Mpow ヘッドホン H7 bluetooth 4 – 値段相当

遮音性が高く、音漏れが少ない。装着時に耳全体を覆うため、装着時の安定性が高いのが特徴です。.

ガイドラインに反していないのに、amazonにレビューを消されたので再投稿します。音質は普通ですが、軽量で装着感も良く、頭や耳への圧迫感も少なめです。btの接続も早く、毎日複数台のスマホやオーディオプレーヤーで使用していました。しかしタイトルのように3ヶ月ほどで右側から音が出なくなり、接触なのかヘッドバンド部をいじると音が出ることもある、という状態に。出品者は18ヶ月保証、amazonの注文番号が保証書がわり、と書いてありますが、肝心の連絡先がわかりませんので、レビューにこの事実を書きます。連絡があれば良いですが、無ければもうmpow製品を買うことはないと思います。.

1時間しか使えない。充電もすぐランプが消え完了になる。ただの不良品。.

Roxy musicのアルバムavalonで試聴。個々の楽器の解像度(分解能)が良い。彼らが演奏している三次元空間が感じられる。楽器による対話/会話関係も分かる。イリーナ・メジューエワ演奏のショパンスケルツォ2番で試聴。ピアノのアタック音の再現性は、高音低音ともに良い。感心した。昔は中国製の安価なオーディオ製品は、いわゆる「ドンシャリ」タイプの音が多かったが、今は十分尊敬できるレベルに達している。ただし、音の“線が細い”というか、全体のまとまり感、音の豊満感充満感はいまいち。それは、ウン万円もする高級機でないと無理かな。しかし私はオーディオファンでもマニアでもないので、そんな高いのは買う気しない。日常用には、これで十分だ。.

Amazonから届いたダンボール箱を開けると、そこには白地に商品名と商品のイラストがあしらわれただけのシンプルなパッケージが…まぁ他の方々のレビューで知ってたんですけどね!どうせ初期不良で返品とかの事態にならない限り捨てちゃうだけのパッケですからね。余計な梱包材もなくてよろしい。パッケの中身はヘッドホン本体、ケーブル2本、説明書、収納袋、あとは保証書みたいなカード…?と思ったらこれはメーカーサイトやアフターサポートの紹介的な内容ですね。一応国内のサポート電話番号も記載されてます。説明書はシンプル極まりないですが、(若干怪しい)日本語が併記されているので使用法を知るには充分です。収納袋は手触りのいい素材ですが、ストレッチ性は一切ないのでヘッドバンドを縮めないと本体を収納できません。付属ケーブルはミニプラグのオーディオケーブル(120cm)と充電用usbケーブル(40cm)。テレビと接続するには少し短いかも…?そろそろ本体の話を。サイズの割に意外と重いですね。キッチン秤で量ってみたら、およそ200g。頭に乗せてて苦痛な重さではないです。ヘッドバンドの調節部はクリック感がわかりやすく、見た目よりしっかりした造りです。イヤーパッドは触り心地がいいですね~…ぷにぷに。でも記憶タンパク質ってなに!?カップの回転機構は必要性がよくわかりませんが、バッグの中には収めやすいかな。ほぼプラスチック製なうえ、デザインがシンプルなのも相まって、見た目の安物感は否めません。持ってみるとそれほどでもないのだけど…不思議。使用感など。ペアリングは簡単です。説明書通り受話器マークのボタンを長押しすると…「power on」シャベッタアアアアアアそのまま押し続けると、ペアリングモード→電源オフと切り替わるようです。そのたびに音声でモードを知らせてくれるのは親切かも。英語なのもちょっとカッコいい。デストロイゼモーbluetooth接続でスマホとfire tv stick、ケーブル接続でpcと、動画や音楽やら適当に試してみました。特に鋭敏な耳の持ち主ではないと自負しておりますが、音質は非常に素直という印象を受けました。心ゆくまで重低音を堪能できるというタイプではないので、その点は物足りなく感じる方もおられるかも?bluetooth接続では気になるノイズや遅延は感じられませんでした。付属のオーディオケーブルは120cmと少し短めなので、pcはともかくtvで使うのは辛そうです。装着感は映画2本見ても平気な程度に快適です。きつくもなくゆるくもなく。ぷにぷに触感のイヤーパッドが効いてるんでしょうか。スイッチ類は突起部分が少ないせいか、装着したままでの操作性は若干悪いですね。初使用の時に音量下げようとして上げちゃう程度には悪い。これは減点でしょう。慣れの問題と言えなくもないけど。総評としては、お買い得で使いやすい、プレーンで(色々な意味で)シンプルなヘッドホン、といったところでしょうか。同じメーカーなら折りたたみも出来るmpbh059abのほうがなんか上位機種っぽく見えますが、そのへんに置いといても邪魔に感じないヘッドホンが欲しかったので、その点では満足しています。.

初めて自分で高額(まぁ目の前に鎮座していた超高級機達に比べたら高額と言うのは憚られますが、、、)なヘッドホンを自分で選ぶので絶対に妥協したくなかった為、長時間悩み、迷惑を掛けたのは自覚しています。 多数を比較し最終的にはmpow h7を購入したのですが、低域の再現力ノリの良さでは傑出した能力を本機は備えていると思います。 高域と解像感ではmpow h7に分があると感じましたが、本音を言えば両方買えば良かったと思っています。.

わざわざヘッドホン被る音ではないと思いますただブルーつぅーすのイヤホンよりは音はずっといいです。どーしても無線でお安いのがよくて、ヘッドホンの大きさが気にならないならいいと思いますペアリングも無線イヤホンに比べて簡単で安定していると思います音楽に比重を置くと物足りないかな。.

音質も装着感も抜群に良いヘッドホン。非常に軽量でフィット感が素晴らしいの一言。音質はフラットですが、イコライザーを使用すれば低音も良く鳴ります。広がりのある音を出すのが得意な反面、音漏れに注意。価格に対してとても良い音質の高コストパフォーマンスなヘッドホンです。初めは黒いプラスチックの質感にチープな印象を受けました。しかし、実物を手に持にしてみるとしっかりとした丈夫な作りで堅牢。つや消しのブラックなので指紋が全然目立たない点もとても良い感じです。無駄のないシックな作りに愛着が湧いています。素晴らしい点は、驚くほど軽量で耳への負担が全く無い事。最高のフィット感です!激しく頭を揺らしてもずり落ちません。長時間の利用しても耳は全然痛くなりません。それと、bluetoothの遅延が無い事も素晴らしい!ゲームを快適に遊べます。mpow-059が良かったので、タイムセールでこちらのh7も購入。059は非常に迫力のある音で低音強め。h7は低音はノーマルだが、透き通った音の反響と抜け方が良好で空間を感じられ、長時間聴いても耳が音疲れしない。どちらも優劣つけ難い個性的な音色です。装着感に関しては059はホールド感は抜群だが長時間だと極わずかに痛い気がします、軽くて柔らかいh7は痛みが皆無。音質や頭にガッシリピッタリフィットするのは059が素晴らしいですが、超長時間家で気軽に着用するならh7が良いと個人的に思います。音質に関して、悪いとのレビューがありますが、音の分離感とドコドコ感の無い低音の弱さが好みで意見が別れる原因かな?と感じました。私はこのヘッドホンは優しい音色でとても良音質だと感じます。バランス型で全体的に綺麗に鳴っていて素敵です。音量大きめで聴くと更に良い音です。しかし、じっくり聞いた場合、デフォルトな状態ですと高音シャリつきが目立つのに低音は弱い。(シャリつきはエージングで治りました)派手な音作りなのにフラットな鳴らし方。中音域は抜群に美しいが力強さが足りない…。足りないと言っても同価格帯のイヤホンよりは音質は断然良いです。特にエコーのような響く音の鳴らし方は音の抜け方が素晴らしい。3d音響系に非常に強い。うるさい音楽より静かな音色が得意です。素の状態だと音の強さが物足りないのでイコライザーを利用し低音を強くしたところ、満足感がある低音がしっかりと出ました!059の方の低音のほうがドコドコと激しく強いのですが、h7は全体の音バランスがとても良く聞き疲れしません、何時間でも余裕で使えます。それでいて空間も感じられる音で最高です!このヘッドホン…使い心地がとても良い!操作系は分かりやすくシンプルで説明書は不要です。電話マークを押すと電源オン、長押しでbluetoothペアリングモード、更に長押しで電源オフ。短く押すと曲送り、長押しで音量調整。ボタンはカチカチとしっかりした押し心地を感じられて使いやすい。ボタンのクリック音は若干大きめ。音楽鑑賞中に雑音を気にする人は注意。bluetoothと有線接続を使い分け出来るのが凄く良い!スマホによってはbluetoothだとイコライザーが使えない物があるのでbluetoothと有線接続を使い分け出来るのが便利で嬉しいです。ゲーム機に接続して利用するのにも有線接続を利用しています。折りたたみ機能は、少し平らになる程度であまり小さくはなりませんが、収納時に袋に入れやすく便利です。薄型のカバンを利用してる人は少し嬉しい機能です。しかし、私は壁にぶら下げて収納しているので利用していません。とても良いヘッドホンですが唯一の難点は、音漏れがある事。音の抜け方が美しく楽しい反面、大音量で聞いていると外部に音楽が丸聞こえです。室内専用機なら問題ないと思います。もちろん小さめの音量なら音漏れはほとんど無いので室外の利用でも大丈夫です。大音量利用時の音漏れというデメリットを考慮しても、一つは持っておきたいナイスなヘッドホンです!.

利点と欠点

メリット

  • 現状素晴らしい

  • フィット感が最高な高音質ヘッドホン。低音を増やすと化ける。

  • マイク付きBluetoothワイヤレスヘッドフォンの決定版

デメリット

タイムセールだったのでダメ元で購入。良いです。お値ごろなのでハズレを引かないか心配でしたが、メガネをかけたまま数時間着けていても耳が痛くなりにくいです(さすがに長時間だと痛くなりますが)。アームのサイズは普通。限界まで伸ばしてちょうど良いので、頭が大きめの人は注意が必要かもしれません。bluetoothイヤフォンを長時間着けていると、耳の穴が痒くなって困っていましたが。ワイヤレスヘッドホンは良いですね。すごく快適になりました。パソコン側からはbluetooth送信機(トランスミッター)で音を飛ばしているので、特に遅延も無くゲームや映画を楽しめています。このヘッドホンを直接、パソコン等とペアリングした時の遅延がどうなるかはわかりません。.

ワイヤレスヘッドフォンが欲しい。そんな子供からの唐突なリクエストにお手頃価格で探してみました。いかにも中華なハデハデではなくて、ツヤ消しブラックな感じのワンポイントで価格も2000円弱(タイムセール)なので、ほぼ見た目でこれを購入しました。ペアリングはpw入れる前に、もうお前は接続されている、だったのですが…耳のクッション、軽さ、ボタン操作どれも何ら不満なく快適に使用可能でした。充電は1日なら全然大丈夫なので、心配いりません。折りたたみ式では無いので、持ち出しの際は少しかさばります(巾着付き)その代わりイヤー部分が90度反転してフラットになります、まあ、これは個人の好みかな。これで2〜3年使えればコスパ最高ですね。.

取扱説明書がひじょうに簡素でわかりづらく、通話ボタンと電源が共用のため扱いづらいな、とは思っていたのですが、購入から2か月で電源オフが出来なくなりました。電源ボタンを4秒長押ししても、「ディスコネクテッド」直後に「ペアリング」「コネクテッド」となってしまうので、電源オフにできず、使い物になりません。bluetoothヘッドホンとして、いくらお手頃価格であっても、使えないものを評価できない。しかも、購入から2か月だから返品もできない。最悪です。.

迷ったらmpow h7と言えるヘッドホン初心者の方にもっともオススメの商品です。初心者のみならずマニアにも評価される一品。昔は1万円程しましたが、今ではその2000円程度の値段で買えます。しかし安いヘッドホンと侮るなかれ。音質は本物です。1万円でもお買い得だったので、本当におすすめです。この価格帯でこのヘッドホンに比肩するものはそうそうありません。10000円級のヘッドホンと同等の音が楽しめます。.

梱包は十分で箱も問題ありません。同梱物はヘッドフォンを入れる布袋と簡単な説明書、usbとの充電ケーブルとステレオのピンプラグが入ってます。早速充電して使ってみました。ペアリングはあっという間で良好。部屋の中で使うつもりなんで途中で切れることもなく問題なし。肝心の音質は、、、まあー3000円以下ですから。当然こんなもんでしょう。本格的に音楽を聞くものではありませんので過度な期待は禁物です。それ以外は全く問題なし。.

 mpowのヘッドホンはいくつか使用していますが、デザインが上質です。基本スペックもバランスが良く不満があまりないヘッドホンだと思います。ヘッドホン本体の他、ソフトケース、microusb-usb充電用ケーブル、3. 5mmオーディオケーブル、取扱説明書(日本語あり)等が付属しています。ボディはブラックの樹脂製ですが、安っぽさはなく精巧でスタイリッシュです。(写真1枚目)ヘッドアームはフェイクレザーで全面カバーされていて柔らかく頭にかぶせることが出来ます。(写真2枚目)イヤーカップは密閉式のオーバーヘッドタイプです。低反発ウレタンをフェイクレザーで包んでいて耳に優しくかぶさる感じになります。(写真4枚目)ヘッドアームは伸縮し、カップも左右に90度、上下に15度程度動きます。そのため、頭に非常にフィットしやすくなっています。(写真5枚目)ボリュームボタン、mfcボタンは右側のイヤーカップの後方側面にあります。(写真6枚目)直感的に操作しやすい配置になっていると思います。充電用のmicrousbポートと有線利用するための3. 5mmオーディオジャック、それにマイクも同じように右側のイヤーカップに全て配置されています。唯一不満があるとすれば、有線用のイヤホンジャックはじゃまにならないように左側のイヤーカップ下に配置して欲しかったです。重さは約250gと軽量で、側圧もちょうどいい感じに調整出来るので、長時間の使用も大丈夫です。音質はさすがのmpow製と言えると思います。40mmのhdドライバユニットを搭載していて、重低音に特徴があるということですが、どちらかというと低音から高音までバランスの良いクリアーな音質に思います。bluetooth接続時と有線接続時との差が殆どわかりません。音量は十分で、低音から高音までしっかり響きます。スペック的には平凡なヘッドホンの部類ですが、うまく調整して上質な音質に仕上げている努力は評価出来ます。バッテリー容量は420mahとこのクラスのヘッドホンとしては標準的ですが、4時間程度でフル充電となり、12時間以上の連続通話や音楽再生が楽しめるのは頼もしいです。もちろん有線接続はバッテリーが切れていても再生可能です。マルチペアリング(複数デバイス同時登録)に加え、マルチポイント(複数デバイス同時接続)にも対応していて、同時に2台(まで)のデバイスで利用出来ます。(写真7枚目)女性の英語のガイダンスも便利です。非常にバランスが良くとても2,000円ちょっとで購入できるヘッドホンとは思えないほどの満足感が得られました。.

普段はインイヤータイプのイヤホンを使用していますが、ヘッドホンが欲しくなり値段の安いこちらを購入してみました。音量50%位までは価格以上のキレイな音ですが、音量を上げていくとやはりキツくなっていきますね。動画も試しましたが遅延も少なく十分使用出来ます。よい買い物をしたと思います。.

クーポンに釣られてポチりましたが、時々bluetoothが途切れて雑音が入ります。無線を使ってるのである程度仕方無いのかも解りませんが他の同じ様なヘッドホンで何も無いのに残念です。外れを引いたのでしょうか。耐久性についてはしばらく使って見ないと判りませんのでレビューは控えておきます。追記その後mpow様から神対応で交換品を送って貰えました。交換品は他のレビュー通り音も良く、雑音も無く満足しております。次買う時もmpow様からと思います。素晴らしいサポートは安心ですので.

タイムセールで購入しました。デザインはもちろん、音質は素人としての私でも、他社品との区別がよく分かりました。とても満足でオススメ製品です。.

特徴 Mpow ヘッドホン H7 bluetooth 4.0 密閉型 15時間再生 ワイヤレス ヘッドセット 40mm HD ドライバーユニット リモコン ・ マイク付き ハンズフリー通話可能 ブルートゥース ヘッドフォン ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 💯【よりクリアで豊富な音楽を楽しむ】40mm高磁力ネオジウムドライバーと最新のCSR8640チップを採用することにより、感動させるようなクリアで感動的な高音質を実現しています。より良い音質でお好みの音楽を楽み、豊かな毎日を過ごしましょう。
  • 👂【長時間使用しても快適】形状を記憶するの柔軟な低反発イヤークッションと調整可能なステンレス製ヘッドバンドと合わせて、軽量で抜群のフィット感を実現。1日中装着していても快適です。イヤーカップ部分は90°回転可能なので、使用しない時はフラット形状にして、机の上に置いたり、首にかけることができ、携帯や収納も簡単です。
  • ✳️【便利なハンズフリー通話可能】ヘッドホン内蔵のマイクとイヤーカップにあるコントロールボタンを利用して、簡単に電話を受けることが可能で、楽しい通話をサポートいたします。ヘッドホンで音楽を楽しんでいる時に重要な電話に出損なうことを防ぎます。
  • 💿【最大15時間連続使用可能&3.5mmオーディオケーブル付き】ワイヤレスヘッドホンのバッテリーが長持ちしないことに悩んでいませんか?本機は軽量と快適さを実現した上で、より大容量のバッテリーを採用し、そのような悩みを確実に解決します。1回満充電すれば、最大15時間の音楽再生、あるいは最大18時間の通話が可能です。ケーブル接続も可能で、万が一電量が切れたとしても付属のφ3.5mmプラグ仕様ケーブルを利用して、スマホやタブレット等と有線接続し、継続して使用可能です。音楽や友達との通話を思う存分楽しめます。
  • 🈂️【Bluetooth4.0&幅広い互換性】新バーションを採用されたBluetooth4.0は従来0.2~0.25秒音が遅延していましたが、そのズレを約0.065秒まで短縮。スマホ、タブレット、パソコン、テレビなど多様なデバイスに適用します。ご注意:パソコンやテレビに接続する場合、Bluetoothトランスミッターが必要である可能性があります。Bluetoothトランスミッターは付属されていません。【安心できる保証】 Mpow商品はご購入日から、45日以内の返金保証と、故障など不具合が生じた場合は18ヶ月以内無償交換を致します。Mpowは製品の品質向上に努めていますが、万が一商品に不具合がありましたら、お気軽にご連絡ください。最善の保証サービスを提供いたします。ご注文番号が保証書代わりとなります。
Mpow H7

H7 H20 H18 059
Mpow H7 Bluetooth ヘッドホン Mpow H20 Bluetooth5.0 ヘッドホン SBC/AAC/aptx/aptx-HD対応 Mpow H18 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Mpow 059 Bluetooth ヘッドホン
型式 Bluetooth ヘッドホン Bluetooth5.0 ヘッドホン ワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン Bluetooth ヘッドホン
Bluetoothバーション 4.0 5.0 4.0 4.0
音質コーデック SBC SBC/AAC/aptx/aptx-HD対応 SBC SBC
ハンズフリー通話
再生時間 最大18時間 最大30時間 最大50時間 最大20時間
保証期間 18ヶ月間保証 18ヶ月間保証 12ヶ月間保証 18ヶ月間保証

クリアで豊富な音楽を楽しむ

  • 40mmダイナミック型ドライバーと最新のCSR8640チップを採用します。
  • 安定したBluetooth伝送技術による、耳にクリアでバランスの良い高音質を提供いたします。
  • 優れた音質でお好みの音楽を楽しんで、豊か毎日を過ごしましょう。

り長い再生時間を実現する

  • 大容量のバッテリーを採用して、1回満充電すれば、ヘッドホンをワイヤレスで最大15時間の音楽再生と最大18時間の通話を楽しめます。

軽量で優れたフィット感を提供

  • エルゴノミクスヘッドホンを使用するときに、低反発ウレタン製の柔軟なイヤークッションは耳を柔らかく包んで、ステンレス製ヘッドバンドの伸縮調整とイヤーカップの角度調整を利用して頭部により良くフィットして、長時間付けていても快適です。
  • イヤーカップ部分は90°回転可能なので、使用しない時に平に机の上に置くことや首にかけることができ、携帯と収納も簡単になります。

ワイヤレスと有線両用

  • 軽量と快適さを保証した上で、より大容量のバッテリーを採用して、1回満充電すれば、ヘッドホンをワイヤレスで最大15時間の再生と最大18時間の通話ができます。
  • 3.5mmオーディオケーブルジャック付き、万が一電量が切れたとしても3.5mmケーブルを通じてスマホやタブレット等のデバイスと接続してケーブルヘッドホンに変身させ、引き続き使用可能です。
  • 音楽や友達との通話を思う存分楽しめます。

  • 通信範囲:10m
  • 通話時間:最大18時間
  • 再生時間:最大15時間
  • 充電時間:3時間
  • 充電電圧:5V
  • バッテリー容量:3.7V / 420mAh

パッケージ

  • 1×Mpow H7 Bluetoothヘッドホン
  • 1×3.5mmオーディオケーブル
  • 1×収納バッグ
  • 1×取扱説明書

心できる保証

  • Mpowの商品はご購入日よって、45日のへんきん保証と18ヶ月間無償交換を提供致します。ご心配なさらないでください。Mpowは商品品質向上と不良率を低下させるには常に努めてまいりますが、商品不良率をゼロにすることができかねます。万が一商品不具合のようでしたら、お気軽にご連絡ください。必ず最善を尽くし、保証サービスをご対応いたします。

ご注意

  • 1.実際の使用時間はスマホやタブレット等のデバイスの機種と機能によります。
  • 2.マイクロフォンはワイヤレス(Bluetooth)モードでしか使用できません。
  • 3. 高音量で長時間にイヤホンを使用することは耳に悪影響を与える可能性がありますので、ご使用中に、1-2時間に一度、本機を外して耳を休ませることがオススメです。

装着感はとにかく優しく柔らかいです!締め付ける感じや窮屈な感じも一切しません!しかも軽いので首に掛けていても全然重くないですよ。音としては、ボーカルを中心に聴きたい方にぜひオススメしたいヘッドホンです。低音が少な目ですが、かといって曲全体が軽くなることもなく、ボーカルの迫力さ、ピアノの力強く弾かれている部分から、ウィンドチャイムの滑らかな綺麗な響きまで幅広く表現してくれます。そして雨の日はこんな曲達を聴いて、しっとりと過ごしてみてはいかがでしょうか。.

正味24時間ほど使った段階では、音質、密閉感ともに非常に良い。メガネをかけているので、オンイヤー形のヘッドホンは耳が痛くなりやすいのだが(というか、それが原因での買い替え)、これはオーバーイヤー型で、ほとんど痛くならないので長時間着用できる(6時間ほどつけっぱなしでも問題なし)。また、そこそこの音量にしても、実際に出ている音はさほど大きくないのもポイント(音漏れが少ないと思われる)。デザインは可も不可もなく。質感に若干の安っぽさはあるが、まあ及第点。派手さがなく地味すぎるくらいだが、もし外で使うならこのくらいがいい。有線でも使えること、充電ケーブルやケース(きんちゃく袋)が付属することを考えれば、2400円ほどという価格は破格だろう。今まで4つほど、ブルートゥースイヤホン、ヘッドホンを買ってきたが、自宅での使用はこれ一本で事足りるだろうと思う。なお、折りたためるとのレビューがあるが、実際には折りたたむことはできず、ハウス部分が回転して平たくなるだけなのは注意してもらいたい。※11月15日追記購入から3ヶ月ほど経過したので、追記。評価は全く変わらずで、素晴らしいですもう一生これだけでいいんじゃないかと思うレベル。ガッツリ使ってわかったことですが、電池の持ちもかなりよく、一日3~4時間着用しても、数日の間は充電がいらないくらい。また、有線で接続できるのも地味にメリットで、ps4のコントローラーやpsvrに接続できるのが便利です(ps4はbluetoothオーディオ非対応なので)。.

値段も手頃で割とすんなりとペアリングしてましたが自分には音量が大きく音漏れもすごいため電車内などでは使えなさそうです今ではスピーカーにとして使用してます.

基本的に室内でしか使ってないが基本音漏れします 外してると音バリバリ聞こえます 室内用だったからそのまま使ってたけど普通ヘッドフォンて音漏れなんかしないらしい そりゃそうだろなあと思ったよりサイズ小さくて頭痛くなったそれに伴って色々調べてみたらこの会社中国メーカーだった なんか欧米メーカーっぽくみせてるけど情弱だったので前も同じ会社のやつ買っててこれが2つ目のヘッドフォンなんですが買った後色々あって調べてやっと気づいた まじで愚かだった.

音が非常に悪い。ノイズもかなりあるので買わないことを勧めます。.

電車の中やバスの中など公共の場ではとてもじゃない聴けないですね。ウォーキングや掃除機かけの時に聞いてます。.

気に入ったところは無線だか寝ながら使うことがたやすく出来る。まぁ、2000円ぐらいでこの音が出るなら許す。なんて言え無いぐらい雑味がある音楽を聴くようには使いたくはない。そして、リスニング用にも使えない。いや、使いたくない。このレビューをここまでみた人ならわかると思うが音は糞。コンビニに売っているイヤホンの方がまだマシ。自分は買ってから1週間使ってそれから使ってない。もうあんな音聞いたら他のヘッドホンに浮気するしかないやん!.

頭を傾けたり、寝転がってもずれないくらいフィットしているが、長時間使用していても、耳に違和感なく使用できる点や5000円以下とは思えない良い音質という点で素晴らしいと思いました。同じワイヤレスのjabra elite 65eも持っていて、それと聞き比べましたが、断然こちらがいいと思いました。イヤホンとヘッドホンという違いもありますが、65eは30000円近くするので、自分に合ったヘッドホンを使用できれば、如何にイヤホンよりもヘッドホンの方が素晴らしいかということが今回よく分かりました。.

スマホとwin10pcでのマルチポイントで使用しています。以前使っていたankerのbluetoothレシーバとイヤホンの組み合わせだと微妙に遅延があってlineなどで話すときちょっとストレスがあったのですがこの製品はほとんど遅延がない。スマホゲームのtsum tsumをプレイした際も遅延がなくて驚きました。私の頭が大きいせいかやや圧迫感がありますが普通の人だったら問題ないと思います。追記マルチペアリング(マルチポイント)は不安定で頻繁にペアリングをやり直す必要がありますヘッドホンとして使う場合は音が良いのですがヘッドセットモードだととたんに劣化しますマイクの使い方もいまだによくわかりません(win10pcとスマホ)私の普段の使い方(映画視聴など)では問題ないのですが音声チャットなどではお勧めできませんよって星を一つ減らしました.

Windows10の環境でプライムビデオを鑑賞する際に、ヘッドホンのケーブルが煩わしいのでこの製品を買いましたが、デフォルトではタイトルの通り音が軽く籠もっていました。equalizerapoというイコライザツールを使う事で、それらの問題は解決して十分に使える音質になります。意外なのが低音もきちんと出す事が出来るポテンシャルを秘めていたことです。.

Bh059からの買い換えです。購入後16ヶ月経過し、ついに頂部のスポンジが取れたことや、パッド部が結構皮脂を吸収していたので。比較を交えながらのレビューです。・技適証明両方とも大丈夫そうです。総務省にきちんと掲載されていました。電波法違反には該当しないと思われます。(安価な中華無線ヘッドホンは技適証明の取れていないものが結構ありますので注意。)・重量感h7のほうがかなり軽量に感じます。・フィット感個人的にはbh059のほうが合ってます。h7はパッドも含めて全体的に一回り小さい感じです。おそらくh7は折りたたみ式ではないので、持ち運びなどを考慮した結果なのかもしれないです。・音質bh059のほうがドンシャリ感があります。h7はやや篭もりがちの音質です。・遮音性両方とも似たり寄ったりです。・無線連続時間h7のほうが短時間の仕様ですが、検証はしていません。・ヘッドセットボタンの使い勝手個人的にはbh059のほうが利用しやすいです。・無線接続遅延、ノイズ、接続までの簡便さ、その他 両方とも似たり寄ったりです。・総合評価個人的にはbh059のほうが優れている感があります。ただ、h7のほうが安価かつ軽量であるため、軽さを求めるのであればおすすめ出来ます。.

音漏れがひどい。ヘッドホンではなくスピーカーです。ヘッドホンで聴いてる音量の2割減くらいで漏れてます。何聴いてるか丸わかりです。間違いなく外では使用できないですし、室内でも人がいれば使用を躊躇うレベルです。値段相応ですね。.

外出時に気軽に使えるヘッドホンを検討していた上で、本製品を選択してみました。カラーはグレーで、実際に手元に届いた製品を見てみると、ヘッドバンド部やイヤーカップ外周部はサラサラとした感じ、「mpow」のロゴがあるイヤーカップ中央部は少しザラついた感じで、いずれもつや消し処理がされており、意外にも安っぽさは感じません。頭頂部にはスポンジのようなクッションが薄いながら巻きつけられており、バンド調整をした際に露出する金属バンド部も、外側は金属(アルミ?)が露出しているものの、内側はグレーのプラスティックカバーが被っており、全体が単色のグレーで統一されているのは、シンプルで好感が持てます。ファッションの邪魔にもならないようなシンプルさであると思います。イヤーカップ右側にボタン類や3. 5mmオーディオケーブルのジャックがあり、左側は何も無い、という、これまたシンプルな作りになっています。手に持った感じや実際に装着した際には非常に軽量で、軽量ゆえに「安っぽいかな」と感じるものの、装着時の負担は非常に少なくなっています。イヤーパッド部はドーナツ状に合皮のようなクッション素材が装備されており、耳の大きさにもよりますが、どちらかといえば「オーバーイヤー」のタイプになります。折りたたみに関してはイヤーカップ部が90度回転し、平たくなるようになっており、イヤーカップとヘッドバンド接続部から折れるような(beatsヘッドホンのような)折りたたみ方法とは異なります。イヤーカップを倒すと全体が薄くなる為、カバンなどの隙間に入れる分には問題ありません。本製品はbluetoothチップにcsr8640を使用しており、チップの仕様上、apt-x等の高音質・低レイテンシコーデックは使用できず、bluetooth標準のsbcでの接続となります。実際にスマートフォンに接続した際にも、apt-x認識はされず、sbcで接続されます。音質という点では、sbc特有の「音の全体域が薄っぺらく感じる」という特性はあるものの、ドライバー等の音響側で頑張っているのか、かなり低音重視の迫力のある音を出してくれます。尚、写真にある通り、日本における無線機器使用時に必要な「技適」も取得されており、技適マークの刻印も入っています。この点でも日本市場をしっかりと意識して作られており、安心して使用できます。本製品で一番驚かされたのがレイテンシ(遅延)に関してで、sbcという「確実にレイテンシが大きくなる」コーデックを使用していながら、動画視聴の際にはその遅延が無い、もしくは認識できない程に音を出してくれます。最初はなにかの設定ミス(使用ソフトが意図的に音を早めに送る等)かと思い、スマートフォンでのyoutube公式アプリの他、pcに接続してブラウザでの動画視聴、及びpc上にある動画でのテストも行いましたが、いずれも遅延を感じることがなく、リップシンク(喋っている口の動きと聞こえる声)がほぼ完全に一致しているというものでした。リップシンクのみならず、銃撃シーン等での発砲音も、「『パンッ!』という音が出るべきタイミングで音が聞こえる」という状況で、あくまでテストとしてゲームでもテストしましたが、やはり正しく発砲音が聞こえる状態でした。sbcコーデック使用でこれだけの低遅延を実現しているのは驚きです。尚、スマートフォンでsbcである事を確認はしたものの、「まさか、実はapt-xか?」と思い、メーカーに確認しましたが、使用コーデックはsbcで間違いないようです。この特性が環境依存ではなく、製品の特性であるとすれば、とても3000円クラスのsbcタイプとは思えないほどのコストパフォーマンスです。残念だった点としては、まず3. 5mmジャックが右側イヤーカップについていること。通常片出しタイプの有線ヘッドホンでは左イヤーカップ側から出すことがほとんどで、そもそも「モノラル機器をステレオ機器に繋いだ時は左耳から聞こえる」という昔からの暗黙の了解がある事もあり、ケーブルは左出しにして欲しかったところです。次に、パッと見ると「+・-」となっているボタンですが、スマートフォン接続時、このボタンを押すと「音量の上下」ではなく、「曲送り・前の曲に戻る」という操作が割り当てられている事です。押しっぱなしにする事で音量の上下操作は行えるようですが、これは逆に「一度押すと音量の上下、長押しで曲送り等」の挙動にして欲しかったところです。最後に電源のオンオフ時に関して、受話器マークの丸いボタンを長押しすることで電源のオンオフを行うのですが、電源オン時はともかく、電源を切る時に長押しをすると、bluetoothのペアリングモードに入ってしまい、その後電源が切れる、という挙動になっています。その際、「disconnect(切断)」→「pairing(ペアリングモード)」→「power off(電源断)」という順番にアナウンスが流れるようになっています。一瞬、ペアリングモードを挟んで電源が落ちる為、次回電源on時に必ずbluetoothのペアリングをしなくてはならないのかと心配になりましたが、一度スマートフォン等とペアリングを行った上で上記の流れで電源を落とした後、再度オンにすると、きちんと既存のペアリング機器と自動接続を行ってくれます。その点では手間もかからず、心配するような事でもない「慣れ」の範囲なのでしょうが、最初は少し不思議に感じるかもしれません。総合的に見て、音質面でもsbcながらかなり頑張っている事、またsbcとは思えないほど遅延を感じない事、よく見ると多少安っぽさを感じるものの、つや消し処理のおかげか意外と気にならない事などを踏まえると、非常にコストパフォーマンスが高く、良い製品に仕上がっていると思います。ケーブルの右出し等のネガティブはありますが、これらの点は今後のマイナーアップデート等での改善に期待します。「まずはとりあえず音楽を聴ければ良い」と考えている方には十分にオススメ出来る製品です。「とりあえず」のつもりで買ったのですが、「とりあえず」では済まないくらいの高い品質であった為、満足感は非常に高いです。.

海外ヘッドホンメーカーが生み出した空前の重低音ブームからはや幾年、ハイレゾの流行で『細かくきれいな音』が主流になってきている2017年の昨今ですが、当時芽生えた『mpow』というブランドは未だ健在なのです。作りはやや安っぽいところがありつつシンプルな構造で、ポータブル性が高いだけでなく、少しラフな使い方も出来ちゃいそうな親しみやすさがあります。肝心の音質は、そのガツンと来るブ厚い重低音。楽曲のリズムを最大限に楽しく伝えてくれる音像は、一過性のブームに囚われない低音の魅力をしっかりと感じさせてくれます。決して荒くないながら、中高音域は埋もれがちなところもありますが、このヘッドホンの本質はそういったところでは決して無く、かつての力強い低音に憧れていたあの頃を思い起こさせる、そんなノスタルジックな魅力のある1本です。 注目度 ☆☆☆☆高 域 ☆☆☆☆中 域 ☆☆☆☆☆低 域 ☆☆☆☆☆解像度 ☆☆☆☆☆遮音性 ☆☆☆☆装着感 ☆☆☆☆☆.

良く、サイトの端にブログのランキングとかが表示される。そこにこのヘッドホンの紹介記事がアップされていた。何となく読んでみると何となく良さそうなので買ってみた。安いから衝動買いというのが本当のところだ。一つには今度、旅行に行くので電車での車内の騒音対策にというのもあった。耳全体を覆えるイヤーカップで密閉式なので騒音には強い。音質はそこそこならと思っていた。箱はシンプルで意外に小さい。出してみるとこじんまりしている。頭へのフィットを考えてかスライド幅が大きい。軽いので頭に載せても首が疲れることは無い。最初、音を出して見るとはっきりしない音でがっかりする。低域はふわっとしていて芯は感じられない。ベースの音があいまいだ。中域や声の表現が割とクリアなのでこれは一安心。高域はそれほど伸びていないのかシンバルなどの響きに輝きが感じられない。ただ、聞き疲れしないのでテレビには向いている。ここまでは初めの1時間の印象。そのまま4時間ほど大音量でエージングしてから、聴き直すと低域のもやもやした感じは減り、相対的に高域もはっきりしてきた。意外とユニットの素性は良いようで音は化ける。音場は奥行きは乏しくボーカルを中心に左右に楽器が並ぶ。高級機だと前後の概念があるがそこまでは表現できない。若干、ノイズがのるようだ。多分、これは内蔵しているアンプの性能の限界からくるものだろう。とは言っても、3000円以下のワイヤレスであることを考えると出来すぎだと思う。じっくり音楽を聴き込むには力不足だがテレビを見たり電車内の騒音を耳に入れずに済ませるには十分な性能です。.

Fire tv stickを使用してamazonプライムビデオを鑑賞するのが目的で購入。fire tv stickのbluetoothで当機に音声出力しています。ベアリングはものの3秒程度で完了。音質は映画鑑賞として「プライベートライアン」を使用して試聴しました。・爆発音や銃声等は十分な低音が出ますので臨場感たっぷりです。・高音、中音もほぼほぼ満足がいくレベルです。・心配をしていた遅延による音ズレもありませんでした。音楽鑑賞として平井堅の「popster」で視聴。bluetooth接続。ボーカルの高音部分の広がり、クリアさにやや物足りなさは残りますが、及第点レベル。低音は十分満足。ケーブル接続も試みましたが、音質の変化はほぼほぼ感じませんでした。総評音楽鑑賞用途ではやや満足。映画観賞用としては満足できる音質です。この価格でこの品質は驚きです。お勧めします!.

使っていたオーディオテクニカのath-s100が破損してしまったので新しいものを探していました。ワイヤレスヘッドフォンは使ったことが無かったのですが、値段が手頃だったので購入。重量が多少心配でしたが、価格と耐久性を考えれば問題にならないと思いました。これから寒くなることを考えれば、すっぽり耳が隠れるデザインも割と嬉しい所。夏場の屋外などは暑そうです。個人的には、vita(pch-1000)で使えるかどうかが一番心配でした。接続も簡単に済み、問題なく使えているので非常に満足しています。音質やデザインなどに関しては全くの素人でしたが、これを機に多少オーディオ関連のアンテナを拡げておこうかな、とも思いますし、入門として選んで良かったと感じています。.

スマホで使用普通に使うと高音域が高くてシャリ音がイライラするくらい凄いけどイコライザーとウーハーのアプリを入れて同時起動すればお値段以上の価値はあると思う(ただしバッテリーの消耗速度がハネ上がる)後、開封したら箱が潰れていたので耐久性に不安ちなみにamazonの外箱は無傷と言った総評として星2です.

高評価なレビューが圧倒的なのでへそ曲がりな観点から少々…・さほどの高音質ではない(この価格では文句は言えないが)・操作性がいまいち(電源OFFの際にいちいちペアリング→ディスコネクト→電源OFFを経由するのが煩わしい)・頭が大きい者にとってはヘッドバンドがやや短い・ヘッドバンドが短いせいもありイヤーカップがやや小さくて外耳(耳たぶ)に触れる・初めてBT機器を使用するひとには説明書が不親切(約一か月後使用感)・接続が不安定になった(接続できないことが多くなったー三回に一回程度は接続不可)・ノイズがやや多い(音楽鑑賞には不向き、映画等では気になる程では無い).

コスパがいいと評価してる人がいますが音質は価格なりですメリットbluetoothと有線と使い分け可能値段が安い軽い13時間は充電もつので機能性は高いデメリット音質に特徴はなく100均イヤホン並み最小にしても音量が大きい安っぽい確かに安いのでそこまで文句はいえませんがどうせ買うなら高いの買っておけば良かったと軽く後悔してますヘッドホンなので細かいとこまで表現できる音質は欲しい.

高評価に水を差すわけではないですが、きちんと装着しても頭の後ろから抜けて落ちてしまいます。またちょっとでも頭を動かすだけでも同じ状態になるので、調整もできないのでやもえず返品しました。.

現実的に買える金額=3000円以内で、使い勝手が良く、音質の高い製品です。用途は、スマホでのスカイプ通話、音楽リスニング。ノートパソコンでのyoutube視聴、ネットフリックスにも使用しました。この製品はbluetooth接続の「ワイヤレスヘッドフォン+マイク」であることが素晴らしい。単なるワイヤレスヘッドフォンではなくマイクが付いているので、スマホで着信した際にそのまま装着している状態で通話ができる。頭に装着している状態で、早送り、巻き戻し、音量上下、ペアリングといった操作ができることはとても便利です。[ skype使用 ]windowsノートパソコンとandroidスマートフォンの両方で、スカイプ通話が可能であることを確認しました。bluetooth接続と有線接続の両方で可能でした。スマホとの接続で有線接続の際にマイクが使用できたのは嬉しい驚き。同梱されているステレオミニケーブルは3本黒線が入っているタイプなので、マイクフォンに使用することが可能。pcとの有線接続のでマイクを使用したい場合には分岐する必要があると思う。[ ネットフリックス ]ノートパソコンとスマホの両方でネットフリックス視聴が可能だった。コンテンツ保護されているものでもちゃんとbluetoothで聞くことが出来た。[ ポーチとケーブルが付属する ]収納ポーチがついてくるので外出時の収納に便利だ。ケーブルは充電用usbケーブルと有線接続用ステレオミニケーブルの両方がついてくるので何一つ購入する必要はない。[ 公称使用時間は15時間 ]一度の満充電で何日も使用することが出来る。[ 音質 ]エージング出来ていないのでまだどうなるかわかりませんが、繊細で解像感が高いと思います。キンキンするようなレベルではないので安心して大丈夫です。重低音を強くしたいという場合は、windowsでもandroidでもミュージックプレイヤーソフトで設定できます。よって、この製品のように繊細な感じが良いと思います。[ おすすめ度 ]この製品のライバルは、ゲーミングヘッドセットでしょう。この製品は大きくないので持ち運びが便利です。ゲーミングヘッドセットだと大きくて、しかも見た目がダサいのでこの製品のほうが良いでしょう。次に、有線接続でも使用できることが素晴らしいです。こうしたことから、マイク付きワイヤレスヘッドフォンでかっこよいもの、持ち運びが便利なものを探している人は、この商品をおすすめします。.

音量、操作性、重量などなど・・・可もなく不可もなく。ワイヤレスのヘッドセット=充電池、送受信機能、マイク部なども内蔵していることを考えればそこまで重いとは思いません。送受信距離は10mと書いてありましたが、付けたまま8mくらい離れてもちゃんと聞こえてました。一つだけ気になる点といえば・・・イヤーカフの回転の方向。もしくは回転の固さ(柔らかさ)ですね。装着時からそのまま首にかけたときに、内側が前に向くんですが、それはいいんです。回転が柔らかすぎて、装着したまま仰向けに寝転がると、回転して後頭部側にずれて外れちゃうんです。回転方向が逆か、回るときに少しカチカチッっと抵抗がある方がいいのではないかと思います。装着感などは他の方も書かれているように耳の周囲をイヤーカフのクッション部分で押さえるので、長時間の使用でも耳が痛くなることはないかと思います。.

ベスト Mpow ヘッドホン H7 bluetooth 4.0 密閉型 15時間再生 ワイヤレス ヘッドセット 40mm HD ドライバーユニット リモコン ・ マイク付き ハンズフリー通話可能 ブルートゥース ヘッドフォン ブラック 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.