RADIUS(ラディウス) radius W n°0 HP-TWF00R [バーガンディ] – 個人的には良い

今まで音割れしていた部分も綺麗になるようになり、高音と低音のバランスも良く、イヤホンとは思えない最高の音質です。.

音はいいです。クリア感があるし、リケーブルすれば応じていい感じに変化してくれますし。ただ、残念ながら形状の問題か、自分の耳には合わず、装着感が悪いです。移動中に使用していると、外れそうになったり、耳が痛くなったり、、、。イヤーピースを変えても改善しなかったので、移動中ではなく家や職場等々で使用していこうと思います。.

アマチュアですが、dtmにて作った音源をipodに入れ、出来るだけ素直な音のイヤホンでチェックしたいと思い色々イヤホン視聴しまくりました。色々なイヤホンの高レビューをもとに聞きまくりましたが、実際自分の耳で聴いてみると高音が耳に刺さるようなイヤホンや良かれとベースを強調するイヤホンなど高レビューのイヤホンでも色々ありました…そんな中、バランスのとれた音で響く、高音も綺麗で耳に刺さらない。ベースもモニターヘッドホンに近い音を出してくれると、このイヤホンを聴いて一発で意思が固まり購入に至りました。変に脚色がないので、物足りない方もいるかもしれませんが素材の艶やかさをきちんと聴かせてくれるイヤホンだと感じ、音的には大満足しています。見た目には品があり、私の用途にぴったりでしたが購入検討される方は、好きなジャンル、欲しい音もそれぞれ違うでしょうから一回自分の耳で試聴された方がいいと思います。が、このイヤホンはお勧めです。.

初めはイヤーピースが耳に合わず、半ば浮いたような状態でしたが、3日ほど我慢すれば自然と改善されました。音は他のレビューの通りなので割愛します。ケーブルの根元が少し弱い気がします。一瞬ですが、はやくも片耳しか音が聞こえなくなり焦りました。本体に問題がなければ良いのですが.

利点と欠点

メリット

  • 音はいいんだけど、、、
  • 個人的には良い
  • DTM後チェック用…色々見てこれにした。

デメリット

特徴 radius W n°0 HP-TWF00R [バーガンディ]

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:ダイナミック型+ピエゾ型(DDM方式)
  • ドライバー:ダイナミック振動板Φ9.5mm(チタンコーティング)+ピエゾ振動板Φ10.5mm
  • 出力音圧レベル:98±3dB/mW
  • 再生周波数帯域:20Hz?40000Hz
  • 最大入力:5mW

セラミックピエゾ+チタンコーティングの2枚振動板を搭載したハイレゾイヤホン「ドブルベ アンテリュール」◆ドブルベシリーズは、ドライバーを中低音域と高音域2つの音を独立した振動板に振り分け、同軸上に配置したDDM方式(Dual Diaphragm Matrix)を採用しています。ドブルベ アンテリュールはツイーター部に圧電素子であるセラミックピエゾ(※VST)を用いた振動板を採用しました。これによりハイレゾ音源特有の、超高音域の微小な音源信号が入力されてもセラミックピエゾがしっかり振動し、高剛性ニッケル合金製の振動板に伝達することで高精細な音の再生を実現します。※VST(Vertical Support Tweeter)Powered by VSTはオーツェイド株式会社の特許技術です。◆ディープマウントイヤーピースは従来型とは異なり、耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と豊かな低音再生を実現します。◆ケーブルはMMCX端子で着脱が可能です。万が一、イヤホンの弱点のひとつであるケーブルの断線が発生した場合でもリケーブルすることで、永くご愛用いただけます。◆ケーブルには高編組密度構造のナイロン編組皮膜を施しました。上質な外観に加え、屈曲性、弾力性に優れています。/

ベスト radius W n°0 HP-TWF00R [バーガンディ] レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.