OKCSC イヤホン 有線 重低音 ヘッドホン 開放型 ウッドハウジング ハイレゾ対応 マイクなし M1 – 形状が好き

形状が好きで買って良かった!音質もよくて個人的にはすきです!.

・音質は、高音寄り。重低音ではなく、低音は稀薄。 mdr-cd900st(以下実機)を、低・中・高音 各10として比較すると、 低音4 中音7 高音8くらいで鳴る。 低音が中音の半分ほどで、高音は2割増しくらいのバランス。 ※解決策を発見。長文になるので、後述。そこだけ見たい方は文末の【問題点と解決策】までスキップを。  やれば根本的に変わるので、レビューの音質に付いての評価が分解能を除きほぼ無意味になる。ただし面倒。 分解能はあまり良くない。輪郭がボヤける。(ただし1万円以下ならごく普通程度)・作りが粗雑で、当たり外れがある可能性がある。 まず、購入時の音質が酷すぎたので、分解して全部直してから音質のテストをしている。 話すと長くなるので、パッと見たい方は写真をよく見て自己判断をお願いします。【ハウジング周り】・極端な高音寄りの原因。非常に癖が強い。 比較検証の為、mdr-cd900stのユニットをそれぞれ組み込んで鳴らした。 ah-g300、ah-d1100(denon)、hd600(sennheiser)、そしてコレ。 実機に一番近いのがg300、hd600は少し高音、d1100は若干低音寄り、コレは明らかに高音に偏る。 cd900stユニットでは、低音5 中音8 高音9 くらいに聞こえる。・作りが粗雑。 一番大事なユニットも含めて、ほとんどボンドで固めている状態。 ボンドの塗りが非常に乱雑で、パーツの接合部にまで入り込んでいる。 硬質のエポキシではなく、軟質の酢酸ビニル系(木工用ボンド)か、シリコン系。 最初音割れしていて、ドライバーユニットを固定するボンドを除去して付け直したら直っていた。 解放穴を塞ぐ金属メッシュは、四角を強引に押し込んでねじ曲げているので、4本の酷い傷が刻まれている。 金属メッシュも、ユニットを固定するプレートも、若干浮いたまま固定もされていた。 ハンダ付けが粗雑。接合が薄すぎて線の先0. 1mmくらいしか付いてない。形状がハンダの上から分かる。 リッツ線の途中で、外圧で圧迫されゴムチューブが変形してる部分があった。断線はしてないが。【外装関連】・これも粗雑、構造的にも強引さを感じる。 アームのプラ部分は、切り出した時のバリがある状態。 ヘッドバンドと連結する金属製アームが、ハウジングの外径と合っていない。 強引に曲げながらビスで連結されている。弦を引かれた弓の様に、ビスが弓で引っ張られている。 その為、ビスが、ハウジング穴の内側で下部、外側では上部に押し付けられてしまっている。【問題点と解決策】 ユニットを固定しているプレートに穴を開け、ハウジングの内径を削る。 もちろん、完全な不可逆で、手間もかかる。 なぜそこまでするのか? プレートにハウジング側への解放穴が「無い」から。 私だけの不具合品では無くて。どう見ても設計で元々無い。 一応、ユニットには背面側に抜ける小さな穴が2つあるにはあるが、中しか通っていない。 ユニット後方に発生する音が、効率良くほぼ全て外へ行くのは、自明の理。 加工後の比較テストでは、低音7 中音8 高音9くらい。 完全に、極端な癖を持つピーキーな代物ではなく、普通に解放型の実用レベル。 【用意する物】 ・マーキング用のペン(できれば+マスキングテープ) ・ペンチ、ラジオペンチや、それに代用できるもの。 ・2. 0程のプラスドライバー(精密セットなら普通に入っているはず) ・3~5mmほどの穴が開けられる工具。(錐、ドリル、ピンバイスなど) ・ウッドハウジングが削れる工具。(三角or丸型の彫刻刀、頑張ってヤスリ、堅刃カッターなど) ・強力な両面テープ or ボンド(繊維メッシュの固定なので、木工ボンドでも大丈夫なはず)  (これに関しては、100均で売ってる網戸修理のメッシュと不織布で作り直しても良い) ・あると便利な物として  ・新聞紙を切った物など。(ハウジングを削る時に、奥に詰めた方が安全に作業出来る。  ・ハンダとコテ(リッツ線を外してから作業をしたり、万が一リッツ線が切れたり、外れた時に使用)  ・t10のいじり止めトルクスレンチ or ドライバー(いじり止め用が必須。アームを外す場合に必要) 【作業手順】(以下全て両側でx2) 1.イヤーパッドとプレートのメッシュを外し、プレートの固定位置をマーカーしておく。   (ペンで印を付けるのが嫌なら、マスキングテープなどを貼った上か、そのものを切っても良い) 2.3カ所の木ねじを外す。 3.ペンチで、ハウジング下部のプラグメス受けを慎重に外す。(黒部だけ摘まんでゆっくり引き上げれば大丈夫) 4.プレートに錐、ドリル、ピンバイスなどで穴を何カ所か開ける。3~5mmほど。   (位置は、写真を参考程度に。赤丸:3mm三方錐で開けた追加穴 青丸:既存の四角穴) 5.穴を開けたら、プレートをマーカーに合わせて戻して、1~3カ所木ネジで仮止め。 6.穴にペンなどを差し込んで、ハウジングの削る位置をマーキングする。   (ハウジングを外すなら、そのまま穴を開けても良いが、ユニットを傷付けないように注意) 7.プレートを外し、マーカーした場所を彫刻刀などで削っていく。   元の穴より少し大きな幅、ハウジングとの通気孔になれば大丈夫。   (写真は分かりにくいかも知れないが、実際に彫刻刀で削った物。かなりアバウト) 8.削り終わったら、またプレートをマーカーに合わせて戻して木ねじで固定。 9.メッシュを接着剤か、両面テープで貼り付け、イヤーパッドも戻して完成。  手順3の時に、戻せるならハンダコテでリッツ線を外した方が楽になる。 その際一緒にハウジングもアームから外すと削るのも楽。 ペンチでナットを挟んでトルクスレンチで回せば外せる。 【後記】 終わってみて思うのは、こういう音を期待したんだってこと。 デザインだけで良いって人でなければ、皆そうなんじゃないかと私は思ってしまう。 少なくとも、私はなんでこうじゃないのか、ずっと腑に落ちなかった。 いや、分解した時に気づけよ!って人に言いたい。 後ろ解放して、前塞ぐなんて、普通は考える?!(苦笑) 私と同じくらいの値段(3,984円)で買ってから、この値段ならしょうがないって思ってる方、 その何か物足りない感は、たぶんこの穴無しが原因。 作りが粗雑すぎるから、それ以前にハズレを引いてる可能性も否定できないのが怖いけど。 中を綺麗にして、通気孔さえ開けて上げれば、たぶん「欲しかったはずのあの音」になるはず。 コメントにはできる範囲で返信します。 それではこれにて、レビュー終了。長文駄文にお付き合い頂いた方、ありがとうございました。【テスト環境】 使ってる人も多いはずのdenon avr-x1500hを使用。 音源は、低音から高音まで幅広く鳴らしてくれるパイプオルガンと、ハイレゾはmaroon5のⅤ 比較用として、メインで使っているsonyのmdr-cd900stのユニットを使った半自作機、ah-g300改 sony mdr-cd900st(実機)、mdr-10rc、家族所有のdenonのah-d2000とd1100、1000、 友人の修理及び改造で預かってたオーディオテクニカのath-ava300、 代替で貸していたsennheiser hd600(改):破損していたリケーブル周りを変えた物。.

音楽を聴くために購入しました。使用したばかりですが、雑音も全くせず問題なく使用しています。音がクリアですね。低音も出ています。包装も良かったですし、箱に傷もありません。.

ちょっと前までaliexpressでしか買えなかったのですが、いつのまにかamazonで扱ってましたね。私はaliで買いました。その時はフォンスタンドはなかったし、定価も八千円ぐらいしてました。[総合]まず、七千円台のオープンというだけで限られてくる市場です。オーテク、akgあたりが出てきますね。ブランドで言えばちょっと劣りますが、オープンを買うような人はあまり気にしないでしょう。じゃあ、実際に音質はどうかというと、とてもいいです。多分国内の下手なのよりずっといいんじゃないかと。以前はzs5を使用していたので、まずこのヘッドホンを聞いたときに、これがヘッドホンかと感動したものです。[高音]とにかくエージングしましょう。最初は聞くに堪えない音で、やっぱ中華か……と思ったのですが、鳴らしているうちに化けていきます。かなり刺さりシャリシャリしていた音が、baにも劣らない解像感で、刺さりもなく、すーっと空気に溶けていくような音になります。空気中に抜けるというより、気が付いたら消えていたという感じ。オープンを上手く生かしています。高音はエージングで鳴らす音源によっても変化してきます。私はアニソンを聴いていたのでちょっとドンシャリっぽくハキハキした音になりましたが、クラシックなんかを鳴らせばそれ向けの音になるでしょう。[中音]ここが籠もり感を決める大事なポイントになりますが、ddとオープンの相性というのがとてもいいようで、最初から艶のある音を出してくれます。籠もり?無縁です、そんなのとは。この辺は木のハウジングということもあるのか、ちょっと音楽っぽい音を出すけどそれがまたいい、厚みのある音で、最初はあまり気づかないかもしれませんが、高音と低音との境目もよく、このヘッドホンで一番いいポイントかもしれません。[低音]イヤホンなんかに比べればとてもいい感じに鳴ります。スピーカーのドンとくる振動も、このヘッドホンでは耳を震わせてちょっと低音を感じるという程度。強くもなく弱くもなく、という感じ。ただ、当然クローズドには及びません。大きめの音で鳴らしているときに筐体を触るとかなり振動しているのですが、オープンなので音が逃げるのでしょう、イヤーパッドを付け替えてドライバと耳の距離を近づければかなり低音は出ると思います。ただ、そこまで低音を求めるのならばこのヘッドホンではなくクローズドを買いましょう。[音場]イヤホンだと頭の中で鳴っている音楽も、自分の一歩前の程良い距離で鳴らしてくれます。さすがオープン。広がりという面では少々弱いですが、音が重なることもなく、自然に複数の楽器の音が混ざってやってきます。人によってはもっと刺激が欲しいと感じるかもしれませんが、これ以上近くだとかえって疲れるちょうどいい距離だと感じます。[遮音性、音漏れ]なにも求めないで下さい。所詮、耳に付けるスピーカーです。大きめの音で聞くと会話は難しいでしょう。ガンガン漏れますし、家族が居たりする場所でもきついかもしれません。屋外なんて論外です。[装着感]抜群です。群れたり耳が痛くなったり頭が痛くなったり、このヘッドホンでそのような経験はありません。[耐久性]イヤーパッドがちょっと心許ないですね。まぁ、これは後でも付け替えれるでしょうが。あと、ヘッドホン側のジャックにケーブルを挿すとき、ちょっと力を入れなくてはいけません。プラグが先かジャックが先かと、ちょっとヒヤヒヤします。ヘッドホン側も3. 5mmなので、市販のケーブルはあまり見つかりません。純正も充分質がいいのですぐ切れることもないとはおもいますが。[ビルドクォリティ]本当はこの欄を書く予定はなかったのですが、一つだけ。ヘッドホン内部でジャックからドライバに行くケーブルがあるのですが、私の物では磁石にケーブルが触れていて、低音が鳴るとピリピリという音がします。裁縫針ぐらいならメッシュから突っ込めるのでなんとか出来るとは思いますが、なかなかクセの強いケーブルですので、しばらく耐える必要があるでしょう。私はオープンのヘッドホンはこれが初めてなのですが、正直これ以上の音は必要ないですね。当然上に行けばさらにいい音があるのでしょう。しかしゼンハイザーのhd598なんかでもこれが2台買えるお値段ですから、中々手を出しづらいはず。入門機のつもりで買ったのですが、ぶっちゃけこれで充分です。あ、インピーダンスが32Ωなので、さすがにポタアンは必要になるでしょう。私はsmsl iqを使ってます。.

Okcsc ヘッドホン オープン型 ステレオ wood 高音質(スタイルa)オープン型のせいかパワーはありません(抵抗Ω率が高いのでしょう)家で聴く分には充分ですし. 「ハイレゾ音源対応」機種なんぞ軽く超えてます. Puッオープン型はハウジングの穴を両側とも手で塞いだ時に効果がしっかり解りコイツは良く設計されていて、その変化の度合いはビックリするほど凄い!低音もバランス良く充分出てますし空間に拡がる音の鳴りにメロメロ~♪剥き出しのスチール製ヘッドバンドに本革のカバーを装着しました。。。最高です!(写真添付)《追記》「物は考えよう」. コイツは確かにパワー不足・入力過多で直ぐ音ワレ状態になるのですが。。。オープン型の室内鑑賞用なのでコイツが一番得意とする音量に使用する側が合わせてあげる!普段、密閉型の大音量にドップリ慣れ切った耳を健全な音量で癒してくれる 🎧 と捉えています♪気付くと室内鑑賞にはその音量で充分なことがわかります!・・・音質は他を圧倒する素晴らしさですから.

見た目gradoの影響大って感じで購入してみました。音域バランスはフラット。解像度、音場もそこそこあります。盛大な音漏れ。電車なんかで聴いたら、絶対に周囲から怒られます。多分目指すところはgradoサウンドなんだろな~って感じです。なのですが、比べれば、やっぱり本家とは全然違う。中低域が細いチープな価格相応以下の音質になってます。イコライザでカバーできるかなぁ?もうちょっと音に太さが備わればgradoサウンドに迫ると思う分、残念!!インピーダンスは高めなのでしょう。音量は取りづらいです。低出力のポータブル機器でも、どうにか音量はとれるでしょうが、音漏れで屋外では使えないです。ポータブル環境での音割れは感じませんでした。大音量にすれば割れるのかもしれませんが、低出力のフルボリュームでこれ以上上げられなかったので。.

商品自体デザインを気に入り購入し、早速使用させていただいたのですが、音質は良いと思いますがイヤーパットが少し大きいため長時間付けても耳が痛くなりません。.

エージングもしてないうちから感想を書きます。形が面白いのと、ヘッドフォンは10個くらい持ってますが、開放型がないので買いました。まず、見た目の高級感はありません。上○問屋で1500円で売っていた木目ヘッドフォンと大差ありません。それと、能率がかなり低いです。普通のヘッドフォンよりかなりボリュームを上げないとなりません。音はものすごくいいと思います。高音よりドンシャリとでも言いますか、高い音が耳障りにならず、それでいてすかっと伸びています。以前持ってた城下工業のsw-hp10も相当高域がクリアでしたが、それを上回る抜けの良さ。それでいて低域も良くなっていて、リズミカルに響きます。開放型なので手で押さえると思い切り音が変わります。こもったような音になります。それだけ抜けのいい設計になっていると言うことでしょう。難点は、パッドがウレタンむき出しのようなので、経年劣化が心配な事と、ケーブルが細いので断線しないかということです。丁寧に扱えばそれほど問題はないかとも思います。あと、、ボーカルが若々しいのですが、色気はありません。.

利点と欠点

メリット

  • 個性派ヘッドホン ※細かな説明、写真付き。音質改善策も有。
  • 形状が好き
  • 音質も良く、とても満足です。

デメリット

今まで、三千円程度から五万円超まで、十本以上ヘッドホンを買いましたが、これほど簡単に音が割れるヘッドホンは初めてです。ムソルグスキーの「はげ山の一夜」とか、プリンスの「rocknroll loveaffair」など、低音が強めの曲を聴くと、控えめな音量でも音が割れてしまいます。ちなみにイコライザーなどは使用していません。ヘッドホンをした状態で開口部を手でふさぐと、音が大きく変化する(低音が明らかに減る)ことから、空気の抜けが良すぎて振動板の動きが抑制できていないことが原因ではないかと、素人ながら考えています。音割れしない楽曲であれば、高音の抜けが良くて中低音も厚みがあるので、良い音だと思うのですが、おそらく、いろいろな楽曲で音割れすると思われるので、返品することにしました。.

今まで使っていた数あるヘッドフォンの中で最高の耳の感触が良いものです。雑音もなく綺麗な音で流れるのですが、長時間聴いても疲れない、痛くならないので満足です。.

通勤の音楽を聴く用に購入。商品も思ったよりすぐに到着し、大変満足致しました。製品自体も作りがしっかりしており、装着感も良く、ノイズリダクションは実に素晴らしい。値段の割には音質もよく愛用させて頂いております。.

この形の物が欲しくて、毎日通勤時に使う物なのでと思い、色々と探して決めました。デザインも良く、低音もしっかり出ていて期待どおりの商品でした。値段もかなりお得で、音も特に問題なく耳心地良いです。私は好みです。.

特徴 イヤホン 有線 重低音 ヘッドホン 開放型 ウッドハウジング ハイレゾ対応 マイクなし M1

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ◆【40mm複合振動板採用ダイナミックドライバー】ドライバーには、40mm複合振動板採用ダイナミックドライバーを搭載し、開放型ヘッドホンでは再現がむずかしいとされる低域も鮮明で表情豊かに鳴らし、純度の高い明瞭なサウンドです
  • ◆【ウッドハウジング】ハウジングに木材を採用したことで、自然な音の余韻と広がりを実現。また、個体ごとに木目が異なり、使い込むほどに味わいが増します
  • ◆【大口径イヤーパッド】耳全体をすっぽりと覆う大口径のイヤーパッドは、耳への圧迫が少なく、ソフトな装着感と長時間のリスニングを可能にします
  • ◆【使い勝手の良い着脱式ケーブル】ケーブルには、着脱式の3.5mmストレートケーブルが付属。万が一断線しても簡単に付け替えができます
  • ◆【専用収納ケース付属】収納には超便利!上品さもアップできます

●40mm複合振動板採用ダイナミックドライバー ドライバーには、40mm複合振動板採用ダイナミックドライバーを搭載し、開放型ヘッドホンでは再現がむずかしいとされる低域も鮮明で表情豊かに鳴らし、純度の高い明瞭なサウンドです。●ステンレスより装着感に優れたヘッドバンド 装着感に優れたステンレス製ヘッドバンドを採用、高い耐久性を実現しています。●開放型デザインで、聴き疲れしない 開放型のように音が外に逃げるように作られているので、音の抜け感があり、密閉感や圧迫感なく、とても自然な状態で音楽を聴くことができます。●ソフトなヘッドバンドクッション ソフトなヘッドバンドクッションは、頭を圧迫することなく、頭の上にぴったりとフィットします。●24金メッキプラグで、極めて信頼性の高い接続を実現 24金メッキで仕上げられたプラグにより、接続の信頼性が向上し、優れた音質を実現します。●ヘッドバンドの長さが調整できる ヘッドバンドを13段階調節可能です。長時間装着していても耳が痛くなりません。●使い勝手の良い着脱式ケーブル ケーブルには、着脱式の3.5mmストレートケーブルが付属。万が一断線しても簡単に付け替えができます。

●適用範囲 Apple iPhoneX / iPhone8 / iPhone7 / iPhone SE /iPhone6s / iPhone6 / iPhone5s等iPhone各機種(iPhone7以降のご使用はLightningアタプタが必要です) iPad Pro/iPad Air/iPad mini等iPad各機種、iPod各機種、Samsung Galaxy, Huawei, Sony Xpeira, Google Nexus, Asus, Fujitsu等 Android各機種、Windows, Macbook Air/Pro搭載PC/パソコンやソニー ウォークマンなど対応●保証・カスタマーサービス 1年間の保証付いていますので、商品に不具合があった場合、登録したまま「アカウントサービス」→「注文履歴」→「販売:okcsc」「商品について質問する」を通して、お気軽にご連絡ください。●パッケージ内容: イヤホン×1 イヤホンケース×1

ベスト イヤホン 有線 重低音 ヘッドホン 開放型 ウッドハウジング ハイレゾ対応 マイクなし M1 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.