SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree – 期待外れ

音楽を聴いているとき3. 音楽を聴いた後この3つのいずれも許容範囲を超えていました。1. 音楽を聴く前片耳モードと両耳モードの切り替え方法がややこしいし、意図せず片耳になったり両耳になったりします。説明書どおりにやっても数十秒が求められます。自由になるためにワイヤレスを買っているのに、音楽を聴く前に一悶着が必要です。また、なぜかたまに、音楽開始時が爆音になっています。まだ音楽が聴こえないほうがマシです。2. 音楽を聴いているとき音がブツブツ切れます。私の場合は左耳だけがブツブツ切れるので、音楽を聴いていても常に誰かに邪魔されているようで非常に不快でした。これでは、音楽を聴かない方がマシです。何度もネット上にある対応策はすべて打ちましたが、改善しませんでした。bluetoothを接続しなおしても、再起動しても同じ問題が発生しました。イヤホンと謳って販売する以前の、最低限の問題をクリアしていません。3. 音楽を聴いた後細かいパーツなのですぐ失くす。この欠点はどのイヤホンも同じですが、聴く前、聴いている途中とずっとストレスを受けているのでちょっとしたストレスも許容範囲を超えます。イヤホンとしてはゴミでした。もちろん正常に動いている方もたくさんいらっしゃいますが、できれば最初から他社製品を使うことをおすすめします。.

これってもしかして正規発売前?soundpeats without bondage商品名はtruefree+となるのでしょうかwithout bondageは束縛されないと言う意味合いでしょうから完全ワイヤレスをアピールしていると思われます当方は既にtruefreeを所有しているのでこちらとの比較をしていきたいと思いますtruefreeのレビューについてはそちらに先人達が沢山居ますので参考にされてくださいまず外装や化粧箱については写真の通りsoundpeatsの商品ではtruefreeのような箱も高級感が有りビニールでしっかりした梱包されたパッケージが多いのですがこちらは簡易的な安めのパッケージで届きました(これが試作版で正規品で無ければもしかしたら今後変わるかもしれません)箱の中には本体とmicro-usbケーブルと交換用のイヤーピースが同梱されております日本で通常展開されてるsoundpeatsの商品では日本語での説明書が入ってるのですがこれは英語のみの説明書になってました比較写真を載せますがケースサイズはtruefreeを気持ち大きくした感じですかねtruefreeの時点でかなり軽量でコンパクトなので若干のサイズアップも持ち運びに気になりません肝心のイヤホンサイズですがtruefreeと何も変わりませんtruefreeのイヤホンをtruefree+のケースに入れても問題無いですし逆もしかり普通に使えますまあケースはただの充電器なので当然と言えば当然ですが今回のtruefree+の主な違いはケースに蓋が付いた事と充電の残量が前面に来て見やすいところでしょうか音質についてなんですが正直なところ製造時の個体差?と言えるレベルの違いしか有りませんtruefreeと同傾向の音質でバランスよく高温中音低音が出ていて聴きやすいイヤホンだと思います個体差と言うのはtruefree+の方が同ボリュームでも若干ですがtruefreeより小さいエージングで変わるかもしれませんが音質がtruefreeよりほんの少し雑な感じで歯切れが悪いかなと感じるところですこれはまだ届いて数日なので先に書いたように今後エージングでtruefreeのようにまとまるかもしれませんどこかが主張し過ぎる事も無く外で通勤通学などに使う分には万人が満足して不満の出にくい音質だと思いますハイエンド機のように特別に良いと言う音質では無いですがコストを考えると非常に満足度の高い音質です通信の安定性ですがaacコーデックに対応してると書いてありiphonexsで使用してて今のところ特にストレスに感じるような通信遮断などもありませんあとは遅延ですがyoutubeなどでアーティストのビデオなどを見ても遅延が少なく違和感無く観れますバッテリーの持ちはイヤホン単体で4時間20分ぐらいで切れましたあとはケースに戻してケースから充電と言う感じですねケースのバッテリーは測ってませんが35時間分行けると書いてありますこの商品のコンセプトとか何も分からず興味本位で蓋付きのケースいいなあと購入してしまいましたが結局のところこの商品はtruefreeのマイナーチェンジバージョンなのか?それとも以前からあるのか?詳しい事は分かりませんがtruefreeとほぼ同じ商品ですひとつだけ言える事はバック等で持ち歩く際にケースに蓋がある安心感が良い蓋を開けた時に自然に右のイヤホンが右に来るのでtruefreeのように蓋が無くてどちらが右か左か軽く混乱する事も無いこの点は割と大きな利点だと思います.

Truefreeを所有しておりましたが、息子が帰省した折にとられてしまい次を物色していたらtruefree+なるものを発見このイヤホン気に入っていたので購入しました。 以前の物は聴いた最初からこれいいなと思ったのですが今回のは聴いてみるといいんだけど?やはり2か月ほど聴き込んでいたのでエイジングができており、かなり高音. ボーカル等かなり音が出ていたんだなと言う印象でした。今回の商品はtruefreeに蓋が付いただけのようですが、意外とケース内に誇りが地味に入っていたので蓋が付いただけですが大きな改良だと思います。後、truefreeは耳にスッポリと入る使用なのでどんなに動いても、もしくはtシャツなどをイヤホンを取らずに脱いでも脱落することがないので安心できます。耳から垂れ下がるタイプも所有してますが付けているのを忘れて脱いだら脱落してしまうので落としてしまい紛失する恐れがあり、最近ではtruefreeばかりを使っていました。只、この商品イヤホン本体で音量調整ができないのが唯一の弱点ではないかとおもいますが、その機能を付けると値段が上がってしまうので+になっても音量調整は+されなかったのでしょうね。追記何日か鳴らしっぱなしにしていたら、最初と音質が変わって高音と低音の歯切れが良くなり全体的にメリハリのある音になりました。メーカーに問合わせたらそこの所も+はチューニングをしてあるとの事です。.

メーカーとの行き違いで返却返金対応となってしまったので再度買いなおし再評価。基本的にはtruengine改良版との比較です。値段から考えると実用的なモデルである。truengineと比較になるが全体的な音質は劣る。しかし今回左右完全独立使用ができ、ペアリング時間短縮しているところを考えると評価したい。良かった所・片耳モードで左右両方使用可能(truengineでもペアリングしてやれば可能)・ペアリング時間短縮(今回このためだけに購入)・音量が大きめ・バッテリーの持ち悪かった所・音を比較すると中音域のみである・低域、特にドラム等が割れる・充電しないとバッテリー残量がわからない・スマホとpc同時にペアリングができない(これは仕様か)・イアーピースは社外品をつけるとうまく充電できない、特に取り出しにくい補足iphoneで一度両耳モードのペアリングに失敗するとリセットしても二度と両耳モードのペアリングが出来ず完全放電させないと無理らしい。買いなおし、最初から両耳モードペアリングしたので今回は問題ないが怖くてメーカーの推奨する片耳モード手順でペアリングさせていません。両耳モードであっても左側だけペアリングすれば片耳で使え、両耳も対応します。.

軽いランニング用に購入しました。はじめての完全ワイヤレスなので、どんなものかワクワクしていました。音質は運動用として、十二分だと思われます。スマホのスピーカーでは分からない音がしっかりと聴こえて、聞きなれた曲にも新たな発見がありました。ケースも持ち運びに邪魔にならないサイズです。ケースにしまって充電する際、ズレたまま入れると充電されませんので、確認が必要です。(私の製品だけズレやすい?)ただ、ゲームなどの目的には合わないと感じました。fpsのゲームをしてみましたが、音がほんの少しズレます。気にならなきゃ程度かもしれませんが、気になります笑普通のワイヤレスならズレませんでした。完全ワイヤレスのイヤホンを購入検討している方には、ズバリおすすめです。.

これまで他のワイヤレスイヤホン(中国製の定価2万超えで5千円前後で売られている物。似たような商品がいっぱい売られてますが…)を使用していましたが、本来の使用目的である音質や音飛びが酷くて嫌になりました。値段的にも若干それらより安く、評価もまずまずだったので試しに購入。前の商品は電車内や都内の街中で音飛びしていたのですが、これはほとんど音飛びがありませんでした。通勤時間+αくらいしか使用していませんが、充電はそれくらい持てば充分かなと思ってます。音質も前のと比べてシャカシャカした軽い感じもなく良いと思います。あくまでもamazonで売ってる他の中国製の商品との比較であり、日本製との比較ではありません。私はprime musicを聞いたり動画を見る程度なので、これで十分満足です!!.

夜に動画をみていると家族から苦情が来たので購入。ペアリングは簡単でした。が、静かな場面で、特に低音の台詞や音楽が流れているとき、電子的なノイズ音がひどいです。イメージとしては無線の背景に流れるノイズが電子的になったような感じで、台詞の強弱に合わせて音の大きさが変わります。メーカーに伝えるとまず対処法が連絡され、それでもダメだったので代替品をいただきましたが、やはり同様の症状でした。残念ですが返品することにしました。星二つはメーカーの対応が良かったため、商品としては星ひとつです。.

特に耳にかける仕組みでも無く、ただ耳の穴で支えてるだけのため、走るとまず取れる。というか、走らなくてもポロポロ落ちるため、サイトで見て気軽に買おうとしてる人は注意です。.

利点と欠点

メリット

  • 他と比較すると…
  • おすすめです。
  • 期待外れ

デメリット

ノーブランド品に見えますが、届いたのは何と「soundpeats truefree+」でした。よって「soundpeats truefree+」としてレビューします。自分が愛用しているのは「soundpeats truengine」ですので、これと比較してみます。1. ケース★★★★☆ケースの大きさは、高さは低いですが奥行きが少し大きいです。幅はほぼ同じです。大きな違いは「truefree+」ケースには電池残量計が付いていないことです。これがあると意外と便利なので残念です。あと、若干「truefree+」の方が軽いです。ケースからの取り出しは、「truengine」に比べて取り出しやすいです。磁石の強さもほどよい感じです。2. 接続★★★★★「truengine」に比べて良好です。使用して2日ですが、今のところ意図しない切断はありません。接続が不安定なのは聞いてて不愉快になりますので、これは非常に満足です。当方androidであるため、aac接続は確認出来ず。sbc接続で、apt-x接続は確認出来ませんでした。(スマートフォンはapt-xに対応しています)3. 装着感★★★★★付属のイヤーピースは小さめですが、耳の中に結構差し込むような形状となっています。装着感は「truengine」に比べてかなり優れていると感じました。また、軽くて耳にフィットして落ちにくいです。装着時の見た目も「truefree+」の方がかっこいいと思います。4. 音質★★★★☆これは、イヤーピースの合う合わないや、音の好みがあると思いますが書いておきます。低音が強調されたチューニングになっていますが、若干割れた感じになるぐらい強調されています。ちょっとやり過ぎ感がありました。でも、曲によっては丁度いい感じもあるので嫌いではありません。高音域はクリアです。5. 総合評価★★★★☆ケースに電池残量計が付いていないのが残念でした。また、低音域が強すぎるのも少し残念です。以上より、総合的には★4つですが、こんな値段でいいものが買えるようになってきてるのには驚きます。.

Iphone7で使用。サウンドピーツの製品を購入したのは4度目です。好きなメーカーでしたが、この製品は贔屓目に見てもダメでしょう。まずケースがデカイ、イヤホンが取り出し難い(磁力が強い?)。音質は低音が強過ぎでバランスが悪いです。本当にaacに対応しているのでしょうか?良い点は価格が安いところだけです。2019/3/11追記p20liteで使ってみたところ、aacで接続出来ているようです。ただし音質は低音が強く高音は弱いです。.

特徴 SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 35時間連続再生 Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン トゥルーワイヤレス ヘッドセット [メーカー1年保証] ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 1)【完全ワイヤレス&最新のBluetooth5.0】 世界のプロが評価する”Realtek”チップセットを採用。最新の”Bluetooth5.0”を搭載し、通信速度・通信範囲ともに飛躍的に向上いたしました。従来のBluetoothイヤホンの通信問題を改善し音飛びや途切れを最小限に抑えたことにより街の喧騒の中でも快適に音楽を楽しめます。【AACコーデック対応】高音域まで再生可能。聞けば違いがすぐに分かります。高音質を実現した”SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ フルワイヤレスイヤホン”を是非お試し下さい。                                                                                                             .
  • 2)【自動ペアリング】 スムーズなペアリングが可能です。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的に電源がオンとなり、ペアリングが開始されます。【連続4時間再生&充電ケースとセットで最大35時間まで再生可能】イヤホン本体はフル充電で連続約4時間の音楽再生が可能です。充電ケースのバッテリーを組み合わせれば最大35時間の音楽再生が可能です。これで電池切れの心配から解放されます。いつでもどこでも音楽をお楽しみください。                                                                .
  • 3)【片耳のみで利用可能】両耳で再生する通常モードに加え、左右それぞれで再生可能な片耳モードを搭載しました。ステレオ再生時には両耳モードで、語学学習やポッドキャストなどを聞くときには片耳モードで使用するなど、利用シーンに応じた使い方が可能です。【シンプルな操作性】操作がタッチセンサーではなく物理ボタン式なので誤操作の心配が少ないです。                                                                .
  • 4)【ご要望により改善】●TrueFree+の充電ケースに蓋がついて高級感が増した。●音質は低音が強調されて、高音もクリアに聞こえ全体的に臨場感のある全体的にとてもバランスが良く音質となっております。●音量が小さ過ぎの問題を改良し、TrueFree+の基本音量を向上させました。●充電ケースの容量が倍以上となり35時間の音楽再生が可能となりました。●イヤホンが取り出せにくいの問題を改良し、イヤホンがケースから簡単に取り出しやすくなりました。●両耳モードにならないの問題を改良し、左右のイヤホンが更にスムーズにペアリングできました。                                                                 .
  • 5)【パッケージ内容】●TrueFree+ ワイヤレスイヤホン+充電式収納ケース、●イヤーピース×4ペア(XS,S,M,L)※Mサイズが装着されてます●USB充電ケーブル、●日本語取扱説明書 ※付属品不足な場合と電子版の日本語説明書が必要な場合はご注文番号を記入の上、弊社までご連絡ください。【技適認証済】電波法を無視した違法な商品の流通が多数見受けられますが、本商品は技適マークを取得し、 安心*安全に利用できます。技適認証番号:211-181022 【メーカー1年保証】ご購入日から、1年間メーカー保証付きます。万が一商品不具合の時は必ず「注文履歴」より弊社までご連絡頂けると、責任を持って全力、迅速に対応させて頂きます。至急返品・返金対応させていただきます。

【素晴らしい操作性】 音楽の再生・停止・早送り・巻き戻し、受電・着信拒否など、1つのボタンで操作できます。完全ワイヤレスイヤホンを初めてお使いの方でも簡単に操作できます。 ■音楽モードの操作方法 音楽再生/停止・・・イヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す 1曲送り ・・・イヤホン(R)のボタンを2回押す 1曲戻し ・・・イヤホン(L)のボタンを2回押す ■ハンズフリー機能 電話に出る・・・着信時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す 電話を切る・・・通話時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1回押す 電話を拒否・・・着信時にイヤホン(LまたはR)のボタンを1.5秒長押し 音声アシスタントを起動・・・イヤホン(LまたはR)のボタンを1秒長押し ★イヤホンからボリュームの調整はできません。ボリュームの調整は、お使いのスマートフォン(デバイス)で行います。【初回ペアリング手順】 ■【両耳モード】初回ペアリング手順 ①左耳イヤホンと右耳イヤホンを同時に充電ケースから取り出し後、左耳イヤホンのLEDインジケーターが白色に点滅する後消灯、右耳イヤホンのLEDインジケーターが赤白交互に点滅します。 ②スマートフォンのBluetooth接続画面を立ち上げ、接続先リストより“SoundPEATS TrueFree+ R”を選択してください。 ③“Connected”と音声が流れればペアリング完了です。 ■【片耳モード】初回ペアリング手順 ①片側いずれかのイヤホンを充電ケースから取り出す。イヤホンが自動で電源オンとなりペアリングモードになります。 ②スマートフォンのBluetooth接続画面を立ち上げ、接続先リストより“SoundPEATS TrueFree+ R”もしくは“SoundPEATS TrueFree+ L”を選択してください。 ③“Connected”と音声が流れればペアリング完了です。 ★二回目以降はスマートフォンのBluetooth接続をオンにした状態でイヤホンを充電ケースから取り出すだけペアリングが完了します。

【製品仕様】 品名:SoundPEATS TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth パージョン:Bluetooth V5.0 Bluetoothプロファイル:AVRCP_V1.6/HFP_V1.7/HSP_V1.2/A2DP_V1.3 チップセット:Realtek 8763BFR 対応コーデック:AAC(IOSだけ対応) SBC 再生持続時間:3-4時間 充電ケースをイヤホン充電可能回数:9-10 回 充電時間 :約1.5時間 イヤホンバッテリー電圧/容量:3.7V / 43mah 充電ケースバッテリー電圧/容量:3.7V / 800mAh 通信距離:見通し最大約10メートル ※環境によって異なります 防水等級:IPX4 イヤホン重量:約4.7g マルチポイント(同時待受け):対応 対応機種:iOS/Android/Windows 保証期間:1年【充電ケースインジケーター説明】 LEDインジケータの点灯状態で、バッテリーの状態を確認できます。 緑色に点滅 :充電中 緑色に点灯 :充電完了 1つ緑色に点滅 : 電量残量60%以下 1つ緑色に点灯、もう一つ緑色に点滅 :電量残量60%~90% 2つも緑色に点灯 :電量残量90%以上 2つも20秒ごとに緑色に5回点滅 :電量残量少なった【IPX4防滴仕様】 優れた防水性を実現。湿気や汗、雨にも強くアウトドアやスポーツでの利用にもお勧めです。装着した状態でシャワーを浴びる程度のご使用であれば問題ございません。但し、洗剤を使った洗浄や過度な湿気(サウナなどの蒸気)がある場所でのご利用は故障の原因となります。

【初回使用について】 ★初めて使用する前に、イヤホンと充電ボックスを満タンまで充電して下さい。 (長時間使わない場合も同様)【よくある質問】1.充電できない まず、接触事態を事前確認してから充電ケースの金属端子部が汚れたかをご確認のほどよろしくお願いいたします。汚れたら、金属端子の部分を掃除してみてください。 また、イヤホンは磁力吸着接点充電方式で、充電時イヤホン指示ライトは赤く点灯します。★注意:もし赤く点灯しませんの場合、少々金属接点位置に合わせて調整してください。(赤いライトが点灯するまで調節くださいませ) 満電後イヤホン指示ライトは自動消灯します。(充電も停止します) 注意:ボックスの金属接点を力強く押さないてください。(接点が破損した場合、充電が出来なくなります)充電時は必ず蓋を閉めってください。2.自動で電源ON/OFFできない、自動でペアリングできない 付属のMicro USBケーブルでPCもしはACアダプター(5V/1A)経由でコンセントから充電ケースに給電してください。 充電ケースが電池切れた時、イヤホンが自動電源ON/OFF、自動ペアリングできませんです。3.ペアリングできない問題について ■イヤホンをデバイスにペアリングできない場合 ご機器側の接続記録を削除した後、イヤホンを充電ケースから取り出し、電源オフの状態で、左右のイヤホンのボタンを同時に10秒長押してください。イヤホンのLEDインジケータが赤白交互に点滅し消灯すれば成功です。 ■左右のイヤホンがペアリングできない、両耳モード(ステレオモード)にならない場合 ご機器側の接続記録を削除した後、イヤホンを充電ケースから取り出し、電源オフの状態で、左右のイヤホンのボタンを同時に20秒長押してください。イヤホンのLEDインジケータが赤白交互に点滅し消灯すれば成功です。※イヤホンのLEDインジケータが初回赤白交互に点滅する時ボタンを離さないように、二度目赤白交互に3回点滅し消灯するまで押し続けえてご注意ください。 ★問題が解決できない場合は、お手数ですが弊社カスタマーサポートまでご連絡ください。

【付属品】 ●Bluetoothイヤホン+充電式収納ケース本体 ●イヤーピース×4ペア(XS,S,M,L) ●USB充電ケーブル ●日本語取扱説明書

【メーカー1年保証】 弊社では購入後1年間の保証を提供しております。初期不良などの不具合が発生した場合、カスタマーサポートまでご連絡ください。

技適認証済】 電波法を無視した違法な商品の流通が多数見受けられますが、本商品は技適マークを取得し、使っても電波法違反になりません。技適認証番号:211-181022。ご安心してお買い求め下さいませ。

ベスト SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 35時間連続再生 Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン トゥルーワイヤレス ヘッドセット [メーカー1年保証] ブラック レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.