Tag Archives: Audio Technica(オーディオテクニカ)

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SOLID BASS 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-WS55X BK – 全てを評価

ちょっと圧迫感がきついですがほぼ毎日気に入って使っています。. 店頭で視聴して惚れて買ったのですが、ヘッドホンアンプが接続されていたので音が良かったようで、自宅のパソコンにつないだらあれっこんな音じゃなかったのに・・・という感じでした。あと長時間聴くとパットの部分が小さいためか少し疲れます。パットの大きいアートシリーズの方が圧迫感が少なくていい感じでした。. 商品自体は低音も綺麗に響いていて、いいのですが、私の耳には合わなかったようで、10分付けるだけで耳が激しく痛みます。ちょっと押しつけがキツイかも知れません。. 商品の質感、音質等文句はありません。長く使えそうです。ただ1つだけ、アーム?の強さが強いので20分も使っていると耳が痛くなってしまいます。. デザインもかっこいいし、重低音がよく響くのでとても気に入ってます. 音質はとてもいいです。見た目もコンパクトで思いのほかかるく首も疲れないです。しかし慣れるまで耳が痛くなるのでそこだけ注意です。. この価格帯なら仕方がないかもしれませんが、少し装着時に耳に痛みを感じてしまいます。音はいいだけに残念なのですが・・・。. 専門誌の評価及びweb上の口コミで評判が良かったので購入しました。評判通りの低音の出具合に大満足です。(音楽鑑賞の他にもw. T等のゲームで使うと爆発音でビクッとするくらいです・・・)テクノ系の音楽でも尖った感じはせず自分の好みにピッタリで満足のいく逸品です。. 利点と欠点 メリット いいものです。 凄い低音ですが、中高音もきれいです。 音質は良好!でも… デメリット 心地よい響きです。私は頭が大きく、顔も広いのですが、前期型も慣れれば体の一部になりましたので、今回は側圧は気にしていません。ティッシュ箱か何かで矯正してあげるのもいいかもですね。. 夜の散歩の途中、某電気量販店で千円以下のmp3プレーヤーに繋いで聞きくらべてみたら、低音が良く出て、僕好みでした。十年ほど前の事ですが、ビデオカメラ用に買った三脚の雲台が壊れた時、オーディオテクニカ さんに連絡をしたところ、営業の方が得意先周りついでに、交換用の新品を届けて下さいました。メーカーさんに気持ちのいい対応をして頂きました。以来、ファンになりました。. 以前使っていたのがath-s300という安物だったのでこっちが良いのは当たり前ですが(笑)でも、重低音の出方が、丁寧なのは感じました。前者が「とりあえず低音はドーンて出しとこ」に対し、こっちはしっかりしてます。なんかいい言葉が浮かばない. Wもともとコード両出しを狙ってたのですが、やっぱりバランスがいいですね。若干ホールドが強いでしょうか. でも、これ程のものを半額近くで買えたから満足です。. 謳い文句通り低音は良く響きます。この値段でこの音質なら申し分ないです。ただ材質がプラスチックなのか耐久性に不安ありかもです。. 音質は本当に文句ないです。ただ、ちょっと見た目がちゃちいかな、、、. 購入して2ヶ月です。音について詳しくはないのであくまでも素人の感想です。重低音が売りの通りしっかり出ていると思います。一つ一つの音がしっかり聞こえます。高音のほうもしっかり出ています。見た目は個人的にとても気に入ってます。プラスチックでできているから少し安っぽいかな?コードが1. 2mなので普通のイヤホンと同じくらいの標準の長さです。耐久性はまだわかりません。値段以上のヘッドフォンだと思います。おもつ. 家電量販店でオーディオテクニカの手頃な値段で音のいいものを捜して試聴をして決めました。ネットは安いので即買いました。. 買って、良かったです!音楽聴くのが、もっと楽しくなりました^_^. 他の製品いくつかと聴き比べてみてこれが一番音が良かったので購入しました。満足してます。いい音でなりますよ〜. 特徴 audio-technica SOLID BASS 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-WS55X BK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: メーカー型番:ATH-WS55X … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SOLID BASS 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-WS55X BK – 全てを評価

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス ブラック ATH-S700BT – 色々と無難

「bluetoothにしては」という但し書きはつきますが、思っていた以上に素直な音で聴きやすいと思います。クセ、特徴のないフラットな音質なので聴く音楽を選びません。締め付けもなく、装着感も良いので長い時間、ゆったりと聴く方にお勧めです。とはいえダイナミックな音質やパワーはありませんし、「いい音」を求める人にはもの少々足りないでしょう。価格を考えるともう少し高級感のある仕上げでもいいかと思いました。. 初めてのヘッドホンです。pcで音楽を聴いたり映画を観るのに使っていて、決して悪い音じゃないがどうしても高音や低音に物足りなさを感じています。装着感は、眼鏡をかけてなければ痛くなることもなく(掛けても1時間ほどは大丈夫です)音漏れもなく遮音性もそれなりにいいです。一瞬音切れすることもありますが、問題ないレベル。部屋を移動しても聴けます。リピートする予定はありませんが、比較的安価の割には良い品だと思います。. Bluetoothだから仕方ないですが、音楽によってノイズが入るものがあります。付属のコードをつなげば多少良くはなりますが、そうしてしまうとbluetoothの意味が無くなってしまいます. 一本300円のワインと一本数万円のワインの味を一般的な人はその違いを分からないものだ。音の世界も同様であろう。ワイヤレスヘッドホンを使う以上、外のそれなりの雑音下での使用が前提であるはず。それなら、一本300円のワインならず一万円以下で買えるこのヘッドホンはコストパフォーマンスは必要十分。音楽を聴く他、語学学習等の別の目的で使用というなら全く問題なし。. 同価格帯のJBLj56btblk(オンイヤーで耳が痛い)→フィリップス shb7000bk(すぐに故障)→こちらの製品(色々不満あり)→2万円台のソニー製品mdr-10rbt/b の順に購入しました。オンイヤーだと耳が痛くなるのでフィリップス、オーテク、ソニーの3製品はオーバータイプのを選んでます。どれも主にPCで動画等の音声再生に使ってました。音質は普通というかドンシャリっぽく長く聞いてると安い感じがします。電波の飛びはそこそこ良いので室内なら切れることもありません。不満は連続の接続で6時間程度しか電池が持たず、PCがサスペンドになっても省電力になるようなのも無いようで朝電源入れると夕方前に電池切れのアラームが出てしまいます。6時間持たない感じです。あと、PCが起動している状態でヘッドフォンの電源を入れても自動ではつながらないので毎回PC側で接続する(アプリを開いて接続のためのボタンをクリックする)ようにしなければなりません。PCがサスペンドするとまた手動で繋がないといけません。 JBL、フィリップスやソニーの製品は電源を入れればほぼ自動で繋がります。以上これらが不満で買い換えました。音漏れはフィリップスが漏れやすく、ソニーのが最も密閉性があり外の音もあまり聞こえませんし蒸れます。軽さは装着感も良いフィリップスが軽いと感じました。そのかわりボディはその分薄いようで音漏れや外部の音が聞こえます。あとちょっと大きいです。パットはこちらの製品が一番安っぽい感じがしますが生地がボディと共に丈夫そうで荒っぽい取扱いでも破れたりすることも少ないでしょう。ボディも傷を気にするような感じの仕上げでもないのでカバンに入れる機会が多い人は良いかもしれません。(平らに折りたためます)音や電池寿命、密閉感ならJBLか2万円台のソニー、若干の音漏れ気にしない、軽さではフィリップス、こずかいで買えて畳めてカバンに入るドンシャリ好きな中高校生ならこちらの製品かな。  . Bluetoothということもあり、さすがのaudio technicaでも高音質とまではいかなかった。充電もちょっとしにくいかな。本体についてるふたみたいなのをあけて充電するのですが、そのふたが若干あけにくいし、閉めにくい。そこらへんが改善されれば、星3か4くらいです。音質に関しては、やはりbluetoothなので、期待はしない方が良いと思います。. 見た目がいいです!外で使う場合ヘッドホンは見た目が命じゃないですか。これはいい感じです。収まりもいいし。音はレビューの皆さんいろいろ言ってますが、普通にオーテクのイヤホンと変わらないです。まずiphoneのbluetoothをオン(画面下から引っ張ってくるやつね)してヘッドホンの電源ボタンを押す。と簡単につながる。. 音に関しては素人ですがびっくりするぐらい良かったです!まークソイヤホン使ってたのですが…Σ(・□・;)初心者には十分過ぎます。 ただ、外装はオールプラなので剛性がなさそうです以上、参考までに…. 利点と欠点 メリット decent quality 本体傷だらけ、付属品欠品 剛性… デメリット 箱から出すと、本体傷だらけです。プラスチック部分が白く焼けてるのか変色あり。電源が切れたときに使用するイヤホンジャックコードが入っておらず、充電用のusbコードも金属部分が白く粉をふいた状況。ペアリング方法など記載がどこにもなく、説明書もなし。これが新品とかちょっとありえない. 音はクセがなく、フラットな音が好みなのでとても気に入っています。個人的には充電ケーブルの差し込み口が閉じにくいのが唯一の欠点です。電源ボタンをダブルクリックで曲送り、トリプルクリックで曲戻しといったiphoneのイヤホンのリモコンのような操作もできて非常に便利です。. 派手さは無いですが、音質は高音も低音も妙なエフェクトが無く、聞き易いです。重量も軽くバンドの硬さも適切だと思います。流石オーディオメーカー。bt の音量操作はヘッドフォンにもありますが、早送りや巻戻しはありません。無い分、軽量なんだなと、妙に納得しています。マイクも良くできていて、マイクが飛び出してない割に良く拾ってくれます。ただし bluetooth の操作については、一時停止が上手くいかない事があったり、マルチポイントができたりできなかったりする事があって、すごくストレスになるので接続先を変更する場合は、ペアリングからやり直すぐらいが良いかも知れません。電池の持ちはあまり期待できず、毎日充電して使っています。充電しながら bluetooth を利用できないのは、充電ケーブルを挿している時点で、ワイヤレスじゃないから良いのですが充電しながら有線で聞くとノイズが乗ってしまい頭が痛くなります。. It’s decent considering its price. 全体の造りはプラスチッキーで、質感はややチープ。ただしそのため装着しても非常に軽いのは長所と言えます。側圧はある程度強いのですがキツイ程ではなく、音漏れも少ない方です。音質は良く言えば素直でフラット、偏ったピーク感がなくジャンルを問わず聴きやすい。聴き疲れしない爽やかなトーンです。逆に強いて意地悪い言い方をすれば、鋭い立ち上がりやパンチ力が弱くややメリハリに欠けるとも言え、重低音や力強さは期待しない方が無難です。ただ、全体的な印象としては決して悪いものではありません。音質のクラスとしては、オーディオテクニカで実売価格がこの商品の半額程度の製品群と同等とお考え下さい。有線接続でも音質キャラクターはほぼ一緒です。むしろややドンシャリ気味に聞こえるので、(bluetooh時の)内蔵アンプはチューニングが上手なのでしょう。あまりエイジングしていませんので使い込めば若干印象は変わるかもしれませんが、いずれにせよ、このクラスの製品が劇的に良くなることはないので、あまり気を遣う必要もないでしょう。ただし有線コード途中のボリュームは安物で、すぐ接触不良(いわゆるガリオーム)を起こすので、片チャンネルが聞こえない?と思ったときは、何度も動かしてみましょう。リモート操作はワンボタンで電源・ペアリング・選曲操作のすべてをこなすタイプです。選曲操作は多くのワンボタンタイプと同じ(1回押しで再生・一時停止、2回押しで1曲送り、3回押しで1曲戻し)ですし、スライドタイプのスイッチだと方向が感覚的に合わないこともあるので、私はこちらの方が好みです。ただし電源を切る操作が2秒長押しなのですが、ペアリング操作の4秒長押しになってしまう場合があり、ledを見ながら(もしくは操作音に違いがあるので、それを覚える)確実に電源が切れたことを確認するクセ付けをお勧めします。正直、電源on/offだけは別スイッチにすべきだったと思います。総合的に見て、私はps vitaのゲーム用が主目的ということもあり、必要充分で満足です。. 特徴 audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica STREET MONITORING 密閉型ポータブルヘッドホン ワイヤレス ブラック ATH-S700BT – 色々と無難

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS77XBT – オーディオテクニカマニア

バッテリー40分位しかもたない。今まで買ったイヤホンで一番最悪でした。solid bass は有線の時から愛用していたので残念です。. Bluetoothでかつ首回りにかけれるタイプ且つ重低音が効いているものがほしくて購入しました。【音質】音質は好みがあるので、可能であれば自分で確認された方がいいと思います。自分は元々店頭で試聴していたので満足しています。「solid bass」と書かれている通り、重低音が効いているものが好みであればよいと思います。【操作性】①ずり落ちる点他の方のレビューでは、「ずり落ちることが多々ある」とあります。初めて装着して街中を歩き回りましたが、しゃがんだとき以外でずれることはなかったので、ずり落ちることが多々あるってのは言い過ぎだったのかもねー…と思ってたのですが。ある日、出勤中につけていたら何度もずり落ちました。なんでだろう?と思って考えた結果。「衣服の上にバッテリー部がくると、シャツの素材や装飾次第でずれやすい」という結論に至りました。商品の画像でもわかりますが、そもそもバッテリー部は服の上ではなく素肌の上にくることでずれないように設計してるのではないか?と思います。そういえば、初日に街中を歩いた時はtシャツだったので首に直接当たってました。ですので、衣服の上に置くことになる場合は、バッテリー部の置き方を工夫する必要があります。自分の場合は、バッテリー部を右肩よりにするか、服の上に置くことで安定させてます。ただ、バランスがあまりよくないので、滑り止めみたいなのをバッテリー部の裏側に張ってしまおうかと考え中ですw②ケーブルが顔に当たる最初はケーブルが顔にあたることが気になっていたのですが、ちょっと手で広げたりしているうちに当たらなくなりました。使っているうちに改善されると思います。改善されなければ手で広げましょうw③リモコンの操作性リモコンの操作は最初は難しいかもしれません。でも、少なくとも自分はちょっと使えば慣れました。大きすぎると逆に邪魔と感じると思うので、これでよいと思っています。④充電の接続がやりにくい充電の接続部分のカバーが固く、ケーブルをつなごうとするときに邪魔になります。もう少し柔らかいか、開き方に工夫があればよかったのになーと思います。. ケーブルが長すぎるのみ不満。重低音は効いてますね。こんなものじゃないかと。. 充電中に使用できないないのが最大の難点。5時間しか使えず、3時間充電が必要では、せいぜいちょっとした外出時しか使えないです。作業しながら使おうと思っていましたが、一日8時間はイヤホンを付けている自分としては、メインのイヤホンとしては使えず残念極まりないです。首から回したケーブルが頬に当たるのもうっとおしく、また、装着時の見た目(ケーブル)が悪いのもマイナスポイントでした。. 普段、audio-technicaのイヤフォンを使っていて、凄く気に入っていて、仕事の都合でskypeミーティングをやる必要が出て購入しました。が、音が非常に篭っていて、会議の声が篭りすぎてたまに聞き取れない状態でした。音楽を聞いてもやはり普通のイヤフォンの方が数段音質がいいので、この製品は金額が金額という事もありハズレです。. 音質については好みがあると思いますが、一言で言うと低音を強調しつつ聞き疲れしないレベルの音が出ます。高音域も聞きやすく大抵のジャンルであれば楽しめる音が出ると思います。付属のイヤーピースも4種類あり、自分の耳に合ったものをチョイスするのも簡単です。良い点コンパクトにまとめられており重量を気にするほどの大きさでもない。フル充電で8時間の連続使用を達成。実際には8時間40分ほど、新品時。右側にリモコンユニットがあるので左右を間違えて装着することが起こりにくい。悪い点ケーブルが顔に当たるのが気になる。これはケーブルの癖によるものだろうからそのうち当たらなくなると思いたい。リモコンの操作性。指触りが悪く、どのボタンを押そうとしているのかわかりにくいです。耳がわが音量アップ首側がダウンと覚えれば問題ないでしょう。充電端子のふた。開け閉めしてコネクターを挿すのが面倒だったのでマグネット式のケーブルを購入。一気に快適に。電子レンジよりもモーターによるノイズが入る。街中で使っているとレンジの影響は受けませんが出力の大きいモーターによりノイズが入ったり誤作動を起こしたりします。具体的にはエスカレーターとハイブリッド車です。このそばでノイズが発生することが多いです。誤作動に関しては曲飛ばしが1回起こりました。一番の問題点が、「形状が特殊なのでバッグに入れるときに気を遣う」ということ。本体から出ているパイプ状のものが折れそうになるのでバッグに放り込むようなしまい方はできません。まとめると、装着感や音質はとても良い。ノイズに関しては無線である以上ある程度は仕方がない。形状が特殊でバッグにしまえないが、出勤先にロッカーのあるサラリーマンの電車通勤用としてはかなりグッドな商品です。. 約1年で左耳側が聞こえなくなってしまいました。多少引っ張ってしまうことがあったのでそのせいもあるかと思います。ただ、右耳側についている操作リモコンは何度も動作がおかしくなりました。具体的に言うと①音量調整ボタンがどちらを押しても音量upになる②再生・停止ボタンが効かなくなる③ボタンがめり込んで効かなくなる初めてちゃんとしたbluetoothイヤホンだったので「こんなものなのかな」とは思いました。極端に安い物で嫌な思いをしたことがあったので、操作ボタン以外はわりと快適に過ごせました。あと、バッテリー部が首後ろにくるので襟の中にいれないとバッテリー部分が背中側に落ちます。初めてbluetoothを試すのであればいいのかなと思います。. Ath-bt12から乗り換え。バッテリーの持ちも良いし、音質も良く概ね満足なのですが、他の方も書かれているとおり、【ケーブルがとにかく煩わしい】です。という訳で星4つ。. 利点と欠点 メリット 重低音ばっちり! 88年あたりのウォークマンのバスブースト的な 最悪 デメリット 今まで相性の良かったsonyを使っていましたが、アップル対応機種が減り某量販店でアルコールペーパー片手に聴き比べした結果です。耳も五感のうち舌の味覚と同じだと思います。どんなに高級な物でも耳との相性が一番。個人的な難点で申し訳ないありませんが、指がヤヤ太くリモコン操作が上手くいきません。あと心配なのは、これからの温かい季節のウエアーに本体ネック部分がズレ落ちてこないか…. -2016/01/09追記-昨年、保障期間内に製品が故障したため修理依頼を行った。結果として製品交換されたのだが、それまでの間にマイナーバージョンアップがあった模様。気が付いた点を以下にリストアップしてみる。尚、いずれも改善されたと言って良いポイントである。1. 充電キャップの素材が硬くなったそもそも修理に至った要因がこの充電キャップであった。症状としては、キャップのゴムが根元から断裂してしまうというもの。交換品ではキャップの素材が変わっており、硬くしっかりしたものになった。製品交換後からほぼ毎日使用して半年ほど経過したが、ゴム部の劣化は見られず、そこそこしっかりしている物のようだ。尚、キャップが硬くなったことで、充電端子を差し込む際にどかしやすくなっている。結果として、「充電時にキャップが邪魔になる」という、この製品の問題点の一つが若干ではあるが解消されている。2. 本体リモコンによる音量操作が快適になっている当初のレビューで「iphone6plusで使用する場合、最低音量でも音量が大きい」と記載したが、このあたりの不満が全て解消されている。音量の微調整が可能となり、また、”無音一歩手前の音量設定で既に無音”といったことも無くなっている。購入から1年程度経過したが、いまだに現役で毎日のように使用している製品であり、オススメである。余談ではあるが、earinの存在が非常に気になっている今日この頃。この流れを受けて、国内メーカーでも同様のコンセプトの製品が作られることを期待している。———-通勤時の利用がメイン。今までは片耳bluetoothヘッドセット(icon hd)を使っていたが、しっかり音楽を聴きたいシーンが出てきたことから、両耳&音質重視のイヤフォンを探していた。iphone6plusとの接続で使用するので、折角ならaacでの接続が可能な物が良いと考えていたところ、この商品が目に留まった。・良い点店頭で視聴した際、売りであるベースの強調が少々きつすぎるかと思っていたが、いざ運用してみると気にならない。それどころか、周囲が賑やかである場所や音楽に集中出来ないシーンでは音源の自己主張を手伝う形となっており、良い方向に働いている。また、高価格帯の有線ヘッドフォンやスピーカーには劣る印象だが、解像度はしっかりしている。電車内で30分程度は座れるといったような場合、音量を上げて目を閉じ一息つけば、音楽に浸れるレベルとなっている。・悪い点結構数があるので、箇条書きにしようと思う。1. リモコンの音量上下・再生開始/停止ボタンが手探りでは判別しづらい→単純な作りの問題なのでどうにかして欲しい。他アプリの起動により再生を停止させられたようなシーンで、慎重に操作をしないと音量を上下してしまうことが多い。2. 首元のバッテリー部が大き(厚)い→重さは問題ではないが、大きさ・厚みについて自己主張が激しい。衣服の内側に納めた場合、服装によっては圧迫により首に痛みを感じる場合がある。外側に納めた場合、背中側にずり落ちることが多々ある。3. Iphone6plusで使用する場合、最低音量でも音量が大きい→イヤフォン側の問題ではないのかもしれないが、最低音量が大きすぎる。ぎりぎり音漏れしない程度ではあるが、静かな電車内などでは心配になる。また、手順によるようだが、音量が1メモリの段階で音量がゼロになることがある。4. 電源を切るためのスイッチ長押し所要時間が妙に長い正確に計測したわけではないが、3〜4秒程度要求される印象。電源を投入する際は1秒程度なので、同じくらいで良いのではないか。・まとめ高価格帯に見合った音質ではあると思う。ソリッドベースなる味付けについて、店頭で視聴した上で好みであるなら買って損はしない。ただし、装着感や運用面で気になる点は多く、対抗馬となる商品とは装着感や機能面でしっかり比較することをお勧めしたい。. ・xperia z3で使用しましたが、不具合なのかわかりませんがリモコンがうまく機能しませんでした反応したり、しなかったりで・・・・・重低音がウリですが、重低音が強すぎる イコライザーで調整してなんとか耐えられるレベル・本体のボックス?が背中までズリ落ちてしまい、イヤホンが引っ張られる ジャケットなどの内側に入れれば落ちないがそうするとイヤホンケーブルが顔とかに当たってうっとうしい。音質はブルートゥースなのでそこまでこだわりませんが、本体が落ちてイヤホンが引っ張られるのがものすごくストレス普段はmdr-1aを使用していますが、気候が暑くなり蒸れてきたので、ワイヤレスで快適性を求めましたが、全然快適じゃありませんでした。.  ずっと外付けbluetooth(以下「青舌」と略)の送受信機(普通のヘッドフォンにつなげて青舌化するもの)を使っていましたが、ケーブルと衣服が擦れる音が気になり買い換えを決意。中でも低音重視で一体型、at社、かつ上位機種のこの商品を購入しました。2014年12月のこと、使用頻度は月数回程度です。 まず装着感。耳へのフィット感は文句なし。同梱のイヤピースが4種あるので、たいていの方はそれで合わせられるでしょう。問題は耳以外で、首が比較的細めの私だと本体(アンプ部)が横にズレたり、あるいは襟なしの服だと後方(背中)にずり落ちたりします。対策は首に挟む固いケーブルの部分をちょっと締める(針金のように)のが間違いないかな?でもやり過ぎると破壊する恐れもあるのでほどほどに。あと、右側ケーブルにくっついている操作部(音量/頭出し・再生/停止・マイク)が頬にペタペタくっつくのが気になる方もいるかもしれません。これは工夫するか気にしないかですね。 次に出てくる音。これは音質に関しては文句なし。solid_bassの名前通りの繊細かつ大胆な音。特にバスドラやベースがいきいきと迫ってきます。問題は音量で、発信側の機器(青舌のバージョン)が新しいものだと、音量がリンクします。出し(プレーヤー)側を最大にしておいて受け(cks77xbt)側で調節するということができません。かつ全体的に音量が大きめなので、ラジオ(radikoアプリ等)の音声などの流し聞きといった使い方は、耳の感度がいい方には難しいかもしれません(最低音量でも結構大きい)。この辺り、一度試聴することをお薦めします。 そしてその他。ここにひとつ問題がありまして、アンプ部に充電端子として設置されているマイクロusb端子を塞ぐフタ、これがちょっと厄介。フタがアンプ部に一部固定されていて紛失しないような設計になっているのですが、フタの材質がゴム系・かつ開けた時の余裕があまりありません。プラグ部が大きいusbケーブルを何回も抜き差ししていると、フタにかかる無理な力でそのうちフタ自体が外れ落ちる(もげる)危険性が高いです。実店舗の見本品はたいてい外れ落ちていますし、私も使用半年で首の皮一枚という状態になってしまいました。メーカーに相談した結果、保証扱いで本体交換となりましたが、それからの充電は細心の注意を払っています。できるだけ付属品のケーブル、あるいはプラグ部が小さなケーブルを使っています。 結論。ちょっと注意することや使用者とのマッチングが必要ですが、それで納得すれば素晴らしい性能を享受できます。私的にはランク下の55xbtを買うならこっちを選ぶべきだと思いますね。カナル型で青舌専用、かつ低音が効くという機種は数少ないので、そのコンセプトが自分と合えば買うしか!です。. ずっと使ってたイヤホンが壊れ重低音がしっかりと聞ける物を探してたところ友達がこれを使っていたので購入。よく引っかかって耳から外れていましたがこちらにするとそういうのはなくとても快適音質も良くとてもいい商品でした。. 購入前にヨドバシで色々試聴したが、音楽を聴くには同じ価格帯に比べ、音質は数段良いと思う。音飛びもあまり無い。ただ、買ってから気が付いたが、映画やアプリの音に関してはbluetoothなので仕方ないかも知れないが、微妙に遅れて聞こえる。. 音がすごくきれいにきこえます!毎日つかってます捜査も簡単なのでつかいやすいです. 音に関しては申し分ありません。重低音好きにはたまらない。有線タイプもこのシリーズでブルートゥース版が出たので即買いただし・・・ 線が弱く1年以内に2本だめになりました修理はできず、メーカーから新品を1万円で買えるというだけです。(発売当初は16000円)固定された部分がほほに当たるのも若干気になります。首に直接かけるので汗かくと端子部分がさびます。好きだからこそもう少し改善されるといいなぁ・・・・・3本目買うか悩み中・・・でも慣れると有線がじゃまなのだ。. 懐かしい音づくりのヘッドホン(イヤホン)ですね。リモコンの反応がワンテンポ遅れますが、問題ないレベルです。バッテリーの持ち具合は、往復3時間程度の通勤では支障ありません。自宅と会社に充電器あればbest!ノイズも音割れも皆無でした。再生周波数が広いので、ロックやクロスオーバーなんかは最適じゃないかな。10年ぶりにthe square聴いてみたら、当時の音が記憶の底から蘇ってきました。オススメの逸品です。. 特徴 オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS77XBT – オーディオテクニカマニア

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SOLID BASS 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-WS99 – SONY MDR-1Rと聴き比べて…

私は主にdubstepを聴くために使用しています、今まで5000円程度の某メーカーのヘッドホンを使用していたのですが、低音が足りないな〜と思っていたところdubstepのbgmを使用したsolidbassシリーズの広告動画を目にしまして、即決でしたねw使用した感想は、求めていた低音がハッキリ聴こえてきて、もう最高の一言です。側圧は然程強くないにも関わらず付けたまま真下に頭を傾けても、落ちる事を知りません。3時間程、連続使用もしましたが全く苦痛は無かったですね。重低音を求める貴方、こちらのヘッドホン買いですよ!. このヘッドホンについて私の感じたことを書いておきます。購入から約1年後です。<デザイン>高級感があって外出の際にも持っていける。意外と小さ目。写真でよりも実際はもっと高級感があるが、sonyのmdr-1aにはかなわない。頭が大きくても大丈夫だと思う。リケーブルできる。<音質>低音はボンボン出るのではなく、引き締まった低音である。ヘッドホンアンプ次第ではサブウーハーを追加したような迫力になる。eqなんかで低音域をあげても音割れはしにくいほうだと思う。だから、ノリノリな気分にさせてくれる。低音好きならjvc ha-sz2000 live beatなども気になるはず。だが、あれは低音の量が多いだけで上品な低音ではなかった。引き締まりのない、だまになった音が飛んでくるというイメージだ。中音、高音域は出ているが上品とは言えない。音場はまあまあであり音が近くで聞こえてしまう。空気感力に欠けたといった方がいいだろうか。音量を大きくするとサ行が少しばかりひっかかる。mdr-1aは中、高音域に優れていて聴き疲れしにくいが、やはり低音が出ないと軽い音のように聞こえてしまう。音の好みにもよるが私はmdr-1aよりもath-ws99の音が好みである。先ほどまで欠点ばかり書いていたがあくまでも気になる点であり、本当は私には十分であり気こちよく聞かせてくれる。バンドやロックなどでは音を聞くのが楽しくなり、いつの間にか頭が勝手に動きだし、足でリズムを刻むといったようになってしまう。やはり、私にはこのath-ws99が一番相性の良いヘッドホンなのかもしれない。低音もしっかり出しつつも 中、高音域もすっきりと出してくれる。自分が毎日live会場に行っているような気分になれて毎日が楽しくなるのではないだろうか。夜にスピーカーを使えず困っている時でも、このヘッドホンがあればスピーカーで聞いているような雰囲気にしてくれる、そんなヘッドホンではないだろうか。再生デバイスの紹介<ポータブル>walkman fシリーズ  nw-f886ヘッドホンアンプ       e07kヘッドホンアンプケーブル  オヤイデ fiio ドック・オーディオケーブル l5<pc>se-200pci(オーディオボード)sansui au-507xrcaケーブルはすべてaudio-technica gold link fine オーディオケーブル ピンを使用。. これまでずっとhp-rx700を使用していました。イヤーパッドがかなり傷んできたので、私としては奮発したつもりで、ath-ws99を購入しました。結論からいって、音質は、私の耳でも明らかにath-ws99のほうが上でした。solid bassと銘打たれていますが、中高音も綺麗に、しっとりと聴こえます。低音は不自然にドンドン響くのではなくて、キレのある上品な強さです。私がよく聴くemilie simonやtwo steps from hellの曲と相性が良いように思え、とても満足しました。音質以外で気になったのは、ケーブルの短さでした。ポータブル仕様なので仕方ないとは思いますが、付属の延長ケーブルを足しても1mちょっとしかないので、pcのサウンドカードに背面からつなぐと、長さが全然足りません。そこで、ケーブルは同じオーテクのgoldlink basicの3mを使用しました。音質はもちろん良いです。あと、側圧はこのシリーズのなかではだいぶ改善されたほうだと聞きます。しかし、イヤーパッドはオンイヤー型。私は眼鏡をかけているので、3〜5時間くらい装着していると、少し耳が痛くなりました。この装着感だけに関しては、重さにだいぶ差があるとはいえ、hp-rx700のほうがまだ良かったなーと思いました。. 迅速・丁寧な対応で大変良かったです。いつも、量販店で確認して商品が気に入ったら値段を比較して安い方で購入しています。. バスと名前が付くので購入、評価は他の方と変わりなしですが、ファーストインプレッションは、音量を気持ち上げ目の方が、ドラムバスを感じることできます。自分的には満足. 音響機器は本当にピンキリで安いものから高いものまでこのヘッドフォンを含め色々です。本当に音質にこだわる人はもしかしたらこの価格帯のものでは満足できないかも知れません。自分には許容範囲で値段相応かなと思っています。もっとも同じ音源のデータをiPhoneで聞く場合曲によってはにiPhoneに最初から付属しているアップル純正のイヤホンの方がいいなと感じることもままあります。ネットで安いものを探して買うにしろ時間があれば量販店のオーディオコーナー等で一度試し聴きをしてから購入されるのがいいのかなとも思います。. ヘッドフォンって、どうも耳を圧迫するような感じで敬遠していたのですが、ここは音質追求してみようということで、電気店店頭の視聴コーナーにて試したところ、非常に良い感じで自分に音質もあっているようなので、購入しました。1、大きさ:大きめの筐体のわりに軽量で、フルフェイスヘルメットで58cmの頭ですが圧迫感も少なく、肌に当たる部分も質感もよく、熱がこもった感じもありません2、デザイン:ドライバー部がアルミハウジングでできているためでしょうか、通常のプラスチックものより、薄くなっています、デザインもシャープな感じで見た目にも良いです3、音質:箱にはソリッドバスっていうことで特徴を唄ってますが、そんなに低音が強いわけではなく、低音から高音まで十分聞けてながら、低音もメリハリが利いた感じで心地よいです、MP3データの再生でも結構高音がでるものなのだな、と感心しました。店頭で視聴したときは結構店内がうるさくて細かいところまで聞けてなかったですがレンジの広さが、インナーイヤフォンとはちょっと差があるなと感じた、個別の楽器の音の位置がわかる感じで、クラシックなども臨場感が十分あります4、音漏れ:ヘッドフォンをしている状態では、ほとんどもれていないようです5、お買い得感:16000円でこの音質でしたら、お買い得ではないでしょうか、もっと高額なものもありますがこれ以上で音質差がわかるかどうか微妙なところです、ヘッドフォンはホールド感も大事なので、店頭で一度視聴していただくのがベストと思います。popsからクラシックまでオールマイティにこなすなら、このWS99はお薦めですよ。. 私はヘッドホンはこの商品ではじめてになります。以前使っていた、オーテクのソリッドバス99wのインナーイヤホンを使っていました。まず二万円以上イヤホンやヘッドホンにかけたことがないので、少し心配ではありましたが、低音に関しては予想以上の音が出ていて大変万足しています。高音もそれなりに、クリアに響いていて耳が疲れにくいです。galaxy s5 直指しでの感想bでした。. 利点と欠点 メリット 最高! ドライバーは小さい方が良さそう 音質の比較は店頭でしました。 デメリット 再生機器はs社z1000シリーズにアップデートを行い、クリアーバスにマイナス調整が出来るようになった状態で直挿し。このヘッドホンの特徴として聞こえない低域の音圧が高く、聞いていて疲れる印象が残る。(エージング50h以上)φ53mmのドライバーを搭載しながらも半開放式で低音を強化しているモデルなのでイコライザーをマイナス方向に調整しても周波数調整範囲を超えた低い低域で鳴り込む。(風圧みたいな音域)低域のバランスが調整しにくい。(現在マイナス7)ボリュームを上げなくても低域の音圧で聞き疲れる印象です。monster beatsの低音とは類が違い、重低音一部の周波数のみ強調タイプである。中音、高音は十分解像力のある音質で、透明感もあります。ボーカルの吐息までも再生できる表現力は持っています。高額で買った商品ですが、中年の耳には合わない音質でした。追記)現在トライアングルダクト3箇所のうち1箇所(ななめ上)を溝と同じ太さの線材で塞いで低音のレベル(風圧)を抑制しています。聞きやすい低音に変身しました。(丁度いい感じ 現在★5つ。) 下ダクトは重低音とは関係無く、ふさぐと篭りが生じます。追記2)低音が爆風によって疲れる原因が分かりました。原因は、デジタルアンプを使用したメディアプレーヤーが爆風をもたらすようです。アナログアンプのメディアプレーヤーでは聴き疲れしませんでした。デジタルアンプの方は、視聴をされてから購入された方が宜しいかと思います。. 気がついたら使い始めて約1年近くたったので書いてみました。音の違いなどあまりわかる人間ではないですが、低音高音バランスがとれたヘッドホンだと思います。ドラムなどの低音も無駄にドンドンズンチャカなりませんし、高音が薄っぺらかったり音が弱くて小さいということもありません。しっかり良い中低音が聞けて、でも高音も疎かにしてないという感じです。当時、w55やw77とも聞き比べたのですがこの2つはthe低音、低い音が大きくなってる印象でした(音質的にはすごい素敵でしたよ)でもw99は2つとは明らかに違って低い音だけでなくて他の音も綺麗になっていて、バランスがよく聴きやすくとても感動したのを覚えています。他のヘッドホンも色々利き比べてたんですが、当たり前ですが低音ヘッドホンは低音が高音ヘッドホンは高音が良く仕上がっていて、逆に言えばそれ以外の音はぼちぼちの出来な感じで自分にはその極端さがあまり受け入れられませんでした。そういうことで、笛も弦楽器もドラムもベースも電子音も男声も女声もバンドもクラシックも自然に聴ける、自分に合ったヘッドホンです。当時の自分は予算オーバーで迷って迷って買ったんですが、今はまったく後悔していない私のお気に入りです。最近は基本的に室内で私用してますが、屋外でも雨にも負けず風にも負けず、雪には耳あて代わりになりながら丈夫に使えちゃいます。付けていて周りの音もある程度聞こえるので、そういう点では屋外でも安心です。ただ多少の傷と側面の金属部分の溝の汚れは目立つようになりました。それと当たりが悪かったのかもしれませんが、使用数ヶ月で一度右耳の螺子が緩んで取れて自力でどうにか付け直したのと、最近左耳のコードの付け根が断線ではないですが皮膜の部分が折れて(千切れて?)しまい修理に出そうか迷ってます。そういった面で満点から星を1つ減らしてます。今どんなヘッドホンやイヤホンが売りに出てるかわかりませんが、1年前の時点ではこの価格帯+2万の中では1番好きなヘッドホンです。迷っている方の参考になれば幸いです。長文失礼しました。. 同社のイヤホンが4か月経たずに断線。このメーカー信用出来ない。もうメーカーの商品買わない。. かなり低音寄りの音質ですが、うるさい音ではなく全体を包むような広い低音です?説明が難しい密閉型であって、この傾向のヘッドホンは少ない気がしますボンボンするような低音ではないので雰囲気作りや長時間のリスニングに向いています逆に雲がかかった音、ぬるい音と感じる方もいるかもしれません、あくまで好みの問題音が消える瞬間が特にクッキリしていて好きですね驚いたのは装着感!最近のイヤーパッドは中身が変わったのか、ふにゅっとしてますsonyの1rも同じようなパッドになった気がするあくまで個人の感想ですので試聴してみてから購入したほうがいいです. 色々なヘッドホンを試していたけど、遂に理想の物に出会えました。音に関しては詳しくないので簡単に書きますが、素人の私でも違いが分かるくらい綺麗でクリア、やっぱり2万円クラスのヘッドホンだけの事はある。私はjポップ(特に女性ヴォーカル)、そして洋楽ロック全般を主に聴くけど、どんなジャンルにも対応出来てます。ビリー・ジョエルのピアノもエディ・ヴァン・ヘイレンのギターも、そして西野カナのヴォーカルもまるで目の前で聴いているかのような臨場感。そうなんですライヴ感が凄く伝わります。高音、低音、迫力と文句はありません。買ってよかったです。. 当然 個人差好みはあると思いますが、低音高音共にとても良い音質です。耳のフィット感も長時間良い感じです、押さえつけられないタイプなのでgood!. … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica SOLID BASS 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-WS99 – SONY MDR-1Rと聴き比べて…

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-DSR7BT – 30,000円超のヘッドセット。高級品ですが納得の品質です

いいお値段のヘッドフォンですが、お値段なりの価値を十分に感じられる機種と思います。ヘッドフォンの良し悪しって値段に比例するわけではなく、好みによるところも大きいとは思いますが、このヘッドフォンの音が嫌いって方はあまりいないと思います。もちろん音源の録音環境によるところもありますが低音は締まってボヤけてなく、高音は煌びやかで伸びやか。クリアで音の一つ一つが新鮮なイメージを持ちます。購入するにあたり、sonyのmdr-100abnと迷いました。こちらは強力なノイズキャンセリング機能も魅力です。お店に何度も足を運んで聞き比べましたが、音はこの機種(ath-dsr7bt)の方が好みでした。デザインが魅力だったのとノイズリダクションを試してみたかったのが迷った主な理由ですが、私の場合おそらく外で聞くことはないので、家で聞くのに必要?って自分に言い聞かせて迷いを押さえ込みました。利点の方が遥かに勝るので個人的にはあまり問題視していないのですが、気にされる方もいるかもしれないってところをいくつか記載しておきます。1つ目は、bluetooth接続時のホワイトノイズ。音楽が再生されてる時は、音量が極小でも全く気にならないのですが、有線接続の時はないので、できれば改善を望みたいところです。ただ、これを消すために上記の音質が犠牲になるところがあるのなら今のままで良いです。2つ目は、有線接続がusbのみでオーディをケーブルでの接続がない点。アナログ回路を排除することで音質的にもコスト的にも有利になると思いますし、iphoneにもヘッドフォン端子がなくなったので不要な方も多いと思いますが、現行のオーディオ機器で利用できないのは残念な点です。有線仕様のath-msr7の音質がこの機種に近いとのことなので無線が必要なければこちらが良いのかもしれません。思いつくところとしてはこれくらいでしょうか。デザインはヘッドフォンとしてオーソドックスで、重厚感があって見た通り無骨です。前述した通り遊び心があるsonyが魅力的ですが、展示品で酷使されていたからか、くたびれた感じになってて、店頭で見た時は少々おもちゃっぽさを感じてしまいました。当然ながらモノによりますが、オーディオテクニカは派手さはないものの、日本の老舗メーカーとして物作りはしっかりしています。多分次に買い替えるときも優先的に検討すると思います。このクラスの選択肢としては非常にオススメです!. 1つ、良いものが欲しいなぁという感覚で、お値段に悩みながら、思い切って購入。十分です!というより、bluetoothもここまで来たか、という感動あり。音も鮮明、使い勝手も良し。ヘッドホンとかは結局人によって好みによるところが大きいですが、高音、重低音、たいへん鮮明にバランス良く聞こえるかと。大満足です。音響マニアではないので、詳しく書けないのはごめんなさい。逆に、単純に良い音を、と、この価格帯まで求めれるなら買って間違いは無いのかなと思います。たいへん満足しています。. 比較的1万前後のヘッドホンを購入してきましたが臨時収入もあり思い切って購入しました。iphone6s接続にて利用あまり音に関しては専門的な知識、聴力はありませんので普通に感想を全体のバランスが非常にいいです。多少低音が聴いてる感じですが. ^^;それでも違和感無く音の分解も凄いです。側圧(頭部59~60cm)も程よくズレる感じは無いですね。. 一番気に入らないのはmicro usb type bのコネクターを使用しているのだが、付属品以外のコードを使用すると充電以外できません。PCに接続しても端子が奥まっているので、PCが認識できませんでした。付属のコードが不具合を起こしたら、純正の付属品と同じコードを買うしかありません。ユーザーサポートに連絡したら、市販品でも使えるとのことでしたが、実際には充電以外できません。PCで使用しなくて、bluetoothのみで使用するのならいいのですが、この辺が不満です。音そのものはいいですし金属製の部品類は高い耐久性があると思いますが、少し重いです。後、イヤーパットの耐久性がないです。この価格なら、合皮製より布制にしてほしかったです。他の製品との使い回しによるコストダウンはわかりますが、ユーザーファーストではないですね。せっかくの日本製ですから、ユーザーファーストの製品を作ってほしいです。追伸です。肝心の音ですが、非常にクリアーで音場もリアルに見通せます。どちらかといえばアコースティックな楽器再生が向いていると思います。シンプルな録音のソースの方が、いいように思いますがシンセやエレキギターなども良好です。低温は多いというよりは非常に閉まっていて、ベースとバスドラの区別がはっきり出ています。。少しハイ寄りだと感じる方もいるかもしれません。この音でbluetoothは、納得の商品です。. 元々オーテクのmsr7を使用していました。無線のヘッドホンがほしくなり、同ランク帯と思われるこちらを購入しましたが、初bluetoothなので有線と比べるのは誤りなのかもしれませんが、明らかに低音の発音が曖昧でモヤモヤしていて気になります。msr7はしっかり音が出ているだけに非常に残念 3万円でこれだと、満足感より不満のほうが大きいです。. わりとハッキリ系?な印象。ただ、高音が突き刺さるイメージ。(年寄り耳だからかも)シンバルのような音がちょっとキツめ。周りが静かだと、曲間でホワイトノイズが気になる。mdr-100abnしか持ってないのでそれと比べての印象だが、低音はしまってて好み。全般的にはカチっとしたイメージ。ただ、高音が自分にはキツかった。. Asus zenfone 3 dXにて使用。冒頭から余談ですがこの機種はandroid 8. 0へのアップデートが公式に発表されており、つきましては当機種ath-dsr7btが対応しているbluetoothの新コーデック『aptx hd』での接続が可能になる予定です。(2017年10月現在)アップデートされましたらまた追記したいと思っております。本機と似たような価格帯のワイヤレスヘッドホンだと、ソニー sony ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン mdr-1000x : ハイレゾ/bluetooth対応 最大20時間連続再生 マイク付き 2016年モデル ブラック mdr-1000x bや、bose quietcomfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン シルバー【国内正規品】などが候補に挙げられると思いますし、何よりも決定的な違いとしては上記の2機種はノイズキャンセリング機能を搭載していることです。その性能も格段にアップしていますし、魅力的な機種であることは確かで、実際評価も良い機種です。本機はncも非搭載ですし、何よりレビューも少ないですし、この価格帯の商品としては今ひとつ「決定打」に欠けるのも事実だと思います。個人的にはノイズキャンセリング機能の素晴らしさも実感しているのですが、実際ワイヤレスヘッドホンを装着している時には常に何かしらの音楽を聴いている状態ですので、あまり必要性は感じておりません。音楽の邪魔になるようなレベルの騒音も、せいぜい飛行機内や地下鉄内くらいで、それだって音量を上げれば済む話でもあります。また、どうしても若干遠くの方で鳴っているような、籠もったような音に感じるのも事実です。対して本機は、ピュア・デジタル・ドライブ・bluetoothで送られるワイヤレスのデジタル音声信号をドライバーまでfull digital伝送。・音響技術に基づく電気回路内にデジタル信号処理技術dnoteを採用。・純度の高いデジタル信号を空気振動で音声へとダイレクト変換し、 冴え冴えとした鮮明な音を再現する。φ45mm“トゥルー・モーション”d/aドライバーdsr7bt専用のφ45mm d/aドライバーを搭載。精緻な一音まで再現する専用の振動板と、レスポンスに優れた音を引き出すショートタイプのボビン巻きボイスコイルを採用。デジタル信号を空気振動へ正確にダイレクト変換し、あらゆる音源を高精細に描写する。音響効果の高い強靭なアルミニウムハウジング内で、電気回路スペースと音響スペースを独立させたデュアルレイヤー・アイソレーション・ストラクチャーを採用。ドライバーの性能を最大限に活用させる、音質を重視した筐体設計。独立した音響スペースの最適なポジションにベントを配置。滞留のない空気の流れをコントロールし、深みのある低域を再生する。ということなので、ワイヤレスヘッドホンでも音質を最重視される方や、自宅での使用を考えている方には最適な機種だと思っております。冒頭に記述したaptx hdもandroid 8. 0からスタンダードになっていくでしょうし、そのような今後の発展性も含めて長く使用できる機種だと思っております。おすすめです!. ワイヤレスとは思えないと言う言い方がありますが、まさにその通りです。また、20000円辺りの有線とも遜色ないです。確かに音の好き嫌いはあります。低音強めの元気な音ではありません。繊細で緻密。ここが大事。ワイヤレスでこの音が聴けます。外のうるさい環境でも聴くより、静かな環境で聴くと本領を発揮するワイヤレスホンです。なのでパソコンで聴くusbケーブルでなく、ちゃんとした据え置き機で聴けるよう、普通のケーブルにして欲しいです。残念なのは、オーテクは仕上げは良好なはずですが、ハウジングに縞模様のような、ヘアライン仕上げのようなものが見られます。左右共、模様が違いますがあります。サポートに問い合わせると、あると言う意外な回答。販売店で交換してもらいましたが、マシですが、やはりあります。何故?これがなかったら、この上級機も欲しいところです。また普通のケーブル仕上げになれば即購入するのですが。そのくらい魅力のあるワイヤレスホンです。. 利点と欠点 … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-DSR7BT – 30,000円超のヘッドセット。高級品ですが納得の品質です

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン スマートフォン専用 防水仕様 スポーツ向け イエロー ATH-CKP200iS YL – 耳たぶにはしっかりフィットするが耳の穴に合わない

耳たぶにはしっかりフィットするのですが耳の穴に合わないのか低音が全く出ない。iphone付属のもののほうが音はいいです。. 長く付けてると耳が痛くなります。そして普通にズレます。値段からすると割高。使用一年で壊れました。角度を変えたくて少し捻ったら、一瞬で折れました。ただ二回洗濯してしまいましたが、防水機能性は問題無しでしたww. ランニング用に購入しましたが、汗ばんでくるとリモコンが効かなくなります。困った。音は問題なしです。. Ipod touchでジョギングするのに購入。外の音が聞こえるパッドにしていることもあり、低音が弱いのは致し方ないのかな。今まで幾つも試したインナーイヤーのものはジョギング中、汗だくになると耳から滑り落ちてしまいました。ようやく耳からずれずに使えるイヤホンです。曲送りや音量のコントロールも出来るので満足しています。. 2016年夏に買ったにしては古いものですが気に入って使っています。特に音が良い訳でもなくそこそこという感じです。私が最初に手にとってみてすぐ壊れそう!と思いました耳にかけるタイプなのでふにゃふにゃ感があります。いつか壊れそうだなーと思っていたら少し経ったときに中のコードは繋がっているけど周りのプラスティック?部分が取れ強力接着剤でつけました。これが2回ありました。私の扱いが悪いかもしれません。継続してつけていると耳が多少痛くなりますがすぐ治るので気にならない程度だと思います。. 防水タイプの中ではかなり安い方でしたが品質はまったく問題ないです。水洗いできるのを探していましたので良かったです。. ダイエットを目的にランニングを再開、音楽を聴きながら走るために購入しました. 黒を購入しました梱包状態は当然のことながら☆5音質は良かったのですが思ったより低音の出が悪かったような気がします装着に多少手間がかかりますでも外れにくいのでいいと思います右耳の方が特に大変でしたwピースの取り替えもちょっと苦労しましたマイクは感度も良くボタンも使い勝手が良く思えました。人によってはイヤハンガーが合わない可能性もあります。自分は適合したので問題はありませんでした。一部不満はありましたけど 自分の総合評価は4です. 利点と欠点 メリット エージングすればまぁまぁ使える ジョギングには十分 いい感じだった。 デメリット 到着直後に聞くとまぁ音質が悪いこと(‘・ω・`)エージングしたら個人的にまぁまぁ許せるレベルかな。それでも音質に拘る人には物足りないかと。アクティブフィットイヤピースを使い、音楽を聴きながら積車の運転、軽耐久レースやドリフト大会でのハンズフリー電話として活躍してくれます。ちょっとフルフェイスヘルメットを被るのは大変ですが・・・(;^ω^)静かな軽耐久車両なら全開走行中でもハンズフリー電話可能。やかましいドリ車は流石に待機中でないと聞き取れません( ̄▽ ̄;)音楽再生中、電話中でも外の音はしっかり聞き取れます(‘▽`)唯一欠点はマイク内蔵ボタンを固定するクリップがすぐバラバラになる(;’・ω・)部品を拾えば修復はカンタンに可能ですけど脆いのは困りますね~(‘・ω・`). Amazon発送のため安心感のある梱包でスグ届きました!商品状態もキレイでした!耳に違和感なくフィットします!メーカーもオーディオテクニカなので、音質も大満足です!駅のホームなど、騒がしい所でも通話できるクオリティのマイクもついててこれから大事に使用したいと思います。. リモコンボタン、延長コードも付いており、色も綺麗だったので購入。[1週間使用した後の感想]重低音好きな私には、ちょっと高音がシャリシャリして気になる。新幹線内でトンネルに入ると低音が少ないため聞き取りにくくなる。イコライザーアプリも使用してみたが、効果なく破棄決定。. IPodランナー用に購入。最初は良かったが、途中から音量調整がうまくいかなかったり、サングラス(メガネ)の耳かけの部分にあたって、しっかりフィットしなかったりしてイマイチ。. 高音がきつすぎる ピースかえたらましになるが 鼓膜が痛くなるは 頭も痛くなってくる音に太さがない 細すぎる 買わない方がまし. ランニング用に購入。丈夫さは問題なし。希望通りです。音質については価格相応といえばそれまでですが、低音がかなり弱く、音楽によってはシャリシャリいうだけの曲になります。個人的にはコントローラーもおまけ程度で調整範囲が小さく、走るときはいっそないほうがいいかなと思いました。. お安いし、耳かけ時にバネが効いて、耳をホールドしてくれていた。のだが、バネが錆びて緩くなってホールド性がダウンしてきた。(1年)あと、外音聞くために別途イヤーピースが用意してあるが、こいつを付けると、高音が響くようになり聞きづらい。イコライザで高音を下げるなどの対応すれば、聞きやすくなる。(音はチープになるが。まぁ、もともと、スポーツ時に音質にはこだわらないのでいい). Iphone5でジョギング用で購入しました。以前はワイヤレスのタイプを購入しましたが、全く使い物にならず、購入後1ヶ月程度、使用回数も10回に満たないまま故障しました。今回のものは、その価格より半分程度で済んだうえに安定した性能とフィット感抜群で言うことなしです。耳のフックも角度調整が出来ますし、音量も手元のスイッチで可変可能です。イイ買い物が出来ました。. 毎日ランニングの時に使用、使い心地よかったのですが、ひと月しないで左側が聞こえなくなりました。メーカーに問い合わせしましたが、生産終了で違う商品を送付いただきました。メーカーの対応はとてもよく、比較的早い対応でしたので満足していますが、ひと月で故障ということでこの評価をさせていただきます。. 音質的には確かに3,000円のneo:nには劣りますが、そこら辺に売ってあるイヤホンに比べれば十分だと思います。マイクはかなり良く、話している相手いわく前よりこっちのほうがとても感度がいいとのこと(感度がいい分雑音も拾ってしまいますが). 耳を挟むために開閉するバネの部分が、購入して1週間ぐらいですぐに壊れ耳にかけられなくなりました。そんな酷使したわけでもないですが、弱すぎましたね。. ベスト audio-technica カナル型イヤホン スマートフォン専用 防水仕様 スポーツ向け イエロー ATH-CKP200iS … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン スマートフォン専用 防水仕様 スポーツ向け イエロー ATH-CKP200iS YL – 耳たぶにはしっかりフィットするが耳の穴に合わない

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica 密閉型ヘッドホン ATH-T500 – クラシックの鑑賞に無難

Pcで使うにはコードが長すぎる。音は十分満足できる。結構切れのいい音がします。耳からズレにくいのがいい。安物にはない使用感です。. 足音の方向が手に取るようにわかる 自分が買ったときは4000円ほどでした. ゲームをしたり、音楽を聞いたり、映画をみたり、何をするにもコードが長くて便利。気に入っています|・ω・*). 使って1週間位経ちました。低音も高音もバランスがいいです。着け心地もいいです。頭が大きい方なので心配してましたが、眼鏡をかけてても締め付けをあまり感じないので長時間着けていても楽です。. 低音~高音域迄、そつなく出ますね♪オーディオはなかなかやりますよ。抵抗値も良好です(^^)。. 側圧が強く1時間ほどつけていると頭が痛くなってきます。音質は普通です. 音質から付け心地まで 長時間使い続けても耳が痛くなりませんでした文句なしの大満足です. オーテクのヘッドホンを愛用していますが、十分すぎる性能だと思います。音楽によっては軽い音がしますが、高音から低音まで幅広く鳴っていると感じました。耳全体をしっかり覆ってくれるので、付け心地は非常に良いです。「バンドの頭頂部が不快」とのレビューもありますが、私はそうは思いませんでした。この価格でこの音質なら、十分に活躍してくれる素晴らしいヘッドホンだと思います。私は気に入りました。. 利点と欠点 メリット Mark Ⅱ……?(追記あり) ATH-AVC500と同じ いつもそこはコンサート! デメリット 求めていた条件に限りなく近いので満足しています。値段も相応だと思います。今のところ不便を感じていません。. 音漏れや周りの音が聞こえなくなり非常に便利です。デザインも触り心地も良いのは確かです。伸縮の方は伸び縮みというより上、下 感のあるタイプです。. 開放型のath-tad400を持っていたので、形が同じで密閉型のath-t500を購入しましたが、音が悪くて使う気になれません。(~_~;). 音はよくわかりませんが、問題と感じる点はありません。ですが、ヘッドホンを長い間つけていると、すこし圧力がかかりすぎてるようで、痛くなってきます。眼鏡をつけているからというのはあるかもしれないですが、長時間使用する場合はもう少し付け心地を重視した商品を買ったほうがいいのかも・・・. 最初にT500を所有していました。その後、上位機種であるA900を購入、他にもパイオニアやビクターのモノも所有しています。何となくですが、T500の方が解像度が低い分なのか?低音がしっくりきます。もちろんA900と比べてなので、他のメーカのものより高中音域よりの音だと思います。装着感も350グラムのA900よりT500の方が270グラムで軽いです。デザインもプラでなく黒の金属製で高級感あります。何よりかなり雑に扱っても大丈夫ですほんとに丈夫ですPCで、イヤホンジャックに直ざしでmp3やCDやDVDを見聞きする分には十分です。十分すぎます。自分の糞耳には上位機種との音の違いは値段ほどの開きはないと思います。また、交換用パットがあることもうれしいです。すばらしいコストパフォーマンスです。長い付き合いになりそうです。. 値段と音質のバランスってとても難しいと思いますが、本機はそれがいい具合にまとまった例では。もう少しシャープさが欲しい感じもあるけれど、音の粒立ち、残響具合、ヴォリューム感が適度にまとまっており、ピアノ独奏からオペラまで、無難に鑑賞できます。装着感もまずまず。. 今まで安物のヘッドフォンを使っていましたがこの商品で音楽を聞いた瞬間音質の良さに驚きました!!音にあまりこだわらない人はこのヘッドフォンで十分です. 3年ほど前に購入しましたハウジングがアルミで出来ていて高級感があります。エージング前は他のヘッドホン同様低音が良く鳴るなーというくらいの印象でしたがエージングすると高音から低音まで平均的に良くなっており非常に良いです。着け心地も良く大きさの割には軽くイヤーパッドも大きく柔らかいので「音楽を聴いている」感に当時感動しました。あとはケーブルが長くテレビなどで聞く際は便利でしたがポータブルオーディオ機器など使用するには長く、外で使うのは難しいです。総括として音質もいいですがそれ以上に着け心地の良い初心者にもおすすめのヘッドホンです。. 初めてのヘッドホンですが、かなり気に入っています。見た目も安っぽくなく外側のハウジングが金属製です。耳を完全に覆うので何となく安心感があります。密閉型なので高音そんなに出ないかな〜と思っていたのですが、普通に鳴ってくれます。低音も良く鳴るのでオールマイティの少し低音よりって感じです。不満点は・コードが長い 私はこれを外でも使うのですが、3mとコードが長めなのであまりお勧めはしないです。(もともと映画鑑賞から〜となので、コードが長いのは当たり前です・・・・・長時間にはあまり向かない 締め付けが強いわけではないのですが、3〜4時間付けていると耳周りと頭が少し痛くなります。・l字プラグでない・爪が削れる ハウジング部分がマット加工してあるのですが、そこで爪をこすると削れます。その時の音が少し不快w良い点・デザイン・音(私は糞耳なのでこれは良い方だと思います・付属でφ6. 3mmが付いてる・耳を完全に覆う買って損は無いなと思いました。参考になれば嬉しいです。. 特徴 audio-technica 密閉型ヘッドホン ATH-T500 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:1800 mW 重量:270 g コジマで7300円ほどで買い、amazonの価格をもっと早く知るべきと後悔。音はさすがのオーディオテクニカです。pc側のイコライザを使うともう音が化けます。感動しました。肝心の付け心地なんですが、耳や頭にかかる圧力が強く、1、2時間つけてると少し痛くなってしまいます。高いヘッドホンほど密閉性を確保するせいか、付け心地が悪かったりが多いんですよね。何故か。amazonの価格からすれば、更にコスパは良いと思います。音質も今のところこれで満足という感じ。. … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica 密閉型ヘッドホン ATH-T500 – クラシックの鑑賞に無難

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン ブラックピンク ATH-CK313M BPK – あたりハズレがあるのかも。

今、オーディオテクニックのヘッドホンは、1万位のものを使っています。今回、岩盤浴用に購入しました。音は多少は落ちますが、気にならないです。値段、デザインをみれば満足。. 妻用に購入しました。オーディオテクニカの4極延長コードと併用しています。価格の割りには耳障りな音ではなく、本人は満足しているようです。. まず個人的な好みとして、以下2点が評価できます。・y字型ケーブル・l字型プラグ音質は、解像度が低くて高音もまるで伸びませんがフラット。より高価な価格帯のイヤホンに比べれば、スカスカな印象で聞き疲れ大。音楽には不向きで、ラジオや語学学習ならストレス少ないと思います。低音が欲しい場合は、低反発イヤーピース装着で改善できます。遮音性はカナル型として普通で、軽さと特徴的な形状による装着感が良いです。タッチノイズは大きく、付属のクリップを活用するかシュア掛けで改善できます。以上、1000円程度で購入できるイヤホンとしてはギリギリ及第点でしたが、音楽鑑賞には、その場しのぎのイヤホンとしても物足らなずコスパは悪いです。多少高くてもcreative ep-630やphilipsの低価格帯商品、そしてその他大手の1000円後半〜クラスの商品を購入した方が、後々後悔しないと思われます。.  全体的に評価させて頂くと☆3つといったところです。オーテクのイヤフォンは初だったのですが、音質はさすがって感じでした。バランスがいい感じです。音質についてオーテクを買う人にはこだわりを持った人がかなりいそうなのでそちらを参考にして頂くつもりです。申し訳ありません。 さて、私がレビューで最もお伝えしたいのはコードについてです。ちょっと残念に感じました。このイヤフォンのコードはかなり固めというか、柔軟性に欠けます。プラスチック製のクリップ一体型のコード巻き取りホルダーが付属していますが、コードが固めなのと合わさり、かさばってしまう感じです。調節できる長さも私はもっと短くできたら・・・と思いました。(私自身はオーディオプレイヤーを腰より少し下あたりに固定して使用しています。)クリップも一体型ではなく分かれていたら扱いやすかったはずです。コストの関係上音質を重視すると利便性が下がってしまうのも仕方ないのかもしれません。. 購入して使用したばかりなのに音がプツプツ切れます。。不良品なのでしょうか。. 今までは3000円台のpioneerヘッドホンを使用久しぶりにイヤホンにしようと思い購入しましたが自分にはイマイチ最初不良品ではないかと思い身内が持っていた安いイヤホンと聞き比べてみたところ、似たり寄ったりの感覚でした自分の耳が今のヘッドホンに慣れてしまっていると言うこともありましたが(今のは中低音が強い物)堅い音+うたっているほど中低音もきっちり出ていないと言う印象でした。. コードはy型で、コード巻取りホルダーと、イヤピースがxs、s、m、lが付属しています。人によっては気持ち悪くなったりするのでご注意を。個人的にはあっていたので☆4つにさせていただきました。. よいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよいよい. 利点と欠点 メリット 特性は「かまぼこ型」。ボーカルを楽しみたい方に向てます。 気軽に使えて良いです 安くてモノも良いです。 デメリット アウトレットで600円弱で購入しました。もともとオーテクファンなので評価甘めになりますが……。【高音】少しこもり気味ではあるものの、キンキン刺さらず優しい印象【低音】キレは今ひとつですが、極端にボワつくことなく、それなりに深みと迫力があります。特にベース音が心地よいです。【遮音性】イヤーピースとの相性次第なのでなんとも言えませんが…。耳たぶを引っ張ってグッと奥まで差し込むとかなり遮音性が増します。【音漏れ】よほどの爆音でない限り大丈夫でしょう。【装着感】ハウジングが軽くコンパクトでおさまりが良く、耳への物理的な負担が少ないので、長時間の使用でも疲れにくいです。【携帯性】コードに張りがあるので縛っておいてもいつの間にか解けてたりしますが、そのぶん絡みにくいです。ドンシャリが苦手な私としてはかなり好みの音質ですが、クリアでキレの良い音が好きな方には向かないと思います。1000円以下で購入した商品の中では個人的にダントツの神機種ですね。. 音質に関してはこもった感じもなくクリアに聞こえますただイヤーピースが付け替えたくても外れにくくしてるため付け替えるのが凄く大変です・・・耳が合わない人には付け替えが困難ですね。. 取り扱い説明書が同封されていませんでした。それ以外は安いし完璧ですっ‼️. 値段のからいって打倒品だと思います。良い音を望まれている方には、お勧めできません。. ピンクを使ってました。この価格帯のものなので、どうせすぐ壊れるだろうと思っていたらこのck313mは5年ほど持ちました。予想以上に頑張ってくれたと思います。塗装が流石にボロボロで、左側の調子が悪くなってきたので、最近muix ix1000(ネットで¥2800程で購入)を使い始めましたが、ck313mの方がフィット感が良いのでサブ用に買い足そうか迷ってます。笑. ケーブルの素材がゴム状?の質感で絡みにくいです。また値段も手頃で音もまずまずです!以前使っていたもの(型番忘れましたが・・)はもう少しだけケーブルが太くてさらに絡みにくいので、とりあえず星4つで。お勧めです. 半年以上使っていましたが先日足で踏んづけて壊してしまったので本日再注文です音質については購入後2〜3日程度は曇った音で何だこれ〜って思っていましたが使っているうちに曇はとれてきましたただ重低音や透き通るような高温域は望むべきも有りませんがお値段以上の音質ですウオークマンとして聞き流すように使うのであれば全然有りですこのお値段であれば万一壊しても怖くないので気軽に何処でも使えるのが嬉しいです。ベットで寝ている時も雨の日も使ってましたが流石に足で踏んづけたら駄目ですね。. 娘のために購入。ケーブルがピンクなのが気に入ったみたいで。音質うんぬんは、一般的でしたかね。. この商品の音質特性はいわゆる「かまぼこ型」です。したがって、音楽鑑賞にはあまり向いていません。逆にAM/FMなどのラジオ放送や音楽のボーカルがはっきり聞き取れます。とはいえ、音楽鑑賞に全然使えないほどひどいわけではありません。イコライザを使わなくてもボーカルが強調されて聞こえる、ぐらいに考えていただくと良いかと思います。ドンシャリイヤホンではDJのしゃべりが聞こえないとお嘆きの方、あるいはfm補完放送で深夜放送など、トーク中心のサウンドメディアを楽に聞きたい方にはお勧めです。. 特徴 audio-technica カナル型イヤホン ブラックピンク ATH-CK313M BPK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:40 mW 重量:3 g オーディオテクニカですね。音も最高です。iphoneにもバッチリあっております。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica カナル型イヤホン ブラックピンク ATH-CK313M BPK – あたりハズレがあるのかも。

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica イヤホン テレビ用 シルバー ATH-C505TV – 全体的にこもってる

音質が良いのでtvもイヤホンのストレスを感じなく楽しめます。ただ、音量が大きいと多少音もれがしますが気にならないていどだと思います。. 5mまで線が付いているTV用ステレオ・イアフォンで、低音部が伸びる開放型低音機構で、音が良いです。TV用とオーディオ用では、径が違いますが、これは、テレビ用専用です。. 高齢で耳が遠くなった母のために購入しました。自分でも確認しましたが、満足できる音質です。. 音質などに関して特に不満は感じませんが半年ほど使っていたらどんどんケーブルが硬化してきました。特に分岐部分から耳元までのケーブルが固く、首を動かすとケーブルの弾力だけでイヤホンが耳から外れてしまうほどです。延長部分は軟質ケーブルなのに、逆じゃないかと思います。. 奥行きがある低音だけど、クリアじゃなくてこもってる。音声にマイク感が漂い、最初は聞きにくい感じがする。反面、臨場感はあるかもしれない。ツンツンしてないので疲れにくくtv向きといえる。5mコードとボリュームコントローラーが魅力なら、まんまの延長コードを買って、イヤホンだけ違うのにするのもあり。. 利点と欠点 メリット 十分な音質。 5mの線が付いている低音の良いTV用ステレオ・イアフォン 音がいい♪ デメリット ベスト audio-technica イヤホン テレビ用 シルバー ATH-C505TV 買い取り

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica イヤホン テレビ用 シルバー ATH-C505TV – 全体的にこもってる

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ SOLID BASS スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン レッド ATH-CKS550iS RD – いいね!

息子がnintendo switchにつけて使用してます。快適に相手の声も聞こえるようで、不満は聞いたことがありません。. ケーブルが平型でものすごく重く、しかもノンスリップ加工(?)となっているため歩きながら装着しているとケーブルが服等で引っかかりイヤー部がすぐ緩んできます!(首を横に向けただけでも)きつく装着すると今度はケーブルの揺れる音をものすごく拾ってしまい全く使えません。開発者は実際に使用してモニタリングしたのですかね?コントローラーもon・offと着信には対応していますが音量には対応していません。. Jvc、sony製のロープライスドンシャリ系イヤホンと比べると拍子抜けする程低音がありません。主観で低音の出具合はsony>jvc>atc-cks550isこんな感じです。低音以外は価格相応です。. とても良い音で長時間使用しても疲れない。良いインナーヘッドホンだと思います。. 色は1回目は黒、2回目は青を購入評価が高かったのとデザインが好きだったので購入だがたいして使ってないのに2つとも根元の部分の線が断線したのか曲が遠くから聞こえる(昔のテレビにイヤホン半分くらいさした感じの音の)ようになってしまった。もう2度と買わない。もちろん他のイヤホンをさして端末自体に問題がないことは確認してます。音やデザインはいいが耐久性は他のイヤホンをかなり下回るっていうのが自分の感想です。. 音が良いと評価したばかりなのに、すぐ壊れました。しまおうと手に巻き付けていたら、分岐部分で片方の線が、切れたというより「スポッ」と抜けた感触。試しにもう片方を引っ張ると、意外にしっかり固定されている。ジャックからイヤフォンまでの線にもう一方の線を添えて樹脂で固めたのはすぐ分かるが、こんな事で抜けるなんて根本的にもろい設計である。販売業者は、メールも電話も無視のクソ対応。メーカーは有償修理で約3000円プラス往復送料という返答。新品よりも高くつく。また新品買えという事か?まるで詐欺にあった気分です。. 通勤の行き帰りで聴くには十分な音質です。ジャックがl字でないのが悔やまれます。リモコンで音量調節が出来ないのも今ひとつで、合わせてマイナス1です。. 利点と欠点 メリット もろい… すぐ断線する 音質は良いですね! デメリット いいと思いますよ! 私が今まで安いイヤホンしか使っていなかったからかもしれませんが、自分的にはとてもいいと思います。 音質もなかなかですし、耳の穴にピタッとフィットするので周りの雑音などが入ってこなく、とても聴きやすいです^^ 星4の理由は、他の方のレビューにもある通り、少し重いところですかね. 問題はないと思いますが、服などに擦れてズレてしまう時がありますね^^; でもそんなに大きくずれるとかではないので大丈夫です!!. 音質はとても素晴らしいですが、タッチノイズが酷い少しでも服等に当たるとノイズが. 音質が素晴らしい分少し残念です。. 特徴 オーディオテクニカ SOLID BASS スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン レッド ATH-CKS550iS RD モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最大入力:100mW タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ(4極) … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ SOLID BASS スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン レッド ATH-CKS550iS RD – いいね!