Tag Archives: Audio Technica(オーディオテクニカ)

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300 – とにかく楽チン★

それ程音質は気にしてないですが、夜間のtv、ゲーム用に充分な性能だと思います。軽さ、耳当ての質感が気に入りました。コードが片出しなら、尚良かったですね。. レビューの評価の高いsonyのヘッドフォンを購入しましたが、すこし装着していると耳が蒸れるのと痛くなるほどなので、耳の部分が楕円構造のこちらの商品を購入してみました。 オープンエアー構造ということで、低音は期待すべくもありません。また、装着感も実際の店舗で実機を装着して決めたのですがやはり少し耳がいたくなります。 これは、個人差があると思いますのでぜひ店舗で試してからの購入をお勧めします。. この価格で十分な音質があります❗大きいジャックに変換するピンも付いています。. 今ウチにあるのが2代目です。正直、音に関しては値段相応か他のより少しマシ位だと思います。ですが、オープンタイプだし軽いし締め付けも厳しくないので映画一本くらい見てもほとんどストレスを感じません。音の編集などでも使用するのですが、ちょっとした音の確認や長時間の作業がかなり楽なので、サブのヘッドフォンとして使えます。耐久性は、私のようにコードを踏んづけたまま引っ張ってしまったりしなければそこそこ長く使えるでしょう。それでも初代のヤツは2年間かなり役に立ってくれました。それなりの頻度でヘッドフォンを使う方なら、楽で気軽に使えるサブとして1台買っても損はしないと思います。. 以前ath-tad300を使っていたんですが甥っ子にあげてしまい、なんかまた欲しくなって楽天でポイント使って3000円で買っちゃいました。エージング前ですが非常に軽い音(重低音がごっそり削られているような)なのにベースもキックもはっきり聴こえて、中音も高音も痛い音が一切なくて、非常に楽に楽しく音楽が聴けます。tad300はなんかちょっとプラスチックのチャカポコした音が気になりましたがそれが無くなってますね。本体が軽くてイヤーパッドがやわらかい布で装着感は最高に楽です。気合入れて音楽聴くときじゃなくて、疲れたときに気楽に音楽きいたりdvdで映画みたりとかには最高です。耳に優しい楽しいヘッドホンです。でもデザインはすんごく悪いよ。. ゲーム・曲を聴くときに使用してます。購入経緯fps(ps4のシージとか?)をする目的に購入しました(副次的に曲)。格安ゲーミングヘッドセット(kotion each)より性能の良いヘッドホンを求めて約2万円するゼンハイザーの購入を考えていましたが、値段が高額などの不安より代表的なメーカーの格安を試しに購入することにしました(汗)。色々あってathヘッドホンに出会い購入しました。良い点・悪い点‣良い点 アンプ(blasterx g5)に接続してaと同等の音質でプレイできる点 コントローラー直差しでaよりかなり良い音が聞ける点 開放型のため外の音を拾いやすい点 iphone付属のイヤホンより音がいい点 閉塞型のイヤホン(ehp-bs100sv)より重低音の感じ?がいい点‣悪い点 音量調節ができないためps4など本体から調節する必要がある点 マイクがついてない点 髪が潰れるため、予定前に使用したくない点 ケーブルが非常に長い(3m)点 イヤーパッドに埃が付きやすい点 ピンが3極なので反応しない本体もある点出かける予定がなく、曲を聴きたいときは重宝してます。値段もお手頃だし試しにヘッドホンを使いたい方にオススメです。. 愛用していたaht-a900が接触不良を起こしたので繋ぎとして買ってみました。音楽鑑賞、tv視聴、エフェクターにつないだギターのモニターとして使っています。密閉型との比較で参考にならないかもしれませんが、aht-a900と比べたら装着感も音の抜けは悪いですが、4000円以下でこれなら十分満足です。低音が目立つ印象です。ハウジングの反転機能もついていて便利です。もっと上位のオープン型が欲しくなりました。. 値段の割にパットが良い商品なので、二つ目です、オープンエアなので耳に優しいのですが、周りの騒がしい場所では不向きです。. 利点と欠点 メリット 耳でかい人は要注意。 コスパも良いし不満ない製品。 ゲーム・曲を聴くときに使用しています。 デメリット 最安の『開放型ヘッドホン』を購入し使い始めて価格に反した異常な音質の良さに気づき、安価な同価格帯の『密閉型』を引っ張り出し、聴き比べてみました。2000~3000円程度の密閉型にありがちなマイナスの症状『音の篭り・塞がり、低音過多』がこの機種にはほぼ無い・・・開放型の恩恵をダイレクトに感じました。高価格帯の【密閉型】と【開放型】では、音質の差がここまでハッキリ出るものは少ないため、低価格帯の密閉型と開放型の音の差には驚きました。【ath-ava300】は安価で高音質でデザインも優れたヘッドホンとして大変お勧めできる機種です。ヘッドホンのタイプは2種類、密閉型と開放型に分かれていますがこのヘッドホンは開放型(オープンエアー型)です。オーバーイヤーヘッドホンとしては、他社製の密閉型も含め、最安の2000~3000円クラスの機種ですが安価でも音質は十分に開放型特有の奥行きのある音響で高音が篭ることもなく抜けの良い広がりがあり、且つこの【ava300】では低音もそこそこ厚みが出ています。これまで開放型は高価な機種をメインで使っていたため低価格の開放型をかなり侮っていました(低音はスカスカであろうと)音域のバランスは高音~中音に偏らず低音も十分出ます。音の分離や解像度は同価格帯の密閉型よりは遥かにマシですが、高価で高音質の開放型と比較するとあまり鮮明ではありません(当たり前ですが)本体デザインは格好良いハニカムパターンのハウジングでイヤーパットも低価格ヘッドホンには見えない高級感のある布製のメッシュパットが使われています。ケーブルはヨレやすく絡みやすい、価格相応なものでテレビ鑑賞にも使える3mのケーブルが付属します。最安の価格帯2000~3000円のヘッドホンを購入する人はヘッドホンを初めて購入する人が多く、購入動機も『プライベートに音楽やテレビを鑑賞するため』などから音が大きく漏れる『開放型』を選ぶ人は少ないと思います。初めてヘッドホンを購入する人でも低価格ながらも『音質を最重視』したいなら激しくお勧めしたいヘッドホンです。. 2015-11-05(木)デオデオで4298円で購入(この時点でamazon価格¥ 4,080)ヘッドフォンやイヤホンは故障率が高い製品なので、メーカー保証期間が1年もあるこの商品は安心して購入することができます。頭にちょうど良いか店舗で実機を確認してから購入するのがおすすめです。. 耳の設置部分が汚れやすいのと、眼鏡をかけながらの長時間使用が少しつらい。音質は値段の割に、十分使えます。. 今まで1万以下のヘッドフォンをいくつか購入しましたが、この製品が一番合っていました。低音を強調しすぎたものは聞きづらいですが、この製品は低音の不足がなく、かつ高域までバランスよく出ていると思います。質感も値段以上に感じられ、装着感も良好でした。低価格のpc用として候補に挙げてよい製品だrと思います。. 今、使えるヘッドフォンとして、5台持っているが、私の耳にフィットするヘッドフォンは、この製品とソニーのMDR-XB700とパイオニア製のSE-M531。でもやっぱりオーディオテクニカ製のこのATH-AVA300がお気に入り。ソニー製は値段が高く、パイオニア製は安い。その中間の製品が何故かお気に入り。買って損はないと思います。以前はやっぱりオーディオテクニカ製のATH-TAD300を使っていて気に入っていたのだが、頭に乗せるアームが折れてこのヘッドフォンを購入。電話で、ヨドバシカメラにATH-TAD300を購入しようと思ったのだが既に製造中止。店員さんが言っていたのだが、ATH-AVA300の方がもっと音が良いと言われた。そこで、このヘッドフォンをアマゾンで購入。なかなか良い音ですよ。買って得をした。. 文字通り密閉されていないので、ヘッドホンを付けているのにテレビや電話の着信音が聞こえるという不思議な感覚を味わえます。音は余程大きくしないと迷惑をかける程漏れませんのでご安心を。かけ心地は、外側のアームがプラ素材なのである程度の締め付け感がありますが、密閉型に比べれば軽いです(眼鏡の方は要注意。出来れば試着をお勧めします)。肝心の音質ですがフラットな感じでくせがありません。その分低域が弱いような気がするので、私はイコライザーで調整しています。当然高価なものはもっといい音がしますが、パソコンで音楽を聴くとか、圧縮音源で聴く程度のライト層ならこれで十分だと思います。. オープン型が欲しく購入しましたが音が少し籠っていて正直もう少し良いやつを購入した方が良かったと思いました、ただし着け心地はかなり良く長時間使用しても痛く為りにくく、オープン型の為、外部の音が良く聞こえるので楽器の練習用などには良い物だと思います. 開放型で価格の安い物を探していて、これを見つけました。オーディオテクニカというところで安心して購入しました。. 音とか装着感は良かったのですが アームのスライドが不良で動かなかったので返品しました 残念でした. 特徴 オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最大入力:300mW タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:開放型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン Ath-Ava300 – とにかく楽チン★

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica W Series 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ATH-EW9 – 室内用として10年使ってます

今回、プレゼント用に買いました。相手の方は、すごい喜んでくれました。. これより安くて良いヘッドホンは山ほどあります。何より、耳掛け式のヘッドホンなんてものは、外の騒音をまったくといっていいほど防げないし、ちょっとボリュームを上げただけで音がダダ漏れで、まず電車や公共の場所では使えませんし、眼鏡をかけてらっしゃる方は、まず満足に装着することが難しいでしょう。でも、いいんです。私は、良く晴れた休日に近所の公園を散歩する為だけにこのヘッドホンを購入いたしました。控えめな音量で流す音楽に、周囲の環境音(鳥の鳴き声や遊んでいる子供たちのはしゃぎ声)を溶け込ませて散歩を楽しむ。こんな使い方にマッチするヘッドホンは、他にはなかなかありません。私にとっては、充分元がとれて満足です。音質としては、私は素人なのでどこかレビューサイトをご覧になった方が良いかと思いますが、高・中・低とどの域も(耳掛け式としては)高い質で必要な量が出ていると思います。耳掛け式ヘッドホンでは珍しく、低域が若干強いくらいです。木製のハウジングのおかげか、響きも独特で癖になります。装着感も、あまり重さを感じず良好です。使いどころがかなり限定されるヘッドホンなので、どんな人にもおススメ! とはいかないのが残念ですが、ヘッドホンに興味のある方ならば購入して後悔はしないと思います。私のように散歩が趣味の方なら、なおさらかと思います。また、どうしても耳掛け式で良い音質の物が欲しい。という方は、これ以外に選択の余地はないかと思います。音質に定評があった耳掛け式ヘッドホンは、ほとんど生産終了となってしまいましたので・・・間違っても、中学生や高校生が「高いからいい物なんだろう」とカッコつけで買うヘッドホンではありません。あくまで、趣味のヘッドホンです。あ、星4つなのはY字ケーブルで、延長コードなしで1mくらいだったらもっとよかったなー。と、個人的に思いまして。. 何年か前に購入した安価な耳かけ式の小型ヘッドホンに納得がいかなかった事があるので不安に思っていたのですが、ew9はそんな偏見を吹き飛ばしてくれました。それにしてもaudio-technicaはこの手の製品造りが本当に上手いですね。購入当初はあまり低域も出ず、全体的にこれといった良い印象を受けなかったのですが、他のイヤホンなども併用しながら2〜3ヶ月くらい使用してきたところ、最近になって随分と印象が変わってきました。しっかりと低域も出てくるようになり、通常のイヤホンではなかなか味わえない口径の大きさからくる包容力が魅力的な製品です。特にアサダ桜が活きているのだと思いますが木製ハウジング独特の響きがあり、音楽の愉しさ、美しさを充分に伝えてくれるところは他のこのサイズの製品ではないと思います。温かく、力強く、繊細に語りかけてきます。例えるなら、森に佇む洋館の一室でプライベートなアコースティックライブを聴いているような感じでしょうか。まるで聴くたびに音が輝きを増していくような気がして心地よい時間を過ごす事ができます。ですので雑踏や電車の中、そういった場所での使用には明らかに不向きです。当たり前ですが、遮音性も全くといっていいくらい無いですし、汗などの影響も大きそうです。とにかく他に無いコンセプトや特性を確立している製品なので永く愛着が持てそうです。前々から欲しかった製品をようやく手に入れたので、少し偏った見方をしてしまっているかも知れませんが、実力にしても作りにしても納得の出来る製品に仕上がっています。手荒に使って真価が活かせないまま消耗が進むのは勿体ないと感じたので、無理なく良い年月を重ねて熟成させていきたいと思いました。. Mp3プレーヤーとコンポのお供に八年近く愛用していた耳かけ式のヘッドフォン、ath-em7 svが故障してバラバラになってしまい、買い換えました。同じオーディオテクニカ社のath-ew9を代替えに購入し、一週間ほど使用したので感想を述べます。1)音質ははっきりよい。評者はクラシックを中心に聴きますが、ピアノの定位感、弦の音色など多くの点でem7よりよく感じます。ボーカルも生々しく、といってきつい印象は与えません。2)装着感は慣れるといい感じ。購入当初、耳にフィットせず四苦八苦していましたが、これはこういうふうにふわっとした装着感なんだと理解すると、長時間の鑑賞でも疲れにくい点は長所とも取れます。3)見た目がおしゃれ。ハウジングが木でできていることは特徴と言える。色も落ち着いている。一方、4)屋外では使えなさそう。em7のようにかっちり固定はされないし、木製ハウジングも汗や雨に濡れると、、?5)価格がもう少し安ければいいのだけれど、、。em7購入価格の二倍を超えてしまった。趣味の製品と割り切らないと高く感じる。というわけで、少しおしゃれなヘッドホンを使って、屋内で気軽によい音を鑑賞する、といったスタンスの使い方に向くのかなあと思いました。私は屋外用にはもう一ヶ別の安いものを買って使おうと考えています。. 1万円左右だけでは、そんなに悪くないな. でも長い時間でちょっと耳が痛い. もう、5年ほど使っていますが、外出用でこれを上回るものを知りません。音楽聴きながら周囲の暗騒音も普通に聞こえて会話も普通にできます。中高音がすごく綺麗で端正で浸透力があるので心地よく、常時使用できます。再生装置が素晴らしいものであれば、低音がどうのとか高音がどうのとかが全く気にならなくなるほど、心に浸透してきます。バネ圧が低いのでもう少し強いバネなら文句なしでした。追伸:半年は鳴らさないと音が硬いです。. 新規のath-em9が手に入らなくなったので、こちらに替えましたが値段の割に、そこそこ良い音がしています。本体もkanaclからipodnanoに替えた結果、かえって相性が良くなりました。. ヘッドホンを長く付けると耳たぶとか疲れ夏だと汗が貯まります。これだと大丈夫です。ただ押さえが軽く本体が重いため走ったり首を振ると取れます。押さえをこれより強くすると耳が痛くなると思われます。そもそもこれを付けて動き回ると耳の裏に刺激があり気になります。なのであくまで室内用です。性能的には、オープンエア型のちょっと良いヘッドホンのような感じの音が出ます。価格相応の音が出ますが、音漏れなどもひどくアウトドアには向かないと思います。. 利点と欠点 メリット あくまで趣味の世界です わりと気に入ってます 室内用として10年使ってます デメリット つけ方によって音がだいぶ変わりますそして皆さんが言っていますが音漏れはします、まぁ大半の人が室内使用目的だと思いますが…。見た目もいいですし、買う価値ありですね。. 良いと思います。こういう耳かけ式イヤホンを1つは持っておきたい。. 特徴 audio-technica W Series 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ATH-EW9 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:100 mW 重量:33 g ベスト audio-technica W Series 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ATH-EW9 … Continue reading

Posted in Uncategorized | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica W Series 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ATH-EW9 – 室内用として10年使ってます

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オープン型 オンイヤー ヘッドホン ATH-P100M –

特徴 audio-technica オープン型 オンイヤー ヘッドホン ATH-P100M モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応 最大入力:100 mW 重量:60 g ベスト audio-technica オープン型 オンイヤー ヘッドホン ATH-P100M レビュー

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica オープン型 オンイヤー ヘッドホン ATH-P100M –

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks990 –

特徴 オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks990 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最大入力:100mW タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:ミニプラグ 周波数帯域(L):5Hz, 周波数帯域(H):28000Hz ベスト オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks990 レビュー

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Solid Bass Ath-Cks990 –

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-CKR7TW-BK – Good sound good stability of connection

需要先換成comply 耳塞(原廠沒附)後才能展現應該有的音場、細節,人聲及樂器定位清楚,低音淺不會暈染,燒機一陣子後應該會更好。. 装着感は確かに個人差が顕著に出る方だとは思います。私は右が少し不安定でしたがイヤーピースを低反発の物にしたらマシになりました。痛くなるということはないですがスポーツには向かないです。音質については過去最悪と言ってらっしゃる方がいますが、完全ワイヤレスの中ではかなり頑張っている方だとは思います。私はイヤーピースを低反発の物に変えてイコライザーを少しいじったらかなり良い音を鳴らしてくれるようにはなりました。完全ワイヤレスの中で音質は割りと上位には食い込むんじゃないんでしょうか。接続は以外と安定しています。jabraのe65 activeを使っていましたがそれと同等かそれ以上です。galaxy s8と繋いで梅田を歩いていても滅多に切れないです。またイヤホン本体で曲の停止、再生、音量の上げ下げ、次の曲にスキップができるのでこれは便利だと感じました。他には携帯にアプリを入れることで最後に接続した場所を記録し紛失を避ける機能などもあります。バッテリーは1日三時間くらいの使用時間だと2日から3日は持つと思います。ケースに付いてはマグネットがついているので落とす心配も減るので安心です。また結構ゆとりのある作りなのでイヤーピースを選ぶということはないと思います。しかし音質特化なので防水や音声アシスタントなどは無いので他のワイヤレスと比較したら機能面では見劣りするかもしれません。イヤホンはケースからだすと両側の下がチラチラ光ってホタルみたいになるし本体がかなり大きいので目立つしで見た目を気にする人には向かないかもしれません。遅延もかなり目立ちます。ゲームなどがワンテンポ遅れてくるので結構気持ち悪いです。何故かはわからないのですがgalaxy s8に繋いでyoutubeを見たら遅延が少なくなりました。初めてでこれを選ぶのはあまりおすすめはしません。. 家電量販店で購入しました(^^)やはり数千円のイヤホンとは格が違いますね音楽とボーカルの声が鮮明に聞こえるのは気持ちがいいです!ヘッドホンに比べるとライブのようなその場の空気感は少し薄いですがイヤホンですし十分ではないでしょうかsolid bassシリーズのような響く重低音は弱いと思います。透明感のある曲やクラシックが好きな方にオススメします!ノイズキャンセリングで雑音が殆ど聞こえないのでとても集中出来ます!タイトルに書きましたが、遅延しますiphone8 plusで音楽と動画を流しましたが0. 5秒ほど遅れて聴こえてきます。音楽を聴くだけなら支障はないとおもいますが、動画は結構ズレるのでストレスかもしれません気になる方は必ず実物を試聴し納得してから購入した方が良いです。私は音楽用とその他用と無線有線を使い分けようと考えてます٩( ‘ω’ )و最後に星4の理由は同封されてた説明書が分かり辛く設定に時間がかかった事とイヤホンとケースを取り出す際に使われてた梱包材が異様に固くて「本体を壊してしまうのでは」と思うくらい力が要りました。正直怖かったです。決して安い物ではないので厳重にしてあるのかもしれませんが、もう少し柔らかい梱包材の方が良いと思いました。. 今までaudio-technicaで有線タイプを使っており、ケーブルが邪魔になるのでワイヤレスをと考えこの商品を購入しました。【使ってみての感想】あーこんなものかというのが正直な感想です。個人的にはaudio-technicaの重低音の感じが好きで購入していたのですが…まったくそれは感じられません。言うならシャラシャラ音、shareとかpioneerの1万前後のイヤホンと同程度かと…まぁワイヤレスなら、この程度と納得できる人ならオススメしますが、bassシリーズなどをお使いの方にはおススメできません。遅延等に関しては音楽再生時に次の曲に移ったり、早送りなどをしたときに若干のラグが発生します。. 音はいいです。ただ、ちょっと重いのが弱点かな。コイルのコアに純鉄を使っているからしょうがないか。. 試着できるならしてみたほうが良いと思います。左側が自分には合わないのか、かなり取れやすく下を向いただけで落ちてしまう。どう耳にねじ込んでも、ループサポーターを着けても、イヤーピースのサイズを交換してもダメでした。右側も左よりはマシという程度で、動いているとずるずると抜けてきます。今まで使ってきたイヤホンではそんなことはありませんでした。正直、個人差という点を除いても装着感はboseやsonyなど他社に圧倒的に負けていると思いました。例えるなら1000円くらいのカナルイヤホンの装着感でしょうか。音に関してはフラットでクリアですし好きなのですが、いかんせん上記の問題ですぐ低音が外に抜けてしまいます。ペアリングはすぐ繋がるのでその点は快適でした。音切れなどはわかりません。不満はとにかく耳から取れやすい、これに尽きます。自分にとって装着感は音と同じくらい大事なので、かなりがっかりです。ちなみに初期不良なのか最初左側の音が出なかったので交換していただきました。製品とは関係ありませんが、eイヤホンさんは発送や交換など対応が早くとても良いショップです。. 発売日に某ショップで買いました。とにかく音質が素晴らしいと思います。装着感は付属のイヤーチップではどうにもならなかったのでfinalのeタイプに変えてみたらしっくり来ましたので今後のモデルに期待します。ボタン操作も基本機能が全て行えるtwsが少ない中しっかり考えて作られているように思いましたので自分的にはなんの問題もなく快適に使用できているので星5つです。. サイズは中々大きいと感じましたが、実際使ってみると特に問題なく使用出来ました。音質も良く、満足です。まだ、長時間使用はしてないのでバッテリーの持ちはよく分かりませんが、仕様では6時間らしいので十分だと思います。. 利点と欠点 メリット 自分には装着感が全く合わず、すぐに取れる 最悪の音質 Sound quality quite dependent on music; needs firmware update for audio lag fix デメリット 自分には装着感が全然でした。どのイヤーピースをつけてもしっかり耳にはまらなかったので、結局使えませんでした。やはりこういったものは装着感が重要なので、実際に店とかで試着してみてから購入をするほうが良いと思います。(自分の場合は試着とかせずに購入してしまったので失敗しました。). 長年オーディオテクニカのヘッドホンを愛用してきたが、最悪の音質。bluetoothヘッドホンではath-cks990btを愛用し、満足していたが、今回ath-ckr7twを購入した。まず、低音域が弱く高音域のシャリシャリ感にはまいった。イヤーピースが耳にあっていないためかと付け替えてみたが全然改善されない。. 音は良いし、付け心地も問題ないし、バッテリーも長い。ただ無線なので少し音が遅れることと、値段が高いだけが少し残念。でも気にいってます。次回作にも期待してます。. 有線でオーテクをずっと使っていたので、左右分離型の発売を待ってこちらを購入しました。装着感は、他の方が書いている通り人を選ぶと思います。私は、左だけ外れやすく感じましたが、とはいえ歩いていて外れてしまうような事はありませんでした。音質も、低音が弱いと言われればそうなのですが、個人的には満足しています。ただ、音のズレが本当に致命的です。約0. 5秒ほど遅れて聞こえます。youtubeなどの動画をみると、完全に口パク状態になります。正直、これだけ遅れて発売開始したにも関わらず、この現象は致命的だと思いました。カスタマーセンターにも問い合わせましたが、この状況がアップデート等で改善する予定は今の所無いそうです。音楽を聴く専用にして買う分にはいいのかもしれませんが、普段使いを検討されている方は、一度動画を視聴してからの購入をおすすめします。. … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-CKR7TW-BK – Good sound good stability of connection

Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-AR3BT WH [ホワイト・シャンパンゴールド] – 想定外、いい意味で。

まずデザインがカッコ良い。イカしてる。色は白をお勧めしますよ。頭の黒色に映えますから。それとbluetooth にも、有線にもできるのは最高。音質を求めもることも、利便性を求めることもできる。自分はよくバスケをしますが、一人でドリブルやシュートの練習をするくらいなら落ちません。素晴らしいです。そして素材も安っぽさがあまりありません。音質に関しては、自分は結構こだわるので、完全に満足とはいきませんが、それでもこの価格や他の機能を考慮するなら十分以上でしょう。. Bluetoothヘッドフォンっていうとお手軽ワイアレスってだけで音質などは大したもんじゃないと思い込んでました。実際、昔に買った物は総じて聞ければいいという程度だったので。マルチペアリングのヘッドフォンが欲しくて適当な値段のこちらを選んだのですが、接続して聞いてみて少々驚きました。音圧がそこそこしっかりしていてドンシャリというほどでは無いにしろ聞かせる音になっています。有線の同じ価格帯の物と比較すると流石に音圧は劣りますがワイヤレスの利便性を考えれば購入の価値はあります。. 私は長時間利用では耳が痛くなるので予算をかけてよければもうワンランク上のクッションが厚いものをおすすめ初めてbluetoothヘッドホンを購入しましたが想像よりちょっと重いです。音質は十分満足バッテリーも特に不便なしデザインも好み. 普段使いに便利なヘッドホンを探していてこちらの商品にたどり着きました。購入前にjbl e45btとソニーmdr-zx330btを候補に入れていました。勿論、実機を確認しました。サイズ感・音質。・bluetooth接続設定・再生領域・価格等を考慮しながらこちらの商品にしました。理由は・・・・・①主張しないが意外と高級感あるデザイン。②bluetooth接続がカンタン。③よけいな機能が付いていないシンプルさ。④ワイヤー接続とbluetooth接続時の音質の差が少ない。⑤一万円以下で買えるヘッドホンとしては有線・無線問わず普通に音質が良かった。⑥再生域が5~35,000hzとほぼハイレゾ級!!(ハイレゾ機では有りませんが・・・)デザイン・充電時間/連続再生時間はjblに軍配が上がりますが、bluetooth接続時の音質劣化感が気になった。sonyは連続再生時間は魅力的ですが音質面で明らかにランクが下でした。さて、箱出し状態の音質はどうでしょう??店頭デモ機と比べて、音場は明らかに狭い感じです。若干ドンシャリ感もあります。ただ、思った以上に低~中音域が力強いのでオールマイティに使えそうな印象です。音質はエージングで変わるので、もう少し使い込んだら追記してみようと思います。店頭デモ機の様な素直で音場と音質が一致したバランスの良い音が出る様になるのを楽しみにしています。【2018/1/02追記】さて、色々なジャンルの音楽を聴きつつ使用しない時はホワイトノイズを流しっぱなしにして放置しておきました。本日はゲームや動画鑑賞や映画にもつかってみました。先ず感じた事は、低音が強くなりました。中~高音は少し角が取れた印象です。サイズから低音が糞駆気味になるかな?と思っていましたが、必要十分な低音を確保してくれていると思います。普通の一万円クラスのヘッドホンと比べても引けを取らないと思います。当然、モニター用と比べれば解像度は落ちますし、ハイエンドと比べれば粗い部分が目立ちます。bluetooth接続特有の遅延もありますが、手軽に音楽を聴く分には十分な性能です。有線接続をすれば遅延が無いので、スマホで音ゲーやモンスト等も楽しめます。余りに便利なのでデスクトップpcともbluetooth接続して音声チャット等にも使ってます。機材を増やしたくない方や低予算で色々な用途に使いたい方にもオススメだと思います。. ヘッドホン初購入の為、知ってるメーカー名で、値段が手頃だったという理由から購入しました。音質に関しては文句ありません。まあ普通に聞けるなーといった感じです。耐久性に関しては何度か落としたりコードごと引っ張ったりとやらかしちゃってますが、壊れてないので良いと思います。また、ガッチリと挟むのでずり落ちたりはなかなかしません。ただし、私の耳がでかいのか分かりませんが耳を覆うというより押し潰すという感じのため、1時間ぐらいで耳が痛くなります。ヘッドホンという事で少し重たいこともあり、長時間使用されるかたにはあまりおすすめできないかも知れないです。値段相応で十分満足して使わせてもらっています。. 半年後の使用レビュー。通勤用に購入。主にジャズヴォーカルを聴きますが音質は普通で不満なし。静かなバス内でも聴けるくらい、音量も小さく出来るのが気に入ってました。締め付けはメガネ装着だと30分で頭が痛くなってきます。長時間聴ける機能ですが装着位置をずらさないと辛い。買って3ヶ月くらいから時々途切れるようになり、半年使った今では、数曲に一度くらいの頻度で音が途切れては正常に戻る感じになってきました。耐久性は微妙です。毎日6〜8時間くらい連続で使っています。充電が持つのはとても気に入っています。しかしながら音切れと装着感の問題があるので、1年経っていませんが買換えを検討中です。ご参考までに。. 普通に使える。音もきれいです。ただbluetooth接続の時はやはり時間差があります。bluetooth接続で音げーをしたい方はやめましょう。. Sonyのmdr-zx330bt(amazonで購入)とath-ar3bt(地元の家電量販店で購入)を持っています。オーバーヘッド型でワイヤレスが欲しい方ならこれで十分だと思います。walkman(nw-a16)での使用を目的に購入しました。bluetoothが繋がらないとのレビューが見られますが、1)aht-ar3btをonにした後、20秒以上後にwalkmanをonにする2)walkmanの方にエラーが表示された場合はwalkmanを再起動するを実行すれば繋がります。特に2)の方法を実行した場合は、今のところ100%つながっています。肝心の音の方は、あくまで主観ですが、mdr-zx330btに比べ、音に厚みがあります。新しめの楽曲では、superflyの「beautiful」、glayの「虹のポケット」(16bit 44. 1khz wavファイル)、いきものがかりの「ikou」、山崎あおいの「恋の予感」(24bit 96khz wavファイル)はいい音で聴けます。洋楽では、ロイクソップの「running to the sea」、ジェームズブラントの「bonfire heart」(16bit 44. 1khz wavファイル)なども同様です。安物にありがちな高音のシャカシャカ音はほとんど無く、低音もある程度しかっり出ています。今のところ、一旦繋がれば、途中で途切れたり音飛びなどはおこっていません。スマートフォンでの使用は行っていません。何万円もする大型の有線ヘッドホンが必要でない方や、イヤホン型は嫌だという方にはこれで十分だと思います。. 利点と欠点 メリット 純粋なオーディオテクニカ製ヘッドホンとしては並みだけど・・・・・ 最高だね 初心者向けなら。 デメリット Windowspcに接続して使っています。bluetooth接続は何も問題ありません。ただ、1万円近い値段がするヘッドホンの割には音が良くありません。音質に関しては5000円程度だと思った方が良いと思います。. 使用、3回くらいで1か月も経たないのに壊れてしまいました…修理を頼んでるどころです…本当にショックです…. つながりが悪くてコードレスでは使えません。ただの荷物なので外ではイヤフォンを使い、家でコードを繋ぎ使っています。が、元々家ではスピーカー派なのでいらない買い物でした。. Iphoneseに接続して使用しております。接続に関しては問題無いようです。音質はベースとなるヘッドフォンがath-ar3であること有線ではなく無線であることを考えると、まぁこんなものかという感じです。正直、有線で接続した方が音質は良いです。イコライザーは『rock』にすると自然な音になりました。(無線時). Pcで使用できないと特に書かれていなかったので買ってしまった。ペアリングできないor不安定でほぼ使用できないのでカスタマーサポートに連絡したところ翌日には電話がかかってくるという素晴らしい対応。ですが、「pcとのペアリングが不安定なのは承知しており、仕様」と言われました。箱にでも書かれていたか、と思い仕様ならばしょうがないと電話を切りましたがそんなことはどこにも書いていない。仕様ならば明記しておいてほしい。. 無線装置とアンプ内蔵のヘッドホン、コードレスということで、便利です。マニアでもないので表現が分かりにくいですが、音質は5千円クラスのそれなりの音質、耳が疲れない、軽い音です。音質ですが、若干こもっているかなという感じですが、聞いているうちに気にならなくなり、10時間以上使用してしだいに音もこなれた感じになってきました。初めてのコードレスとしてお試しに買うには最適と思います。そして、とにかく気軽に使えて邪魔にならず便利です。使ってみるべきです。で、電池の持ちは充分です。カタログに記載された程度近くはあるようです。パソコン(mac)ipot touchも自在に素早くストレスなくつながります。. 以前購入した激安中華bluetoothヘッドホンだと着用5分で耳の穴が痛くなるので、ちゃんとしたメーカーならどうだろうと買ってみた。本製品はbluetooth4. 1、aptx/aac対応。スペック的には全部入り。なおかつ無名中華メーカーでなくオーテク。ワイヤレスヘッドホンのスペオタなら選択しない理由がない。実際の製品はどうかというと、なるほど納得する発見がたくさんある。良いところも微妙なところも。まずドライバの質。本製品もオーディオケーブルを直接つないで優先ヘッドホンにすることもできるが、その際でもいい意味で音質が変わらない。激安中華bluetoothヘッドホンは実は低品質ドライバを使用している上に、bluetooth接続時に勝手にイコライザを動作させて無理やり良音質ぶっている。それは優先接続するとまるで100円ショップヘッドホンのようなヘチョい音になることから明らかだ。そんなドライバで音をいじって大音量でがなり立てているのだから、耳の穴が痛くなるのは当然だ。ちなみにほかにもマウントを拡張したりいろいろ試したのでフィッティングの問題ではない。本製品の音質について補足する。悪く言うと、決して安くないヘッドホンであるにも関わらず正直なところドンシャリ的な迫力はない。モニターヘッドホンのような音質だ。良く言うと、値段なりにちゃんと音の粒がバランスよく出ている。ドンシャリを求めて再生側でイコライザをいじってみたもののバランスが崩れ気持ち悪くなるだけで、結局eqなしが一番落ち着くという結論に至った。そういうタイプのドライバである。bluetooth4. 1やコーデックについて。遅延が少なくなったとはいえ、スマホの音ゲーをプレイするとやはり0. 1秒ほどずれるので、音ゲーむきではない。むしろそのようなタイミングゲームをデジタル無線ヘッドホンでプレイすることが間違っていると考えるべきだ。しかしそれ以外の動画再生などではほぼ違和感がないレベルである。操作性について。bluetoothペアリング・接続が正直微妙である。本製品は一度に一台しか接続できず、別の機器で使用する場合はいちいち切断しなくてはならない。さらに充電時にペアリングも切れるような気がする。この点に限っては同時に複数接続できる中華ヘッドホンのほうが格段に利便性が高い。決して素人に手放しにお勧めできるような価格や操作性ではないが、近代的スペックをすべて満たし且つ素性の悪くないドライバを搭載している音楽向けヘッドホンのエントリーモデルである。さんざん探したがほかに同等製品はなかった。音楽目的で安物bluetoothヘッドホンに絶望しているひとはこれを試してみる価値はある。これ以上の音質を求める人はこれでなく5桁の出費で高級ヘッドホンを買うべきだ。. 検索したらたくさん出て来てわからなかったので、子供が使ってるメーカーのものを探しました。扱いやくすて、操作も簡単です。. … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン | Tagged | Comments Off on Audio Technica(オーディオテクニカ) オーディオテクニカ Sound Reality ATH-AR3BT WH [ホワイト・シャンパンゴールド] – 想定外、いい意味で。