RADIUS(ラディウス) ラディウス 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(レッド)radius HP-T100BTR – コストパフォーマンスは、最高

片側だけ接続が不安定で頻繁にプツプツ途切れる.

 以前、3千円程度の左右が繋がっているタイプのブルートゥースイヤホンを使用していました。接続もスムーズに行え何の問題も無かったので、音質向上を目的に、金額を少し奮発し購入したのですが安定しない所では一切安定しません。場所は駅構内、扉の空いている電車、都内主要駅だけでなく、ある程度の人が居る駅でもなります。後は、集中して人が集まっている場所。その様な場所では必ず不安定になります。不思議なのは、電車はドアが閉まると、何故か安定して、電車から出て駅に出るとまた不安定に・・・。   ハッキリ言って「不快」の一言に尽きます。購入した、大手電気店の店員に確認すると「boseでも大きな差はありません」と言っていたけどウン万だして、そんなにみんなブツブツ切れるモノなのでしょうか?加えて、左右が繋がっているタイプの方が安定性は良いとも、店員が言っていたので3千円くらいのを買い直そうか思案中です。3万とか出さなくて良かった。あ、安定している時は、値段相応の品だとは思います。それと、装着時の安定性は、やっぱり不安は残ります。激しい動きなんて飛ばそうとする様なもんです。けど、この辺は人それぞれになるのでしょうか。.

完全ワイヤレスイヤホンのカナル型をさがしていたところ、本製品が発売となり、購入した。ケースは充電器を兼ねており、最初にケースを充電して、ケースからイヤホンを充電する。操作はとても簡単だ。ケースから取り出すと、イヤホンはペアリングモードになる。初回は接続機器側の操作が必要だが二度めからは自動的に接続する。つけ心地(装着感)は良好。イヤホンの重みを感じさせない。イヤホン側では再生、停止、巻き戻し、早送りが行える。音量操作は行えない。使用を終え、ケースに収納すると、自動的に接続が切れ、充電が行われる。次に音質であるが、きわめて力強く、良好である。音質や音場の広がりに定評のあるphilipsのshe9700と比較してもまったく遜色がない。音の解像度も含めた評価では、hp-t100btが完全に勝っていると感じた。bluetoothの泣き所とされる混雑時の接続についてだが、そこそこ安定している。これまで使用した他のbluetoothアダプタ(たとえばelecomのlbt-par150など)と比較すると音切れは少ない。しかし混雑した電車の中や繁華街の雑踏では、接続が不安定になったことがあった。最後に価格であるが、やや高めの印象を受ける。完全ワイヤレスイヤホンの基準となっているappleのairpodよりは安価であるものの、各社より続々と発売されている同様の製品を考慮するともう少し安価な設定(10,000円前後)でも良かったのではと思う。総合評価は4としたが、十分お薦めできる製品だと思う。.

Radiusのイヤホンが好きな人にはすごくいいと思います。音質も変わらず良い音質です。.

有線タイプのラディウスも大好きで使っていました。そろそろワイヤレス買おうかなと思い、何種類か試した中でいいなと感じたのがまたしてもラディウスだったので、普段聴いてる曲に合っているんだと感じ購入しました。.

ソニーのbluetoothイヤホンが耳に合わないので、こちらに変更しました。値段、性能ともにこちらのが上に感じます。もともとラディウスのイヤホンを使ってましたので違和感なく満足してつかえています。.

Boseはでかすぎるし、sonyは価格が高すぎ。①ジョギングで使えて(防水)、②安くて(高くなくて)、③充電が持つ。で探したところこれがベスト。ワイヤレスイヤホンとしての機能は十分。混雑した駅のホームでは片方が途切れるが、他の機種のレビューを見てみるとboseでもsonyでも独立型のワイヤレスの宿命かと。しょうがないと割り切って使ってますw因みにノイキャンはついてないので、飛行機ではboseのノイキャン(コードあり)を使ってます。 .

音の粒立ちが鮮やかで切れのある音は素晴らしいと思います。.

利点と欠点

メリット

  • コストパフォーマンスは、最高
  • 取扱いが簡便、高音質、まずまずの安定性
  • 人が多い場所はダメ

デメリット

◆Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス+臨場感あふれるパワフルサウンド◆再生周波数帯域:20~20000Hz◆音圧レベル:98±3dBdB◆ドライバー型式:ダイナミック型

ベスト ラディウス 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(レッド)radius HP-T100BTR 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.