SW.com Apple AirPods カーボン調プレミアムスキンシール【カーボンブルー】 – 完璧に貼れました

悪いレビューが多く心配だったのですが、、、慎重に貼れば普通にシワなく貼れます笑、、低評価してる人は無器用なだけなのかなと、、.

私はカーフィルム施工職人をやっております。カーフィルムと、このシールは少し性質は違いますが、作業的に似ている部分もあり、動画を見ずに何となくドライヤーを使いながら貼れました。コツはまず先に、真ん中の小さい穴で位置を決め、その後、上の細長い穴に合わせます。次に両サイドにあるセンサー部分の穴に合わせますが、この時点でシワが発生します。このシワで失敗したと思ってしまうのかもしれませんが、ここからドライヤーで温めてシールを柔らかくして、シワの部分だけじゃなく、周辺も一緒に更に外側へ伸ばします。周辺も一緒に、外側へ押し出していくようなイメージです。そうすると、シワの面積分が上の方へ伸びて延長される事で、シワを消す事が出来ます。ドライヤーを使う時は、弱風でテーブル等に置いて使うと作業し易いです。ずっと当て続ける必要はありません、伸ばしたい時だけ加熱する感じです。最後はうどんの部分を、なるべく重ね目が出ないようギリギリで巻くように包んで、全体をドライヤーで温めながら指で押してシールを密着して、施工完了です。3mの上質なシールなので、耐久性もあります。ただ、貼るのが確かに難しいので、落ち着いてゆっくり、伸ばしながら貼るのが良いと思います。ケースにも問題なく入っています。左右色違いにして楽しんでいます(^^)品質自体は良いですが、貼るのがちょっと難しいので☆4つとしました。.

先人のレビュー通り、シワは不可避です。せめて曲面に合わせて切れ込みが入っているのなら兎も角、「面倒臭ぇから平面シールを伸ばして貼っちまえ」的ないかにも欧米の設計思想なので、それほど伸縮性のないシートが元であることも相まってがっつりシワができます。公式動画ですらよく見てみるとうまく貼れていないので、これは自分でカットするか、シワができるのを見越して濃い色を洗濯するかしかないでしょう。.

ドライヤーで温めながら貼ったが、どうしてもシワができる。シワができて見栄えが悪いので結局剥がして捨てました。このシール完璧に貼れる人おるんかな〜?.

利点と欠点

メリット

  • 完璧に貼れました
  • シワ不可避
  • 全然むずくないよ

デメリット

ベスト Apple AirPods カーボン調プレミアムスキンシール【カーボンブルー】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.