Tag Archives: ゼンハイザー(Sennheiser)

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型イヤホン Androidスマートフォン用リモコン・マイク付 ホワイト CX 2 – いいじゃない

前からゼンハイザーのイヤホンが気になっていてこのエントリーモデルを購入しました値段は6000円台なのでそこまで音質はそこまで期待していませんでしたが、ダイナミック型のイヤホンであるにも関わらず某so◯yなどの下手なba型のイヤホンよりも音の解像度が高いです低音もほどよく高音も比較的鮮明で全体的に原音再生を重視していると感じましたまだたいしてエージングもしてませんが値段にしてはとても完成度が高いと思いますあとリモコンマイクもついているのでわざわざスマートフォンを取り出さなくても操作できる点も良いですねしかしシェア掛けするとリモコン部分が耳の後ろあたりに来てしまうのでそこがちょっとだけ惜しいかなと思います全体的なパフォーマンスは素晴らしいので買って損はありません. 今まで、どうせ失くすだろうと、中華の安物を使用してました。ちょっと欲を出して、失くしてもよい範囲の価格でイヤホンでも買おうかな?と、こちらを購入しました。聴き始めは、あんまりインパクトないな?と、こんなもんなのかと残念に思いましたが、あれ⁈一つ一つの音がちゃんと聞こえる!高音も低音も丁寧に音が鳴ってる!ゼンハイザーは低価格でも、このレベルなのか!と、じわじわと感動しました。こりゃヘッドフォンも欲しくなるなと思いました。良い物、作りますねー!. 便利で、使いやすいです。このタイプで巻き込み式とかが有れば、なお嬉しいです。. ずっと純正でイイやって思っていましたが、思い切って変えたら今まで聴き取れなかった音も初めて聴こえたり、やっぱりちゃんとしたイヤホンは違いますね。これは価格は激安では無いですが、軽い分だけでも取り回しは楽に感じます。. 愛用していたcx275s(http://amzn. Asia/d/6tjnbbp)が断線してしまい、生産終了とのことでこちらの商品に乗り換えてみました。基本的には問題なく使えていますが、音楽を聴いている時に(cx275sの重低音がとてもよかったのでどうしても比べてしまうのですが)低音がなんとなくシャリシャリして軽いというか、あまりズンッと重みをもって響いてこず物足りなさを感じます。その点を除けば、全体的にはイヤホンとしては十分な音質だと思います。また、イヤホン使用時はいつもショルダーバッグにiphoneを入れているのですが、走ったりバッグを持ち直したりしてコードが大きく揺れた瞬間に、プツップツッと瞬間的に断線したような妙な音が聞こえます。コードの長さには余裕があるし、引っ張ったりしているわけでもないのですが・・・。イヤーチップに関しては、私の場合は付属のものがちょうど良くフィットして満足しています。. オーテク、ソニー、ビーツ等と聴き比べ購入しました。オーテクは重低音がわざとらしいし、ソニーは全体的に物足りない感じ、ビーツは音はいいものの高すぎる。このイヤホンは全体的にバランスよくすべての音が綺麗に出ている感じです。素人が聴き比べて感じたことなので具体的には述べれないですが、コスパとしては最高なのではと思います。他のレビューや商品説明に見られるオーテクの音の再現性とゆうやつを実感できました。. ・全体的にフラットな雰囲気を感じます。・低音や中高音が極端にずんずんしゃんしゃんする感じはなく、私的にはとても聞きやすいです。・momentum in-earのような、「深みのある重低音」は無いと思います。・重低音が響かないおかげなのかもしれませんがボーカル域がとても聞きやすい印象を受けました。(聞く人の好みによっては「安っぽい音」と感じるかもしれません。)・欠点はイヤーピースでしっくりくるサイズが無かったこと。(個人的な問題なのですがね・・・). 00と迷って、リモコンの利便性をとり、こちらに決めました。なので、もちろんiphoneに直挿しです。プリセットのイコライザーは極端すぎて使いものにならないほどゼンハイザーらしい繊細でリニアな表現力があると思います。20hz中心のサブソニックの入った曲を、意地悪で再生してみましたが生半可な機種ではブーミーになりすぎたり、ボーカルが埋もれたり、酷いものになると、ダイアフラムがビリビリいったりするものもある中この機種は、僅かにたっぷりした感じになる程度で、決して破綻することはありませんでした。低価格ながら、ここらへんのチューニングはさすがだと思いました。一つ難点があるとしたら、イヤーチップの装着感です。この機種は、耳穴にきちんと挿し込んで密閉されないと、本来の音が再現されません。合わない人は、ただの軽薄なシャカシャカした音に聞こえてしまうはずです。私の耳にはmサイズは小さく、またlサイズでは大きすぎて全くフィットせず社外の低反発ウレタンチップlを使って解消しました。純正チップはmより下のサイズは、細かく設定されているのに残念。外国人は、耳穴が小さい人が多いのでしょうかね?. 利点と欠点 メリット どのEQも使えない cx5.00などと比較して いい物買いました! デメリット 「イコライザ不要」というレビューに惹かれて購入しました。特に、ドラムやパーカッションの打面やストリングスの弦を擦る音が生々しく、ホーンセクションはハリがあります。シンバル類も、クリアですが耳に突き刺さるような痛い音ではありません。たしかにイコライザは必要なく、全体的にバランスが取れていて耳当たりの良い音です。この価格でこの音ならば、十分すぎる出来だと思います。. 最近は、boseのイヤホンを差し置いて、最も活用しています。. ①ios用とありましたが、自分のは5sですが差し込んでも認識しませんでした。何度かやって分かりましたが、ゆっくりと差し込むと認識するようです。5sだからなのか分かりませんが、他のイヤホンでは全くそのようなことはありませんでした。②リモコンが付いていますが押しても反応がありませんでした。③イヤホンを差したまま電話を受けると相手の声は聞こえますがこちらの声が伝わりませんでした。しかしフェイスタイムは大丈夫でした。他のイヤホンではそのようなことはありませんでした。基本iphone使いなので、上記理由により返品しました。何か設定等が必要だったのでしょうか。今迄いろいろとイヤホンを変えましたがそのようなことはなかったので。。蛇足ですが音は今迄使っていたゼンハイザーの3〜4000円くらいのとさほど差が無く感じました。あとこれは個人差ですがイヤーピースが若干大きめです。リモコンはコート等を着て歩いていると何度も何度も引っかかるので正直邪魔です。. 値段込みの評価です。1. 00まですべて試聴し、一番良いこれを買ってきました。使用プレイヤーはトランセンドのMP870と言う安物です。また、30種類ほどほかのイヤホンも聞いてきました。装着感は全く問題有りませんでした。ただ、リモコンが襟に引っかかることがあります。音質ですが、情報量が若干薄く、若干安っぽい感じもしますが、きわめてバランスが良く、低音もかぶらず、とても聞きやすい。低音はほかのイヤホンに比べ若干量感は少なめですが少ないというわけではなく、締まっており、下の方まで伸びています。ほかのイヤホンは低音が中高域にかぶって、たとえばバスドラのアタックやベースの弦をはじいた時の音が消えてしまい、なにを演奏しているのかわからないものが大半ですがそうはならず演奏がわかります。中域はボーカルが引っ込んでしまわず、きちんと聞こえてきます。高域はシンバルの厚さ、直径の違いが聞き取れます。ここまできちんと音が出る物は2~3万円クラスまで広げても少ないです。従って、ロック、ポップスはボーカルがきちんと聞こえなおかつバッキングの細かい所まで聞こえる良好なバランスになっています。3. 00と値段が上がるに従って低域がかぶったりドンシャリで変に協調された感じがしたりして、バランスが悪くなるように思います。6000円台とはとうてい思えないような音になります。ロック、ポップスはIE80よりもバランスがよいです。ただ、全体的な若干の情報量の低さと低域がスリムなことによりクラシックは若干苦手です。中低域の膨らみが足りず、また、バイオリンがPAを通したような音に聞こえます。この辺はIE80には及びません。クラシックはIE80,ロックやポップスは2. 00で、と言う使い分けが一番良いように思います。まあ、自分にとってベストバランスはHD650(イヤフォンではIE8)なんですが・・・. 音質はヘッドセットレベル。想定範囲内でしたが音楽リスニング用としてcx400の代わりにはならないねぇ。もう少し音質良かったら兼用で便利になったかなぁ。ヘッドセットとしては良。. 00やデザインとコスパに優れたcx3. 00、cx系の最上位機種のcx5. 00と比べてしまうとどうしても地味さが目立つモデルです。ただ耳の収まりはcx系の中でも一番いいと思います。cx1. 00は昔ながらの形状でハウジングにコードが真っ直ぐに繋がっていますが、cx2. 00は少し斜めに取り付けられており耳へのフィット感が高まっています。cx3. 00より上のモデルになりますとハウジング部が大型になりフィット感が下がってしまうのであえて下位のモデルを選ぶのもアリかと思います。それと上位のモデルはノズル部分が比較的細くイヤーピースがほぼ専用品なのに対し、こちらはソニーのハイブリッドイヤーピースなど様々なイヤーピースが取り付けられるので失くした際も安心です。欠点はコードの貧弱さです。上位モデルはきしめんのような平たいコードで絡まりにくく、耐久性もあるのですが、こちらは昔ながらの細いコードなので今の基準から見ると心細いです。これらの点以外は満足しております。音質の方もゼンハイザーらしく上品に聴かせてくれます。是非このハウジングの仕様でbluetoothイヤホンを出して欲しいのですが、、、。(ナンバリング的に4. 00が空いてるのはそういうことですかね?). 音質に関しては素人ですが、十分に満足できると思います。. Iphone5でちゃんと使用できました。値段もそこそこするし、熱い長文のレビューを読んで期待して購入しましたが使用中のオーディオテクニカ製品と聞き比べてみたところ、音が薄っぺらく感じました。期待が大きすぎたかもしれません。使用中のが壊れるまではしまっておきます。. イヤホン自体はまあまあいいけど、イヤホンに付いているリモコンの+ -が使えません。壊れているのでしょうか?. 特徴 ゼンハイザー カナル型イヤホン Androidスマートフォン用リモコン・マイク付 ホワイト … Continue reading

Posted in イヤホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型イヤホン Androidスマートフォン用リモコン・マイク付 ホワイト CX 2 – いいじゃない

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン Hd 800 S【国内正規品】 – 良いけどね

発売当時、hd800から低域が改善されたことを知り即購入。個人的に装着感に不満がある数少ない機種でしたが、購入後1年経過、エイジングも熟れてきてヘッドバンドの調整もしっくりきて装着の不満が解消したため、再度レビューし直します。~音質について~中高域が明瞭、クリアで繊細、すぅーっと抜ける心地よい感覚。低域は音質の上品さが際立ち、前作のhd800から量感(深み)が改良され、開放型の最上位・最終形態となり弱点の無い傑作になったと思います。低域が増したとは言え、迫り来る低域やズンズンと圧のかかる重低音は薄めです。そこはやはり開放型ゆえの鳴り方、音域バランスはやや高域寄りです。音場の広さは所有するヘッドホンの中ではトップ、特に中高域にかけての音場は相当広く、とても自然に広がる感覚でしたがこのような繊細に表現する高解像度+広い音場の音質は個人的に聴き疲れが早いためポップスやロックなど長時間のリスニングは連続1時間が限界でした。この機種の最も得意とするクラシックやアコースティック系では長時間の使用も可能ですが他のジャンルをメインに聴く自分にとっては幾分低域が出やすくなったとは言え、勿体無い機種です。開放型兼任の密閉型『hd820』が2018年夏に発売されますが、ポップスなどをよく聴く自分にとってはそちらがぴったり合う究極の機種になると思います。~装着感について~装着感ですが、しばらく使い続けて顎の違和感が無くなったため評価を☆5つに変更しました。当初はパットと耳周辺の密着感がイマイチで、顎の違和感も相まって長時間のリスニングでコリが生じやすい機種でした。評価の高いヘッドホンでも装着感が合わないとリスニングに使えないことを改めて思い知らされた数少ないヘッドホンでした。現在はヘッドバンドの調整と頬への当て方で違和感なく使えています。※denon【ah-d7200】は幾人の方のレビューで『音質以前に装着感がダメ』と 批評されていることを思い出しました(この機種は難なく使えています)最近、開放型ヘッドホンを2機種購入し、この【hd800s】と聴き比べています。音質に関しては密閉型ヘッドホンの低域の迫力をこの広い音場感の中でよく再現していると思います。ゼンハイザーの音場特化型のトップエンドモデルとして申し分ない性能です。ヘッドホンのフェラーリと評価されているレビューを見て、笑ってしまいました。まったくその通り、そんな印象です。. まずはじめに一言、最高です。もうこれこそが自分の求めていた開放感溢れるヘッドホンだなぁとつくづく感じます。自分の財力では今のところwm1aに直刺しする環境しか整えることか出来ず、このヘッドホンの本当の実力を出し切れていないのですが、それでもこれだけ綺麗な音を奏でてくれるのだから、多分このヘッドホンが本領発揮出来る環境を整えてあげれば、化けるんだろうなって思います。早く環境を整えてこのヘッドホンの本領発揮するのを見てみたいです。このヘッドホンは開放型でまたインピーダンスもそこそこ高いですし、家電量販店に自分の非力なdapを持ち込んで比べた位じゃ、hd700とかに劣るように聞こえても仕方ないと思います。(だって鳴らしきれてないんですから。)なんで、家電量販店とかで聞くにしても最低限の環境を整えた上で視聴しないとなんの意味もないと思います。間違っても手持ちのiphoneで…とか手のひらスッポリサイズのdapで…とかは…ね?って思います。2018/7/3やっと貯金が溜まってzh1esを購入出来たので、zh1esに付属のxlr4を接続して聞いてみましたが、やはり最高ですね。wm1a直刺しの時にかかっていた霧が晴れて、とても解放感があります。ヘッドホン単体の値段から考えてzh1esでもまだまだ実力不足で鳴らしきれていない部分はあるんでしょうけど、それでも今はこれで満足です。2018/7/30購入時から少し気になってはいたのですが、右側のアジャスターが左に比べだいぶ緩く、最後の3段がスルスルと滑ってしまうので、sennheiserさんの方に問い合わせたところ、本国でシリアルナンバーの印刷を行ったヘッドバンド部の替えをこちらに送っての無償修理をして頂けることになりました。20万円前後のヘッドホンで最初から不具合があるのは少々問題ありかなとは思いますが、アフターサービスに関しては本当に素晴らしいと思います。製品の出来なども購入する基準のひとつではありますが、やはり企業の信頼性や誠実性が重要だとヒシヒシと感じました。これからもsennheiser製品を愛用していこうと思います。2018/10/27うーん、如何せんsennheiserは企業としての態度が宜しくない…ヘッドバンド部がどうもゆるゆるで固定できないから修理に出したものの1週間連絡なし、電話してみた所ヘッドホンを送ったこと自体忘れられてた模様(おいおい20万のヘッドホンだぞ?^^;)結局電話したところ慌てて翌日付けで返送してきたが、送る前と送ったあとでヘッドバンドのゆるゆる具合が変わらないw送る前に念の為付けておいた分からないくらいの印を探したところ、そのまま(要するにヘッドバンドなんて交換してないし交換する気も無かったらしい)ヘッドバンド部の注文をして、ドイツ本国でレーザー刻印するから1ヶ月待てと言うことで、ゆるゆる状態で1ヶ月も頑張って使って、送った後に1週間放置され、挙句の果てに変化無しで返ってくる…うーん…クソ(ボソッ). Hd800を所有&音に満足されている方から、買い換える程の変化・価値があるのか?と訊かれたら「無い」とはっきり答えます。hd800ではクラシック向きの印象を持たれた方が殆どかと思いますが、hd800 sはボーカルが若干近づき、ボーカル曲も聴けなくないレベルには調整されています。その調整によってhd800 sの音場は僅かに狭まったように感じられます。ただし聴き比べて分かる程度の差で、広大な音場は相変わらずです。hd800がややクセのある機種とすると、hd800 sは万人受けする音へと調整されたような感じでhd800、hd800 sどちらを買おうか迷っている方は「hd800 s」を選んだ方が無難かもしれません。高額な機種なので、購入前には必ず店舗に足を運んで試聴することをオススメします。ここまで広大な音場は不要&最高音質のヘッドホンが良いという方には当機種よりも「beyerdynamic t1」の方がピッタリだと思います。. Hd800を気に入って使っていたのですが、hd800sがどのようなチューニングなのか気になり購入しましたので、hd800とhd800sの違いで分かったことを書きたいと思います。まず私の環境はpc→luxman da-06→hdva600→hd800/hd800sをフルバランスで接続しています。同封のusbメモリに説明書や特性表などがあるのですが、それによると6khz付近のピークをピンポイントで下げて、150hz以下を僅かに上げてるようです。特性表を見る限り無印より更にフラットになったように見えます。音を聴いてみると、高域のピーク感がなくなってるぶん中域が前に出てくるのでボーカルが近くなり、6khzより上もよく聞こえる様になった為声に艶も出てきて、音楽全体のキラキラ感も増しました。またソースのよって無印のときに感じていたサ行の刺さりが気にならなくなった楽曲もあります。音場についてですが、例えばピアノソロを聴いた時、自然に音が広がり響き抜けていきますし、ドラムのスネアにしても、自然で開放的な音です、何れにしても閉鎖感なく広い空間で音を聴いている感じは無印から健在です。しかし、中域が近くなっているので楽器やボーカルの位置関係は無印より狭く感じるかもしれません。ロックも聴きやすくなっていると思います、例えばlinkin parkのmeteoraは、無印ではエッジがキツく低音も不足気味だったため聴けず別のデバイスで楽しんでいましたが、hd800sで試しに一曲聴いてみようと思い視聴すると、思わずアルバム一枚全て聴き込んでしまったほどです(笑)多くの方が言われてる通り、苦手分野が減ったように思います。とは言えhd800sはhd800で不満点のない人には買う価値はないと思います。と言うのも、そういった方は環境や音源がhd800にベストマッチしていると思われるので、そこにhd800sを導入すると反ってバランスが悪くなるかもしれないからです。2機種を聴き比べる際、最初はボリュームを同じ位置にしていたのですが、なぜかhd800sのほうが音量が大きく感じられるので、視聴で聴き比べることがあれば、それぞれ最適なボリュームで聴いてみることをオススメします。. また入手したばかりですがファーストインプレッションについて述べます。hd800と比較して主に中、低音の改善が見られました。低音については、hd800より引き締まった感じで量感も増したようです。イメージですが、サブウーファーをバスレフ式から、一段グレードの上げた密閉式に変えたような変化です。ただ、hd800よりは多いとは言え、低音が多い機種ではないので、よりバランスの取れた低音という感じでしょうか。中音では音の分離がよくなったように思います。特にピアノ、ギターなどの弦楽器での向上が明確で、ボーカルの定位もhd800のような遠い感じがありません。高音に関してはhd800も高いレベルにあるため、明確な向上こそありませんが、多くの楽器の音が中高音ともにあるため総合的な感覚としてより高音質に聞こえます。私見ですが、pop系が好ましく聞こえるように、ドラム、ギター系、ボーカルなどの音のバランスが調整されたように思います。その結果、よくも悪くもよりデジタルでダイナミックな音になっています。そして解像度が上がっている分、より音源や上流に対してシビアになりました。逆に、hi-res音源でのパフォーマンスは素晴らしいの一言です。昔からよくクラシックのhd800、ボーカルのt1と言われてきましたが、hd800sは両方ともうまくこなせる、オールラウンダー色の強いヘッドホンと言えるのではないでしょうか。当方ではpc→luxman da-06→p-700uでのフルバランス環境を構築しています。saecのバランスケーブルを使っているため、付属のケーブルは使っていません。. 長時間は、聞き疲れがする。私的には、ノーマルの800の方が良い。. 新品のはずなのに、箱の上下とも開けられている跡がありました。しかも結構乱暴に扱ったのか、若干やぶれてもいました。ニセモノを掴まされるのが嫌で正規品を注文したのに誰かが中身を入れ替えたような感じがしてイヤでした。聞いた感じでは本物だと思うのですが…上記の理由で星4つです。. Hd700から買い替え。hd700はオルマイーティーですが、サウンドステージは特別ではない。ヒップホップ、ロック、edmなどでインパクトのあるベースラインをhd800sでても体験できる。それぞれの楽器がはっきり聴こえて非常に感動させる音です。一点注意: 高音がよく出るので耳鳴りになりやすい方は、音量を下げるか短時間で楽しめるのが良いかもしれない。hdvd800と使っていて、相性がとても良し。デザイン性ある最先端のテクノロジー好きな方にとてもオススメー。. 利点と欠点 メリット 6kHz付近のピークをカットした影響は大きい! モノはいいんだと思いたい… 開放型ヘッドホンの名機(なんだけどメーカーの対応がね…) デメリット デザインは黒が基調で先進的なデザイン基本のデザインが10年近くたった今でも古さを感じさせないのは素晴らしいです。高音域は、抜けが良くきれいに伸びます。淀みが一切なく聴き疲れも刺さりも皆無です。まさに澄んだ音というにふさわしい鳴り方です。中音域は、やや奥まった感じの定位ですが、それでも分離良く他の領域の邪魔をせず非常に心地良く鳴ってくれ聴きやすいです。ギターやキーボードの輪郭もハッキリしていて解像度の高さも感じます。低音域は、量感はさほどないですが、クッキリシャッキリ引き締まった低音を鳴らしてくれます。当然他の領域にかぶることもなければ籠ることもなく粒立ちの良い低音を鳴らしてくれます。フィット感は、軽くて、ジャストフィット。付け心地は最高の部類です。鑑賞環境はnw-wm1z→ta-zh1es→hd 800 s(xlr4バランス)です。j-pop、ロック、ジャズを聴いています。クラシック向きのイヤホンということで購入を見送っていましたがhd800シリーズは開放型のヘッドホンの基準となるモデルだと言う方も結構いらっしゃったので、もうすぐhd820が出るであろうことはわかっていましたが1カ月ほど前に購入し、聴き込んで楽しんでおりました。ちょうどfinal d8000 ofcシルバーコートバランスケーブルの納期が大幅に遅れていることもあり、しばらくhd800sで楽しんでおりました。第一に感じたのは皆さんの言われているように他のヘッドホンとは一線を画す広大な音場と見晴らしが良く抜けの良い鳴り方をする高中音。盛り過ぎない自然な低音。これに付きました。当然解像度、分離感、定位感、立体感、臨場感も素晴らしくこれぞ基準となるべきヘッドホンだと思いました。いつまでも聴いていられる聴き疲れのない音色や、ヘッドホン自体の付け心地も素晴らしいの一言です。どのジャンルの音楽もきれいに鳴らしきるポテンシャルはさすがゼンハイザーのプレミアムモデルだと感服しました!. 特徴 ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン Hd 800 S【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ゼンハイザーがこれまで蓄積してきた技術をフルに投入し、新たな到達点を目指した特別なモデル。 革新的なアブソーバーテクノロジーで共鳴を吸収、どの周波数域でも音楽のごく細かなニュアンスを表現。 … Continue reading

Posted in オーバーイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン Hd 800 S【国内正規品】 – 良いけどね

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式 Hd 2 – ゼンハイザーヘッドホン

写真で見てちょっと固そうなイヤーパッドで押さえつけるタイプなのかと想像していましたが、実際はふかふかのパッドでふんわり耳にフィットします。僅かに傾いたハウジングのお陰で収まりも良く、側圧も絶妙で全く痛くなりません。ヘッドバンド裏のシリコンゴムが頭にグリップして、多少動いても位置がズレません。頭が大きい為にいつもヘッドホン選びには苦労してきましたがこれは今まで買った中でも最高のフィット感です。音質は難しい事は解らないけどクリアで低音も良く出ています。とても素直な音です。迫力十分、でも聴き疲れは有りません。着けた瞬間、思わず声が出そうになった驚きのフィット感に感動!この想い、全国の頭でっかちに、届け!. このヘッドホンはとてもクリアな音質で、どの音域も違和感なくリスニングできます。この価格帯のヘッドホンは低音を利かせすぎてほかの音域がつぶれるだとか、シンバルといった高音の鳴らし方に違和感があるといったものが多いです。ですがこのヘッドホンは中高音を綺麗に鳴らし、少々響かせる程度に低音を鳴らすので、聴き疲れはしないと思います。少々音場が広めです。あと、ボーカルやドラムのアタックが前に来るので、電車や車等の騒音の中でリスニングしても音が埋もれないです!. 6年前にインナーイヤーのmx371(約2000円)を購入して感動しましたが、都合により今回はこの密閉型を購入しました。(以下は自分の環境での個人的な感想です)最初は地味な音の印象で派手さがなく面白くなかったのですが徐々にエージングを経てからじっくりと色々と聞いてみました。値段なりに解像度・音の分離が高めです。埋もれていた音の発見がありました。各音の独立感があり、ディテールが高めで生々しい感じがあります。ややドンシャリ傾向だったmx371は特に高音域と低音域に新たな音の発見がありましたが、このhd2. 10は中音域も疎かにならずに表現されていると感じました。高音域や低音域はしっかり存在しますが、中音域を邪魔しないほどでドンシャリとは違うバランス重視という気がします。音場は適度な広がりのように感じます。耳覆い型ほどではないですが遮音性はあります。音漏れはあまり無いかなと。側圧は丁度よい感じですが眼鏡(メタルフレーム)のせいか長時間だと耳がわずかに痛くなります。耳に当たるレザーの部分の素材がやや劣化しにくそうな印象があり長持ちするかもしれません。頭頂部に当たる部分はゴムみたいな素材です。左右の判別はヘッドバンドの末端にlrの表記とl側に3点の突起がありますが分かりにくいです。ヘッドバンド右側にsennheiserのロゴが彫られているので見たり触ったりして判別してます。自分は開放型が好みですが、このヘッドホンのクリア感はなかなかだと思います。. ゼンハイザーのヘッドホンの音,好きでした、耳カバーがボロボロになるのが困りました今度は前と違うんでいいと思います。. インナーイヤーが苦手でヘッドホンを使用しています。毎日使うものだからこそ○収納しやすさ○ケーブルが絡まりづらい○イヤホンジャックがl型この3点が快適に感じます。音質は良いと思います。おすすめです。. コンパクトでいい感じです取り出した時左右が分かりにくい部分は減点ですかね. 家の中で動画を見る用として購入しました。動画用ということで遅延のない有線に決定、個人的に家の中でカナル型は閉塞感があって嫌なのでヘッドホンタイプ、あとは長時間使っても疲れないものを探してこれに辿り着きました。オンイヤータイプで蒸れない、眼鏡と干渉しないという点に加え、締め付けは弱目なのに安定感がありズレないフィット感がとても良いです。音質は用途上それほど求めていませんが、癖もなく値段なりに十分ではないでしょうか。という感じで品物には満足なのですが、購入から3ヶ月ほどで断線してしまいました。軽く引っ掛けた気もしますが、それにしても一発で両耳聞こえなくなるかな…と。修理で持ち込んだショールームの対応も良く、3日ほどで交換品を郵送して貰えましたのでアフターの良さも加味して評価は下げませんが、もし断線繰り返すようなら星を減らすかもしれません。. エントリーモデルなだけあって音は普通。もちろん安物と比べると音が良く出ているし、車に搭載用でコンパクトでクセが無い物を選んだので満足。ハイレゾを聴きたい人には向かないとは思う。素直にハイエンドモデルを買ってください。. 利点と欠点 メリット 素直な音のヘッドホン クリアでコンパクトな密閉型 装着感 デメリット 何故いままで違和感がありながら国産の耳の穴に差し込みタイプで音楽を聴いていたのか。。。。このヘッドホンを購入してから改めて肌に触れる商品を買う時に考えさせられます。音楽大好きです、いい音はもちろん自然な感じで耳に当たります。さすがドイツだと思いました。. —2017/05/24 追記— 約3ヶ月ずっと使ってますが、相変わらず大きな音の変化はなく素直でこもりの少ないイイ感じの聞こえ方をしてくれます。耳を覆うような大型ヘッドホンと比べると流石に重低音は不足気味ですが、それでも調整が良いのか低音も良く出ていると感じます。難点は相変わらずのlrのわかりづらさ位でしょうか。長く使いそうな気に入り方なので、星を一つ追加します。なお、スマホやiphone対応版のhd2. 2などもありますので、モバイル環境で使う方はそちらも検討されてみては、と思います。—初期のレビューですまだ買って間もないので、ファーストインプレッションとなります。今後、こなれてきて音が変わればまたレビューすると思います。 さて、先に総括すると、音質面は価格なりだが文句は無い、デザインはスタイリッシュだがちょっと残念、と言ったところでしょうか。 外観は写真の通りなのですが、lr対称な造りをしていて、ぱっと見で左右がわかりづらいかな、と思います。一応バンド中程に目立たないゼンハイザーのロゴがある方がr、かつヘッドバンドの末端内側に目立たないlとrのマークがあるのですが、本当に目立たない… 私は頭が大きいので、ユニットの位置は一番下になってますが、そうするとlrマークが見えにくくなるのも… コードは楕円状で、絡まりにくさなどは現状不明。買った段階で癖が付いてるのでちょっと残念。 肝心の音質ですが、バランスが比較的良く、かつ変に篭もる感じもなく好印象です。タイト目ながら程よく量感のある低音、変に刺さらないボーカル、破綻しにくい高域と、まさに素直。解像度に関しては流石に値段なりの印象ですが、決して低いとも感じません。売り文句の通り、バランス良し、抜け良しだと思います。 折り畳むことをあまり考えていないのと、私が側圧強いのに平気なので、その辺は他の方のレビューを待ちたいです。. もちろん値段のことはありますが、それにしてもつまらない音です。この価格でももっといい音のはあります。. 特徴 ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式 Hd 2.10【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック 密閉型 周波数特性:18 ~ 18,000 Hz インピーダンス:26Ω ケーブル:1.4 m (両出し) 3.5mmステレオミニプラグ(L型) 国内正規品保証:2年間 軽量で折畳み可能 … Continue reading

Posted in オンイヤーヘッドホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型/折りたたみ式 Hd 2 – ゼンハイザーヘッドホン

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ワイヤレス Bluetooth 密閉型ヘッドフォン HD 4 –

特徴 ゼンハイザー ワイヤレス Bluetooth 密閉型ヘッドフォン HD 4.40 BT【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック・密閉型 周波数特性:18 ~22,000 Hz インピーダンス:Passive 18 Ω 感度:113 dB (Passive:1kHz/1Vrms) 付属品:1.4mオーディオケーブル(L型ステレオミニプラグ)、USBチャージングケーブル、キャリングポーチ 国内正規品保証2年間 Bluetooth 4.0、NFC接続対応 メーカーより 時代へ「革新」を与え続ける Sennheiserは、完璧なサウンドを追求しています。 完璧なサウンドの追求は、世界中のお客様の夢とニーズに焦点を当てています。 私たちの製品とアイデアを通して、素晴らしい音楽を体験する事ができたり、音楽を創造する事を助けたりすることができます。 私たちはこれを70年以上にわたり行っており、これからも続けていきます。 私たちのビジョンは私たちの歴史、イノベーションの文化、そして卓越したものに対する情熱に基づいて、オーディオの未来を形作ることです。 ゼンハイザー HD 4.40 BT ゼンハイザーHD 4.40 BTはモバイル機器で毎日聞く音楽を素晴らしい音質で楽しめるワイヤレスヘッドホンです。 快適な装着感の密閉型アラウンドイヤーヘッドホンはバランスの取れた音質と豊かな低音を独自のゼンハイザードライバーによって実現。 Bluetooth接続でモバイル機器と簡単に接続する事が可能です。 … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ワイヤレス Bluetooth 密閉型ヘッドフォン HD 4 –

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 【国内正規品】 Hd 660 S –

特徴 ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 【国内正規品】 Hd 660 S モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック・オープン型 ケーブル長:3m(両だし) プラグ形状:6.3mmステレオプラグ、4.4mm Pentaconn(バランス) インピーダンス:150Ω 周波数特性:10~41,000Hz(-10db) 付属品:3.5mm変換アダプター 国内正規品保証2年間 メーカーより 拡大表示 ゼンハイザーは第二次世界大戦後間もない1945年に、技術者であり大学教授でもあったフリッツ・ゼンハイザー博士によって創立されました。 ゼンハイザーは「Audio of Future」を形作ります。これは70年の革新の歴史と、当社のDNAと文化が織りなす革新の為の継続的な前進を行うビジョンです。 世界中のゼンハイザースタッフは、完璧なサウンドを追求してこの情熱を共有し、期待を超える製品を生み出し、オーディオの新しいベンチマークを創り出します。 ゼンハイザー HD 660 S HD 660 Sは、伝説的なHD 650の後継機種として、前モデルを凌駕する優れた性能を実現します。HD 660 Sは、高調波歪みを抑えることでより自然で臨場感のあるオーディオ体験を提供します。さらには、インピーダンスを150オームに抑えることで汎用性が大幅に向上。ハイレゾモバイルプレーヤーでもリファレンスクラスの高い忠実度で再生します。 リファレンスクラスのオープン型有線ダイナミックヘッドホン 全面改良された新しいトランスデューサー設計により、高調波歪みを大幅に低減 厳選されたヘッドホンドライバーにより、左右の許容差(± 1 dB)を正確に一致させて精度を維持 … Continue reading

Posted in イヤホン・ヘッドホン | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 【国内正規品】 Hd 660 S –

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型 Bluetooth ワイヤレス イヤホンCX 6 – 空気感のあるバランス型イヤフォン

音割れしないし 低音もしっかり 自分好みの音質で聴けて満足です。ノイズキャンセラもしっかりしています。通信障害も今の所はありません。. スマホで音楽任天堂スイッチでゲーム快適に使えましたスイッチにはトランスミッター ワイヤレスアダプタ ブルートゥース 送信機経由送信機↓https://www. Jp/dp/b074vxl8sg/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_10音だけの場合は問題ないですが、ゲーム等の音と画像があるものに関してはaptx-ll対応のおかげ(だと思います)で音の遅れもなくなりました。任天堂スイッチをワイヤレスイヤホンでプレイする機会は実はそれほど多くはないですが、他のワイヤレスイヤホンでは明らかな遅延があったため、試してみたくなり購入。結局主にスマホで音楽聞いています。. 初のブルートゥースイヤホンです。音は普通に良い程度です。使い勝手は大変良く、耳に装着して、電源をオンするとすぐiphoneに繋がります!歩いていても擦れるようなノイズが無くいい感じです。家の中では、机の上に置て、違う部屋に行っても割と使えてます。. 最近は完全ワイヤレスタイプのイヤホンが台頭してきて、ネックケーブルタイプは存在感が薄くなってますが、今更ながら此のタイプを購入してみました。上位機のモメンタムfreeも手元にあって、1年位前から使ってますが、性能は素晴らしいものの、個性的すぎるデザインとケーブルが長過ぎて時々邪魔に感じる事も。此のcx6. 00btはこのモメンタムfreeからアクの強さを取り除き万人ウケするデザインに。ケーブルがモメンタムの赤と黒の2色使いから、黒1色の目立たない物に変更されたのも雰囲気が全く違う要因でしょう。機能的には殆ど同じなのですが、apple向けのaacコーデックに未対応。しかしながらaptxやaptx-llには対応してますから、androidスマホのユーザーには関係なく高音質での音楽&動画視聴が可能です。更にマルチペアリングは8台迄可能。マルチポイントにも対応ということで、この値段で此処までの高機能は、完全ワイヤレスイヤホンではまだまだ及ばない処です。接続安定性もandroidスマホとak70mark2に同時接続して名古屋市内をかなり長い時間歩き回りましたが、色々な電波が飛び交う大手家電屋でも殆ど途切れる事無く安定して接続と使用が出来ました。上位機のモメンタムと全く同等と言って良い位の高性能機と言えます。マルチポイント時、スマホとプレイヤーの切り替えも完全にシームレスでストレスは無く、本当に素晴らしいです。コンパクトな筐体は耳中への収まりが極めて良く、イヤーピースもssサイズの非常に小さな物まで同梱されてますから、外耳道が小さな方、特に女性でも装着で苦労する事は無いかと。良くも悪くも個性的なモメンタムfreeに抵抗の有る方や完全ワイヤレスは紛失が心配と感じる方に自信を持ってお勧めできる秀作機です。値段も1万を切って随分と安くなりましたから此の機会に是非とも検討して下さい。. 渋谷のヨドバシで本機が置いてあり視聴して決めました。ネックバンド型の商品も多くそちらもいくつか視聴したのですが、首にかかる違和感が自分は感じられネックバンド型は却下しました。そのうえで評価もいいゼンハイザーのこの商品を購入しようと決めました。ブルートゥースタイプは今まで3k程の中華製品を使用していましたが、価格帯とブランドでここまで音が変わるのかといった印象です。有線でハイレゾを楽しんでいましたが、今後イヤホンジャックが廃止されていく傾向にあること、コードが邪魔になること等で、そこそこの価格とブランドのブルートゥース製品を探していましたが、この商品に決めて正解でした。音質に関しては有線には劣りますが十分です。まず使用しているアプリのイコライザーをフラット設定にして自分の好きな設定を探っていき不足分を補えば音質も納得のいくものになるでしょう。エージング後が楽しみな商品です。. デザイン・色使いは自分好みで最高です。個人主観ではありますが、音質に関してはカナル型イヤホンとしてはそれなりに良いモノだと思います。特にエレクトロニカやテクノに関しては繊細な音、プチプチした音 等に関しては良い鳴りっぷりを感じます。ヒップホップ、ジャズ、クラシック 等 視聴する際には、少しだけ低音が弱いかなと感じました。ただ、bluetoothイヤホンとしては充分です!更なる音質を求めるのなら、hd8 djのヘッドホンをオススメします。友達へのプレゼントとしても、かなり喜んで貰えたので、プレゼントでお悩みの方にもオススメです!. これまで使っていたplantronicsのbackbeat goのバッテリーが1時間20分しか持たなくなったため、買い換えました。どれにしようか2ヶ月悩みましたが、5千円以下の商品はamazonでの評価のバラツキが大きかったので、安物買いの銭失いを避ける為にこの商品にしました。結果は大正解でした!!!1. サウンドビックリする程、音が広がりました。具体的にはベース音の響き、女性ボーカルの低音部分、観客の歓声など、今までハッキリ聞こえなかった音が聞こえるようになり、ライブ感が格段にアップ!家内にも聞かせたところ、「音の広がりが全く違う!」と驚いてました。2. 連続再生時間・接続状況iphoneseにて音量70%で連続再生したところ、6時間55分も使えました。(カタログでは6時間連続再生可能と表記)またこの間、一度も接続が切れることはありませんでした。3. 音漏れ無音の部屋で自分から20cm離してイヤホンを置き(音が出る部分は下向き)、調べてみました。音量100%で再生すると完璧に音漏れします。50%で「微かになんか鳴ってる?」という感じ、40〜45%なら全く音漏れなし。4. イヤホンのフィット感カナル型、かつシリコン製のイヤーピースが4種類入っているので、誰でもフィットすると思います。当方は一番大きなヤツを付けて、外耳に軽く押し込んでピッタリフィット・・・かと思いきや、動くとズレてきます。最終的にはfinalのイヤーピース eタイプを購入し、付け替えました。ゴムの素材なのか、形状なのかわかりませんが、密着度が格段に上がりましたね。5. 装着時の感想重さなどは全く感じません。6. 総評バッテリーの持ちはもちろん、3千円以下の安物とは音のレベルが違います。自信を持っておススメします!ただし一点だけ注意ですが、初めに装着されているシリコン製のイヤーピースを付け替える時はゆっくり外した方が良いです。当方は勢いよく引っ張った為、写真の通り千切れてしまいました(^_^;. 音域それぞれの音の強さは10段階中–>高音6、中音5. 5、低音5といった印象でバランスがよいです。 中音・高音のクリアさが非常に気に入っています。キンキンとしているわけでもないのに音の輪郭が聞き取りやすく、圧迫された音でなく耳と音の間に少し余裕があるような、そんな空気感が心地いいです。 低音についてはもう少し欲しいかなというのが率直な意見です。とはいうものの、この仕様によって音に空気感を感じるのかもしれません。(イヤーキャップを変えることで多少は変わると思います。) また、しっかりと耳の穴とイヤフォンの音が出る位置を合わせないと低音がかなり薄く聞こえてしまいますので、ご注意ください。 装着感は付属のイヤーキャップで賄えると思います。空気感のあるバランス型イヤフォンで私は購入してよかったと思います。ゴリゴリのドンシャリ系が好きな方は合わない気がします。. 利点と欠点 メリット 自信を持ってオススメします!! 空気感のあるバランス型イヤフォン iPhoneでは障害あり デメリット 少し使ってみたけどいい感じ音質とかそこまで気にしない系なんですけど安物買いの銭失いはいややったんで一万円前後のやつ探してました且つネックバンド?(首周りのプラスチックのやつ)はダサいしスッキリしたやつがええなあとも思ってましたデザイン洗練されてるし(色々調べましたけど耳との結合部分のコンパクト具合はコレがピカイチ)発売日も最新に近いんで最先端技術入ってると思うんでオススメです(遅延少ないコーデックのapt-llはレアらしい、あとbluetooth5. 0はそんな重要なファクターやないっぽい)若干高価格帯かもですけどコスパ良い優等生やと思いますあと接続なんですけど最初自宅で全然つながらんくて焦りました実はwi-fiが干渉してたみたいでwi-fiの電波をaからgにしたら上手く行きました. Akg n200と迷いましたが、こちらにしました。特に視聴はしないで決めました。音質は最初かなりドンシャリな印象がありましたが、低音もそれなりにアタックが強く不足はありません。iphone8にペアリングしているのですが、なぜかyoutubeで音声が出ない現象が出ています。原因がわかりません。パワーオンからコネクティドするまで1秒ないくらいなのでかなり速いです。バッテリーが減ってくると、recharge headsetという音声が3分おきぐらいに聞こえて、それが5回くらいで強制的にもパワーオフになります。全体の音質には満足しています。2018. 19追記iphone8で使用していますが、障害の内容か明確になりました。聞いていたアプリから別のアプリに切り替えると音が出ません。対処方法があればいいのですが、今の所わかりません。星5→3にします?. … Continue reading

Posted in Uncategorized | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型 Bluetooth ワイヤレス イヤホンCX 6 – 空気感のあるバランス型イヤフォン

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 【国内正規品】 – 電池ボックス単体では充電できない

音質と通信の安定さは、他のメーカーの製品よりも素晴らしいと思います。しかし、最初に購入したものが電池ボックスで充電できませんでした。(電源コードを差し込めば充電できました。)電源のない外出先では充電できないので、バッテリーが1日持ちません。交換対応してもらいましたが、まさかの2台目も全く同じ症状でがっかりしました。もうゼンハイザーの製品は2度と買いません。. 最初はラジオみたいなモヤモヤした音でビックリする。電車通勤とピンクノイズで10時間ほど流してたらようやく聴ける音になった。イヤーピースは付属ので自分は十分フォームアップするまで、充電がソッコーで切れたり使い物にならず不安定なのが気になったのでマイナス一点。フォームアップして、エージングが10時間過ぎた今では色んな曲を流してみたいぐらい楽しめています。. 利点と欠点 メリット 最初はラジオみたいな音質 電池ボックス単体では充電できない デメリット 特徴 ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: Bluetooth 5.0対応 対応コーデック:SBC,apt-X,apt-X LL,AAC コンパクトなチャージングケースで充電することで合計約12時間の音楽再生(本体のみ4時間) ッチコントロールで音楽、電話、音声アシスタントを操作可能 本体重量:約13.2g 付属品:USBチャージングケース、USBチャージングケーブル、イヤーピース(XS,S,M,L) 国内正規品保証2年間 パッケージサイズ:150×90×65mm 対応コーデック:SBC/apt-X/apt-X LL/AAC ノイズキャンセリング機能無 ベスト ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 【国内正規品】 レビュー

Posted in Uncategorized | Tagged | Comments Off on ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 【国内正規品】 – 電池ボックス単体では充電できない