Philips(フィリップス) PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズ 密閉型/オンイヤー/Lightning接続/ハイレゾ音源対応 ブラック M2L【国内正規品】 – 音の良さは凄い

買って2、3週間でiphoneに接続してもiphone側から音がなってヘッドフォンから音が出なくなる。ipadに接続しても同様なので、ヘッドフォン側の問題。交換してもらって、2ヶ月くらい使っていたが、最近また接続しても音が出なくなったり、何もしてないのに音楽の再生が止まる。接続し直すとまた再生できるけど。ligahtningの部分がどうも不安定というかバグっているんじゃなかと思う。音質に関してはとても満足なので、ちゃんと使えないのが残念。また修理を依頼したくてもフィリップスは国内では販売してないぽいので、依頼先がアマゾンしかないので、アマゾンで初期不良対応できない期間以降はどうすればいいのか不安。追記 一度アマゾンで交換してもらいましたが2台目も同じ症状でした。買わない方が良いですね。.

音質本当に素晴らしい、beatsよりデザイン感が弱いけど、音質負けないと思う、中味重視する人にお勧です、買う価値が強く感じます.

12/4に購入し、買って1ヶ月も経たないのに、音が聞こえなくなった。返品させていただきました。.

イヤホンジャックが無くなったiphone7に機種変したのをきっかけに、タイムセールにて本品を購入しました。(訳あってiphone5で使ってますが…)新しいうちは側圧が高めな気がしましたが、使用してるうちに馴染みました。普段hd25+ポタアンでの音に馴れているせいか、ハイハットなどの音域が若干抑え気味な、こんなもんなのかな…と、1週間ほど聴き続けているうちにどんどん抜けが良くなっていきました。そして今、もうこれは完璧!大好きな音です。何よりもiphoneとm2lだけの組み合わせだけで、ピュアなデジタルオーディオが組めるスマートさがいいです。.

購入に際して、懸念していたのはレビューで見るでした。全然、そんな事無いですよ。音源によります。☆四つにしたのは、aacの限界を露骨に表現する性能を持っているからです。きっと、まだまだ原音を表現できるだろう。iphoneの限界を感じます。それだけニュートラルで、良いデバイスだと思います。.

安価なハイレゾイヤホン購入、ipadにmora playerダウンロード、楽曲購入までしたのだけど、これだけではハイレゾの音で聞けない事が判明。ipadのイヤホン端子では24hzの出力ができないのだそうです。lightning端子からポータブルのdacをつないでハイレゾ対応イヤホンで聞けば24hzで聴けると分かったので早速16000円ほどの商品を注文してみたのですが、これが人気で在庫切れ、入荷も未定と困った事になりました。そんな時にdacも内蔵の本製品を見つけました。元は1万円以上した様ですが、amazonで7000円以下で出品されていたので即決で購入しました。楽しみにしていたハイレゾの音は確かにこれまで耳にしたものとは違いました。ただ音色の硬さがあまり好きに思えなかったのでmora playerでなくイコライザーの使えるplayerをダウンロードして調整して楽しんでいます。凝り出せばすぐ何十万という資金も必要になるハイレゾの世界なのでこの程度の投資で楽しめるならipadユーザーには一番お手軽な入口と言えるのではないでしょうか。ちなみにハイレゾ音源でないitunesの楽曲もこのヘッドホンを通すと音質が数段向上するので製品にはとても満足しています。もちろん未入荷だったdacの注文はキャンセルしましたので浮いたお金で楽曲増やしているところです♩.

8000円とは思えない高音質。オープン価格が4万円程度だったこともあり、音質はアンダー一万円の中では最高。ライトニングで直接繋げ、dacもあるため気軽に高音質が楽しめると思う。少ない欠点はiphoneや、ipadではアプリを購入しないとハイレゾが楽しめない点だと思う。けれど、それでもこの価格でこの音質は破格だと思う。.

買って数週間で片方から音が聞えなくなる事が多くなった。特にオフしたあと、再度耳当てのスイッチでオンにすると出る。不良固体をつかまされたかもしれない。.

利点と欠点

メリット

  • iPadで一番お手軽なハイレゾ入門
  • 高級感あります
  • 買ってよかった

デメリット

率直に言って其れ程イイ音とは思わない。オーテクのチタンハウジング製三万程度の愛機と比較すると高域の伸びが足りない。iphoneからusbでdenonのcdプレイヤーに入力しヘッドフォン端子からオーテクで聴いたほうが 遥かにイイ音。電車移動とかに使用するしかない。.

長時間使用しても痛くなったりしない。収納時は耳あてが回転してコンパクトに収まる。長時間電車で座っているときに使用しますが、十分音楽を楽しめます。ただ音質は期待したほどではなかった。昔使ってたipod classicと3000円くらいのイヤホンの組み合わせの方が音は良かったかもしれない。.

しっかりしたつくりです。音質は定価ほど良くないと思います。普通のヘッドホンです。購入時、激安だったので精神的不満はありません。長時間の使用にも不快感無く良好です。iphone用なので変換コネクタ―を買ってほかの装置でも使用しています。.

アイフォーン直挿しはクリアな右側に音量スライドが有り曲再生早送り戻しは右側丸い部分をタップし慣れれば楽チンです。ただしコードは硬め見映えはイマイチです。本体の出来が良いのに少し残念かな。あと私には圧迫感あり長時間使用向きません.

Lightening接続のdac搭載ヘッドホンということで、発売当初から欲しかった商品が半額ほどになっていたので思い切って購入。接続するだけで特に設定や専用アプリは不要で、普通のヘッドホンと同じように使えます。音がいいのかどうかはもう少し使ってみないとわかりませんが、線が擦れて音にノイズが混じったりすることがないのが、アナログ接続ではなく、デジタル接続のいいところではないでしょうか。装着感に若干の圧迫は感じますが、しばらく使えば、しなってくると思います。バンドのところが革製で高級感もあり見た目もとても良いです。想像以上の出来に大満足です。.

以前よりiphoneのアナログ出力の音質に不満があったのですが、ポタアンやdapは持ち運びや充電が面倒。流行りのbluetoothも結局音質や遅延、充電の問題があり敬遠していたところ、lightningヘッドホンのm2lを知りました。ヨドバシで試聴したところ音質は素晴らしく、中でもセパレーションと解像度の高さは実に秀逸。今まで聴こえなかった繊細な音や空気感まで伝わってきて、聴き慣れたはずの曲でもゾクっとする瞬間があります。私は普段はpopsやrock、houseを聴くことが多かったのですが、試しにm2lでモーツァルトを聴いてみたところ、楽器のディテールの隅々まで表現された音に見事にドハマりしてしまいました。それまでどんな高価なヘッドホンを用意しても、iphoneのアナログ端子への直挿しでは超えられなかった壁。その向こう側へ簡単に連れていってくれる、fidelio m2lはそんなハイレゾヘッドホンです。.

Philipsがリリースしたライトニング対応(というより直結)のヘッドホンです。来るiphone 7:ミニプラグレス時代に先駆け発売されたモデルであるがオーディオは必ずしも、「新しい=良い」という方程式が成り立たないのでそのリリース年月日を見ても拒否感を抱く必要はないモデルです。当方は普段、sony系のヘッドホンに傾倒しています。ポタアンはpha-3,pha-2を利用しています。(バランス時はpha-3を利用するという方法)ただし、ゼンハイザーhd25などいわゆる「有名イヤホン・ヘッドホン」は一通り所有した経験があり、随時手放したり再入手したりを繰り返しています。結果、個人的に好みになったのはsonyのハイブリット機のイヤホン、ゼンハイザー、beatsのヘッドホンです。(随時更新しています)普段聞く音楽は雑食ですがハイレゾとしてリリースされる音楽が基本ですので結構有名所の音楽しか聴いていないと思います。さて、当ヘッドホンのレビューです。まず、ハイレゾ対応を謳っていますが、ヘッドホンの耳あての形状からしてハイレゾの音を聴き込むのには適していないと思いました。音の善し悪しではなく、ハイレゾの良さを体感するには遮音性が完全とは言えず、やはり気軽に移動するときなどにハイレゾを楽しむたぐいのヘッドホンではないと思います。全体的な音ですがphilipsの音が好きな人なら「ここがゴールか!」と思い知らされると思います。fidelioシリーズのイヤホンなど、私も何度か所有しましたがdapの能力により「途端に残念に感じる」ことがあります。m2lに関しては、dac,アンプを搭載していることでphilipsが求める音が明確に感じられる一品です。ハイレゾ云々を抜きにして、純粋に「音を楽しむ」という原点に近いと感じるのは私だけではないはずです。音の細かな説明ですが、音の分離は非常によく、dac→アンプ→ヘッドホンを管理するとここまでのクオリティのものが作れるのかと感心させられます。もちろんこのヘッドホンを上回るヘッドホンは多く存在すると思いますが、ヘッドホン単体で考えるのではなく、dac→アンプというセットで考えた時にこの価格のクオリティではないレベルです。低音はのキレもよく、わざと低音をブーミーにしてみても、いやらしくならない処理はdacのおかげかアンプのお陰かとにかく「素晴らしい」の一言です。高音部は、「少しこもるかな?」という印象を受けました。普段ハイブリッド型のイヤホンを好んで使用している自分からすると少し辛めの評価になるかなぁ・・と思っていたのですが使い込んでいる内に絶妙なバランスであることを気付かされました。ハイブリッドのような「キラキラ」感があるのではなくまさに「調和」という言葉が適切な音の出方です。全体的には「フラットながらも低音と高音を少し演出している」感じを受けました。この「演出」という意味ですが単純にvolumeをあげているという意味ではなく、適度な周波数でカット?し、コーンの余分な振動を避けているように感じました。その周波数の設定もかなり絶妙で、「音が損失している」と感じることはありませんし「つながりが微妙」と思うこともない、本当に調和という言葉がよく似合う仕上がりになっています。苦手な音楽ジャンルがあるのかな?と悩んでしまうという意味でもphilipsらしい良いヘッドホンだと思います。当方はapplemusicなどを聞きながら手軽に出かけるときのヘッドホンとして利用していますがはっきり言ってポタアンを処分しようと考えています。(pha-3はポタアンではないという判断です)外観のデザインもm1mkiiのような、ちょっと痛い痛しいデザインではなく落ち着きを感じます。個人的には高評価です。本当にひとつマイナスするならば「この音を実現できるのがlightningだけ」という点です。usbでもなんでも良いからpcなりで利用できたら最高の一品だったと思います。.

音は良いです。低音が自然で響きます。ナチュラルですが、きちんとメリハリも自然に聞けます。良いオーディオは音を大きくしてもうるさくならないというのが特徴ですが、そうなってます。音を大きくしても歪みが無く、自然に聞けます。ただし、ややきつめです。これも顔の大きさという絶対的な状況があるので人それぞれでしょう。そんなに顔は大きい方とは思えないのですが、ややきついです。でも、苦になるほどではありません。14800円での購入です。本格的なヘッドフォンを一つというのに最適でしょう。.

特徴 PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズ 密閉型/オンイヤー/Lightning接続/ハイレゾ音源対応 ブラック M2L【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • DACとアンプを内蔵、iPhoneやiPadから24bit/48kHzの音声をダイレクトに入力
  • クロストークや干渉を排除し、劣化の少ない信号送信が可能
  • 40mmネオジウムドライバーとアコースティックシール採用のハウジング構造で高い原音再生力を実現
  • アルミ製フレームとファインレザーを使用し高級感を演出
  • 内蔵DACデジタル・アナログ変換:24bit – 48kHz

メーカーより

ハイレゾサウンド

M2L ヘッドフォンは、Fidelio の特徴的なサウンドを生かしたハイレゾ音源を iOS デバイスでダイレクトに再生。Lightning コネクターと内蔵 DAC を使用して、ひずみやクロストークの発生を防ぎます。どこにいてもスタイリッシュに、細部に至るサウンドを楽しめます。

iOS デバイスに最適化された Lightning コネクター

フィリップス Fidelio M2L は、ヘッドフォンに純粋なデジタル信号を直接供給する Lightning コネクターに対応。信号をデジタルのまま維持することにより、クロストーク干渉が軽減され、ステレオセパレーションが向上します。

iOS デバイスでハイレゾオーディオを楽しむ

Philips Fidelio M2L は、iOS デバイスの Lightning コネクターを介してストリーミングした 24 ビット 48kHz のハイレゾオーディオを楽しむことができます。アーティストが思い描いたとおりに細部まで忠実に再現し、究極のサウンド体験をお届けします。

DAC とアンプを搭載し、どこでもハイレゾサウンドが楽しめる

フィリップス Fidelio M2L は、デジタルアナログコンバーター(DAC)を搭載しているため、いつでもどこへでも自由に移動してハイレゾサウンドを楽しむことができます。もう外出する時に余計な機器を持って行く必要はありません。

本格的でピュアなサウンドを再現する最適な 40mm ネオジウムドライバー

各スピーカードライバーを、厳選、調整、テストしてからペアリングし、最もバランスのとれた自然なサウンドを再現しています。強力なネオジウム磁石を使用した 40mm ドライバーが、幅広いダイナミックレンジで本格的な高精細サウンドを提供し、細部まで丁寧に再現します。

音響密閉により細微なニュアンスを逃がさず再現し、ノイズを遮断

Fidelio ヘッドフォンは、特殊なリボンロックを内部チャンバーに内蔵した音響密閉構造を採用することにより、不要な音漏れを防止し、サウンドの細部まで保持します。低音の伸びが優れているだけでなく、周囲の騒音に邪魔されることなく、臨場感にあふれ、細部まで優れたサウンドを楽しむことができます。

クリアでダイナミック、かつバランスのとれたバスレフシステム

音響クローズドバック設計のバスレフシステムは、基本的に、ベントを巧みに配置したイヤーシェルで構成されます。これらは内部チャンバー内の空気圧を調節し、音響応答を最適にするために環境を制御したダイヤフラムを提供します。音響密閉キャプチャと連動して、音質の透明感を損なうことなく、自然なサウンドの細部を分離し、正確でダイナミックな低音をお届けします。

リスナーの好みに合わせて周波数特性を調整可能

サウンド特性の最適なバランスなどに対するリスナーの好みを把握するため、音に対して鋭い感性を持つ音楽愛好家に詳細な調査を実施しました。その後、フィリップスの音響エンジニアが、音が耳にどのように響き、それに対して共振するのかなど、リスナーが音の違いを認識する方法に影響を与える極めて細かな点まで、すべてを考慮して調整を行いました。そして、現在の録音スタイルを含む、オリジナル録音にできる限り忠実な音を再現する Fidelio M2L ヘッドフォンを開発したのです。

人間工学に基づいて快適にフィットするデラックス低反発フォームクッション

Fidelio M2L に採用されている素材は、長時間快適に装着でき、音響効果をアップするよう厳選されたものです。通気性に優れた素材を使用した低反発フォームイヤーパッドが、圧迫感と熱の蓄積を分散し、抜群の装着感とサウンドを提供します。

アルミニウムとステッチを施した上質な革による洗練された仕上がり

スウェード風のポーチがスタイリッシュにヘッドフォンを保護

ヘッドバンドのスライダー部。細かい調整が可能となっている

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

Lightning接続専用ヘッドホン

待望のLightning接続専用ヘッドホン。iPhoneやiPadなどのiOS端末とのLightning接続に特化してており、一般的なヘッドホン出力を使ったアナログ接続には非対応。ケーブルの着脱もできない。Lightning-DACとしては、最大48kHz/24bitというスペックを確保する。

そしてサウンドだが、さすがフィリップスと感心せてくれるサウンドだ。いたずらに解像感を押し出したり、空間の広がり感を強調するのではなく、実にナチュラルで心地の良い音を聴かせてくれる。

相対性理論「たまたまニュータウン(2DK SESSION)」冒頭のバスドラムの響きを想像以上にしっかり深く出してくれる。ベースも落ち着いた厚みや適度な太さで、中低域全体、そして音楽全体のバランスもよい。ベースの柔軟な弾力、アタックを強調することなくかといってぼんやりすることのない穏やかな存在感も好ましい。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事:http://www.phileweb.com/review/article/201505/29/1649.html
  • 文:高橋 敦
  • 執筆日:2015年5月29日

ベスト PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズ 密閉型/オンイヤー/Lightning接続/ハイレゾ音源対応 ブラック M2L【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in オンイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.