RADIUS(ラディウス) radius Ne HP-NEF21K [ブラック] – ちょっと中高温が耳について、低音が弱い

低音がスカスカでシャカシャカした安っぽい音です。試聴した時にはさほど感じなかったのですがエイジングが足りないのでしょうか?個人的にはエイジング懐疑派なんですが。現時点ではこれの半額程度で買えるソニーのエントリーモデルの方が良い音です。ラディウスのプレーヤーで聞くと多少マシになりますが、それも如何なものかと思います。.

ブンタパパさんの評価を見て nef -21の実力、凄さを実感されてないと思います。付属のイヤーピースlでは私は合いにくいと思いました 言われてる通り 低音出にくいですソニーのex -250のイヤーピースlを付けたら凄い重低音が出ます 特筆は解像力が素晴らしく全体にシャープで繊細な中高域 ドンシャリでもバランスは保っている。普通低音にマスクされるけど 音の抜けが良い私の評価 5000円~10000円クラスの音質denon -560にいい勝負出来る フィリップス-9700より断然 上のグレード ソニーex – 250よりも良い。結果 イヤーピースのフィット感によって音質が変わる。.

 値段も安く、軽いうえにイヤピースの装着感も良く、音も 突出した強い個性は無いがバランス良く 高音・中音・低音ともにしっかり綺麗に出してくれて 更には解像度も悪くない! 普段使いにはピッタリな優秀品です。 ところが、クリアーで美しく伸びる中・高音域には 開封時からキンキン・シャリシャリした刺さりが強く、煩わしさを感じていましたが、(たいていのイヤホンでは暫らくのエイジングで嘘のように消えてしまう場合が多いのですが )これは200時間をこえる演奏でも消える気配がありません。同じシャリシャリの刺さりでもゼンハイザーie800の心地よい刺さり方と違い、かなり耳に痛い不快な雑味音に感じます。 その点を除けば聴き応えの有る いい音なので なんとも残念なのですが、徐々にこのイヤホンを聴く出番が少なくなって来ました。 このまま音の改善はされないままなのでしょうか?  ハズレを引いてしまったのでしょうか?(因みに ラディウスは当たりハズレの個体差が結構はげしいイヤホンです) それともシャリシャリ感はこの機種に特有の性質なのでしょうか? どなたかコメントにアドバイスを戴ければ幸いです。 .

この商品に付属しているものはイヤピース(xs、s、m)のみで非常にシンプルですが、ケーブルはわりとしっかりしているので、乱暴な使い方をしないかぎり長期間使えるイヤホンだと思います。音質的には高音から中音、低音まで平均的に鳴っているので、傾向的にはフラットでだいたいどんな曲でもマッチすると思われます。以前マクセルのhp-cn45を使っていましたが、それと似たような感じです。解像度もこの価格帯としては良いほうで、派手さはありませんが、長時間聞いていても聞き疲れしにくい音色です。密閉型ですので、音漏れも等もほとんどありません。1000円クラスのイヤホンからランクアップしたい方にはお勧めできるイヤホンです。ただ付属のイヤピースが少し硬いので、私は耳が痛くなり他のイヤピースに交換して使っています。なので☆は4つにしました。.

値段からしてそこまで期待はしていなかったのですが、聞くや否やとても良い。とてもクリアな音質、低音も高音もしっかりと聞き取れてgoodです。物自体も2年程使用できたので物持ちもいいほうではないでしょうか。下手に5000円クラスのイヤホンを買うよりは断然お勧めできます。.

Philips カナル型イヤホン she9700-aを移動中に落としてしまい、別の機種をと思いレビューを読んで購入。philips カナル型イヤホン she9700-aは音のバランスが良かったのですが、これは、シンバルのシャリシャリが耳に付きすぎてちょっと痛い感覚。低音もかなり弱いとおもいます。個人的には、philips カナル型イヤホン she9700-aがお勧め。ちょっと残念な買い物でした。.

比較対象(高い順)fx1100(jvc)315(shure)fw03(jvc)cx200(ゼンハイザー)112(shure)nef31(radius)再生機器(高い順)1.jriver(ssd)+ua1a2.groove(win10、emmc)+asus t103haf(2018)3.zenfone3max4.wm45これらを組み合わせて聴いています。ちなみにドンシャリが嫌いです。一番良いのはfx1100+1.か fw03+1.で、これはまあ当たり前。抜けが良く低音の分解能に優れるfx1100+1.と全体にウェルバランスで少々低音に軽さはあるもの切れがあるfw03+1.shureはどちらのモデルも少々閉塞感がある鳴りかたをするので使わなくなってます。リケーブルで315は閉塞感が取れましたが、オリジナルではfx1100、fw03に劣ると思います。(まあ、好みの範疇ではありますが、私としてはあえて315は使わない)開放感があるのはcx200でその分少々全体的に軽い。外で聞くときはnef31を2.か4.につないで聴いています。この組み合わせが存外に良いです。少々ソフトフォーカスなのはしょうがないですが、その引き換えのまとまりの良さ。バッテリー駆動の機器でも効率が高いんでしょう低音の量感、中高音の響きと時として「あれっ」と思わせるそれなりの分解能。音の質として価格なりではありますが「一万円以下で何かない?」と聞かれたときに112、cx200よりこちらを勧めますね。ここに今回nef21を新たに購入しました(2.と4.をつなぎなおすのが面倒なので予備かねて)基本的にnef31と同じでまとまりの良さで聞かせるタイプです。低音高音共に特段の長所、欠点は無く外使いには最適の機器の一つと思います。当然、分解能などの性能要求には応じてくれませんが文句はありません。ただ物としては、特に分解能で、やはりnef31に劣ると思います。nef31が良いんだと思いますね。また、nef31に比べ少々音を大きめにする必要がある部分が違いと言えると思います。音を小さくするとどんなイヤフォンでもダイナミクスが下がりますが、これはその傾向が強いと思います。(多分、低音のダイナミクスが少し低い)それと、最初は「えっ、これ籠ってない?」と感じると思いますが駆動部分がほぐれるまではどんな機械でも時間が必要です。普段聞く音量より少し大きくして、全曲シャッフルにしてdapのバッテリーが空になるまで鳴らしたまま放置してください。そのころには真っ当に鳴るようになっていると思います。ちなみに余談ですが、外でfxやfwを使わないのは高い分解能を聴きとれるような環境じゃないからですね。また、これらは再生機に駆動力を要求するというのも大きいです。再生機器としてはzenfone3maxはどれ鳴らしても「これじゃない」「鳴ってない」感が強くて使えません。スマホは電気使えませんからしょうがないですね。<ここまで2019年1月24日>少し使い続けて、やはり物足りなくなったため別のイヤホンを購入。なんて言うか「まあ、文句ない」と一度は判断しましたが、聴き続けられるかと言うと「もうちょっといい音で聴きたいよね」と感じるようになったためです。値段に比して悪いわけではないので星の増減はありませんが、映画や音楽のながら聴きには使えても、音楽のみを聴き始めると車内でも物足りないですね。<2月23日 追記>.

利点と欠点

メリット

  • この欠点が 致命的です。 音がいいだけに なんとも惜しい!!
  • クリアな音質、コスパ良!
  • シンプルですが、しっかりした造りのイヤホンです。

デメリット

特徴 radius Ne HP-NEF21K [ブラック]

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • カラー:ブラック
  • 本体サイズ(約):[ケーブル]長120cm(Y型)
  • 重量(約):14g
  • 重量(約):14g

ベスト radius Ne HP-NEF21K [ブラック] 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.