nocs (スウェーデン発)高音質カナル型イヤホン【アルミ製ハウジング】【Apple MFi認証取得 マイク/リモコン付き】 NS400 Aluminum Earphones with Remote and Mic (ブラック) NS400-101 – 利用者を選ぶ(低音があまり鳴らない)イヤフォン

日本であまり聞かないメーカーなので冒険しましたが、結果は、買って正解でした。音の表現バランスがとても良いです。低中高音は自然に表現され、とてもクリアーな音質です。プラでなくアルミの筐体の効果もあるかもしれません。あやふやな表現ではありますが、空間というか音場と音の広がりを感じさせてくれる良いセッティングだと思います。音場表現に優れたイヤホン。ケーブルも捻れにくいフラットケーブルで強度もバッチリ。この価格帯の中ではトップクラスの出来栄えだと思います。.

【使用環境】再生機器:iphone4(イコライザーでの調整はしていません。)エージングについて:エージング用cdなど特別なものは使用せず、普段聴いている音源を使い、普段通りの音量で約50時間エージングした後の感想です。【デサイン・付属品】まず、『商品の仕様』の欄に「専用コードクリップ、全てのアクセサリを収納できる専用キャリングケースが付属しています。」とありますが、クリップとキャリングケースはついていません。付属品はs・m・lサイズのシリコンスリーブが2セットずつと多国語マニュアルです。パッケージ写真はnocs ns400 titanium earphones with remote and mic プレアデスダイレクト限定品 (white)と内容物が同じなのでそちらを参考にされると良いと思います。イヤホンの外観はよく言えばシンプル、悪く言えばチープです。ケーブルの分岐部分に『nocs』のロゴが入っていますが目立たないので、黙っていればノンブランドに見えるかも。フラットケーブルは確かにもつれにくくて良いのですが、きしめんのような白いケーブルが悪目立ちしてしまい、ファッション性は高くないです。ケーブルの長さは約1. 2mあり、長めなのでクリップ等で固定しないと煩わしく感じます。lrの区別はイヤホン下側にプリントされています。銀地に白文字で見つけづらかったですが、「リモコンがついている方が右」と覚えておけば良いでしょう。【音質・性能】音質は、特にどの音域が強調されるということはなくフラットな印象。音の明瞭感はあり、例えばドラムのシンバルをブラシで叩く音も細やかに再現され、ピアノのペダルを踏む音やヴォーカルの息遣いなどもリアルに拾っています。しかし、ヴォーカルの高音や金管楽器の音がやや刺さり気味で長時間聴くと聴き疲れすること、低音がドライな音で迫力不足に感じ、好みの音かどうかで言わせて貰えば、私の好みには合いませんでした。音漏れに関しては静かな室内と屋外で家族に確認してもらいました。静かな室内だとシャカシャカ音がやや聴こえるものの、屋外ならば近くにいても全く聴こえないとのこと。満員電車などで人と極度に近づく場合は音量を落とすなどの配慮をすれば、問題ない程度と思われます。シリコンスリーブが柔らかめであること、イヤホンの形が突起などのないシンプルなものであることから、長時間つけていても耳が痛くなることはありませんでした。またフラットケーブルが絡みにくいのは前述のとおりですが、タッチノイズも少なく感じました。マイク付きリモコンは右側に位置し、ちょうど顎の辺りにきますので着信があった時はそのまますぐ操作、話しだすことが出来て便利です。操作方法はiphone付属イヤホンのリモコンと同じです。【総評】イヤホンも様々な商品が出ていますが、5000円を超えるものとなると試聴や試着なしで買うのは勇気がいるものです。iphone付属イヤホンと比べると明らかに音は良いのですが、手放しでおすすめはできません。それはこの商品に限ったことではなく、イヤホンの装着感や音の感じ方は個人差が大きいものだからです。家電量販店などで試聴が出来れば良いのですが、このメーカーのイヤホンを実店舗で見かけたことはありません。音質やデザインにも際立った特徴がなく「nocs社の製品でなければ」という拘りがないなら、試聴なしで購入するだけの価値を見出せません。この予算があれば、実際に試聴してから好みのものを購入するほうが無難でしょう。.

Nocs社はデザイン性と先進の音響技術を前面に打ち出すスウェーデンの新興オーディオメーカーである。本製品はapple社から「made for ipod, iphone, ipad」の認証を取得したiphoneとのベストマッチを狙ったヘッドセットである。アルミのハウジングと白いフラットケーブルはiphone5/4sのホワイトと統一感のあるコーディネートが期待できると思う。カラーバリエーションとしてブラックもラインナップされていることから、ブラックのiphone所有者はそちらを選択すると良いだろう。性能面での評価に移ると、まずは音質だが比較的フラットでモニターライクな印象である。8mmのダイナミック型ドライバを採用し、音楽のジャンルを選ばない万人向けの音を目指したのだと思われる。そういう意味では低音部と高音部を強調したドンシャリといわれる流行の音響特性とは一線を画している。ドンシャリに慣れてしまったユーザーからは低音部や高音部に物足りなさを指摘されるかもしれない。一方で生楽器やナチュラルなボーカルを中心とした音楽ソースを中心に聴く方には好印象が得られそうである。カナル型のイヤーピースは3サイズが付属しており、正しいサイズを選択できれば遮音性については問題ないだろう。次にマイクについてだが、感度は申し分ない。普通に装着した状態のまま通話者の音声を明瞭に拾ってくれる。コントローラの操作性も問題ないレベルである。ボタンの形状が(デザイン性を優先したためと思われるが)3つとも同一のため、ブラインドで操作するときには押し間違いを起こす難点がある。総合的にはiphone標準装備のヘッドセットからのグレードアップを考えているユーザーにとっては良い選択肢になるだろう。特にデザインの統一感を大切にするユーザーに支持されるのではないか。.

北欧メーカー(スウェーデン)の製品で、中国工場による生産品。日本の輸入代理店は横浜にあるプレアデスシステムデザインの取り扱いになる。【製品構成】製品本体(全体:1m30cm / 股まで80cm、左右に割れてから50cm )イヤピース(l・m・sそれぞれ2組ずつ6個)取扱説明書(多言語共通版)※専用コードクリップ、専用キャリングケースは付属していない【特長】● l字型差込みプラグ● 巻き取りやすく絡みにくい、平形コード● イヤフォンコードは両端均等長さの二股タイプ(右サイドのみ長いタイプではない)。● 操作盤の付いている方が右、何もないほうが左(本体には左右の記載なし)● apple社の携帯オーディオ・プレイヤーのリモコン規格に準拠したイヤフォン  ※なお、android端末用のイヤフォンは型番400-101(本機は102)として区別されている【使用感】アルミニウム・コーンが採用されている本機、とりわけ高音の鳴り分けがよい。管楽器や鍵盤楽器の高音の再現性が高い。逆に、低音の方はやや存在感が薄いように感じる。シアター・サウンドでサブ・ウーファーを効かさずに聞いてるような印象だ。適した音楽ジャンル。クラシック / ジャズ / ワールド / フォーク / クラシック・ロック適さない音楽ジャンル。パンク・ロック / ヘビー・メタル / テクノ/ エレクトロニカ低音の存在感が重要なサウンドでは凄みが削がれてしまう印象である。逆に、中音から高音の存在が重要なサウンドでは、滋味のある豊かな音で鳴る。この商品は圧縮音源(mp3やwmaやaac)などの聴取に特化した製品のように感じる。たとえて言えば、高音や女性ボーカルが透明に聞こえるイヤフォンである。逆に、ズンズンと低音のアタックが強い音楽には不適である。北欧メーカーということもあるのだろう、ジャズやクラシックやアコースティックなサウンドに寄った設定の印象がする。男性ボーカルの低音域ではなく、女性ボーカルの高音域に重点があるのも、北欧諸国の音楽的好みを知っているとうなずける特長だ。イヤフォン・コーンの外側に音抜き用のピンホールが開いているので、電車内や静音重視の室内では音漏れに注意が必要。低音の迫力が押えられていて、高音に特長が出るイヤフォンなので、この特長にあった音楽を聴く利用者には、よい製品だと思われる。逆に、低音のアタックが欲しいユーザーには、音楽の魅力を押えられてしまうだろう。利用者を選ぶ、かなりクセのあるイヤフォンであると自分には感じられた。私は結構お気に入りだ。(ただ、低音重視の音楽は別のイヤフォンでないとダメだ)紛失しやすいイヤピースが各サイズ2組ずつ同梱されているのも、良心的である。.

本製品と、creative インナーイヤー型イヤホン ep-630 ブラックモデル ep-630-bkを使用しています。以下、ep-630と比較して良かった点・悪かった点を記します。(良かった点)・太めのケーブルなので、からんでもほどけやすい点。creativeのep-630は細いケーブルなので、からんだらほどくのが大変です。・ケーブルがしっかりしており、切れにくそうな点。creativeのep-630は過去一度、誤って引っ張ってしまった際に簡単に切れてしまいました。そのため再度ep-630を買いなおすことになりました。・この製品にはマイクがついているため、ハンズフリーで会話ができる点。ipod touch (第3世代)でskypeを試しましたが、問題なく会話できました。マイクの感度も必要十分で相手に声がクリアに伝わります。(悪かった点)・ケーブルのゴム材質が土ぼこりを吸着しやすいためか、外でウォーキングで使った際に、土ぼこりを吸着してしまい、すぐに汚れて黒くなってしまいました(汚れは濡れた雑巾でなんとか取れましたが・・)。色が白いのでさらに汚れが目立ちます。・正直、音質はep-630とあまり変わりません。どちらもそこそこ良いといった感じです。そのため、イヤホン単体で見た場合はcreativeのep-630のほうが割安だと思われます。・イヤホンのシルバー色部分ですが、写真でみると高級感がありますが、実際はプラスチックにシルバー色の塗装を塗っているだけで、高級感は無くチープな感じがする点。・ケーブルが太いので、巻き取った際にかさばる点。こればかりは断線しにくさとの両立が難しいため、仕方ないのかもしれませんが…。総合的に見て、カナル型イヤホンとしては平均的ですが、マイクが付いているという点において大きな付加価値を発揮していると思います。音楽を聞くだけでなく、通話もしたい方にオススメです。—————————————————–■2013年6月27日追記■その後継続して通勤に使っています。気になる点として、本製品は頻繁にゴムのイヤーピースが取れてしまいます。そのたびに付け直さないといけないのですが、先日、ポロリと取れてそのまま紛失してしまいました。しかし、本製品には予備のイヤーピースが各サイズ(大・中・小)2ペアずつ付いているため、事なきを得ました。予備のイヤーピースが付いているのは良いですが、それ以前に取れにくい作りにしていただければ更に良いと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 思った以上に良品でした

  • 際立った特徴がなく価格相応とは思えない

  • Creative EP-630 と比べて

デメリット

ベスト nocs (スウェーデン発)高音質カナル型イヤホン【アルミ製ハウジング】【Apple MFi認証取得 マイク/リモコン付き】 NS400 Aluminum Earphones with Remote and Mic (ブラック) NS400-101 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.