Tag Archives: ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ(YAMAHA) Yamaha スタジオモニターヘッドホン Hph-Mt220 – なかなかいいヘッドフォンです

簡潔に言います「メガネをかけてても全然痛くない」以上です。機能とか感じとかは詳しくて説明がうまい方にお任せいたします. ヤマハらしいナチュラルサウンド。akgを使用していたが古くなったので購入。やはり、今風のサウンドで気持ちいい。akgも魅力的な音を提供してくれたが、生っぽい音であればこちらもいい。. Cd900stをつけていると耳が痛くなるので、店頭でつけてていい感じだったこちらを購入。数時間連続でつけていると頭頂部が痛くなってきましたが、つける角度が悪かったようでちょっと頭頂部より前の方に当たるようなつけかたをすると長時間でも痛くなりにくくなりました。重さで肩が凝ったり首が痛くなったりはしませんでした。個人差があるのかな。追記2016年2月から3年使いました。イヤパッドがボロくなってきましたが交換して引き続き使おうと思います。それ以外は問題ありません。改善点も特に見つかりません。音も耐久性もデザインもとても良いヘッドホンです。購入当時は2. 所有しておりません。試聴でのレビューです。まずはお断りしておきます。少々辛めの点数になります。 聞いてまず驚いたのは1000mの音にとても似ていること。中高域に独特の美感があり、芯が有りつつどことなく奥ゆかしくソフトな質感のする最低域が出ている様子がです。こうした音感の関係でフルオーケストラを聞くと少々落ち着かない印象を受けます。ボーカル物、特に女声はものすごく伸びやかに聞こえます。ヴァイオリンソロは楽器が浮き上がるかのような音です。が、ちょっとオーバーかな・・・。1000mの音は、パルプコーンウーファーの密閉、ベリリウム振動版のミッド、ハイによる特徴から生まれたものだと思っていました。が、この音をヘッドホンとして単体振動板で出せるのかとビックリいたしました。しかも当機の振動板はオーディオテクニカやローランドにも採用された物と聞きます。yamahaの音ってあるんですね。. ヤマハさんの本来の意図からは外れるのかもしれませんが、趣味としてのリスニング用途で使用しております。他に所有しているのはsennheiserのhd650・hd25、staxのsrs-4040で、dacやヘッドホンアンプも場合に応じて使用しております。これまで個性の強いタイプを好んで使用しておりましたが、今回オールマイティに使える機種を探してこの商品に辿り着きました。インピーダンスが低いためか、iphone5直挿しでも問題なく音量が取れます。以前使用していたsonyのmdr-cd900stやakgのk271sといった密閉型モニターヘッドホンと比較して、圧倒的に解像度が高く、分離や見通しが良いです。低音の量感がしっかりと感じられますが、籠った感じはありません。フラット〜若干のドンシャリの印象で,個人的にはボーカルが埋もれずにはっきりと聴こえるところが好みです. 音楽制作に使用されることが前提であるため、少し重めなヘッドバンドとカールコード、そっけなくて無骨なデザインで、屋外での使用はためらわれますが、つくりは精巧で頑丈そうですし、飽きのこないデザインとも言えそうです。「信頼できる道具」として作り手のプライドを感じさせる、非常にヤマハらしい優れたプロダクトではないでしょうか。. ど素人の見解ですが・・・主に作業(3d等)をしながら音楽を聞くために購入しました購入してしばらくたちましたが、メリットは以前使ってたのが4000円のヘッドフォンだったということもあるのか、疲労感が全然違います。(疲れづらい)2時間3時間と長時間の作業をすることが多いのですが、「耳が疲れる」ということは圧倒的に減ったと思いますデメリットはこの価格かな~ でも価格に見合う価値はあると思います!w. ヤマハはご存じの通り、コンサートグランド(ピアノ)から初音ミク(midi音源)まで作っている会社で、そのせいか、本機はピアノをはじめとしたシンプルな生楽器の音を美しい響きで広がりを持って再生するいっぽう、初音ミクも歪み感無く美しく歌う。だが、ナチュラル志向がハッキリしているため、強くラウドネスをかけてわざとクリップさせて潰したような音は、その化粧の下の素顔が見えてしまい、ミキサーの意図通りには聞こえていないかもしれない。そうした音をミックス意図の通りに聞くならcd900stが向いている。どっちがどうというのではなく、両方持っていると判断基準が多角的になって良いのでは無いか・・・ってあれ?生産終了なの?現行品よりぜったいイイけどなぁ。(個人の感想です). モニターライクだと思った。ミックス時や録音時のチェック用として使うには非常に優秀だと思うが、マスタリングが済んで工場へ入れて製品にした音源を聴くにはハイが痛い。. 利点と欠点 メリット 抜群。欠点を見つけられない。 購入から3年後 音を聴く楽しみ デメリット ▪️購入から約2年が経過します。▪️手に取った時の適度な重量感、アルミの冷たさ、メルセデスに初めて乗る時に覚えるドアの重厚感、ちょっとした緊張感、これに近いものを感じさせます。初めの頃は、装着後少し背筋が伸びた事を覚えています。▪️透明度の高い湖は深い湖の底が見えるように、このヘッドフォンでは、音楽の再現をそう感じさせます。▪️音楽を分析的に聴く事も期待を裏切りませんが、いい音楽をモニタースピーカーで鑑賞しているような印象を持ちます。▪️ヘッドフォンはこの他にスタックスを含め4個所有し使い分けしてますが、これが秀逸です。▪️イアーパッドは毎日の使用で1年位で交換が必要になりますが、これを考慮しても所有する価値はあると思いますよ。. 4ヶ月ほど前に中古品を23000円で購入した。やはり、このクラスのヘッドホンになると音楽が変わる。密閉型のヘッドホンで減衰が殆どないため、音が繊細に隅々まできれいに聞こえる。音楽を聴く楽しみに音を聞く楽しみが加わった。. 音の質や鳴りは期待通りだったが、2週間で端子部分のバネが外れた。. 所有品の他2種類と聞き比べての個人的観想です。1.teac ha-501ヘッドホンアップ+本機機構的強度:〇装着感:〇音:〇 私の耳では欠点を見つけられない。思わず長時間聞いてしまう。(クリア感はコンデンサー型よりやや劣る)価格:◎ これで2万円とは信じられない。倍以上の価格帯の音だろう・・・2.stax コンデンサー型 slr-500(定価6. 8万円)+srm-353xドライバー機構的強度:XXX ケースホルダーが機構的に余りにも弱くて、私のは着脱50回程度で折れてしまった。使えない。装着感:〇音:◎ 完璧。昔のコンデンサー型は低音が弱かったが、本機はベースやコントラバスの基音が聞こえる。価格:X いくら音が良くても、ドライバーと込みで約15万円は高過ぎ。丈夫なケースホルダーに改良されて10万円未満なら買い。3.teac ha-501ヘッドホンアップ+audio-technica オープンエア型 ath-ad2000x(定価8. 4万円)機構的強度:〇装着感:〇音:やや△ 音楽ジャンルによっては音の密度がちょっと物足りなく感じる場合あり。価格:△ 8. 4万円は高い。3万円なら買い。. 音がフラットで細かい音がよく聞こえ、「こんな音入ってたんだ。。」と新たな発見が出来ておもしろかったです!さすが原音忠実!と言った感じでしょうか、付け心地も申し分なしですしモニターヘッドホンとしては最高の出来だと思いました。文句無しに買ってよかったっと言える商品です. 私にしては、高価な買い物でしたが、期待以上にいい音でした。気に入っています. モニター用途として購入するつもりでチェックしていたが、実際に視聴してみると普段使いできる聴き心地の良さ。(mdr-900stを購入するつもりで行ったショップで、視聴したらこれを買ってしまっていた)低音から高音まで綺麗に伸びてくれる感じ。最高だ。その時々、タイミングや場面で、聴きたい音が聴ける。通しで聴いた後に、気になるあの音をチェックしたい・・・と『耳を傾ける』そんな用途にもピッタリだと思う。ヘッドフォン自体の重さと、良くも悪くも強力な密閉性は、夏場はちょっとつらいかもしれないけど…スピーカー無しでmixするのであれば、このヘッドフォンは相当アリだと思う。悲しむべきは、900stの様に長寿を期待してたが、早々ともう廃番になってしまったのは残念だ。アラ捜しをする様な用途から普段使いまでオールマイティーに使える一本。カールコード・・・は好みが別れるからなんとも言えないけど、個人的にはストレートなケーブルで長さが選べると嬉しかったな。それ以外は、何の不満もない。. 知り合いのプロ作家さんが大絶賛。買ってみてびっくり。cd900stと対極?「どうせyamahaでしょ?」という方はぜひ。 コスパ最高!. Dtm用に購入しました。モニターヘッドホンの購入はこれが初めてです。解像度も高く、モニターヘッドホンとしては良いと思います。月並みな感想ですが、隠れて目立たなかった音まできちんと聴こえてきます。ただ、リスニング用途には個人的には元気過ぎるというか、モニター用ならではのあらゆる音を確認しやすいように作ってあるので聴き疲れする印象です。普段リスニングにはゼンハイザーのhd595を使っているのですが、普通のヘッドホンは聴きやすく調整されていたんだな、と逆に発見となりました。. 特徴 Yamaha スタジオモニターヘッドホン Hph-Mt220 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 形式:密閉ダイナミック型 … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) Yamaha スタジオモニターヘッドホン Hph-Mt220 – なかなかいいヘッドフォンです

ヤマハ(YAMAHA) Yamaha Hpe-170 ステレオヘッドフォン – クリアな音、付け心地も◎

付属の同製品のパット部分が剥げてきたので購入しました。装着感が圧迫がなく、とてもいいので同じものにしました。音もピアノ向けのトゲの無い、嫌味の無いふうに素人ながらに感じました。. もともと同じヘッドホンを使用していましたが、音が聞こえにくくなったため購入。すごく聞こえやすいです。音楽店で取り寄せで値段聞いた時より安く購入できて、満足です!. 2時間ぐらいつけてると圧迫されて耳が痛くなる音質以前の問題だ. 音質は価格的にはこんなものでしょう毎日使っていますワイヤレスの方が良かったかも知れません. 左の音(l)が出ません。右の耳でも確かめましたが全く音がしません。. 価格的にも微妙なのですが、往年の名機HP2の軽さと繊細さを勝手にイメージして買ったのですが、全然違いました。ちょっと見た目安っぽくて価格ほどに見えません。音のほうはシャープで粒立ちがよいです。楽器の分離がよくて細部まで判り易いです。モニター的な仕様でもなく、練習用、或いはコピーには最適でしょう。ただ、私は作曲もするのでフラットなタイプのHPが好みですね。オーディオリスニング用としてはどうですかね。好き好きですが、元気の良い音ですが、ちょっと疲れますかね。. 使っていたhpe-170が片方だけ音が聞こえなくなったため、同じものを購入しました。早速使ってみると音がとてもクリアに聞こえました。別のものに変えようとも思いましたが、同じもので正解でした。. エレクトーンの練習で使用しています。音もよく、満足しています。. 利点と欠点 メリット 音楽以外なら サイレント練習用 同じものを購入しました。 デメリット 掃除機でコードを吸わせてしまって左が聞こえなくなって、再購入。やはりヤマハは最高。頑張ってピアノの稽古を毎日します。楽しくなってきます。掃除するときは、コードを吸わない様にね。気を付けよう。. 子どもがコードを椅子で踏んでしまったのか片耳が聴こえなくなってしまい再購入です。ピアノの消音装置onの時に使用しています。このヘッドフォンを使うまでは、他社のもので耳をしっかり覆う、重くてゴツい(肩も凝る)ヘッドフォンをありがたいものと思いこんで使っていましたが、今時は、こんなに軽くて(肩も凝らず)音質がいいものもあったのですね。安すぎるものは不安、でも1万円もは出せないという方には候補としてお勧めです。. 3mmです。我が家の電子ピアノ側は3. 5mm変換プラグが別途必要でした。音や装着感には大変満足していますが、その変換プラグが真っすぐで4〜5cm位あるので、よく引っかけます。また、左足でリズムを取りながら弾いていると、コードを踏んでしまうことがよくあります。勢いよく踏んでしまうとプラグの先が曲がったり折れてしまいました。すでに変換プラグは2回買い換えています(^^;. ヘッドフォンをしてるのに耳元でうるさくなく自然な音で聞こえてすばらしい☆付けていても苦にならないです。. 5年前にクラビノーバを買ってピアノのレッスンを再開して以来、何も考えずに付属品のヘッドフォンを使ってきましたが、クッションのスポンジがだめになったので、この際、新しいヘッドフォンを買おうと思って手に入れました。届いて、使ってみたら… 何なんだ、この違い! まるで違う楽器みたいに豊かな音がします。今まで聞いていた音は、言わば「安物ヘッドフォンの音」だったんだな、とあきれてしまいました。タッチの違いがよくわかるようになって、レッスンで本物のピアノを弾くときも、音の違いがよくわかるようになりました。ヤマハさんも、付属品はあくまで「おまけ」なので、きちんとしたヘッドフォンをお求めください、くらい、どこかにちゃんと書いておいてくれたらよかったのに。それとも、そんなの常識で、私がぼおっとしてただけなのかな?5年も経っちゃったけど、5年で気づいてよかったです♪. 30数年ぶりにヘッドホンを買いました。当時はごつくて,これぞヘッドホンというのが流行りでしたが,今は軽くて装着感もいいですね。イヤホンタイプも良い製品が多いようですが,私はヘッドホンが好きなので大満足です。. この商品を24年間使っていました。もう、ぼろぼろになり、新しいものをと思って、電気店で安いものを購入しましたが、音質が悪く、悩んでいました。ネットで調べたら、同じものがあり飛びつきました。今まで通りの音色が聴けて満足です。. 特徴 Yamaha Hpe-170 ステレオヘッドフォン モデル番号を入力してください これが適合するか確認: タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応 サラウンド:非対応, ワイヤレス:非対応, インターフェース:標準プラグ ベスト Yamaha Hpe-170 ステレオヘッドフォン レビュー

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) Yamaha Hpe-170 ステレオヘッドフォン – クリアな音、付け心地も◎

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hpe-30 – 他人に迷惑がかからない

軽くて 子供には負担無くて良いですね 音も良いです! 径違いアダプタも付いてましたので すぐに使用出来ました! 明日が 音のブランドですね!. 耳のクッションがすぐにダメになりそうですが、値段相応に使いやすいです。. 軽くて快適、もう2個目だ。ヘッドカバーが破れちゃう。交換部品もほしい。. ヤマハ電子ピアノ用に買いました。ご近所の騒音問題など、トラブルになると嫌なので、子供たちには、基本的にヘッドフォンを着けて弾いてもらっています。.  皆さん書かれているように、この値段でこの位の性能なら結構使えると言える品です。軽量なのがとてもいいです。. 大至急ヘッドフォンが欲しかったので安価で性能がいいものをと思い他のレビューもみてこの製品に決めました。安価ですが性能もよく、エレクトーンの夜の練習の為だったんですが、音も良かったです。このおかげで夜の練習が出来る様になりました。. もともと付いていたヘッドホンと同じデザインなので,即決めました。私は使っていませんが,妻からは何も不平も出ていませんので問題ないと思います。. 電子ピアノ用の専用ヘッドフォンがヤマハから二種類出ており、とりあえず安い方を購入してみました。ヘッドフォンというものを初めて購入したので、他のものとは比較できませんが、とても良い音色がします。プラスティックのカチューシャ部分?が少し華奢なので、壊さないよう大事に扱いたいと思います。. 利点と欠点 メリット ヤマハの低価格キーボード向きと思います。 ヤマハ ヘッドホーン 満足です。 デメリット  ヤマハの電子ピアノ(少し前のYDP)購入時に付いてきたヘッドフォンが壊れました。アパートに住んでいますので、休日昼間でもヘッドフォンは必須です。そこで、この製品を購入してみました。(仕様)形式 ダイナミック型インピーダンス 32オームダイヤフラム径 34mm再生周波数 50Hz〜15KHz最大入力 100mW重量 71.5gプラグ ステレオミニ(標準プラグ用アダプタ付)(感想) やはりヤマハ製電子ピアノには、ヤマハのヘッドフォンと思いました。こんなに安い値段ですが、ヤマハのグランドピアノの音を、かなり丁寧に再生してくれます。 ただし、高音部分はスカスカした音になっています。(再生周波数の関係かも知れませんが?)耳のフィット感は、まあまあ良いです。 ヤマハの電子ピアノ用に購入をご検討の方には、本体の取扱説明書に記載されている、推奨ヘッドフォンの型番をご確認されることをお勧め致します。 . とても軽量で音も良く使いやすいヘッドフォンでした詳しいことなどわからないのですが、この質の良さでこの価格は満足です!. 子供のピアノレッスン用に購入しました。ピアノ以外でも使えるので便利です。音質は割といいです。. ピンとひらめいてすぐ練習。ピアノの練習時間を広げてくれます。. 以前、電子キーボードのnp-30を購入しアパートのためヘットホン必須!と思いましたが、ケチって切り替えプラグのみ400円程度で購入し家にあったヘットホンを使用していました。それが壊れたため、せっかくなので商品推奨アクセサリーをと思いこちらを購入。結果、すごくいいです!!思わずホントにヘットホンから出てるの??と疑ってはずして外部に音がもれていないのを確認してしまったほどです。詳しい音質がどう…とかいうのは素人なためよくわかりませんが、単純に買ってよかったです♪. キーボードと同時注文でしたが、値段的にも性能的にも満足してます。. 深夜もこれで練習できます。ありがとうございました。それにしても軽いですね。耳も痛くなりません。. ヘッドフォンですから。ヘッドフォンですから。ヘッドフォンですから。. 音楽教室をしています。レッスンの待ち時間に子どもたちがヘッドホンで練習しています。でも、子どもって乱暴だし、線が長いとぐちゃぐちゃにしてからまったりします。高いヘッドホンだとハラハラしますが、これなら安心。線も長くないしコンパクトだからフィットしてとてもいいです。もちろん音もクリアーでいいです。ただ、エレクトーンについてきたものと比較すると、やや、やや、ややおちる。というか好みの問題かな。. 電子ピアノを購入したので、買いました。音も綺麗に聞こえるので、良かったです. 電子キーボードに使用していますが音が漏れないので他人に迷惑がかからなくて良いですね。. 先のレビューで書かれていた人もいましたが、想像していたよりも音が良くてびっくりでした。お値段からそれなりかと思っていたので、うれしい驚きです。. ベスト ヤマハ ヘッドホン Hpe-30 レビュー

Posted in イヤホン・ヘッドホン本体 | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hpe-30 – 他人に迷惑がかからない

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ Hph-Pro500 – 文句なし

実際に試聴して買いました自分にとって凄く聴いていて楽しいヘッドホンです。密閉型ならではの低音の良さ 音の広がりと音の透き通る感じが自分には最高です。買ったばかりなのでエイジングしていく楽しさもあります。ただひとつ欠点と言うべき所をあげるならヘッドホン自体の重さでしょうか実際に試せる所で着けてみて重くてずっと着けていられないとなれば止める方が無難でしょう。. クリアな低音、音が空間に広がる感じ、タフそうな見た目が個人的に大好きです。ipodやipad等のリモコン機能がついてるコードがあるのも特筆すべき点。. いままで聴いてた音楽が別物になりました。サイコーです。音質厨からは特徴がないとか言われてましたが大満足です。オーディオ専門店以外でも試聴できることがあるようなのでぜひ試聴してみてください。. 音質は十分ですが、持ち歩きしないにしても、長時間装着はつかれます。. K550の低音強化版をイメージして貰うと良いかと思います。デザインがアレ風なのが残念ですが。. 利点と欠点 メリット 文句なし 重い 重低音 デメリット 特徴 ヤマハ Hph-Pro500(b) エボニー・ブラック 密閉型オーバーイヤー・ヘッドホン [並行輸入品] モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ワイドレンジでスケール感豊かな音質! ドライバーサイズ:50mm、インピーダンス:22Ω、周波数応答:20Hz~20kHz 付属品:ハードケース、金メッキ変換プラグ(6.3mm)、クリーニングクロス ケーブル:iPod/iPhone/iPad マイク/操作ボタン付きフラットケーブル:1.2m。3mフラットケーブル 海外からの直輸入品のため、説明書は英語で、国内でのメーカー保証・サポートは受けられません。保証は店舗保証のみとなります。 ベスト ヤマハ Hph-Pro500(b) エボニー・ブラック 密閉型オーバーイヤー・ヘッドホン [並行輸入品] 買い取り

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ Hph-Pro500 – 文句なし

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ イヤホン Eph-M200 インナーイヤー型 ジェントルブラック Eph-M200 – バランスがいい音

いろいろなイヤホンを使ってみたが、どうも耳へのフィット感がどれも満足できないでいました。「この商品は、柔軟性が高く弾力性にも優れたβチタニウムを世界で初めて採用し、(中略)耳の穴の形に合わせて音導管が可動し高い追従性を確保しています。」との文句を見たときに、直感的にこれだと感じ、衝動買い。結論としては、非常にフィット感良いです。耳に軽く入れるだけで、ずれないし落ちることもない。つけているのを忘れるほどというとちょっと大げさですが、今まで使ったイヤホンのなかで最高のフィット感です。しかも、肝心の音の方も、非常にバランスが良いと思います。私はクラシックを主に聞きますが、低音を強調しすぎることもなく、高音の抜けもよい。解像度も良好で、ジャズやポップスを聞くのにも、気持ちよく聞けます。デザインもスタイリッシュで余分なものもついていないし、おしゃれで、コンパクト。今回はジェントルブラックにしました。ただ、私はリモコンをほとんど使わないので、邪魔でしかない。リモコンのついていないタイプもあるといいなあ。. とても安っぽいです。軽いし音もそんなに良くないです。正直1万の価値はないと思います。実際に店頭で視聴してみていいと思った方は購入するといいかと。. 音はまあまあです。良くもなく悪くもなく。悪い点はコードとリモコンが安っぽいところです。1000円で買えるイヤフォンのケーブルに似てます。. これが最近のカナル型なんだなと。音がこもる事もなく、歯切れのイイですよ。楽器メーカーのセッティングですね。デジタルやストリング音源に向いてますね。守備範囲は広いですよ。. 値段の割に安っぽいしすぐ断線するし何故か右側からしか音が出なくなった。購入して後悔した。. いわゆる、イヤホンしか使ったことがなかったので、インナーイヤーヘッドホンに、興味津々でした。使ってみたら、耳にぴったりフィットする感覚が何とも心地よいですね。そして音質も、しっかりと伝わってきます。子どもたちが欲しがったので、追加で購入する予定です。.  いっぱいイヤホンが出ている中、次の買い替えまで後悔したくないものを選びたいものです。自分の中ではer6iがコストと音質で一番でしたが今回はこれを選びました。選定理由は、yamahaの音叉のマークがカッコいいこととフィット感で好評価だったので。実際、音は、ロック向きではないかな?でも、良いです。優しい感じがしてアコースティックに合うと思います。奥行があるといった感じです。フィット感は良く、長時間の装着も大丈夫です。フィットするので音漏れも微量だと思います。リモコンに関しては、他の方も言っている通り、操作性と反応は良いのですが大きいです。これは改善の余地ありだと思います。と言え、毎日の通勤のお供で満足しています。. 価格に見合っただけのいい音をしています。バランスがよく高音低音に偏ったりはしていません。専用のイヤーピースは自分のサイズに合うものを選ぶと外れませんし音漏れもしないです。左耳側の線についているリモコンが取り外しもできず結構邪魔になるので★1つマイナスにしました。. 利点と欠点 メリット 断線しやすい |( ̄3 ̄)| 非常にバランスが良いと思う。 デメリット 素人目ながら、 denon が壊れたため買い替えです。久々に感動したイヤホンでした。kakau. Comで皆さんが書かれているように、楽器の音は生々しく、ジャズやピアノ向きだと感じました。買って良かったです。. これまでiphoneやmacに直挿しでゼンハイザーie60を2年間使ってきましたので、そろそろ国産のものも使ってみようと探していました。ヤマハから新たにデザインも美しく耳への装着も良さそうな評価やie60と同じくネオジウム使用という記載もあったので、この製品を購入してみました。私の聴く音楽のジャンルは、クラシック4割、ジャズ2割、民族音楽2割、その他2割という感じでしょうか。普段音楽の鑑賞はライブも多いのですが、家では中級程度のオーディオセットで中型のフロアー型スピーカーで聴いています。家族がいる時は、スピーカーから音出しせずにakgのヘッドフォンq701で聴くようにしています。購入後さっそく私のジャズの定番、ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーをiphoneで聞いてみました。ie60よりもインピーダンスがかなり大きいようでボリュームをあげる必要があります。ie60と比べて、各楽器の音がかなりヴィヴィッド、生々しさがあるような気がします。次にチェロの音楽、遠藤真理のオッフェンバック作曲ジャクリーヌの涙を聴いてみました。ん?チェロの音が大変生々しいけど、チェロはこんな音だったかな?という印象で、アレっ?感がありちょっと不安が出てきました。気を取り直して、今をときめくアンナ・ネトレプコとエマニュエル・ヴィヨームの二重唱で同じくオッフェンバック作曲の舟唄を聴いてみました。ie60との比較では二人の口がより近づいて声が更に生々しく二人の人物が目の前に浮かび上がりそうです。女性のボーカルは向いているのかなぁとの感触。ではと、録音は古いけど名作のほまれ高い名演、ヴァーツラフ・スメターチェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の「わが祖国」モルダウを聴いてみました。う〜んie60は昔のレコードを聴いていたときの雰囲気でひとまとまりになった楽団全体の構成が見えます。一方eph-m200は1つ1つの楽器がより明瞭に判りますし、それら沢山の楽器がバラバラに広がっている感じがします。コンサートホールで2階席で聴いている感じがie60、s席より前のカブリツキに近い場所で聴いている感じがこのヤマハの製品という印象です。はっきりしているのは、ヤマハの製品の方が人の声や楽器の音が非常にクリアーで生々しい感じが迫ってきます。オーケストラのような多くの楽器で演奏される場合は、全体の雰囲気、オケの底力のあるたっぷりとした低音の上に高い音の楽器が積み上がっていくという雰囲気はie60の方が安定感、落ち着きがあり得意なように感じます。その点、ヤマハは少し苦手かもしれません。どちらも良いところ悪いところがあるような気がしました。真剣に聞きたい時はヤマハを、オーケストラやほっこりしたい時や聴きながら眠りたいときはゼンハイザーを使っていこうかと思います。. 音はピアノの音がクリアに聞こえる。クラシック向きの音。ロックを聴くとドラムの音の低温が響かず。パーカッションの音が目立つ。断線しやすい(断線したため1回買いなおしたが、1年たたずして再び断線してしまった)。. 私の耳はカナル型との相性が悪いのか、着けていると数分で緩くなってくるのですが、このヘッドフォンはそういう事が無く、尚且つ長時間装着する事によって耳が痛くなる事もありませんでした。音質も極めて良好で、ボリューム最小から最大までドンシャリ感の無いフラットで安定した音質で楽しめます。難点はカナル型全般に言える事ですが、実質的に耳栓をしている様なもので外界からの音が殆ど聞こえないので屋外での使用は控えるべきでしょうね。あと、説明書にandoroidでは正常に動作しない可能性がありますと記載されていたので手持ちのandroidスマートフォン(4. 2)で試してみたところ、音声の再生は問題無いものの、リモコン操作は全く反応しませんでした。. ロック、ジャズ、クラシックとジャンルを問わず音楽を聴いています。iphoneのリモコンつきなので非常に便利です。まずヤマハといえばピアノかと勝手に思い、ニーナ・シモンとビル・エヴァンスとグレン・グールドを聴いてみました。ピアノの音が気持ち良いほどです。さすがヤマハ!次に低音がどう聴こえるかと思い、ポール・マッカートニーのベースがうなる『アビイ・ロード』を聴いてみました。「come together」「something」と素晴らしいベースラインを堪能できました。jblのカナル型イヤフォンを使っています。低音がいい音をするのです。だけど、すぐに耳からイヤフォンが落ちる。一番このイヤフォンがいい所は耳へのフィット感です。商品説明で「eph-m200」の音導管には、柔軟性が高く弾力性にも優れたβチタニウムを世界で初めて*採用。レーザー加工により、特殊で高精度な切り込みを入れることで、耳の穴の形に合わせて音導管が可動し高い追従性を確保しています。と書かれていますが、私には正直何のことかよくわかりません。が、一度耳にイヤフォンを装着するとずれません。耳の形にぴったしオーダメイドしたようです。また商品説明で専用のイヤピースを開発。柔軟性と程よい硬さを併せ持つシリコン素材を採用し、耳の穴の形に合わせてイヤピースがしっかりフィットする優れた装着感を実現しました。と書かれている通り、耳にジャストフィット!ここまでジャストフィットしたカナル型イヤフォンは初めてです。. 買ってよかった音はいいとか意味わからないなんもよくないっすよ実際に視聴してみて買うべきです他のも聞いてそれから決めるのをオススメします. Iphone対応のイヤホンで、初めて1万円以上の物を買いましたが結果的には満足しました。音に関してですが、今までsony xb31ip、audio-technica ath-cks55xiを使ってきましたが、今回のイヤホンは音がこもった感じはなく、クリアな高音と低音を鳴らしてくれます。特にピアノの音とか流石yahamaだなと感じました。今回はクールホワイトにしましたが、純正のイヤホンみたいにシンプルなデザインで、コントローラー部分とイヤホン部分に、yamahaのロゴが入っててファッション性もあるかなと思いました。コントローラー部分に関してですが、他の製品より少し大きいかなという印象ですが、そこまで気にならない大きさです。またタッチノイズもそこまで気になるような感じではなかったです。2016/1/29 *追記*普通の使い方をしましたが、約1年半ほどで断線し、片方しか音が出なくなりました。ちょっとジャック部分が弱いのかもしれません・・・。. はじめて、カナル型ヘッドホンを使用しました。その印象は、耳へのフィット感が非常にいいです。そして、密閉性が高いため、音楽への没入感があります。今まで、私はiphoneに付属のオープンエア型の白いイヤホンを使っていたので、この差が歴然と分かりました。ただ、カナル型は密閉性が高いゆえ、振動による雑音が気にはなります。例えば、口ずさんだ音が耳からでなくダイレクトに脳に届くような感じがあります(耳に栓をして声を出した時の感じです)。なので、私は、自室で静かに音楽に没頭したい時に、このヘッドホンを使います。. 最初、リモコンに不具合があったので交換してもらいました。ホワイトを買ったのですが、非常にかっこいいです。フィット感ですが、非常に良いです。音漏れもiphoneの最大音量くらいにしない限りしないと思います。そして、この商品の特徴は透き通った高音でしょう。低音、重低音共にそれほど響きません。(私が今までビーツのイヤホンを使っていたからかもしれませんが)でも、気持ちよく鳴ってくれます。あと、不思議なことにヴォーカルの中音だけが若干篭るんです。ピアノ等は最高に気持ちがいいです。ショパンの幻想即興曲とかおすすめです。あと、ヴァイオリン等の弦楽器との相性もグッドです。このイヤホンは、全体的にバランスがよく、向かないジャンルはほとんどないように思われます。オススメのジャンルはクラシックや、ピアノです。(私の趣味の曲には合います。). 特徴 ヤマハ イヤホン Eph-M200 インナーイヤー型 ジェントルブラック Eph-M200(b) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ イヤホン Eph-M200 インナーイヤー型 ジェントルブラック Eph-M200 – バランスがいい音

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro400 オーバーイヤー型 エボニーブラック Hph-Pro400 – 音だけだよ

皆さん、高評価の中☆3つで申し訳ないです。私の頭のカタチにはあまり合わなかったです。耳への圧力が強くて短時間しか使えずじまい。音質の方は私のバカ耳には価格ほど良質とは思えず…。もう少し安いヘッドホンでもこれよりいい音を出すモノがあると思います。この価格帯の選択肢としては、バカ耳の私には「う~ん、ちょっと」かな。なので、普通の評価にさせていただきました。. さすが、ヤマハと感じさせる音作り、ヤマハのマークもヤマハ好きにはたまらない。. 商品の説明には記載がないのですが、ものすごくしっかりした専用ハードケースが付属しています。持ち運びの際にも重宝しますし、収納にも困りません。その点がまずよいなと思いました。iphone 5s に接続して、ヘッドフォンをかぶってみますと、外の音がほとんど聞こえなくなります。ヤマハのオープンエアー型も持っているのですが、オープンエアーはまわりの音を聞きたいとき、本商品は周りの音が聞こえなくてもよいとき(無音でもほとんど聞こえません)の使い分けになると思います。ポートブルを意識した製品ですが、安全を考えると外では使わないほうがよいと思いました。始めにクラシック音楽を聴いてみました。普段は小型のスピーカーで聴いているのですが、このヘッドフォンで聴くと「裏にこんな楽器の音が流れていたのか!」と感動しました。たとえば同じ5分間音楽を聴くのでも、このヘッドフォンで聴けば、よりリラックスできるのではないかと思いました。次にボーカルのある曲を聴いてみましたが、これもまた息遣いも聞こえてくるような感じでした。大きなオーディオセットは持ち合わせていないのですが、このヘッドフォンを使えば贅沢な時間を過ごせるのではないかと思いました。以上、参考になりましたらさいわいです。. 妻が誕生日プレゼントに買ってくれましたが数ヶ月でバンドが割れてしまい、ショックでしまったままでしたが保証期限後にサポートセンターに修理に出した所数万円修理にかかると言われ断念しました。その後構造上割れやすいから気をつけろというレビューなども見かけ後悔しています。. 外観の仕上がりもつややかで良く、hph-pro500よりも少し軽いので持ち出しやすいのが利点です。たくさんの髪に掛かったり、めがねのフレームに掛からない限り遮音性はかなり良く、外部の音が気になりません。hph-pro500はケース部分がアルミニウムで、hph-pro400はabsなのですが、ドライバーなどのパーツはhph-pro500と共通なので、想像通り大変はっきりとした曇りの無い音が鳴ります。音を大きくしていっても、大音量部分で歪んだり音が詰まるような音量の低下も無く、自然に伸びていくよな感じです。もちろん、大音量で長時間聴くのは聴覚を痛めるのでやるべきではありませんが、普通の音量で聴いているときの、一時的なピーク部分でもさらっとそつなく再生しています。mp3ではもったいないので、アナログハイビジョン時代に録音した、bモード音声48khz 16bitリニアpcmの音源で聴いてみましたが、大変つややかな弦楽器の音がきこえてきます。また、最近流行のハイレゾ音源96khz 24bitを再生しても、臨場感の違いがはっきりわかります。クラシックコンサートのライブだと、2階席中央で聴いているような音場に包まれているように感じます。(ハイレゾ音源ですが、このヘッドフォンで聴くと昔のbs bモードステレオ48khz16bitリニアpcmの方がいい音がします。不思議ですね)残念ながら年齢の関係で、16000hz程度までしか聞こえないので、20000hz程度の超高音のレビューは無理ですが、低音は無理に鳴らしている感じでは無く落ち着いた地に着いた音が鳴ります。ボーカル域もはっきりしていて、歌詞なども聴き取りやすく大変バランス良くできていると思います。リビングのアンプ付きアクティブスピーカーは、昔のsony pro pixy970用 エレスタットツィーター(静電式フィルムツィーター)付きのスピーカーのコンデンサーなど劣化する部品を新しい物に交換して使っていますが、このヘッドフォンの澄んだ音のイメージはエレスタットツィーターに近いでしょう。若くて20000hzを聴くことができたときに、このネオジム磁石を使った大口径ユニットを駆動するヘッドフォンがあれば良かったと思いました。タイムマシンか若返りの薬が必要ですね。. 密閉感が強く、その中で音が響いている感じがします。コードが長いので助かります。. Yamahaのマークがかっこいいヘッドホンです。イヤーパッドもつけ心地が良いです。コードは市販のものもつなげられるので、良心的な設計だと思います。音の聞こえは、バランスが良いというか平坦というか、cdに忠実といった感じでしょうか。個体差もあると思いますが、私の場合、音場が左に片寄っているように感じました。その違和感は最後まで消えませんでした。評価が低いのは、耐久性とアフターサービスに問題があると感じたからです。スピーカー部とヘッドバンドの接続部分が、プラモデルのバリのような細いプラスチックが4本あるだけです。もちろん壊れやすく、私もすぐ壊れました。yamahaに修理を頼んだところ、診断料で2000円、修理代21000円を請求されました。もう少しアフターサービスをしっかりしてほしいです。.  ゼンハイザーのmomentumとの比較です。クラシック、ジャズ、ポップがほとんどで、ロックはほとんど聞きません。 デザイン・質感は、エンジニアプラスチックだと思いますが、きれいな艶のあるブラックで気に入っています。 音質は、低音も高音もきれいですし、量もバランス良いと思います。低音は締りがあり、ボワついたりしません。 momentumより低音の量は若干多いです。 この辺は曲にもよると思いますが、耳に刺さるような刺激的な感じはあまりないです。momentumも同様です。 音場は広いほうだと思います。momentumより広く感じました。ただ、開放型のヘッドホン(たとえばk702など)ほど広くはありません。開放型の広い音場が好きな方には合わないかもしれません。 解像度も高いように感じます。この辺りはmomentumも同様かな? 運搬については、こちらのほうが大きいですが、折りたためるので五分といったところでしょうか。 装着感はこちらのほうが若干ですが締め付け感が強いと感じました。それでもメガネ着用で長時間付けていても痛く感じることは無いので問題ないと思います。 クラシックやジャズには向いていると思います。ボーカルは近く聞こえますので、聞いていて気持ちがいいです。 このヘッドホンがあればmomentumはいらないです。(逆も成り立つと思いますが). 利点と欠点 メリット 良作 構造上すぐ割れる 重厚感あふれる音作り デメリット ヤマハの400プロは500プロのプラスチック版です。軽くなって野外での使用に便利です。国内向けにも出たので速攻で買いましたが満足です。. このヘッドホンは、しっかりとした密閉型のハウジングで、遮音性が非常に高く、外音もほぼ入らないので、音源のモニターに最適です。高音・中音・低音域に渡り全体的な音域が非常に綺麗に出ています。密閉型ヘッドホンにありがちな、音のこもりも全く感じられません。また、到着時のエージング前の初期段階では、密閉型の製品の多くに見受けられる低音域を強く出てしまっている製品が多い中、この製品は今までの概念に無い程全域に渡り均等に音が出る為、かえって低音域が弱く感じられる程です。この価格帯の製品としては、非常にプロ指向の強い製品だと思います。ハウジング、スライダー、ヘッドバンドの一体構造的なデザインも非常に美しく好感が持てます。ジャズやクラシック、ポップスなど幅広いジャンルに対応できます。低音域が物足りないと感じる方は、音質のカスタマイズも容易で、短時間のエージングでも十分効果がでます。どなたにも非常にオススメできる製品だと思います。. 音はいいと思うただ毎日使ってたら一年もせずに壊れた折りたたむ用の線の上あたりがバキッと折れた。保証書もないしおわた. 特徴 ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro400 オーバーイヤー型 エボニーブラック Hph-Pro400(b) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ワイドレンジでスケール感豊かな、高音質クリアサウンドを実現 軽量・折りたたみ機構・脱着式ケーブルによる、優れたポータビリティ 耳全体を覆うオーバーイヤー型による、快適な装着感と遮音性 ドライバーには、ネオジム(ネオジウム)マグネット採用の大口径50mmドライバーを搭載 迫力の低音・クリアな中音・伸びのある高音を実現 ベスト ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro400 オーバーイヤー型 エボニーブラック Hph-Pro400(b) … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro400 オーバーイヤー型 エボニーブラック Hph-Pro400 – 音だけだよ

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ イヤホン Eph-Rs01 カナル型 リモコンユニットタイプ ライトブルー Eph-Rs01 – 携帯が楽

高音がステキなヤマハの製品なので購入しました。まずまずです。. 音が最低 イヤホンを他の物に変えて使ている。. 携帯は楽でとても良いです。このイヤホンを使いようになり以前より増して音楽を聴くようになりました. とても安く購入できたので満足しているのですが、やはりバッテリー切れには閉口してしまいます(^^;. 再生周波数帯域 20hz~40khz ってスペックは、ハイレゾ対応イヤフォンと同じ数値で、値段の割りに高性能? という期待感をもって購入しました。 とある雑誌にも このスペックはハイレゾ音源再生に期待できる!みたいなこと、書いてありましたし。で、xperiaz3コンパクトでハイレゾflacファイルを再生してみると、確かに高音が出ている。。。 低音もずんずんくる。。。でも、一番濃厚であるべきところの中高音が奥まってしまい、あまり聞こえません。 いわゆるドンシャリ型というものでしょうか? shureの元祖モニターイヤフォン(?)e5cを長い間愛用しているんですけど、これで 同じflac音源を同じexperiaで聞くと ハイレゾ音源のすごさ、がよくわかります。(ハイレゾ初心者なので、ちょっとづつ道具を買い足ししているところです)でも、このヤマハのイヤフォンでは、そのハイレゾのすごさ、わかりませんでした。。。。スポーツジムで使っているサンヨーのmp3プレーヤーで320k圧縮のMP3ファイルをこのイヤフォンで聞いてみました。 おおー、いいね! MP3音源の寸詰まり感を うまく補完しているようで、半年前から使っている廉価なpioneerのスポーツイヤフォンより、ずっと 自然に聞こえます。ボーカルやトランペットがきれいです。 低音もずんずん、効き過ぎないように聞こえるので、ベースラインを心地よく追いかけて聞くことができます。ということで、こちら、ジムバックに入れっぱなしになりそうです。 まあスポーツ用イヤフォンという商品コンセプトなので、それもいいかもしれません。 装着感は ウエイトトレーニングして歯を食いしばったりすると微妙にずれてくるので、ちょこちょこポジションを直す必要があります。また、コードを耳たぶに固定するクリップが付属します。 イヤフォンのコードを耳たぶに固定するって、なんか大げさで、こっぱずかしくて、気がひけますけど、きちんとつけると コードが邪魔になりません。 見た目か実用性かを選ぶことになりますね。. デザインも好き♪ピアノ曲を聴くにはいいですが、低音の強めのバンドは辛いかな〜. 利点と欠点 メリット バッテリー切れが早い(T_T) 携帯が楽 デザイン好き! デメリット 特徴 ヤマハ イヤホン Eph-Rs01 カナル型 リモコンユニットタイプ ライトブルー Eph-Rs01(al) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: イヤカフで耳にしっかり固定でき、激しい動きや汗にも強いスポーツモデル 専用開発の8.5mmドライバーを搭載し、ヤマハならではのクリアな音質を実現 スポーツファッションに合うビビッドカラー&シンプルでスタイリッシュなデザイン 機能・音質・デザイン・カラーのすべてが、スポーツシーンに最適なインイヤー型イヤホン ケーブルにスマートフォンの操作・通話ができるリモコンユニット装備し、イヤカフで装着感をアップできるスポーツタイプ ベスト ヤマハ イヤホン Eph-Rs01 カナル型 リモコンユニットタイプ ライトブルー Eph-Rs01(al) 買い取り

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ イヤホン Eph-Rs01 カナル型 リモコンユニットタイプ ライトブルー Eph-Rs01 – 携帯が楽

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro300 ダイナミック型 密閉型 アドバンスレッド Hph-Pro300 – 割れました

顔の幅は大きい方ではないと思うが、すぐ耳が痛くなる。顔の小さい娘にやりました。音はいいのに残念。. 流石に上位機種に比べると音質的には劣りますが、スネアあたりがスパンスパンと切れ味鋭く心地よぃ。最近のヤマハヘッドフォンの持ち味をきっちり所有しており、beatチックなデザインのかっこさも持ちあわ痛い!耳が痛い!ぐおお耳がっ!耳たぶがぁぁ!ボクのデカ頭では圧迫で耳がすぐ痛くなり、現状とても長時間の使用は不可能です。側圧・・というか、耳のせタイプだけどが均等に耳を圧迫しておらず、偏ってると思われます。がんばって拡張中ですが・・・そこが大変惜しいです。頭が会うなら★4つぐらいあげたいところですが・・・. さすがに米国ヤマハデザインだけあって、国内のヤマハのイメージからはぶっ飛んでます。(どちらかというと、最近のヤマハ発動機のテイストに似てます。)地下鉄やjrの中でも決してカブらないので、満足してます。. 視聴もせずデザインで購入しました。結果としては概ね満足ですが、不満な点もありました。音質などのメモ(ath-ws55と比較)音場が狭い。かなり耳に近く感じる。beatsのパクりデザインのようだが、低音は全く強くない。それどころか少なく感じるので、要試聴。中域、高域はとてもキレイに聴こえる。ハイハット?が特によく聴こえて感動した。ボーカルがこもるような感じもない。米amazonにもある通り、壊れやすそうな感じがする。ここは決定的にath-ws55に劣る。リモコンはandroidでは曲のボリューム変更には対応しない。ただ、曲の早送り、停止、巻き戻しはandroidにもfiio x1にも対応していた。側圧は強め。ただイヤーパッドがモチモチしているため、それほど苦にはならない。このような感じでした。低音が強いものが好みの方は買わないことをお勧めしますが、中高域が好きな方には合うのではないでしょうか。また、私のようにデザインだけで買っても満足すると思いますよ。. 良い点・クラシックからテクノまで綺麗に聞こえる・小さく、コンパクトに畳める悪い点・付けたときに締め付けが強く、痛い・塗装が剥げる初めて1万円クラスのヘッドホンを購入。フラットに音が聞こえるというレビューと見た目で選びましたが、ジャンル問わずよく聞こえるので良かったです。ただ、購入直後はとにかく締め付けが強くて長時間は付けられませんでした。(私の頭が大きいのかヘッドホンが小さいのか…)使わないときにヘッドホンの箱に付けて広げていたら多少は緩みました。そして購入から1年経った頃、塗装が剥げ出しました。どうやら小さな亀裂が原因のようです。(箱に長時間付けていたのも原因か?…とも思っています。自業自得ですね…。)曲がった時に負荷がかかる場所がポツポツと剥げていく感じです。音質はバッチリでしたが、他がイマイチでしたので星3つです。ヤマハさんには、音質だけでなくこういったところも改善していただきたいです。. 家電量販店でも販売されるようになり、偶々入った店で衝動的に購入。ポータブル・ヘッドフォンは他に・audio-technica ath-esw9 (密閉型)・yamaha hph-200     (オープンエア型)を持っているが、同じ密閉型のath-esw9との比較を中心に。ath-esw9は周波数特性がダラ下がりで低音寄りであったが、hph-pro300は比較的フラットで低音から高音までバランス良く鳴ってくれる。同じ女声を聴いても、本機の方が明らかに5歳程若返って聴こえる。また、ath-esw9では低音に埋もれがちだった高音系楽器もちゃんと聴こえる。比較的明るい鳴り方をし、解像感はそれほどではないものの楽器がちゃんと分離して聴こえる。’70年代の洋楽に例えると、ath-esw9は独特の湿り気を帯びたブリティッシュ・ロックだとすれば、hph-pro300はカラッとしたウェスト・コーストのロックと言った印象か。もちろん、ath-esw9を否定する訳ではなくケースバイケースで使い分けることにするが、当分はhph-pro300がメインになりそう。ただ、写真を見るとわかるように、ハウジング部分に回転機構が組み込まれてないので、使い始めは側圧ですぐに耳が痛くなる。パッケージの箱を挟んだりして側圧を弱めたり、イヤー・パッドが馴染んで来たせいか、今では耳が痛くなることも殆どない。ただし、頭の大きな人は注意が必要かもしれない。なお、実物の色は若干紫気味のロイヤル・ブルー。. 伸縮部つなぎ部分の上部で割れました。輸入品で保証もないので分解してみたところ、ヘッドバンド上部には補強用の部材があるものの、この部分は表層のプラスチック?だけで構成されていて、装着時に広げるとこの部分に力が集中する様です。大型のPRO400等のプロポーションを基に単に小型化火したための設計ミスだと思います。気に入っていたのに残念です。部材の厚さ、材料強度等を再検討されることを望みます。. 購入して1年立たないのにプラスチックの部分が真っ二つに割れました!. 利点と欠点 メリット 音質◎ですが、その他が△ YAMAHAファンだけど 概ね満足です デメリット 特徴 ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro300 ダイナミック型 密閉型 アドバンスレッド Hph-Pro300(r) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: クリアで力強いサウンドを追求した大口径40mmドライバー 小型・軽量ながら優れた遮音性と確かな装着感のオンイヤー型 ユニークな折りたたみ機構を採用した最先端のスタイリング iPhone/iPod/iPad対応リモコンマイクを装備 ベスト ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro300 ダイナミック型 密閉型 アドバンスレッド Hph-Pro300(r) … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro300 ダイナミック型 密閉型 アドバンスレッド Hph-Pro300 – 割れました

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro500 ダイナミック型 密閉型 エボニーブラック Hph-Pro500 – 19年振りの8耐優勝記念に、30年振りにリリースされた本格的なヘッドホンを聴いた感想。

ミミナリ御殿さんにまったく同感です!私だけかと思ってましたが他の方も同じようなことに見舞われてたんですね音が凄くいいのにプラスチックの耐久性に多少問題ありのような気がします. 耐久性が高くありません。最初に届いた個体はヘットバンドの銀色のパーツを留めているネジが緩んでおり、パーツがグラグラでした。ヤマハに問い合わせたところ、既知の事象のようでしたので、その旨をamazonに伝え、すぐに初期不良交換して頂きました。構造的にネジ部に力が掛かりやすい感じなので、丁寧に使わないとすぐ壊れそうです。音質に関しては個人差が強いですが、脳内定位で基本的にはすっきりしたサウンドです。特に高音は美しく、ピアノや女性ボーカルものにぴったりです。さすがはヤマハ。ath-m50xからのステップアップとして違和感なく導入できました。側圧が強いので長時間の装着は厳しいですが、意外と言われているほど音漏れはしないような印象でしたので、外使いでも行けると思います。あと、付属のフラットコードは絡まなくて良いのですが、音質的にはさほど良くなさそうなので、極めるなら交換をおすすめします。. 2年ほど前に購入し、他の方がレビューで書いている通り1年経ったかぐらいのところでヒビが入り2年経った今ではヒビは無数に入り、内側の留め具のネジは根元から折れ…とボロボロです。三年前に別のメーカで買ったヘッドホンはここまでなっていないのに正直残念です。. バランスがよく非常に綺麗に音が鳴るのでその辺では満足しましたが、外で使うにはちょっと音漏れが激しいかもしれないです。重量も300gありますし、見た目がいいだけに残念。室内用としました。. ゼンハンザーhd650を長らく愛用していましたが、壊れてしまったので価格が安い割に良さそうなこの製品を購入。エージング前はやや硬い感じでしたが使い込むと音の硬さがとれ、音場も広くなった感じです。hd650より高品質のサウンドですが、hd650で感じた感動までには至りません。ややモニターよりの音です。音をよりピュアに楽しむにはこの製品で良いし、音楽を楽しむにはhd650の方が良い感じです。ピアノが圧巻です。ピアノ専用だけでも価値があります。さすがyamahaです。. 声が明瞭(クリア)で良い。能率が良くipodでも十二分音量が出ます。いい音です。でも音場がせまい。聞いていると息苦しくなります。元々開放型の音場が好きです。能率の良さは音場の狭さになるのでしょうか?なんとか音場の広い改造をメーカさん頑張ってください。このクリアな音で音場が広ければ☆5です。. 自宅外へ持ち出して使える密閉型という事で購入しました。購入した当時は自宅はバランス化前のakg k701、sony nw-zx1のお供は同じsonyのxba-h3を使用していました。zx1に接続した時はそれ程ボリュームを上げなくても十分な音量を取れています。しかし、ドライバユニットが入っている所がアルミ合金という事もあり、意外と重く感じられ、結局持ち出さない様になりました。密閉型という事もあり、音の広がりはk701よりも狭いのですが、低音が結構スピード感を感じられる音がします。ロックとかには向いているのではと感じられます。最近使うのがバランス化済みk701やoppo pm-2という事もあり、相対的に音が良くないと感じていますが、他と比較しないでこの製品だけ見たら低音も高音も十分ではないでしょうか。ケーブルが3. 5mmのピンジャックで着脱可能、尚且つ両方のハウジングに挿す事が出来るので、バランス化改造は容易そうです。. 古くからのyamahaのファンです。最近あまりオーディオ関係に熱心じゃないような気がしていましたが、このヘッドフォンを聞いて、久しぶりにyamahaらしいナチュラルサウンドが体現できているのに驚きました。やっぱりyamahaは変わっていなかった。嬉しかったなあ。yamahaのオーディオって、楽器なんでですよ。ここが他と一線を画すところだと思います。. 利点と欠点 メリット 音はいいが、、、 ナチュラルな音質は素晴らしい 耳が痛くなります デメリット 実物の方が写真で見るより高級感があります。音質は特に管楽器も弦楽器も音の響きが素晴らしく、なかなかのコストパフォーマンスかと思いました。ただ遮音性はありません(^^). 音はクリア、楽器一つ一つがよく聞こえる感じです。キンキンせず、低音もそれなりに良い感じで聞きやすい。ただし・・・・ヤッパリ重いので-1。. 500も400も音は良いのに装着感が残念です。デザインに惹かれて注目していましたが試聴してみて、がっかりでした。. さすがyamahaだと思いました。音のバランスがとても良くて色んなジャンルの曲を聴く事ができます。同じ金額帯のヘッドホンを買うならこれを買う事をお勧めします。. オーオタでなければ間違いなく満足するレベルでした。アイフォンでの使用はダイナミック系だがドン舎利しない。pcなどは音の調整でかなり変わるが基本的にクリアなイメージ。私はオーディオが好きですがオーオタの方ほど知識はないですがまんぞくしてますまたヘッドホンにジャックが二箇所ありスカイプしながらゲーム音も聞くことが出来ました。 大きいので軽いのがいい人には向きません. 素晴らしいサウンド、しかし音漏れが予想以上。新幹線のお隣に気兼ねという感じです。低音域はエイジングに期待。新品では少々パンチ無し。. 震える低音。見た感じも最高。このグレードじゃないと満足できない。. 某bea◯sよりも音がクリアで真摯に聞こえます。yamahaらしいサウンドに、少しスパイスを加えた印象。bのマークよりこちらのほうがカッコ良いです。ただ、デザインはbを意識しなくてよかったと思います。この音質を更に高め、次はデザインもyamaha独自のスタイリッシュなものになることを期待していします!. 見た目デザインは良いと思います。肝心の音につきましては「sony mdr-z7」と比較しても、バイオリン・ピアノ等の個別楽器の表現は生々しく感じますので、その向きの音楽を好まれる方には良いのではないでしょうか。ただ・・・・・装着感は最悪です。まず、ぴったりと合わないのです。どの様なモデルさんで合わせたのか分かりませんが、l~xlサイズのヘルメットをかぶる私の頭をもってしても、ヘッドバンド最短で厳しい感じです。何だかしっくりせず、しかも装着直後から不快感と痛みを感じます。パット部分が小さく硬い上に締め付けがきついんです。尚、30分以上頑張っていれば、そこそこ慣れてはきます。今回は価格の安さと興味本位で購入しましたが、おすすめは出来ません。収納ケースはコンパクトで悪くありません。製造は made in china です。. 特徴 ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro500 ダイナミック型 密閉型 エボニーブラック Hph-Pro500(b) … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ ヘッドホン Hph-Pro500 ダイナミック型 密閉型 エボニーブラック Hph-Pro500 – 19年振りの8耐優勝記念に、30年振りにリリースされた本格的なヘッドホンを聴いた感想。

ヤマハ(YAMAHA) Yamaha Eph-W53 ワイヤレスイヤホン ヤマハ – 低音がえげつない

私は国内電機メーカーを応援したいガジェット好き人間です。yamahaはテニスのラケットも愛用していますし、avアンプ、かつてはパソコン用のcd-rドライブやオーディオボード(ymf724とか懐かしいですね)を愛用していました。イヤフォンはオーディオテクニカかビクターが多いのですが、yamahaも出しているとは知らなくて、この商品を見たときは、「ちょっとマニアックな国内オーディオメーカーの作るイヤフォン、音を聞いてみたい!」と思い、すぐにぽちりました。独特の音づくりを期待していて、確かにその通りだったのですが、ちょっと期待していた方向とは違う方向でした。他の方のレビューにもありますが、低音がえげつないほど強調されています。他の方のレビューを見たときは、たとえばビクターのイヤフォンなども低音が強めだと思うんですが,そのレベルをイメージしていたんです。しかし、次元が違いました。まぁ、聴く音楽にもよるのだと思いますが、歌詞つきの楽曲にはあまり向かない気がします。アコースティックチューニングに拘ったということなので、そういうことなのでしょう。クラシックとか、jazz向き、ということでしょうか。エレキ楽器バリバリのロックやpopsもちょっときついです。ずーと低温が、ズーーーーーン と鳴り続けてるような状態になります。これも他の方が書いていますが、操作部が片方にしか付いていないので、歩きながら使っていると振動とともに操作部が付いている方が引っ張られて外れそうになります。他社品では両方に操作部(?)がついていてバランスを取っているようなものも見かけますが、その辺はもう少し考えて欲しかったところです。動かずにじっとしてアコースティックな音楽を聴く用途向け、、、とイヤフォンとしてはちょっとレアなシチュエーション向け、ということになりそうです。pops向けにチューニングして、操作部のバランス問題を解決したイヤフォンを是非お願いします。yamahaさん!2019/7/4 追記映画には意外に向いてることに気づきました。映画館のような厚みのある低音がいい感じです。迫力のあるシーンの多い映画におすすめです。もちろん所詮イヤホンですから映画館のような腹に響くようは迫力までは体感できませんが。android スマホで、youtubeやamazon videoを見てる分には音の遅延は感じません。また、普段通勤で使用しており、新宿や渋谷など人の多いところも通過しますが、通信不良による音飛び(音切れ?)も記憶にある分には一度も経験ありません。(そんなに毎日頻繁に使ってるわけでもありませんが). 音質は他の方も書かれているようにバランスがとても良いです。低音が若干強めかなと感じた程度です。デザインも良く気に入ってましたが携帯性にちょっと難ありですかね。ワイヤレスイヤホンあるあるですがやはり首に掛けていると片方にズレていきます。本体が大きい分結構ズレはひどいですね。ズレ防止のクリップとか付いていると更に良かったと思います。ていうかそもそも付いてなかったのが不思議なくらいですね。お高いイヤホンなのでいつなくなるかヒヤヒヤしてます。後は他のイヤホンに比べて大きめなのですぐに耳から外れてしまいます。結構押し込んで使っています。換えのイヤーピースは付属で有りますが正直効果は無いですね。あと個人的にですがネックバンドタイプの方がいい気がします。. バッテリーの持ちが悪い重いので耳に負荷がかかるパソコンとアイフォン同時ペアリングができない. スタビライザが秀逸で,耳にぴったりフィットします。その効果か、イヤーホンにしては低音が豊かで、奥行きが感じられます。また左右の重量バランスも良く、歩いていても片方にずれてくることもありません.sony wf-1000xも持ってるんですが、音の厚みではyamaha eph-w53のほうが優れています。. つけ心地が良くない。アイフォンseとペアリングできない。重くて少し首を振っただけで外れます。イヤーピースを調整しても外れます。. 長年、同社の有線イヤフォンeph-100を使用しており、同じ傾向の音質、且つ予算2万円以内のbluetoothイヤフォンを探していましたがなかなか良いものがなく、丁度こちらのイヤフォンが発売されたので試聴の上、購入。【音質】前述の通り、eph-100に近い音質のものを求めていましたがeph-w53は全く異なる傾向のイヤフォンです。eph-100は、他のイヤフォンに比べ低音が控えめ(出ない訳ではない)で高音がクリアでスッキリしているのに対し、eph-w53は低音が若干強め、高音が控えめ、それも透き通った感じではないです。では、何故このイヤフォンを選んだかといえば、試聴した20種近くの2万円以内のbluetoothイヤフォンの中においてはeph-w53が音のバランスが良かったからです。有線イヤフォンと比べてしまうとどうしても分が悪いですが2017年末時点の同価格帯のbluetoothイヤフォンの中(試聴した物の中)ではeph-w53が好みの音質でした。【接続性】渋谷のセンター街や新宿の街中など、電波が多く飛び交っているような場所では一瞬音切れが発生する事もありますがそれ以外のシーンでは特に問題なく利用できています。【装着性】こればかりは人に寄るのでなんとも言えませんが現時点ではイヤピース、スタビライザー共に最小のものを使用して不都合なく利用出来ています。またランニングマシンでランニングしていても落ちる事はないです。(防水仕様では無いはずなので運動での利用はご注意を)【動画閲覧】bluetoothで接続していますので、当然タイムラグが発生し、口の動きなどと音のタイミングにズレが生じます。承知していた事なので気にせず使用しています。音質なんてモノは、“好み”によるところが大きいものですので、とりあえず、購入前には一度試聴される事をお勧めいたします。. 左右の筐体に分割配置されたバッテリーや交換可能なイヤースタピライザー、タッチノイズの無い丸ケーブル等々、全体的に良く出来ていると思う。音質は少し低音が強めながらも万人向けにチューニングされ、長時間でも聴き疲れが少ない。が、此処まで考えて作られているのに何故あんなリモコンデザインにしたのか凄く疑問。使ってみると分かるが、リモコンの3ボタン配置が近過ぎでブラインド時の操作性が非常に悪い。指先の感覚で分かる様、真ん中のボタンに極小さな凸加工が施されているが、小さ過ぎて咄嗟の時に全く役に立たない。再生/停止をする筈が、間違えて曲送り/戻しをしてしまう事が多々有る。暫く使えば慣れるかと思ったが、どうにも無理そうなんで、ボタンに僅かな加工をしてみた。加工と言えるかも分からない簡単なものだが、真ん中の再生/停止ボタンに木工用ボンドで僅かな凸加工をしただけ。爪楊枝にほんの少し木工用ボンドをつけ、小さな点付けをしてやるだけで格段に操作性が向上。ポイントは極僅かに留めておく事で、やり過ぎると乾いたときに綺麗な透明にならない為、兎に角ほんの僅かにしておく事。まあ失敗しても水性の木工用ボンドだから簡単に剥がせてリカバリーが効くし、しっかり丸1日掛けて乾かせば簡単に剥がれる様な事もない。費用も安く手軽に出来る加工。しかも他の製品にも応用出来る為、是非共試して頂きたい。写真を添付してるので参考になれば。何だかんだ書いたが、色々な有線イヤホンや無線イヤホン、完全ワイヤレスを使ってる中で、かなり持ち出し率の高い製品である。. 昨年にヤマハの新しいワイヤレスイヤホンが販売されると言う事で、「e☆イヤホン」様から購入いたしまして、早速試聴。最初の聴いた印象は「低音が結構強めの音質を含んでいて、ちょっと音楽を聴くのがキツイかな」という印象でした。(※意外と端末とbluetoothのつながりの距離がちょっと短いかと思います。おそらく15mは往かず10m以下かと思います。他のこの手のイヤホンからすれば繋がりが短いと思って結構かと存じます。)このイヤホンのアスキーの記事やヤマハのhpなどで「アコースティックさを大事にしております。」と書いてありますが実は、アコースティックどころか、クラッシックからedmまで幅広く表現します。意外とオールラウンドであります。最初聞き始め時の第一印象からどんどんこのイヤホンを利用し「低音がキツイ」部分を「除いて」聴いてみるとヤマハの若い開発者の皆様がヤマハのdnaをしっかりと引き継いでいる繊細な音質を奏でる本質を持っています。でも、そんな繊細な音質を持つイヤホンを何故、ヤマハがあえてこの商品を「低音」を少々キツめにしたのか?これはあくまでも私自身の推測ですが、おそらく「ノイズキャンセリング」の役目もこの低音に託している可能性があるのではないかと推測いたします。もう少しご説明いたしますとヤマハも苦心して、「音もヤマハのdnaである繊細な音質と、その中でのオーケストラやロックさらにはedmの音を聞いているユーザーの心に沁みる低音も表現したい」、なおかつ、「音を聴く上で障害になる様々な雑踏から発生するノイズをキャンセルしなければならない。」などを開発者の皆様が試行錯誤した結果があのキツめの低音なのではないか、と考えられます。実際、このヘッドホンを家の中や静かなところで聞くと私の場合がそうなのですが、人によってはこのイヤホンが持つその「低音」が、「くどく」感じることがありました。ではこの「低音が少々キツめのイヤホン」は、あまり良くない、お勧めしないイヤホンなのか?いや、そうではなく、この商品の本領を発揮するところが実はございます。それがタイトルにもございます「雑踏の中」であります。特にスポーツクラブでの利用はとてもベストかと思います。私自身とあるトレーニングセンターに通っているのですが、ご存知の方も多いかと存じますが、スポーツクラブではウェイトトレーニングだけでなく、ダンスレッスンがございます。ご存知のとおり、そのようなジム内のバックミュージックなどにはラップやedmなどの重低音の効いた曲が流れていることが多いのです。しかも、ジム等で流れているそれらの音楽は建物などに反響して結構うるさい事が多々あります。ましてや、あまり好きではない曲がかかっているとなおさらです。そんな環境でこのイヤホンを使用してみると、イヤホンの持つ元々の低音の性質からその雑踏から離れて、快適にヤマハが奏でる音楽を聴くことができました。しかもスマホからawaやspotify、そしてamazon musicなどの音楽ストリーム等から自分の好きな曲を聴きながらトレーニングをするのですから嬉しい限りです。もちろん、駅近くなどの車の通りが激しいところ、もしくはそのような雑踏の中を通過することがある方にもお勧めかと思います。このようなことから、活動系に適したイヤホンだと言えるかもしれません。ただ、先ほども前述したとおり、元々低音が少々強いのでイヤホン自体の音量調整やスマホ自体の音量調整などをして、皆様自身が不快にならないように調整して音楽をお聞きになるといいと思います。また、イヤホンでの「あるある」ですが、左右の耳の穴の大きさが実は同じ大きさではないことがありますので、イヤホンのピースの大きさの調整、イヤホンを耳に固定するのに役立つスタビライザーラバーの大きさの調整をしながら自分の耳にフィットさせることも大事です。そして、耳からイヤホンが外れにくくするように耳の穴に少々キツめなイヤーピースを利用することはあまりお勧めしません。私の経験上、キツくすると、逆に低音を強く感じてしまうことがありますのでご注意ください。(特にこの商品は)意外とこれをしっかりしないと本来の音質を楽しめないことがございます。(まぁ、私の場合、そんなことからイヤホンが耳から抜けることが多々ありますけど・・・)以上から、私見ですがこの商品はヤマハが開発した「活動系・フィットネス系のイヤホン」と考えた次第であります。なかなかユニークな商品かと思います。でも、皆様お分かりの通り、少々お値段が高いのがタマにキズであります。皆様が「この値段が高い」と思うのであれば素直に、レビューの評価が高いこの手の別の商品を購入しても構わないと思います。ですが、私自身、正直最初は「うぁ、損した」と思ったのですが、利用するごとに考えが変わっていき、現在では、そんな「活動系イヤホン」を買ってよかったな、と今はそう思っております。スポーツ系、ウォーキング系といったいわば「フィットネス系」にはお勧めできるかと思います。実際、トレーニングをしながらオペラ「トゥーランドット」をストリーミングで聴いて違和感がありませんでした(笑)。最後になりまして、この商品の評価ですが、やはりヤマハが若い開発者の皆様をイヤホンの開発を託されてようやく完成した製品であることと、そんな開発者の皆様が将来のヤマハの「未知なる美しい音を奏でるであろうイヤホンやヘッドホン」を開発してくれるという可能性を秘めていること、そして、少々高いからもう少し安くてハイクオリティのイヤホンを開発してほしいとの願いからあえて星を4つにいたしました。(もちろん、本当に究極であるならば、ほどほど高価になることは仕方がないけど・・・。)これからの、新しいヤマハにとても期待をしております!※あ、そうそう、今回購入したイヤホンの販売元である「e☆イヤホン」様はとても丁寧なメールの対応をして下さるのでヘッドホンやイヤホンのご相談もしてみるといいかもしれません。おススメです!梱包もきれいですし、広報誌も面白いですよ!. 利点と欠点 メリット 低音がえげつない フィット感が抜群 デザイン音質は大満足ただ何点か気になることも デメリット 低音は程よく、高音が抜けるように気持ちのいい音が気に入って購入しました。視聴時、他のbtイヤホンがペアリングなかなか繋がらずイライラさせられた所に数秒で素早くペアリング出来たのが好印象でした。・装着感5種類のイヤピース、3種類のスタビライザがついています。当方女でも耳穴の大きいほうでいつもはm-lサイズのイヤピースを使用しているのですが一番短いスタビライザでもひっかかるのでイヤピースはsサイズ、スタビライザsサイズで使用しています。通常の女性であればイヤピースs-ss、スタビライザsサイズの最も小さい組み合わせが合わなければ使用は難しいと思います。逆にサイズが合えば首を振り回そうが走ろうが外れません。安定抜群で大変気に入りました。・使用感通勤中、自宅での作業中に使用しています。少々の離席でわざわざイヤホンをはずす必要のないbluetoothの利便性とこの音質が両立できるのがいい。以前は有線イヤホンをメインとして使用していましたが、完全にこちらがメイン機になりました。電池の持ちは6時間程度ですが、充電中も使用できるのが地味にいい。長く持つより個人的には嬉しい。明確な問題点は接続距離が短いこと。以前使用していた安いものでも多少の壁をはさんで10mは繋がったのに、5m程度でプツプツする。それどころか端末を尻ポケットに入れてもプツプツする。仕方ないので前ポケットに入れています。運動用にすることも考えましたが、防水性もないので素直に別機を買いました。全体的に損のないいい買い物をしたと思っていますが、距離や音の途切れが改善される(と思われる)次世代機を待ってもいいと思います。. 特徴 Yamaha Eph-W53 ワイヤレスイヤホン ヤマハ モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 着けやすく、外れにくい優れた装着性。アコースティックチューニングにより、音を追求したワイヤレスイヤホン ベスト Yamaha Eph-W53 ワイヤレスイヤホン ヤマハ 買い取り

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ヤマハ(YAMAHA) Yamaha Eph-W53 ワイヤレスイヤホン ヤマハ – 低音がえげつない