SHURE ヘッドホン 密閉型 スタジオ用 Srh1540 【国内正規品】 – すごくいい。

ヘッドフォンは20本くらい持っていて、基本的に音場が広いオープン型が好きなのだけど、やっぱり外部の雑音が気になるので普段は密閉型が使いやすい。でも密閉型だと音場が狭く窮屈なのですぐに聴き疲れしてしまう。それと、主張の強い濃密な音も嫌いではないけど、bgm的に音楽を聴くことが多いので長時間聴くにはあっさり目の方が良い。hd800なんかはハッとする良い音を出す割には聴き疲れしないし音場がメチャ広いしで好きなのだけど、デカくて重たいし外部の雑音が丸聞こえなので正直言って使いやすいとは言えない。なんだかんだでt5pあたりが使いやすいので使っているのだけど、いまいち音の抜けが悪いのが玉に瑕。で、本機を視聴したところ上記の課題をクリアしており、一発で気に入ってしまい即買いしてしまった。正直言って、聴いていて別にハッとするところも感動するところもない平凡な音なのだけど(笑)、ストレスを全く感じずに自然に聴き続けられるという点ではかなり能力の高いヘッドフォン。ストレスを感じないというのは「欠点のない自然で良い音」ということ。装着時のフィット感も素晴らしい。別にこれをメインに使おうというつもりで買ったわけではなかったのだけど、いつの間にかこれがメインになってしまった。.

いつも利用させて頂いておりますが、amazonさんでの購入ではない事はご容赦ください。まず、私はこの機種を3度購入しております。一度目は、兄弟機であるsrh440、840の緻密な音に魅せられ興味本位で購入。あまりの音の良さに驚いたものですが、この時はまだ上の音があるだろうと売却。二度目は、多くのヘッドホンを買い漁るもののsrh1540の音が耳に焼き付いており、何を聴いても満足できず手放した事を後悔し、中古で再購入。改めてこの機種の能力の高さを再認識。三度目は、メーカーshureのモノづくりに敬意を表し、一から本当の実力値のものを、と新品が欲しくなり中古を売却し新品購入。このような流れです。愚行だと思われるかもしれませんが、これ程までに魅了されたヘッドホンは珍しいです。見た目はそれほど高級感はありませんが、軽量化に力が注がれており非常に扱いやすいです。アルカンターラ製のイヤーパッドは非常に着け心地が良く柔らかくて耳当たりも良いです。やはり、特筆すべきは音質です。潤いや艶を求めると多少の不満が出るかもしれません。しかし、前面に押し出され強烈な個性を放つ中低音域の芯の通った音は、他の機種では真似できません。音像が正確に描写されながら、小さく収まる事なくダイナミズムを演出しております。重厚感を纏ったギター、ベース、ドラムが生々しく再現される様は躍動感に満ち溢れ、もはや感涙の域です。真骨頂は、やはりギター音の再現能力です。まさに「凄まじい」というレベルであり、ハードロック・ヘヴィーメタル音楽に対する適正値は相当高いと思います。例えば、レスポールに代表される極太のギターを聴くとザクザクと刻まれ耳に伝わる音圧があまりに心地良く中毒性を持っております。これによって、本当の意味で「鼓膜を揺るがす音」というものを体験できます。しかし、このようなキャラクターを持ちながら、埋もれることの無い美しい高音域もキラリと光っており、無骨かつ繊細という相容れない両者をうまく融合させております。ここまでの実力値を持つヘッドホンは、そうそう出逢える訳ではありません。もう二度と手放す事は無いと思います。是非とも皆様にも手に取って頂きたいと思います。.

手持ちのイヤフォン故障により、購入しました。オフィスでの使用も考えていたため、密閉型の自然で原音に忠実な,モニター寄りの音質のヘッドフォンを探していました。家電量販店にて視聴をしたところ、音場の広さとクセの少なさに魅力を感じました。使用開始から6か月程度のレビューです。【見た目・剛性】★★★★☆好き嫌いが分かれると思いますが、シンプルなデザイン+カーボンの見た目はいいと思います。材質としてはプラスチックの部分が多く高級感に欠けますが、アルミヨークは剛性がありそうです。フルサイズのヘッドフォンなので、装着時のシルエットは横に出っ張ってしまうような感じもします。心配な箇所としては、ヘッドバンド部分に付いているクッションは高めのものが付いていますが、使っているうちに取れてしまいそうな気がします。また、このクッションは数か月の使用で確実にヘタって来ます。しかし、全体的に可動部分が少ない事から故障は少なく済みそうです。【付け心地】★★★★☆重さ286gと軽めのヘッドフォンだと思います。人によっては二つに分かれたヘッドバンド部分が頭頂部に当たり、気になる方がいるようですが、私は付け心地としては気になりませんでした。側圧は眼鏡をかけての使用ですと1時間くらいで眼鏡の竿が側頭部に食い込み、痛くなります。アルカンターラを使用したイヤーパッドはとても触り心地がよく、低反発で付け心地も良いです。私の耳は全体が包まれますが、人によっては多少イヤーパッドや内側に触れるかもしれません。長時間つけているとさすがに熱が多少は籠ります。秋~冬は汗をかく心配はありませんが、夏場はわかりません。【音質】★★★★☆音質は全音域に渡りバランス良く出ていると思います。モニターヘッドフォンとしてはサブ・ベースが少し強めに出ていますが、出すぎという程ではありません。引き締まった低音のヘッドフォンと比べると僅かにスピード感に欠ける気がします。中音域は艶がありバランスよく自然に出ているとおもいます。高音域は比較的フラットで自然な音色で、長時間の使用に備えてなのか、高音の刺さりを的確に抑えていると思います。長く聴いていても聴き疲れしづらいです。ただ、聴いていて楽しい音(リスニング用途)を求めているのなら、時折物足りなく感じるかもしれません。あくまでもモニターとして、どの帯域をも強調せずに、フラットな音を目指しているのを感じます。解像度も良いと思います。音場も密閉型にしては驚くほど広く、音の定位も正確にだと思います。全体的に満足のいくサウンドです。【値段・付属品】★★★☆☆ヘッドフォン本体のシンプルさを考えると値段設定は少し高めだと思いました。しかし、他のヘッドフォンと比べて良質なハードケース、スペアのケーブル、スペアのイヤーパッドも含めての値段と思えば納得できる値段だと思います。ケーブルは全く同じものが二つ付属しています。1. 83mという長さはポータブルとして使うには少し長すぎですが、使えなくはありません。イヤーパッドのスペアは非常にうれしいです。全体的に満足しています。mmcx端子は少し特殊なものが使われていますが、リケーブルにも手を出したくなります。.

Shure(シュアー)はイヤフォン業界では世界トップの有名メーカー、この【srh1540】はそのshure社のハイエンドヘッドホン。・・・ともなれば粗悪な音質のわけがありません。以前から試聴は何度かしていましたが、音質は好きな傾向と思いながらもアメリカ製品に少なからず偏見があり、敬遠していました(スミマセン)遅ればせながらリスニングの快適さに惚れ込み、購入となりました。まさしくモニター・リスニング兼用のプロ仕様ヘッドホンとして、国内メーカーでもこれを越える機種は殆ど見当たらないレベルのヘッドホンと改めて感じました。個人的趣向では『密閉型で音分離や音場感が程よく、低音域が心地よいリスニング系』が好みのタイプなので、マイベスト【denon ah-d7200】を脅かす存在になりました。ここからは【denon d7200】との比較も交えてレビューします。音の聞き分けがラクに出来る音の解像度と分解度、それでいて長時間のリスニングにも十分に耐えうる尖っていない柔らかい音質と装着感。高域から中域、低域にかけて音域バランスが良く、高域に塞がりがなく中域は分離が引き立ち、低域はアタック感と沈む低音を確保しながらタイトで音圧・量感も十分です。音場の広さも意外と、意外とあります(←音圧が抜ける箇所はイヤーパットのみ?)低音の効かせ方・作り込みはdenonの【d7200】のほうが好みでしたがこちらも実際のスピーカーに近い低音の響きがあります。それ以外の音質は互角でしょうか。むしろ高域のクリア感はこちらが少し良い印象です。スペック(仕様)を見てみるとdap単独でも高音質で使用できそうに見えますが、実際使用してみると意外と鳴らしにくいヘッドホンと感じました。dap直繋ぎではハイゲインonで何とかギリギリ本来の実力並みの音質を出せる感覚です。ヘッドホンアンプを介したほうが断然音質の濃厚さや音場が向上し、余裕を持って鳴らせます。(ウォークマンwm1z直繋ぎ、wm1z+アンプzh1es使用での感想)※【d7200】は標準プラグのためアンプ必須のヘッドホンです。デザインは他の方のレビューでも挙げられている通りカーボン仕様のハウジングとアルカンターラ調のイヤーパットなどスポーツカーの内装のようです。とても男性的でカッコ良い反面、女性が所有するには少し躊躇するデザインかもしれません。装着感はパットがアルカンターラメッシュのため汗をかいても不快になりにくく、側圧もキツくなく、付け心地は満点レベル、リスニング用としても満点レベルです。※デザインに関して【d7200】はウッドハウジングのため比較できませんが、 装着感では圧倒的に【1540】が全て上回ります、素晴らしい付け心地です。この高音質を5万円以下で買えるコスパは素晴らしいです。この価格でモニターホン、リスニングホンが十分に賄え、しかも補修部品(交換用イヤーパット、ケーブル)もあらかじめ付属する親切さ、永く使用できます。私のお気に入り密閉型ヘッドホンのトップ3に入る機種です。これはオススメです。.

私は音質とかよくわからない人ですが、これは誰が聞いても感動すると思います。飾った音ではなく自然な音を出してくれます。だからといって低音が物足りないことはなく、豪華に出してくれます。満足いくくらいまで音量を上げると、音漏れはします。.

私は3年ほど前まで沼に深めに脚を突っ込んだヘッドホンマニアでした。他のレビューでも書きましたがこれまでに使ったヘッドホンは、ultrasone edition8とedition12、b&w p7、beyerdynamic t90やdt990proやcustom one pro、hifi man he-400など、他にも数十点使用しました。そんな私のヘッドホン沼を終わらせたのが本機です。趣味でdtmをやっており作曲をしてますが、リスニングとモニタリング両方が成り立つヘッドホンを求めてかなりの数を持っていました。本機を使用し始めてからほぼ全てのヘッドホンを売りました。本機はスタジオヘッドホンとして作られています。スタジオヘッドホンにもレコーディングモニター用、音のバランスを取るときのミキシングモニター用、など用途によって適したヘッドホンが変わると思います。この本機はミキシングモニター用と感じました。音としては、全体的にフラットですが若干低域が強く出ています。しかも他の帯域をほとんどマスキングすることなくそれを成り立たせてあり、全体が驚くほどクリアに聴こえます。音の広がりは、どちらかというと広く聴こえる方だと思います。ミキシング用としては適当な広がりではないかと思います。音の分離感は非常によいです。あと、音でこれについて言及される方は少ないのですが、音の芯をすごくはっきりと表現します。本機の前には最初に書いたt90を使っていたのですが、この芯の違いに驚愕しました。それによって、これまで自分が作っていた音のショボさに愕然としました。それだけ、本機は音を作る、音を整理することに対しシビアに使えます。着け心地ですが、耳周辺は売りの1つとして書かれているアルカンタラ製のイヤーパッドが良く、非常に快適です。が、頭頂部はなんだこれ・・・となりました。特に使い始めの時がイマイチです。その後1ヶ月ほどしたらさほど痛くなくなってきました。頭頂部のパッドがだんだんと変形していきフィットするようになったんだと思います、頭頂部がはげてきたわけではありません。総合して、非常に良いヘッドホンと思います。ミキシングにもリスニングにもすごく使える、音としては名機と言って差し支え無いと思います。私の中で、現在もナンバー1のヘッドホンです。.

SRH440を使っていて今回は一気にグレードアップで買ってみました。既に先に何人かの方が書かれているのと重複しますが、低域は結構出ます。高域も中域も充分出ます。かといって低音がモッタリボン付くことなく、全域に音のスピード感はあります。音場は充分広く、POPSなどでは作り手が、どのくらいのルームサイズ設定でリバーブをかけたのかわかるように感じます。ただ、買ったばかりの状態では、音が硬質に感じます。素材のせいでしょうか?30時間ほど音楽をかけっぱなしにしたところ、硬さがとれていい感じになってきました。充分なエージングは絶対に必要だと思います。全体的に音の出方はむらなくスムーズ。低音の出方に特徴がある以外はまさにモニターヘッドホンの系統です。ただこの価格帯になると、音に他に代え難い雰囲気とかプラスアルファも欲しくなってくる訳で、比較視聴したakgのヘッドホンなんかの方がそれが有るように感じましたがこの辺は何を求めるのか?好みの問題かと思います。それと掛け心地ですがこれはsrh440より確実に良いです。耳にあたるところの感触がソフトだし全体に圧迫感を感じることなくフィット感があって軽い掛け心地には満足。但し私の頭でスライド調節でほぼ伸ばしきった状態ですので、私より頭の大きい人だと調節が効かないかも。この辺は頭のサイズが大きめの人は、アマゾンで買う前に店舗などで是非装着して確かめる必要性がありそうです。今までusb-dac(ROLAND UA M-10)に直挿しで聞いていましが、聴きこむうちにこのヘッドホンにはそれではもったいない感じがしてきました。【2015. 15】その後amazonで評判の良かった真空管ポータブルヘッドホンアンプ axelを購入し、wave-pcm up convert playerと言うフリーのソフトを使用してpc→ ua m-10→axel→srh-1540で聴いており、かなり満足しています。やはりこの位の価格のヘッドフォンにはそれ相応の専用ヘッドフォンアンプは必要ですね。音の質感が全然違います。刺激的な音は出ませんが、ボーカルの肉声をはじめ生楽器も本当に生々しい。ua-m10の1ビット再生効果、再生ソフトも32bit、outsamplinng192 khz harmonic freqency autoに設定してfoover2000より立体感のある音場感も貢献していますが、再生機器のクオリティが上がればそれに応えてくれるかなりのポテンシャルのあるヘッドフォンだと思います。最初は出過ぎかと思っていた低音域もこれに慣れると他のヘッドフォンでは重心が高く物足りなく感じてしまいます。特に60年代→70年代位の録音物を聴くのが最近の楽しみですが、最近の物ではアデルの「21」など鳥肌モノでした。買った当初の印象とはだいぶ変わりました。ハイレゾ音源ではなく従来のCDをアップサンプリングしているだけなのですが、今の聴取システムで従来のCD臭いというかデジタル臭い音とは全然違う音で満足しています。.

Dtmとリスニング兼用のヘッドホンとして購入しました。聴き始めは何も突出している感じがなく、こんなものかと思いましたが、比較対象がモニタースピーカーだったことに気づいて、そこで驚きました。ヘッドホン特有の音場の狭さが感じられなく、バランスがとても良いということみたいです。あと、全く聴き疲れしないです。音圧モリモリの音源でも高音が耳に刺さることなく自然に聴かせてくれます。サ行の刺さりもうまくいなしてくれているようです。ここら辺はガチのモニターヘッドホンとは違うのだと思います。あと少しだけ低音を強めにしているようです。この辺りのバランスも聴き疲れしない秘訣なのかなと感じました。ちなみに、モニタースピーカはadam a3xを使っています。装着感は、ぴったりでした。個人差はあると思いますが、私自身がとても頭の大きな個体なので、頭の大きい人有利かもしれません。あと、イヤーパッドの肌にあたる部分が布地なので、ムれにくいと思います。再生機器は、ローランドstudiocaptureと ソニーのzx2を使っています。どちらの機器も、ドライブ能力不足は感じられないです。じゅうぶん鳴ってくれます。とても自然で聴き心地の良い音ですが、音のあら捜しには他のガチのモニターヘッドホンのほうが良いかもしれません。.

利点と欠点

メリット

  • 楽しめるモニター
  • 素直な音
  • 中古とは言え

デメリット

これは凄い、凄いとしか言えないです3万円台やキリ良く5万円以下のヘッドホンをお探しの方はもう少しだけ我慢して、次の給料日まで貯金しつつこれを買うべきですエイジングは確かに必要かと思います、特にこのヘッドホンは音に色付けがされてませんので他のヘッドホンやイヤホンを使っていた方なら物足りなく感じるでしょうしかし、箱出しでも分かるこの音のフラットさ、密閉型でありながら開放型にも負けない程の音の抜け・・・全ての音が主張しすぎず、しかし心地よく聴き取れ感じられる・・・今まで3万円程で買ったヘッドホンを使っていましたが、このヘッドホンを着けてから何を聴いても鳥肌が立ちっぱなしです、演奏者や歌っている人の息遣い、指の動き等の情景がありありと浮かんで来るこの臨場感!文句無しでオススメです、是非とも買って頂きたい!聴いてみて頂きたい!装着感に関してですが、とても軽く、またイヤーパッドが柔らかいため耳も痛くなりませんし疲れませんイヤーパッドの感触を例えるならとても柔らかい低反発枕のような感じでしょうかメガネをかけて装着していますが、メガネをかけていることを感じさせない柔らかい装着感ながらしっかりとホールドしてくれる、とてもよいイヤーパッドだと思いますちなみに交換用イヤーパッドと予備ケーブルが付いています、これだけ付いててこの性能ならば10年以上使っていけるのではないでしょうか?.

細部までくっきりと鳴らします。下位のリスニング寄りのヘッドホンを使っていたら、「聞こえなかった音が聞こえる(聞き取りやすい)」を典型的に体感できます。モニター的な音質ですが、リスニングとしても楽しめる絶妙なチューニングです。音の傾向には好みがあると思いますが、誰が聞いても「良い音」を感じる事ができるヘッドホンです。ただし、女性ボーカルのウェット感や色気的な部分がやや乏しく、乾いた感じです。その辺の表現を求めるならhd650・660sを検討した方が良いと思います。私は、edmを聴くことが多いのですが、量感が多いにも関わらず解像感の高い低音、埋もれる事なく煌びやかな高音、そして、適度な音場表現に満足しています。また、pcゲーム(fps)にも使っていますが、足音がとても聞き取りやすいです。デザインは、上品で質感が高く所有欲を満たしてくれます。収納ケース付きで交換用ケーブルとイヤーパッドも付いておりユーザーに良心的なパッケージになっています。.

趣味で作曲(dtm)を行っている者です。元々同じshureのsrh840を愛用していたのですが、うっかり床に落とした拍子にアームが折れてしまったので、以前試聴して気に入っていたこのsrh1540を思い切って購入しました。他に同社のsrh440も所持しています。このsrh1540で特筆すべきは低音でしょう。srh440及び840とは比べ物にならないです。srh440⇒srh880と聴き比べると、音場が広くなりより低い周波数まで出せるようになったなという印象で、低音の量はそこまで増えていないという感想でしたが、このsrh1540と聴き比べるとびっくりするほどの低音の量に圧倒されます。「shureってこんなチューニングにもするのか!」と。かと言って低音のせいで中高音が埋もれてこもってしまうということもなく、バランスよくまとまっています。これだけの低音と中高音を両立しているヘッドホンは珍しいと思います。流石はモニター用途にも考えられたヘッドホンです。shureのチューニングに脱帽。また音以外にもsrh840からの改良点がいくつかあります。外見は同社のオープンエア型のsrh1840にかなり近いです。このお陰で本体アームは頑丈で、srh840の欠点だった「アームの折れやすさ」が改善されています。さらに本体重量もかなり軽くなり、srh840とのカタログスペック比較で79gも違いがあります。長時間使用することが多いので、軽いのは本当にありがたいです。また長所とも短所とも言えない点が一つあります。この商品、密閉度がsrh840等と比べてかなり高くなっているのですが、その分夏場はかなり蒸れます。夏にはあまり長時間使いたくないですね。予備のケーブルやイヤーパッド、持ち運び用のハードケース等、付属品も充実しています。試聴して音が気に入ったならぜひ。.

音場広い。低中高音バランス良し。素晴らしくクリア。音の余韻よく収束し音の終わりわかる。低音格別にふくよか。最高です、素晴らしくコストパフォーマンス、20万近いヘッドホン以上と感じました、オーディオ初めは、通勤・家で聞こうとイヤホンdapでした。でも迫力無いよな~で家ではヘッドホン。いつの間にか沼にはまりfostexth900で聞いていました。でも、曲によっては低音出過ぎ。どうしたものか?そこで、沼ハマリ中買っていた中の本拠srh1540聞き返して、やっぱり低音出ないじゃないかと思いました。しかし以前と違いヘッドホンアンプを所持していたので、それで再挑戦。色々やって低音出ず。降参。放置し次の日、ヘッドホンアンプ再挑戦。なんだこれ!どうなってこうなるの!これがエージングか~、完全にばけました。所持ヘッドホンで聞き比べ。向かうところ敵なし。fostexth900ほど低音出過ぎず、太鼓もド~ンでは無く、ドオォ~ン余韻素晴らしい。低中高音クリアで低中高音のている音バランス良好。本拠6. 3mm標準ですが。そのクリア感バランス接続要りません。 以前テレビで見た「のだめカンタービレ」映像表現で、ピアノの音が玉になるシーン。まさにそれです。何時間か我慢してエージングしてください。ヘッドホンアンプでちょっとボリューム大で聞いてみてください。.

店員の説明で装着すると、何だぁ!これだよこれ~~長年探し求めてた。音質好みは人それぞれ。衝動買いして、2007年のvaioで聴くと、店で聴いた感覚イメージと何ら変わらん。低音好きには物足りないかもしれんが、これだけ出てれば俺等は十分。鮮明で中高域が素晴らしく、ギターを聴くとジャンルによっては情感、哀愁漂う。おそらくrock好きな方は一度くらい装着しているだろうか?もちろんベースも文句なし。ドラムもストレートに出る。onkyoのアンプを通すと更に聴き入ってしまう。買ってしまったがしかし、宝物。.

購入して1年ぐらい、jazz好きのひとには最高だ‼️.

Amp→grace m920ノーマル駆動□装着感パッドの当たり具合・側圧、ともにちょうどよい。アルカンターラが貢献してます。重量もメチャクチャ軽いです。しかも安っぽい軽さではなく計算された軽さで、軽さが立派な機能のひとつになっているよい例だと思います。※捕捉注意として、、側圧は強くないしパッドもアルカンターラ故に遮音性は高くありません。なので使用には注意が必要。例えばステージ袖や、爆音環境下でのモニタリング使用には向かない設計です。□音質「開放型みたいに鳴る密閉型」でしょうか。個人的にヘッドフォンには「音場(空間)描写が得意なタイプ」と「音像描写が得意なタイプ」の2パターンあると思っていて、本機はその中間で少し音像描写が得意なタイプ寄りと感じました。そこを狙って造られてる本機はすごいと思います。なぜって、音場感も広く見通せてなおかつ音像もきちんと描写しきることができるほど分解能が高い密閉型って実はなかなかない。造るのが難しいんでしょう。例えばモニター系で云えば、900stは音像描写が得意なタイプ。だからどちらかというとプレイヤーモニターに向いている。でも本機はどちらかというとmixモニター向きでしょう。音像もきちんと捉えられていて、尚且つ音場感もよく見通せるので。周波数バランスは、とくにmid全域の分解能が素晴らしい。故にちょっと明るめな質感です。明るいと言ってもテクニカの2hシャーペン線のような「音線が細い明るさ」とはちょっと違って、hbシャーペン線のような「音線がしっかりとした明るさ」。あと構造的にだと思いますが、そこそこの音圧を入力しても音がコモって破綻しないように、要らない圧を巧く外に逃がして他の帯域を邪魔しないように…ってしてる感じもまた良いです。・総合的に受け皿として極端に変なカラーが付いてない。音場感と音像感をバランスよく表現してくれる。分解能が高い。(倍音の再現もとてもよい)コモりによる間違えが起こりにくい。それらを踏まえて、汎用mixモニターとして使い勝手はとても良いと感じました。例えば、ヘッドフォンだけでmixを完成させないとならない現場などでは、かなり信頼を置けるヘッドフォンなのではないでしょうか。ハッキリ言って、流行りのハイレゾハイエンドみたいな派手な音はしないし、強いキャラもありません。でもモニターとして、まずは聴こえる帯域の中身をきちんと細かく鳴ってくれるヘッドフォンだと思います。.

ホームリスニングで使える良いヘッドホンは何か、ずっと探していました。自分の探していた条件は・音漏れがしない=密閉型・かつ開放感のある音・全帯域に置いてフラットな音・イヤーパッドは大きめ(耳が大きいので)・リケーブル可能で、両出しケーブルである・予算は100,000円以内で・スピード感の高い音という事でした。現在はこのsrh1540にxlr3ピンのリケーブルを使用してpioneer u-05というアンプでバランス化して聞いております。かなり悩んでいたヘッドホン選びにおいて、やや低音よりであるとレビューされるこのヘッドホンは籠った音なんじゃないかと、候補にも上がっていませんでした。候補には、sony mdr z7やベイヤーダイナミックのT5p、b&w p7開放ではあるがsennheiser hd700、などがありましたが、たまたま店頭に置いてあった試聴機を聴いて度肝を抜かれました。直感的に惹かれました。音楽を楽しみたい人に1番良い音でした。何よりも、開放感があり、スピード感があり、低音もラウドではなく、上品で、高音は透き通り、声は近くも柔らかく、密閉では悩んでいた候補とは全く違う感動を得ました。値段もshureの密閉現ハイエンド機としては良心的で、本当にいい買い物をしました。間違いなく買って後悔はないでしょう。自信をもってこのsrh1540をオススメします!.

まず、装着感。悪いという評価をよく見掛けるが、自分にはぴったりフィットする。購入当初はちょっと側圧が強いこと、少し耳が痛くなることがあったが、現状それも解消し、装着感良好。音に関しても言うこと無し。プロ仕様のモニターヘッドホンということでリスニングに向かないという危惧があったが、そんなことはなく、普通に音楽鑑賞するための十分実用に耐える(当たり前だが)ヘッドホンだった。できればヘッドホンアンプがあった方が良いと思うがオーディオ機器に直挿しでも普通に楽しめると思う。今では毎日仕事帰りに音楽鑑賞をすることが楽しみになっている。.

特徴 Shure ヘッドホン 密閉型 スタジオ用 Srh1540 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • SRH1540 プレミアム・スタジオ・ヘッドホンは、オーディオ機器分野における90年以上の経験を生かし、プロのオーディオ エンジニアやミュージシャン、オーディオ愛好家など、あらゆるタイプのユーザーに極めて優れた音響性能、快適性、耐久性を提供します。
  • 40mmネオジムドライバーを採用し、クリアーで伸びのある高域とウォームな低域を伴う広大なサウンドステージを実現。
  • アルミ合金とカーボンファイバーによる軽量かつ堅牢なデザインに加え、Alcantara製のイヤパッドでこの上なく快適な装着感と遮音性を実現しました。
  • ジッパー式保管ケース、交換用イヤパッド1組と交換用ケーブルが付属しており、長期に渡りヘッドホンをお楽しみいただくことができます。また、6.3mm標準プラグアダプターも付属しています。

メーカーより

85年以上の経験を元に、プロミュージシャンからオーディオ愛好家まであらゆるタイプのユーザーに、極めて優れたパフォーマンスを提供。

高品質な素材と新しいテクノロジーによる、広大なサウンドステージを実感させるプレミアムなモデルが登場。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

40 mmダイナミック型ネオジム磁石を採用したドライバー

クリアーで伸びのある高域とウォームな低域を伴う広大なサウンドステージを実現。

通気孔のあるセンター・ポールピースを備えたスチール・ドライバーです。

高品質な素材と新しいテクノロジー

密閉型サーカムオーラルデザインにより耳全体を快適に包み込み、周囲の騒音を低減。

APTIVフィルムを採用したダイアフラムにより、リニアリティの改善およびTHD(全高調波歪)の低減を実現。

更にフレームがリニアリティを改善し、内部での共鳴を抑えることで、どんな音量でも一貫性した性能を実現。

人間工学に基づいたデザイン

調整可能なプレミアムパッド入りのスチールフレーム・ヘッドバンド。

低密度のAlcantara製交換用イヤパッドは、形状復元性が高くゆっくりと柔らかく耳にフィットし、格別な快適性を提供。

SRH840A SRH940 SRH1440 SRH1840 SRH1540
特性 原音のニュアンスをあますところなく再現するハイクラスモデル 全体域に渡る正確なレスポンスを備えたハイエンドモデル 人間工学に基づき長時間の仕様でも快適さを提供する魅力的なデザイン 圧倒的な音響性能を提供する開放型フラグシップモデル 広大なサウンドステージを実現するプレミアムモデル
サウンド 高度に調整された周波数特性により、豊かな低域とクリアーな中高域、伸びのある高域を再現します。 正確な周波数特性がもたらすタイトな低域を伴いスムーズに伸びる高域エンドを実現し、優れた過渡特性により歪みを最小限に抑えます。 精緻な高域と豊かでコントロールの効いた低域を両立させたフルレンジオーディオ。ポータブルでも簡単に楽しめるようにインピーダンスを最適化。 左右のドライバー特性を揃え、スムーズに伸びる高域と正確な低域を実現し、圧倒的な音響性能を提供。ニア・フィールドモニターに匹敵するリファレンスサウンドを必要とする方へ。 APTIVフィルムを導入したダイアフラムにより、リニアリティの改善及びTHD(全高調波歪)を低減。クリアで伸びのある高域とウォームな低域を伴う広大なサウンドを実現しました。
推奨用途 スタジオレコーディング/モニタリング スタジオレコーディング/モニタリング スタジオレコーディング/ポータブルミュージック スタジオレコーディング/モニタリング スタジオレコーディング/ポータブルミュージック
型式 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 オープンダイナミック型 オープンダイナミック型 密閉ダイナミック型
ドライバー口径 40mm 40mm 40mmネオジム磁石 40mmネオジム磁石 40mmネオジム磁石
感度(1kHz) 102dB/mW 100dB/mW 101dB/mW 96dB/mW 99dB/mW
周波数帯域 5Hz-25kHz 5Hz-30kHz 15Hz-27kHz 10Hz-30kHz 5Hz-25kHz
インピーダンス(1kHz) 44Ω 42Ω 37Ω 65Ω 46Ω
ケーブル 片出し3mカールケーブル(着脱式、OFC) 片出し3mカール or 片出し2.5mストレートケーブル(着脱式、OFC) 両出し2.1mストレートケーブル(着脱式、OFC) 両出し2.1mストレートケーブル(着脱式、OFC) 両出し1.83mストレートケーブル(着脱式、OFC)
質量(ケーブル除く) 約365g 約322g 約343g 約268g 約286g

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

踏み込んだ力感と柔軟な表現力を継承、対応力の広さが魅力

SHUREの密閉型ヘッドホンのトップモデル。吟味し尽くした素材を振動板やイヤーパッドに採用し、音質と使用感を高めたことが最大の注目ポイントで、従来機にはない特徴である。

ダイヤフラムに新たに導入したAPTIVフィルムは、薄さと強度を両立させると同時に、温度や湿度など環境変化の影響を受けにくい性質を持つ。ネオジウムマグネットを積む磁気回路や40mmのダイヤフラム径は開放型のフラグシップ機「SRH1840」と共通だが、リニアリティの改善や歪みの低減など、基本性能の向上は著しいという。

イヤーパッドの素材も新たに見直し、今回はプレミアムカーのシートや内装材などに導入が進んでいるアルカンターラを採用した。肌触りのなめらかさと耐久性を兼ね備えており、遮音性も優れているとされる。パッド表面の孔は音響特性を改善するとともに通気性を高める効果もある。ハウジングのカーボンファイバーとともに、デザイン面で本機を特徴付ける注目のフィーチャーだ。密閉型ながらSRH1840に迫る軽量ボディに仕上げていることもあり、装着感は軽く、ストレスを感じにくい。

Astell&KernのAK120を用意し、ハイレゾ音源を中心に本機の再生音を確認した。エネルギー分布に偏りのないナチュラルな音調はSRH1840とも共通し、密閉型の最上位機種にふさわしいニュートラルなバランスにまずは感心する。

その自然なバランスを受け継ぎながら、本機は低音の音圧感と中高音の歯切れの良さを獲得しており、音量を抑えても密度や実在感を失わない良さがある。

オーケストラは独奏楽器の音像に揺らぎがなく、鮮明なイメージが浮かぶ。細部まで積極的に音を拾い出す分解能をそなえる一方で、けっして神経質な描写にはならず、適度にウォームな質感と温度感をたたえている。

一歩踏み込んだ力感を獲得しつつ、SRH1840に通じる柔軟な表現力もしっかり受け継いだ印象を受ける。その対応力の広さが、本機を選ぶ大きな理由になりそうだ。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事:http://www.phileweb.com/review/article/201311/28/1005.html
  • 文:山之内 正
  • 執筆日:2013年11月28日

安いヘッドフォンではないが、どんな音源も素直に再現するので、音楽ファンにオススメ!.

Shure入門用ヘッドホンであるsrh240aが思った以上に好印象であったことから、同メーカーの最上位クラスのヘッドフォンに興味を持って購入。3ヶ月ほどのエージングを経て、結果は非常に満足がいくものであった。本機の音を一言で表現すれば「スッキリ、かつクッキリ」。入門機であるsrh240aもまた比較的フラットな周波数特性とそれによる飾り気の無い音色・音味が好ましかったが、このsrh1540ではその音色・音味と同じフラットな方向性を維持しながら、圧倒的に比べものにならないほどワイドにダイナミックにスケールを拡大させている。さすが、この価格帯までくると「格」がここまで異なるのか…と改めて感心したものである。高音も良く伸び、低音も本当に深いところまで再生する。それでありながら真ん中の音域も外連味の無い表現力を有している。フラットで飾り気の無い音と聞くと、つまらない音なのでは無いかと思う方もいるかもしれないが、そんなことは無い。録音されている本来の音が持つ魅力を余すこと無く虚飾を排して表現する力というのがまた、本機の大きな魅力である。本機が表現する音数はきわめて多く、これでもかと録音の細部を詳細に描く。音の解像度がとてつもなく高いのだ。他の再生環境では単音だと思っていた音が実は複数の音の重ね合わせである様子が事細やかに描写される。それでありながら決してうるさすぎることも無く、解像度が高すぎて耳が疲れることも無い。また音場感・臨場感も据え置き型スピーカーによるニアフィールドリスニングに匹敵する広がりを持つ。ヘッドフォンの音場はともすれば「脳内定位」というか頭の中で完結し、外には広がらない機種も多数あるが、本機では「目の前」や「左右」「頭上」にも音場が広がる(ただしこれは録音にもよる)。もちろん、本機を駆動するヘッドフォンアンプやその前段であるdacの性質にも左右されるが、たとえiphoneのヘッドフォン端子から直に再生したとしても、本機の魅力の片鱗は伝わるであろう。もちろん、本機の真の力を発揮したければ、それなりのヘッドフォンアンプやdacを用意した方がずっと幸せになれるだろう。自分は、fx-audioのdac-x6j+opa627(主にpcからの出力)、もしくはonkyoのdac-ha200(主にiphoneからの出力)を組み合わせて使っているが、両機ともコストパフォーマンスに優れた名機である。srh1540のフラットさ・クリアさを生かした再生音を望むならdac-x6j+opa627に軍配が上がるが、onkyoのdac-ha200による厚みと暖かさもまた本機から魅力的な再生音を引き出す。アンプの違いもまた本機は明瞭に描いてしまうので、組み合わせに悩むのもまた楽しみの一つと言えるかもしれない。またmp3よりも無圧縮音源、通常音源よりハイレゾ音源のほうがさらに音の魅力が増すので、音源購入費が嵩んでしまうのもまた贅沢な悩みである。アルカンターラのイヤーパッドの付け心地は極上で、長時間装着しつづけても快適さを失わない。また重厚な見た目に反してかなり軽量なので、装着していて重さに疲れることも無い。他の方のレビューによると調整幅がそれほど多くないので、頭の大きな方や顔の幅が広い方には合わない場合があるとのことだが、幸いにして自分の頭には快適にフィットしている。10万を超えるヘッドフォンと比べれば安価であるが、それでも1〜2万の製品から比べれば本機は高価な部類に入ると思う。大げさであるが、自分も本機を購入する際はそれなりに「清水の舞台から飛び降りる」覚悟をしたし、我が家の大蔵省である嫁さんに何と言い訳したものかと悩んだものである。しかし、本機の魅力はそんな悩みを十分に払拭するものであったと言えよう。.

Shureのこのクラスのヘッドホンを新品同様という形でしかもいい値段で買うことができました。ヘッドホンアンプはfostexのhp-a8です。この組み合わせがいいのかは分かりませんが非常に満足しています。オペラのbdを聴いていますと低音がむやみに強調されずに高音の抜けも良くいいバランスの音が出ていると思います。ただ映画を見るにはちょっとものたりまさを感じます。私が重低音が好きだからなのですが音楽鑑賞には適したヘッドホンであると思います。.

モニターヘッドホンなので十分なエージングは必要です。ただ、全帯域フラットで解像度も他のモニターヘッドホンとは一線を画す程高い。驚くほど音源に完全に忠実(間違いなく最初は音が中庸すぎてびっくりする)なので音の特徴はまるでないので音楽を楽しみたい一般人向けではなく、本当にプロや収録する人向け。前のシリーズは若干ながら高音の量が勝っていた部分があったが、srh1540はどれも均等に割り振られている。何度も言いますがモニターヘッドホンとしては満点。比較にならない解像度方且つ音源に忠実であるもの求めてる人向け.

言うことなしの最高!ダイナミックドライバーは落ち着いていて低音も効くし聞き飽きない。ソフトなイージーリスニングが最適かも。唯一の欠点は帽子が被れないこと。.

低域が良く出て、高域も満足がいくほど良く伸び、中域がしっかりしてるのでボーカルのリアルさが良いです。しかし、ボーカルがちょっと左寄りになるなーと、思ってたら、買った時の左右のイヤーパットの硬さが違っていて付属してた同じ硬さのパットを左右同時交換したらボーカルが中央に来るようになりました。イヤーパットの硬さも音に影響あるんですね〜。メーカーさんには出荷時出荷時には注意してもらいたいものです。.

同価格帯には他にも優れた製品がありますが、中~低音がストレスなく素直に表現される点が特に気に入りました。かつてのアメリカのスピーカーがそうであったように、日本やヨーロッパのヘッドホンとは質感の違う音です。オーディション用の高音質音源、などではなく本当に好きな音楽をコレで聴いてみてください。.

ヘッドホンの装着感が苦手でしたが、一台ぐらい持っておきたいと思って某イヤホン専門店に視聴しました。別に目当てはあったのですが、偶然手に取ったこのヘッドホンに聴き惚れてしまいました。高解像度、しっかりとした低音に中音、高音も刺さらない気持ちいいところまで出してくれます。ジャンルを問わない名機だと思います。安くはないですが、お値段以上の音だと思います。ただ個人的には少し側圧が強く、つるの太いメガネをつけていると頭が痛くなるのが欠点ですね…。リケーブルの選択肢は少ないですが、orbのclear forceにリケーブルすることで音の分離、アタック感が増して楽しい音になるのでオススメです。.

Time誌によるヘッドホンの音質ランキングが発表され、gradoやakgをおさえ堂々の一位に輝いたshureその密閉型フラッグシップモデルにあたるsrh1540は正に評価の基点となったモデルであろうちなみに評論家達がsuper sonic(完璧な音)と評したメーカーはshure grado klipschである音の好みは人それぞれだと言うが、結局そういった全ての評価が収束してみるとしっかりと世の評価に収まるのだから面白い率直に言ってしまえば音質の評価の究極地点がsrh1540と言ってしまってもいいのかもしれないそれだけスタンダードでフラットな音作りをしているのだということが伺えるただ個人的に評価したいのは、スタンダードな音作りだけではなく高い音楽性を内包させている点である単にスタンダードでモニターライクな音のヘッドホンであればどのメーカーだって差異は感じられないそこに上乗せされた音楽性こそがメーカーの持つ味付けであって、好みの分かれる点になる恐らくshureは味付けという点に関して実に天才的なメーカーなんだと個人的に思う全てが自分の中でスタンダードになってしまうような音作りと言いましょうか・・・他のヘッドホンを聴くと違和感を感じてしまうようなshureが一位を獲得できた点はそこにあるのではないかと私は思う正直音域や音質に関してレビューするつもりは全く無いshureがなぜ一位なのか、それをこのヘッドホンで感じてもらうことができればそれでいい.

ベスト Shure ヘッドホン 密閉型 スタジオ用 Srh1540 【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.