SOUL(ソウル) ソウル ver – .4.0対応Bluetoothダイナミック密閉型イヤホン(ブラック)

音もかなり良い。フィット感も個人的には◎大きさも重さもプラトロニックスやsonyのものと比べるとかなり軽く感じられ、コンパクトだとも思う。再生時間は店によっては8時間持つなんて言うところもあるが大体5時間程度だと思っておくといい。初めてのbluetoothイヤホンならこれは買いだと思う。.

2015年8月に購入。主にランニング時に使用。購入3ヶ月後に操作部分付近の干渉による酷い音飛びが発生し、使用不可能に。とても高い買い物でした。音質は素晴らしかったです。.

価格帯を含め非常に気に入っている商品ではあるのですが…一個だけバッテリーが短いかも…。。。それ以外はperfect!.

【デザイン】大きくsのロゴがあります。スタビライザーも相まっていかつい感じです。【高音の音質】中高音は割とシャリシャリとでます。同価格の有線に比べると劣りますが、音質は悪くないです。【低音の音質】一方低音は割と弱めです。低音重視が好きなのでオーディオアプリのイコライザを使って強化してますがそれでもあまりズンズンとしません。【フィット感】今までbackbeat goを使用していたのですが、あまりフィット感がなくよくぽろぽろと耳から抜けてしまっていました。一方こちらのrun freeはしっかりと耳に固定でき全く耳から落ちません。スタビライザーが割と大きめなので女性や耳の小さい方はうまく装着できないかもしれません。【外音遮断性】カナルタイプなので音楽を聴いていると人が何をしゃべっているのかわからなくなります。【音漏れ防止】上記のとおり音漏れも少ないかと思います。【携帯性】コードにバッテリーやアンプなどのボックスが付いていないので丸めてポケットにしまったりできます。携帯性はいいと思います。専用のセミハードの携帯用ケースが同梱されていますが大きくて邪魔になりそうなので使用してません。電池持ちは大きめの音量で音楽を聴いて4. 5時間ほどでした。通学の往復2時間で二日もつので十分です。【総評】接続が悪いのか外部の電波のせいなのかわかりませんが、よくプツプツとノイズが入ります。以前使用していたbackbeat goではそのようなことはなかったので、割と困っています。他の方も同じことを書かれていますのでこの製品の欠点なのかもしれません。他の点で大きな不満はないため残念です。.

利点と欠点

メリット

  • 音質は良いが

  • ソウル ver.4.0対応Bluetoothダイナミック密閉型イヤホン(ブラック)

  • 初めてのBluetoothイヤホンならこれ!

デメリット

ベスト ソウル ver.4.0対応Bluetoothダイナミック密閉型イヤホン(ブラック)SOUL In-Ear headphones Run Free Pro Black RUN FREE PRO BLACK 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.