SHURE イヤホン Seシリーズ Se535 カナル型 高遮音性 クリアー Se535-Cl-A 【国内正規品】 – 奥行きのあるすばらしい音

ここ最近se535の偽物の流通があるようです。今現在、正規品と偽物の両方を所有してますが、偽物はイヤホン本体のshureのロゴが限りなくzに近いです。型取りを本物からしているのか、全体的にロゴの彫りが薄く、塗装が雑です。その他にも、フォームイヤパッド【黄色いイヤーピース】が付いてなかったりするので容易に識別出来そうです。音質も偽物はこもった感じでba型の特徴がまるで無い音を奏でてますのでご注意を。.

今までのが壊れたので、同じものを買いました。.

非常に遮音性が高いので交通量が多く狭い路地では使用してません。散歩しながら少しは高音質でと思い購入しましたが、高音が響く程度で値段から考えると満足できませんでした。しかしながら使い込んで行きますとあれよあれよと音楽の洪水に飲み込まれていき、目の前の視界が音楽と同化していくような錯覚に捕らわれる程素晴らしい音質に変化していきました。イヤーピースもコンプライに変えてからは低音も広がりを感じてますますいい感じに変化していきました。ジャズが好きな方はオススメです。生音は鳥肌が立つほどリアルに聞こえます。   .

■装着と音質: 梱包時に装着されているフォーム・タイプのピースは, 耳道への挿入具合によって,かなり音の印象が変化します。 このピース,遮音の効果は高いのですが・・・ (私にとっては)装着具合による音質の不安定の為,実用的ではありません。 そこで,付属のフレキシブル・ラバーのパッドへと交換したところ, 音質が安定しました。 安定した事で,低音が確実に耳の奥へ届くようになり,一安心。 (*なお,トリプル・フランジのピースも同封されていますが,  コレの何が良いのか・・・解りません。) 店頭にて試聴された方々で,ガッカリした・・・と云われるのは, もしかしたら,この標準装備による不安定から得る音の印象かも 知れません。(事実,装着への慣れが必要です)■原音に忠実な印象 余計な味付けの無い,素材を大切にする製品で,高い完成度です。 各楽器の音を素直に発音しますので, クセのある音を求める方々にはモノ足りない感を与えるでしょう。 しかし,使用回数が増す毎に,その実力を知る事になると思います。 各楽器に施されたエフェクタの処理が細かに聴こえますし, 空間については,程良くワイドで,無駄に大袈裟な幅と残響がありません。 音の分離も良好で,感動を覚えました。 低域に関して不利なba式ではありますが,私が所有する他のダイナミック式 イヤフォンと比べても,気にならない程に出力されています。 (初めは,低域を弱く感じましたが,慣れると,実は品の良い低音が シッカリと鳴っている事が分かりました。) ちなみに,繊細に再現する事実から,機器からのホワイト・ノイズと レコーディングの粗も聴こえます。(これを,私は悪いと評価をしません) ■ba式カナルで,原音忠実を求めるならば 原音を忠実に再生する製品を求める方々であれば,納得する製品です。 逆に云うならば,音のクオリティよりも とにかくは迫力!と言い切る 方々へは その好みに応えられない製品だと考えます。■補足 装着時の見た目は,耳への収まりが良く,スマートです。◆唯一の不満点は・・・ ケーブル長です。一般的な使用においては,長過ぎマス。 (短い交換ケーブルがあるならば,私は確実にそれに代えるでしょう。) 短いケーブルが登場する事を,期待し待って居ます。.

以前まではse315を使っていましたが、今回思い切ってグレードアップしてみました。se315を使っているときは、これより上の音はないだろうと思っていました。しかしse535はいい意味で期待を裏切ってくれました。全ての音に関して解像度が格段に向上しました。目を閉じると本当に歌手がそこにいるような感覚になり、初めて音のシャワーというものを感じました。ここまでse215→se315→se535と使ってきましたが、初めからse535を買っておけばよかったですwwこれからイヤホンを買おうと考えている人は多少無理をしてでもこの製品から入るのがいいと思います。.

いい音を実感出来る素晴らしいイヤホンです。芯がしっかりした音です。ただし、ヘッドホンではこのレベルの音はもっと安く手に入るし、se846は別次元です。それらと比べないなら満足行くと思います。遮音性と装着間も他社に勝ります。ltdと悩みましたが、手持ちのue900sと比べてノーマルを選びました。外出時により高音質を求める方におすすめです。.

開封して一番初めに思った事。 「ケーブルの色がダサっ、ネズミ色かよ、高級感無し!」 「リケーブルして色変えたいなぁ・・・・」でしたw なので☆1つ減。ですが、音に関しては期待通りかと思います。以前、エイジング済みの製品で試聴しましたが、育てれば、その時の製品の音になる気配は確かに感じました。(私のは現在エイジング中・・・)。高音がとか、低音がとかの書き込みがありますが、それぞれしっかりあると思います。きっとそういう方は「ドンシャリ」タイプのメーカの味付けスパイスたっぷりのイヤホンをいままでお使いになっていたんじゃないのかな?高音や低音を出しておけば「いいイヤホン」に見えます、、じゃない聞こえますからね。ですが、この商品の場合はトータルで優れているので、極普通にいい音で聞こえてしまう。やたらめったら高音や低音を誇張していないのがいいんです。全体的に底上げされて、普通にいい音でバランスが取れた音に聞こえる。中音域もいい感じだし。なので、そこを見つけられないと拍子抜けした感じになるのかも。「ドンシャリ」タイプが好きな人、「バンバンドンドン」の低音が好きな人は、そういう風にメーカーが味付けしてくれているイヤホンをお使いになった方がいいと思います。まぁ音は個人の好みが大きく関与するので、試聴されてみるのが一番だと思います。ちなみに、425と比べると2つぐらいグレードが高い音になると思いますが、こっちは425と違いshureが味付けを若干しています。その為、モニターライクな使い方、聞き方をしたい方は425をおススメします。.

これまでer-4p, se-215-spe-aを使っていましたが、 お手頃価格になったのでse535ltd-aを購入しました。baドライバー3個使用で、低音も十分な音量が出ます。低域から高域まで周波数レンジは広く、主にクラッシック音楽の視聴に使用していますがとても満足です。中高域は透明で解像度がとても高く、オーケストラの総奏部分ではこれまで隠れて余り聞こえなかったパートの音もよく聞こえてきます。十分にコストパーフォマンスはあると思います。もっと早く買えばよかったのに、と少し後悔するぐらい良いです。.

利点と欠点

メリット

  • 2回目も買いました

  • さすがSHURE

  • 530からフィット感改善

デメリット

最初earpad(iphoneについてるやつ)と比べてみると遮音性しか違いが分かりませんでした。しかしパッドを変えてイコライザをいじると化けました。低音が足りてないとのこともありましたが私は何が足りていないかわからないほどです。つける向きによって遮音性が天と地の差になりますのでいろいろ試してみるといいでしょう。耳の名が小さい私でもサイズを変えるとしっかりはまったので耳の小さい方にもおすすめかと.

最初はこの掛け方のイヤホンに慣れるまで時間が掛かりますが、慣れるととても自然です!ケーブルも目の前をウジャウジャしなくて済みます。音に関しては値段なりの音は発揮してくれます!実は帯域が19kと通常のイヤホンよりも高音が出ない。つまりこの値段でハイレゾ非対応。しかし、違います。弦楽器は特にその特徴を出してくれます。よく音の解像度が違うと言いますがそれなのか分かりません。ただ弦を弾く音、跳ねる音が聞こえる。iphoneのイヤホンじゃ聴こえなかった。簡単に言えば音の波形通りに音を出してくれるという事です。安いハイレゾ対応イヤホンを買ってもピーク時の帯域が高いだけで波形通りに出力出来てるか謎です。欲を言うなら、もう1つ上のseを買うべきだった少し後悔しました。.

This is great earphone and i love it so much.

Zx300と使っています見た目も音質も付け心地も文句なし‼︎.

「se535 special edition 28,140円 送料340円 中古品 – ほぼ新品 2/22 水〜2/26 日 の間にお届け」上記の物を20日に発注 25日に届くレビューの偽物情報のおかげで、パッケージの上からでも一目で偽物と判明。 26日に出店者にメールを送ったが、配信が出来ないとamazonからメールが来る。shiri shopと言う出店者ですが、出店もホームページも消えていました。まっ、注文した私がバカでしたね。.

今までは、boseのqc20とqc25を使っていて、音もかなり気に入っています。低音が綺麗なのがよかったのですが、結構ボカロを聞くことが多いので、高音が綺麗なのってどんな感じなんだろうと思って、ba型のイヤホンを探していたところに、シュア掛けが気になってたこともあって、購入しました。始めて聞いたときは、これが、ba型イヤホンなんだ!!と、高音域がこもっていないことに驚きましたw低音が物足りないと思うこともなく、むしろ、綺麗な音がいい音なんだと思ってしまうほどでした遮音性はすごすぎます…耳栓みたいなものなので、心臓の音が聞こえるのがちょっとあれかなと思ったりもしましたが、音楽が流れていれば気にはならないです 笑.

Se215から評判のいいse535へのステップupしてみました。いい意味でも悪い意味でもモニターライク。自身の貧弱な耳でも解像度のアップ、今まで聞こえづらかった箇所もしっかり聞こえてます特に顕著だったのがクラシック、ジャズ、女性ボーカルしっとり系はバランスよく鳴らしてくれてますロック、メタルなどは低域成分が大人しくなり低域厨だった自身でも今のフラットかつ聴かせてくれるこの音は最高ですltdや846も気にはなりますがまずはこれで鳴らして気持ちよく通勤に使ってます最近は高級志向のイヤホンが多いなか、これを使用して比較してみるのもアリかと思います.

予備用確保のために2つ同時購入したのですが、それらの製造番号(s/n 30h2757297 2015/08/27)が全くの同一であったため偽物だと気が付くことができました。ほかの店で正規品を購入して偽物と比較してみました。(1)ほかの方がレビューに書いている通り偽物のイヤホン本体はshureのロゴが限りなくzに近いです。(2)正規品パッケージでは、3カ所(正面、上面、右側面)に銀色で印字された「special edition」が凹み印刷になっているのに対して、偽物は真っ平らの普通の印刷です。(3)正規品パッケージでは、保証書がパッケージ裏面に透明のビニール封筒に入って貼り付けられているのに対し、偽物は保証書もビニール封筒も無い。今回は製造番号のお陰で運良く気が付けましたが、それ以外の手段では正規品が手元になければ全く偽物だとはわからないレベルですね。少なくとも見た目だけは精巧にできた偽物です。皆さんご注意を。.

他の方のレビューにて偽物は「黄色のイヤーピース」や付属品が付いていない、「保証書」が付いていない等記載されておりますが、保証書あり、付属品すべて揃っている物でも怪しいものがあります。「販売:amazon japan g. 」の「正規品」を購入しても怪しいものが送られてきました。開封前からシェルが若干汚れていたため気になっていましたが、開けてみるとシェルのロゴがzに近く、怪しい方の物は本体がプラスチック感のある赤の作りになっており、交換品は艶消しっぽいの赤になり、ロゴもzから遠くなりました。(画像参照)また、ステム(イヤーピースの軸)に交換前はなかった番号が記載されておりました。他にも数店違いがありましたが、最大の点は音が全然違います。交換前は3000円程度の安いイヤホンと対して変わらない音がしており定価6万のイヤホンでもこの程度なのか・・・と落ち込んでいたのですが、交換後の商品は向上し全く違うものとなりました。購入予定の方、購入直後の方はお気をつけください。.

特徴 Shure イヤホン Seシリーズ Se535 カナル型 高遮音性 クリアー Se535-Cl-A 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • シングルツイーターとデュアルウーハーの3つの高精度トリプルMicroDriverが、豊かな低域を伴った奥行きあるサウンドを再現するカナル型高音質イヤホン
  • プロミュージシャンによるロードテストを通過したハイエンドモデル
  • 遮音性デザインにより、周囲のノイズを最大37dBまで低減。
  • 耐久性のあるKevlar強化ケーブル。曲がり具合を保持するワイヤー付き着脱式ケーブルと付属アクセサリーによる確実で快適なフィット。

メーカーより

image

image1

logo

SHURE(シュア)は、1925年に設立された音響メーカーです。

世界中のミュージシャンが愛用するマイクロホンをはじめ、ワイヤレスシステム、フォノカートリッジ、イヤホン、ヘッドホンなど多岐に渡る製品を製造しています。

そのすべてにShureの音に対するこだわりが凝縮されています。

世界的なリーダーとしての地位を築き上げた現在に至るまで、Shure製品の活躍はあらゆるオーディオ・シーンに広がり、数々の実績を上げ続けています。

高域用シングルツイーターと低域用デュアルウーハーの高精度トリプルMicroDriverを搭載

  • Shure SE535 Special Edition
  • 新しいチューニングを施したアコースティックネットワークにより高域表現を高めるとともに、豊かな低域を備えることで非常に雄大なサウンドを再現しました。
  • 赤とライトグレーの際立ったカラーコンビネーションがファッション性を演出。日常使用に最適な長さ(116CM)の着脱式Kevlar強化ケーブルにより、確実で快適なフィット感を提供します。

iamge2

iamge3

iamge4

強化された低域を伴ったダイナミック型ドライバー

シングルツイーターとデュアルウーハーの3つの高精度トリプルMicroDriverを搭載。高い鮮度、豊かな低域を伴った奥行きあるサウンドを再現し、前作の品位を上回る表現力の高いイヤホンに仕上げました。 また、新しいチューニングを施したアコースティックネットワークにより、高域表現がより高められ、究極のリスニング体験を実現しました。 高域と低域が明確に再現されるよう統合されたパッシブクロスオーバーを内蔵し、かつてないディテールサウンドお届けします。

高遮音性デザイン

高遮音性イヤホンは、当初ミュージシャン向けに、大音量のステージ上で自身のパフォーマンスをモニターできるようにするためのパーソナル・モニター・システムとして開発されたものでした。 また、電車内、路上、運動中でも音楽に集中することができるだけではなく、同時にオーディオレベルを下げることができるので聴覚の保護にもつながります。

脱着式のRMCE-UNIケーブルとRMCE-BT1ケーブルを付属

iPhone/Android切り替えスイッチ付で簡単操作が可能なRMCE-UNIケーブルを付属しているので、再生、ストップ、音量調節、曲送りなどが簡単に行えます。 また、RMCE-BT1ケーブルを付属しているので、ワイヤード・ワイヤレス、どちらでも音楽を楽しめます。

image1 image2 image4 image5 image6
SE112 SE215 SE425 SE535 SE846
着脱式ケーブル対応 (MMCXコネクター)
音の特徴 力強い低音を伴う優れたサウンド 厚みのある低域を備えた高音質なディテールサウンド 正確でバランスのとれた自然なサウンド 豊かな低域と臨場感あふれるサウンド 明瞭で伸びのある高域と圧倒的な低域を再現する最高峰のサウンド
感度 105 dB SPL/mW 107 dB SPL/mW 109 dB SPL/mW 119 dB SPL/mW 114 dB SPL/mW
インピーダンス 16 Ω 17 Ω 20 Ω 36 Ω 9 Ω
ノイズ減衰量 Up to 37 dB Up to 37 dB Up to 37 dB Up to 37 dB Up to 37 dB
再生周波数帯域 25Hz – 17kHz 22 Hz – 17.5 kHz / 21 Hz – 17 kHz (SPE) 20Hz – 19kHz 18 Hz – 19 kHz / 18 Hz – 19.5 kHz (LTD) 15Hz – 20kHz
ブラック トランスルーセントブルー、クリア、ブラック、ホワイト シルバー クリア、ブロンズ、レッド クリア、ブラック、ブルー、ブロンズ
ワイヤレスケーブル有無

]モバイル・プレーヤ: sony nw-zx1音源 : ハイレゾ と cdクオリティ■装着と音質:se535に初期装着されているフォーム・タイプのピースは,耳道への挿入具合によって,音の印象がかなり変化します。そこで,付属のフレキシブル・ラバーのパッドへと交換したところ,音質が安定しました。安定した事で,低音が確実に耳の奥へ届くようになり,一安心。 (*なお,トリプル・フランジのピースも同封されていますが,コレの何が良いのか・・・解りません。)店頭にて試聴された方々で,ガッカリした・・・と云われるのは,もしかしたら,この標準装備による不安定から得る音の印象かも知れません。■音の印象余計な味付けは無く, 質はドライ/タイトです。各楽器の音を細やかに再生してくれ,各楽器に施されたエフェクタの処理も良く聴こえますし,空間については無駄に大袈裟な幅と残響がありません。音の分離も良く,サイドのギターやバックグラウンド・ヴォーカル等が,シッカリと独立して聴こえます。 * take 6 の アカペラ では,メンバ其々の歌声が独立して届き,  「実は,こんなに細かな声の変化やテクニックがあったのか」と大きな感動を覚えました。低域に関して不利なba式ではありますが,ダイナミック式との比較をしなければ,気にならない程に出力されます。(ただし、タイトでドライな音質) (初めは,低域を弱く感じましたが,慣れると,実は品の良い低音が シッカリと鳴っている事が分かりました。)ちなみに,繊細に音を再現するので,再生機器からのホワイト・ノイズや レコーディングでの粗も聴こえます。が. 音のクオリティよりもとにかくは迫力!!と言い切る方々へはその好みに応えられない製品だと考えます。■補足装着した際の耳への収まりは,観た目も良く,スマートです。突起が無く 耳に一体化しますし,ケーブルは「shure掛け」である為,尚更にスッキリとします。◆唯一の不満点は・・・ケーブルです。一般的な使用においては,長過ぎます. し,硬いと感じます。脱着できる仕様ですので,短く柔軟なケーブルへ交換しました。.

 音に厳しい人の評価はわかりませんが、遮音も充分だし、装着感も悪くありません。 購入して損する事は無いと思います。 ただし、音というのは好みがあるので、必ず試聴してから購入したほうが良いと思います。.

Se215クリアを使用してきて、上位機種ってどうなんだろう?と思い購入に至りました。確かに解像度の違いは感じましたので、買ってよかったです。付属のbluetoothbt1ですが、有線のリモコンとは違う曲送りの操作法、繊細な音量調整が出来ず、有線での使用がほとんどです。.

これまで530を使ってきましたが、ブルーツース対応となってコード交換でいろいろ使えるタイプなので、535に買いました。音質はバランスの良いもので、大きな問題は無いです。とくにhifiと言うわけでなく、安定しています。形は耳の中にぴったり入るので安定しています。846も使ってますが少し大きいので耳が痛いです。それに比べるとちょうど良いです。新しいブルーツースコードbt2が出たので、そのうちに買ってみようかと思いますが、聞いているものがyoutube中心なので、いまはあまり必要ないと思います。.

私はよくロックを聴くのですが、このイヤホンは低音がズドンとくる印象を受けます。しかし、高音もしっかり鳴らしてくれます。なので買って損はしないものだと思います。どっちかというとロックなどが好きな方にオススメです。.

外見は非常に本物に似ているのですが音質が明らかに悪いため偽物を疑い専門店に持っていき確認したところ黒だと判明しました。対応策を現在考え中です。購入を検討されている方には専門店で買うことを強くおすすめします。.

前もこれを使っていましたがコードのコネクタ部(コード交換の時に外すところ)が錆びて接触不良になったので買い換えました。5年くらい使っていましたが、不満のない音なのでもう一回これを買いました。前回の時は一番高いのを買って満足!だったのですが、今はshureの一番高い奴は手が届かない( ノД`)シクシク….

中古で購入していましたが、一度手放した後に新品購入しましたので再レビューです。芯のある音質で解像度も高いです。高音から低音までフラット、意外に低音もしっかりと出ています。ただし低音の誇張はありませんので、低音の量感を求める方には向きません。高音質ですがモニター的なフラットな為、音楽の躍動感に乏しく好みが別れると思います。私は、一つ一つの音の粒を楽しんでいます。外で使うなら装着感と遮音性、耐久性が非常に重要です。ue900sとie80を使っていましたが、外で使うならshure一択です。ただ、ケーブルの色がイマイチで、846用の黒ショートケーブルを使っています。黒が意外とかっこいいです。.

最初はうたい文句通り日本人好みの高音寄りの音に感じていましたが、聴きこむほどになぜか低音の音の存在が心地よく感じ、仕事で疲れている時には快感に思える程です。バランスドアーマチュアの恩恵ですかね。息子のダイナミック型をたまに借りることもあるんですが、最初は心地いいんですが年のせいか疲れます。これからもこのイヤホンと付き合っていきます。.

Se535ltd自体は去年ヨドバシにて購入しました。純正ケーブルは取り回しが悪く音もそこそこと言う感じですね. . イヤーピースをspinfitの細軸、ケーブルを中華の6n銀メッキ銅にするだけで、ボーカルが一歩前へ出るようになり、535ltdの一つの弱点であったボーカルの遠さが克服出来ます!.

SHUREの115から買い換えました。ipodで毎日使っているので、思い切って高い買い換えをしてみました。買ってよかった。音質・奥行きに雲泥の差があり、音だけで感動できます。.

Dap nw-zx300イヤホンはma750、ヘッドホンはmdr-1am2がメインでした。2年前にma750を買ってからオーディオ沼に引きずり込まれたものの、「5万は流石に手を出さないだろう. 苦笑ちなみに旧パッケージを購入しました。旧パッケージの方が安いですが、別売りだとかなり高いbluetoothケーブルが同梱されていなかったり、不満にも思いますが、そんなにmmcx端子は交換を簡単にできるものではないので. (壊しそうで緊張しますし、イヤホン本体にも端子にも負担がかかります)申し分ない解像度、イコライザで好みに合わせて音作りしても、フラットで聴いても、素晴らしいです。ちなみにですが、買ってすぐにnicehck製の純無酸素銅線4. 4mmバランスのケーブルにリケーブルしました。少し音の分離感は良くなったような気はしますが、元のケーブルでも充分すぎるほどよく鳴らしてくれます。「聴こえなかった音が聴こえる」というのは本当で、「こんな音入ってたんだ」と、聴きなれた曲に改めて感動させられます。これより上を経験した方々は、篭るとか色々仰っていますが、下のランクから来た方にはとても満足いくものだと思います。特に私のように1万クラスだと尚更だと思います。.

音質は、評判通り素晴らしくストレスを感じる点はありません。ただ、耳に装着する際に上手くいかず手間取ってしまうのが残念です。.

◎ノイズキャンセリングを使わなくても、周りの雑音が無くなります。周りの雑音が無くなりますので、インターネットラジオなど人の声を聴くときにはっきりと聞こえます。×walkman zx1に使用するとホワイトノイズが発生します、機器との相性があるのかもしれません。視聴ができる環境があれば、視聴をお勧めします。〇音の種類が多い曲に向いています。テクノポップなどの電子音に相性がいいです。インターネットラジオを聴くときに重宝しています。大変満足なお買い物でした。.

他のレビューにも書いてあった通り遮音性がとにかくすごいです‼これなら、電車の中でも小さい音量で音楽聞けるし満足です。音に関しては人それぞれなので、他のレビューの方々を見るか、実際に試聴する方が良いと思います。僕的には、耳にささる感じはなく全体的にバランスが良いんじゃないかなって思います。不安な所はイヤパッドを取ろうとする時にちぎれたりするじゃないか?って思うのとイヤホンの付け方が特殊なのでスムーズにつけるように慣れるまで少し時間がかかりそうです。それ以外は満足しています。.

高音や低音が出ないっていうレビュー見るけど、その人達はゴリッゴリのドンシャリイヤホンから乗り換えてきた人ではないか。そもそもba型ってのはダイナミック型とくらべてドンシャリしないのが当たり前。それにshureのサウンドはモニターライクな事を理解してほしい。ホワイトノイズが乗るっていう人もいるけどそれは環境が良くないと思う。良い音も悪い音も全部拾うからスマホに直刺しなどもってのほか。そういうのが嫌な人は脚色されたイヤホンを使っていればいい。至極普通の音がそのまま流れる。(解像度の高さは特筆すべきものがある。)余計な音は出さないイヤホン。どこをとっても一級品である。.

さすがハイエンドモデル.

買ってよかった。イヤホンのイヤピースが外しにくいかな。音は良い。.

【デザイン】他にはない赤でわかる人ならすぐにse535だとわかります。ただ、洋服に合わせてファッション要素としては合わせにくい色かなと思います。派手です。【音質】流石はbaという音がします。透明感のある解像度の高い音で、モニターイヤホンとしては最適です。リスニングイヤホンとしても利用できますが全く脚色がないです。好み次第。クラシックにオススメです。低音の音圧は弱く、ddには負けてしまいます。ただボーボーとした低音ではなくボンボン(歯切れの良い)低音が聴こえます。【フィット感】付属の通常イヤピースを利用してます。所謂shure掛けの代表なのでとても良いです。ただ、スポーツ等で耳の形が変わっている人ははめられないので試着してからの購入をオススメします。【遮音性】外の音を完全に遮るほどの遮音性はありません。電車のアナウンスならば音量を小さくしていれば聞こえます。【音漏れ】付属のイヤピースが低反発で遮音性抜群です。ユニットがbaで能率が高いのでかなり大きい音まで出せますが、通常聴くような音量では満員電車で近くに来ても聞こえない程です。【携帯性】付属のケースに入れればコンパクトになるので持ち運びやすいです。耐久性も高く、モニターイヤホンとだけあって水にも強い(shureサイトに記載)ので携帯性は良いです。【総評】値段が高いですが、正規品を購入するのをオススメします。偽物も多く、amazonで3万程度出して並行輸入品を買っても偽物が来ることがあります。本物は塗装が銀色ですが偽物は白であることが多いです。また、ロットナンバーの刻印を確認するのが良いと思います。偽物が作られるほど良いイヤホン?ではないかと思います。良い買い物でした。.

何をやってんだと言われそうですが112から一つずつ数字をあげて音像とは何か、を実感しつつ425まで来たらこれで十分、これ最高と思って2年間ほぼ毎日2時間/day以上使っていたのですが、ある日r側低音ドライバがしんでしまいまして。もっかい425と思ったけれど(シルバーがなくてクリアしか見つからなかったしプレミア価格になってたりで諦めて)以前の計画に従い(自分説得用のこじつけ)535を購入、425と同じbt2につないで使っています。音ですが、低音ドライバが二つになって再生周波数帯域も2khz下がってるしボコボコ低音強調かと思いきや、すこし驚いたのは逆に高音クリアになった気がすること(当社比ですよ念のため)。たしかに低音はイイ。だが高音が疎かには決してなっておらずむしろ全体でエッジがさらにクリアになった気がする。まあ当たり前ですがそういうところ考えて作っているんだなあと感心です。というわけで、銀色shureを耳にねじ込んでいたのがブロンズshure生活になったのでした。また2年くらいで壊れるんだろうか。ひどい雑な使い方してたからなあ。shureのサイト見たら分解マニュアルがあったから修理できかもです。425もまた聴きたい、でもどっちがイイかとといえばやっぱり535、と答えると思える、コストの分は十分メリットがある535でした。蛇足ですがつぎの8は高すぎだよね。。。.

周波数帯域は狭いものの、解像度が非常に高いせいか、hi-resも高音質で聴ける。贅沢を言えば、もう少し低音が出て欲しい。.

視聴してその日に買ってしまいました。どんなジャンル問わず音楽を楽しませてくれるイヤホンです。特筆すべきは中高音でクリアで刺さりはなく、よく伸びます。買った当初低音はやや不足気味かな?と思ってましたが聴いてる内に締まった音というか、心地いい音に感じる様になり、ボーカルを邪魔しないというプラス要素に変わりました。ただし、ここは個人差があるかもボーカルが前にでてくる為、音場は広くないと感じます。遮音性、音漏れなどは文句ないです。まあ電車などではアナウンスの音など聞こえなくて困るかも全体的にはスッキリハッキリな音で特に女性ボーカルが合うでしょう。デザインも赤でカッコいいし、外ではこれ一本しか使わなくなりました!.

普段本気モードで音楽聞くときだけ100pro使ってます。se535もう結構古いけど100pro買うときどっちにしようか悩んでましたし、今回安く買える機会があったので買いました。100proと比べてしまうせいか、解像度はそれほど感動するものではありませんでした。ですが音場はかなり広く感じられましたし、ひとつひとつの音が、上手く言えませんが、とても綺麗です。音の切れも自然で、結構好印象な鳴り方でした。個人の好き嫌いの範疇で低域が出過ぎ感あります。好きな人は好きかもしれないところです。低域の音が高域の細かい音を飲み込んでいる感じがあります。音数が多い音源はコレでは聞かないかな。装着はシュア掛け慣れてる人なら問題ない程度に装着しづらいです。耳に掛かる部分が硬いコードなのが邪魔でした。不満に感じた点はいくつかありましたが、購入を後悔するほどではなく、この値段相応の価値は十分にあったと思います。.

ベスト Shure イヤホン Seシリーズ Se535 カナル型 高遮音性 クリアー Se535-Cl-A 【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.