OSTRY Kc06a カナル型イヤホン – すぐ壊れる。レビューはほとんどサクラ。

エレコムのハイレゾイヤホンから買い替えました.ヘッドホンはakgを使っていて高音のきれいな系統が好きなので,その傾向でチョイスしました.kc06とだいぶ迷いましたが,外でも使うので少し低音があること,後発型なので改良されているであろうことを期待してこちらに決定しました.結果的には非常に満足しています.非常に澄んだ音です.これは本当に驚きました.低音は期待以上に出ています.高音もかなりきれいに伸びているという印象です.高音域でのビビリなどは感じません.中音域はやや引っ込んでいる印象がありますが,全体としては非常に聞きやすいバランスだと思います.イヤホンチップが3種(mサイズのデフォルト?1種とs-lサイズの別のチップ2種)ついてきますが,それぞれに特徴があります.自分は「均衡塞」と書かれたバランス型と思われるチップを使っています.高音もきれいに出しつつ低音も聞こえるようにしてくれます.付属以外でもチップをいろいろ交換してみるとまただいぶ音が変わります.自分に合ったチップを探してみるのも面白いかもしれません..

Fiio x1 + c&c bh2 で懐メロ洋楽や懐メロ邦楽をよく聞きます。かなり気に入っていたma750を引っ越しで紛失し、同じものを買うのも・・・と、こちらを購入してみました。結果、私の好みの音ではありませんでした。下もしっかり、そして上までソコソコ鳴っていますが、低音はブーミーに感じ、高音は若干うるさく、何よりma750と比較すると余裕のない不自然な音と感じてしまいました。貧困な語彙で表現するなら、「見通しの悪い音」とでも言うのでしょうか。早いとこ買い換えようと思いますが、どうせならma750の上の機種(t10/t20)・・・と考えてしまい、実際の買い換えは少し先になりそうです。※もう少し鳴らして様子が変わるようなら追記します。.

アマゾンで以前に買いましたが、商品名をこれに若干変えて販売されていました。このイヤホンの音質は100円には勝ちますが、クオリティは1000円くらいのイヤホンです。6000円はぼったくりです。ちなみに全く同じ商品をアマゾンで買った時以前は1ヶ月すると先端が折れて死にました。【絶対に】買ってはいけません。6000円のゴミを購入するようなものです。.

【1使用環境】iphone5s(alac 標準ミュージックアプリ)→kc06a【2デザイン】同シリーズのkc06が万人受けと考えるならば、kc06aは格好良さ重視された感じがします。筐体は何も変わりませんが、描かれているイラストに変化があります。店頭で試聴し、「どっちも良くて悩むな…」と思っていましたが、現在所持しているttpod t1とkc06が似ていると感じたことと、kc06に描かれているイラストがお世辞にも格好良くはないかな、何かの目玉に見える気が(昔のポケモンのアンノーンってキャラクターにしか見えませんでしたww)と思ったので低音強化版のkc06aを買いました。【3高音の音質】低音よりチューニングとされていますが、それにより高音が犠牲になってしまっている感覚は0です。むしろkc06聴いてからkc06aを聴くとその凄さがわかります。去り際も減衰することなく自然と感じました。【4中音の音質】kc06と比べるとごくわずかですが、引っ込んだのかな?という印象でした。気にしないとわからないレベルです。必要充分な量はしっかり出てるので問題なしです。【5低音の音質】最近、低音寄りのイヤホンは避けていたのですが、高音重視のttpod t1とは逆のタイプのイヤホンも持っておきたいという気持ちから購入に踏み切りましたが、大正解でした。ここ最近のトレンドなのか低音重視のイヤホンは色々と出ていますが、「低音がボワついていたり、アタック感が強すぎて耳に響きすぎて聴き疲れする」というような印象がありました。しかし!kc06aは低音の出し方が上手い!不自然な感じがしない!アタック感が強過ぎない!だけど、しっかり主張しているといった印象を持ちました。だからこそ購入に踏み切れたのだと思います。言葉で言うなら「上品に低音を強調」してくれているなって感じです。【6フィット感】購入セットの中には、中高域タイプ1つ(ワンサイズのみ m?かな?)、ノーマルイヤーピース(口径 小1セット 口径 大1セット)合わせて3セット用意されています。タイプ別で用意してくれているのはかなり嬉しい。自分の好きな付け方が見つかると思うのでこの点は、心配することはないと思います。あえてあげるとすれば、筐体の問題なのかイヤホンを耳の奥までグイグイ入れ込むことは少し難しいかなっと感じました。日頃から奥まで奥まで押し込むのが好みの方は要チェックかもしれません。(そこまで気にならないと思いますが)そして、誰がなんと言おうとこれが1番嬉しかったってのが「イヤーフック(取り外し可)」が付属されていたことです別メーカーのdunu dn-2000にも同じような物が付属されていたのですが、これが装着感の安定性up、耳掛けによるタッチノイズを減少されている大きなポイントだと思います。個人的な理由なんですが、boseやbeats、audio-technicaなどがウイングチップなる物を付属として装着感の向上をアピールしてますが、マッチした試しがありません!片耳は大丈夫なのに反対はサイズ変えてもダメ…それの連続でした。(dn-2000にもウイングチップがありましたが全然ダメでした。)だからイヤーフック(取り外し可)がついているのは嬉しかった。dn-2000付属の物は若干硬く、長時間の使用やメガネとの併用は痛みの原因になりましたが、kc06aの付属イヤーフックは適度に柔らかく痛みも出ませんでした!取り外し可イヤーフックは他メーカーにも今後検討して頂きたいと思います。【7外音遮断性】カナル型としては厳しめにいくと中の下かなっと感じました。工夫次第でなんともなると思うので問題ないです。【8携帯性】良しです!普通です!ポーチほんのちょっと小さいよ!とは思いました。【総評】某イヤホン専門店サイトで「神」とまで謳いバナーを出していたので「言い過ぎにもほどがあるだろ、あからさま過ぎないか?」と思って試聴してみたら買ってしまった自分がいました(笑)本当に「神」なの?って聞かれたら「それは、言い過ぎかも…、でも人によって意見は違うだろうし…」って感じでした。でも買ったのは事実ですし、友達にも安心してすすめられる製品です。最後にこの製品の微妙な所を挙げるとすれば、「筐体に描かれたイラストが明らかにハゲるの早そう」、「筐体に傷つきやすそうなのは目をつむるべきだな」ってことです。これが大丈夫なら買うしかないです。そして音を存分に楽しんでください!.

印象としては低音重視、高音丸みのある音です。中音域もしっかり鳴らしてくれます。イヤホン複数所持しておりますが、1万以上のイヤホンと比べても非常に聴きやすく、そして音の分離も良い。楽器も高音~低音まで鳴る。まぁ低音重視なっちゃうんですが、それでも私はこの価格帯のイヤホンでは突き抜けているイヤホンかと思います。(※個人的感想ですよ!)ma750と比べられている方のレビューを拝見し、私も所持しておりますが、ma750は低音は控えめの高音重視(というよりフラット寄りか?)ですから、このイヤホンの低音質量には耐えられないでしょう。倍以上出ている印象です。イヤーピースは柔らかめかな?ユニット長も短めだから耳からはみ出す可能性も無いのです。ただ、外とかで使うのは躊躇います。渦巻みたいなデザインがダサい。.

イヤーチップは2の普通でのレビューです。このイヤホンのインピーダンスはとても低めで、iphone直刺しでも十分な音量が取れます。音の傾向としては低音、高音寄りです。フィット感はとてもいいです。シリコン製の耳当てのおかげでタッチノイズは皆無と言ってもいいでしょう。音質はとんでもなくスッキリとした音がするという印象です。低音はややキックが強めですが。ですがとても残念なことがあって、いやリケーブル出来ない、というのも一つの不満ですが、何よりもボーカルが遠いです。3万円のue900と比べるのはアレですが、kc06aのボーカルはちょっと遠い所からボソボソ喋っている。そんな感覚がします。リケーブルでき、ボーカルも近ければ、このイヤホンはたとえ5万しても買う価値があるものだと思います。後継機に期待しています。.

自分は今まで5000円クラスのイヤホンしかつかってなかったので、このクラスのイヤホンを買うのは初めてでした。なので慎重に様々な観点からのレビューなどを見て、今回この商品を買うことに決めました。自分はedmやhiphopを聴くことが多いので中低音を重視されているこのイヤホンがいいんじゃないかなーって思って、注文してから3日。遂に届きました。予定より1日早くついたので外出中だった僕は急いで家に帰って開封しました。早速携帯に直刺しして聞いてみると、もうすごいです。重低音がすごく利いているのにボーカルも遠くない、高音もシャカシャカ鳴らないし、聴いているうちに涙がこぼれました。それくらい5000円クラスの物との差がすごくて、正直予想以上です。もし、重低音重視の5000クラスの物からちょっと奮発して9000円クラスの重低音重視のイヤホンが欲しいなと思っている方がいるなら、このイヤホンは間違いないです。買って損はありません 。.

低音域が豊かで、かつ引き締まった、抜けの良い音です。バスドラとかが良く聞こえてきますし、低音域でマスクされて聞き取りにくかった中音域の音も良く聞こえるようになります(今まで気付かなかった音が聞こえる!)。.

利点と欠点

メリット

  • これはすごい。
  • 抜けの良い音
  • ありです

デメリット

このイヤホンで感じたことをまとめました。・解像度が高い (刺さりそうで刺さらない丁度)・音場が広い・分離が良い・下から上まで綺麗に出る・付属品が充実している星5ですが、リケーブルが出来て, カスタムiemのような形状だとなお良かったです。次作はリケーブルが出来たら嬉しいです。ostryさん検討お願いします!.

すぐに片耳断線したビジュアル重視で選んでしまったのは後悔しました.

音は最高ですね。上から下までしっかり出ます。☆をひとつ減らしたのは付属品がちょっと…って感じです。イヤーピースで音が変わるのはなかなかよかったですが、しばらく使ってると外れやすくなりました。あと、コードの癖がなかなか直りません。付属のポーチ、小さいです。音はいいので外回りをもう少し頑張ってもらえると嬉しいかなぁって感じですかね.

以前使っていた5000円のイヤホンに比べたら高音も低音もkc06aのほうがかなり上でした。シュアー掛けもかなりしやすいです。デザインもすごくよくて高音も低音もしっかりでます。10000円前後の値段ではかなりコスパはいいと思います^_^.

高低音ともに出ていて、この価格帯としては最高クラス。線も丈夫で絡まりにくくとても使いやすい。イヤーピースの種類で音はあまり変わらない感もあります。持ち運び用の袋はおまけ程度ですね。ですがそれらの点を考えても充分にお釣りが来る商品かと思われます。.

クラシック試聴の観点から。恐らくこのイヤホンのチューニングに起因すると思われますが、これは紛れもなく弦楽、あるいはヴァイオリン試聴用のイヤホンであると断言します。試聴環境は、walkman-zx2,flacファイルにて。(zx2は一切のイコライジング、vpt設定、クリアオーディオ設定なしとなります)まず、ムターのモーツアルトバイオリン協奏曲。5番(トルコ風)、第3楽章。独奏者の定位置がまるでs席にて間近で聞いている様な気分に囚われます。ムターが奏でるバイオリンの切ない美音が胸元まで届いて来るかの様。思わず最後までぼーっとして聞いてしまいました。そして、トリオ・ツィンマーマンによるモーツアルトディベルティメントk563 第一楽章。加えてホグウッドによるヴィヴァルディ(リオム番号63)の有名なラ・フォリア。楽器で語り合うとはこういう事か、そうとまで思える程の弦楽の鳴り方が素晴らしい。比較試聴したのがいきなりゼンハイザーのie800. 総合的にはこちらに軍配が上がるのかもしれませんが、こと独奏や協奏曲など弦楽中心の演奏のみに限らせて頂ければ、ostry-kc06aに一歩も二歩も譲ります。この分野に限ってはostryで聞いていたい。ピアノ様な音階に幅のある楽器、オーボエなど中低音強調楽器、壮大なオケどの曲は余りに平凡すぎて、ここはie800に譲りますが。。ある意味、弦楽に絞ってイコライジングしてるんじゃないかと思わせる様な音の作りはこれはこれであり。それと、イヤピースですが、なんとzeroaudioのシンゴロ辺りのものがぴったり。これでシュア掛けすると耳にぴったり嵌ります。デフォルトで用意されていた、中低域強化型フィルター付きイヤーチップの嵌りが悪かったもので、たまたま購入したばかりで試聴していたzeroaudio製品のイヤーピースが大きさが同じな事に気付いたのはラッキーでした。コンプライチップが今一つだったので悩みが解消です。しかもシュア掛けにすると、本体からのケーブル出し口が邪魔にならず納まりがよくなり耳道にぴったり。人にもよるのでしょうが。私自身はこれをお勧め。欠点といえばイヤホン本体が安っぽい。らせん状の印刷がされていますが、あれは指で触っている期間が長いとハゲますね。海外のサイトでレビューを探していたのですが、印刷部分がボロボロになった写真をみかけましたので。印刷部分は透明シリコンパテみたいなもので盛って見るか検討しています。しかし、このイヤホン凄いですね。こんな尖ったイヤホンを国産でも出してほしいものです。無論、低価格で。.

ロック系なら、1万以内と言わず2万以内でもベストかも。デザインはアレだけど、それに目をつむっても買いな音質とコスパ。ie60やdn-1000も検討したけど聞き比べてこれを選びました。解像度バッチリ、高音の抜け感はスカッと綺麗だけど、低音も十分ソリッドでキレ感やアタック感があり、ノリの良い音楽にはバッチリハマると思います。それでいて強ドンシャリではないのが良い。弱ドンシャリくらいかな。付属イヤピは低音重視のよりバランス重視のがいいと思う。低音は普通でもちゃんと出ているので、このイヤホンのいいとこを消しちゃう。低音重視な人は他行くでしょ。.

友達に紹介されて購入音質がかなり良いので好んで使用しています。移動(電車、バス)よりも部屋などの静かなところで使った方がいいかもしれないです。周りの音が結構聞こえるので.

特徴 Kc06a カナル型イヤホン (シルバー)【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • エージング不要のバーンインタイプで、開封後から本来の良い音質を提供。
  • CCAW(カッパークラッド・アルミワイヤー)を採用しているため、物理的な振動のレスポンスが向上し、ワイドでクリアな音質を提供。
  • ドライバーのチューニングにより、心地よい嫌味のない低音を実現。
  • ケーブルは高品質線材を利用し、外観は赤のストライプでスタイリッシュな仕上がりに
  • 中高域・標準タイプのシリコンイヤーピース各大中小3種類が付属。フィルター付イヤーチップの中が付いており、交換することによって音質の変化を楽しむことが可能

ベスト Kc06a カナル型イヤホン (シルバー)【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.