MUIX 【国内正規品】 Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK – インパクト強め

やや硬い音の響きが印象的です。サ音が刺さると表現しておられる方がおられましたが、同感です。エレキギター音むき出しのrock系の音楽では聴き疲れしそうです。アコースティック系を中心に使用されるなら最強かもしれませんよ?しかし低音から、高音までキレイに出ます!コスパは良いですね。韓国製です。.

音がどうとかでなく、製品としての精度が低いです。開ける前は、少々高そうな包装なのでワクワクしましたが開けてから、実際に耳に挿して聞いてみるともう既に断線する一歩手前の状態でした。イヤホンジャックの部分のコードの向きによってはカラカラとして音量が半分下がったような音が出ます。楽しみにしてただけにショックです。made in koreaと書いてあり納得しました。購入した、購入を考えている方は検討したほうがいいと思います。.

最初の内は良いのだが、長く使用すると左右の音のバランスと聴こえが悪くなる。.

この下位機は低音が売りですが、これは低音がまるでダメです。中~高音は繊細に聞こえます。楽曲を選ぶかなと思ういます。.

価格を考慮すれば、こんなものかと思います。カサついた高域が一番のネックです。聴く音楽のジャンルにもよるかとは思いますが。.

音はレビュー通りクリアです。色が安っぽい赤で、きしめんコードなので外で使うのはちょっと。家使いなら十分です。.

Ix1000では結構酷評してしまった感じがありますが、ix3000はix1000の不快要素がかなり克服されている感じがあり、好印象です。私がix1000で最も懸念に感じた重圧な低域に埋もれないようにチューニングされた引き裂くような高音が聞き心地よい物になっています。低域の厚みは比較するまでもなく失われていますが、不自然な強調からナチュラルな物になったと捉えます。このフラットな音質調整を「心地よくない」と感じる人は絶対います。音の迫力はix1000の方が上でしょう。しかし、音の軸や解像度は不自然なチューニングからは得難い物です。イヤホンのoem製造を手がけているisoundが上位モデルのix3000をこの方向性でチューニングしている事に大きな好感を持ちますね。今やix5000も発売されているそうで、興味もわいてきます。ix1000の私のレビューを見た数奇な方はニヤリとしたかもしれませんが、isoundは主に韓国を中心とした「携帯をかうと初めから入っているイヤフォン」を製造しておられます。今後の独自ブランドに期待が持てる製品でもありました。.

「はっきり言って劣悪な品質のイヤホンです。このイヤホンの購入を検討されている方は、他のイヤホンの購入をおすすめします(詳細は下記)」開封当初から左右のボリュームに違和感を感じていたが、使用数日経つと明らかに右耳のボリュームが小さくなり、断線寸前のイヤホンの様になった。すぐに返金手続きを申し込んで、何事もなく終わりそうだが、調べたら韓国製のイヤホンというのがわかり、なるほどと納得した。.

利点と欠点

メリット

  • コスパが凄いけどIX1000ほどのびっくり感はない
  • IX1000と比較してIX3000は良く言えばバランスが良い。(悪く言えば大人しい)
  • リスニング用

デメリット

音質は良いのですが、保証サービスなどの面では最悪だと思います。保証書がないので故障してしまったら終わりです。他の方のレビューでもありましたが、音のバランスが何日か使っていると狂ってしまい如何にもこうにもできません。また他のデバイスでは大丈夫だったのですが、iphone6sで使用すると勝手にsiriが起動するなど接触が不安定でした。おそらく相性が悪いのだと思います。.

とても安い値段でここまで質がいいとは思いませんでした。とてもオススメの商品だと思います。ありがとうございました。.

英会話のリスニング用として探していたところ、何年か前のオススメ記事をみつけ購入しました。全くこういった物にうといのですが、確かに学生の子ども達が使っている物と比べて音声が聴きやすいです。助かりました。これまたどなたかのオススメ記事ですがcomply ts400を装着しているのも良い効果を発揮しているのかもしれません。音楽に関してはさっぱりわかりませんが、リスニング用として個人的には概ね満足しています。.

購入はamazonに在庫がなかった時にeイヤホンのお店で購入。以前、楽器を演奏していたので「原音再生」のフレーズと、評判の良さが気になっていました。音質は高~中域が非常にクリアで、特にギター・バイオリンなどの弦楽器は細部まで聞こえ、ピアノも良く響きます。ボーカルの擦れも臨場感があり、低音も濁ることなく引き締まっていて歯切れも良いです。好みの音質は個人差がありますが、この価格帯でここまで音質に満足できる製品は他に無いかも知れません。強いて改善して欲しい点をあげるとすればフラットケーブルです。絡みにくく丈夫ですが、やはりゴワつきます。また、デザインがシンプルで「これ使ってます!」というアピール度が全くないため少々寂しく感じます。高額のイヤホンも何台か所有しておりますが、音質に関しては見劣りしません。価格も安いため手軽に扱えて、普段使いに最適なイヤホンと言えます。.

Zeroaudioのzh-bx500を愛用しています。五千円台で購入でき、ba型で繊細な音を出してくれて満足しているイヤホンなんですが、もう一つ高音域の解像度に満足できなかったので、巷で評価の高かったix3000を今回購入しました。まず、zh-bx500と比較すると、当品ix3000は音圧感度とインピーダンスにより音量が平均的に低めで、楽曲により多少サ行で刺さりそうな感じがありますが、高音域の解像度は若干こちらの方が良いとおもいました。エージングが進むに連れ、どうなっていくか楽しみです。今回☆ひとつ減点な理由はコードが平らという事のみで、ゴールデンイヤーお墨付きで商品の特徴通り、曲調を忠実に汲んでいて、色んな楽器を綺麗に聴かせようと統率のとれた生徒会長のようなイヤホンですね。一万円以上の高級イヤホンにも負けていない解像度の高さに満足していて、このようなイヤホンが五千円以下で購入できる・・・良い時代になりましたね.

評価が高かったので地元のビックカメラで購入しました。音はフラット寄りで低音好きには少し物足りないかもしれませんが、こだわりがなければアリだと思います。自分の使い方が荒かったせいもあってか、一ヶ月ほどで左の方から音が出なくなりました。通勤通学で聞いてそのままポッケにぶち込む私のようなズボラさんは考え直した方がいいです。音は良かったのに。残念なのは私の使い方か。.

個人的主観によるレビューです帯域バランスが恐ろしい程優秀で全ての帯域が上品で深みがあり絶妙クセや不足過剰も無く半日聴いても聴き疲れしませんbaとdの特徴を合わせた様な性質でostry kc06程に音像クッキリ&アナログっぽい感じでは無く本機は音自体が煌びやか割と楽しく聴ける響きでkc06がba型寄りだとすれば本機はd型寄りかもしれません.

購入したその日に右の音が出なくなりました。製品の質は良くないと思います。悲しい。.

試聴したところ、同価格帯では音の特に解像度が高く、不自然な低温の強調も無いためフラットで聴きやすいイヤホンと感じて購入しました。しかし問題は別のところにありました。コードは絡まりにくい扁平なきしめん状のものなのですが、歩いたり動いたりする際にこのコードと衣服などと擦れる「ゴソゴソ、ゴワゴワ」という音が非常に大きく伝わってしまい、結果的にその擦れ音で耳が疲れてしまいます。微動だにせず音楽を聴く際には良いイヤホンですが、歩きながら聴くのには向きません。.

特徴 【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ドライバーユニット : 10.1mm Dynamic Unit
  • インピーダンス : 24Ω
  • 音圧感度 : 103dB/mW
  • 最大入力 : 20mW
  • 再生周波数帯域 : 20Hz-20,000Hz

メーカーより

イヤホンのOEM製造を手がけているiSOUNDのオリジナルブランド

iSOUND(アイサウンド)は2003年の設立以来大手企業のOEMを中心にイヤホンの製造をてがけながら技術を育んできました。2008年には自社製BAドライバーを開発し特許を取得、コストパフォーマンすの高いBAドライバーを著名ブランドに供給してきました。

2011年よりオリジナルブランド「MUIX」を立ち上げ優れた音質やハンドリング性能によって高い評価をいただきました。ブランド名の由来は「ミュージック(音楽)」と「エクスペリエンス(経験)」の融合です。

今後も「MUIX」は多くの方々に音楽を楽しむ様々なソリューションをご提供できるメーカーであることをお約束いたします。

アーティストの想いを伝えるHi-Fiイヤホン 「充実の原音サウンド」

「MUIX」ブランドの第一弾IX3000は、低域と高域の バランスを重視したHi-Fi系のイヤホンです。

フラットな再現力を特徴とするIX3000はイヤホンの個性で音色が変わることなく、音源製作者が意図 した音楽自体の趣を鮮明度の高いクリアな音で味わうことができます。ハイレゾの環境が整ってきている現在にマッチした音源そのものの楽しさを感じることができる製品です。

製品のコンセプトに合わせ、シンプルなデザインと パッケージングを採用しました。

また長年のイヤホン製作のノウハウを活かし、長さ調節アジャスターや断線防止タブにより、使いやすく耐久性に優れた製品に仕上げました。

VGP5期連続受賞

IX1000とIX3000は国内再校権威のオーディオビジュアルアワードであるVGPを5期連続で受賞しました。

リモコンの操作方法

MUIX製品には、1ボタンのリモコンが付いております。音楽の操作・電話機能の操作が可能です。

音楽再生時の操作

1回押し ・・・一時停止/再生

2回押し ・・・次の曲へ

2回押し(2回目を長押し) ・・・早送り

3回押し ・・・前の曲へ

3回押し(3回目を長押し) ・・・巻き戻し

電話の操作

1回押し ・・・電話に出る/切る

長押しして離す ・・・かかってきた電話を拒否する

音声コントロール

長押し ・・・音声コントロールの起動

※ イヤホンにはマイクがついているので、そのまま会話をすることができます。

(注) 一部のスマートフォン端末ではリモコンが動作しない場合があります。

こんな方にお勧めです

・作り手の思いをそのままに原音サウンドを楽しみたい。

・耳をリセットしたい。

・普段使っているイヤホン・ヘッドホンの特徴を知りたい。

・ポータブル/ヘッドホン・アンプの聞き比べをしたい。

・耐久性のあるイヤホンが欲しい。

コスパは凄いことが散々言われているので、特に触れません。低価格に反して、フラット気味の高中音に強く、解像度が高めでいい音を出すイヤホン。という点では共通見解かと思います。でも、ix1000ほどの値段以上に凄いいい音! というニュアンスはありませんでした。確かに値段以上のいい音ですし、比較すればこちらのほうがいい音を出して居ますが、ix1000は半額でしかも2つの音に切り替えできる。この二点で優位的で、オススメを訊かれるとix1000と答えざるを得ません。後継機とはいえ、高級機なのでその点で見ると多少痛い、かも?比較なしなら文句なしです。マイク音が少し篭もるかな? スマホ本体のマイクよりはマシ、程度です。とはいえ、ここに期待する人はあまりいないとは思います。.

以前使っていたものが断線で聴けなくなったので購入。友人からきしめんタイプ?が良いよとのことで、手頃で評価もそれなりなこれに決めました。バンドミュージックが好きな僕としてはインパクトの音がしっかり聴けて、シンバルもそれなりなので満足でした。.

Eイヤホンで同じくらいの値段の物と聞き比べて購入しました。他の物より高音が綺麗に出てると感じました。逆に低音はあまり出ません。低音が欲しい人はイコライザーで上げたほうが良いです。全体的にバランスがよくモニター型というのは本当だと思います。デザインは地味めで派手なのが嫌な人には良いかも。lrの表示がプリントではなく盛り上がっているので使っているうちに消えないのは嬉しい。フラットケーブルは丈夫だけどちょっとかさばる。小さなリモコンが付いてるけどウォークマンのeシリーズでは反応しませんでした。ipod用?リモコン無しも出して欲しい。.

Amazonサイトで購入したわけではないが、秋葉原にあるeイヤホン店で十分に試聴した結果、このix3000に決めました。she9711とよく似た音作りをしているように聴こえましたが、やはりこちらの方が音の輪郭がよりハッキリと掴めます。さらにshe9711はよくあるタイプでケーブルが細く頼りなく、絡まりやすい。でもix3000は、平打ちされた少し太めのケーブルで、絡まりにくいのが良いと思う。他にもzero audioのzh-dx210-cbとも比較試聴したが、少し音像が細くなっているかのように聴こえた。この点からもix3000は結構骨太な芯のあるハッキリとした鳴り方をしてくれるので、地下鉄の中で聴いても音楽に集中できた。私は、このix3000を購入する前までは、数年前に購入したaudio-technica製、 ath-ck500mを使用していたのだが、₍この製品も今でもamazonサイトで3,500円台)同じ3,000円~4,000円位のクラスでもこうも音作りが違うものかとかなり衝撃を受けている。同じmuix製のix1000も候補のうちの一つだったが、やはりモニター系の少し武骨な作りこみ方がなされているix3000の方が私の好みにはあってる。音の抜け感がいいのだ。特に中音域(ヴォーカル)がしっかりと前に出てきてくれ、歌詞をハッキリと聴き取ることができいる。最後にもうひとつ付け加えておく。モニター系のような一つ一つの楽器の輪郭の粒立ち、音像感の定位の良さは装着感にも依るところも大きいと思う。元々付属しているイヤーピースの耳への収まり度合いが実に気持ちが良いのだ。この結果、遮音性にも優れ、多少の騒音は聴こえにくくなり、より音楽に浸ることが出来る。皆さま、お好みは色々あるとは思いますが、she9711、ix1000、ix3000、zh-dx210等の製品を是非機会があれば、聴き比べてみてください。昨今のこのクラスのインナーイヤホンの進歩に驚愕されることでしょう。.

Sonymdr-ex450(視聴済)と検討しましたが、ホームページ(他サイト含め)での評価が高かったので衝動的に購入しました。iphone6でwav録音で聴いていますが、私のような素人でも分かるぐらいsonymdr-ex450と比べて透明感が無くて残念です。やはりイヤホンは試聴してから購入した方が良いと改めて思いました。こちらの商品でしたら、sonymdr-ex450かsonymdr-ex450APをおすすめします。.

自宅でdtmに使っているsonyのmdr-cd900stの代替になるモバイル用のイヤホンをずっと探していて、今まで10本以上買い換えてきましたが、やっと十分dtmの実用に耐えるイヤホンに巡り会えたという感じです。数万円以上もするイヤホンには敵わないのでしょうが(私はそんなに高いのは買えない(笑))、モバイルのdtm用途でしたらこれで必要十分です。ほぼ完璧にフラットな特性と素晴らしい解像度を持っています。低音が出ないと言っておられる方もいらっしゃいますが、十分出ています。自分で作った曲を聴いて、意図したとおりの音が出ているのを確認済みです(笑)。音楽を楽しむ、という点では、重低音好きの人には物足りないとか、周囲がうるさい環境の中ではもっと中音域が厚い方がいいとかはあると思いますが、原音忠実なイヤホンを探している方には本当にお勧めです。【追記】エージングも済み、ある程度使い込んでみたので追記します。原音忠実で音の分離が良いのは書いたとおりですが、情報量が多く音がクリアすぎるため、長時間のリスニングではやや聴き疲れします。仕事や勉強などをしながらの「ながら聴き」にはあまり向いているとは言えないと思います。モニタ用のイヤホンとしては最高ですが、単なる音楽観賞用ならば、もう少しマイルドな音のイヤホンの方が良いかもしれません。.

リピートです。3年間使っていたものが断線した為に再購入。当初は秋葉原の某イヤホン専門店にて購入。3,000円代で最もコスパが高く、音質にクセが無いイヤホンとして紹介されました。大手メーカーのoemを請け負っているメーカーらしく、コスパの高さにつながっているようです。これまで1~2万円のイヤホンをいくつか使ってきましたが、「音の鮮明さ」では、それらと同等とは言えずとも、かなり「いい線いってる」商品です。特に気に入ったのが、余計な味付けが無く、原音に忠実な音であること。同価格帯では図抜けた存在では?.

イヤホンについて皆さんの様な知識は無いですが、解像度云々言われてるだけあって本当にクリアです。ヨドバシで実際に聴いて感動しました。高音がくっきり聴こえて全体のバランスも良いですトランスやエレクトロ、ロックをメインで聴きますがとても合いましたおすすめです.

最初聞いてた時はキレイに音でるなー位やったんだけどーそのあと自分のイヤフォン ヘッドフォン聞いてみたら違いハッキリとわかる!あれ?って思い次イヤフォンやヘッドフォンお試し視聴するとき!これ聞いてからお試し視聴すれば特長がわかるってことだよね!(*’・ω・`)中々使えるじゃない!と思い購入しました!是非お試しあれ!.

今まで1年半ほど使用してたix1000がとても良かったので、今回も迷わずmuixを選択。せっかくだからひとつ上のグレードのこちらの機種を購入。価格も大して違わないってのもあって。実際使用してみて →がっかり…。まず装着感がよくない。ix1000より一回り大きいので、耳にはフィットせず。そして肝心の音質も劣化してる…?どうしてもイヤホンは低音が弱くなるんだけど、そこをix1000はよくやってたからこその高評価だったんだけど。これはハズレ機種だったかなぁ。.

きしめんコードで耐久性を期待したが3ヶ月でl字型部分で断線し左側から音が出なくなった。l字部分の赤いラバーで補強してあるあたり設計ミスではないでしょうか?iphone付属品よりコード耐久性劣悪。.

左右の音の大きさが違いすぎて不快になります。個体差なのかもしれませんが、右の方が音がでかく、左がその半分以下の音しかでません。解像度がどうこうの問題ではないですね。.

高音が最高すぎる。低音が好きな人はおすすめできません。ボーカルがすごく際立ちます。是非.

噂で評判が良いix1000を使ってみて気に入ったので、番号的には上位機種となる当イヤホンが気になり購入してみました。そのため当レビューはix1000との比較になります。まず、ix1000を使っていて期待するベクトルが違ったせいもありますが、低音域の迫力不足にガッカリしました。音はフラット傾向だと感じます。ただし、解像感はix1000を超えていて、各楽器の音や、コーラスなども比較的容易に聞き分けができます。尖った特徴がないですが全域バランス良く、また適度な解像感でボーカル重視の方には最適だと思います。ix1000は低音の誇張がかなり多く音源によっては長時間の利用で疲れてくることがありますが当機はそういった誇張がないため、長時間の利用でも聴き疲れすることがないと思います。このイヤホンはバランスの良い万能優等生タイプで、長時間ボーカルメインで聴くことが多い方には最適だと思います。しかし、オーケストラなどには低域が足りず迫力に欠けると感じました。.

デザインも音質も各方面で評価されている通りの優れものでした。装着感もよく高音域から低音域まで癖が無く、長時間使用しても疲れは感じられなかった。コストパフォーマンスも良い。.

何万円もするイヤホンから千円以内のイヤホンまで色々と試聴しましたが、個人的にはこれが一番良かった。フラットを謳っていますが、やや中高音よりのチューニングになっていると思います。人によっては「刺さる」「やかましい」と感じるかもしれません。私もちょっと高音が刺さるなーという印象でしたが、コンプライのイヤーピース(ts-400)に変えたら、刺さる部分がカットされて丁度いい感じになりました。あえてマイナスポイントを挙げるなら、安価な製品なので比較するのは酷なことかと思いますが、shureのseシリーズと比べるとタッチノイズの少なさと装着感ではshureに軍配が上がります。価格が倍になっても、その辺りを改善して頂けると、文句無しです。ix1000とも悩みましたが、ix3000の方が解像度が高い印象。解像度が高ければ良いというものでもなく、ix1000の方が解像度が低い分、パンチのある音なので、ロックを聴く人はix1000の方が好みかもしれません。あと、低音が好みの人もix1000なら低音をブースト出来るのでix1000がおすすめです。.

低音から高音までバランスがよくいい感じです。すこしサ行がささる感じがあります。.

まぁまぁ ちょっと値段高いかな もう少し高音質でもよかったと思う.

まるで高域寄りのマルチドライバーのイヤホンの様です。最初に聞いた時には衝撃を受けました(笑)解像度、音の分離など色々な点で、ハイエンドイヤホンにあと一歩ずついたらないという感じですが、数倍の値段がするハイエンド機に対してほんのあと一歩ずつです。繊細で爽やかに音を奏でてくれます。本当に音が丁寧に流れていると感じました。ただし、さすがダイナミック型のドライバーというべきか重低音重視する方には足りないかもしれませんがしっかりと低域も出してくれています。この繊細な音が出ているのにこの低域とはと驚きです。曲によっては低域に高域がちょっと飲み込まれることもあります。音はフラットですが優しい音でリスニング向き原音忠実を目指しているとの事ですが本当に下手にいじっているとは感じられない音でとても自然な感じがします。高域好きな私にとってはこの値段を考えてしまうと、もう両手を上げてベタ褒めになっちゃいます。(笑)ハイエンド機の世界に足を一歩踏み込んじゃうようなそんなイヤホンだと思います。.

普通ですので、可もなく不可もなしです。 muix hifiイヤホン ix3000-bx.

タイトル通り買わない方が良いです。買って一週間もせずに右のイヤホンから音が全く出なくなりました。.

ベスト 【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.