Philips(フィリップス) PHILIPS SHB5250 Bluetoothイヤホン インナーイヤー ホワイト SHB5250WT 【国内正規品】 – 音飛び最悪、バッテリーみたいなのがが大きすぎ

装着感がイマイチですぐ耳から外れていたのですが、他社製のairpodsなどにはめるシリコンカバーを後付けしたら快適になりました。音も悪くないし、首をブンブン振ってももう落ちません。.

Bluetoothイヤホンを探していましたが、今時のイヤホンって全部「耳栓型」で、ゴムを耳孔にねじ込むタイプで私は嫌いなタイプばかりなんですよね。なので、appleのearpodsのような無線イヤホンを探しても、ほとんど見つからないんですよね… (airpodsは高すぎる&無くしそうなのでやめておきました)これの他にまともそうなイヤホンは、dylanというメーカーの物くらいしか見つかりませんでした。知ってるブランドだったのでphilipsの方を購入しましたが。これはイヤホン部がearpodsとほぼ同じデザインなので、違和感なくつけることが出来ました。左右に顔を向けると外れそうな感覚があって気になりますが、(特に、左側は少し大きめのコントロールボタンがあるので)、だいたい外れることはありません。しかし、そのままジョギングなどに行くとバッテリー部が垂れ下がってケーブルを引っ張り、耳から外れてしまうので服にクリップなどで留める必要がありました。無線イヤホンはこれが初めてですが、スマホとイヤホンの間のケーブルを心配しなくてよくて便利ですね!充電は手間ですが。音質はやはりearpodsと同じくらい。あまりよく分かりませんが。付けていても外の音が聞こえてしまう、という意味での音漏れはありますが、聞いている音が外に漏れるという心配はないと思います。あと、siri使えます、説明書に書いてないけど。真ん中のボタンを3秒くらい押さえてから離すと起動しました。.

届いてすぐ、試しに軽い散歩で使用しましたが、音がぶちぶち飛びます。真ん中にあるバッテリーみたいなのが大きくて、首の後ろで邪魔になるのと、重みもあるので、何度もイヤホンが外れそうになりました。.

久しぶりにオープン型を買いました。歩きながらでは周りの音も聞こえるので危険は減るかと思います。iphonexで使用していますので、iphone側の問題かもしれませんが、音楽を聴いているときにiphoneにメール、メッセージの受信音が入るとボリュームが小さくなったまま復帰しない現象があり、その度にボリュームを戻す操作が面倒くさいです。これまで使っていたbluetoothイヤホン(ソニーの古いもの)では、同じシチュエーションでもボリュームが通常に戻るので、このイヤホンの特性かと思います。あと、ソニーの古いイヤホンをbluetooth接続すると、iphone本体のボリュームはmaxにしておけて、イヤホン側だけでボリュームコントロール出来ていましたが、本機では本体のボリュームに連動する同左になっているので、このあたりの設計思想の違いが原因かと思います。.

Blutoothのペアリングできない初期不良があり、返品も面倒なので捨てました。買わなければよかった。.

私の想像にすぎませんが、私に限らずこのタイプのイヤホンを購入するのはカナル型が嫌いで、比較的小さな音量で満足でき、聴きながら移動したい、もしくは頻繁に着脱する場合が多いのではないでしょうか。そうした上で気になった点が多々あり、・音量調節のボタンが割りと硬めで押しづらくて、こまめな音量調節が難しい・音が途切れやすい・クリップやネックバンドの類は付属しておらず、バッテリがちょうと首の後にあたる部分にあるため、外れやすく落下しやすい。・本体の質感は個人的には許容範囲ですが、充電端子のカバーが本当に安っぽいなど心底うんざりしてしまいました。ちゃんと聴こえている時の音に不満はありませんし、フラットケーブルやイヤホン部分の形状は好きなので本当に残念です。.

ワイヤレスイヤホンの機能としては十分実用的ですが、バッテリーが低下したときに大音量で警告メッセージが再生されます。この機能をoffにする方法はないとのことで、寝ながらなど静かな環境で利用することを検討している場合は要注意です。windows10とペアリングしていますが、再接続が上手くいかず、電源が切れるたびにペアリング設定をし直しており大変不便です。.

初めてのbluetoothイヤホンでした。「vaio phone va-10j」や「planex bluetooth usbアダプター ver. 0+edr/le(省エネ設計)対応 bt-micro4」でpcに接続して半年間使って感想を書いています。完全に聴覚をふさがずに物理的制約も無く音楽やラジオを聴きながら快適に作業をすることを目的に買いました。パソコン周りでの作業はとても快適です。しかし、ポケットに入れてるスマホに接続すると音が飛ぶことがあり、歩きながらの使用は少々不快でした。また、よく見て買わなかった自分も悪いですが最大連続再生4. 5時間というバッテリー容量も個人的には不満足です。なにより、バッテリーが減ってくるたびに「battery low!」と警告音が鳴るのですが、この音量が不可変な上にとても大きく、かなりのストレスになります。イヤホンをして集中しているときやリラックスしているときにいきなりビクッとなるほど大きな音量で警告音が鳴るのです。☆一つにしなかったのは他のbluetoothイヤホンがどうなのかを知らないためです。故障し次第ほかの商品に買い換えます。.

利点と欠点

メリット

  • 警告メッセージがうるさい
  • スマホの着信音が入るとボリュームが小さいままになってしまいます。
  • カバー後付けで快適

デメリット

特徴 PHILIPS SHB5250 Bluetoothイヤホン インナーイヤー ホワイト SHB5250WT 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 14.2mm大型ドライバー採用によりパワフルなサウンド再生を実現
  • ケーブルの断線を防ぐフレックスグリップケーブルリリーフ採用
  • 持ち運びに快適で絡みにくい形状のフラットケーブルを採用
  • 連続音楽再生(通話)時間、最大4.5時間。連続待ち受け時間55時間
  • 音楽再生・停止・スキップ・音量調節やハンズフリー機能が使用可能なコントロールマイク付き
  • スマートフォンにバッテリー残量が表示でき、バッテリー残量のおおよその状態がチェック可能

メーカーより

14.2mm大型ドライバー採用によりパワフルなサウンド再生を実現

ケーブルの断線を防ぐフレックスグリップケーブルリリーフ採用

持ち運びに快適で絡みにくい形状のフラットケーブルを採用

連続音楽再生(通話)時間、最大4.5時間。連続待ち受け時間55時間*

※使用環境により連続通信時間・充電時間等が変わる場合があります。

音楽再生・停止・スキップ・音量調節やハンズフリー機能が使用可能なコントロールマイク付き*

※スマートフォンとの組み合わせによっては、一部操作に対応できないものがあります。

スマートフォンにバッテリー残量が表示でき、バッテリー残量のおおよその状態がチェック可能*

※スマートフォンとの組み合わせによっては、一部操作に対応できないものがあります。

SHB5250
タイプ インイヤー型
カラー ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー
Bluetoothバージョン Bluetooth4.1対応
ユニット 14.2mm
出力音圧レベル 107dB
再生周波数帯域 8 – 24 ,000Hz
インピーダンス 32Ω
質量 14.7 g
付属品 USB充電ケーブル 30cm

ベスト PHILIPS SHB5250 Bluetoothイヤホン インナーイヤー ホワイト SHB5250WT 【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.