Soundcore Anker Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5 – 左から高周波音

初回500個限定 1,000円off になっていたので、試しに購入してみました。初めてbluetoothイヤフォンを購入しましたが、この値段であれば気軽に使えます。音に関しては、bluetooth接続なので高音がどうとか低音がどうなどと言うつもりはないですが、細かな音までよく拾っており、なかなか良い音だと感じました。形状に関しては、丸いモノよりもこちらの形状の方が落ちそうになる心配も少なく感じます。首を振ったくらいで落ちるようなことはありません。ただ一点だけ惜しいのは、ケースからの取り出しがとてもやりづらく、イヤフォンをつまむように取り出そうとすると傷が付きそうで心配です。ケースから簡単に落ちそうになるよりは良いと思いますが、改善して欲しいです。.

安いイヤホンですが質感は安っぽさがなく非常に良い。スマホとの接続も問題ありません。音質にはそこまでこだわらないので、不満はありません。難点を挙げるとすれば・ケースから取り出しにくいこと・ランニング中に落ちそうになることです。落ちそうになるのはイヤーチップが私の耳にフィットしないということもありますが、これまで使ってきたbluetoothイヤホンに比べて若干重いことと”うどん”の部分によって外側(下側?)に重心があるように感じることが理由かもしれません。.

全体的に価格相応の商品です。音質に関しては、最初の数時間は有線1000円レベルの物かと思うくらい酷かったですが、しばらく使うとそれなりの音質になりました。接続の安定性はそれほど高くないです。家の中でも他のbluetooth機器周辺ではたまに途切れることがあり(接続優先設定)、某スクランブル交差点などの密集地帯ではほぼ9割接続が切れます。駅の改札付近などでも時折音が飛びます。また、ペアリングモードに移行しない初期不良に当たりましたが、返品後に再度届いた物は大丈夫でした。全体として他の中華製品と比較してコスパはいいので、家でbgmを聞きながら何か作業をしたい方や完全ワイヤレスイヤホンを初めて使用する方などは購入してみてもいいのではないでしょうか。ただ決して期待しすぎないよう気を付けて下さい。.

完全ワイヤレスイヤホンが欲しくて悩んでankerのこの製品に決めました。耳から伸びてるような形が少し気にはなりましたが、着けてると自分からは見えないので問題ないことにしました。音質は特に良いわけではありませんが、歩きながら外で聴くので問題なし。決して聴くに耐えないような音質ではないので、安心してください。そこそこの音質です。iphoneでyoutube再生の時に使ってみましたが、遅延はほぼなかったです。違和感なくみれました。この値段でこの性能なら完全にありな製品。.

音質は普通程度。接続はよく途切れ、ブツブツ音がよく起こります。また、一度接続を切ると再度接続するまでにとても苦労します……そこそこのお値段でこれは…また別のイヤホン買います。.

パーフェクトをあげても良いくらい満足しています。完全ワイヤレスで懸念していた音飛びや途切れもなくスムーズです。最初は某ap社のair◯◯◯s proと悩みましたが安価で質も良く買って正解でした。ブランド力で高い製品よりも満足です!.

安価で防水、完全ワイヤレスという意味でコスパはとても良いと思います。何種類か防水ワイヤレスイヤホンを購入しましたが、ジムでトレッドミル利用時に使用していると、防水をうたっていても、汗だくになるとすぐ壊れてしまっていました。このイヤホンも、汗のせいか片耳が充電できなくなり、交換を2回してもらいましたが、3台目は壊れることなく利用できています。交換の手続きもメーカーサポートページから問い合わせをしてすぐ交換対応してくれたのでとても好印象です。また、この手のワイヤレスイヤホンはケースに入れて充電しますが、私が渡り歩いていた安価なイヤホン達では、充電していたつもりが、片耳だけ充電されていなかった、みたいなアクシデントがちょくちょく起こっていましたが、このイヤホンはそのような事は起こったことがありません。音の遅延についても、動画を見ていても特に遅延が起こっているとは感じられないレベルです。音質に関してはsonyやboseなど高級品に比べるとチープな感じはしますが、値段と防水機能を考えれば決して悪くはないと思います。汗だくになるような状況での利用を想定している人にはおすすめだと思います。.

7時間連続稼働と書いてますが、これは自動車メーカー発表の燃費見たいなもので実際にはこんなに持ちません。どれくらい持つのか試した所、音量35%で(因みにこのイヤホンは音量調節が出来ませんので再生機器での設定です)110分経過後「バッテリーロー」のアナウンスが鳴り出し(以降10分間隔で鳴ります)、最終的に145分で電源が切れました。まだ屋外で使用していませんので解りませんが、音量を上げればもっと消耗は激しいでしょうから、2時間くらいと思ってた方がいいと思います。2020. 11追記聴いていた音源は、アマゾン・プライム・ミュージックの「00年代・10年代ロック」です。環境は「windows10バージョン1909」と「android 9. 0」です。満充電状態(「バッテリー・ハイ」とアナウンス)で3回ほど試しましたが、両方2時間が限度です。個体差があるんですかね?2020. 14追記半日かけて充電を行なっても改善は見られませんでした。品質管理がまだ不十分なのでしょうか。残念ですが、返品の処理を行いました。.

利点と欠点

メリット

  • 気軽に使えるBluetoothイヤフォン

  • スペック&音質はこの価格帯では群を抜いているかと思います。

  • ケースから取り出しにくい

デメリット

以前に同会社のリバティネオを使用していて、全く問題なかったんだけど、駆動時間が3時間くらいでちょっと物足りないな~と思い、前々から気になっていたスティクタイプの新作が出たので購入しました。音質はこの値段では相応かと思います。操作ボタンがタッチではなく、物理的なのも良かったです。以前、別メーカーのタッチ式のも持ってたんですが、ちょっと触れただけで反応して、誤作動をよく起こしてました。その点、これは押し込むタイプなので誤作動は皆無ですね。アンカーはバッテリー等も持ってますが、安心して使えてます。補償もきちんとしてるみたいなのでそこも良いですね。.

今まで左右のイヤホンにコードが付いたタイプのankerのbluetoothを使っていましたが、片側からの音が出なくなったので買い換えました。コードレスだと紛失しそうと思っていましたが、同梱のサイズ違いのイヤーチップで合わせることによりフィットさせることができ問題なさそうです。以前のものと比べると音はクリアで、本体と少し離れても途切れることもなかったです。何も再生させずに耳に入れておくと、電子音(電源が入ってる)が小さいですけど聞こえます。.

ケースから取り出すとすぐに接続されて使いやすい。しかし、音が小さいときか出ていないときに左耳から小さい高周波音が聞こえる。不具合なのか、仕様かわからないが高い音が苦手な人は気をつけたほうが良い。右のイヤホンを介して左のイヤホンに接続する方式なのでそれが原因かも。右耳はノイズ等は聞こえない。.

貧乏性なもので、5000円でも躊躇していましたが、youtubeでトーマスガジェマガという方がレビューしていたので気になり購入しました。結果として大変満足しています。音質については、低音もよく出ますし、映画を観るのにも充分綺麗な音質だと思います。主に自宅での使用ですが、音飛びも遅延もないです。youtube・プライムビデオ・netflixなどをゴロ寝しながら、洗い物しながらで、帰宅〜寝るまで気付けばずっと装着してます。電池も充分持ちます。あと、通話時だけですがノイズキャンセリングが働くようで、鮮明に声が伝わってるようです。欠点を挙げるとすれば、私の耳の形状が悪いのか、どのイヤピースをはめてもしっくり来ません。ふいにポロッと取れる時があるので、ランニングにも怖くて持って行けないです。.

電池持ちもよくペアリングもスムーズにできます。遅延はyou tubeは動画によって遅延は起こりました。イヤーピースは私は問題なく使えているのですがペラペラと薄い分フィット感がシビアになるようで、音がスカスカになる方もいるようです。ただこのペラペラのイヤーピースがこのイヤホンの低音の凄みを引き立たせているようで、ピッタリハマると凄みのある響き方をします。ただ私の耳だとピッタリハマりすぎて耳の中に圧がかかりボタン操作をすると痛くなってくるので、セリアで売っている抗菌イヤーピースで代用しています。音は若干締まり気味になりますが悪くないです。このイヤーピースをつけてもケースが締まるのと充電に差し支えがないくらいの差で本体が浮くので取り出しが楽になりました。全体的に良いイヤホンだと思います。.

完全ワイヤレスイヤホンに詳しくなく、色々調べましたが、正直購入者レビューすらも疑っていて1ヶ月ほど買うのを迷っていました。airpodsや、音響機器に強いメーカー(sonyやbose)を買えば間違い無いのかな?と思ったのですが、音質にはこだわりがありませんし、何より高い…。私の希望条件は、・仕事上コードが邪魔なので、完全ワイヤレス・片方ずつペアリング可能・尚且つ、片側の連続再生時間が長いもの・動画を見る事もあるので、遅延はなるべく無い方が良い・電話しながら仕事を進めたいので、通話の音質に支障がないもの・タッチ式は誤作動が有りそうなので、物理ボタンのもの・音質にはこだわり無し。変な音さえ入らなければok・価格帯は3000円~8000円といった感じです。挙げてみると結構高望みでしょうか…^^;ネット上を渡り歩いて見つけたのが、このイヤホンでした。聞いたことのあるメーカーでしたし、昔ankerのモバイルバッテリーを使っていて、安いのにかなり長持ちしていたので信用出来ました。到着してすぐ開封し、ペアリングは簡単に出来ました。片方ずつ使いたかったので、左耳用のペアリングも済ませました。先述したように、音質にこだわりが無いのでレビューは難しいです。普通の音だと思います。音量も小さ過ぎず大き過ぎず、想定している通りの音量になります。片耳7時間再生可能との事ですが、まだそれは測っていません。体感的には5時間くらいは持続していると思います。動画視聴している分には遅延もなく、音ズレも無いです。スマホをリビングに置いたまま2階へ上がったり、お風呂の扉を閉めて掃除をしても音は途切れませんでした。これは希望条件に入れてませんでしたが嬉しかったです。通話も全く問題ありません。電話の相手も何も違和感が無いと言っていました。操作は物理ボタンですが、結構固めのボタンで、強めに押さなければいけないので耳の穴が痛い時があります。これだけ希望条件に沿ってくれたイヤホンで、5000円以内で購入出来て、とても満足しています。長持ちしてくれる事を願います。.

初めてこう言うタイプの製品を飼いました。anker製品は安価で品質が安定しているのが良かったので愛用してますが、これを選んで正解だと今回も思いました。音質はanker特有の高音すぎず低音すぎずで、平置きタイプの充電もそこまでとりにくいということはありませんでした。装着感もフィット感が良く気に入ったので、ずっと愛用していけそうです。.

既に書かれている方がいますが、不良品が届きました。soundcore life p2-lしかペアリングされず右なんて音なりません。接続方法がわかりません。接続不良がなければ星4なのですが.

以前1000円クラスのbtイヤホンを購入したことがありますが、酷い音質ですぐ使用を辞めました。今までフルワイヤレスイヤホンは欲しかったのですが、androidだったのでaptx搭載のが欲しく、そういった商品は高価な物を除くとあんまり無い…そんな中、今回ankerからaptx搭載のフルワイヤレスイヤホンが出ると聞き、発売から1時間以内に購入しました!結果大満足です!以下、各視点でのレビューです。音質:最初はbassuptechnologyによる低音が強いかなと思ったけど慣れました。低音が薄いとか強すぎるとかはイヤーピースのサイズ変更により調整できると思います。遅延:音ゲーは無理です。それにより諦めていたyoutubeなどの動画ストリーミングですが遅延ゼロでこの上なく快適!気付けばbtでも遅延しないようになっていたんですね〜使い勝手:フルワイヤレスなので文句無しです。通話もワンタッチで応対でき、ケーブルがバッグに引っ掛かることもありません。有線派でしたが、今ではイヤホン使用時間の9割はこのイヤホンです。バッテリ:1日2,3時間通勤で使うぐらいで、購入してから2週間経過しましたが、一度しか充電してないです。べた褒めなレビューですが、本当におすすめ出来る商品です!特にandroidでaptx搭載スマートフォンをお持ちの人には最高の一品になると思います。.

特徴 Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー / Qualcomm® aptX™ / PSE認証済】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • これまでにないクリアな音声通話を:cVc8.0ノイズキャンセリングとビームフォーミング機能を搭載したマイクをそれぞれのイヤホンに2個ずつ内蔵しています。これにより周囲のノイズを除去し、通話相手はあなたの音声をより大きくクリアに聞くことが可能です。※cVc8.0ノイズキャンセリング機能は通話時のノイズを除去する機能であり、音楽を聴くときに周囲の雑音を除去するものではありません。
  • 洗練されたサウンド:グラフェン採用のドライバーが正確でクリアなサウンドを実現し、Soundcore独自のBassUpテクノロジーが再生中の音楽の低周波音域を即座に分析し、低音を最大43%増幅させます。また、Qualcomm aptX audio対応により、CDを聞いているように遅延が少なく高音質な音楽をお楽しみいただけます。
  • 最大40時間の長時間再生:イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大40時間の音楽再生が可能です。また10分間の充電で約1時間分の音楽再生が可能になりました。(※再生可能時間は、音量、再生する内容、使用環境によって異なります)。
  • IPX7の防水性能:IPX7防水規格に対応し、運動時の汗や雨などを防ぐことができます。天候やシーンを気にせず、いつでもSoundcore Life P2で音楽や通話を楽しめます。
  • パッケージ内容:Soundcore Life P2、充電ケース、イヤーチップ(XS / S / M / L / XL※開封時の商品にはSサイズが取り付けてあります)、USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証(※正規販売店からの注文に限ります。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。なお注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート
1 

Soundcore | Hear It. Feel It.

「Soundcore」は、Ankerで培ったノウハウやバッテリー技術を受け継ぎながら、最先端のオーディオテクノロジーを駆使し、こだわりの音の体験を提供するオーディオブランドです。

主な製品仕様

再生時間:最⼤7時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤40時間(充電ケース使⽤時)

充電端子:USB Type-C

重量:約62g(充電ケース含む)

防水規格:IPX7

Bluetooth規格:5.0

Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP

対応コーデック:SBC / AAC / aptX

クリアな音声通話

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載したマイクが周囲のノイズを除去し、通話相手はあなたの音声をより大きくクリアに聞くことが可能です。※cVc8.0ノイズキャンセリング機能は通話時のノイズを除去する機能であり、音楽を聴くときに周囲の雑音を除去するものではありません。

洗練されたサウンド

グラフェン採用ドライバーにより、驚くほどクリアで繊細に調整されたサウンドを実現しました。

BassUpテクノロジー

Soundcore独自のBassUpテクノロジーにより、再生中の音楽をリアルタイムに分析し、即座に低音を最大43%増幅させます。

Qualcomm aptX

Qualcomm aptX audio対応によりCD音源のような高品質なサウンドをお届けします。(aptX対応端末のみ)

最大40時間の連続再生時間

イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大40時間の音楽再生が可能です。

IPX7の防水性能

IPX7防水規格に対応し、ランニング中の突然の⾬などの⽔も防ぐことができ、天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめます。

PUSH AND GO

充電ケースからワイヤレスイヤホンを取り出すだけで、最後にペアリングされた機器に自動的に接続します。

USB-Cによる充電

本体ケースの充電端子はUSB Type-Cを採用しました。適切な充電のために、本製品に付属またはAnker製のUSB-Cケーブルをご使用ください。

Bluetooth 5.0

Bluetooth 5.0に対応し、音飛びを極限まで抑え、安定した接続で音楽をお楽しみいただけます。

片耳でもお楽しみいただけます

左右のイヤホンの単独使用と両耳での使用を簡単に切り替えることができます。

1

1

2

3

洗練されたサウンド

グラフェン採用のドライバーが正確でクリアなサウンドを実現し、Soundcore独自のBassUpテクノロジーが再生中の音楽の低周波音域を即座に分析し、低音を最大43%増幅させます。また、Qualcomm aptX audio対応により、CDを聞いているように遅延が少なく高音質な音楽をお楽しみいただけます。

クリアな音声通話

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載したマイクが周囲のノイズを除去し、通話相手はあなたの音声をより大きくクリアに聞くことが可能です。※cVc8.0ノイズキャンセリング機能は通話時のノイズを除去する機能であり、音楽を聴くときに周囲の雑音を除去するものではありません。

最大40時間の連続再生時間

イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大40時間の音楽再生が可能です。また10分間の充電で約1時間分の音楽再生が可能になりました。(※再生可能時間は、音量、再生する内容、使用環境によって異なります)。

4

5

6

Bluetooth 5.0

Bluetooth 5.0に対応し、音飛びを極限まで抑え、安定した接続で音楽をお楽しみいただけます。

片耳でもお楽しみいただけます

左右のイヤホンの単独使用と両耳での使用を簡単に切り替えることができます。

IPX7の防水性能

IPX7防水規格に対応し、ランニング中の突然の⾬などの⽔も防ぐことができ、天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめます。

注意:

  • ペアリングに完了すると、スマートフォンと接続したイヤホン(デフォルト設定では右耳側)を通して、もう片方のイヤホンに接続します。そのため、左右が正しく接続されている場合でも、Bluetoothの接続画面で片方のイヤホンが「未接続」と表示されることがありますが使用自体には問題ございません。
  • Qualcomm社のデュアルペアリングシステムに対応していない機器では、「接続できませんでした」と表示される場合がありますが、ペアリングは可能ですのでご注意ください。
  • iPhone 11シリーズをお使いのお客様へ:左イヤホン(子機)のみを使用する際に、Bluetoothが未接続となる場合がございます。その際は、お手数ですがスマートフォンのBluetooth設定から「Soundcore Life P2-L」を手動で接続してください。
  • aptXおよびcVc8.0ノイズキャンセリングはQualcomm社の登録商標です。

1 1 1 1 1 1
Soundcore Life P2 Soundcore Liberty 2 Pro 【第2世代】Soundcore Liberty Neo Soundcore Liberty 【改善版】Anker SoundBuds Slim Soundcore Sport Air
最大使用時間 40時間 32時間 20時間 100時間 10時間 10時間
防水機能 IPX7 IPX4 IPX7 IPX5 IPX7 IPX7
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP A2DP, AVRCP, HFP A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP
Bluetooth通信距離 10m 10m 10m 10m 10m 10m
対応コーデック SBC / AAC / aptX SBC / AAC / aptX AAC / SBC AAC / SBC AAC / SBC AAC / SBC
ドライバー グラフェンドライバー バランスドアーマチュアドライバー + ダイナミックドライバー グラフェンドライバー グラフェンドライバー 複合バイオセルロースダイアフラムドライバー 複合バイオセルロースダイアフラムドライバー
ドライバーサイズ 6mm 11mm 6mm 5.6mm 6mm 12mm
音声アシスタント
特徴 最大40時間使用時間(ケース利用時)。IPX7防水規格にも対応した完全ワイヤレスイヤホン 最大32時間の使用時間(ケース利用時)。ワイヤレス充電にも対応した次世代の完全ワイヤレスイヤホン 最大20時間の使用時間。防水機能、接続の安定と再生時間が改良されたアップデート版 最大100時間の使用時間。グラフェン素材のドライバーにより、クリアで没入感のある高品質なサウンドを楽しむことができます 最大10時間の使用時間。 パワフルな力強いサウンドで、音飛びを極限まで抑えた安定接続 最大10時間の使用時間。Bluetooth 5.0対応スポーツ用防水仕様のワイヤレスイヤホン

購入後3週間ほど使ってみました。メリット・接続が安定している(apt-x接続時)・遅延が少ない(apt-x接続時)・バッテリーがめちゃめちゃもつ(毎日三時間使用しても充電は一週間に一回で十分)というかバッテリーの存在を気にせず使えるレベルでストレスはありません。・コスパ最高(apt-x対応で大容量バッテリー搭載、音質はそこそこ)デメリット・音質がそこそこ(低音強め、他は弱い)・通話の質は期待ほど高くない(相手側が聞き取り辛い(籠ったような感じ)時があるらしい)・ケースからイヤホンを取り出し辛い・付属のイヤーピースがショボい&サイズが小さいと笑うと落ちる・ケースのインジケータ(充電すると光る所)が不親切(電池残量が表示されない)以上の点を踏まえて、ご購入の検討をおすすめします。ただ個人的にはデメリットよりメリットが圧倒的に優れており、ストレスは感じない(イヤーピースだけは交換しました)のでとてもオススメです。また接続安定性はイヤホンと接続機器の双方がapt-xに対応している場合のみ効果を発揮します。そこだけご注意下さい。.

防水性能、完全ワイヤレスという点に惹かれ、ジムでのトレーニング時に使うのに購入しました。主にandroidのaptxで接続して使っています。【音質】お値段なりだと思います。付属のイヤーチップだと低音がスカスカでしたので、comply(コンプライ) のワイヤレス用のイヤーチップを購入して低音の響きがよくなることを確認しています。100均のイヤーチップでもよくなるのですが、ケースに入らなくなるものもありますので、注意してください。【防水】期待通りです。シャワー時につけていても全く問題ないです。【難点】ダメもとで通勤時に使ってみましたが、満員電車が接近するタイミングで、時折再生音が途絶えることがあります。ダメとわかっていたので、評価には反映させていません。.

開封してすぐに接続した時は両方ともすぐに接続できたのですが、そのあと接続したところ右側だけ接続され左側がまったく接続されなくなってしまいました。何度やっても左側の接続が上手く行きません。とても残念です。.

音質にはあまりこだわりが無いです。今迄は片側耳掛けタイプの物を使用していました。長時間装着するとちょっと痛くなる時がある(着け方が悪いのかも)。付けたまま寝ると外れている時があります。右側をスマホA左側をスマホBに同時に別々に接続は出来ない、左右共にケースから取り出していると強制的に両側モードになる様です。イヤホン本体での音量は調整出来ない、イヤホン本体で調整出来るとbluetooth接続時のメディア音量は機器を切り替えても最大のままで良いのですが、この商品を使う場合は、イヤホンとスマホを接続した時は音量を小さめにし、車とスマホを接続した時は音量を最大にする手間が発生します(スマホの絶対音量は無効にしています)厚さにもよるでしょうが木造の壁2枚位なら安定してる気がします。何も無ければ10メートル位の距離なら問題無いです。およそ10分充電で1時間再生なので1時間10分でイヤホン本体が充電出来ます。ケースの充電時間はわからないです。ケースの蓋は90度開きます。イヤホンがやや滑って取り出しにくいです(個人的に)。充電ケーブル差し込み口は蓋なしです。新製品発表会で、イヤホン本体でタッチパネルで音量調整が出来、10分充電2時間再生の商品が発表されていました。何か間違っていたらごめんなさい。.

Bluetoothイヤホンは何個も持っていますが、コレはいい。これまでのbluetoothイヤホンはiphoneから少し離れると通信が途切れることがままあり、ストレスを感じていましたが、この商品はかなり離れても音切れすることもありません。かなりイイです。ひとつ難点は、ケースから取り出す際に非常に取り出しにくい。この点が不満です。.

音質はドンシャリ系というか、高音が篭ってるので低音が強調された感じです。久しぶりのカナル式だったので、こんなに外の音が聞こえなくなる耳栓だったか!とビックリしました。ノイズキャンセリングじゃなく耳栓としての効果だと思います。あと、複数デバイスとのペアリングは可能ですが自動接続してくれるのは最後に接続した機器だけでした。iphoneとipadにペアリングしておいて、どちらか音が鳴った方がイヤフォンを掴む(1台目が音を出さなくなってスリープすると2台目の音を聴くことができる)、という使い方はできないのが残念です。音質としては、低音がボコボコ鳴ってるのが好きな人は気にならないでしょうけど、音楽を聴く目的なら最近のiphone付属の純正イヤフォンのほうがフラットでいい音質です。音漏れはしますけどね。と、ネガティブなことばかり書いてしまったのでここから気に入った点!・電池の持ちがよい!ケースに入れておけば充電されるので、電池切れを気にすることがほぼありません。多分普通に使ってたら週末にケースごと充電するぐらいのペースで大丈夫かも。・小さな声で喋ってもしっかり通話ができる!ハンズフリーで通話してる時に、独り言言ってる怪しい人とは思われません。・ケースがコンパクトで丸みを帯びていて手に馴染む・電源投入時の効果音が心地よい(笑)・所有しているbluetoothレシーバーと比べて、iphoneからかなり離れても音が途切れません。素晴らしい。・airpodsと比べてとても安いお値段!.

今後どこまで他のメーカーが同じ価格帯で頑張ってくるかは現時点では解りませんが、今はスペック、音質、サポート含めankerのこれ一択で良いんじゃないかなと私は思います。aac&aptxにipx7でほぼ防水、なによりイヤフォンを一度満充電すれば7時間も持つし、充電ケースを使えば40時間使えて、10分の急速充電で1時間も使えるようになる。そして5千円を切る値段。お金がある人はairpodsやbose、sonyのイヤフォンを買えばお金を出した分は満足できるでしょう。boseとかsonyはやはり良い音出しますから間違いないです。でも安くて値段より満足できることに喜びを感じる人には大いにお勧めいたします。問い合わせした時もサポートセンターも対応が迅速で丁寧でした。少しでも皆様の参考になれば幸いです。2019/12/28追記片耳しか聞こえないとか、低音がスカスカとか言ってる方の発言が真実なら確実に不良品なので交換してもらえばいいです。良品ならそんな事はありません。私は1度接続不安定と感じてメーカーにリンクからメールをして交換してもらったのですが、サポセンを使った結果とても親切にしっかり対応してくれました。言い分が真っ当なら必ず対応してくれます。それとサポセンの人は日本人でしたので言葉使いが変ということも無くスムーズにやりとりできたこともお伝えしておきます。.

完全独立型のイヤホンを使いたくて購入air podsと比較して断然にこっちがコスパが高い。air podsは値段の割に音質が良くないと思っている。ankerのイヤホンは高音にはあまり適していないが慣れてきたら普通に聞こえる。片方ずつ使えるので便利だし長時間バッテリーが持つので安心以前はオーディオテクニカのbluetoothイヤホンを使っていたが遅延がひどくてゲームやインスタ、ラインなどの音が1秒程度遅れて聞こえたがこのankerのイヤホンは遅延は感じずスムーズに文字が打てるしゲームもできる。イヤピースは若干薄く物足りない感じがするがそこは我慢買ってよかったイヤホン.

初の完全ワイヤレスです。音質面では以前使用していた「anker soundbuds slim+」の方が若干上に感じます。着け心地に関しては、やはり完全ワイヤレスの解放感がイイですね。半面、「外して首にかけておく」のようなちょい外しが出来ないため、良し悪し半々といったところです。問題はここから。とにかく滑ります。ケース、イヤホン本体、両方ともサラサラとした素材で指のかかる場所もほぼ無いため、保持が毎回ひと苦労です。取り出す時が一番困難なため、使用のたびにストレスが発生します。使用3日目に電車内でケースがすっぽ抜け恥ずかしい思いをしました。イヤホン側もいつか同様の事が起こりそうでヒヤヒヤします。この取り扱いにくさだけは絶対に改善して欲しいところです。指の太い人、不器用な人にはオススメできません。寒い時期の乾燥した手先、ましてや手袋をしたままでは取り扱わない方がいいです。.

セールで4k程にて購入。他にも様々なメーカーの同価格帯のbluetoothイヤホンを試しましたが、この商品が群を抜いて低音~高音まで、音が良いです。中華製だと音が籠り気味なものが多いですが、こちらのイヤホンは音がクリアで抜けがいいです。他社の2-3万円のものと比べるとさすがに差を感じますが、1万円程度のものには引けを取らない品質かと思います。本体のボタンの押し心地が少し硬いのが△、また通話用のマイクについては普段使わないのでわかりませんが、普段外出時に音楽を聴く用に重宝しています。接続のしやすさ、オンオフの挙動は◎です。バッテリーの持ちはほぼ表記通り、片方ずつでも接続可能なので歩きながらでも使えます。満員電車でスマホをポケットに入れるとたまに接続が怪しい時がありますが、両耳にイヤホンをした状態でスマホを手持ちならば、ほぼ接続が切れることはないかと思います。他のbluetoothイヤホンに比べて、デフォルトの音量が大きい(最小音量での音量が大きい)ので、他のものに比べて音量を出したい方には良いですが、普段から小さめの音量で聴く方は、androidでしたら音量調整を細分化できるアプリを使うか、galaxyでしたらsound assistantを導入して利用するのがオススメです。iosに関しては分かりかねます。トータルのコスパとしてはとても良いと思います。.

Ankerさんの「soundcore liberty neo」(第1世代)を使っていましたが、ちょっとした事情でこちらの「life p2」を買い増しすることになりました。買い増しの際に、同じ「neo」の第2世代にしようかと迷ったのですが、ちょっと変わったのもいいかな?と思ってこちらをポチり。使う場面が違うので普段は聴き比べることも少ないのですが、後から買ったものだからなのか、よく聴くと音はクリアになった印象があります。箱を開けたときの第一印象は、「大きくて重い」と感じたのですが、これも飛び抜けて軽い「neo」との比較では、という限りであって、慣れてしまえば気になるものではありません。主に通勤の際に使うという用途からすれば、音質も十分です。音以外でいいところといえば、充電の端子がusb cなので接続しやすく抜けにくいこと(neoはmicro usb)、バッテリーの最大使用時間が40時間であること(neoは12時間)などが挙げられます。イヤーピースも、サイズの違うものが複数(4つ)同梱されていますので、自分に合ったものを選べます。neoとは形状が違うため、重心のバランスがやや内側にあるからかと思いますが、多少動いても落ちる心配はありません。(neoも、あまり落ちたことはありませんけど…)反面、いくつか改善をしてほしいところもあります。まず、ケースから取り出しにくいこと。これは、他の方も指摘なさっていることです。仕様変更をされる場合は、まずここを改善されるとよいかと思います。次に、ケースが艶消しなので見た目には落ち着いた印象なのですが、傷がつきやすいように感じて扱いに気を遣います。また、ケースの底面も同じ仕上げなので、底面がゴム素材のneoと比べると滑りやすい感じですね。お値段は、neo(第1世代)よりも1,000円安い4,999円。購入のタイミングによっては、もう少しお得な時もあるかと思います。コスパ高い製品だと思いますので、このクラスでお探しの場合はチョイスの中に入れてみてはいかがでしょうか?取り出しにくさについては、使うたびのことですので、もし気になるようでしたら、取り出しやすく形状改善がされるという情報を待ってからでもいいかもしれません。追記:電話の着信時に、相手の声が聞こえないという不具合がわかり、返品をして再度購入をしました。返品も無事完了し、再購入した商品も連休中に届きましたので、連休明けからまた慣らしていくことにします。.

装着性によって低音のボリュームが左右されるので重要だが、耳の形状には個人差があり、一般的な評価は難しい。低音が少し足りないが、音質は悪くない。接続性は良好、操作性については、ボリューム操作ができないのが惜しいところ。通勤と昼休みで、1日に2時間程度の使用て、バッテリー持ちは充分、この使い方で充電ケースのバッテリーも1週間はも持つ。電波の届く範囲がやや狭いのか、スマホをズボンのポケットに入れると音が途切れる事がある。.

廉価版と言ってもほぼ必要な機能が揃っており、フルワイヤレスイヤホンの中でも最高と言っても過言ではないコスパを誇ると思う。流石に音質は負けていると思うが、性能をそこまで求めない人はこのイヤホンでいい。逆にいうなら音質にこだわるならair pods proはどうぞ。以下細かい点。ankerのフルワイヤレスイヤホンの中でも初めて両方の片耳再生対応(右耳だけの再生ならあった)しているため、片方の電池消費だけが激しく、右耳のイヤホンの充電が無くなったから再生が出来ないなどのトラブルもない。接続安定性もしっかりしていて、今まで使ってる中で音が切れたこともないし、イヤホンも軽く耳も疲れたり、痛くなったりしない。しかしただ1つの残念な点として、マイクの音質が悪い点が挙げられる。指向性集音機能が何か悪さをしているのか、若干だが声を拾わなかったり、雑音が入ったりする。結論としては、電話するには若干難あり、音楽再生には問題なし。もしこのイヤホンが壊れても同じシリーズのイヤホンを買うと思う。.

ベスト Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー / Qualcomm® aptX™ / PSE認証済】 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.