Tag Archives: Audio Technica(オーディオテクニカ)

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オーディオテクニカ バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-E70 – 買って損は無い1本。全力のオススメ

2)からの買い替えでした。im03よりも濃密な音色です。ただ、空間はim03のほうが広く感じます。ノーマルのケーブルだと、上記の組み合わせよりも若干高音の伸びがありませんでした。hdc313a/1. 2にリケールブルすると高音の伸びも良くなりました。一度ath-e70 with hdc313a/1. 2に慣れてしまうと、im03の音質が軽く感じてしまいます。それでもim03の音も好きなんですけどね。. 初めて聞いたとき高音が刺さりすぎて辛くて、とりあえずエージングして聞いてみるとさらに酷くなっていました。これは完全に音が割れている!ということで返品手続きしました。返品する前から新品を発送して頂ける対応の良さは素晴らしかったです。交換した商品も、最初は少し音が籠っていて高音が刺さるといった印象でしたがしばらく聞いていると化けました。中音域のコシが強く聞いていて上品な感じの音です。音域が広く、すべての音を綺麗に拾ってくれます。重低音強化や、迫力を求める方はこのイヤホンは遠慮したほうが良いと思います。しかし、このイヤホンのような上品な重低音を聞いたらただの重低音強化では満足できなくなるかもしれませんね。ゲーム用途でのレビューです。ps4でシージしていますが、確かに聞きやすいけど劇的に変わるといったほどではないかも。サウンドカードでも変わると思うので、ps4からpcに移行して使い心地が変わったらまたレビューしに来ます。. リスニング用には十分なものでした。モニター用での評価として生楽器は結構上質な音でした。シンバルや、金管、ヴァイオリン、などが特に、スペックを見た時の予想以上でした。周波数特性がハマっているのでしょう。逆にシンセサイザーなどデジタル音(特に矩形波)は苦手らしく、実際より角が取れて柔らかくなり、大げさに言うとテープ録音を再生したような印象を受ける音でした。私見としてステージ上のプレイヤーとしてのモニターはあまり高音が有り過ぎても邪魔に感じるので、プレイヤー目線ではピッタリの商品です音楽制作目線として使えないことはないが痒いところに手が届かないという商品です。といっても制作において、良いヘッドフォン並に満足して使えるイヤモニがあるのかと言われると・・・、という感じなので星5つです。. 1年間使用してのレビューとなります。総評:このイヤホンは全帯域にわたりクリアかつフラットで、埋もれる音域がない。特筆すべきはオーディオテクニカらしい高音域の煌びやかさと生楽器の再現度だ。アコースティックギターやヴァイオリンなど、オーケストラ、アコースティック音源などを聴くと鳥肌が立つ位物凄い。baを搭載したモデルは幾つかあるが、生楽器の再現度でこれを超えるものは未だ聞いたことがない。解像度はずば抜けて高い。音の粒立ちがはっきり手に取るようにわかる。ある音全て見逃さない、という位の再現度である。もともとモニター用途なので、情報量が多いせいかやや聞き疲れしやすい。フラットなおかげもあり、dapの試聴用やdtmでのmix、はたまたシンプルに音楽用としても堪能できる。3baとカバーできる周波数にやや不安があったがそんなことはなく、各帯域ごとの繋がりも秀逸。リケーブル可能で、a2dcというやや特殊な端子だが、個人的には耐久性のないmmcxや2pinより遥かに良い。リケーブルも種類が段々増えてきているし。再生環境に若干左右される事はあれど、基本的にはどの再生環境でもこのイヤホンのポテンシャルは最大限発揮される。高音域:オーディオテクニカらしい高音域の煌びやかさを持ちつつも、やや独特だが抜けのいい音。サ行はたまに刺さることがあり、やや聞き疲れすることはあるものの、バランスは取れていると感じる。あまり音数が多すぎると塊になって聞こえることがあるが破綻する程ではない。曲によってはシンバルなどの主張が強い時がある。dx200など、シャープな音作りをしているdapやスマホ直刺しの場合、高音域がきつくなる時がある。中音域:とにかく生楽器の存在感が凄い。確かこのモデルは特注のsonion baを使っているのだが、生楽器の再現度はこのイヤホンの最大の特徴と言える。多くのイヤホンにありがちなドンシャリや中音域の密度の甘さを、このモデルは原音を見逃さずしっかり出してくる。なので私は他のイヤホンを聴くと中音域の出ていない音を露骨にわかるようになってしまった。ボーカルもしっかり出ている。特に女性ボーカルはよく聴こえ、ハイトーンなボーカルはより再現度が増す。低音域:ba1基でやや心配していたが、そんなことは無かった。広くも締まりのあるオールラウンダーな低音、という感じ。どちらかと言うと頭の中心に低音が集まって来る感じ。低音域は迫力、空気感にかなり影響するのでここがしっかりしていないとスカスカの音になりがちだが、ベースラインなどもしっかりカバーしていで心配は杞憂だった。ここら辺は高音域と同じくらい再生環境に影響される。dd型をよく使う方は少し足りないと思うかもしれない。まあ、比較対象が違いすぎるが、、、音場・定位:とにかく存在する音を鳴らしたい、みたいな音の鳴らし方なので、音場はやや狭いものの窮屈に感じたりはしない。定位はモニターらしくしっかり刻む印象。澤野弘之など音数の多い音源もしっかり聞き分けられる。遮音性・装着感:かなり良いが、ステムがかなり斜めに伸びているので、少し装着に工夫がいるかもしれない。いわゆるshure掛けなので、安定性、遮音性は抜群。耐久性も安心のmade in japanなので問題なし。毎日のように使っているが壊れたことは無い。デザイン;暗めの色を使用しているので、脚色せず、イヤーモニターらしい感じに仕上がっていると思う。女性の耳には少し大きいかもしれない。基本的に絶賛の嵐だが、欠点を上げるとすれば聞き疲れしやすいことと、リケーブルの幅が狭いこと。素直な音を出す印象のex800stと比べると音を脚色している訳では無いのだが、正直に鳴らしすぎ、と感じる時がある。ここら辺はリケーブルで何とかするしかないようだ。私は付属ケーブルだと籠る感じがしたので、自作ゾノトーンケーブルや102sscなどのリケーブルを試して実際に音の変化を感じた。こちらの方がより音が明瞭になる。音場の広さや解像度の高さを謳うイヤホンは星の数ほど増えた現在、イヤーモニターを持ってしまうと足りない周波数帯が気になる事があり、その点全帯域をカバーしているこのイヤホンからなかなか離れられず、結局このイヤホンに戻ってきてしまう。個人的には3baではこれを超えるものはないと確信している。オーディオテクニカはもっと良いイヤホンなんだしもっと宣伝すればいいのに。そういえば同じオーテクでlsシリーズがあったが、あれは音が篭もりすぎて3分と聴いていられないレベルだった、、、スタジオユースや足音、銃声をしっかり聞き取る必要があるゲーム、多様な音楽ジャンルを聴く人に是非オススメしたい1本。予算5万円で考えている人は近くの家電量販店などで是非視聴して欲しい。新たな音の発見がそこには必ずある。. 他のレビューにもある通り、解像度は全イヤホンの中でもトップの方と言ってもいいくらい素晴らしいです。まず籠りはなく、他の同価格帯機種から頭一つ以上抜きん出てます。音場はやや狭め~普通な感じで気にはなりません。問題は若干の刺さりと低音の弱さですが、イコライザーで超高域を抑えたり低音をブーストしたりでリスニング用としてもドストライクな音になります。やはり素の性能が恐ろしく高いので、音域のバランスさえ好みに整えれば求めるサウンドが手に入るような感じです。まず他の機種で聴けないであろう完成度の音に間違いないです。. 自分はゲーム用のイヤホンとして店頭にて購入しましたが、店員の方もドライバーがとにかくすごいe70は別格だと言っていました。他のレビューにもありますが自分の耳にしっかり合うサイズが見つかると一気に化けます。予算に余裕があれば購入するべきだと思います。. 利点と欠点 メリット 買って損は無い1本。全力のオススメ 生楽器向き、デジタル系は苦手なモニター ATH-IM03からの買い替え デメリット 特徴 audio-technica オーディオテクニカ バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-E70 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 優れた分解能が創り出す緻密な音場により、ステージ上でのモニタリングから スタジオでの繊細なミキシング作業まで対応可能なインイヤモニターフラッグシップモデル。 モニタリング用に最適化された低中高3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、全音域を正確に再現。 フレキシブルに調整できる専用コードにより、長時間使用でも安定したフィット感を持続。 集中力を高め、より良いパフォーマンスを引き出す優れた遮音性と筐体デザイン。 音響特性と耐久性を追求した自社設計の着脱コネクターを採用。 メーカーより 全音域を正確に再現 モニタリング用に最適化された低中高3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、全音域を正確に再現。 快適な装着感 フレキシブルに調整できる専用コードにより、長時間使用でも安定したフィット感を持続。 ステージとスタジオのための最適な選択 優れた分解能が創り出す緻密な音場により、ステージ上でのモニタリングからスタジオでの繊細なミキシング作業まで対応可能。 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オーディオテクニカ バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-E70 – 買って損は無い1本。全力のオススメ

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ポータブルステレオヘッドホン ATH-SJ1 WH – 価格相応、もしくは以下

初めてヘッドホンを買いましたが一年近く使っていますが全然もんだいないですパッドもやわらかくフィットして心地よいですちなみに僕は眼鏡をかけてやっているんですが別にひっかかるとかそういうのは特になく普通につけることができますただ欠点はコードが長いのか長くないのか中途半端でPCをするときでは長く、TVのときに使うときは足りなく、という感じです。でもまぁ何回かコードをふんでしまってもこの頑丈さなのでよしとしましょうw別に耳も窮屈ではないのでしばらくはお世話になるつもりです. 今まで使っていたelecomのステレオヘッドホン ehp-cl430が壊れてしまったのでこちらの商品を購入しました。パットは柔らかく、とてもフィットし遮音性が凄くちょっとビックリしました。(音漏れするかは試してないので不明ですが)実際使ってみましたが、音がこもったように聞こえます。ヘッドホンはあまり詳しくはありませんが、音質があまり良くないと感じました。商品説明欄には「迫力の重低音を再現」と書いてありますが、全然そんなことないと思います。これで音楽を聴くと物足りなさを感じました(低音重視の方は特に)ゲームの時に使用する分には問題ないと思いますが…これなら前と同じものを買えばよかったとちょっと後悔してます…(前の物の方が音がいいので)でもお安い方ですし、フィット感は好きなのでしばらくはこれで我慢しようと思います。. デザインもいいし、軽くて使いやすいのですが、音質は値段相応と言ったところです。音漏れも確認できます。それでも、使いやすいといえば、使いやすいです。あと、コードがかなり長いので、邪魔になってしょうがないです。. 初めてヘッドホンを買いましたがこの商品は自分で調節できるのでよかったです。低い音もちゃんと聞こえますが、高音が若干安っぽい感じがします。パッドが柔らかいので気に入ってます。. 本命が在庫切れの為、繋ぎに購入しました。あくまでも繋ぎという事で低コストという条件で選びました。デザインはスッキリコンパクトで軽くいい感じ。圧迫感はなく、ずれたり耳が痛くなったりはありませんでした。肝心の音ですが、価格相応、もしくは以下かな。低音はスカスカ、高音はシャリシャリという感じなのでこれをメインに使おうと思っている方にはお勧め出来ません。とにかく音質より低コストを求めてる方向けでしょうか。追記しばらく使用していたら無駄に可動する部分、案の定プラパーツが欠けて破損しました。まぁこんなもんでしょうか。. 手頃なステレオヘッドフォン欲しくて ビックカメラにて¥1980円にて購入しました。当たり前ですが音を大きくすれば少しですが音洩れするものの耳が痛くならない程度に音をしぼれば音洩れもなく、周囲の遮音はなかなかのもの。コンパクトに収納できるのも嬉しいです。. 小さめなのでジャマにならないし、音がいいです。音漏れは自分がつけてるのでわかりませんが、閉塞感がありいいかんじです。コストパフォーマンスは高いと思います。. 利点と欠点 メリット 微妙かも… 購入した感想 価格相応、もしくは以下 デメリット 特徴 audio-technica ポータブルステレオヘッドホン ATH-SJ1 WH モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最大入力:500mW タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ 周波数帯域(L):15Hz, 周波数帯域(H):22000Hz ベスト audio-technica ポータブルステレオヘッドホン ATH-SJ1 WH レビュー

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ポータブルステレオヘッドホン ATH-SJ1 WH – 価格相応、もしくは以下

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica アートモニターシリーズ 密閉型ヘッドホン 限定生産モデル ATH-A900Ti – 幅広く使える

A900ltdとの比較のために購入しましたが、非常にバランスの良いヘッドホンだと感じました。チタンハウジングですが、意外なほど柔らかい音を出すのが特徴です。全体的に温かみのある音を出します。高音域はほどよく煌びやかに感じられ、耳に刺さることはありません。伸びもまずまずです。量感もちょうどいいです。中音域はオーテクのヘッドホンとしては若干引っ込んでいる感じを受けますが、よく出ていると思います。ボーカルものを聴く際にも不満は感じられません。特に、サ行のかすれがかなり押さえ込まれています。低音域はやや厚め。a900ltdと量感が似ていますが、a900tiの方が引き締まっており、超低域まである程度伸びています。音場は、オーテクの密閉型としては広めに感じます。左右方向が広め、立体感も若干感じられます。チタンハウジングならではの残響感もくどすぎず、好印象です。解像度、分解能もこの価格帯としては十分満足できるものでしょう。優等生的で物足りないヘッドホンだと感じる方もいるかと思いますが、ジャンルを問わず使用できるので、非常に魅力的な商品だと思います。. このヘッドフォン、最初に音を出したときには、「なんじゃこりゃっ!」とがっかりしました。高域に薄いベールがかかったようなぼやけた音がしたからです。価格が価格なので悩んだ上に限定品だから今買わないとなくなると思って思い切って購入しただけに、ショックは大きかったです。こんなにぼやけた音がするということは、エージングしてもそんなに換わらないだろうけれど、だめもとでやってみるかと思い、少し大きめの音量で、レーマンオーディオのblack cube linearというアンプにつないで48時間ほど鳴らしっぱなしにしてみました。すると、どうでしょう。エージングによって高域の曇りがすっかり晴れて、とても心地よい、柔らかな音に変化しました。天気にたとえるならば、重たく垂れ込めた冬の曇り空が晴れ、窓から柔らかな木漏れ日が差し始めた感覚です。おと全体に柔らかさと厚みがあります。オーテクにしては高域の主張が弱く、とても聞きやすい音のヘッドフォンではないかと思います。どのジャンルでもほぼ問題なく鳴らしてくれますので、私のような聞く音楽ジャンルがあまり決まっていない方で、柔らかな音が好きな方、そして、限定品が欲しい人なら文句なくお勧めできます。気になる点として、ハウジングが少し浅いので、耳の大きな人は一部がハウジングの内側に当たって、長時間装着していると痛くなるかもしれないのと、イヤーパッドの縫製が少々雑で、パッドの一部にたるみによる段差が生じている点がありますので、星は4つです。. Ath-a900tiの発売直後、試聴もせずに購入しました。購入直後に一聴したところではath-a900との差が判らず、非常にがっかりしたのですが、エージングが進むにつれてまさに私が期待していた通りの音であることが判ってきました。ath-a900は高音は非常に綺麗なのですが少し突き刺さる感じがあります。それに対し、ath-a900tiは綺麗なままで突き刺さり感が緩和されています。また、ath-a900では不足気味であった低域が、ath-a900tiではかなり充実しています。私はath-a900を元にそこから更に低域を充実させ、高域の突き刺さりが少ないものが欲しかっただけに、ath-a900tiはまさに私の希望していたヘッドホンです。お気に入りのath-a90tiを使い、ゆったりした音楽を鑑賞するのが毎晩の楽しみになっています。ath-a900tiは一部のロットでヘッドホン内部のケーブルが独立4芯となっていないものがあるので、s/nを確認した上で該当品であればオーディオテクニカに郵送すると無償で交換してくれます。私の購入品も該当品だったため、郵送して交換してもらいました。購入する場合には(もう生産は終わっていますが)、確認された方が良いと思います。. もう一年半ほど使ってます。重いけど・・最終の楽曲制作時や録音にはこれを使ってしまいます。ath-a900の流れをくむ音色です。ほんの少しの音質や解像力の差でこれほど値段が違うとは・・。確かにa900tiはいいけど一般的にはathシリーズはどれもいいですね。あとは値段なりの微妙な差が・・。. 利点と欠点 メリット 幅広く使える 重いけど・・ 最初は外れたか?と思いましたが デメリット 特徴 audio-technica アートモニターシリーズ 密閉型ヘッドホン 限定生産モデル ATH-A900Ti モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最大入力:2000mW タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ 周波数帯域(L):5Hz, 周波数帯域(H):42000Hz ベスト audio-technica アートモニターシリーズ 密閉型ヘッドホン 限定生産モデル ATH-A900Ti 買い取り

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica アートモニターシリーズ 密閉型ヘッドホン 限定生産モデル ATH-A900Ti – 幅広く使える

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CK300S YL – うー…

わずか1500円程度で買えるヘッドホンとしては文句の付け様がありません。mp3プレーヤー/ipod用には最適です。長さが60センチなのでアームバンドか腰に付けるプレーヤには最適な長さです。耳の穴の大きさにより異なった3種類のイヤーパッドだ同封されているので大変便利です。音もこの値段にしては結構良く十分です。プレーヤー付属のヘッドホンと交換して聞いてください。大推薦です。. 密着性がイマイチかな〜押し込んで使っています。おそらく耳にあってないみたいです。. ATの製品は高音がきつくて低音が不足するとのレビューが多く懸念していましたが、エージングを一晩行い使用したところ、効果の程は分からないが、さほど耳障りなシャカシャカ音もなく低音も程ほど出てくれ、満足しています。唯一の不満はコードが短いことくらい(自分で短い製品を選択したのですが・・・)で、毎日愛用しています。. コードに癖もなく、オーテクらしい音で満足していたのですが…使い始めて数ヶ月すると、耳にはめる時にくちゃっ とか ぽすぽす という謎の不快音がするようになりました。歩いたりすると不快音MAXですww座ったりしている分には問題ないのですけど…それと、このタイプのイヤホンでは当たり前かもしれませんが強くはめると耳の穴が真空状態に近くなり、非常に痛いです…カラーリングが気に入っていただけに残念です。イヤーピースがck303等とは全く違う仕様なので、ご注意を;;. 電車のなかで、胸ポケットにウオークマンを入れて聴くので、Y型の短コードが必須。コード扱い楽。FMのアンテナとしてはゲインが少ないかもしれない。上品な音で、値段以上。R/Lの表示はみにくいが、耳につけるとき、スピーカー部の斜めの切れ込みと指の感触で、確認しなくとも左右を間違えることはない。短コード・Y型を探している向きには絶好のアイテム。. 利点と欠点 メリット うー… この値段でこの音 買って良かったです デメリット ベスト audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CK300S YL レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CK300S YL – うー…

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CKL200 CZ – デザインに負けてはダメと学習・・・

黒でL型プラグの密閉タイプのイヤホンを探していてこれにたどり着きました。音に関しては詳しくないので、悪くはないと思います。だたし、イヤーピースが取れやすいです。よく外れるので1個行方不明になりました。しかたなく今は片方M、片方Lで使っています。他の物を買うか、イヤーピースの買い置きをしておいた方がいいかも。【audio-technica スペアイヤーピース er-ck5m】が商品として売られているってことは…そういうことなのかもしれません。. 良い商品をしかもオーディオテクニカのイヤホン最高です音もデザインも最高です。ありがとうございます!良い商品を購入させて頂き感謝です。ありがとうございました。. 良い買い物でした。愛用していたath-ck7をなくしたため、つなぎとして買いましたが、結構聴けてしまうのでこれでも良いかなと。この機種を選んだ理由はath-ck7と同じ標準イヤピースのck5を使用していることでした。私は、今のところこれしか耳に合うイアピースを知りません。他社のイヤフォンもこれに変えてしまうぐらいなので。同社のck50でも合いません。私と同じような人もいるかと思いますので、そういう人にとっては音質も多分それほど悪く感じないのではないかと思います。多少カサついた音ですが、エージングも出来ていませんし、この値段ですからね。こういう点は個人差が大きく、カナル型の場合他人の評判だけでは分かりにくいです。ひょっとしたら少数派なのかもしれません。ちなみに耳の穴は小さい方です。あと、この機種は色がかわいかった。それを含めて星5をあげてもいいです。. オーディオテクニカだからさすが音がイイコードまで色があるのでとてもカワイイです. 使うたびコードが見事に絡まるのが、ストレスなので巻き取り式のインナーイヤーヘッドホンを探していて、発見。リール式だと割と難があるようで、手巻きのこのタイプを選んだ。確かにそのへんは、解決できたんだけど・・・音質は、もう・・・「聞こえりゃいい」レベルでした。全体的に音が「 軽い 」です。ドンシャリ系の音質にコダワル人には、まず向きません。見た目は、おしゃれですよ、ええ。値段なりの品という感じでした。. 量販店でデザインと値段に一目ぼれをして購入しました。ほかのレビュアーのかたのように耳が肥えていませんが、素人でもわかるくらい高音が金属的でおかしいです。低音もうるさい感じです。またイヤーピースがなかなか合わず、付属のイヤーピースをどんなに取り換えても耳にフィットしません。仕方なく、前に使用していたソニー製のイヤーピースで代用しています。しかもイヤーピースはXS・S・M・Lサイズがついているはずですが、Sサイズが一つ足らずXSサイズが3つ入っていました。製造もいい加減のようです。安いものでも音のよいイヤホンはありますが、デザインで負けてはだめだと学習しました。今回は学習料としてあきらめます。. 今まで使っていたもの→panasonicのrp-hje150レビュー時の使用機種→walkman nw-s715f※初レビューなので変なところがあると思いますが、よろしくお願いします。デザインは良いと思います。カラバリも豊富で、自分の持っている機種やケースに合わせて選べて良いですね。ですが、やっぱりイヤホンといえば音も気になります。というわけで早速「bump of chicken」の歌を何曲か聴いてみました。結果は・・・、微妙でした。超ド素人の自分の耳でも前使ってたのとの違いは明らかです。どんなふうに微妙かっていうとよくわからないのですが、高音が変っていうか・・・(曖昧ですいません;)まぁデザインが気に入ったので使い続けると思うので、早くこの音に慣れたいです。あと気になったのは、・コードがなんかゴワゴワしてる(買ったばかりだからかな?)・巻き取りホルダーはプラ製で、クリップ付き(シリコンかと思ってました。使い心地は普通に良いです。)・フィットするイヤーピースを探す必要がある(付属の中で、って意味です。4種類あるのでこれは心配ないでしょう。)過剰に期待していたのもあって、少し残念でした。まぁ、慣れれば良いとは思います。なんだかんだ言ってきましたが、総合評価としては★3あたりが妥当でしょう。ただ、悪い商品ではないです。┏追記始┃前述の通りイヤーピースのフィット感などは悪いです。┃そこで、以前使用していたもののイヤーピースと取り替えたところ、見違えるように音質・フィット感が上がりました!┃逆に以前使用していたものにこの商品付属のイヤーピースをつけて聴いてみると、音質がかなり悪くなってました・・・。┃┃今音が気に入っているイヤホンがあるけど、この商品のデザインも気になる、そんな人もこの方法を試してみてください。┃それにしても、イヤーピース一つでこんなに変わるものなんですね。驚きました。┃┃※効果には個人差があるかもしれません。私の場合はとても良くなりました。┃※これに伴い評価を★3から★4にさせてもらいました。┗追記終. (良い点)・耳へのフィット感。イヤピースはxs,s,m,lと4種類も標準装備。・音も普通に音楽を聴く分には全く問題無し、mp3プレーヤーに標準付属のヘッドフォンとは比べようも無く良いです。・コードを巻き取るホルダーも付いていて、長さの調節が自在です。・全体が同一色に統一されていてスッキリとしています。(願わくば)・lとrの表示が小さくて読むには老眼にはちと厳しい。もっと判り易くしてもらえたら。・とは言え、昔からの「audio-technica」ブランド、健在とは嬉しい限りでした。. 利点と欠点 メリット 手軽に使える優れものです。 音を除けばまぁまぁ・・・(追記:音質改善) 「聞こえりゃいい」程度でいい人向けかな デメリット 感想はその他のレビューと同じだと思います欠点から書くと、先ず低音が弱い、これはどうにもなりません、高音がシャリ音ではないが微妙、多分他のユーザーさんが気にしてるのはこの音作り、ケーブルのタッチノイズが伝わり易い、fmラジオユーザーさんへ、アンテナ兼用の場合この製品では感度が落ちると思います、音漏れですが騒音の多めの外で使う分にはいいですが物凄い静かな場所では音量絞った方が良いと思います。(穴が空いて半密閉みたいな感じ)欠点ばかりあげましたがデザインは良好でデザイン重視の物だと思います、音質自体は極端に悪くは無いのですが、おとなしめの音作り。音作りはある程度は機器のイコライザー機能で調整出来るので、装着に関して自分の場合耳穴の形状から奥まで差しきれずカナル挿しすると奥まで入ります、その時点で音質、音圧がベストになりました。後、タッチノイズもそれで解決しました、大手量販店のカメラ屋で各種試しましたが敢えてメーカー名伏せますが国外メーカ品の方が3000円程度で良好な物がありました、デザイン重視という事で. 以前、某デンキで購入してお気に入りだったのですが、無くしてしまい同じデンキ店に行ったらもう新商品しかなくてガックリしていたところ、アマゾンで見つけました。. カラーバリエーションも豊富でオシャレアイテムとしては良いと思います。肝心な音質・性能部分では、ipodやwalkmanの付属イヤホンと同じぐらいの音質です。しかし、買った商品を視聴してみると左右から出る音量が違う。左側が主に低音で右側が高音です。初めて聞いたときは違和感がありすぎて気持ち悪いです。エージングで治るとかのレベルじゃなく、慣れるしか方法がないです。もしかしたら私が買った商品がおかしいのかもしれないので、そうではないかもしれません。. 奇しくも前のレビューの方と同じrp-hje150と比べてのレビューです。僕の場合は断線したので取り敢えず量販店で目に付いた真っ赤を買いました。まず初めに聴いた時の感想としては高音が気持ち悪いです少しエイジングしたところ改善されたようですがやはり前のものと比べたら高音が明らかにおかしくて低音が弱く感じますただデザインは好みですあと前のが断線したのもあってl型プラグと太めのコードはありがたいです。あとこれは自分のこだわりですが左右の長さが同じなのも使いやすくていいです。コードの長さも長くもなく短くもなくいいですまとめると音質はあんまりよくないけどデザインはgoodです. そんなに音にこだわっていないので、パナソニックのrp-hje150がダメになったので買い替えで購入しましたがいやぁ安いからと言ってこれはないですよ。低音など無いに等しい位です。今度からは、安物買いでもレビューを参考にして買う事にします。. 一万円以上するものとはさすがに比べられないが、この値段からすると素晴らしく音が良い。. 最近、電気屋さんで母にこのピンクを買ってもらいました♪デザイン…すっごくかゎいい〜☆ 完璧ですッ音質…前のイヤホンの方が良かったです。   なんかずしーんとした音かな(汗付け心地…良くも悪くもないです。     コレも前の方がイイ(汗 〜気に入った点〜○全身ピンクで見た目がとてもかゎいい○色んなサイズのイヤーパッドが入ってる〜気に入らなかった点〜○コードがぐにゃぐにゃでょく絡まる○イヤホンを耳にちょうど良く フィットさせるまでに時間がかかる○付属の巻き取りホルダーを使うと コードが切れそうでちょっと怖い. 私は1600円でこの商品を買ったのですが最近片方のイヤホンから音が出なくなりました。おそらく使い方も悪かったのでしょうが2000円近く出してこの結果とはちょっとトホホでした(;’∀`). 前使ってたヤツが断線したので デザインに一目惚れした このイヤホンを購入しました。 そして使ってみた結果… 自分は普段音質とか 気にしない方なんですが そんな自分にでも 「あれ…?. 前使ってたほうが音が良かったかも…」 感じさせてしまいました。 (なんか全体的に音が ジリジリしてる気がするんですよね… 前使ってたヤツはもっと … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CKL200 CZ – デザインに負けてはダメと学習・・・

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-WS50 BK – 初ヘッドホン!

The sound is average but very uncomfortable. If i could change them for a set with bigger ear cups i would. インナーイヤーのsolid bassシリーズを使用していた。数年ぶりに復活したmidi作成のモニター時に、(耳への)押し込み具合で低音量が変わってしまうと具合が悪い。そこでこれを購入したところ、バランス良く安定して聞けるのでgoodでした。. 割と良い評価が多かったのと手持ちのヘッドホンが故障したため、急遽購入しました。やはり低音はかなり強調されているようです。ただし、中低音というかピークが少し高めにあるのかな?あまり上品な低音じゃありません。値段なりの音質というところかな。. Iphone4で聞いてます。価格の割には、音質は期待以上でした。 → 特に、低音が期待以上長時間聞いていると耳が物理的に痛くなる。 (ヘッドホンが私には小さい). 今まで使用していたヘッドホンとは全く音が違いました。今まで使用していたのはZOOMのZHP-01とゆう機種ですが、当然価格も違いますがその音の迫力の驚きです。さすがに低音重視を謳うだけはあります。今まで聞いていたロック系の曲が飛び抜けた迫力で迫ってきます。しかも価格が超お買い得で大満足です。低音のみならず高音域の再現力も評価できると思います。あえて欠点を探すならコードが短い点ですが、Ipodなどのポータブル・ミュージック・プレーヤ用と考えれば納得です。私は主に自宅のパソコンやエレキギターの練習に使用しますので延長コードの購入を目下考慮中です。. 安価なヘッドホンを探していたところ、この商品がかなり安くなっていたので衝動買い。お手頃でこの音質はかなり満足なところです。低音重視とは買ってから気づきましたが、高音も綺麗になってくれます。パッドは小さめで男性にはきついかもしれませんが、しっかり固定されるのでいいかと。初めてヘッドホンを買いましたが、良い買い物をしたと思います。余裕の星5!. 上位機種の方が満足度は高いですが、この機種も十分好印象です。一番の魅力はなんと言っても低音の迫力にあります。かと言って中高音がダメな訳ではなく、中高音も比較的メリハリある鳴り方なので、この機種1台でもいろいろなジャンルの楽曲が楽しめると思います。ただし、聴き始めの中高音はやや曇った感じがあるため、気になる人はある程度の鳴らし込みが必要と思われます。また、良く言われているのが側圧の強さです。確かにきつめの圧迫感は長時間のリスリングには辛いところですが、使い続けているうちに側圧が弱まるのを待ちましょう。. ヘッドホン初心者ですがレビューが無いので、レビューしてみました。音楽ソースはmp3、dapはiriver t60、transcend mp850です。この機種は「ws70の廉価版だろう」と思われて敬遠されがちですが、ws70に負けず劣らずとまでは言えなくとも、コストパフォーマンスが高い機種です。この機種の特徴は良い点:・オーテクの特徴である金属的な鋭い高音と、低音強化の機種らしく打撃感のある低音。ドンシャリ傾向。・ws50ではイヤパッドが楕円形になり、装着感が向上し側圧の強さによる装着感の低下をカバーしている。・思っていたよりも、音漏れが少ないこと。常識的な音量で聴けば電車の中での使用も可能だと思います。悪い点:・「ハウジングはws70とは違ってプラスチックだから汚れないだろう」と思って使っていたら、よく見ると ハウジングが指紋まみれになってるのが見えた。これは付属のクリーニングクロスで毎回拭いている。・楕円形イヤパッドには変更されているものの、低音を逃がさないようにするため側圧は強め。 個人差があると思いますが、2〜3時間ほど着けていると耳が痛くなってくる。 また、ws70とは違ってイヤパッドの大きさが変わり 耳に載せるタイプに変更されているので、装着感を「悪い」と感じたり、「耳に載せるタイプのイヤパッドは嫌」という人がいるはず。私個人としては総合的に判断して、「安くて音漏れの少ない屋外用ヘッドホン」としてお勧めします。. 利点と欠点 メリット コストパフォーマンスが素晴らしい。 格安&低音大盛り いい! デメリット 今までsonyの2000円で買ったヘッドフォンを使っていたのですが、壊れたのでこれに買い換えました。値段の差が1500円しかないとは思えないほど音が良くなってびっくりです。低音重視と書いてありますが、高音も綺麗です。ただ難点を挙げるならちょっと締め付けがきつい事と折りたためないので持ち運びに不便な事。でもやっぱり音はいいので★五つ!. 1万位のヘッドホンより鳴る!ipodなどポータブル機器には十分です!男性には若干パッドが小さいかも…側圧は高めで安定します。とりあえずデフォルトのイヤフォンからランクアップしたい人にはオススメ!!. ベスト … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-WS50 BK – 初ヘッドホン!

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica 密閉型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM30 WH – なかなかの逸品ではないかと

[デザイン]写真とだいぶイメージが違ってきます。ですが、決して悪いわけではありません。[フィット感]ぴったりです。ですが、イヤーピースが異様に変えにくいのがマイナスポイント。[音質]はじめ梱包を解いて使ったときは地雷を踏んだなぁ・・・って思ったんですが、エージング(聴き込み)をしてくるとびっくりしました。低音はしっかりとですが無理やり感が無く、高音はキンキン感が無くこれもまた無理やり感がありませんでした。ヴォーカルもきっちり聞こえ、まるで目の前で歌っているようでした。[音漏れ]してないみたいです(友人談)[持ち運び]これもなかなか難有りで、ケーブルが硬いのでしまいにくいです。使っている機器は、ipodnano第4世代、良く聴く曲はmj、wham、aquaなどの洋楽が多いです。マイナスポイントはイヤーピースの代えにくさ、後は持ち運びの際に仕舞いにくいの2点ですが、イヤフォンとしての機能は十分だと思います。イヤフォンの買い替えを考えていらっしゃる方にはピッタリの商品だと思います。. 第4世代のipod nanoに使用しています。私はオーディオマニアではありません。付属のイヤホンに比べると雲泥の差で、明らかに音が良いです。カナル型ということもあるのでしょうが、耳にぴったりとよくなじみ、クリアで深みのある音を響かせてくれます。2000円ちょっとの投資ということを考えればコストパフォーマンス抜群と思います。低音は、重低音をグォングォン響かせるという感じではないですが、まぁ十分かなと思います。買ってよかったです。. 思った以上に音質が良くて満足しています。買って良かったと思っています。. なかなか良い製品です。通常型のイヤーフォンに比べ装着に慣れが必要ですが、音質の良さは十分それを補います。音質は、もっと高額な機種と比べると値段なりですが、安価な機種と比べるとちょっと投資しただけの金額以上の向上が望めます。付属のイヤーフォンに満足できない、あるいは買い替えを検討している方にはぜひともお勧めしたいです。使いこなしとしては、エージングを行うと良い音が楽しめます。聞いている必要はないので、様々な種類の音楽を満遍なく大から小の音量で再生してやるとドライバーが慣れてかなり音質が向上します。. 茶に金というデザインは、近くで見ると値段なりですが、パット見には渋くてイイですね。音はオーテクらしくバランス型。カナルに重低音と遮音性を求める方には不満でしょう。音質は中〜高音がクリアで低音はしまっています。いわゆる出ないのじゃなくて出しすぎてない低音です。装着感は軽く、耳に負荷が少ないと思います。小さすぎて扱いづらい、という友人もいました。価格的にep-630より安く入手できると思いますが、あの機種について「少し低音が出すぎてこもってるなぁ」と感じる方は気に入ると想像します。そうそう、絶対にエージングはしてください。最初は薄っぺらい音ですが20時間を超えるあたりからよい方向に変わってきますよ。. 音は、まさしくオーディオテクニカ。シャカシャカするけど刺さらないしボーカルも丁度良いボリューム、ck32のように不自然でない。アコギもしっかり。とても聴きやすいですよ(^^ゞ低音もスカスカでなくドライバーがそこそこ大きいので、個人的には十分でした。ドラムも誇張しすぎずいいかんじです。ベースも重視したい場合は上位機種のckm50がオススメ。こちらは弱ドンシャリですが、キレの良い低音が楽しめます。装着感はかなり軽く、女性でもすっぽり入ります。見た目もつや出しがしてあり安っぽいとも言えれば、可愛いとも捉えられます。色が結構選べてカラフルですね。残念なのはy字分岐からのコード調節が出来ないことと、中途半端な長さの0. 6mコード(人によっては首から掛けるから丁度良いとのこと)くらいです。総じて使いやすく、金銭面の負担も少な目でお買い得と思います。蛇足かも知れませんが、音質向上を図りたい場合、sonyのex1というイヤーピースがオススメ。. Ipod純正のヘッドホンではすぐに耳から滑り落ちてしまうのでインナーイヤータイプのヘッドホンを探しました。電車やバス、雑踏の中など雑音の真っただ中で聞くので音質を求めるのも愚の骨頂と思い、価格重視で耳に突っ込むタイプで粗悪品でなけれは何でも良い!と思って買いました。インナーイヤータイプはコードを触っただけで雑音がすごいと聞いていたので、そこが心配でしたが普通にてくてく歩く分には全く問題なし。イヤーチップは4サイズあります。私はxsを使用していますがもう少し小さいのがあってもいいな、と思います。自分の耳穴がそんなに小さいなんて思わんかった…コードは途中でつないで延長して1. 2mくらいになるのでつないでいるジャックの重さが気になりますが購入前からわかっていたことだし、それでも耳から滑り落ちることはないので、まぁok。この価格でこれなら、十分及第点ではないでしょうか。. 非常に耐久性が悪く、すぐに断線してしまいました・・・。(強引に引っ張ったり、キャスター椅子等での踏みつけは無し)買ってから三ヶ月程で断線してしまい、一度修理に持っていき今6ヶ月になりますが、断線した状態で音楽を聴きながらこのレビューを書いています・・・。ただ、この価格でこの音質は魅力的かもしれません。低音はダメダメですけど・・・。高音がとてもシャープに聞こえます。ただ、音漏れがひどく、低音が周りの騒音等により掻き消されてしまう為実際に聞くとシャカシャカした感じになってしまいます・・・。. 利点と欠点 メリット 聴きやすいです。 価格も考え及第点。 安かったけど デメリット Two days after purchasing the original pair of ath-ckm30 inner ear headphones, i returned them because the distortion at medium volume was intolerable. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica 密閉型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM30 WH – なかなかの逸品ではないかと

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK – クリップが貧弱。2日で落とした。

2010年1月に購入、コードが長すぎる点(せっかくのコードレスの意味が減殺される)以外は、特に不満なく使っていました。接続状態も悪くなく、音も通勤での使用には問題ないレベル。ところが、1年目ころから電源が入らなくなることが数ヶ月に一回発生。ネットを見るとこれはこの機種特有の問題で、再ペアリングで対応できていましたが、先月、左側から音が出なくなって、観念して買い換えました。どうも、前者のトラブルは設計上の問題点のようです。新しいバッファローのbshsbe07asv ( buffalo ステレオイヤホン bluetooth 2. 1対応 acアダプタ付 シルバー bshsbe07asv )との比較では、ath-b202tのほうが圧倒的に音が良いです(bshが貧弱すぎるだけかも)。バスブーストしなくても(するとクラシックでは異様な音響に)、けっこう低音が出る(もちろん、コード式のそこそこに比べてはかわいそう)。新しいタイプが、上記弱点を克服しているものであれば、次はまたatに戻ってくるかも。. 正直言って改善の余地が多数ある製品です。特にipodとの愛称は悪いです。walkmanや携帯電話とは相性が良いので特に問題なく使用できると思います。ipodはosのupdate次第で改善されるかもしれません。本製品の問題点は次の3つです。イヤホンのコードが細くて壊れやすそうである。本体とイヤホンを取り外すことができない。ipodでは音量調節しかできない。. もうね、音質の良さとかそんなのを感じる以前の問題。クリップがすかすかなんだもん。落ちそうだなー、落ちそうだなー、ほら落ちた!てな具合で、もうパッケージしかない。悲しいね。. Sonyのdrc-bt30を無くしたので購入しました。大きさも重さも100円ライターくらいで、イヤーピースも一通りのサイズが揃ってます。iphone3gにて使用しました。以下、気になった点等々・・・【良】*bluetoothイヤホンの中では音質が良い方だと思います。*ペアリングボタンがあるので登録が簡単でした。【悪】*他のレビューでも書かれている通り、使用後2週間で電源ボタンが戻らなくなりました。保障が切れるのでお勧めしませんが、カッターで隙間を空けてからpowerボタンを外して、中の小さなスイッチと下の金属とのプレートの間に小さく切った画用紙を差し込むと改善しました。*クリップが少し弱いです。*コードの長さがやたらと中途半端で服の裾には付けられないし、胸ポケットに付けるとコードが邪魔です。エフェクトボタンは押すと高音が割れるので使ってないです。環境にもよりますが音切れは少ない方だと思います。イヤホンの取替えやバッテリーの持ち、電源ボタンの異常がちょくちょく報告されていることを考えるとソニエリのhbh-ds205mkの方が良いかと・・・. 利点と欠点 メリット 悪くはないけど、1年半で壊れました 初のBluetooth クリップが貧弱。2日で落とした。 デメリット 特徴 audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:Bluetooth 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):24000Hz ベスト audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK 買い取り

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-BT02T BK – クリップが貧弱。2日で落とした。

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica DJモニターヘッドホン ATH-PRO500 SV – 音はいいんですが・・・

Mixモニタ用に購入したのですが、低音が出過ぎでバランスがとれずに本来の目的は達成できませんでした。出来上がった音源を出力するためのモニタとしては好みが入っていいと思います。音を作り出す人が、他人に聞かせるための音を作成するためのモニタとしては、向いていませんね。これは私の商品に対する理解不足でした。低音を楽しみたい場合に利用しています。モニタ用にはsony mdr-v6を購入して満足しています。. 重低音、高音と良く出ている。音漏れも気にならないし、周りの音もまったく入ってこない。自分一人の世界にどっぷりと入れる。仕事を終え、夜のひと時を楽しませてくれる。. 元々同社のath-pro5を購入しようと思っていたのですが、電気屋にオーディオプレーヤーを持参して視聴したところ、予想以上に好みの音だったのでこちらに決定。そもそも、ath-pro500はath-pro5の倍ほどの値段なので、較べてはいけない気がしますが. 音質自体は、モニターヘッドホンなのでそれなりにいい音を出します。高音は伸びが良く、低音はdjヘッドホンの割には少し弱いかな、という感じです。低音やノリで選ぶならath-pro5をおすすめします。dj用のモニターヘッドホンなのでクラシックなどをよく聴く方は他のヘッドホンを考えた方がいいと思いますが、全体的にきれいにまとまっている音なので、大体のジャンルで使えると思います。付け心地は少々きつめで、長時間付けていると少し痛むかもしれませんが、dj用だということを理解した上でそこは大目にみました。ほとんどのヘッドホンのコードは3mくらいの物が多くて、オーディオプレーヤーにつないで持ち歩くには邪魔すぎますが、このヘッドホンは片出しカールコード採用、120cmで、これなら邪魔になりません。コードの長さでこのヘッドホンを選んだのも理由の一つです。ヘッドホンもピンからキリまであるので、これよりもいいヘッドホンはいくらでもありますが、下手に高いヘッドホンを買って後悔するよりも、この辺で手を打ってみてはいかがでしょうか。信頼できるメーカーの物なので、買って損はしないです。私はとても好きな音なので大満足です。. ヘッドフォンの購入は数十年前にヤマハのマリオベリーニ?氏がデザインしたオープンエア式以来です。ヘッドフォンを使う時は「聞くぞ」とばかり集中して聞きたいとき、ストレス解消したい時です。DJ仕様とのことで耳あてのテンションが高すぎるとの指摘が多いようですが、大音量で聞く時などは、この圧が緊張感を増幅し、また、スッポリ耳全体を包んでくれるイヤーバッドも気持ち良いです。なお、ロック、クラシック、パロックと幅広く聞いてますが、意外とパイプオルガンの低音も結構いけます。. Dj用のモニターヘッドフォンとして購入しました。人によっては締め付けがキツいというコメントもありますが、dj用として考えると長時間はめたままでないので、丁度いい締め付け感と思います。逆に自宅ユースだと長時間はキツイかも知れません。音はオーテクの音で、個人的には好きです。周波数帯域も広く、モコっとした感じもなくて聞きやすいと思います。上位機種の700も考えましたがヘッドフォンは元々消耗品だと思っているのでこれ位が自分には手頃だと思いました。. みなさんが書かれているように締め付けは若干キツい感じがしますが長時間しなければ大丈夫かと思います。また、上位機種を狙っていたのですがレビューで”消耗品”と書かれていたのでこの機種を選びました。でも音質もメリハリのある音で満足しています。たまに外出時使っていますが問題ありません。. エージングが済んでないからかもしれませんが、多少高音がガチャつきます。モニターヘッドホンなので、解像度は高い方だと思います。1. 2mのカールコードは携帯プレーヤーを鞄に入れて歩く人にはちょうど良い長さではないでしょうか。.  ハウジングの樹脂の素材感とかは、安っぽい感じがしますが(価格からするとしかたない…)イヤーパッドはしっかりしていて、密閉型の割に圧迫感を感じさせません。 短いカールコードはアウトドアユースにぴったりですが、逆に自宅専用としてはちょっと短い感じがします。 低インピーダンス、高出力音圧レベルなので、ポータブルオーディオ機器でも十分な音量が得られます。 音色はまさにモニター用という感じで、クリアーな中高域とタイトでハードな低音で、音楽ジャンルは問いません。録音ソースの音質に正比例して音質が良くなる感じで、決して補正して聞かせてくれるタイプのヘッドホンではありません。所有するY社、S社の3万円台のヘッドホンに比べても遜色がなくとてもお買い得だと思います。 なお、音量を上げて使ったほうが実力を発揮します。. 利点と欠点 メリット デザインは最高 手頃なDJ用ヘッドフォン 曲のコピー用に買いました デメリット 音質は問題ないと思います。ただ、重いので長時間の使用は少しつらい気がします。外で使うにはかさばるので、自分は室内用ですね。持ち運びに便利な革製の袋がついていますが。. 某大型量販店にて比べました。まず見た目で無駄にドライバ部分のハウジングがでかいモノは却下してまたウレタン部分が耳に接触しにくいモノ。蒸れてしまうとダメなんで。そして音質は低音がそこそこ鳴ってそれでいてドンシャリでなくフラットに近いこと。以上の個人的主観をクリアしたのがこれでした。音質重視であれば他の選択肢があったと思いますので街中でも気軽に使えるモノを考えてる方には選択肢に入れてもいいのかなと思います。. まず価格が安く、それでいてしっかりしていそうなので購入しました。見た目はそのままでかなりゴツめで黒の色もカッコよく、音質も…僕は音についてはド素人なのですが高音も低音もそれなりにちゃんと出ているような気がします。ですが問題なのは装着時の圧迫感。結構強めな感想です。物が重いからでしょうか。長時間の装着には頭が痛くなってきます。もともと長時間使用する僕にとっては少しネックですが、短時間の使用でしたらしっかりと装着できているという意味で良いんではないでしょうか。. 送品ではなくもののレビューを・・・他の方もおっしゃっているとおり側圧がたかいです。僕は眼鏡を着用していますが99%ずれます。それに痛いです。低音はそこそこですが頑丈そうだし音域もかなりあるので買って損はしないでしょう。あと、カールコードは取り外せず、クルクルをのばさなくてもそのままで1,2mもあるのでかさばったりもしますww. 理想のヘッドホンを探し続けて早10年…耳の穴がデカイのでイヤホンはすぐ落ちるしデザイン的にもヘッドホン派。デザインは間違いなくイイちょっとゴツめでdj仕様だけあってタフ乱暴者にはありがたい。音はクリアに聞こえればそれ以上のこだわりはないので問題ない。ただ使いはじめたばっかだからか少し濁って聞こえる時がある。問題は装着感。圧迫感と違和感がちと厳しい。いつも思うんだけどイヤーパッドが伸ばせるならヘッドラインは少し短くてもいんじゃね?普通の状態でパッドがしっくりきた試しがない。耳じゃなくアゴの関節に付けてる気分になる。自分の耳の位置が標準より上にあるんだろーか?やっぱりこだわりたい人は直接自分の手で確かめるべき。もっと高価で良質な物もあるがキリがない。頭へのストレスがあるから星4つ。これも慣れでしょうな。そこそこイイ物を探してるならこれで十分。何台も潰してきたけどしばらくこれに落ち着こうと思う.  悪い商品ではないと思うが、一番のネックは装着感だと思う。 堅い、重い、きつい。最初気になったのは頭頂部の圧迫感。次に両耳に対する圧迫感。これは外側の圧迫感だけでなく、ちょうど鼻が詰まったときのような、耳の中の圧迫感につながってくる。この圧迫感のおかげで、音の聞こえ自体に違和感が生まれてくる。ヘッドホンそのものの音は、決して悪くないと思うし、コストパフォーマンスを考えれば、いいのかもしれないと思うのだが、この装着感には、少々閉口した。 装着の方向とか、当て方とか、色々と変えてみたが、あまり変化がない。これはDJ用のヘッドホンと言うことで、ライブハウスなどでの装着を旨としているなら、この重く、きつい装着感は、必要なのかもしれないし、見るからに頑丈な作りで、それは良い点なのだが、購入する前に、その点をきちんと確かめるべきだと思う。レビューを読むだけでなく、お店で実際に装着してから選ぶことをお勧めする。但し、装着感は一度や二度、短時間装着しただけではわかりにくい。私自身、事前に店舗で装着を試していたのに、わからなかったから、その点はよく気をつけた方がいいかもしれない。 ヘッドホンは意外と選ぶのが難しいと痛感した。 . 弟の誕生日プレゼントとして購入。ついでに聴かせてもらったが自分も欲しくなって買いに行った。売り切れてた。orz迷った挙句sonyのmdr-z600を購入したけど正直 こっちのath-pro500 svも諦めきれてない状態。高音から低音までしっかり聴ける商品です。適度な重さも大きさも個人的には大満足。通勤や通学等で使用する場合、密閉型ならこの大きさが限界なんじゃないかなぁ・・・これより大きいと邪魔だし目立つし。ってな具合ですよ。給料出たら買うつもりっス. 気に入ってたシリーズなんですがローの鳴ってる帯域が低くエレキベース系がズンッとこない気が. (自信ないんで)ベースは空振りでキックばかりが目立つ(でも自信ないんで)形は大好きですがカナルのba型にはまって以来聞けなくなってしまいました. Having changed my main headphone from ath-a55(audio technica) to this one, i’m … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica DJモニターヘッドホン ATH-PRO500 SV – 音はいいんですが・・・

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ATH-EM700 BK イヤフィットヘッドホン – まずカッコイイ!

毎日使うものだから、スタイリッシュでよさそうなものを探してました。このくらいのサイズの物の中でいちばんかっこよかったのでこれに決めたのですが、使ってみてびっくり!今までipod付属のイヤホンで毎日きいてた曲がまるで別のアレンジの曲になったような錯覚におちいりました。毎日ちょっと贅沢な気分が味わえる逸品です。. 付け心地もなかなかよく、主に高音に優れたヘッドホン。エージングすればするほど、いい音を出してくれます。ただ、耳が大きい人だと、スライドを伸ばしてつけるので、その分耳から距離が離れて低吹音が弱くなります。初期設定価格も安価なので、非常にいいものを買ったと思います。. 音質、デザイン、は申し分ないのだが、、、とにかく、長時間使っていると、耳が痛くなります。ath-eq77を使っていて、高音質を求めて購入したのですが、着け心地はath-eq77ほうが全然いいですね。. 耳かけ式の為か安定性が多少ぎこちないとは思いますが、慣れてしまえばどうって事は無いはずですaudio-technicaならでは音質に関して悪くも無いので、ヘッドホンのイメージチェンジなどしたい時手元にあると便利でしょう. 元々このp3をプレイして、このタイプのヘッドホンが欲しくなっていたので購入しましたが、カナル式と違って耳栓のように真空にならないので長時間使っていても全く苦痛になりませんし、このタイプならではの開けたり閉めたり出来るのがcoolです。流石に構造上音漏れなどは激しいのでもっぱら室内で使用していましたが、未だにipodについてくる付属のイアホンを使っていた父親にプレゼントした所とても喜んでいました。. アームレスヘッドフォンを買い換えようと思ってみつけたのがこれでした。価格も安すぎず高すぎずといった感じで、デザインは流石atというべきか洗練されています。軽いので装着してもあまり疲れることはありません。音質はとても良いです。低音は弱めですが高音のシャープさでカバーしていると感じました。ただ、このタイプのヘッドフォンには仕方の無いことですが、外の音をカットしてくれないので、幹線道路の近くなどでは聞こえにくいです。家で聞くのならイチオシのヘッドフォンだと思います。. インナーイヤー(耳に刺す密閉式のやつ?)からこっちに変えました。少し耳にフィットしにくいですね。あと音量を上げすぎると普通に音もれます(笑あと高音域がなァ〜・・・・まァデザインがシンプルでかっこよくオシャレにぴったり(?)です(笑音も綺麗で聞きやすいです。オーディオテクニカだし買って損はないと思います!. オーディオテクニカはデザインが良いのでヘッドホンをよく購入しています。インナーイヤータイプだと耳が痛くなってしまうのでいつも耳かけタイプを選んでいます。耳かけの部分がプラ製だとやはり耳が痛くなってしまい易いのですがラバーサポートは痛くなり難くて良いです。ちなみに私は眼鏡をかけていますが眼鏡をかけたまま使用しても特に問題ありません。以前はath-em7を使用していたのですがこのath-em700は音質が格段に良くて驚きました。各部の造りもしっかりしていて壊れにくくなっています。但しコードはかなり細くて頼りない感じになりましたが・・・。生産完了モデルですが元はメーカー希望小売価格が税抜¥12,000なので現在の価格は割安なのも良いと思います。. 利点と欠点 メリット 良いことは良い。 やはりデザインが良いですね これはいい買い物 デメリット 特徴 audio-technica ATH-EM700 BK イヤフィットヘッドホン モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:100 mW 重量:25 g ベスト audio-technica ATH-EM700 BK イヤフィットヘッドホン レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ATH-EM700 BK イヤフィットヘッドホン – まずカッコイイ!