Tag Archives: Audio Technica(オーディオテクニカ)

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica dip カナル型イヤホン iPod/iPhone/iPad専用 レッド ATH-CKL202i RD – 好きな音です。

しっかりとした包装で届きました。早速使用してみると、レビューで読んだ通りの良音質で「これが600円?!」という感じでした。デザインも可愛いく、耳からも落ちにくいです。また、コードが思ったよりも太く、丈夫でした。ただ1つだけ改善点があるとすればほこりの付着についてでしょうか. インナーパッドの部分にほこりがとても付きやすく、取れにくいですが、その他の部分では十分満足できる商品だと思います!. カラーよりもコードの復元性というか仕舞う為にコードを巻いておいてもすぐに元に戻ってしまいます。音は普通です。この価格ですからよい音質は望めません。. ずっとaudio-technica製品を愛用していますが、配線が壊れた為新調しようと家電屋さんに見に行きましたがamazonだと断然安いので即買いでした!他で買わなくてよかったです笑. 少し小さめなので最初は着けづらかったが慣れてくると違和感なく使用でき、音もそこそこよかった。. 値段の割りにいい音です。いい買い物だと思います。次も購入しようと思います。. 個人的に凄くいいと思いす! コードが長いのが気になるけど、巻き取る物があって便利でした!. Pc作業用に買いました。問題なく使えます。安くて満足しています。. L型の変換ケーブルが、一部のスマフォ専用で、私の(n-03e)では、使えませんでした。一部のスマフォでは・・・って書き方なしだよ。. 利点と欠点 メリット 良い音です! これまでに出会った中で一番いい!! お気に入り デメリット 値段の割に音質もよく、使い勝手には満足ですが、使い始めて一か月でプラグ部分が断線し、右チャネルが聞こえなくなりました。amazonで買ったのですぐに交換してもらえたのでその点は満足していますが、l型プラグでは曲げストレスがかかりやすく、内部断線しやすいのではと思われます。見たところオーディオテクニカさんのイヤホンはすべてl型プラグのようですが、なぜストレートプラグにしないのでしょうか。少なくとも私の使い方においてl型プラグは使いにくいだけで、良かったと思うことは一つもありません。. だいぶ時間が経ちましたが 音はどんどんよくなってます。欠かせない商品です. 今まで使っていたウォークマンのイヤホンが壊れたので一旦安いイヤホンでもイイと思い購入しました。値段が1000円以下ととても安く、音質も良いです。自分は音質とか言われても全然分かりませんが悪くはないです。が、個人的に付け心地はちょっとイマイチでした。イヤーピースを小さいものにしても、若干きつく感じました。まあ問題ないと思います。. とても音は良いです。しかし、せっかくスマートフォン用を買ったのにコントローラーが使って1週間で使えなくなりました。音楽を聴く分には然程支障は無いのですが、通話などの時にマイクが使えないので少々不便です。. 音も悪くなく良いです。デザインもカッコいいです。ただ壊れてしまいました。接着剤が剥がれたのかロゴの部分が取れてしまった。もしかしたら壊れやすいのかもしれません。. 色が原色というか綺麗なグリーンで店頭でひとめぼれしてamazonで検索したらお安かったのでこちらで購入。耳の穴が小さい?ためインナーイヤーにしましたが、少し大きかったような。。。少し急に動かすとぽろっと落ちますが、音も見た目も綺麗で気に入ってます。. 結果、これに落ち着きます。低音も高音も、よく聞こえると思う。. Iphoneに挿して使っています。移動しながら電話することが多いので、何かと重宝しています。また、音楽を聞くときも曲の早送りとかも手元のスイッチ?でできるので、わざわざiphoneを触らなくていいので便利です。手袋をしながらでも操作できますし。. どこも売り切れで、良かったです。さすが、アマゾン品揃えに満足です。. 特徴 audio-technica dip カナル型イヤホン iPod/iPhone/iPad専用 レッド ATH-CKL202i RD モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:200 mW 重量:3.5 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica dip カナル型イヤホン iPod/iPhone/iPad専用 レッド ATH-CKL202i RD – 好きな音です。

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica PREMIUM COMPACT カナル型イヤホン ブルー ATH-CKN70 BL – イヤピについて

全体的にまとまりが良く、低音も良く出ています。ボーカルメインの音楽聴く人には向いてるかも?密閉度が良く音漏れもほとんどないので電車内でも気兼ねなく楽しめます。u型コードなのでl,rが直ぐ判るしコードも固めだから絡まりにくくてgood。難点はイヤーパッドの交換が結構大変で特徴のリングを壊しそうで怖い。コツはイヤーパッドをひっくり返してから穴をはめると上手くはまります。音出部には浅めにダンパーが入ってるので耳垢取のメンテナンスは楽ですね。. 以前使っていた物よりカナリ こちらの製品の方が低音も高音も良いやっぱり オーディオテクニカだね. 音質は、値段相応です。オーディオテクニカの音が好きなので、特に不満はありません。でも、線が長すぎ。選べるか、延長コードで対応してもらえたらと思います。. 装着感がよいということで、この機種を購入した。なるほど耳にピッタリフィット。大きさもコンパクト。また、音が、いい。前に使っていたソニー sony mdr-xb30ex と聴き比べる。sonyの方がこもって聞こえる。こちらの方がよりクリア。以上がよかった点。次に、気になる点。コードが左右長さの違うu型。うーん、y型がよかったのだが、・・・。あと、気になるのはやはりコードで、絡んだのをほどこうとするが、すぐにほどけてくれない。コードを巻き取れるものも付属していたが使い勝手はもう一つ。音がいいだけに、コードがもっと使いやすくなればよいのだが・・・。. 低音域から高音の抜ける部分まで明瞭に聴き取れます。難点をしいて挙げれば、コード巻き取りツールをもう少し滑らない材質にしてくれたら100点. 素晴らしいコスパも良くて最高やなたね(ゆてなまたはまねゆるさな. Value for money and this little earphone really sound amazingly good and the bass is well control. 素晴らしいコスパ!付属イヤホンしか使ってなかったので、ものすごく良い音に感じます!. 利点と欠点 メリット コードが絡まります コスパ最高、これがいい! くっきりとした音 デメリット よくある耳栓型なのです。私の耳穴は小さ目で、耳栓を使うとき苦労します。それを忘れて購入してしまいました。すぐ外れる!!!ストレスになるので主人にあげました、が、イマイチみたい・・・。. Good good good good good good good … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica PREMIUM COMPACT カナル型イヤホン ブルー ATH-CKN70 BL – イヤピについて

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン – 物理ボリュームは用途が限られる

正直自分には音質の良さがわかりませんでした。値段のわりに高級感がありません。また、イヤホン部分の構造が雑です。. ウィルコムのスマートフォン、『digno dual 2(wx10k)』と共に使っています。まずは通話機能ですが、マイクの位置がイヤフォンを耳にはめたら僕のみぞおちとオヘソの間辺りにくるので「口からだいぶ離れるけど話し声ちゃんと拾うのか?」と最初心配はしました。けど話してみると相手方には「いつもの電話以上にはっきり聞こえる」と、すこぶる感動されました。着信時にはボタンを短押し、通話終了する時はボタン長押しするだけ。とても快適に通話が出来て、それだけでも嬉しいです。音楽の聞こえ方も文句ありません。とてもクリアです。物理的ボリュームスイッチは、個人的には最小にしたら消音でも良いんじゃないかとは思いましたが。オーディオテクニカの製品は、店舗によっては実際に手持ちのスマートフォンとの相性をチェック出来るよう、店頭にサンプル展示していることがあるようです(実際僕もそれで確かめてから購入しました)。電気街や大きな家電量販店などをちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。. イヤホンはそんなに得意じゃなかったのだがこの商品は良かった。まず、サイズ違いのイヤープラグが3組入っており、たいていのイヤホンが緩い私はとても助かった。音は、ややノイズキャンセルが効いているので周囲の音が聴こえづらく、不安になるが、慣れればとても快適。低音もしっかりクリアに出るしなにより音漏れが少ないので電車でも気軽に使える。iphoneで音楽を聴くときにも、いちいち画面をつけなくてもボタンで再生/停止、次の曲へ送れる。欠点といえば、ボタンを2回押すと次の曲に回せるのだが、結構短い感覚で押さなければならないことで、かなり頻繁にミスって単なる一時停止をしてしまう。またボリューム調整はそんなに繊細ではない。音楽プレイヤーやスマホ本体でボリューム調整をしたほうがよい。まあさほどの欠点ではなく、総合的にはそこそこ以上の買い物をしたと思って満足しています。. 音質と値段のバランスが気に入ってオーディオテクニカを愛用しています。しかし、このシリーズにはダイヤルを回す音量のボリュームと、上下のスイッチのみでコントロールするものの二種類あるようです。この商品は前者ですが、これがくせ者。iphone、ipodなどでの使用中、ある程度の風圧をこのコントローラーに受けると再生音がプチプチと途切れます。ジョギング、自転車、オートバイ(自転車オートバイでの使用はしないように内部の取説に書いてあります)で使用する方は購入しないほうがいいでしょう。メーカーでは症状を把握していないようで、返品対象となりませんでしたので、私は残念ながら捨てました。. Suit for my own mobile phone,sounds good. Ipodtouch(5th)で使用しています。手元でボリューム、再生停止が出来るので便利です。説明書に書いてないですがコントロールボタンを2回連続で押すと次の曲にスキップしてくれます。(ipodtouchだけかもしれないのでご注意ください)イヤピースも4種類の大きさを選べるのでいいと思います。イヤピースはやや固めです。. 以前購入したaudio-technica のボリューム部分が上下させると左右バランスが狂う症状が出始めました。そろそろ限界か?と思い家電量販店でsonyの商品を購入して見たら、これが信じられない程ひどい音で・・・速攻audio-technica で探したのがコレです。以前購入品の上位機種なので、色がブルー系が欲しかったなぁと思いつつ購入しましたが、音の質も上位機種という感じで、音楽アプリ側でイコライザーで調整後は聞き飽きたはずの楽曲まで聞き入りたくなる程です。とくにドラムなどの打楽器系の輪郭がハッキリとして、とても好印象です。ただイヤーパッドだけはaudio-technica のは丸っこくて密閉性が悪く、私の耳に合いませんので、丁度先に買ったsonyのものに付け替えました。 これで完璧です。. この値段ならこのぐらいかなって感じです。特に文句はありません。. 利点と欠点 メリット Android用としては現時点最高峰 スマートフォンとの連携が完璧。 とても良いです。 デメリット あまりにも多くの商品があり、視聴が出来ない状況でたまたまこのメーカーの製品のユーザーの評価に目が留まり購入してみました。他の製品との比較ができませんが、気に入りました。. 音質も作りも使いやすさもよく考えられています。もう少し価格が安ければ最高です。. 高音〜低音までの音質はとても良い。 音量調節がアバウト。 音量がmax近くなると音漏れが気になる。. 特徴 audio-technica スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン(ホワイト) ATH-CKM500iS WH モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン – 物理ボリュームは用途が限られる

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オンイヤーヘッドホン ポータブル きせかえキャップ付 ブラック ATH-WM77 BK IM – デザインが気に入った

耳にハウジングが密着していて、暑苦しい。物を見ないで買って後悔しました。買い替えるかも・・・. 音は景気のいい音です。中高音が結構出てますし、低音もそこそこ、いつもより多めに鳴らしております的な明るいサービス精神旺盛な音だと思いました。なので、特にいい音を求める人には別機種が合っていると思いますが、外聴きなら暗いより景気よく楽しく聴きたい、そういう人には合っていると思いました。個人的には好きなタイプの音です。明るく聴けるイヤフォンで気に入ってます。家使いでも、少しだけ聴きたいと言う時に、コード伸ばして使用して、するっとコード閉まってポンと置き場所にかけるという使い方ができて、便利ではあります。短所としてはコードは巻き取り式なのですが、これはボタンで巻き取りではなく、プラグをヘッドホン横の穴に差し込んで巻き取るというものです。なので、ちょっと伸ばし過ぎてしまって少し調節したいなと思った時、わざわざプラグをこの穴に差し込まないと巻き取れません。これがちょっと面倒。もし、すでにプラグをプレーヤーに差し込んでいたら、これを外し、調節穴に再度差し込んで調節しなければなりません。そして、夏は、この手のクッションイヤフォンの運命なのですが、耳の汗がまわりにつきます。音は個人の好みだと思うのですが、自分は好きだったのでこの評価です。少しこもった感じはしますが、外聴きだし、楽しく聞かせてくれる方が嬉しいやや鳴り過ぎのようにも感じましたが、そういうコンセプトかもしれません。. プレゼント様でしたが凄く満足してくれました。買って良かったです。. ヘッドホンとしての機能は問題ありません。コードの巻取り機構についてはコードがフラットケーブルになっているため以前の機種の様に巻き取りの際にねじれることがなく断線しにくくなっているように思います。折り畳み機構については平べったくはなりますが小さくなる訳ではないので鞄のサイズによっては収納に困るかもしれません。以前の機種と同じくスピーカーとヘッドセットをつなぐスライド部分の強度が弱く、丁寧に扱わないと割れたり折れたりします。3か月で破損してメーカーに交換してもらいました。購入される場合はその点に気を付けてください。. 右のスピーカはロック部が破損し、左はロック部が外れ抜けてしまう。コード収納がなかなかうまくいかず。. 初めに電気店で実際に視聴して一目惚れし、今回購入に至りました。直接肌に触れる部分はクッション性があり長時間つけていても疲れにくく、メガネを掛けていても痛くなりません。なんといっても巻き取り式のコードがとても便利です。コードは幅5mmほどの平べったいかたちになっており、断線も絡まりもしにくく、巻き取り易い形状になっています。写真ではわかりにくいですが、サイズ調節部分の金属のパーツがデザインのアクセントになっています。壊れてもまたこれを買いたいほど気に入りました。気になった方は是非お店で探してみて欲しい商品です。. コードを収納できる画期的なヘッドホンです。使いたい分だけ引っ張れば準備OK。使用後は、イヤホンプラグを本体に挿せばメジャーのごとく、ザザーンッっと一気にコードを収納することができます。この際、コードにメモリを書いておけばメジャーとしても使えそうです。きせかえキャップは気分転換には良いと思います。見た目もガラッと変わるので、飽きたら付けてみるのもいいと思います。重低音はさほどありませんが、音は大変綺麗です。とてもコンパクトですし、持ち歩きたい方にはオススメです。コメント コメント | 固定リンク. ステレオミニジャックのケーブルが巻き取れて邪魔にならないだろうと思い購入しましたが、この巻き取り機構が壊れやすい印象を受けます。最初はあまりにも早く壊れたので返品交換をしてもらいましたが、交換品もさほど使わないうちに壊れてしまいました。子ども用でしたので、使い方が荒かったのかもしれませんが、巻き取る機構になっているからには何十か何百回その動作が繰り返されることが想定されるわけですから、もう少し丈夫なつくりの方がよいと思います。. 利点と欠点 メリット I don’t know what it happened 贈り物様に かっこいい デメリット ◆料理を作りながら使ってみました。(過去に何度かブラブラしたイヤホンのコードを、調理中のナベの中で泳がせた事があります。^^;このようなことは無くなりますね。◆ペッタンコのコードが掃除機のコードを収納する時のように自動的にハウジングに巻き取られ、長さが簡単に調節できます。コードを伸ばしたい時も最大1メートルまで引き出せて使い勝手抜群ですが、フルに伸ばしてもテレビ用には短すぎます。装着感も良く。側圧も良い感じで多少の動きでは外れません◆ipod-shuffleをシャツの襟もとにつけて線長を20cmくらいにしてやればコードレスヘッドホン感覚です。◆ヘッドバンドが折りたたみ式でないので、携帯性は良いとは言えません。(折りたたみ式が嫌いなワタシにとってはこれで良いです)◆アラフォー世代のワタシがアウトドアで使うにはちょっと抵抗を感じる大きさ&デザインです。【室内用として音質重視で聞いてみた】(100時間近くピンクノイズでエージング後、このモデルから私の感じた「再生音」について書きます。ヘッドホンの音は、全てが数値で表現できるものではないため音の良し悪しは人の好みによっても意見が分かれる所かと思います。とりあえず私の初感を以下に簡単にまとめます。◆【総合】愛機 planex plhp01b (¥4800)比ソツなくまとまっており色々なジャンルの音楽でそれなりにオールマイティに使えます。良く言えば、ほんわかした懐かしさを感じる音です。悪く言えば、一昔前のスピーカーにあった「箱鳴り」っぽい音?爽快感を感じない・・・。こもっている・・・?←音を言葉で表すのは難しいです。◆【低音の再生】ティンパニーのドスドスとくる低音のアタック感は良い感じです。◆【中音の再生】plhp01bより格段に良い!rock’n rollのギターは感動もの!!この中音再生能力は秀逸です。◆【高音の再生】ホンの少し隠れ気味。(私にしては気にならない程度)シンバルやハイハットのアタック音を好まれる人には物足りないかもれません。裏返せばシャリシャリ感は少ないです。やっぱり音質を追及するには諭吉さん級でないと無理かなぁ。このまま更にエージングが進んでいってどのように化けるか楽しみです. 大音量でなければ音漏れしません[ほとんど]耳をあてる部分が少し壊れやすそうです。長時間でも耳は痛くなりませんでした。. 無線タイプは高いし、線はじゃまだし・・・巻き取りタイプのヘッドホンを探していました。以前のは線を束ねていたため線が切れてしまい使い物にならなくなりました。値段もやすくデザインもかっこいいです。使い始めなのか少し締まりがきつい気がするので-1音も問題なく買ったかいがあります。. とてもシンプルで無駄のないデザインです。コード部位も携帯に適したように造られていて良かったです。イヤーパッドはサイズが小さいので確実に耳を押し当ててきますが、押し当ててくる力が絶妙なので痛くなることはなかったです。音漏れに関しては大音量で聴かなければ大して漏れませんでした。音質は可もなく不可もなくといった感じです。ポータブルヘッドホンとしては上々の完成度だと思います。. 新設計のドライバを採用ということで、音は高音から低音までほぼまんべんなく出てはいる感じですが、全体的に篭り気味でヌケは悪く、スケーラビリティには難がある印象です。特性上中音域の音声は聞き取り易いですが、特に高音・低音に味付けがされているわけではないので、音楽鑑賞・映画鑑賞等の用途では迫力不足と感じる方もいるかもしれません。エイジングで変化する可能性はありますが、第一印象では音質にはやや不満がありますね。コードはレフト側のハウジング下から引き出すフラットなタイプで、クセがないため絡まりにくい特徴があります。コード長が1mと短めで、プラグは3. 5mml型ミニなので、スマートフォンのような携帯端末との相性が良さそうな設計です。逆に1mではオーディオ機器に直接接続する場合長さが足りない可能性があるので、自分の利用目的に合っているかどうか事前に確認したほうが良いでしょう。なお、インピーダンスは35Ωとモバイスデバイス用としてはやや高めのため、スマホ等の内蔵アンプでは十分な音量を確保できずに真価が発揮できない可能性があります。少なくとも低インピーダンスのイヤホンと比較すると電力を多く消費することには繋がると思います。コードは左ハウジング内部に全て収納できます。掃除機の電源コードのように結構な勢いでシュルシュルと巻き取られていく様は面白いですね。ただしコードを収納しても本体までもが折り畳めるわけではないので、ヘッドホン自体の携帯性・収納性は今ひとつです。また、コード収納時にねじれていると最後まで収納できないので、巻取り前によく確認する必要があります。ねじれたまま巻き取ってしまった場合は、一度プラグをプラグレストから抜いてねじれを直し、再度巻き取る必要があるため二度手間となります。さらに、万一無理な力でコードが限界の長さ以上に引っ張られると、その構造上断線の危険性もあるため、取り扱いには慎重にならざるを得ず、それがストレスとなるかもしれません。ハウジングキャップは黒・白の二種類が付属しており、シーンによって交換できます。ただしイヤーパッドの替えはなく、しかもぴたりと耳朶に張り付く平面的な形状のため、経年劣化による合成樹脂のひび割れや剥離が気になるところです。装着感については、きつすぎて痛くなることもなければ緩すぎてずれることもないので特に不満はありません。密閉型ですがイヤーパッドに厚みがあるため、遮音性は今ひとつで少し音漏れするようです。混み入った電車内等での使用は控えたほうが良さそうです。ポータブル端末に適したポータブルヘッドホンというコンセプト自体は良いと思うのですが、やや細かな部分で詰めが甘い印象です。とはいえ比較的コンパクトサイズで値段も安価ですし、デザインもすっきりしていて好印象です。手持ちのヘッドホンが大きすぎて、アウトドア用に買い足したいという向きにはマッチしていると思います。なおコードが収納できるということには意外なメリットがあり、bluetooth小型オーディオレシーバーとの相性がバツグンです。しかもこれはハウジングキャップが取り外せるタイプなので、例えばこのようなレシーバーをキャップに両面テープで貼り付けると、簡単にワイヤレスヘッドフォンとして使えます。キャップ表面は綺麗な平面なので、しっかり貼り付けられます。もちろんコードは収納できるので邪魔になりませんし、有線で使いたい場合はキャップごとレシーバーを取り外せば良くお手軽です。. 音質は可もなく不可もなくといった所。音量はなかなか出してくれます。ただ、全体的に籠った感じがします。高音の場合はそれが顕著になったと感じました。ですがこの値段では許容範囲だと思われますのでご安心を。装着感についてです。長時間着けていても疲れません。この時期は蒸れますのでご注意を。ただ気になった点としては耳が大きい方は少々違和感を覚えるかもしれません。自分は大きい方だと思っていますが、慣れるまでにかなり時間がかかりました。音漏れはあります。折角、音量を出してくれる物だけに残念。遮音性は高いです。さて、今回売りにしているコードが巻き取れるという事ですが、全く生かし切れていないと感じました。むしろ中途半端だと思います。まず、巻き取れるのだからもっとコンパクトに畳めるようにして欲しかった。次に、巻き取り式により、コード調節、コードの長さ(約1m)が犠牲になっている。そして、コード巻き取り機構の耐久性の心配。などなど、不満点が目立ってしまいました。音量も出してくれて、音も値段の割にバランスよく出してくれていたため、上記の不満点により少々残念に思いました。. 耳触りがいいです。はやく悪くはなると思いますが、ストレスがないです。音もわりといいと思います。 デザイン好きです。. Iphone5での使用レビューです。オーディオテクニカのヘッドホンは自分で使用したことはなかったのですがこれといって何か不満があるという音質では無く普通に聞こえます。と、これではあまりレビューになりませんが当方あんまり携帯オーディオには音質のこだわりはなく、またあまり大音量で聴き流していないのであまりにも酷い音質でなければ割とどれも同じ様なものと思っています。そんな中でこのヘッドホンの良さといえばまずは巻き取り可能なコード。そして見た目にも携帯性にも優れている部分ではないかと思います。巻き取り可能なコードは約1mの平たい形状のもので収納時にちょっと巻き取りにくさはわるものの使わない時のコードの煩わしさから解放されるのは良いと思います。ハウジング部も黒と白のキャップが附属しており自分の気分によって手軽にアレンジして使用できる遊び心もなかなかです。私は普段から眼鏡を使用していますがパッド部がそこまで大きくないので干渉しませんし柔らかい素材なので長時間付けていても痛くはならないと思います。ハウジング部を折り畳めば鞄などに出っ張ることなく入れられるので普段から出掛ける時に音楽を聴く方におすすめです。ただ音漏れも少なからずありますし場所によっては大音量は迷惑になりますし、自分の身も危険になることもあるので適度な音量での音楽鑑賞を楽しみましょう。. 第一印象はとにかく軽くて装着感が良いということ。側圧もきつすぎず緩過ぎずで1時間ほど装着していても全く痛くならない。とても軽いのでヘッドホンを付けていることをふと忘れそうになるくらいだ。ただ音質についてはオーディオテクニカの同価格帯の製品と比べるとやや劣る、というのが正直なところ。高音低音ともに抜けが悪く、やや籠っているという印象を受ける。ケーブルが巻き取り式ということから分かるように、携帯プレーヤーやスマートフォンに接続してカジュアルに使用することが想定されているのだろう。その用途であれば十分満足できる製品だと思う。巻き取り式ケーブルは初めて使ったが、本当にコンパクトに収納出来てとても便利だと思った。. 特徴 audio-technica オンイヤーヘッドホン ポータブル きせかえキャップ付 … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オンイヤーヘッドホン ポータブル きせかえキャップ付 ブラック ATH-WM77 BK IM – デザインが気に入った

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CP300 ブラック ATH-CP300 BK – フックがしっかりしていています。イヤー部分は劣化します。

フック部の高さを調節する機能も無くツルがかなりシッカリした作りの為、耳にかけるというよりも、硬めのツル全体で耳に固定するという感じでかなり装着感があります。この製品で耳かけ式は5つ目になりますが、装着時のツルの存在感は一番大きい気がします。この手のイヤホンは着け心地が大事だと思うのでどこか大型店で他社の耳かけ式と比較してからの方がいいかもしれません。ソレとはまた別件ですが、イヤホン部とツルの部分を繋ぐ丸い銀色のプラカバーが兎に角よく取れます。パッケージを開けた瞬間に取れてしまった為一回返品し新しい物に変えて貰ったのですが、変えてもらったほうも家で着け外しをしていただけで翌日には取れました。カバーがないとネジがむき出しになります。偶然当たりが悪かった可能性もなくはないですが注意は必要だと思います。. 軽い運動の時に使用するので、フックがしっかりしているこの商品は重宝しています。今回は3本目の購入です。イヤー部分はゴム輪が、使用しているととれてしまいます。カバーをつけて使用していました。前回分は、右側がある日聞こえなくなりました。寿命があるので仕方ないですね。今回はピンクが何故か割安だったので、また買いました。重宝しています。. 音質はなかなかいいと思います。ただジョギングに使おうと思っていましたので、やや不満でした。物はとてもいいです。. The quality is fairly ok in spite of low price. 私は長時間音楽を聞きながら走るランナーです。ipod nanoをスボンのポケットに入れて、そこからイヤホンを出して聞いてます。今までカナル型イヤホンでしたが、以下の問題点がありました。・汗で滑って取れてしまう・長時間着けてると耳が痛くなる・コードが服と擦れて音楽にノイズが入るこのイヤホンに変えたら問題が解決しました。・ズレない・耳が痛くならない・コードが擦れないしっかり固定されているのに耳が痛くなりません。また、コードを固定するクリップが付いているので、ウェストポーチに固定しておけば服で擦れるノイズも入りません。5時間のトレイルランでこのイヤホンを使いましたが、激しい動きにも関わらず勝手に外れず、痛みもなく、ノンストレスで走り終えました。デメリットは、耳につけるのに時間がかかるのと、多少音漏れすることです。ドンシャリ系の音が強調されていないので、比較的音漏れしにくい音ではありますが、カナル型と比べると構造的に少し音は漏れます。スポーツ用なので音はあまり期待していませんでしたが、エージング後は音のバランスが良くなり、十分音が楽しめる音質になっています。長時間ランナーにはオススメです。. 右耳の形に合わず、すぐにイヤホンが外れてしまいました。ランニング時にもつけてみましたが、走ってる最中のはずみでイヤーハンガーがとれてしまうなど、最悪です。ハンガー部分がゴムでできているパナソニック社製の方が安い(¥1980)し、安定感もあります。こちらはカナル型なので、耳から外れることもないですし、走っても落ちることがありませんでした。音質についてはよくわかりませんが、個人的には音質がよいというより、音量が大きいだけといった風に感じました。使用から二日ともたず、別品を購入するハメになったので、みなさんにも他社製品をお勧めいたします。. ジョギングやマラソン時にipodnanoを使用するので、今までいくつかスポーツイヤフォンを購入しましたが、これは私的に当たりです。理由その1耳の大きさに合ったサイズでフック部分もストレスや痛みなく着用できて、勿論外れたりすることもありません(30キロ連続走行で確認)理由その20. 2メートルと2つの調節ができます。そして、クリップ付で、バタバタとコードが乱れることもありません(今までは服の内側にコードを隠してました)理由その3音はこの価格帯のイヤフォンですので、微妙な音の違いを聞き分けられる人にはどうかわかりませんが、私的には十分でした。軽い音でシャカシャカという感じではないと思います。理由その4ipodnanoのコネクタにしっかりと差し込めます。これは意外と重要で、長く使っているとたまに左だけ右だけというような聞こえ方になります。つまり接触が悪くなるということ。上記理由により、衝動買いしたにも関わらず、結果として成功でした。普段自宅で聴くには必要ありませんが、スポーツしながらという方にはお勧めです。. 試用しないまま衝動買いしましたが、失敗でした。右耳だけ、簡単にずれてしまいます。装着してる感もかなり強く、ずれなかったとしても長時間は耐えられそうにありません。. 利点と欠点 メリット ハンガー・フックタイプとはちょっと違うきがする フックがしっかりしていています。イヤー部分は劣化します。 黒が価格がお得 デメリット 耳にかける方式は非常に使いやすく,比較的低〜高音までバランスよく鳴ります。他の色よりなぜか黒が安いので,色にこだわらに人におすすめです。. ベスト audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CP300 ブラック ATH-CP300 BK 買い取り

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CP300 ブラック ATH-CP300 BK – フックがしっかりしていています。イヤー部分は劣化します。

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK – ipodで聴くには十分

ショートコードのイヤホンが欲しく2年くらい前にckm500を使ってたのを思い出し探したが500はもう出品者のしかなくかなり高額だったので300を注文。500より低音が控えめだが高音やボーカルはしっかりと聴こえて懐かしさを感じ安心する音。500がすごく気に入っていて壊れた時は悲しかったがこの300は大事にして長持ちするようにしたい。音の解像度は中々よくこれの後継機であるckrシリーズよりこっちの方が気に入っている。低音は控え目なのでドカドカ大好きな人には向かないので注意、しかしボーカルメインやピアノやバイオリンなどの高音などがメインの場合は中々の再生能力を発揮するのでオススメできます!. Ckm-33 whを愛用していたのだが、ふとしたミスで片耳のハウジングを踏み壊すドジをやらかし交換。33のラストセールもあり(かなり安い)迷ったんだが出たての割りにお買い得価格と思い購入。で、使用感からだがドライバーなどのサイズは変更されないのに非常に耳のフィッテイング感が向上している。耳介の中で暴れることもなくイヤーチップをlサイズにして(個人的な耳の問題だが、オーテクのこのチップではlサイズの方が音質的に向上するサイズのようだ)キッチリ遮音性も確保できるようになった。エージング無しの音質だがボーカル域の歪感の少なさは33譲りだが、何より増して低音域の量感が増したことがhi上がり!と思い込んでいた33シリーズのイメージをいい意味で裏切った。共鳴箱や能率落としのレジスターで音を捻繰り出すのではなく大きめドライバーを質量で押さえ込む音質の向上のさせ方は好ましいと思えるのでドライバーと音道の配置を細かくチューンしたことが音質向上に繋がったと喜んでいる。オーテクの耳型師と自分との相性がやっと合ってきた感じがする。ただ300が万能ではない所して、多少大きめの音量時にボンつく事と、エージング未了だとまだサ行に引っ掛かりが有るところだろう。空間のエコーや音場感もこの下のランクでは得ることができないが、上には上があるわけで。. このイヤホン自体がお気に入りで、安かったので黒にしました。カナル型イヤホンの中ではコスパがいい方だと思いますが、そもそも私はそんなに音にこだわりがないのである程度の物として購入しました。商品自体は至って普通の使用感であり、耳に装着する部分も3種あるのである程度までの耳の穴のサイズに対応しているでしょう。ただ、コード自体はそれほど強度が高いものではなく、比較的粗く使えば容易に断線します。商品自体に問題はありませんでしたが、外層は汚れだらけで中もホコリまみれという非常に悪質な状態で届きました。間違えて中古品を購入したかと思う程度には汚れています。商品自体には(新品のはずなので当然ですが)使用感はなく、自分で一度きれいに手入れをしてから使用しています。パッケージなどを保管されたり、外装のきれいさを気にされる方はdcm以外で購入されることをおすすめします。. 元々オーディオテクニカ製を使用していましたが、度重なるケーブルの引っ張りについに片側の音が出なくなりました。胸ポケットに入れたIpodを利用する事が多いのと、携帯電話用の変換ケーブルの長さが有るので60cm程度で手ごろな物を探していました。今は利用していませんが、延長ケーブル付属で思った以上に高音がクリアで満足です。. 低音域から高音域までダイナミックレンジが広く、聞いてて疲れない音質です。. 以前使っていたヘッドフォンのコードが切れたため、購入しました。前と同じ、同社の製品で安価でいいものを求めていたところ、他のレビューを参考に購入。音質、フィット感ともに良好で、とても満足しています。高級品にはかないませんが、とても良い製品だと思います。高音:中  低音:中の上  エージング途中ですが、こんな感じです。. Bluetoothとの併用で、朝の散歩が英語学習の時間になりました。耳へのフィット感、コードの短さ、全体の軽さ、いずれも満足です. Ipod専用イヤーヘッドホンより音がよくて活躍しています。長さを調節できるのが良いです。. 利点と欠点 メリット 60cmに価値がある。 素晴らしい! ipodで聴くには十分 デメリット Ipod用に購入しました。色々、批評があるようですが、安価(\1500)で購入したこともあり、大変満足してます。エージングなんてハナから信じていないし、低音だ高音だと微妙な音の違いなんてわからないド素人です。そんなド素人がipodで使って問題ない、むしろ今までの千円台のイヤホンよりは音も良く聞こえてます。元々、ipodそのものが大した音質ではないので、気にならないのかもしれません。なので、他はわかりませんが、ipod用に購入するなら、何の問題もありません。衝動買いでポチっても後悔しないと思います。他の機器はわかりません。そもそも音質にこだわるならヘッドホン買えよと思いますw. 音の分離に関してはあまり良くは有りませんが、低音~高音迄バランス良く鳴ってくれるイヤホンです。真鍮製スタビライザーのお陰で柔らかい優しい音質で、音量を上げても高音が耳に刺さる事が有りません。本体が小さいので耳へのフィット感も良いと思います。私はマウスコンピューター製のスティク型mp3プレイヤーを庭の芝刈り時に胸ポケットに入れて使用している為、コード長が120cmの物では長過ぎて60cmの物を探していましたが、なかなか無くsonyの mdr-nwnc33を繋いでみましたが低音が強過ぎ高音が弱過ぎで私が使用しているプレイヤーにはこのイヤホンが相性良いです。現在、同イヤホンを使用していますがメーカーのサイトにて「生産完了」と書かれていたので断線した時の為に予備にもうひとつ買いました。徒歩通勤30分時には、ウォークマンのスティク型を使用していてこちらには無論mdr-nwnc33の方が相性良いです。私のようにコード長が120cmの物では長過ぎると思っている方はmdr-nwnc33かこのイヤホンをお勧めします。ちなみにmdr-nwnc33も古いモデルですので、いつ販売終了になるか分かりませんのでこちらも予備にもうひとつ買いました。. 音質も装着感も値段相応ものすごく良いわけでもないですが、大きな欠点もありません。80~85点位で十分合格点です周波数帯域5~24,000hzなのでこの価格帯のイヤホンの中では若干音質は良い方でしょうかやっぱり60cmケーブルは取り回しが楽ですね私はicレコーダーや、音楽端末を首にぶら下げてイヤホンで聞くことが多いので60cmはベストバランスです。今主流の120cmだとケーブルが余って、邪魔で仕方ない。60cmのショートケーブルは端末によってはベストバランスなんですけどね。他社さんにもラインナップを強化して欲しいものです。. 691円のパナソニック製に音質で負けています。ただし利点として、60cmのコード長さは評価します。. スマホで使用すのに探していました。長さの調節が出来るのでなかなか良かったです。. 音質に拘らない人の高音質ならこのくらいで満足です。カナル初体験の私ですが、以前は耳の中に置くだけの開放型というのでしょうか安い平らのc320を使ってました。まぁ、聴いて慣れないと音質に拘らない人はわからないと思います。. コード部が服に触っただけで、そのノイズがボンボンとイヤホンから聞こえてきます。音楽を聴いてているどころではありません。音楽を聴くという目的が達せられないので、イヤホンとして機能しません。(あくまで個人の感想です。). リピート買いです。1つ目のケーブルを引っ張ってしまい、きってしまいました。安いけど音質は悪くないと思います。耳にフィットしないものが多いのですが、これはフィットしたので気に入っています。. 【音質】このモデルより下のものを使っていましたが、そちらの方が音質的にはバランスが取れいていました。悪くは、ないけれどソニーの同価格帯のものと比べると再現性や音の広がりはない感じで特徴もあまりないメーカーだと思います。一言でいえば、消極的と言うか保守的な感じであまり個性がないそつない音です。しかし、このckm300は、下位モデルよりも音質が著しく悪いと感じます。低音は、スカスカで中・高音は、耳が痛くなるようなシャリシャリと言うかバリバリと言うか無骨な音です。ラジオのようなエフェクトがかかったかの様な感じで、空間の広がりもまったくありません。カスカスした中・高音がバリバリに前に出てくる感じです。下位モデルだと長時間使用しても特に耳が疲れる、痛く感じることはなかったのですがこのモデルは、10分位で耳の疲れや耳鳴りがしました。一ヶ月位かけてなじませてみたら、使えなくはないですがやはり下位機種の方が良い音質です。【耐久性】オーディオテクニカのカナル型を4本使ってみましたが、3本は保証期限を過ぎてまもなくハウジングの接着剤が劣化してハウジン部が2つに割れる現象が必ず起きました。また、左右が分岐する部分でどちらかが接触不良になって音がならなくなるものもありました。今回のckm300が4本目ですがこの商品は、非常に劣悪だと思います。買って2ヶ月で右側のハウジングが剥がれ始め、修理に出すのも面倒なので自分でボンドで貼りました。4ヶ月目には、突然左右分岐部分で右側のラインが根元から接触不良を起こしました。skypeでは、片方しか使わないのでskype用にしようと思い左だけ使っていましたが右側が断線して数日後に突然ポロっと左のハウジングが剥がれてパックリ2つに割れました。友人もオーディオテクニカのカナル式を使っていて、購入後半年で断線したと言っていました。正直、こんな短期間で断線やハウジングが剥がれるのは粗悪な接着剤を使っているとしか思えません。【対応】メーカーの対応も最低でした。もう、二度とオーディオテクニカの商品なんて買いたくありません。. 特徴 audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:200 mW 重量:5.2 g とにかく高音がシャリシャリする。低音もこもった感じだし、ウォークマン付属のイヤホンとたいして変わりません。それどころか1000円台のイヤホンの方がまともに聞けました。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン ブラック ATH-CKM300 BK – ipodで聴くには十分

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica LOOP SUPPORT カナル型イヤホン ショートコード ブラック ATH-CK505S BK – 平凡な音

同型のイヤホンを使い続けています。 しかしながら、黒色が生産終了とは寂しいです。. 音質は、まあまあですが、ケーブルに変な癖がついていて時間がたっても直りません扱いにくいです、もっと柔らか目の材質にした方がよいのでは?. 以前購入して気に入った商品です。毎日使う消耗品なので、断線に備えて購入しました。. 右と左の長さが違う、u字タイプがこれしかなかったので、これを購入しましたが、イヤホン部分にあるデッパリが、耳に当たって、やはり痛かったです・・・。. 自分は高級なイヤホンを持っていません。いきなり脱線しますが2010年頃だったかandroid端末を購入する以前、ポータブルオーディオ機器の購入は2000年頃のドッキング式のmdウォークマン以来ありませんでした。2005年以降、ガラケーに付属されていたノイズ混じりのfmラジオと付属のイヤホンで喜んでいたような人間です。「着うた」なども歪んだ自分には、だまされてる感がついて回っていた為未経験です。つまり自分には、音質云々の話はとても出来ません。最寄り駅までの徒歩での移動中、前方の信号サイクルに合わせて駆け足になる場面があります。昔はポータブルオーディオ機器も今より大きく、鞄に入れ、そこから長いイヤホンコードで聞くスタイルでした。特に冬場は衣類の袖やボタンに引っかかりタッチノイズが気になりました。更に満員電車では他者との物理的干渉もありました。今では小型になった機器を上半身のどこかに収納でき、短いコードで衣類(アウター)の内側にコードを納める事で、上記の問題点は大幅に改善できました。それなりの値段のものを購入すれば音質云々に気づく可能性もあるのでしょうが、値段と取り回しの良さを優先します。昔ながらのループ型コードは、y型になじめない自分にとって、個人的に一番気に入っていたsonyの美ウォークマン時代からの慣れもあり、取り回しがしやすいです。安くて小さなオーディオ機器に、安くて短いイヤホンというのが自分のスタイルに合っていることに気づきました。残念なのは、デザインが好みだったck500sがディスコンになってしまったのか、手に入らなくなってしまった点です、つまり今回は妥協なのです。なんで紛失してしまったんだろう、どこかの居酒屋でなくしたのが悔やまれます。ショートコードは扱いも楽です。ハウジングの、メタルでヘアラインなデティールは値段以上に高級感があり、とても気に入ってました。必然的に大事に扱うので3年程の間、断線や不具合は皆無でした。あるときに買いだめしておかなかったのが悔やまれます。それと比べてck505sのデザインは値段にたいした違いはないのにck500sに比べると完全に廉価版っぽいんですよ。今日、仕方なくスペアの購入を検討したら、¥ 1,591 だった2014年09月01日の倍以上の値段になってます!ck500sだったらまだ血迷っていたかもわかりませんが、とても買う気にはなれません。このレビューを書いている今、如何にck500sが気に入っていたのかを再確認できる日でした。当時の価格帯、商品のコンセプト事態は自分にとってマッチングしたものです。次のモデルの販売に期待しての星4つです。. 装着感や音質などには特にこだわりはないため、ごく普通に良く聴こえて問題はないです。ただ、たまたま自転車に乗りながらつけてたところ、けっこう風切り音が気になったので、若干のマイナス要素かなと思います。. ランニングの風、風が耳に当たると風切り音が気になるくらいに入ります。メーカのテストでは、そのことを想定していなかったのでしょうか。残念です、屋内用(風の影響がないところ)とします。. 耳から外しても首にかけておけるuタイプケーブルのモノを探していて、これに行き着きました。ケーブルは短めで、胸ポケットに入れたウォークマンにぴったり。ケーブルそのものも、軽いバネ性のコシがあり、絡みにくい。イヤホン部分は耳にしっかりはまり外れにくく、耳の穴に密着するのでそこそこ低音も聞こえます。私にとっては、使い易さピカイチのヘッドホンでした。しかし、何でyタイプが主流なのでしょう。今後、uタイプが消滅するのではないか心配です。. 利点と欠点 メリット CK500Sからの移行です。 ワイヤード、カナル型、y字型、ショートコード ランニング(屋外)には不向きでした デメリット 想像していたより、音の伸びが無いように思えた。もっとパンチのあるサウンドが欲しいと思ったので、星三つ。. イヤーパッドをxsにしても耳が痛くて仕方ありません。音はまあまあですが。. 音はまあまあですが、コードの癖が取れなくてくるくるで残念です。. 色々な種類のヘッドフォンが売っていますが、歩きながら胸ポケットに入れたmp3プレイヤーの音源を聞く私には、タイトルの4点は譲れない点です。ですが、全てを満たす商品が少なく、特にy字型のコードの商品が減っているようで、2セット一度に購入しました。こだわりの4点を満たしているのは勿論、音質も耳障りに感じない軽快な感じで、長時間のリスニングに最適だと思います。欠番にならぬことを祈っています。. まず装着感が酷い。とても鬱陶しい。輪のような物が当たっている感覚が邪魔くさい。どれだけつけていても着けている感覚がある。慣れない。音質に関しては高音がややうるさい。シャカシャカしすぎ。個人的にとても気に入らなかった。. 一般のイヤホンは、よく耳から外れるのですが、これは外れることもなく快適に使えています。音質もなかなか良かったです。. ベスト audio-technica LOOP SUPPORT カナル型イヤホン ショートコード ブラック ATH-CK505S BK レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica LOOP SUPPORT カナル型イヤホン ショートコード ブラック ATH-CK505S BK – 平凡な音

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica QuietPointノイズキャンセリングヘッドホンATH-ANC7 – 消音はすばらしい。音は普通な気がする。

Bose を皮切りに各社のノイズキャンセリングヘッドホンが登場するなかで、audio-technica がやっと期待に応えるものを出してくれた。本来ノイズキャンセリングヘッドホンは演奏のダイナミクスが大きなクラッシック系のソースにこそ使いたいものなのだが、従来の製品にはなぜかそうした音の組み立て方をしているものが無かったからだ。audio-technica のヘッドホンは廉価な商品と高価な商品ではまったく異なる音の組み立て方をしているのだが、このヘッドホンは後者の方に入る。過渡特性が極めて良好で、低域から高域までをフラットに再生し、再生特性の減衰が始まる肩の部分のqも小さい。…要するにソースを選ばずに再生音を楽しめる作りになっているわけだ。そんなわけで、周囲のノイズにマスクされずに ppp の美しい響きを満喫できるヘッドホンがやっと手に入った。地下街を歩いていると携帯電話の基地局の所在がわかってしまうという耐外来ノイズ対策の甘さは残るが、その程度の問題を補ってあまりある、ノイズキャンセリングヘッドホンの「真打ち」登場である。. ノイズキャンセリングをonにするとサーッというノイズがわずかに聞こえます。また演奏中もその気配を感じ、頭全体圧迫されているようになります。(電子レンジをオンにしているときその気配を気持ち悪く感じる人がいると思います。それと同じような感じでしょうか) それが私にとっては周囲の騒音よりも不快です。このヘッドホンは、機能をoffにして、普通のヘッドホンとして使用せざるを得ません。やはり、五感に訴えかけるものは、現物を体感してから選ぶべきだと思いました。私の周囲には、飛行機に乗るときにはノイズキャンセリング機能のヘッドホンは重宝する。という人が多くいましたので、安易に選んでしまいました。私にとっては失敗でした。私と同じように電化製品に敏感な方もいると思いますので、参考になればとマイナスポイントをレビューします。いい所は、密閉性が高いのでヘッドホン自体に遮音効果があることです。そういう意味では購入目的をやや達成できました。. 適度に静かになるので気に入っています。ちょっとサイズが大きいのが、持ち運びに不便です。音は良いと思います。もう少し、きゃんセリングが強くても良いのかな。. 電源を入れると周りの騒音がちゃんと消えてくれるのですが、電池の入っているl側から、「サーーーッ」っという大きめのノイズが結構します。電源を切るとこのノイズは消えます。(ラインを繋がない状態でも鳴ります。)周りの騒音よりもこっちのノイズの方が気になってしまってちょっと不快です。r側からはノイズは出なかったです。. 室内にて窓を開けた状況で利用。幹線道路が近くのためバイクや自動車の走行音がかなり入ってくるが、このヘッドフォンではNC効果によって聞こえなくなる。耳の内部に対する圧力のようなものは感じるが、NCの効果に関してはCPを十分に感じることができた。音質も悪いとは感じられない。ただ、普段使用しているHPがベイヤーのDT990E2005であるためか、物足りなさは否めない。密閉型で比べると、HD215よりもバランスよく聞こえる。初めてのNCHP購入で、フィリップスのSBC−HN110と迷ったが、ATH−ANC7購入であっていたと思う。. 満足しています。ですが、ひと夏使用したら汗で頭頂部及び耳のパッドがボロボロに劣化してしまいました。耳の部分は交換用パッドを購入すれば自分で対応出来ますが流石に頭の方はメーカーに出さないと無理ですよね。この点で☆☆減点とさせていただきます。. イヤーパッドの感触も悪くないし、側圧が高くない割には装着時のホールドも悪くない。ノイズ・キャンセルは、カタログで謳っている値そのままといった印象で、飛行機の中など一定周波数で連続しているノイズには効果絶大です。音質は細めでフラット。バランス重視、繊細さ重視のいかにも国産メーカー製といった味付け。sonyよりは若干品のある音はキャラクターの違い程度。boseほど音を作っていないので、こちらの方が長時間聞いてても疲れないのかもしれない。性能と値段のバランスでいえば極めてコストパフォーマンスが高いと思います。(boseのqcなどと比べてですが。)ただし、太目で迫力のある音、低音の豊かさを求める人は、ノイズ・キャンセリングのレベルを我慢して海外製品を検討しても良いかと思います。お鉢の大きい日本人には、装着がキツイものもあるので、なかなかベスト・チョイスに巡り合うのは難しいかもしれませんが。そういう私も、実は中低域の音のボリューム感から、ついついakg製のnc機の方を愛用してたりするのですが. オフィスで雑音を排除するために購入しました。消音効果はすばらしく、エアコンや話し声がかなり無くなった。理論値である80%ぐらいは本当に消音している。ヘッドフォン自体の音質は普通。特に重低音や高音は強調されていないようだ。. 利点と欠点 メリット 入門用として最適です 今は改訂版が出ていますね なかなか良いです デメリット 音はオーディオテクニカらしい音といったところでしょうか。(個人的に好みですが。)ここでは深くは語りません。アクティブキャンセリングの部分について触れますと・・・自転車に乗ってる時の風切音を拾う点、電車のドアの開閉時の低音部分がキャンセルできてないのでその部分が不快です。オフィスではプリンタの動作音やファンの音がいい感じに消えてくれますが、静かな空間ではさーっというノイズが気になります。あとは向きによってcrtなどのノイズを拾い、ジリジリ・・・といった雑音になることがあります。(不快なシーンが多いという点が星3つの理由です。)キャンセリング能力としてはqc3の方がンdb消すという性能ではなく不快なノイズを消すという意味では数段上(実用的)といった印象です。. まず、耳のスポンジ部分が低反発素材で出来ていて、密閉度が高く、装着した時点である程度の防音効果があります。スイッチを入れると、周囲の音がほぼ半減するような感じに消えてくれます。若干サーッというノイズが発生しますが、あまり気にならないレベルです。ずば抜けて音が消える、ということはないものの、幅広い音域に渡って消音してくれます。苦手とする音域は特に感じられません。さらに、音楽を再生すると周囲の音は気にならなくなります。そのためトータルでは高い消音効果があるように感じられます。人間の声にも効果があります。自分は人間の声こそ騒音と思っているので、とてもありがたいですね。新幹線・飛行機などの中で騒いだり泣いたりする子供の声は、長旅最大のストレスですが、これが無くなるというだけでも買う価値があると思います。もちろん通勤・通学の際にも役立つでしょう。音質は、低音が強く出ます。中音・高音もちゃんと出ているのですが、低音が邪魔しているように感じられます。低音好きの人にはちょうど良いかもしれませんが、モニターヘッドホン等のフラットな音を好む人には違和感があるでしょう。再生機側でのイコライザー調整が必要ですね。サイズはコンパクトで持ち運びやすいですが、自分の場合はアーム部を最大に伸ばさないと装着できません。イヤーカップも、耳たぶをもぐり込ませるようにして入れています。痛くはありませんが、ギリギリで余裕がありません。大柄な人、特に体育会系男性にはキツいサイズなのでは?購入前に視聴(試着)することを強くお薦めします。消音効果については文句なしですが、音質とサイズについては改善してほしいですね。. 昼休みや電車の移動時などにiPODで音楽を快適に聞きたいとはじめてノイズキャンセリングヘッドホンなるものを購入しました。確かに今まで気になっていた騒音がかなり低減され音楽が聞きやすくなります。いままでは騒音にまけないようにボリュームを上げぎみで聞いていましたので、その必要がなくなり耳に負担をかけることが無くなった分からだに優しいヘッドフォンだと思います。音の歪みも気になる程度のものは感じられませんでした。しいて気掛かりな点をあげるとすれば、ノイズキャンセルスイッチをオンにすると、音量が少し増大することです。ノイズが無くなる分聞きやすくなるので音量を自動的に低下させてくれるのなら嬉しいのですがその逆では。。。スイッチを入れるとボリュームをさらに下げぎみにしなれればならなくなるのはいかがかと思いました。また、ノイズキャンセルスイッチをオンにするとかすかに「サー」というノイズが発生します。ノイズキャンセリングヘッドホンなのですからこの「サー」音も何とかして欲しいです。静かな環境で時々間接的に雑音が入る所で音楽を聞いてる方には、この「サー」音は気になるのではないかと想像します。購入後、半年ついに大トラブルが発生しました。ノイズズキャンセルのはずが「コトコトコト」というノイズが入るようになりました。電池を替えたりしてみたのだすが変化なし。メーカーに修理を出すも異常なしとの見解。困っていると、ある日、無線lanのルーターのチカチカとコトコト音が同じ周期で起こっている事にきづきました。試しに無線ルーターの電源を切ってみると、なんとコトコト音が消えたのです。どうもこのヘッドホンは新規に導入した無線ルーターの発するギガメガヘルツ帯の電波の影響を受けるようです。みなさんご注意あれ。. 仕事の際に集中力を保つために購入したが、当たりであった。ipodで軽く音楽をかけるだけで能率がまるで違う。地下鉄の中で本を読むときにもいい感じ。雑音の角を削り取って、気にならないくらいの耳当たりに和らげてくれる。オフィスの空気清浄機のノイズが軽減されただけで随分と気分が違うものだ。これは発見だった。音質も悪くない。びっくりするほどよくもないが、変な得意不得意があるよりずっといい。ただ、おそらく密閉度を高めるためだと思われるが、サイズは小さめで大きく調整することもできない。一時的に外したときに首にかけておこうとすると、ちょっと首が絞まる。長く使用していると耳たぶが熱を持ってくる。これは僕の耳が大きいせいかも。他の方も書いていらっしゃるように、頭が大きめの方はぜひ事前に試着されたほうがよいかと。. Ncヘッドホンは以前にも1万円未満のを持っていましたが、このヘッドホンをお店で見つけ、よさそうだったので購入しました。使ってみた感想ですが、まず、このヘッドホンの特徴であるnc機能ですが、すごすぎです。機能をオンにするとかなり静かになります。電車の放送や呼び出しのアナウンスを聞き逃してしまうことも何度か・・・(笑)ncヘッドホンによくあるホワイトノイズも聞こえるか聞こえないかというレベルで、あまり気になりません。音漏れについてですが、ncが結構聞いているので、そんなに音を上げなくても快適に音楽を聴くことができると思います。音質はさすが2万円台のヘッドホンだけあってかなり良いと思います。ヘッドホンの電源をオフにした状態でも音楽を聴くことはできますが、オンの状態の方が音質は格段に良いのであくまで電池切れなどの緊急用の機能ですね。といってもこのヘッドホン、バッテリーのもちは最強です。前に使っていたものは、2日に一回変えないといけなかったのですが、これは、自分が使っていて、大体6〜8日に一回ぐらいです。お店に体験コーナーがあって、使って見ようと思っても電池切れだったので、「バッテリーあまりもたないのかな?」とおもっていましたが、実際使ってみて、驚きました。店員さん、電池ちゃんと変えといて・・・一週間ぐらいの旅行なら予備に一本もって行けばオッケーだと思います。付属品としてハードケースもついていて、予備用の電池もそこに入れています。航空機のオーディオシステム用の変換プラグも着いているので海外旅行や出張にも使えます。ただし、このヘッドホンはあまりコンパクトにならないので、少し持ち運びにくいと思う人もいるかも・・・あと、ケーブルが少々長めなので、それもちょっと気になるかなー。総合的見て、このヘッドホンはかなりお勧めです。実際の音質や、ncの聞き具合なんかはお店に置いてあるのを試してみたら一番いいかも。体験用のヘッドホンは電池切れのやつがあったりするから、単4電池もっていったほうがいいかも(笑). ノイズキャンセルのヘッドフォンをいくつか使用してきましたが、これはかなり音質の良い方だと思います。ブルース・ロック・ジャズなどを聴きますが、楽器が鮮明に聴こえてきます。ヘッドホンでははじめての経験でした。サーというノイズキャンセルの音も気になりません。改善されているのかもしれません。自宅使いでも十分実用になると思います。価格もこの音なら、コストパフォーマンスからみてつりあう以上ではないでしょうか。ケースはしっかりしていますので、ipodも入れて使用しています。電池はエネループがお勧めです。一本予備をケースに入れておくと便利です。. I am a great fan of at and have a 900 series headphone but i … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica QuietPointノイズキャンセリングヘッドホンATH-ANC7 – 消音はすばらしい。音は普通な気がする。

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型モニターイヤホン デュアル・バランスド・アーマチュア型 ATH-CK90PROMK2 – 最初はキンキン

これまでイヤホン自体あまり気に留めていなかったのですが、使ってみて、これまで聞こえなかった音が聞こえてくる感じがしています。. このイヤホン、ほんとにいいよ。特別に、おんなのこのこえとか、JPoP、アニメ。いい感じ。. 20000円弱のカナル型イヤホンでは3つ目です。sonyのものを使っていましたが、大柄で寝転んで聞くと耳に刺さるのと、中音域をイコライズしておかないとボーカル部分が細くなるので、これを購入しました。小型で使っていると音もどんどん良くなってきました。音漏れも心配しないで使えています。. Ckm-55から買い替えたのですが初めて使用したときは頭が痛くなるほど高音がきつく「とんでもないものを買ってしまった。」と思いました。それから一ヶ月ほど使っていたら「キンキン」していた高音がマイルドに変化し今では重宝しています。. 出張先でdenon ahc710sが故障し(right側破損)、とりあえずjvc ha-fxt90を購入して3ヶ月、これが安物でどうにもこうにも音がngなので我慢できず今回ath-ck90promk2を購入、denon ahc710sで結構納得していたのですが、いろいろな製品のレビューを参考にせっかくなので同じ機種はやめてアップグレードしてこのath-ck90promk2を購入、皆さんのレビューの通り良い音と良い装着製で期待以上に大満足です。私のスマホ古いis-03ですが、結構いい音出ていたんだ!とまた、主に音楽を聴くときはsony pcm-m10なのですが、これまでとは違う良い音と感じています。私の好きな歌手misiaの曲を何回も聴いていて初めてあれ、ここに女性コーラスが入っていたんだ!とか川のせせらぎの音、鳥の鳴き声が入っていたんだ!とようやく認識出きたくらい。昨夜一晩曲を聴きながら朝まで、装着感も良く疲れません。大満足です。. 皆さんのレビューの内容を読んで選択しましたが、買って良かったです。iphone5で使っていますが、音量レベルを上げなくても聞くことができ、バッテリーの持ちが良いです。また、音質も聞きやすいです。ボーズのノイズキャンセリングヘッドフォンqc3も使っていましたが、充電するのが面倒で代わりにこのck90promk2を使い始めてから重宝しています。使い勝手がグーです。. 同じようなレビューをされてる方もいますが、最初カセットテープから流すと聞こえてくる独特のドライな音(ドンシャリがきつく、低音が弱い)が非常に耳に刺さり、速攻で使用をやめましたが、しばらくエイジングして、いつもより音量を下げて聞くと少しずつ滑らかな音に変わっていくのがわかりました。ダイナミック型のイヤホンに慣れてしまっているので、その点では重圧感、迫力はこちらの商品は劣る感じはします。音量はこちらの商品はそこまで上げなくても聞こえるので、耳には優しいかと思います。. 某電気店では19800円で売ってましたamazonでは12837円で7000円ほど安いです. 利点と欠点 メリット よい買い物をした 高音の音質はパワフルだが冷たい エージングが必要? デメリット 当方オーテク製品を安いほうから使いつぶしていって、いまこの製品を使っております。 solid bassシリーズほど極端な低音は鳴りませんが、非常にバランスがよく、どの音域もはっきりと聞き取ることができます。あまり良い表現ではありませんが、アンプから音を出したときのような音圧を感じることができます。リバーブの残響音がこれまでの下位モデルで聴くよりもかなり強くかかっているように聞こえるほど、高音もよく聞き取れます。 しかし、音本位だからでしょうか、無機質な形状が箱型で、なかなか耳にフィットはしないと思われます。当方は耳が小さく、イヤーパッドを色々換えて試してはいるものの、箱部が重くコードの重みで落ちてしまいます。普段からイヤホンの形状が耳に合いにくいと感じている方にはお薦めしませんが、音に関しては個人的に文句なしです。. この値段で これ最高だ。 sony f806と組合してるんです、よかった!!!. とても聞こえやすく、今まで聞こえなかった楽器の音が聞こえるようになります。デザインも変わっていて凄く気に入ってます。ただ、少し私の耳にははまりにくいです。コツさえ掴めれば、気にするものじゃないですね. 先代ck90proを愛用してきました。中古品が手頃な金額で出ていて衝動ポチしました。先代のまろやかな高音と比べ、パワフルだがややとんがった冷たい音質のため、自分の好みの問題で星4です。. This is a great earphone with very good price. 外観は貧相で実にプラスチッキーだ。画像確認はしていたが、いざ届いた商品を見てみると想像よりも更に地味な印象だ。実売価格が1万円を超える商品は金属削り出しだったり、木で作られていたり、各社とも趣向を凝らした丁寧な作りがなされているが、それらと比べるとやはり安っぽい。でも、第二印象を言うと、実に丁寧だと思った。このイヤホンを上から見てみると「ck90pro mk2」と書かれたシールが貼ってあるのだが、これと左右の区別シールだけしかないシンプルさと黒地が相まって逆に高級感を与えているような気がする。何というか……、プロ的というか本物っぽいというか……。音質を言うと、これも同じである。何の飾りっけもない素っ気なさが本機の地味さを一層際立たせているが、逆に言えばこれが本物なのである。無駄な味付けをしなくても「聴かせられる」音質を持っているのだ。そして、そういう凄みを知ってしまうと、もう後戻りは出来なくなってしまう妙な中毒性がある。他の機種を聴いても偽物の音を聴いているような……。僕は少なくとも、これとa900だけは本物の音質を奏でているような気がするのだ。また、そういった音を期待している人が多いから、本機は名機と言われたのだと思う。一聴しただけでは分からない。味付けをしていないから、入口(プレーヤー/アンプ等)がしっかりしていなければやはり分からないであろう。でも、入口を正してあげると、期待を裏切らない。聴くほどに分かる。聴くだけ愛着が大きくなる。そんな機種であろうと思う。最後に一言warkman(s-master mx搭載機種)をお使いの方はイコライザー設定で左から+1 +1 -1 +1 +2 clear bass +2をお勧めする。. とても良い製品です。メーカーは「音源に忠実なモニターサウンド獲得」の記載をしていますが、これに偽りはありません。この商品は全域でバランスがよく、音(楽器)の解像度もすばらしいです。たとえば低音域を強調した商品の場合は他の音域を覆ってしまい、本当は録音されているのに良く聞こえない音域ができます。本製品は、このようなことはありません。とにかく私はこの商品が気に入りました。「生の音」にうるさい方には特にお薦めです。気になるのは、ケーブルが「音のアンテナ」として機能してしまうことです。外出すればケーブルが揺れて「ボ、ボ」みたいな音が耳に届きますし、風の音も敏感に伝わります。「耳栓」なので、医師が使う「聴診器」みたいになっているわけです。これには困りました。わたしはこの弱点を次のようにして克服しましたので参考にして下さい。ケーブルの途中にr,lの分岐点があります。ここを絆創膏(他のテープは糊が体に合わない可能性あり)で胸に直接貼り付けます。それからtシャツとか下着を着て、適当なところからケーブルを出してプレーヤーに接続します。これでかなり良くなります。メーカーにお願いしたいのは、「耳栓」の直前あたりにケーブルの振動をキャンセルできるパーツを付けてもらいたいです。dtmのモニターにも使えそうな性能を持っていながら、「耳栓」の物理的な特性なので「しかたない」と諦めるのではなく、ケーブルが「音のアンテナ」として機能しない商品を作って下さい。. Walkman xに直差しで聞いております。今まで使っていたイヤホンは、ダイナミック型で低音が響くような感じだったので気に入ってはいたのですが思い切って良い物を買ってみようとba型にチャレンジしてみました。まず聞き始めは、あれ・・・低音がイマイチ・・・と思っていたのですがなんてことは無い、聴き疲れしないんですねこれ。それに・・・あれ?こんな音聞いたことないよ?って音がクリアに聞こえてきて耳が幸せになりました。(寝る前に聞いていてもそのまま寝られてしまいそうな感覚)これになれてしまうと、ダイナミック型で聞くと低音が効き過ぎていることと音がボケた感じに聞こえて少し疲れてしまいます。作曲された方や編曲された方が如何に繊細な作業をしているか考えると楽しめるかも知れません。私の感覚ですが、和太鼓的な感覚が好きであればダイナミック型を繊細なオーケストラなどの音を楽しみたいのであればこの90promk2などのba型を選ばれるとよろしいかと思います。. イヤホンはソニーのex1000を持っていて、その後このモデルと同日発売のオーディオテクニカ50周年記念モデルのath-ckw1000anvを購入し、その低域の締りとエッジがありつつもウッドハウジングのふくよかな低域にハマり聴いているうちにex1000と低域以外のキャラがかぶってきて、淡泊に感じたので使い分けができるイヤホンを探していたところこのmk2自体は試聴できなかったものの前モデルのck90proが試聴できその潜在能力から2万円でba型としてはかなり優秀だったため使い分けもできると判断し購入しました。さて早速音質のレビューですがプレイヤーにソニーのフルデジタルアンプs-mastermx搭載ウォークマンのa867、音源はcdリッピングしたatracロスレスを使用。イヤホンは直挿しでイコライザー他エフェクトは全てoffです。ex1000とckw1000anv、ck90promk2とで比較してみました。他の2機種を聴かなければex1000はダイナミック型として解像度も高く、フラット目な音ではあるもののきちんと低域の量もあり、モニター系イヤホンとして完璧な印象です。ですのでex1000オンリーでも可。がckw1000anvを聴くと解像度でもかなり肉薄していて甲乙つけがたく、低域のウッドハウジングの濃厚な味付けのある分高域の抜けの良さと相まって、メリハリのある音で個人的には好みですっかりハマってしまいex1000を聴きなおすと物足りなさを感じるようになりシャッキリ感も今一つに感じるようになり、ex1000との2本持ちにメリットが無くなりました。そこで考えたのがba型との2本持ちです。ck1000proなども良さげでしたが価格がそれ相応に高いので今回はコストパフォーマンスも考えました。ckw1000anvが濃淡のあるメリハリタイプなのに対しck90promk2はba型ならではのスッキリ感とck90proで培われたワイドレンジ再生に程よい低域とボーカルの艶と高域の伸びがより洗練され音場も十分で使い分けできると判断しました。気に入った部分としてはしっかりとしたモニターイヤホンでありながらもリスニング用途にも十分すぎる全体の音域バランスの良さ、樹脂ケースによる装着感の軽さ。付属のt500サイズのコンプライ(tx500も可)やシリコンピースできっちり合わせれば遮音性や音漏れがまずないと思われるところでしょうか。モニターイヤホンという性格上パッケージや付属ポーチがチープですので手持ちがあればしっかりしたものに保管したいところです。パッケージとオーディオテクニカの商品詳細ページではコンプライのサイズがt500と明記されていますが、通販サイトなどではまだck90promk2用の対応表が無いので参考にしてください。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型モニターイヤホン デュアル・バランスド・アーマチュア型 ATH-CK90PROMK2 – 最初はキンキン

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン – 音は気に入っているが、、、壊れるの早い・・・気がする。どのメーカーもこんなもんかな?

音は気に入っているので、半年~1年毎に買ってます。こんなもんなんですかね。. 最高ですよ低音が本当によく聞いてますなのでオススメですにゃは. タイトルの通り高音に重点を置いた商品です。私はわりと低音が強い方が好きなので、同じaudio-technicaさんの『ath-cks55』を愛用していました。しかしあの独特な形状で耳にフィットしすぎて、長時間使用していると耳が疲れることがしばしばありました。また、低音が強いことも耳の疲れの要因の1つではないかとも思いました。そこで今回こちらの商品を買わせていただきました。最初に使用したときは、当たり前ですが音が軽すぎるなぁと感じてしまいました。今まで低音重視の商品を使っていて、それを高音重視へ変えた訳ですから、両極端を一気に移動したことになりますからね。しかし使用していく上で、こちらの商品の良さが徐々に分かってきました。1番気に入っているのは、「はっきりとしていて鮮やかな高音」を聞ける点です。低音は『ath-cks55』には遠く及びませんが、ごく一般的なレベルで聞こえるので別段問題があるわけではないです。長文になってしまい失礼いたしました。. It is a good headphone,suitable for my iphone 5s. The sound is excellent( related to its price). 購入して、iphoneに接続したら、歩きながら音楽を再生すると、音がプツプツ途切れる。別のイヤホンを接続すると問題なく再生できた。オーディオテクニカのサポートにメールすると、当社の製品に問題があるとは断言できないので、アマゾンに申し出て欲しいとの信じられない対応。こんなサポートの悪いメーカーの製品は二度と購入しません。みなさんもやめといたほうがいいですよ。その後アマゾンさんに初期不良で返送したら返金していただけて助かりました。お礼にアマゾンさんで他社のイヤホンを購入したら、快調です。. 値段の割には良い音が出ます。どちらかといえばバランス方の音なので低音を最重要視する方には向きません。ですが音のバランス、高音の刺さり方は値段を考えるとかなりいい部類だと思います。. 壊れたのですが、購入元が海外のお店で保証の対象外のため捨てるはめになりました。. 3つボタンで操作できるので、なかなか使い勝手が良くて助かります. 利点と欠点 メリット 高音重視のイヤホン 故障しました。 んー(-_-;) デメリット 普段ソニーのmdrex610を使用しています。ex610よりは低音が弱く感じられますが、高温がクリアに聞こえて、長時間聞いてても疲れにくい感じです。スマホ用ということでリモコンマイクがついていますが、自分には必要なかったです。これのせいかどうかわかりませんが、買って1ヶ月位でリモコン側のイヤホンが聞こえなくなりました。耐久性が残念なんですが、メーカーに送ったところ、何も聞かずにすぐ新品をまるまる送ってくれたので、この早さにはとても好感が持てました。. バランス重視というか、やや高音が強いバランスになっています。なので、ビシビシ効いた低音が聴きたいという人には不向きです。そういう方は、同じオーディオ・テクニカなら、audio-technica solid bass ipod/iphone/ipad専用インナーイヤーヘッドホン ブラックゴールド ath-cks55xi bgdあたりがオススメです。こちらは半端なく低音が存在を主張してきます。では、低音は出てないかというとそうではなくて、必要十分な鳴り方をしています。ただ、やや高音が強いバランスになっていますから、シャリ感の強い音になっています。アップルの付属のヘッドホンの延長線上にはない音です。アップルの、あの人工的に肥大した低音が嫌いという方なら、気にいるかもしれません。それを踏まえた上でセレクトすれば、納得できる製品ではないでしょうか。実質4000円程度で買えることを考えれば、cpは良いと思います。iphoneのリモコンも操作性十分です。純正品と同じ、右側の方に着いているので、使っていて戸惑うようなことはありません。マイク感度も十分なようです。強烈な低音には苦手という方、ヌケの良い高音が聴きたいという方なら、きっと気にいる一本になると思います。. 中高域が売りですが、低域もしっかりと出ます。販売価格が倍以上する重低域モデルのcks99と聴き比べましたが、こちらのほうが過剰な低域がないぶん全域がバランスよく聴こえます。各楽器の分離もよいです。リモコンはapple純正と比べ手探りで押しづらいです。また、曲送りのダブルクリックは、かなり高速でやらないと認識されずに一時停止になってしまいます。コードももう少し柔らかければ扱いやすいと思います。コードが硬いせいで、歩いている際などコードが服などにぶつかったノイズをかなり拾います。しかしながら音質のコストパフォーマンスは最高のイヤホンだと思います。. Iphoneで音楽を聞いたり、たまに音声チャットするためにほんの少し良いものをと思って買いました。 … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン – 音は気に入っているが、、、壊れるの早い・・・気がする。どのメーカーもこんなもんかな?