイプの方が使用時間が1時間長く価格も安いので、色があればそちらでも良かったです。回し者ではないですがboseのカスタマーサポートはしっかり対応してくれるのでシリアルナンバーのある正規品をお勧めします。. 全て、思った通りですは、言い過ぎかもしれませんが大満足してます。. スピーカー、イヤフォンはBOSE製を愛用しています。ジムで使用する際、コードが気になりワイヤレスが欲しくて購入しました。設定も簡単、アイフォンとの相性も問題ないです。音もBOSEサウンド。王道です。今まで使用している通常のBOSEスポーツイヤフォンとの違いは(個人的な意見ですが)①フィット感が良いです。②低音が効いてる感じがします。③遮音性が良いです。================心拍数は正確に表示されてます。少し値段はあがりますがコチラの商品にして良かったです。一番のお気に入りは正直、このカラーです。そう、ベビーメタルが好きなんです・・・失礼しました・・・. 音質機能共に満足していましたが、購入から半年ほど経過しゴム部分が劣化や伸びにより剥がれ基盤が露出してしまい、接続不良などを起こすようになってしまいました。耐久性は良くないので保証のオプションをつけることをお勧めします。. 6ヶ月でペアリングが出来なくなりました。粗悪品です。. エクササイズ用に購入。以前からqc20を使用してsサイズのイヤーチップを使用していたが、qc20と比較して、同じsサイズでも、一回り大きいくらいの感覚で、耳孔へのフィット感は、今ひとつ。心拍数については、対応したソフト(runkeeper等)と組み合わせれば有用。これで、加速度センサー、gpsも内蔵していれば、エクセサイズ用のデバイスとして完璧ですが。その後、今日(2月13日)になって、電源が入らなくなりました。予兆は、昨日使用していた際に、心拍数の測定値が、アップルウオッチの値よりも以上に引く値が計測され、そのあと突然、電源が落ち、その際は、再度電源が入れられましたが、今日、電源を入れようとすると、うんともすんとも…。充電ケーブルを繋ぐとグリーンのランプが点灯しますが、それ以上進みません。という状況で星は一つに減らしました。星一個は、過去一月半程の間の活躍に免じてです。ついでに、boseのサポートサイトのこの機種のページのリンクが404です。これも勘定すると、星はマイナスでもいいかも。. プライムデーで買いました、走るのにちょうどいいです!全力で走るとさすがに少しはズレますが、90’のjogでは電池もフィットもバッチリでした。. 携帯変えたらapollo7の認識が調子悪くなり予備の予備として購入普段はpluseじゃない方のbose soundsportを使用中でとても気に入っていた唯一心配なのが後ろのクリップ直ぐ壊れるのに同じ品物が購入できない必需品なので購入できる様にして欲しい. 上記と同じ。新幹線の中、深夜のベッドで・・・ 気に入っている。. 特徴 Bose SoundSport Pulse wireless headphones ワイヤレスイヤホン 限定パッケージ モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 心拍数センサー内蔵で、簡単にパフォーマンスを測定可能。 BluetoothおよびNFCで、お手持ちの機器にワイヤレスで接続が可能。 激しいエクササイズにも耐えるStayHear+ Pulseチップが安定した快適なフィット感を実現。 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose SoundSport Pulse wireless headphones ワイヤレスイヤホン 限定パッケージ – もう少し安ければね

BOSE(ボーズ) Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック – Headphones for the oblivious!!

買って良かったです。音質もかなり良いかと、ノイズキャンセルは個人的には十分です. こんなもんなのかな?って感じ。sonyとかなり迷ったが、boseの音と言うものを聴きたくてこちらを購入しました。sonyはスピーカーで使用しており、違うものが欲しかったのです。いざ聴いてみるとそこまで感動的では無かった。1000円程度のイヤホンをかれこれ2年程度使っていたのだけど、それと比べても何か圧倒的な差を感じない。耳がよくないだけかもしれないが、安物のヘッドホンとも大して変わらないような、、、。(さすがにそれは無いだろうけど、自分はそう思ってしまった)ノイズキャンセリングも初体験で、だけどこれ人の声やテレビの音なんかは普通に聞こえるんですね。もっと無音になるものかと思ってた。要するに、過度な期待をしていました。高価と言っても庶民にも手が届く程度の価格帯ですから。まぁでもboseはもういいかな。次はsonyを購入しよう。耳が馴れてないのもあるんだろうし、時間を掛けて様子を見ながら大切に使います。. まあ数多く扱えばこうなるのかなあ~アマゾンさんでもこういう凡ミスがあるとは勉強にはなりました。と言いますのは、bose qc35 Ⅱを注文したのに来たのは旧製品の35だったからです。価格も安いアウトレット品ということでもあり、製品そのものには何ら落ち度はなさそうだし、返品などする気はないですがちょっと残念ですな・・・みたいな製品評価としては4つ星なんですがそういうことでこうなりました。. 高い買い物ではあったが、それに見合う製品だと思う。利点・つけ心地が非常に良い。何時間も連続してつけていても痛くならず、むしろつけていることを忘れてしまう。・音質がよい。はじめて使った時はこんなもんかと思ったが、ほかの安いヘッドホンやイヤホンを使った後に使うと音質の良さに驚いた。欠点・ノイズキャンセリングが人の声までは遮断してくれない。安全性の問題もあるが、後一段階ノイズキャンセリングを強力なものにして欲しい。総合としてはかなり満足している。. Prior to buying these the only earphones i have owned were the ear bud types. Put them on, turn them on and they really do cancel the noise. I couldn’t hear anything except the smashing … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック – Headphones for the oblivious!!

BOSE(ボーズ) BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ラックスシルバー – QC35からの確実な進化

外見は見た通りゼンハイザーのhd25と物凄く似たような外観です。まずこの点が好みが分かれそうです。色は2色ですが、ラックスシルバーの方が人気が出そうですね・・・トリプルブラックはまぁ前述の通りなので・・・届いた化粧箱の中身はセミハードケースと本体、そしてusbケーブル、ライン接続ケーブル。説明書は無く、vineプログラムユーザ向けの資料が入っているだけでした。基本スマホにbose musicアプリを入れて、本体の同期と登録を行った後に出てくる製品チュートリアルメニューに全て記載されています。また、先日オープンした日本語サイトにもpdfでマニュアルがアップされています。(本発売日にこれらのマニュアルが製本されて同梱されているかは不明です)本体は非常に軽く、側圧もそれほどではないので長時間かけていてもそれほど苦痛にはなりません(ただし当然防水などではないので雨の日など注意する必要があります)。接続やalexa等の設定で戸惑うかもしれませんが、ある程度慣れている方ならマニュアルを見ないでもアプリを落として設定を大体進められると思います。逆に言えばアプリを入れないと接続だけでなく細かい設定(とはいってもあまりありませんが)もできないのでここら辺は必須になると思います。肝心の音ですが・・・・基本オーバーヘッドのダイナミックヘッドフォンはエージングをするのですが、ドライバの詳細等が無い点。そして基本的に箱直出しで使えるのがbt接続のヘッドフォンだろうという考えでそのまま設定して試聴した感じです。ncは0~10までアプリで強度を可変設定できるほかデフォルトで0,5,10の3段階で設定できるのですが、電車内で10だと走行中の音(レールの継ぎ目などの音は普通に聞こえる)や周囲の話声はかなり綺麗に小さく抑えられていました。車内アナウンスの電子音声は若干こもった感じでそれよりやや大きく聞こえるなという程度です。試聴したのは女性ボーカルポップス、ジャズ、オーケストラ系サントラですが、nc10にすると低音はじゃっかん籠った感じで弱く聞こえます。イコライザやバスブースト等を色々いじくってみたのですが、改善されませんでした。ncを5に落としても同様で、nc機構自体か、本ヘッドフォンのドライバや構造自体に因るものと思われます。ファームウェアが更新可能なので、この辺はnc起因であれば改善されればと思います。中高音部分ですが、刺さるような音もなく高オクターブの部分や金管楽器の音も綺麗に聞こえました。ncを0にすると、まぁそのままワイヤレスのbose音ヘッドフォン・・・ただ外部音を拾えるので、電車内と駅まで移動とかで切り替えると使いやすいかも。操作性ですが、ボタン操作は最低限で、音量の増大やスマホアプリでの再生曲の操作等はヘッドフォンをスワイプする事で操作できます。これが実に快適(wwダイヤルやボタンだとどうしても手で探らなくてはならないのですが、アラウンドイヤータイプだからこそできる操作性だと思います。本当に楽です(w質感もそこそこなので本来ならば★5にしても良いのですが・・・・。艶消し黒はどうしても遠目から見ると安っぽく見える&デザインももう少し独自性を・・・という点で★4にしました。今後ファームアップ等で音質が改善されれば、これらのマイナス要因を超えて★5にしても良いかな?※bose arですが、サービスはまだなので試していません。 あとalexaも設定したんですが・・・なんか外でやるの恥ずかしいので試していません(w. 音的にはまさにboseサウンドで、定位感、バランス、余韻の再現性等、その辺のヘッドホンとは全く違います。好みもあるとは思いますが、チープさや未熟さは感じられないクオリティなので、さすがはboseという感じです。モニター用ヘッドホンほど真っ直ぐな音ではないにしても、素直に良い音を感じられる設定のようです。また、ノイズキャンセリングも素晴らしく、bose musicというアプリで調整するのですが、level10では人の話し声やテレビの音などはかすかに聞こえますが、エアコンの音等であればほぼ完全に消すことが出来ます。これによる音源への影響もなく、非常に素晴らしいと思います。ただ、ヘッドホン周りのボタン、タッチによるボリューム調整等の使い勝手については、反応もまちまちで正直なところ微妙だと感じました。また、siriは特に勝手が悪く、ボタンを押したら意図しないところに自動的に電話をしたり、結構困りました。この辺りは改善の余地があると思います。結論として、ヘッドホンとしては価格相応で素晴らしい音質、ノイズキャンセリングもさすがですが、プラスαの部分はまだこれからという印象です。ただ、イノベーションを意識しているのが良く分かり、さすがはbose、改めて好感を持ちました。. パソコンで使う事が前提だったので正直スマートフォンとの連携にはあまり興味がありませんでした。一応、boseのスマホアプリもインストールして試してみましたが、使ってみて正直その必要性をあまり感じませんでした。一番の興味はこれまで使っていたイヤフォンとどれほどの差があるかという事でした。これは音に関する好みもあるので一概には言えませんが、音質に関してはboseらしく中音域が強調される感じで音への没頭感はイヤフォンより優れている感じがしました。また、 ノイズキャンセリングは素晴らしいと思いました。一方、使ってみて気になった事は、ある程度連続して使っていると耳に当たるイヤーパーツが暑く感じてきて外したくなってくる事がありました。これはイヤフォンを使う事が多いので密閉型に慣れていないからかなとも思いますが、夏場の室内ではあまり使いたくない感じがしました。快適な環境で周囲を気にせず音に没頭したい時には良い感じがしまた。. Boseのノイズキャンセリングヘッドフォンは、qc25から使用しており、現在はワイヤレス化されたqc35をメインのヘッドフォンとしています。音楽は主にロック系を中心に聴いています。本機nc700について簡単にレビューします。qcシリーズではなくなりましたが、正常進化した後継機と感じました。音質的には、従来路線から殆ど変わりませんよくも悪くもノイキャンありきでチューニングされていると感じますノイキャンレベルを0にして音楽を聴くと、音のハリが物足らなく感じます素の音にしては薄っぺらいというか個人的にはノイキャンレベル10にして、没入感の高い状態で聴く音が1番好きです音質全体は各楽器の音の分解能はさほど高くないと感じるのでモニター的な使用にはハッキリ向かないと云えますが、音楽として楽しむには、聞かせ方が上手いと感じます低音の出方もバランス中心で出しゃばり過ぎず、気持ちよく聴かせますある程度のボリュームで聴くほうが、いい感じですiphoneであれば、最大ボリュームにしても、ヘッドフォン側で音が飽和したり、変にびびりが出る事もありませんでした〜耳に良くないので試さないように自分としてはqc25からの慣れ親しんだ音質です静かな自室で聴く、同じような価格帯のノイキャンではない製品と比べて、本機の音質云に関しての意見がありますが、本機はどんな環境下でも強力なノイキャンでちゃんと音楽が楽しめるのが特徴ですその意味では、高音質だと思いますノイズキャンセル性能は相変わらずですわずかに圧迫感はありますが、エアコンの音、エンジン音、走行音がキレイに消えます最新の機種では、ありませんがソニーのノイキャンヘッドフォンも試しましたが、ノイキャン性能はboseの方が好みですキレイに消えますあんまり当たり前に、自然にキレイに消えてしまうので、外した時にその周囲の音に驚きます何度、使用してもこの部分は素晴らしいです。今回、明らかに良くなったのは、マイクとインターフェースマイクの構成が新しくなったので、装着したままで自然通話出来ますまた、この事でsiriの認識も向上しました右側ハウジングの側面を、叩く、撫ぜるで曲のストップやボリューム操作が可能です操作の認識も正確ですハウジング、ヘッドバンドのデザインが大きく変わりましたqc35は、一見するとqc25がワイヤレスになっただけにしか見えませんでしたが、今回は相当変わりましたイヤーパッドの絶妙なフカフカ感がやや後退しました交通機関での使用がメインなので、収納性が重要なのですが、今回ケースへの収納方法が変わりました最初ヘッドバンドが曲がらないと聞いた時は、相当大きくなるのかとおもったんですが、殆ど変わりません気にならないレベルで杞憂に終わりました小さくはないですが、qc35とほぼ同じように持ち歩けますデザイン的には美しくなったと思いますその材質含め、高級感もありますboseのロゴが更に目立ちにくくなったのは寂しいですが相変わらずboseのノイキャンヘッドフォンは素晴らしい製品だと感じられましたお安くはないですが、コスパは高いと思います飛行機、新幹線等の交通機関での長距離移動が多い方には、絶対の自信でおススメ出来ます. 自動オフ機能というのがあり、10分間ヘッドフォンを動かさないと、ヘッドフォンの電源が切れます。bose musicアプリの設定項目に、「自動オフ」の項目があり、それを「オフ」に設定しても、電源が切れます。そのため、長時間ノイズキャンセリング状態を維持することができません。私は睡眠時の騒音対策に購入しましたが、10分毎にノイズキャンセリングできなくなってしまうので、購入した意味がなくなってしまいました。自動オフ機能を無効にする設定が追加されることを期待しています。また、アクセサリがまだありませんが、イアーパッドは交換必須なので、早めに追加されることを希望します。(2019/9/23現在)追記(2019/9/29)bose musicアプリの「自動オフ」設定項目では、(5分)(20分)(40分)(1時間)(3時間)(オフ)が選択できますが、(3時間)を選択していても、ヘッドフォンを動かさなければ10分で電源がオフになりました。(3時間)でも(オフ)でも10分で電源が自動オフするので、何のための設定なのか意味不明です。そもそもデフォルトの(10分)の選択がないのも謎です。bose musicアプリのバグで、早期に修正されることを期待しています。睡眠時の騒音対策に購入を検討している方は、アプリが対応されるまで待った方がよいと思います。(2019/11/17 追記)boseのサイトにある日本語マニュアルの自動オフの説明を再度確認したところ、以前は10分となっていた電源が切れるまでの時間が、1時間に変更されていました。そこで久しぶりにアプリと接続したところ、本体のバージョンアップが始まりました。長い時間がかかりましたが、バージョンアップ完了し、本体再起動すると、確かに電源が切れるまでの時間が1時間に変更されていました。1時間も微動だにしないことはまずないと思うので、実用上はこれでよいのかも知れませんが、モーションの検知がどの程度の感度なのかも気になるところです。熟睡状態なら1時間程度はほとんど動かないかも知れません。やはり自動オフ機能自体をオフにすることができるようにして欲しいです。(2019/11/24 追記)睡眠中1時間なら多少は動くので自動オフしないかどうか確認してみました。2晩試したところ、1晩目は余程熟睡したのか、朝起きたら自動オフが働いて電源が切れていました。2晩目は、電源が切れることなく、朝起きても電源が入っていました。なんとも微妙な結果で、熟睡しているならノイズキャンセリング機能は不要な気もしますが、せっかく熟睡しているのにノイズキャンセリング機能がオフになっていて、騒音で目が覚めるという可能性もあります。個人的には、やはり自動オフ機能自体をオフにすることができるようにして欲しいです。. ノイズキャンセリング機能重視で購入しました。音質については疎いもので評価できませんがデザインや装着感はソフトで軽く、通常使用するにはとても良い品物だと思いますしかしながら私が使用する環境下では愛用のsony wi-c600nのほうがノイズキャンセリングの性能があっているようなので残念ながら返品させていただきました。. 華奢な外観ですが流石このお値段ですので作りはしっかりしており密閉型では無いので重量も軽い(252g)です。定評あるノイズキャンセリング機能ですが11(0−10)段階の調節で耳に入る音をパーソナライズ、邪魔な音を抑えたり、周囲の音を取り入れることも可能です。最高レベルのノイキャンでは周囲の音がほぼ聞こえません。正しく調整すればフィット感はかなり良く、長時間快適に聞き続けられると思います。タッチセンサー付きのイヤーカップで直感的な操作が可能(音量調整、再生、早送り、戻し、通話対応)でちゃんと覚えればスマートフォンのアプリを見ることなくほぼすべての機能が片手で行なえます。またカスタマイズも可能です。アダプティブ4マイクシステムはかなりの性能で騒音の多い環境でも正確に自分の音声を認識してくれます。会話モードも電車内のアナウンスを聞きたいときなどにボリューム調整が不要なので使える機能と思います。iphoneですとsiriに対応しているので音声アシスタントによる音楽、ナビゲーション、メール読み上げ、送付などのさまざまなサービスを利用できます。amazon alexaとgoogleアシスタントも選択できます。使用していないと10分でシャットダウンする機能もバッテリー節約できるので助かります。肝心の音質ですが典型的boseサウンドです。bluetoothではなく有線で使用することももちろん可能です。キャリーケースは分厚目なのでかさばりますがマグネットで本体固定するなどよく出来た仕様です。. はい遂に買いました高い買い物ですw沢山ヘッドホンを買い散らしますw所有機は、jbl750、bose35ii、ソニーm3、スカルキャンディー360、デノンgc30、です!まずは、前モデルのqc35iiの比較ですが、途切れにくさとノイキャンの圧力が激的に良くなりましたね!前モデルは横浜駅のホームなどで電車が入ってくると良く途切れてましたが700は大丈夫でした!横浜駅で電車が入って来る時に途切れないのはソニーm3とこの700のみですね!ノイキャンの圧力もソニーm3より弱いように感じます!じゃあノイキャンの性能はどちらがいいのと言われるとノイキャンも各社この雑音には強く消音してくれるなど、違いがあるため一言には言えませんがトータルでみると一緒くらいだと思います!音質に関しては個人差がありますので、ここでは多く語りません!高い買い物なので是非自分の耳でどちらが良いか試してみてくださいね!自分が一番重視する点はなんと言ってもヘッドホンがオシャレかどうかですw昔と違ってワイヤレスイヤホンやヘッドホンって一部の音楽通の物では今はみんなの生活必需品となりつつありますから、もうオシャレの一部となってきたと思います!値段と性能だけで言えば正直まだまだソニーm3の方が若干上だと思いますね!ただやはりソニーm3は自分にはあまりカッコ良さを感じないですwあの出っ張りがどうも気に入らないのと、なにせ街に繰り出せばソニーm3を着用してる人をよく見かけます!人とあまり被りたくないので、いつも街に出かける時はqc35iiをして出かけますwboseのキラっと光るロゴが個人的にかっこよくシルバーってのもカッコいいと思ってます^_^でもqc35iiも結構使用して方も見るので、今回700を買いました^_^boseのキラっと光るロゴが無くなったのは残念ですが、タッチセンサーの為なら仕方ないですね!タッチセンサーの誤作動も少ないですよ!着け心地はqc35iiの方が個人的には好きですね!以上のレビューです^_^さあ寒い冬のお供に耳当て代わりのヘッドホンでオシャレをして出かけよう!!. 利点と欠点 メリット 長時間ノイズキャンセリングできない(2019/11/24追記) 一つ前のモデルQC35からの進化は素晴らしい 騒音がある場所で音楽を聞くなら、これ デメリット Boseの音が好きで購入したが、初めて外れた。低音不足、高音のキレ不足が感想です。個体差、エイジングと考えたが、ゼンハイザーモメンタム3に移行して、こちらは最初から高音質でお気に入り。最近結婚した甥にプレゼントして喜んで貰えたのでboseには幸せになって欲しい。. ノイズレスのヘッドフォンはこれまでも使っていました。今回のヘッドフォンのノイズ除去は周辺ノイズの大きさに合わせて使い分けできる様になっています。これは以前のヘッドフォンにない機能です。まだノイズ除去を強めて使う必要ないのですが、準備されているのは良いと思います。今回は初めてのワイヤレスです。ワイヤレスで格段に動きがスムーズになりました。コードに引っ張られてギクシャクした動きが無くなり快適です。bluetoothの設定もとても簡単でした。英語ですが、充電池の使用残り時間を教えてくれるのも良いです。その後中国語?でも何か言ってるのですが、これは理解できません。聞き流せば良いことですが、難点を上げるとすれば理解できなくて耳障りになるかも知れない毎使用始めのこの言葉でしょうか。あとはカップが耳にちょうどあてがうようにスライドできる構造ですが、初めて見る構造で丈夫だろうか心配なところです。. 海外ではすでに発売されており、いよいよ満を持して国内でも発売されたboseの最新ノイキャンヘッドホンです。実質的先代モデル(実際は新機軸らしいですが)のquietcomfort35に比べ大幅にヘッドバンド周りのデザインが変わり、スタイリッシュになりました。折りたたみ機構はなくなりましたが、イヤーカップの向きを合わせ付属のキャリングケースにコンパクトに収納できます。ノイズキャンセリングレベルは左イヤーカップのボタンでの操作のほか、スマホアプリ上からも10段階で変更でき0からどんどん上げていくと生活音がどんどん消えていくのが面白いです。他社のお安めのノイキャンヘッドホンに比べると当たり前ながら高精度でノイズが消えます。空調の風切り音や秋の虫の音も全く聞こえません。メカニカルキーボードの打鍵音は多少聞こえますが、ノイキャンヘッドホンが重宝する交通機関利用時の雑音あたりは問題無く消えるかと。他にもノイキャン性能を生かし音声通話時にクリアな音声でコミュニケーションできるらしいのですが、まだ使用中に電話がかかって来ていないので試せていないです。boseらしい低音の豊かさは言わずもがなで、バランスの良い音の出方なので聴き疲れしにくいです。イヤーパッドの締め付けもほどよく1時間程度のリスニングではヘッドホンをかけていることをあまり意識しなかったです。満充電で20時間近い再生時間を誇るので、ほぼずっと音楽を聴いている場合でも数日充電が要らないのは楽ですね。充電はusb type-cを使用するので、最近のandroidスマートフォンをお使いなら共通して使用できます。最近のワイヤレスヘッドホンでトレンドの音声アシスタントについても、iosデバイスと接続したときのsiriのほか、alexaやgoogle アシスタントに対応しておりフルスペックです。再生操作と音声アシスタントについては右イヤーカップのタッチ操作で行いますが、ヘッドホンの位置を直したり外すタイミングで触れたときに誤動作する感じがあるので掴む場所に気をつけた方が良さそうです。btコーデックはベーシックなsbcと高音質なaacに対応しており、aacに対応したiphoneと接続して使用していますが遅延も殆ど無くリズムアクションゲームもそこそこ楽しめるのでよかったです。フラグシップクラスなのでお高いですが、概ね金額に見合った性能は有しているなというのが使ってみた総評です。. 前作より、耐久性の低いスライドボタンがなくなったのはいい。しかしそれ以外目立った改善点もなく、以下のような欠点を持ち、完成度が低い。総合的に前作のほうが価格相応だった。- 電源ボタンの位置が間違えやすい- 音声ボタンはノイキャンボタンと分ける意味がない- ノイズキャンセリングが3段回固定は使いづらすぎる。50%とかいつ使うん?. ノイキャン&bluetoothヘッドホンデビューにと奮発してこれを選びました!結果は最高の一言!①ノイズキャンセリング素晴らしいノイズキャンセリングだと思います。つけた瞬間、あまりにも自然にスゥ…と音が消えてしまうので逆に戸惑いました。圧迫感は無い方…いや、ノイズキャンセリングヘッドホンの中ではおそらくトップクラスだと思います。それもあり、これをつけたまま寝られます。②音質roseliaの「陽だまりロードナイト」で、panasonicのrphd-10と比較しました。低いギターやベース、バスドラムはboseがよく出ています。ボーカルは圧倒的にboseが近くてはっきりと聴こえています。曲の2番とラスサビの間の間奏の、ポロポロポロ〜というクリスタルなピアノの音色で高音域の比較をした所、panasonicはシャープで鮮やかで、しっかり出ています。boseは音量こそあまり出ていないものの柔らかくて聴きやすかったです。高音のギターソロでの比較も似た傾向でした。続いてasmrでの比較です。低音がしっかりしているのもあり、凄いです。そしてノイズキャンセリングの効果により、その作品の中に入り込んでしまいます。純粋に音質を比較すると、耳かき音などのカリカリとした音はpanasonicが得意です。しかし耳マッサージや、耳の奥の方の耳かき、スライム耳かきなどはboseの方が圧倒的に臨場感があります。そしてボイスはboseの方が近くて音量もあり、その声優さんの声を楽しむ事ができます。対するpanasonicは音場が広くシャープで口の動きをはっきりと感じ取れる変わりに歯擦音が大きく、たまに耳に刺さる時があります。③見た目かっこいいです。流石46000円です。素晴らしい質感です!④つけ心地イヤーパッドの硬さが絶妙で、つけたまま寝られます。趣味でお絵かきをしているのですが、軽いので数時間でもつけっぱなしでずっと描けます。⑤総評奮発してよかったです。コードがある方が音質がいいに決まってる!と思っていたので、今までずっとコードありの物しか使ってきませんでしたが、まさかここまで良くなっているとは…hd-10との比較は、価格差が倍以上なので…と思いきや、音の面でのhd-10のコスパの高さに驚かされました。しかし、この圧倒的ノイズキャンセリングは約5万円の価値ありだと思います。. デザインが、カッコよかった。. Quiet comfort35 を使っていてこちらの商品が、新しく発売になったので、購入しました。詳しいことなどレビューで皆さんが書いているので、私は前モデルqc35との比較を少し書きます。まず音的には、ノイズキャンセル機能が良くなったこともあり、(調節を自分で出来るようになった)とてもいい音で聴こえる事なんですが、かけ心地が更に良くなり、耳のすっぽりと楽にカバーしてくれるのでヘッドホンをつける時にとても楽になりました。やはり後継モデルになるので、qc35よりは断然いい作りになっています。いい事は他のレビューの方がいっぱい書いているので、qc35と比べて劣るところを私は書いてみます。音量などの操作がボタンのスイッチから変わり、本体の所をなぞるように変わったのですが、向きを変えたり、少し触れたりすると曲が先送りになったりと思うように操作できない時もあることがネックです。bluetoothではなく、コードで繋いで聞く時、はqc35の方がいい音に聴こえます。色が綺麗だったのでホワイトとピンク色のiphoneカラーのにしたのですが、汚れが着きやすいようなので、とても慎重に扱っているので疲れる時も多いです。起きてる時は必ず使っているような感じなので値段的に高いものということで、お考えする方もいると思いますが、音楽好きと自分で思われる方は迷わず買ってもいいと思います。¥20000くらいのもいい音で聞けますが、更に驚く再生音にびっくりすると思います。またヘッドホンを付けての通勤などでも、最初は恥ずかしいこともあるかもですが、万人が知ってるbose製品のため、気にせず付けていられます。迷ってる方いましたら絶対に買ってみて欲しいです。. 静粛性はさすがボーズ言うまでもありません。外の音が取り込めるモニターモードは、不自然な感じも少なく騒音もある程度取ってくれるので、これはこれで使えます。静粛レベルも変えられますが、カフェなどである程度は外の音を残したいときは便利かもしれませんが、私は飛行機の機内で使うのがメインなのであまり必要ないかと思いましたが、アテンダントとお話をするときに便利でした。また、飛行機の機内でも使える有線対応なのはありがたいです。せっかくなので、家でipad pro … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ラックスシルバー – QC35からの確実な進化

BOSE(ボーズ) Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン アクア – 途中で改良が加えられているのでレビューの購入時期に注意

音の感想。ボーカルはっきり!というか楽器ひとつひとつが鮮明に聞こえる。めちゃくちゃ好みの音。ノイズ、遅延、気になったことありません。耐久性、ここが問題。バックの中に適当に入れていた自分も悪いですが首元で止めるクリップがいつのまにか壊れてた。あとみなさんのレビュー写真に上がってた電源ボタン近くのカバーがめくれる。かなり気に入ってたからまだ使いたいと思いbose公式にメールを送り修理手続きをしてもらいました。本体のみ送ってくれと言われたので本体だけ送りました。てっきり劣化部分だけ修理して本体のみ送り返されると思ってたら、1週間ぐらいして付属品一式揃っている新品が送られてきて驚きました。交換にかかった料金は送るときの送料分のみです。この保証なら今後も安心してbose製品を使っていきたいと思いました。劣化が気になる方は一度bose公式に相談してみてはどうでしょうか. とても素晴らしく3回も買いました。なぜなら、私は2回失くしたから。皆さんは失くさないように気をつけてください。本当にいい商品なのですが、僕みたいな馬鹿は失くしてしまいます。. ランニング用に購入しました。1度電車内で使おうと持ち出しましたが車内の音で全く曲が聞こえず使用を断念、別の有線に切り替えました。しかし装着感はとてもいいのでランニングのために買いたいのならおすすめです。音質の方はさすがのboseクオリティ、聞き心地のいい低音です。boseファンなら買っていいと思います。. 音質は好みが分かれると思いますが自分はもう少しboseらしい綺麗な低音が欲しかったです。また、耐久性が低い!これが、低評価の理由です。買って二年ですが、airpodsを使ったりしてたので使用頻度はそんなに高く無かったです。ですが、二年で画像のような状態に。安い買いものでは無かったのでショックでした。電源ボタン不良は改善された後に購入したつもりだったのですが、やはりだめでした。boseブランドは大好きなので次も検討中ですがひとまず様子をみます。. 個人の観点から言いますと、bluetoothの接続素早く速い。音質は文句ないが、気になるところはより良い音質に聴くにはボリュームをかなり上げないとね。maxに近い…唯一ダメダメなところはボタンの操作しづらく、イマイチですね。値段相応…✖︎✖︎✖︎. 低音がしっかり聞こえるワイヤレスイヤホンを探して、レビューやブログを読み漁り…まあこれでいいかな!と軽い気持ちで購入。前任イヤホン→オーディオテクニカの7000円くらいの低音重視イヤホン。【装着感】前任のほうが耳栓感覚でしたので、boseさんのは耳にしっかり入っているか不安になりました。ぴょこんと出た謎のシリコン部分は耳の窪みに引っ掛ける部分だったんですね。それと合わせれば非常にナチュラルに馴染んでくれます。耳も今のところ痛くなっていません。【音質】前任イヤホンくんと同等レベルの音質でした!感動。全ての音がしっかり聞こえますし、低音も申し分ないです。むしろ前任より全体にバランスが出ました。よりクリアに、しっかり心地よく聞こえます。【密閉性】オーディオテクニカのカナル式イヤホンのほうが密閉性が高かったため周りの音がほぼ聞こえず音楽に集中出来ました。それに比べるとboseのワイヤレスイヤホンは密閉性に欠け、音量を少し上げないといけません。…周りの音が聞こえた方が安全なんですけどね。でも、密閉性が低かろうと音質がクリアなおかげで籠らず耳に届きます。【遅延】全くないように感じます。deemoという音楽リズムゲームで遊んで遅延を確認してみましたが、流石に音ゲーとなると0. 1秒くらいの音のズレは感じます。ですが、映画を見る、音楽を聴く、などには支障がでません。素晴らしい。電車内で混線する、という話を聞いたことがありましたが今のところありません。満員電車で全員bluetooth使用、とかならまあ干渉はするでしょうが…周りでワイヤレスイヤホンを使っている人がそもそも少ないからなんでしょうね。パソコンに繋げて使用するとひたすらにプツプツ音が途切れる。調べてみるとどうやらbluetoothのマウスと干渉している様子。コード式のマウスに変えると音は途切れず聞こえました。【操作性】入っていた紙の説明書はめちゃくちゃ簡易的+ほぼ英語でめちゃくちゃ焦りましたが、iphoneととりあえず繋げてみると専用アプリをインストールしますか?との表示が。そのアプリ内で設定やらいろいろ案内してくれますし、分からないことはアプリ内の取説で確認できます。検索もできます。音量調整ボタンも正常に作動しますし、真ん中の通話ボタン?で曲送り(2回押し)曲戻し(3回押し)も正常に作動します。便利。【総評】2万かけて買ってよかった…あとは、どれくらい長く使えるか、ですね。また追ってレビューできたらします。. 音質◎装着感○耐久性×他の方もレビューで書かれている通り、使ってるうちに、本体のゴムとプラスチックの継ぎ目の部分がみるみる剥がれてきて、確実に故障の原因になります。ちなみに、メーカーに修理の問い合わせをしたところ、保証期間が過ぎていた場合、定価の半額で新品に交換だそうです。. 音はbose。文句はない。ラバーがひどい。すぐへたる。. 利点と欠点 メリット 使用期間11ヶ月 Bluetoothってまだここまでなのか…。 耐久性はこれから デメリット 2ヶ月ほど使用したので感想を。使用用途はオフィスまでの通勤、仕事の昼休みくらいです。1日概ね3時間から4時間ほど使用。音質→悪くはないけど、有線のboseイヤホンのほうが上です。特別よくはない。かと言って酷評するほどではない。悪くないってのが私の中でしっくりくる表現。ここでマイナス1つけてます。完全ワイヤレスboseも使用していた時期がありましたが、そちらの方が遮音性もあり音はよかった。遮音性→無い。私は音に没頭したいので回りの音を遮りたいのですが、そのようなシステムはないようです。周りの音がバンバン入ってきます。操作性→他のレビューでもありますが、ボタンちょっと固いですね。ちょっとなんですが、防水性なんていらないからもっと操作しやすければよかったなと。使用用途は通勤以外に、昼休みやトイレ中にも使用しています。完全ワイヤレスだと装着して音を聞くまでちょっと手間ですし、充電器がでかくてスーツのポケットに忍ばせるのは出来ません。その点こいつは、1つのボタン押すと即ペアリング完了なのですぐ聞けます。また、かさばらないのでスーツのポケットにも収納出来ます。充電は3日間は持たないので2日使用で充電しますが、ipodnanoも2日しか持たないので不都合はないです。耐久性は不明ですが、他の低レビューをつけている人が、「毎日使用してて、1年半使用しててそれ以降が本当の勝負」みたいに書いてる人いましたが、2万円弱の代物でそんだけ持てば十分だろwって私は思います。価値観の違いですね。私ならそれだけ使ってられれば文句もなく素直に買い替えます。以上のことから、音質については(boseにしては)ちょっと残念なのと、遮音性がない事が気になりますが、総合的には満足しています。なお、完全ワイヤレスのBOSEは使用してましたが左耳のペアリングがすごくしにくく使い物にならなかったので返品してます。完全ワイヤレスの新作が出たら買い替えてみようかなと思っていますが、そういうのが無ければ買い替えも含め長年使っていきたい代物です。. 私は電話メインで使っているので音の良し悪しよりもバッテリーの長持ち・防水・着信や通話の確実さが大切です。今まではコードレスブルートゥースイヤホン(両耳)でしたがこのbose soundsport左右のイヤホンはコード付きですが落とす心配はなくコードに付いているマイクがある為 相手も聞き取りやすいといいます。とても気に入っています。. あまり期待はしてませんでしてたが、使い勝手はよかっです。. ノイズも全く入んないですし、音もまあまあ良いと思います。. 音質等ヘッドホンの性質としては文句ありません。とても音質が良いので、時々付けていることを忘れて、どこから音楽が聞こえてくるのだろうと辺りを見渡したことがあります。それほど良い音質と違和感の無さです。バッテリーの持ちがあまり良いものではないので、使いたい時にローバッテリーだったことが度々あります。2018年4月14日に購入し、問題なく日々使っていましたが、2019年8月29日充電しようと充電カバーを通常の開け方で開けたところ、そのカバーの根元がちぎれました。経年劣化だとしても早すぎます。毎日開け閉めする部分なので、ちぎれないような強度が欲しかったです。. 注文して一つ目は電源がつかず交換。そのあと使った二つ目は7か月で壊れた。音もいいし、無線の手軽さで重宝していたのだが、一年に一回買い替えるものとして安いのでもいいかもしれない。. 昔から低音がいいboseのファンで購入。2017/11購入から2019初めまで安定した状態で来たが、充電が100%されていない状態になって来て四苦八苦。そして今日、ペアリング出来なくなってしまった。色々試したが復旧できず。また新しいboseを購入することにしましたが、1年で壊れるのはちょっと残念でした。. 今回が初のboseデビューで良い評判しか聞いた事がないし、それを裏付けるような商品の価格設定ってイメージでかなり期待をしていた商品でしたが、正直、いまいちって感じでした。主にランニングをする時に使いたくて買ったのですが、実際に使ってみると音量はあまり大きくならないし、外からの雑音も普通に聴こえてきちゃうしで良さがあまり判りませんでした。. 2019年11月17日amazonで購入。最初に説明書を読み。フル充して電源を入れようとしたが、電源スイッチが反応しない。何回か繰返し電源ボタンを押してonとなり初期の日本語設定とバージョンアップ設定をした。2時間音楽を聴いて電源を切ろうとしたがOFFにならない。再三、試して説明書のトラブルシューティングを見てようやく電源を切る事ができた。この操作を毎日するのかと思うと苦痛です。返品、クレーム等を思案中。他にも幾つかのボーズ製品を所持していますが、このヘッドホンの故障はひどい。. 特徴 Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン アクア モデル番号を入力してください これが適合するか確認: StayHear+ Sportチップは、快適さと安定性を最大限に高めた設計で、柔らかいシリコン素材と独特な形状で耳に優しくフィット。 BluetoothおよびNFCによりお手持ちのデバイスにワイヤレス接続が可能。 最適化されたEQが音量レベルに関係なくバランスの取れた音響性能を発揮。 汗や水分に強い防滴仕様で、激しいエクササイズにも対応。 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン アクア – 途中で改良が加えられているのでレビューの購入時期に注意

BOSE(ボーズ) Bose Frames Alto ワイヤレスオーディオサングラス – サングラスとのマッチ度が少し疑問。

It was ok but cannot replace headphones. サングラスの絵の部分に内蔵されたスピーカーから音がなる仕組みで、最初つけたときは驚いた。実際のサウンドはboseとはいえさほど良くもなく、耳を塞いでいるわけではないので当然音は漏れる。電車や、静かな場所では使えない。(電車の中でサングラスをかけるのも変だが)ランニングにつけるには形状が普通すぎるので、アウトドアを楽しんむときには使えるかもしれません。ユニークな商品ですが、使い所が難しいですね。. この商品の利点はあえてオープンイヤーでサングラスとコネクトしたところ。当然音漏れもありますし、フルボリュームでのリスニングは困難でしょう。ただし、オープンイヤーならではの利点もたくさんあります。個人的にはカナル型(埋込式)のイヤホンが嫌いです。耳孔への圧迫感、音を詰め込まれる感覚、周りの音が聞こえないetc. がその理由です。おそらくオープンイヤーのイヤホンを体験していない方はたくさんみえると思いますが、騙されたと思って是非一度体験してほしいと思います。オープンイヤーの爽快感たらクローズドイヤホンでは絶対に味わえません。心配な音漏れですが、思っているほど外には聞こえていないようです。あくまでボリューム次第ですが、周りの環境次第だと思います。肝心の音質はけして悪くありません。中高音はクリアですし、良い意味で低音はboseの耳障りな低音ではありません(笑)サングラスも思いのほかよくできていますので安っぽさも感じません。まさかサングラスにスピーカーが埋め込まれているとは誰も思わないクオリティに仕上がっています。おそらく今後はこういったモデルがたくさん出てくるのでしょうが、時代の先取り感のある今でこそ使いたい商品かもしれません。. オーソドックスなスクエア型のサングラスをベースにしたbluetooth接続のウェアラブル端末です。boseから発売された本製品は現在のところオーディオリスニングが主な機能です。サングラスのツルの部分に超小型のスピーカーを装備したオーディオサングラスとしてスマホやタブレットと接続して楽しめます。arオーディオや音声アシスタンスなどの先進機能は今後実装される計画ということです。サングラスのツルの部分のサウンドポートから耳孔に向けて直接音の出る非接触型のイヤーモニターなので耳孔を塞ぐストレスから解放された快適なリスニング環境を提供してくれます。散歩や買い物などの日常生活に音楽などのリスニングを持ち込むのには最適なウェアラブル端末です。このオーディオサングラスをかけて音楽を楽しみながら散歩がてらに近所のコンビニに買い物に行ってきましたが非常に快適でした。耳にストレスがないことに加えて外部の音も自然に拾えるので非常に安心感があります。レジでのやり取りも音楽を止めるまでもなくスムーズに完了できました。レジの店員の方もサングラスから音が出ていることには気付かなかったようです。周囲への音漏れという課題解決は開発設計段階で相当に練り込まれたのだと思います。電話の応答もボタンにワンタッチするだけなので非常にスムーズです。マイクの感度を含めて音声通話の品質はアウトドアでも十分なクオリティです。雑踏になると流石に騒音に音楽が負けてしまう傾向があります。混雑した街中や電車の中などはやはり制約を受けてしまいます。街の雑踏は一般のヘッドホンでもノイズキャンセリングという技術が必要になるので致し方ないところです。肝心の音質ですが重低音を除けばクリアでパンチのあるサウンドです。特に中音域の明瞭さは素晴らしくボーカルが前に出てきて定位するチューニングは見事です。生活の中で楽しむ音楽のあり方を追求した結果として高評価できるサウンドです。レンズは眩しさを抑えてクリアな視界を確保した目に優しい印象です。紫外線をカットして良好な視界が得られるのでアウトドアでの活動にうってつけです。純正レンズのカラーがオプションで変更できる仕様ですが、今後は眼鏡メーカーなどとタイアップして医療用の矯正レンズを装着できるようになると嬉しいです。また、スポーツ用のフレームなどのバリエーションが出てくるのにも期待したいと思います。実用的なアイウェアにデジタルテクノロジーを装備した魅力的なオーディオツールです。パーソナルリスニングに新たな選択をもたらすboseの提案に拍手です。. 両方が少し中途半端のように感じます。まずサングラスというより色付きメガネ?みたい・・サイズが合わない小顔の人だとおかしなくなるので日本人向きじゃないかもしれませんね。音響のほうですが、音はさすがBOSE。よいです。ちょっと不思議な感覚でした。操作性もとても高く、設定は楽々。機能的にいいのですが、サングラスとのコラボが少しだけずれている感じがしなくも、ない。音楽ってつねに補助的な感じで生活に付帯しているというか、全面に出てくることがないので、メガネというツールにのった時点で、時を選ぶ必要が出てくる点も若干使い勝手悪いかな。. スピーカーのメーカーと言えば天下に鳴り響くboseですが。残念ながら音質は良いとは言い難いです、しかし悪いわけでもなく、極普通な感じです。高音がシャカシャカするわけでなく、低音が割れるわけでもなく安定しているのは非常に良いのではないかと思います。音量がちょっと物足りないと感じますが、微妙に周囲に音が漏れるので、野外使用は問題ないですが、満員電車内など人との距離が詰まるような場所での使用は避けたほうがいいかもしれません。その点を考慮したうえでの音量なのかなとも思います、とは言えちょっと物足りないですね。ただ、アイテムとして非常に魅力的とは思います。サングラスの機能としては基本をクリアしており、デザインも悪目立ちしない落ち着いた雰囲気で、普通のサングラスに見えるますので、余計な注目を浴びることはありません。仕様に関して不都合を感じたことはなく、音質についても大きな不満はありません。arなど今後色々と可能性を含めた機器であることを考えると、非常に期待を持てるように思えます。音量が小さめのため音楽にはよいけど、語学など言葉をはっきりと聞き取るための使い方には不向きと思います。あとはもう少し価格を抑えてくれればよかったかな?. 音量控えめで低音もバランスよく感じられる。低音が物足りないと思って音量を上げても期待は外れる。つまり音量控えめで心地よいセッティングになっていると理解した。度付きレンズと組み替えて薄めのサングラスとして使っています。滑り止めのラバーを取り付けてズレを防ぐといい感じでフィットしています。スマホの待ち受けハンズフリーとして使っていきたいと思いますがバッテリー容量が不足しているのではないかとやや不安。軽量であることとの両立は難しい。. 外音取り込み機能のあるイヤホンを使ったことがあり、周りの状況を把握しつつ音楽を楽しむことができるので気に入っていました。これは更に進んだアイテムで、サングラスのつるの部分に超小型スピーカーと操作ボタンを仕込んであるというもの。周囲の音については特に取り込みの切り替えをするわけではなく、スピーカーから耳までの間に空間があるので、周囲の音や目の前の人との会話が自然に聞き取れるという感じです。イヤホンだとお店のレジでのやり取りで、会話が聞こえているからといってつけたままだと失礼よね…と結局はずしてしまうのですが、これならつけたまま、音楽流しっぱなしでも問題ないのがいいですね。ただ…この形と大きさが私には絶望的に似合わないんです。大きそうだなとは思いましたが、顔半分乗っ取られている感じで。元々サングラスを日常的にかけることがない気恥ずかしさも相まって、ちょっと近所では使えないかなと(笑)レンズはuvカット機能が備わっていますが、目の表情が伺い知れる程度には透けます。スピーカーが仕込まれている分つるが太く、この辺りも好みが分かれそうなので、試着・試聴をできるならしてから購入されたほうが良いかと思います。紙の取扱説明書はないですが、操作は難しくないので音声ガイドとアプリの説明で不自由しません。ただ、ワンボタンなので慣れるまでは違う操作をして「アレ?」ってなることは多いです。頻繁に触りますし汗をかいたりもするので、スイッチ周りが防水仕様ではないのがやや気になるところ。逆さにして置くと電源オフになるのはわかりやすくて良いですね。音質に関しては、boseというメーカーから過大に期待すると少しがっかりするかもしれません。でも、周囲の状況を把握しつつ音楽を楽しむならこんなものかなと私は割り切っています。イヤホンのようにポロッと外れることもないですし、軽いので装着感はいいです。今回は似合わなかったことが一番の残念ポイントだったので、交換用グラスだけじゃなくデザインのバリエーションが増えて欲しいことと、arアプリの日本語対応を望みます。スマホの画面って明るい場所だと反射してよく見えないので、ナビはある程度記憶して歩いてたのですが、たまーに曲がるところを間違えてやっぱスマホ取り出して確認…ということも。このサングラスでarを活用できれば、もっとスマートに楽しく街歩きできそうな気がします。. 利点と欠点 メリット 不思議⁉︎な体験ができるサングラス う~ん,評価が難しい パーソナルリスニングに新たな選択をもたらすBOSEの提案に拍手 デメリット 音質は予想より良いです。流石に低音は出ませんが、高中音はしっかりと出ています。多少音漏れ(?)もするようなので、電車の中での使用は控えた方が良さそうです。非常によくできた製品なのですが、「サングラス」と言うのが微妙に使い所に困ります。透明レンズの伊達めがね風なら、通常時において使っていてもなんら問題は無いのですが、流石に仕事中にサングラスをかけるわけにはいかず・・・透明レンズも是非出して欲しいです。. 全般的に安っぽい、おもちゃ感覚ならいいかも. サングラスにスピーカーが内蔵された今までにない製品です。本体は樹脂製で、塗装のないマット加工です。傷がつきやすいですが、鏡面仕上げなどと比べ傷ついてもそれほど気にならない素材です。フレームの樹脂部分はそれほど高級感を感じませんでしたが、ヒンジやスイッチにゴールドの素材が使われており、主張しすぎない高級感があります。耳元のところにはboseのロゴが入ったチップがついています。つるの部分が膨らんでおり、そこがスピーカーになっています。音質はboseならではの豊かなサウンドで、超小型なスピーカーとは思えない美しくクリアなサウンドです。耳になにもつけずにここまでの音が楽しめるのは驚きました。ヘッドホン、イヤホンと比べ、サングラスをかけているだけなので、長時間かけていてもまったく疲れることがありません。これは大きなポイントだと思いました。残念なポイントも2つありました。1つめは、形状から仕方ないと思いますが、音漏れはかなり気になります。電車の中では使えないと思います。比較的小さな音で聴いていてもシャカシャカ音が周りに聞こえてしまいます。ガヤガヤした街中などでは気にならずに使えると思います。なお、かなり小さな音で聴くのであれば、(androidスマホであれば、下から2番目の音量まで)自分にしか聞こえないので、周りを気にせずに音楽を楽しめます。2つ目は、防水に関する点です。この商品は、防水ではなく防滴仕様になっています。サングラスは汗などが付着したり、雨が当たることから、防滴では不足だと思います。特に、スポーツやランニング中の使用も難しそうです。サングラスには防水仕様は必須だと思いました。また、超音波洗浄はできません。これらの点が、今後改善されればより素晴らしい製品になると思いました。マイク搭載のため、音声アシスタントや通話も可能です。サングラスのレンズは、標準のものに加え、オプションで他のカラーも選択できます。自分で簡単に取り外せるようになっているため、気分に合わせて変えることも可能です。メガネ屋によってはレンズだけの注文もできるようなので、自分の好きなレンズや度つきサングラス、メガネにすることもできるようです。いままでにない新しい形でboseのサウンドを味わえるサングラスで、散歩などに使うのもおすすめです。. 自転車に乗りながら、またウォーキングしながら使用するには、とても良いです。音質は、別に持っている普通のboseのイヤホンには、流石に敵いませんが、そういった使い方であれば、全く問題ありません。発売されたのが秋口ということもあり、サングラスの季節ではなくなっていますが、私はこれを眼鏡屋さんに持ち込んで、レンズを作ってもらい、メガネとして使っています。サングラスを日常的に使う人も少ないでしょうから、こういった使い方を好む方も多いはず。ただし、メガネ屋さんによっては、精密機械だということで預かりの上レンズの作成ができないところもあるので、できれば事前にレンズを作ろうとしているメガネやさんに問合せておくのが良いと思います。(私が持ち込んだ新宿の眼鏡市場は、店員の方がノリノリで作ってくれました。眼鏡が好きなんでしょうね。)概ね、音質や使い方など、満足していますが、他の方のレビューにもあるように、材質、質感は、正直安っぽいです。重量もそこそこあるので、眼鏡として使うとしても日常的な用途には向かず、あくまでも、サイクリング等の最中のみに利用するように割り切った使い方が良いと思います。次世代機が出て、質感、重量が改善され、無接点充電に対応していたら、また買い換えるつもりです。最初に出した、変な眼鏡、としては上出来です。(追記)充電ケーブルについて。端子が独自です。会社用にケーブルだけもう一本購入しようと、boseのショップに行ったのですが、2019年11月現在、単品購入できないそうです。というわけで、ケーブルをなくしたり、壊したりすると、使えなくなりますので、ご注意ください。無接点充電ができるとかなら許されると思いますが、単品販売しないboseの姿勢がどうかと思うので、☆ひとつ減点。(追記)2019年12月に別売でケーブルが発売されました。→★ひとつ加点。. ヘッドフォンとも違う、感動すら覚える一品ですよ。. 事前にレビューを読み低音が物足りないという情報を知った状態で買いました。やはり低音は物足りません。音量も最大にしても普通程度です。良いポイントは音の定位が自然で今までのヘッドフォンでは体験したことのない良さです。耳が全く塞がれてない状態だからでしょうか。これで低音がboseらしく出れば完璧なのに惜しい!音漏れは盛大にしますので電車の中では使えませんね。. スタイルが良かった。. 気に入らなければ1か月以内返品できるとの事で試しに購入しました。以後毎日欠かせないアイテムとなっております。[良かった点]・イヤホンにもヘッドホンにもない音の開放感!・耳をふさがず耳の周りで音のなっている感覚。家電量販店でご確認ください。左右前後の音の定位の設定が素晴らしい。・音の輪郭がハッキリしています。・jinsで度入りの透明レンズに変更して日常生活で使ってます。・音漏れ状況は音量と環境によりけりですが、そもそもそれはどんなイヤホン、ヘッドホンでも同じかと思います。私はバス、電車、町歩き全てで、その時々で音量を調整しながら使用しています。・普通のデザインなので会社でも使ってます。・ボタンひとつでスマホにすぐ接続出来るし、外して机に置くだけで電源オフになるので取扱が楽です。・電源を入れるたびに何%電源が残っているか音声で教えてくれる。・ガジェットなのに軽い。[良くない点]・製品が良いのは認めますが27500円は簡単に買える値段ではないのでもう少し安くして欲しい。・2時間充電で、3. 5時間しか持たない。しかも充電中は使えない。・boseアプリで再生すると明らかに音が劣化する。当方iphoneですがiphone純正アプリ推奨です。・メガネに音量調整機能がない。・私は顔の大きさは普通(のつもり)ですが、それでもツルの部分が少し痛くなってくるので、サイズ調整できるようにして欲しい。・充電ケーブルが本メガネ特有の仕様なので破損時、紛失時に一体どうしたら良いのか!?別売して欲しい。ケーブルの予備が手に入らないので非常に不便。[総評]上記のように改善して欲しい点は多々ありますが、今のところこれに代わりうる製品はなく、アイデアも秀逸で星5ですね。次期モデルが楽しみです。. 音質には満足してます。ですがbose好きとしては低音が全然出ないですね。次のモデルを期待したいです。. 特徴 Bose Frames Alto ワイヤレスオーディオサングラス モデル番号を入力してください これが適合するか確認: サングラスで楽しむボーズサウンド。 ボーズの技術により超小型化されたスピーカーで、周囲を気にすることなく、臨場感あふれる豊かなサウンドに没頭できます。 … Continue reading

Posted in サングラス | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose Frames Alto ワイヤレスオーディオサングラス – サングラスとのマッチ度が少し疑問。

BOSE(ボーズ) Bose オンイヤーヘッドホン TRIPORT OEon-ear headphones OE-S – 期待はずれ

Bose特有の低音領域の迫力と立体的な音の広がりは驚嘆に値する。高音域も悪くはない。致命的なのはボリュームを上げると音が割れ、ノイズが入ってしまう。これは我慢ならない。音割れさえなければ、最高のヘッドフォンと言えるけれど、残念ながら、音が割れるヘッドフォンはお蔵入りとなりました。高い買い物だった。. 今までこのタイプのヘッドホンが好きで使用していましたが、最近パット部分が破けてしまい、少々値段が高かったのですが、思いきって購入しました。流石boseともゆうべき音質で装着感も良く、大変満足しています。ただ難点を挙げるとすれば、ホームオーディオで使用する事がほとんどの為、ケーブルが短い事と、ステレオ標準プラグが付いて無い事です。. 低音がよく聞こえるヘッドホンが好みです。それでこのヘッドホンを買ったのですが、低音が強調されているのは確かですが、解像度が悪くベースの音色の違いなどちゃんと表現されません。おまけに中音が後ろへひっこみすぎです。このヘッドホンを購入したあと、低音の良く聞こえるkoss sportaproを買いました。値段はずっと安いのに解像度は明らかにこちらの方が良く、低音の音色の違いもよく分かります。boaeのこのヘッドホンを一生懸命エイジングしてみましたが、音は改善しませんでした。値段の割に音が悪すぎます。. 「ipodと使う携帯ヘッドフォン」としては、そこそこ完成度が高い。その反面、自宅用ならもっと安くて良いモノがいくらでもある。購入を考える際には、ここが大きなポイントだと思う。音質は、「低音よりの丸みがあるドンシャリ」。低音は量が多く、質は少しぼやけている。周りがうるさくてもベースが聞こえるのは良いと思う。中高音の鳴りは標準的で、低音に埋もれることはない。ロックギターは野太く、ジャズの管楽器・ピアノは豊かに響く。ヴォーカルはなぜか引っこんで聞こえるが、酷くはない。全体的に音に幅があって聞き疲れしないが、切れ味は控え目。最初は籠もっているように感じるが、エージングで大分印象が良くなる。音場はコンパクトだが、立体感はある。定位感は優秀で、楽器の位置はしっかり把握できる。解像度とレンジは、通常の環境で聞くには問題がないレベル。モニター目的や楽器演奏者でなければ、気にならないだろう。装着感は文句なし。長時間の使用でもどこも痛くならない。非常に軽量で、イヤーパッドのフィット感は秀逸。小さく折りたためて、ケースのサイスや収まりも良い感じ。遮音性・音漏れはそこそこで、電車での使用も可能なレベル。bose製品は、「ファン」と「アンチ」の両極端な評価が多く、判断が難しい。どちらでもない自分にとっては、意外にもバランスの取れた良い製品だと感じた。但し、音質は好みやジャンルの適性があるので、店頭で自分の携帯音楽プレーヤーに接続し、普段良く聞く曲で確認することをお奨めする。(追記)夏になると多少蒸れるが、密閉型ではないので許せる範囲だと思う。むしろ汗を吸わない素材で、臭くなったり劣化したりすることがないのは好感が持てる。ご参考まで。. テレビがアクオス+bose5. 1chサラウンド。車はムラーノ純正のbose車載システム。そのくらいにぼくはboseが気に入っているのだが、ヘッドホンについては、ノイズ・キャンセリング技術を使ったcomfortシリーズを今まで随分『試着』はしてみたのだが、どうも好きになれなかった。その理由を上手く説明できないのだが・・・、どうもぼくは唸りながらピアノを弾く人とか、鼻歌が混じっているピアニストとかを数多く愛好し、レビューも敢行している人間なのできっと『素』の状態でない『音空間』が本能的に嫌いなのかもしれない。そして基本、音は大きく出力し、空間に拡散させる状態が好きな人間で、ヘットホンは移動用のパーツという認識なので、それに適合したヘッドホンでないとダメなのだろう。その中、いつものようにこの『triport oeon-ear headphones bose oe-s』を試着してみたのだが、これは気に入った。アクオス+bose5. 1chサラウンドやムラーノ純正のbose車載システムとほぼ近い音を耳が初めて認識したような気がした。それは『感覚』の世界なので上手く言い表せないのだが、ぼくの中ではこれが一番boseに求めている音に近い。性能以外になってしまうが、電車などでこのヘッドホンを専用ケースから出してiphoneと繋ぎ、音楽をする女性は非常に魅力的だと思う。ヘッドホンやイヤホンなどなんでもいい、と使っている人より、大人のこだわりを感じてしまうからだと思う。男性は女性の腕時計とヘッドホンをさりげなくチェックするものなのだ。お忘れなく。. ◎普通のプレイヤーにつなぐだけで、定位のはっきりした高域、独特の響き方のする低域、メリハリや広がりなどboseらしい音が楽しめます。◎二つ見えている穴を指でふさぐと、低音の量や響き方が変化し、それぞれに意味があることがわかります。ただ穴が開いているわけではなく、意図した音を出そうと工夫されているのがわかります。◎頭の中心部で鳴っているような不快感(頭内定位)が起こりにくいように感じます。◎ヘッドバンドは、安物にありがちな樹脂の弾力まかせではなく、おそらく弾力を熟慮したであろう柔らかな締め付け圧となっています。耳乗せ型としてはかなり快適なほうですが、圧迫感を感じるのは事実です。私の場合は2時間程度で苦痛を感じます。◎立派なセミハードケースが付属しています。ヘッドバンドを短くしないと収まらないのがやや不便。コードの収納はあまり考えられていないようで、スキマに無理やり押し込んでフタを閉じるような感じです。◎bose製のプレイヤー(wms)に接続すると、低音が過剰に多くなります。◎見た目は決して安物っぽくはなのですが、高級感もなく、ごく普通です。音は一定以上のクオリティはありますが、この価格なら他に選択肢はいくらでもあります。boseらしい良品ではあるものの、価格を考えると安易に「おすすめ」とは言えないでしょう。boseの音に価値を感じるかどうか、サポートの質、製品寿命などをよく考慮したうえで購入を判断するべきでしょう。. 音質などの機能面は受け取り方に個人差もありますし、他の方々が書いてくださっていますので、自分が気に入っている事以外に特別述べる事はありません。発売からすぐに購入してから3年程度使用していますが、過去2回左側から音が出なくなる症状を経験しており、1度目の修理は保証期間も過ぎていましたが無償で修理(実質、良品への交換対応)をして頂きました。その後、1年程度使用したところで再び左側から音が出ない症状になり、再度修理を依頼して今に至りますが、2度目の修理に関しても良品交換で、その際の修理代が4,500円だった様に記憶しています。2度目の交換時には仕様変更が行われていた様で、左側のケーブル接続部が太くなり、無塗装の黒い樹脂パーツが黒く塗装されたパーツへ変更になっています。付属の収納ケースも初期型より厚みが薄くなったものへ変更になっています。amazonのイメージは全て初期型ですので、今購入すると本体とケースが改良型になっているのではないかと思います。. 当初ちょっといいイヤホンを買おうかなと思い、boseのイヤホンでもと思って店頭で見て聴いてこちらにしました。まず頭が痛くなりにくい。コンパクトになるコードが片方からのみ。というのもありますが、とにかく音が気に入りました。まずこのヘッドホンを使うのであれば、まずcdで聴いてみてください。そしてitune等で取り込む際には音質をあげて取り込みましょう。結構差が解ります。付属のコードは貧弱気味ではありますが、本体にダメージがかからないようになってます。. 利点と欠点 メリット 良品だが購入はよく考えて。 iPod 用途と音質の好み次第でしょう。 デメリット まぁ、今日買って来たわけだけど普通にいい感じだったと思う若干音質にはうるさいけど低音もboseらしさのいい音で高い音もそれなりにでてるし俺的には何時間付けてても疲れないからいい買い物だったと思う前使ってたやつはなんか2時間程度で耳とかいたくなって来たからね. Bose triport oeをしばらく使ってみての感想です。軽いけど、ダメです、僕には。押し付けられる感じが。耳痛いです。音以前の問題です、僕の場合。bose around-ear headphonesにすればよかったかも。bose around-ear headphonesは、視聴したんですけど・・・。皆さん、お店で試聴して考えましょう。. ドーンと響く低音が特徴です.決して締まらない低音ではありません.気持良く出ます.また、大入力を入れても歪みません.bose製品が歪んだりするワケがありません.中高音域も「こもらずに」伸び伸びと出ます.これと正反対の特徴を述べているコメントが多数ありますが,それらのコメントをした人達は,本物を使用されているのでしょうか.この製品は,中国製のニセモノが多数出回っていますので注意が必要です.外観は一緒ですが,中身は別物です.ニセモノの音はヒドイそうです.本物を使用した上でコメントして欲しいものです.ホンモノとニセモノの外観的な違いをユーザー写真としてアップしておきました.まず,ニセモノはイヤーカップのサランの溶着部においてパッド表面にまで圧痕が付いています.サランの模様が違います.中味が低反発ウレタンではありません.正規品は,左のイヤーカップを外すとユニットがあり,その横にシリアルnoがあります.ケーブルにも違いがあります.最近のニセモノはここも模倣しているかもしれませんが,出回り始めたころは,ケーブルまでフォローできていませんでした.本物は,第1世代のケーブルは布被覆です.第2世代のケーブルはプラグの引き出し線の角度が45°になっています.第2世代は本体からの引き出し部は細い線にがむき出しにならず,太いままプラグに至っています.長さも微妙に違うようです.ご自分の使用しているケーブルが上記に該当していなければ,ニセモノの疑い濃厚です.オークションなどで,「並行輸入品??」とかを安く買って得をしたと思っている方は,一度確認してみて下さい.今は、高級ヘッドホンの偽物が横行しています.マーケットプレイスも危ないと思います.amazonなどで国内正規品を購入することが肝要です.保証書とシリアルnoがあることを,しっかり確認しましょう.. 音は、高音よりも低音が強い感じです。自分はboseの音が好きなのでいくつかヘッドホンは持っていますが、これが一番気に入ってます☆DAPのイコライザをいじっても、このヘッドホンは対応してしまうのでとても気に入っています。でも、普段はイコライザは使用しないで聞いています。普段は、ipodとしか使っていません。IPOD自体の音はよくもなく悪くもないので、このヘッドホンはIPODを最高の物へと変えてくれました☆使用は通勤時間のみですので、約1時間くらいの使用ですが、着けごこちは最高です。ずっと着けていても、イヤーパッドが柔らかいので耳は全然痛くなりません。音漏れも友達にテストして、貰いましたが、電車のアナウンスが聞こえる程度であれば、まったく問題はありません。ただ、一年くらいの使用で、断線する危険があったために今は付属のコードは使用していません。断線を除けば、まさに言うことなしです。. オーディオ製品のレビューでいつもぶつかるのが「音質」という感覚を文章で伝えるという困難さです。良く言われることですが「良い音」というのは個々人によって大きく違うからです。ですのでここでは出力される「音の傾向」に限って書きたいと思います。bose社製品の例に漏れず、本商品も所謂「bose音」の製品です(笑)即ちパワフルで重厚な低音の層、やや引っ込み気味のvoと立体感・臨場感を感じさせる音作りです。私はieやaeについてもレビューをさせて頂きましたが、若干の差異は有れど、3つの製品とも音の味付けは同じ傾向に有る様です(サポートに聴いたことがあります)上記の音の傾向を踏まえて、敢えて同シリーズから一つを選ぶとなると決め手は装着感になると思います。aeは耳ごと覆ってしまいますので物理的に遮音性が最も高く、状況に依らず一番音楽に集中出来る作りです。ただ冬は問題無いですが、夏場はどうしても汗で蒸れてしまうという欠点が有ります。ieは携帯性抜群で、装着感もieタイプとしては他社製品を遥かに凌ぐフィット感を有します。しかし耳に触れる別体のシリコンパーツの劣化が早く、毎日使う方は交換の頻度が高いという欠点があります。そして本商品は上記2製品の後に出た製品ということで、聴こえてくる音のバランスが最も良く、製品自体の強度やソフトパッドの耐久性も一番高いと思います。ただこの製品にも難点があり、装着の際のスイートスポットとでも申しましょうか、装着して「しっくりくる」点がなかなか見つけ辛いということが挙げられます(試着・試聴した方は直ぐに感じると思います)また自転車に乗っている時や風の強い日等風切り音が結構入ってきます。これもマイナス点ですね。何れにせよ、この製品はhr/hmを好む方には強くオススメ出来る製品です( ‘∀` )対してクラシック・j-popを聴かれる方には積極的にオススメは出来ません。オーディオにうるさい方はbose製品を評価しない方が多いですが、私自身は同社製品を高く評価しております(勿論他のユーザー様も)購入を検討されている方には「オーディオマニアの評価を100%鵜呑みにしない」「必ず自分の耳で試聴してから購入を決める」「他社製品と比較して自分が好きな音をハッキリさせる」という3点をもって決めて頂く様オススメします!( ‘∀` )∩. アメリカ出張中に購入しました。高い買い物ですが、愛用のK26Pと比較して、音のバランスのよさとアコースティック感、装着感は良いと感じました。耳に吸いつく感じで遮音性も優れています。K26Pの凄さを改めて感じ、劣化していたパッドを交換してあげました。両方愛用していこうと思います。. このヘッドホンは説明にもあったように「よい音をいつでもどこでも気軽に楽しみたい。」そんな要求を高次元で満たしたヘッドホンだと思います。折り畳みができるため携帯にも便利だし、装着感も恐らく最高であるのでdapで使うのには最高だと思います。密着するため遮音性もある程度あります。音は低音の量は多いですが、それを抜かせば素直な音を出していると思います。逆にボーズの音のほうが自然であるような気さえします。やっぱり低音がしっかりしているため、音が生きてくると思います。立体的な音で分離はしっかりしていると思います。付属イヤホンであるかのようにipodなどに最適で、気軽に音楽を楽しむのには最高なヘッドホンだと思います。. これはipod用に作られてるんじゃないかなipodとの相性は素晴らしいしかし他ので聴くと最悪なヘッドホンになる低音が少ないipodには一番合うと思うhd650とかいろいろ試してきたけどこれが一番好きでした. 特徴 … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose オンイヤーヘッドホン TRIPORT OEon-ear headphones OE-S – 期待はずれ

BOSE(ボーズ) Bose AE2i audio headphones – 気に入ってます!

並行輸入品ということで少々不安でしたが、まったく問題ありません。正規品としての保証等を気にする方にはお勧めできませんが、不具合等もなく、自分は日常的に愛用しています。. 平行輸入品と言うと,少し心配な気がしますが,全く問題有りませんでした.以前からボーズのヘッドホンが欲しかったのですが,たのメーカーより割高感が有り,躊躇していました.耳に圧迫感が無く使い午後値も良いです.. 利点と欠点 メリット 気に入ってます! 特に問題ありません. デメリット 特徴 Bose AE2i audio headphones (Apple製品専用マイク/リモコン付きアラウンドイヤーヘッドホン) [並行輸入品] モデル番号を入力してください これが適合するか確認: カラー:Black ベスト Bose AE2i audio headphones (Apple製品専用マイク/リモコン付きアラウンドイヤーヘッドホン) [並行輸入品] レビュー

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on BOSE(ボーズ) Bose AE2i audio headphones – 気に入ってます!