NICEHCK EP10 ダイナミック カナル型 イヤホン 合金金属筐体 高純度銅ケーブル 振動板にPETとPENの混合材料を採用 3 – 本家よりイヤピを選ぶイヤホン

他の方が書き込んでいるとおり少し音のバランスが悪い気がします、自分の場合は右側の音が少し小さいです。追記販売業者の対応はとても良かったですが、新しく送って頂いた物は一回目の物よりも酷いものでした。ですが、販売業者の対応が良かったため星4です。追記2自分はウレタン製のイヤーピースを使用することによって左右の音のバランスが改善されました.

外見がいいですね。とてもスタイリッシュです。ただ、左右の音量バランスが悪いのが残念…気になってしまうレベルにバランスが悪いです。.

結構珍しい音作りしてるのに、相当良いかも?帯域バランス的には、フラットな音に対して中高域と超超高域を盛った感じでしょうか。 ○超低域:若干控え目。でもしっかり出てる。 ○低域:若干控え目。音質は良い。 ○中高域(メロディーライン):強めでかなり前に出てきます。 ○超高域(シャリシャリ感):控え目。 ○超超高域(アタック感、音の明瞭さ):若干強め。人によっては耳に痛いかも。基本的には、全体域通じて、ソリッドで質の高い音を聴かせてくれます。中でも注目すべきは中高域。スッキリシャッキリした音が前に出てきて、複雑な曲でもヴォーカルを確実に耳に届けてくれます。価格帯を考えると質が抜群に良く、メロディーラインを聴いてスカッとしたいときには非常に良いです。ポップスやハウス系など、雑味が少なめな音源は軒並み相性が良さげ。「低域が若干控えめ」と上述したものの、edmとかもごく普通に楽しめます。ヴォーカルものだけじゃなくって、スムースジャズやフュージョンの管楽器や弦楽器なんかも非常に相性が良いです。出音は結構クール寄りなので、歌手や音楽ジャンルによって若干の得手不得手があるものの、特筆すべき長所と思います。時間軸的な音の分離についても、アタック感も強めなのでかなり判りやすい。リズミックな演奏にもマッチします。注意点は3つほど。メロディーラインがかなり前に出てくることもあり、音楽全体を聴かせるタイプのイヤホンではないように感じます。magaosi_k3やtenhz_k5みたいに「音場広~い」「全体分かる~」ていうタイプを想像して購入すると肩透かしを食らうかも。こういうのは筺体残響少なめで、かつドンシャリなイヤホンに任せるべきですよね。多分。また、音量は結構取りにくいイヤホンです。基本的には音量調節しやすくなるので好ましいと考えるのですが、環境を選ぶこともあるのかも。最後は音導ノズル。写真のように楕円形で、径が小さめのイヤピじゃないと合わないです。(スパイラルドットなんかは結構スカスカ)個人的な使用法としては通勤時なんかの、「今は細かい音を追いたいんじゃない、好きな歌で気合い入れたいんじゃい!」みたいなシチュエーションにはベストマッチかと。本家と違ってmmcxなので、ケーブルとイヤホンの左右を入れ替えればshure掛け出来ますし。お値段控えめなので外で使いやすいですし。フツーに聴いててもメロディーラインが心地良いので、(「クール系はちょっと…」って人じゃない限り)一本持ってても損はしないイヤホンな気がします。特にmusicmakerの音作りが好きな方は、多分気に入るんじゃないかなぁ…。.

初回購入品が左右のバランスが劣悪(右側が明らかに篭っている)で、中華イヤホンと言えどとても満足できるものではなかった。サポートへ連絡したところ、迅速に対応して頂けたが、再送品も一回目ほどではないものの、やはり微妙におかしい。音質を評価するほど使うことができないが、良品であれば楽しそうな感じがあるだけに非常に残念【評価訂正】イヤピを付属の赤軸sサイズにしたところ、左右バランスの問題は殆ど改善されました。恐らく左右の耳形状の微妙な違いでイヤピがフィットしていなかった模様。音質は中域強めで高域はそこそこクリア。低域は個人的にはもう少し欲しかった。本家e700mbはクリアな高域とタイトで締まった低域が持ち味だが、こちらはかなり味付けが異なる模様本家ではmサイズのイヤピでも全く問題なかったが、恐らく精度等の問題でサイズはかなりシビアなので注意されたし.

中華イヤホンは多ドラにやっきになっていますが、このモデルのような一発のドライバでも良質なイヤホンが作れるのであればこっちの路線で頑張って欲しいと思う良いイヤホンです。音の分解はそこまでは良くないですが、女性ボーカルも男性ボーカルもしっかり再生可能。左右入れ替えればshureがけもできますが、自分の場合は通常の向きでの使い方の方がしっくりしました。純正ケーブルの硬さが是妙で、一度リケーブルをしましたがまた元に戻して使っています。セールの価格ならば十分買いなイヤホンだと思います。元気な音で音楽が楽しくなります。ただしインピーダンスの数値の割にはパワーを要求する感じですね。付いてくるイヤピも普通にフィットしますし、標準のセットで即戦力になると思います。.

利点と欠点

メリット

  • クールで派手でヴォーカル重視
  • 本家よりイヤピを選ぶイヤホン
  • 左右の音のバランスが…

デメリット

特徴 NICEHCK EP10 ダイナミック カナル型 イヤホン 合金金属筐体 高純度銅ケーブル 振動板にPETとPENの混合材料を採用 3.5mmプラグ 高遮音性 高解像力 高音質 中華イヤホン HIFI(EP10 銀)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • -【片側ダイナミック、高純度銅ケーブル】片側はダイナミックを搭載、振動板にPETとPENの混合材料を採用、高純度銅ケーブルを搭載、あらゆる音楽に対応
  • -【高解像力、バランスを取れた全域】高解像力、バランスを取れた全域、低域に関しては沈み込んで弾性がある、本製品のサウンドチューニングエンジニアは15年間の従業経験を持っています; 低価格イヤホンの好機種として,完全に値段以上の音質です
  • -【合金金属筐体、カナル式設計】シンプルなデザイン、耳殻にピッタリとフィットし、快適な装着感、長時間聞いても耳が痛くない; しっかりと耳の奥までフィットし音漏れも軽減します,遮音性とても良い, 他人に迷惑を掛ける事も無く
  • -【3.5mmプラグ】3.5mmステレオミニプラグは大多数のAndroidスマートフォン、iPhone、iPad、PC、MP3、DAPに対応します,いつでもどこでも高品質な音を楽しむことができます
  • – 【保証期間1年、安心して購入頂けます】NICEHCK Audioの約束,非人為的な品質問題の保証期間はお買い上げ日より1年間です(無償修理もしくは交換);品質問題が発生した場合は、日本語相談窓口まで随時お問い合わせください

ベスト NICEHCK EP10 ダイナミック カナル型 イヤホン 合金金属筐体 高純度銅ケーブル 振動板にPETとPENの混合材料を採用 3.5mmプラグ 高遮音性 高解像力 高音質 中華イヤホン HIFI(EP10 銀) 買い取り

This entry was posted in ポータブルオーディオ and tagged . Bookmark the permalink.