Philips(フィリップス) PHILIPS Fidelio L1 セミオープン型ヘッドホン ブラック L1 – いいんだけど、ちょっと・・・・

音に関しては素人ですので、拙いものとなると思いますが愛用しているsennheiser hd595との比較を中心に書きます。用途としてはテレビ視聴(直差し→fostex hp-a4に変更)、pc-ヘッドフォンアンプ(carat-peridot→hp-a4に変更)で音楽鑑賞、です。解像度、音の分離はl1の方が上です。ボーカルは暖かみのあるhd595に対して、(うまく表現できませんが)生々しく聞こえる感じです。音場、音抜けの良さはhd595の方が良いと思います。hd595より低音は出ますが過多というわけではなくバランスは良いと思います。ソースにもよりますが、ライブ映像などは基本l1の方が楽しく聞けます。比較的万能タイプのhd595ではありますが、上品というか若干穏やかなイメージの音になりがちなのでそのあたりで使い分けのできる(ただし音の傾向が極端ではない)ヘッドホンを探していたので結果として購入して良かったと思います。セミオープンということで一般的な開放型と比較して(少なくともhd595よりは)低音を確保しつつも音場や音抜けの良さをさほど犠牲にすることなく、バランスよく仕上がっているように感じました。高音に関しては時々もうちょっと伸びてくれたらと感じることもありますが全てを兼ね備えたヘッドホンなんてありえないので、及第点というところでしょうか。追記:時間が経過したせいか最近は最初よりは高音も出ているように思います。装着感について側圧は強めですが、厚めの低反発素材のイヤーパッドのため長時間でも問題ありません。ポータブル向けという位置づけでイヤーカップはやや小さめですが自分の場合はぎりぎり耳を覆っていますので、パッドが当たることもなく快適です。ただし比較するとhd595の方が装着感は良いです。見た目等質感はかなり良いです。安っぽさはありません。所々 金属を使用している割には軽量に仕上がっています。外音遮断、音漏れ外音遮断性については密閉型のath-a500、aurvana live. Hp-aurvn-lvと比較してもそれほど遜色ないように思います。音漏れについては他人が付けているのを聞いたわけではないのではっきりとは分かりませんが少なくとも通常の開放型よりは漏れません。追記:hd595と比較してどちらが良いということもなく使い分けています。また、(この製品に限りませんが)接続する機器との相性もあります。当初感じた印象は大きく変わってはいませんが、最近は装着感がよく音質的にも聴き疲れしないhd595の使用頻度が上です。.

ヘッドホンはオーディオテクニカのath-a900をずっと使ってきました。それに比べて定価が1万円くらい高いし、ゴールデンイヤーがどうのとかって文句に惹かれ購入しましたが、期待外れすぎて信じられないくらいです(笑)聴くものはクラシックや吹奏楽が中心です。年間10回以上はクラシックコンサートに行き、cdやdvd化されている演奏会にも行ったことがあります。なので、今回のレビューの比較対象は実際の記憶です。まず低音が、ぼわんぼわんします。全体的に言うと、膜1枚を隔てて聴いているような感じです。入れないのでわかりませんが自分が風船のなかに入って聴いているようなイメージです。臨場感がありません。live感がありません。音がキンキンしなくて心地よいという方がいますが、実際の楽器の音ってキンキンする波長もあるんですよね。エージングすればそれは無くなるというレビューを見たことがありますがにわかに信じがたいです。作られた音が好きな方はいいのですが、そのままの音が好きな方には不向きです。.

ヘッドバンド式は音は良いけど重たいというイメージがあり、最近は見向きもしないでインナーイヤー型ばかり使ってましたが、この商品はとにかく軽いですね。装着していて重たさを殆ど感じません(最近のスマホ程度の重さ)。あと耳当ての部分もフカフカでインナーイヤー型の様に痛くならず長時間の着用も全く苦になりません。肝心の音ですが、某サイトでロック系の曲聞くならこのヘッドフォンでNO1になっていただけの事はあって重低音も素晴らしいですが、中高音の繊細さ(音の解像度とでも言うべきか)の方がもっと凄いと感じました。オールジャンルの曲ハイレベルに再生出来ますが特に、●ギターを多用している曲●俺はボーカルを聞きたいんだ!wって方には最高のヘッドフォンだと思います^^欠点と言う程でもないがケーブルが若干短いかな。iphone5でインラインリモコン動作確認出来ました(再生、一時停止、曲の先送り、ボリュームコントロール、マイク機能)。ただiphone5でコネクタ部分にカバーのある厚めのケースを付けているとコネクタにプラグがささらない可能性大です。.

いつもはイヤフォンと、飛行機に乗る時にコンパクトなノイズキャンセリングヘッドフォンを使ってただけなので、しっかりとした耳を覆うハイエンドヘッドホンを使うのは初めてです。黒い外箱からとても高級感があり、テンションが上がります。ヘッドバンドは本革で、フィット感もいいです。何よりイヤーパットが柔らかくて、耳がすっぽり覆われるけれど、圧迫感がないです。ヘッドホンからは短いコードが出ていて、付属の2種類のコードのどちらかをつなげます。1本はアップル用のリモコン付きと、もう1本はシンプルなコードです。あと、オーディオ用の変換プラグが付いています。リモコンはものすごくシンプルですが、再生・停止・早送り・曲の頭までの巻き戻し、音量のコントロールができて便利です。私は女性なので、やはり多少の重さは感じますが、それ以外は快適です。音に関しては1万円のヘッドフォンと比べて(すいません、素人なので)、音に立体感が出るかな比べると結構違うな!という感じです。個人的には耳の快適感と、高級感でテンションが上がる、かっこいいヘッドフォンで満足してます。.

悪くはないけど、低音を作りすぎているって言うか・・・ちょっとブーストかけ過ぎじゃない?って思っちゃう。中~高音域は音に艶ががないっていうか、一歩下がったところで音が鳴っている感じ。ぼくはサックスの音が好きなんだけど、なんかサラッとしていて、あれ?こんなもんだっけ?と物足りなさを感じてしまう。高音域はトゲが無くて聞きやすいけど、もう少し伸びがあったら良いな。あと音が左右から聞こえてくるんだよね。音像がまとまらないから、ちょっと聴き疲れしちゃう。。とは言え、あくまでも好みの範疇かな。デザインは良いし、装着感も悪くない。音が五月蠅くないから、好みが合えば良いヘッドフォンだと思います。.

デザインはシンプルながらシックな感じでセンスが良いです。質感も高く、ヘッドバンドは革(人工皮革?)ですし、アーム部分はアルミでできています。見た目だけなら、4〜5万円クラスのヘッドホンに匹敵しそうです。 l1は、一応ポータブルヘッドホンという位置づけだと思うのですが、それにしてはちょっと大きく、普通の家庭用ヘッドホン並のサイズがあります。イヤー部分が90度回転することで、多少薄くして持ち運ぶことはできますが、それでも鞄の中ではかなり場所を取りそうです。重量は、大きさのわりには意外なほど軽いのですが、長時間使用すると、少し重さを感じてしまうこともあります。イヤー部分は耳をすっぽり覆う形になっています。ここは若干小さいように見えますが、耳の大きな私で窮屈さを感じなかったので、ほとんどの人は大丈夫だと思います。ただ、若干ですが側圧が強く、頭の大きな人は、窮屈に感じる可能性もあります。また、イヤーパッドが耳の周囲にぴったりと密着するため、やや蒸れを感じやすいです。コードは布巻のため、絡まりにくくなっていて、とても良いです。コードはコントローラーの付いているものと、付いていないもの、それぞれが付属しています。長さは1m強と短めで、ポータブル用途を前提にしていると思われ、室内用としては少し短いです。ただ、全部繋げれば、2mを超えるので、室内でも十分な長さにはなります。音質については、20〜30時間程度エージング(慣らし運転)をした後で、いつも使用しているゼンハイザーのhd650と比べてみました。l1の解像度(情報量)は優秀で、音域も十分に広く、この価格ではかなり健闘しています。hd650と比べても、遜色がないばかりか、l1のほうが良いと感じられる場面もあり、コストパフォーマンスはかなり優秀なのではないかと思います。ただ、音の傾向はhd650とだいぶ違うので、単純に比較できない面もあります。hd650は開放型で、幾分ソフトな印象の音であるのに対し、l1はメリハリがあり、ストレートでパンチの効いた音です。半解放型となっていますが、どちらかというと密閉型に近いかも知れません。解放型ほどの音の広がりはなく、楽器などの音もソリッドで、距離も近く感じられます。弱点としては、(音源にもよりますが)中高音域が耳やかましく感じられることがあります。良くも悪くもモニター的で、音源の粗をそのまま出してしまっている感じです。あと、使い始めは音が硬く感じられましたが、それは使っているうちに幾分改善されてきたようです。音漏れはします。音量はかなり控えめにしておかないと、静かな場所や、混雑した電車などでの使用は難しいかも知れません。とてもコストパフォーマンスの良いヘッドホンですが、ポータブルとしてはちょっと中途半端な感じで、いっそ家庭用にしてしまったほうが良かったのでは?とも感じました。.

セミオープンタイプということで、密閉とオープンのあいだくらいの音質を期待しますが、まさにそんな感じでした。ただし、それがかなり高レベルで、バランスがいいだけでなく、広音域のいずれもが優れいています。その中でも、メリハリをかなり効かせていて、宣伝文句にある設計思想が十分に達成されていると思います。音以外のこだわりであるデザイン、付け心地に関しても、非常に優れていると思います。箱を開ける段階から革の匂いにテンションを上げさせられ(苦手な人は注意)、装着してみると、抵抗のないフィット感が素晴らしいです。コードには繊維が巻かれていて、動きがスムースでノイズを軽減させています。シックなデザインは、外でも広く使いやすい(オープンなので閉所での音漏れには注意)。バックスキンのポーチも洒落てます。特に脆そうなパーツはありません。音響技術以外にもコストがかかっていそうですが、音だけでも十分素晴らしいお得な逸品だと思います。.

デザインに凝った造りで、見た目もスタイリッシュ。配線は、よく見ると布紐のようになっています。本体も細部まで丁寧に作りこまれていますし、重量も大変軽いので長時間の使用にも向いていると思います。イヤーパッドは耳の形に合わせた楕円形なので、耳にフィットし音漏れ防止にもなります。もちろん、ヘッドバンドの大きさも変更できます。左右の内側に数字のついたメモリがありますので、左右均等に調整することが可能です。肝心の音ですが、高低共にとてもクリアです。このスリムで軽いボディからは到底出るとは思えないほどの音質です。ですが、振動を感じるほどの重低音はあまり出ません。今使用しているヘッドホンによって、各々印象も変わると思うので個人的な意見として捉えてください。少し難点に感じた部分は、両サイドにあるカール状の配線です。邪魔に感じることはないのですが、装着した時にイヤーパッドとヘッドバンドとの隙間に配線が入り込んで圧迫してしまうことがあります。長期に渡ってこれを続けた結果、配線を痛めないか少々不安です。~付属品~配線2本(iphone/ipod/ipadに対応したインラインリモコン付き配線となにも付いていない通常配線)後は、説明書、3. 5-6mmステレオジャック、バックスキンポーチが同梱。バックスキンポーチにいたっては、厚手で重量もあり大変丈夫です。とてもオシャレで高性能なヘッドホンなのでオススメです。.

利点と欠点

メリット

  • いいんだけど、ちょっと・・・・
  • 軽い素材
  • Fidelio L1

デメリット

特徴 PHILIPS Fidelio L1 セミオープン型ヘッドホン ブラック L1

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 再生周波数帯域:12-25000Hz
  • インピーダンス:26Ω 感度:105db
  • スピーカー径40mm
  • 最大出力:200mV
  • 接続端子:3.5㎜ステレオ
  • ケーブル長さ:1.1m
  • コネクタ仕上げ:金メッキ
  • 付属品:バックスキンポーチ、3.5-6mmステレオジャック
  • 本体質量:約286g

ベスト PHILIPS Fidelio L1 セミオープン型ヘッドホン ブラック L1 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.