NuForce(ニューフォース) Nu Force ニューフォース Hem1 イヤホン カナル型 ハイレゾ対応 高音質 クリア [ブラック] 【国内正規品】 – 最強のコスパ

 イヤホン沢山聞き試ししたことはないのですが、このイヤホンはiphone付属のイヤホンに低音では負けている感じがします。 高音は可もなく不可もなくといった普通の感じです、少しガッカリでした。.

自分は主にedmやメタルを聴く為手持ちのハイエンド機(jh11proなど)に低音押しが多いのでこちらを購入しました。見出し通りshureのse215との比較をしながら書いていきたいと思います。(主観なのであしからず汗)おそらく初めて少し高いイヤホンを使ってみようと思う方が注目するのが1万円前後だと思います。正直、多くの場合se215をおすすめします。se215がmmcxなのに対象hem1は独自設計の2ピン。se215がダイナミックを使用して広い音域をカバーできているのに対してhem1はbaらしいハイミッド押しのサウンド。se215程の遮音性もない。良くない印象を与える書き方をしましたがこれはメリットでもあります。自分の初めの印象としてはse215をbaにしたらこんな感じ何だろうなと言う印象でした。低音域はメタル等を聴くと軽くて物足りないかも知れませんがキャラソン(女性vo)やジャズブルースは格別です。 遮音性は劣りますがse215が特別なだけでコンプライを変えれば気になりません。埋め込みではない2ピンはどうなんだろうと思いましたが出っ張りを覆うようになっているので安心して使えると思います。オールジャンル良いとは言えませんがこの価格帯でワイドレンジでbaらしいサウンドを聴くならかなりオススメです。星4の理由は設計的にリケーブルが限られるのと今後の期待を込めてです。(ノ’∀`*).

それまではse215speを使っていましたが古くなり何かないかと探していたところ気になったのでこちらを購入してみました。シングルbaははじめてだったので音がどうかな?と思いましたがとても良い音です。高音や低音はきちっと出るしボーカルも負けていません。購入して満足しています。強いて言うなら少しイヤホンとの接続部分が固いかなという感じでした。また今度はこのメーカーの商品を買おうと決心させてくれました。.

好き嫌いが強く出る音づくりだと思うので、baドライバの特徴を知った上で購入しましょう。驚いたのは、その「フルレンジ感」です。低音から高音まで、シングルBAでここまで充実した音が鳴るのは本当に驚きました。今まで購入してきたba型イヤホンとは比べ物にならないほどの「余裕」を感じさせてくれました。「音」スカッと軽快な音を、強烈な音圧で聴かせてくれます。パワフルなbaといったらコレ!無論解像度は高く、しかしそれでいてモニター過ぎないリスニングバランスのとれたイヤホンです。破綻のない統一感のある音を聞かせてくれます。音場は少し狭め。音像はハッキリしています。「重低音」の表現は無理ですが、シングルBAとしては出ている方ですし、全体のバランスを考えると丁度良い感じです。「デザイン/装着感覚」他のイヤホンより、耳の深くに入れる設計なので慣れるまで違和感があります。本体は小型で、耳からあまり出っ張りません。耳の凹みにきっちに収まるデザインです。ケーブルのタッチノイズはシュア掛けなので小さいです。編み方が凝ってます。遮音性は耳栓並みに良いです。特殊な端子が使われているのが残念です。.

レビューに不安があったものの買ってみたが思ったより良い音が鳴ってるなと。外で聴くならこれで十分じゃないかな?なんか2000円のイヤホンと同等の音が鳴ってるってレビュー書かれてるけど耳が壊れてるんじゃないかな?.

Apple in-ear headphonesを紛失してしまい、代わりに購入してみました。appleの方は同価格帯でリモコン、マイク付き更にBAデュアルです。音質もappleの方が汎用性高く、上だと感じます。hem1はタッチノイズが気にならないのは良いです。BA的な音ですが低音が予想よりは出る印象装着状態によって音質が結構変わる?ような気もします。10年前に購入したE3Cの代わりと思えば必要十分です。earpodsも試してみましたが、派手に低音が出るのですね。埋もれて聞こえなくなる音が相当ありそうですが、低音最重視なら割り切りも好みの内でしょう。.

ずっと愛用していたイヤホンにガタがきてしまい、なにか良いものが無いかなと探していたところで、このイヤホンにたどり着きました。評判通り、高域から低域までとても綺麗に、良い音で鳴らしてくれます。ボーカルや楽器を分離良く繊細に鳴らしてくれるので、低音が効いていて迫力のある音が好みな人には少し物足りないかもしれないですが、全音域バランスよく出ています。私自身、shureの215とこちらのhem-1で悩んでいたのですが、hem-1の方がよりクリアで好みな音でした。付属のケーブルや見た目もカッコよく、とても気に入っています。ただ、もともと付いているイヤーピースのフィット感が少しイマイチだったので、茶羅音人のspinfit(shure用)に交換して使用しています。イヤーピースを変えたことで、高音はよりシャープに、低音はよりしっかりと感じられる様になったので、こちらも合わせておすすめしたいです。4〜5万円代のイヤホンと比べてしまうとさすがにそちらに軍配が上がってしまうのですが、1万円代前半の価格でこれだけのイヤホンはなかなか無いと思います。オーディオ初心者の方にもおすすめできるイヤホンです。.

(聴こえ方は個人差がありますので参考程度にどうぞ)某イヤホン専門店にて試聴し、フラットで癖がなく1ba機でありながら、広い音域に惹かれ購入。dapや曲のジャンルを選ばない非常にコスパの高いイヤホンだと感じました。これまで付属イヤホンや低価格帯イヤホンを使用していた方でもう少し高くてもいいので、良い音で聴きたいという方には間違いなくオススメできる製品だと思います。(ただし好みがありますので試聴できる方は一度聴くことをオススメします私はレッドを購入しましたが、見た目や装着感も良く遮音性はshureなどと比べると流石に劣りますが、イヤーピースなどである程度調整することができます。あと欲を言えば、ハウジングの端子がmmcxであれば手持ちのケーブルを色々試せたのですが、元のケーブルもofcで高品質なものですので初めからリケーブルを考える必要性は無いです。最後に、ba1機のイヤホンが数多くある中で音質やデザインなど良い意味で差別化が図られたコスパの高い商品だと思います。.

利点と欠点

メリット

  • BAを超えてたBAでは?!?!
  • 最強のコスパ
  • はじめてのBAイヤホン。

デメリット

まずbaドライバーの特徴を知っておいたほうがいいと思います。まずbaはもともとナローレンジなので超高音や超低音は苦手とします。また、ダイナミックドライバーのような低音の迫力もありません。baドライバーはボーカルなどの中音を最も得意とします。なので、このイヤホンで聞くときには主に中音、中高音、中低音に注意して聞いてみてください。おそらくボーカルやピアノなどの音はよく聞こえると思いますが、ベースなどの低音は聞こえづらいと思います。このように、イヤホンによって出す音に得手不得手があるので、自分の聴く音楽のジャンルに合わせてイヤホンを選んでください。また、このイヤホンはステムがかなり細いのでイヤーピースを変えるときにはスピンフィットの細軸などを使うことをおすすめします。.

一言でまとめてしまうと2000円クラスの、あり溢れた普通のイヤホン…、の劣化版。○高音→ 3割程音量を上げたところでクリアな感じが無くなり始め、早い段階で性能の限界を感じる。○低音→ 2000円クラスの可もなく不可もなく…といった、あの感じ。○機能性→写真だとワイヤーがオシャレに見えますが、触った感じは安っぽい上に、捩れが全く取れない。更に、その捩れが顔に触れて気になります。またかなりのユニーク形状で、人によっては合うのかもしれませんが、私の耳には全くフィットしませんでした。○まとめ完全に評価レビューに騙されて買いました。泣本当に価格設定間違えているのではないかと疑っています。高評価レビュー書かれてる方は、今一度2000円クラスのイヤホンと聴き比べることをお勧めします。.

特徴 Nu Force ニューフォース Hem1 イヤホン カナル型 ハイレゾ対応 高音質 クリア [ブラック] 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●当商品はOptoma/NU FORCE日本代理店が販売する【国内正規品】になります。類似品や並行輸入品はメーカー正規保証対象外となります。
  • ● 40kHzの超高音域も再生可能な最新Knowlesエレクトロニクス社製フルレンジ バランスドアーマチュアドライバーの採用により、音楽空間に漂う空気の震えさ  え感じられるほど繊細な中高音域の再生能力を獲得。また新世代スタンダート  モデルとして、無論ハイレゾオーディオ音源にも対応し、より高解像度・高密度の 音をお楽しみいただけます。
  • ●LEXANポリカーボネート樹脂を採用したエンクロージャーは、制振性が高く音  響特性に優れています。半透明の外側からはミニマムに構成された内部が確認 でき、内側は真空蒸着による塗装でビジュアル的にも美しいメタリックカラーを  施したシンプルなデザインです。
  • ●クラスを遥かに超えた高品位OFC( Oxygen-Free Copper )ケーブルの採用で、 更に高音質化を図りました。ケーブル芯線には、長時間のリスニングテストによ って吟味を重ねて選び抜いた、シルバーと銅を最適にブレンドした合金素材を  採用。さらにケブラー繊維を織り込む事で断線への強度を高めました。またバ  イワイヤリングデザインによりケーブルが絡みにくく、嫌なタッチ音も抑えられ  ています。2 pinリケーブル対応。
  • ●遮音性と装着感に優れたシリコンイヤーピースは、S/M/Lの3サイズを用意。  自分に合ったサイズで密閉性が得られます。

メーカーより

表側はスケルトン、内側はメタリックカラーで、ブラック/ブルー/レッドの3

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

文:AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

シンプルに「音」の良さが魅力。注目入門イヤホンが登場

NuForceは音楽とハイテクの聖地、西海岸カリフォルニアから生まれたオーディオブランド。その土地柄か高いデジタル技術を持ち、PCオーディオ用やポータブルDACなどで、世界中で定評を得ている。しかし、少なくとも日本のイヤホン分野においては、なぜか既存イヤホンシリーズ「HEM」がそれほど大きな話題にはなっていない。

これから紹介する「HEM1」は日本の市場に関する意見を取り入れたそうで、これまでのシリーズのイメージを覆し得るほどの出来栄えになっているのだ。

ドライバー構成はシングルBAで、スタイルとしてはイヤーモニタータイプ。トランスルーセントとメタリックを組み合わせたカラーリングは独特だが、その他は実にベーシックというか、仕様や外観に大きな特徴があるわけではない。

ではこのモデルのどこに様々な要因を「覆す」可能性があるというのか?答えはシンプルに「音」。音が良いのだ。

既存モデルの中だと僕はエントリークラス「HEM2」が最も好印象だった。もちろん厚みや沈み込みといった要素は上位のマルチBAモデルに及ばないが、シリーズの中でHEM2だけが唯一備える爽快なクリアさがその理由だ。HEM1は、HEM2のそのクリアさを維持したままローミッドの主張も兼ね備える。具体的には、エレクトリックベースのファットさやドライブ感の表現がうまくなった!というのが最大のポイント。それは技術的な工夫によって意図的に実現されたようだ。

Q-MHz feat. 小松未可子の「ふれてよ」を聴く。まずボーカルだが、一言で言えばすっきり系の表現。息遣いのスピード感といった要素をシャープかつナチュラルに出してくれる。

注目ポイントのローミッドは、エレクトリックベースという楽器が出す音色の帯域範囲で、中心にあるローミッドの部分を心地よく主張してくれる。シングルBAで音色や全体のバランスを維持したまま低い帯域に沈み込む音色を実現するのは難しい。チューニングを行った開発チームのセンス、さじ加減の巧さもあってこそだろう。ハイスピードハイテンション高密度な曲などとは実に相性が良い。

このわかりやすく気持ち良いサウンドは、エントリークラスでは特に大きな強みになるはずだ。日本市場を十分にスタディーしたこのモデルで「NuForceのイヤホン」は遂に、日本でもイヤホン分野での定評を得ることになるだろう。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201703/17/2436.html
  • 文:高橋 敦
  • 執筆日:2017年3月17日

ベスト Nu Force ニューフォース Hem1 イヤホン カナル型 ハイレゾ対応 高音質 クリア [ブラック] 【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.