NAGAOKA アルミ製ワイヤレスBluetoothイヤホン ダークグリーン BT805DKGN – 楽器練習用に

音質がとにかくひどい百均のイヤホンみたい2000円くらいで買ったけど損したその金で美味しいものでも食べりゃよかった.

この価格帯でこれだけの低音域が出れば満足点だと思います。アルミ削り出しデザインや、しなやかなコード素材は、オーディオテクニカ等、有数の大手オーディオパーツメーカーと並ぶ造りになっています。かつては自分もレコード針でお世話になりましたが、こういった部門でも活躍されるとは脱帽します。.

音質には不満はないのですが、充電が切れるのが早いように感じました。画面にはそこそこ充電が残ってるように表示されますが、何の前触れなく切れます。音の遅延も目立ちはしませんがありました。音ゲーやpubgなどされる方は気になるかも知れません。.

ドラム練習でiphoneからクリックを流したりコピー演奏する音源を流すために買いました。もちろん普通の音楽鑑賞にも使ってます。bluetoothイヤホン全般に言えますが音源機器とコードが繋がってないので練習中にスティックを引っ掛ける心配がない、コードの制約がないので近くに丸椅子や譜面台を設置してそこにスマホを置いておけるのは地味に便利です。大抵のbluetooth製品は音の遅延が当たり前と思ってましたがこのイヤホンは遅延しません。そしてノイズ低減機能も付いているので遮音性抜群です。私は主にドラムを叩きながらクリック音(メトロノーム)を聞くために使ってるのですが目の前でドラムが鳴っててもしっかりクリック音が聞こえます。遮音性とノイズ低減効果の賜物と思われます。値段も手頃だし何よりiphoneユーザーにとっては端子変換のケーブルを忘れる心配がないのも大きいです。壊れてもまた同じの買います。中華製無名メーカーの安物を以前使ってみたのですが遅延はひどいわ音楽以外のアプリ(主にメトロノーム)の音量は最大音量でも僅かに聞こえるくらいの音量しか出ないわで散々でした。遮音性も低かったし…二度と無名メーカーの激安品は買いません。.

通勤用の壊れても良い安いbtイヤホン–soundpeatsq12が壊れたので代わりのモノをと探した。nagaokaの名前と価格で購入この価格帯でエージングは関係ないと思われ、買って3日目のレビュー。高音-ハイハットなど低音に消されてる中音-ボーカルなども低音で潰れてる低音-およそ低音に偏ったチューニングと思われるが、これもこもり気味。bt,bt以外の3000円~50000円あたりのイヤホンを10数本使っているがその中でも解像度は最低ランク、話にならないイヤホンでしたアルミ削り出しのデザインと、bt接続時の日本語がわかりやすいので+1.

利点と欠点

メリット

  • バスドラ、ベース専用?
  • さすがNAGAOKA!
  • 楽器練習用に

デメリット

特徴 NAGAOKA アルミ製ワイヤレスBluetoothイヤホン ダークグリーン BT805DKGN

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ドライバ : アルミ筐体 9mm
  • 再生周波数 : 20~20000Hz
  • インピーダンス: 16Ω
  • 音圧感度 : 90db
  • 連続通話時間 : 約6時間

ベスト NAGAOKA アルミ製ワイヤレスBluetoothイヤホン ダークグリーン BT805DKGN レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.