Tag Archives: Blue Ever Blue

Blue Ever Blue model 868BM the silver – 臨場感

ネットでいろいろと情報収集していたとき、この商品の評価が高かったので、おもわずポチってしまいました。直接音の聞こえ方の確認をしないで購入したので若干心配でしたが、到着後i-phoneのmusicを聞くのに使用しておりますが、非常にイイ音ですね。お勧めします。. 音場が広いくせしてなぜか臨場感が無い。コスパも高いし、コードも絡まりにくいし、結構気に入ってるけどそこだけが気になります… 臨場感って結構必要だよなぁって考えさせられるイヤホンです。. メリハリのあるクリアな音と聞き疲れない重低音がとてもいいです。. 凄く、聞きやすく最高、あまりイヤホンの事はわからないが箱がダサかった. 1ヶ月前は音出てたのに左聞こえなくなった、買わない方がいいです. 1年半ほど前に購入しました。私はイヤホンは2000円前後の低価格のものしか使っていなかったのですが、値段の割に評判のいいこちらを購入してみました。低音が特によく出ているように思います。購入後置いておいたら夫が試聴していて、自分の分も即買いしていました。夫は日頃7000〜1万円前後のイヤホンを使っているのですが「低音の出方がすごくいい」と喜んでいました。使いやすいケースもついていて、とてもいいイヤホンです。…と、ここまではいいのですが、断線しやすいです…。夫のは1年ほどでほぼ使えないくらいになってしまい、私のものは接触が悪いのでジャック周りをねじって調節しながらだましだまし使っています(笑)多少高くなってもいいので、切れづらくなれば文句なしの☆5つです。. 音質は金額から言っても申し分ないです。ただ他のレビューにも有りましたが、コードが硬い&短い事が気になりますね。. 利点と欠点 メリット 音質は文句なし、耐久性に難あり 音がいい! 凄くいい デメリット 特徴 Blue Ever Blue model 868BM the silver モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ドライバー:10mm 周波数特性(Hz):25 ~ 20,000 感度(db)109 インピーダンス (Ω):16 コード長 (m):1.2 ベスト Blue Ever Blue model 868BM the … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Blue Ever Blue model 868BM the silver – 臨場感

Blue Ever Blue Model1001 BK – 前のとは聞こえ方がかわった

前のはコレの安いやつ、868をつかっていました。自分はedmやhardcore、ロック、メタルといろいろきくのですが、かなりかわったまず、edmではいままでまったくきこえなかった小さい音のシンセやシンセノイズなどの盛り上げが聞こえるようになり、そして鮮明さがアップしました。ボーカル入りのものは、声が前にきて聞きとりやすくバランスがとてもうまくとれており、それでいてバスドラムの分厚さをわすれさせない。868ではまったく感じられなかった感動です。次がハードコアやハピハコ、ガバなどですが、歪みのかかったトゲトゲしいガバキックは低音ブースト特有のマイルドさになりがちではありますが、868やその価格帯のもので、イコライザをいじって低音ブーストにするのとくらべてガバキックのギザギザ感というか歪みのとくちょうをかなり出せているのでとてもいいです。あとシンセもかなりききとれています。ハピハコは種類によってはキックがしっかりしているものが多いですからその点では問題ありません、キックと8分でひとつ遅れるタイプのよくあるハピハコベースですが、全体的に輪郭がはっきりしているので音が多くなってきても、存在感があります、hypersync系のシンセも分厚さがまして、臨場感があります。tekにいたっては、低音の聞こえがとてもいいので、脳汁ドバドバですね。そしてメタルですが、これが以外に微妙で、ギターは伴奏の低音が強くなっているので、ハイポジションの音や、メロディ、コード弾きじゃない弦一本でならしているようなものなどは伴奏にまみれてきこえにくくなりがちですね。メリットはやはり再現度があがったことで、ギターのミュート音や指が弦を擦る音、ピックのわずかなこすれるおとなど、とても良いです。じっさいにアンプから聞いてるような感じがするので、ミックスされて一つの楽曲化されていても楽器単体の音やスタジオが見えるような気もします。あとはリバーブなどの後味が良くなっており、これもまた厚くなっています。クリーンの音などは、ピックアップセレクターをどっちにしているかわかるくらい再現できています。いいですね。ロックなどはpanで左右にふっているバックギターがさらに立体感のあるものになる感じがする。hiatusのようなものはベースに少し負けがちになりますが、よく聞こえる印象があるのはドラムです。打ち方の聞こえがリアルです。ちょっとedm系にもどりますが、yojiやremo-conなどのtech dance系、これはかなり変わりました。panによるドラムの立体感とその再現度でかなりいいものになってる。シンセやサンプリングもそれに負けず、かなりバランスが良いです。結果的に言うと、edmにオススメですね。良いイヤホンはどれにつかっても良いですが、やはり相性がありますね。. インナー型にしては、高音や低音を持ち上げることのない、とてもフラットな音作りでした。お好みでイコライザー調整すれば、バツグンのイヤホンになります。. 聞き疲れがしにくいイヤホーンです。  情報量もそこそこにあり、何時間も聞くことが出来ます。   . 先日868に惚れて本機買いましたが、それと比べると本機は、全域の解像度が若干あがって、中高域のクセがなくなった代わりに、低域の量が若干減り遙か遠方から押し寄せる低域の波の迫力もダウン。あと全長が長くなって若干重量増し、耳へのおさまり感もややダウン。868はコスパ最強でしたが、それに比べると平凡寄りで割高と感じるかも。単体としてみると、超低域まで再生できる普通にコスパいいイヤホンと思います。. 利点と欠点 メリット 前のとは聞こえ方がかわった 最強のコスパとまではいかないか バランスの良さに感心 デメリット 特徴 Blue Ever Blue Model1001 BK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ 周波数帯域(L):16Hz, 周波数帯域(H):20000Hz ベスト Blue Ever Blue Model1001 BK レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Blue Ever Blue Model1001 BK – 前のとは聞こえ方がかわった

Blue Ever Blue Model 868 RB – これは本当に凄いイヤホン。

この価格でこの実力はとても素晴らしい。チップも付属のでも良し、好みに変えてもよし。低音域がやや強めですがその他もきれいに出ているのではないかと思います。. ネット上での口コミでは1万円台の音がするという意見が散見されましたが、そこまで持て囃すほど良いか?と言われると疑問を持たざるをえませんが確かに値段以上の音でした。また、構造上仕方ないのかもしれませんが、音漏れが気になりました。. 評判通りの良い商品でした。毎日重宝して使ってます。ただ接続プラグが変わっていて加重に弱そうな気がします。. 首かけに馴れていた分、ちょっと……と思うことがありましたが、3000ほどの働きはしていると思います. レビューを見ると結構皆さんいい事書いているのでmodel 868の音を聞きたく思い切って購入しました。5000円位する他のメーカーのインナーを使用していましたがハッキリ言ってこれに868は勝ってしまいました(私個人的な判断です)。女性のボーカリストのDVDライブを見る時に使用していますが音質クリアで臨場感たっぷりです。勿論低音もいい具合に出ています。聞いてて疲れないのもいいです。コードが硬いという意見もあり、私も付属のケースにしまう時は多少なりにコードを折りたたんでしまうので何時かは断線してしまうのかなと思う時がありますが私には気にならない硬さです。コードがゆるりと丸く巻ける物が付いてると最高かも。結局、今使っているのはこれです。. 低音重視のユーザーにはお勧めだと思います。メタル部分が冬にはちょっと冷たいかも。. 低音がかなり強調されるため、どの曲を聞いても重厚さを感じる。それまで聞こえることの無かった地鳴りの様な音まで聞こえる時があるくらいであった。使い始めは酷く違和感を感じたが、しばらく継続使用していると大して気にならなくなった為★4つ。あんまり低音を重視しないなら別のイヤホンを使ったほうが無難かと思う。. 編集済み状況が大幅に変わったので、レビューを全面書き換え致します。868bを2014年6月に購入したのですが、中音域の籠もりに違和感を感じました。パラメトリック・イコライザーで自分なりに調べてみると、3,000〜3,400hz付近の音が落ち込んだ感じで、男性ボーカルの倍音に影響が出ていました。声が遠く籠もり、低音がボワつき、商品説明の「原音に忠実でかつ自然な心地よさ」とはほど遠い音だったため、不良品の可能性も疑いました。私のレビューに対するコメントを頂き、輸入元のhakojiro sound boxのサイトを検索し見てみると、868bの不具合現象について紹介されていました。早速メールを送り、新しいロットの868bに交換して頂きました。結論として、「一部の製品で、製造行程の接着剤塗布に何らかの不備が生じ、エアリークが生じて音に悪影響が出ている可能性がある。2014年8月以降のロットより製造工程が改善された」との事でした。だとしたら、不良品の音の籠り具合も、周波数・量など、固体ごとに状況が違っているものと思います。新しく届いた868bは明らかに音が違っていました。特定の周波数帯だけが抜け落ちたような違和感は無くなっていました。届いた時点では中低域がすっきりし、若干高域が籠もっている感じもしましたが、3日ほどエージングをかけたら、とても聞きやすい音に変わりました。低音がやや強めの、フラットイヤホンといった感じです。ハイエンドがもう少し伸びて欲しい感じもしますが、比較的心地よいナチュラルサウンドで、これが本来の製品の音だったのでしょう。価格対音質では星4〜5といった所ですが、不具合製品に当たったという事で星3に修正しました。hakojiro sound boxでは868bの同様の不具合を訴える顧客に対しては、可能な限り製品交換を行う予定だそうで、丁寧な対応をして頂きました。中音域の籠もりに明らかな違和感を感じている方は、hakojiro sound box宛てに一度メールを送って見られてはいかがでしょうか。. 利点と欠点 メリット 音質はかなり良、デザイン(装着感とLR判別がない)で-1 これは驚きです とても良い買い物でした。 デメリット 5th用に購入しました。新品当時からのステレオイヤホンを使い続けていますが、ケーブルの変色や耳にあたる部分の縁ゴムの切れなどで、そろそろ買い直した方が良いかなと思い、皆様のレビューを頼りに品定めをしていた時に、こちらの商品の評価の内容が目に留まりました。実際に使ってみると、ゆったりとした厚みのある低中音域から高音域の音色もきれいで、とても良い商品だと思います。ipodも第5世代は独特の音色なのですが、その個性を消すことなく、個性を伸ばす方向に作用している気がします。自分好みの音色が出ている音響装置で音楽を聴くと、こめかみの辺りから目の上辺りがムズムズしてきて、心地よくなってしまうのですが、この商品もそんな感じで、穏やかな気分で音楽を楽しむことが出来ます。久しぶりに私用のアイテムで、良い買い物になりました。ケーブルに、リモコンやマイクなどの余計な物が付属していない点も素晴らしいです。あと、化粧箱から取り出す時には、上からではなく下からの方がスムーズに出てきます。携帯ケースの素材の影響なのか、インナートレーを引き出す時に、箱の内側に食いつき気味で、取り出し方を間違っているのかと思いました。. 個体差かもですが、イヤーピースがかなり外れやすい気がします。. 音はこの価格帯のイヤホンにしてはまずまずだと思います。気になったのは本体の耐久性で、まずイヤーピースの外れやすさ。耳から外すと耳の中にイヤーピースが残る、かばんから取り出すとイヤーピースが付いていないと言う状態が続き、結局2組のイヤーピースを紛失しました。イヤーピースは複数付属しているため凌ぐことは出来ますが、少々ストレスでした。もう一つはケーブルの貧弱さ。開封時点で怪しいとは思っていましたが、購入から4ヶ月で右耳が断線して音が出なくなりました。先代のイヤホンは4年もちましたし、特に乱暴に使った記憶もないのでやはり「安かろう悪かろう」なのだと思います。イヤホンは「音がいいか」に目が行きがちですが、安いものは品質や耐久性にも目を向けるべきだなと学べたいい機会でした。. 音場の広さと低音が心地よい。これだけでもこのイヤホンの価値はある。. 外観:☆☆☆★★シンプルでしっかりした金属筐体で作りはよいです。ただ中のフィルタが接着剤で適当に貼ってあって作りの甘さがでている。ケーブルが細くて心もとない、よく絡まってしまう。高音:☆☆☆★★中音:☆☆☆★★低音:☆☆☆☆★低音がずんずん当たる感じで響いて心地よい。音場が評価されているのもこの低音部分がしっかり解像しているからかと思う。中高音も綺麗に出ていますが、紙を一枚はさんだような抜けきらなさを感じます。装着感:☆☆☆☆★イヤーピースが7種類もついてきます。耳にフィットするものをとことん選べます。その他筐体の後ろに穴が開いており、音漏れがします。全体的には満足です。ケーブルが貧相ですが2年半もっているので意外と耐久性はあると思います。.  ゲーム(ps4)用に安くて良い感じのモノを探していて、ソニーのソニー sony イヤホン 重低音モデル mdr-xb55 : カナル型 ブラック mdr-xb55 bと迷ったが、本機を購入。 まず、試しに所有しているウォークマンで使用してみたところ、イコライザなしでも、特に低音が良く出ていて、高音も埋もれておらず、つまりは価格の割には非常に良い音であることが解った。 当然、ゲームで使用してもbgmもseも良く聴こえて満足なのだが、(→添付画像参照)距離aが一般的なイヤフォンに比べてかなり短いためbの辺りが耳の形状によって(人によって≒私)は擦れて、長時間(3時間ほど)装着していると若干の痛みになることがある。このコードの根本が垂直ではなく、やや斜め(100~120°くらい)に付いていれば装着感も完璧だったのではないかと思う。 また、これまで使用してきたイヤフォン、ヘッドフォンに必ず付いていたlr判別の小さな刻みや凸部が本機にはない。明るいところで使用する分には問題ないが、暗い場所で使用する際には注意(私はカッタナイフでl機に指で触ってかすかに解る程度のわずかな刻みを入れた)。 と、個人的な”マイナスポイント”を多めに書いてしまったが、私には大満足とは云えない装着感でも、音質はそれを補って余りある素晴らしさだと思う(もちろん、価格から考えて)。 (物理的に)耳に合うのであれば星5つ音質の高コスパなイヤフォンなのは間違いない。 それから、プラグ部分はl字型(90°)でもストレートでもなく、(先述したように)本体に採用して欲しかった120°くらいの珍しいタイプである。. 正しい装着で豊かな低音が獲られますが耳穴に浅く装着していると性能の半分も堪能出来ないでしょう。かと言って深く耳穴に差し込み過ぎでも音がこもるので程々に調整が必要です。イヤーピースは七種付属しているので、とにかく試行錯誤有るのみです。再生音は原音に忠実で価格帯から想像難い程の低音と全域に亘って音の解像度と描写力が高いスタジオモニターライクな製品です。2万円クラスの製品と比較しても全く遜色無いハイCP機で興味の在る方は入手して損は無いでしょう。音の描写力が更に増すのでエージングは必要です。弱点が有るとすればコード被覆の硬さでしょうか。この硬さは装着時のフィット感に少なくとも影響しています。これが無ければ…「星が6つ」 硬いから「星5つ」です。. プレビューを見て購入してみました。聞き疲れ、少ないです。pc起動しながら少し長時間聞くことが出来ました。素晴らしい。868rbとどこが違うのだろう、検討中。. 超遠方に定位して押し寄せる超低音と、量は出るのに何故か刺さらないサ行と高域。低域の締まりはそこまでですが、ボワつくというほどでもなく、むしろ押し寄せる超低音とかみ合っています。中高域の解像度は、すごく繊細とまでいかなくとも、数万のイヤホンでこんな高域のイヤホンあるよねって感じで個性のひとつとして捉えると、2,3万の高級機と渡り合えるレベルで、この低域は唯一無二とも言える物で、本当に凄まじいコスパだと思います。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Blue Ever Blue Model 868 RB – これは本当に凄いイヤホン。

Blue Ever Blue Mercury Model 878RB [レッド×ブラック] – とても良いです

大体10時間くらいエージングをした後になります。前の機種の868bを所持しておりますが、868bに存在したサラウンド感はそのままに、もっと迫力があり、ボーカル重視の音になっています。通常の付属のイヤーピースの場合、高音と中音を重視した音になります。ボーカルが前に出ており、非常にクリアです。(一応低音もある程度出ます)追加付属のコンプライのイヤーピースの場合、この状態に低音がもっと追加され、より深みのある音に変化をします。が、クリアさは少し失われます。前の機種同様、イヤーピースの選択によって非常に印象が変わります。私はコンプライのイヤーピースを使用してますが、買ってよかったです。. 長いことイヤホン探しの旅を続けてきましたが、ようやくコレ!という逸品に出会いました。低音はボリューミーでありながらタイトでこもりとは無縁、弾けるようなドラムとベースがとても気持ちいいです。中域は伸びやかで高域も生き生きとしていて、左右の分離もよく、今まで試した中でダントツのデキです。ただ、音源によっては低音が出すぎたり左右の分離がよすぎて中抜け感が出たりするので、一番小さいイヤーピースにして耳への突っ込み具合を調整してバランスを探ったりしています。そのせいか、遮音性はあまりよくないような気がします。とにかく活きのよい音で、前回買ったrhaのおかげですっかり萎えていた音楽熱が見事に復活し、久しぶりにno music,no lifeという言葉を思い出しました。超オススメです。【2015. 30 追記】最近気がついたのですが、同じ大きさのイヤーピースが2種類あり、穴の大きさが違います。私が感じたところでは、穴が大きい方のイヤーピースだと音が左右に開きすぎてセンターに定位がとれず、中域が細く感じます。穴が小さい方は全域にわたってカンペキです。買われた方は実験してみてください。. 購入してから2ヶ月ほど経ってからのレビューになります。まずイヤーピースがとても豊富なので自分にピッタリのイヤーピースが見つかると思います。そして何と言っても豊かな低音。かなり低音がハッキリ聞こえますが周りの音の邪魔には全くなりません。付属でコンプライも着いてきますが自分はあまり使っていません。コンプライ。使うと低音が強くなりますが高音が若干薄れます。自分はボーカルのある曲を聴くことが多いので低音の多い曲だとコンプライを使うのもいいかもしれません。とにかく値段以上のコスパは有ります. 作りは起伏のない筒型。耳掛け式の装着はなぜかしにくい。耳にいかに密着させるかが鍵で、そのために豊富な種類のイヤピースがついている。私はダルマのように二段重になったものが一番良かった。低域重視型。きちんと密着させると、豊かな低音と、濁りのない中高域が響く。室内楽など聴くと、ほんとに生々しい臨場感がある。. 868の方も使って使ってましたが、そっちよりも音が綺麗になりました。安定の低音は強めの心地いい音を奏でてくれます。ほんとに一流ブランドのboseやbeatsなんか買うよりこっちの方が完全にいいです。これはイヤホンマスターのおれからしても、値段、ものの質から考えてno. 1!ちょっとこっち高くて手出せないなぁってひとはこれの少し安い方の868の方買っても十分驚くと思います。大丈夫です。おれが保証します。. Beatsやboseなど色々なイヤホンを使用してきましたが、これがjustです。買うならこれをお勧めします。一流ブランドの何万もするイヤホンをつけるならまずこれ。. 購入から半年。カナル型が初めてなので他製品と比較はできませんが、低音が豊かに聞こえるので良かったです。私は身長166cmの中肉中背の男性ですが、耳のサイズが合わないのか、通常のイヤーピースではすぐ耳の穴から抜けてしまいます。付属のコンプライmを使うと外れる事はありませんが、ボーカルまで少し距離があり、低音が間近に聞こえて違和感がありました。そこでコンプライsサイズを購入して付けてみたところ、違和感が解消され丁度良い聞こえ具合になりました。どうやらmサイズは大きすぎて耳の穴の中でスピーカーを塞いでしまっていたようです。. 2度目の購入です。1度目購入した時にはcomply(?)のフォームチップが同梱されていたのですが、今回は無くなっており少し残念でした、、音に関しては申し分ないです。この値段でこの綺麗で緻密な音色は他にはないと思います。少し高いイヤフォンを買ってみようと思っている方はまずこちらをお勧めします!強いて言うなら、コードが細く、壊れやすい細さかな、と思います。わたしが乱雑に使ったせいかもしれませんが、1代目はコードの角度によってメインヴォーカルのみ聞こえないという状況になってしまいました(笑)それを除けば本当に出会ってよかったと思えるイヤフォンです。. 利点と欠点 メリット 2つ目を買った ぐぐったら聴き疲れしないイヤホンと書いてあったので買ってみました 聴き疲れしない音質 デメリット 今まではblue ever blue model 868b を使用していました。約2年ほど使って、最近ケーブルが弱ったのか片方が聞こえなくなってきたのでここらで買い替えを。高いお金を出せばもちろん色々とありますが、この値段でこの満足感…。868bの時も満足でしたが、この後継機種あっさり超えてくれました。前機種は音の聞こえはクリア、他機種では聞こえてこない音まで聞こえてくるのですが少し低音が弱い、と感じました。今回は低音も少しパンチがあり、それでいて全体のバランスはいい。かといって、聴き疲れしない。耐久性も、私は申し分ないと思います。使用後はカバンの中に放置でしたが、2年もってくれました。カナルのとこがパッカリ割れるのは男性が、結構酷使すればなるかな…という印象です。デザインも、前はブラックとシルバーで地味だったのもさし色のレッドが入っていい感じ。音漏れもしにくいので通勤電車でも使用できます。. まず本体について。アルミ製のボディはしっかりしてますが少し重いです。ケーブルはまぁまぁクセのつきやすい、恐らく5000円以下のイヤホンによく見られるタイプのものです。earpodsとほぼ同じ細さでした。音質について。 聴き始めて数時間でのレビューです。シリコンの丸型mサイズで聴きました。第一印象は豊かな低音ですね。量は多いですが強弱が効いていて、且つ他の帯域の邪魔もしない印象がありました。そして左右への広がりがすごいです。自分はedmとかクラブ系ばかり聴くのですが、これはクラシックとか聴いたらヤバい予感がします笑。解像度も高く聞こえ無かったパートが聞こえてきました。惜しいのが少しボーカルとの距離感がある感じがしました。聴き疲れしにくいチューンとはいえもう少し出てくれても大丈夫かなと。ここは改善の余地がありそうなので今後のメーカーさんに期待したいと思います。因みにオマケでついてるコンプライのイヤーピースでは微妙に感じました。元々控えめな高音が更に抑えられ物足りなくなりました。逆に低音は輪郭がボヤけた印象でした。総評すると、この音で7000円台はやっぱり安いです。イヤホンが好きなんだけど疲れちゃうんだよなって方にはオススメです!あと視聴出来る方は是非することをオススメします。変わった音質のイヤホンなので好き嫌いが分かれるかも…。. 中音域も高音域も良く表現されています。それでいて聴き心地の良く、洗練された低音域を実現させています。文句は無し。完全無線のワイヤレスイヤホンを買うより、こちらのイヤホンをオーディオレシーバーに繋いで持ち歩いた方がコスパがいいと思います。. Burn-inに250時間くらいかかりますが、値段を考えると優秀です。. 868bを一年半使い、聴くたびに1mmずつ(?)レベルアップするイメージで大満足でしたが、それでもリーズナブルな価格なので購入しました。エージング ゼロからワンランク上を感じます。此の先楽しみです。出力音圧レベルがiphoneにマッチしているので使いやすいのも868bと同じ、強いて言えば音のlr表示がないのが?ですけど最初だけの問題です。(笑)イヤピースは前回同様に標準で付いてるのがしっくりするので、取っ替え引っ換えでの音質変化などはやっていません。. まだ通勤中などには聞いてないのでわからないこともあると思いますが普通に聞いてみたところ音がいい意味で軽く疲れにくいですかと言って安っぽい音でもなく、力を抜いて聞ける感じです一万円代のイヤホンのような高級感のあるような音ではないですが音が疲れにくいので高級イヤホンより聴き入って長く飽きずに聞けますイヤーピースがフィットしにくいですがゆるめのかんじで入るので耳への圧迫感がないですただ歩行中や通勤中などで聞くと外からの音が入ってくるかもしれませんコードはこれを使ってる時こすり合わすとガサガサ言いますがまだ歩行中や通勤中で聞いてないのでわかりませんゴムみたいな感じのコードですがからまりやすそうです音質より長く聞けるかどうかを重視したイヤホンです. Model868bを1年程前に購入し使用していたが、突如左耳側だけ聞こえなくなり買い替えを決意model868bを気に入っていたので上位モデルのmodel 878にグレードアップしてみました感想は、よりはっきり上質に音が聞こえてきますし、それぞれの楽器の存在感を全く損ねていないと思います特にベースの音がすごいです他の方も書かれていますが、イヤーピースの選択が重要で、イヤーピースによって良い音にも悪い音にも変化します個人的にはblue ever blue以外のイヤホンは使用できないぐらい素晴らしい物だと思います. どの音域にも作為を感じられない自然な音質で、音源からアンプなどを通じて素直に再生されるような感覚です。特に気に入った点は、5時間以上連続で聴いていても全く聴き疲れしないところです。ゲームプレイでは5時間6時間当たり前にプレイし続けるので、以前使用していた低音重視(25,000円くらいのイヤホン)のものより全然疲れません。とにかく低音が欲しいという人にはオススメしませんが、そうでない人には一度試してほしい音質です。軽さが心地よいというのはめったにないので。. この値段でこの音は評価できる。また独自の技術も素晴らしいと思います。が耐久性がなさ過ぎる。既に2度断線してガッカリさせられている。最低限の耐久性を望みたい。. 特徴 Blue … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Blue Ever Blue Mercury Model 878RB [レッド×ブラック] – とても良いです