NEEWER NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォン ヘッドセット ケーブルとプラグ付き – 満足かな

5mm変換ジャックで古いエレクトーンにもパソコンにも使え、音質も良い。耳へのフィット感もよく、いい買い物でした。.

価格がリーズナブルですが、まあまの音質です。ヘッドフォンの大きさは中型です。.

有名なヘットホンとの比較ですが45mmドライバーでマニアに人気なr社製の奴との比較分解するとわかりますが内部にフエルトが貼ってあり強い音、弱い音は減衰して聞こえにくくなり、他のレビューのなんだかモコモコした音になる。細かい再現度の高い音を期待する人には向きませんが何となくテレビ、ゲームなど音を聞いてる分には耳にやさしい音が出ていると思います。付け心地は良好で値段を考えれば良いものだと思います。.

マランツのヘッドフォンを息子が使っているので、私の家DJ用に、マランツを探していたらこれを見つけた写真ではロゴ以外全く同じ値段はこちらが安い、普通のケーブルとスプリングケーブルが付いてる性能を比べると全く同じで、買って届いた開けて見たら、やっぱり全く同じです^_^2000円位安くて良かったです音質も全く同じです音質は好みがあるとは思いますが、私は色々なヘッドフォンやイヤホンを使って来ましたが、これが好きですiphoneのイヤホンも好きですあのイヤホン以外で音を聞く気がしませんこのヘッドフォンは耳がすっぽり入りますし、外の音はほとんど聞こえません外で歩きながら聞くのは少し危ないですねw私が購入した時は、4,399円でした今、マランツmph-2は、6,683円2年前にマランツ買った時は5,140円高くなったね〜今回は、2,300円安かった〜良い買い物したyahooショッピングとかでも6,800円くらいはする参考までに.

最近の大型振動板ヘッドホンのレビューに多くの人が、「低音が出すぎ」とか「もこもこ」とか表現する人が多いのだけれど、一般的に流行の音楽や環境から、多くの人の気持はよくわかります。嘘ではないでしょう。音楽・録音以外の知人たちと、ヘッドホンの音についてディスカッションしたりしましたが、音楽をやっている人と、リスニングに徹してる系(カラオケで歌う人含む)で食い違いが大きい。いくつか思う理由があって、現代はスマホや小型のイヤホンが普及しすぎて、聴く音楽もゲーム音楽だったり、DTMで作られて、生音が処にも頭にない基準の人が多い、DTMでCM音楽を制作していた友人も「低音ですぎモコモコダメ」派だった。しかし彼も生音を取り入れだしたら、音楽仲間に入った。例えば生バンドとかの音圧の会場を知る人は、すごい音圧の震動の中で聞こえる音は、低音のもやもやは多くて、低音を自然に体感してる。アコーステックの生演奏も、もっともっと自然に響いていて、細かい高音とか耳に直接刺さったりしません。そういう音楽を基準にしていれば、低音よりの音は、かなりブーミーでその中に音が音楽が見る感じだろうか・・・。こういう仲間は高音がうるさいヘッドホンが多すぎて、何考えてんだと言う人を何人も知っています。中高音がはっきりして低音の歯切れが良いと、「モニター的」という若い音声マン(世の中的にはプロ?}が、何人もいましたが、音楽録音、自然の音、そうした仕上げが出来る人になると徐々に変わってきます。また接続機材の駆動能力で低域の解像度はかなり変わります。中高域の潤いや繊細感も機器の性能が出ます・・・だから、ヘッドホンのレビューは、作りとか装着感は、参考になるけれど、音質的レビューは色々個人差があると、思ったほうがいいでしょう。目的によっても、音程のずれがやたらに目立つものは、それこそモニターに必用だけど、楽しむのには必要ない。このヘッドホンは結構、低域は丁度良くて、ハイのやかましいあたりが引っ込んでいて、それが解像度悪いと聞こえる評価だと思います。だからやかましいのが嫌いな人向けで、やさしく、アコーステック感や、楽器の音を知ってる人向きだと思います。深みのある音でいいんじゃないかなあ、普通この価格のはチープな音がするのですが、この価格で、気軽に高級な音が楽しめます(2-3万級)、解像度も、この帯域は振動板がこなれてくればよくなるところと感じてます。ネオジマグネットのこの音、相当高価なブランド品にもある音で、調べてけばoemであるかも。現場で使用のプリモの標準と比べながら、また後日、書き足します。.

箱出し直後での評価です。ソースは、無圧縮、圧縮音源の音楽、映画です。[良い点]・ハウジングがアルミ製なので高級感がある。・大きな頭(62cmxlサイズ)でも問題なく装着可能。[悪い点]・低音が支配的で、高音は聞き取り難い。・音の輪郭が明瞭ではないので、全体的に篭った様な音。・ハウジング側のケーブルの出し方が悪いのか、装着中頻繁に腕に当たる。・某at社の同じ様な仕様の製品と比べると、若干側圧が強いかも?商品が到着した時点で、化粧箱に破れがありました。中身には問題は無かったのですが、そのまま梱包したのでしょうね。.

良い点・締め付け感が弱く耳への負担があまりないので、眼鏡をしていても痛くなりにくいです。・伸縮部分は金属製なので、同値段帯製品と比べたら頑丈かもしれないです。悪い点・音の解像度はあまり良くなく、音楽をじっくり聴ける音質と言うよりかは暇つぶしに流すレベル(安いイヤホンの上位互換程度)です。・低音域がかなり強調されて高音域が控えめなので、映画などでは臨場感に欠け全体的にこもった印象です。解像度・音域の癖が強いので、音関係を扱う方にはとても不向きだと思います。見た目は高級感があるので、イヤホンの代わりにカッコいいものが欲しい方にはおすすめです。.

使用日数がまだ数日なので正確な評価は出来ませんが以前購入したマランツ(落として破損)と比べて大差ないな  といった感じが一番当てはまるとおもいます。(主にラジオアプリに使用、ポタアン使用) 自分にとっては十分かな?このまま不具合がなければ。.

利点と欠点

メリット

  • 某製品との比較
  • これはいい^_^
  • 満足かな

デメリット

特徴 Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォン ヘッドセット ケーブルとプラグ付き

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • アルミイヤーシェルカバー:スーパーソフトメモリフォームとレザー素材、優れた防音効果、レザーヘッドバンドは長い時間に快適に使うことができる。
  • スケール付きステンレススチール伸縮アーム、スマートで軽量で、距離を調整しやすい。
  • 正確な閉鎖キャビティ構造、優れた音質;マンガン鋼のフレームワーク、調整しやすい、柔軟性があり、適切な圧力、変形しない。
  • 取り外し不可能なケーブル:取り外し不可能な3mケーブル、耐久性のあるねじ式のプラグを備えた3.5mm-6.35mmアダプタが付属しているため、PCや携帯電話やテレビなどでの使用ニーズを満たしています。音楽鑑賞、映画鑑賞、ゲーム、ピアノ、個人録音などに最適です。
  • 耐久性のあるネジ式プラグ、作業中の接続を良好に保つことができる。 片面OFCケーブルダクト、使いやすい、良好な信号、騒音が低い。

メーカーより

1

1

1

Neewer – 革新的なオーディオとビデオの世界を構築するのに役立ちます

Neewerは3つの大陸に複数の支店があり、撮影、ビデオ、音楽機器において、グローバルリーダーである。プロフェッショナルな素敵な製品を提供できるように全力を尽くしております。これらの製品は世界中の専門的な写真家、ビデオカメラマン、音楽愛好家などにテストされ、素晴らしいユーザー体験があります。優れた価値は当社のブランドが求めるものである。Neewerの全ての製品に対して永久なサポートを提供しております。

Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォン ケーブルとプラグ付き

音楽鑑賞、映画鑑賞、ゲーム、ピアノ、個人録音などに最適

  • 正確な閉鎖キャビティ構造、優れた音質;マンガン鋼のフレームワーク、調整しやすい、柔軟性があり、適切な圧力、変形しない。
  • スーパーソフトメモリフォームとレザー素材、優れた防音効果、レザーヘッドバンドは長い時間に快適に使うことができる。
  • スケール付きステンレススチール伸縮アーム、スマートで軽量で、距離を調整しやすい。
  • 取り外し不可能な3mケーブル、耐久性のあるねじ式のプラグを備えた3.5mm-6.35mmアダプタが付属しているため、PCや携帯電話やテレビなどでの使用ニーズを満たす。
  • 耐久性のあるネジ式プラグ、作業中の接続を良好に保つことができる。 片面OFCケーブルダクト、使いやすい、良好な信号、騒音が低い。

Neewerスタジオモニターヘッドフォン-サウンド&ミュージックの世界をお楽しみください

1

1

1

連続クリアメロディアスミュージック:

より広いダイナミックレンジと安定したサウンド出力のための45mm大口径ドライバー

耳覆い輪郭設計:

騒々しい環境で優れた遮音性を誇ります。 180度回転可能なイヤーカップは片耳でもモニター可能

長時間使用可能:

柔らかい記憶泡のクッション、革素材の柔らかいパッド入りのヘッドバンドは、このヘッドフォンを長時間つけても拘束なしで完璧なフィット感が得られます。

1

1

ベスト Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォン ヘッドセット ケーブルとプラグ付き レビュー

This entry was posted in モニターヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.