Monster Cable(モンスターケーブル) Monster Turbine カナル型イヤホン MH TRB IE 【国内正規品】 – あれ、・・・・・

紛失と故障で3個目のturbineになります純正のイヤーチップの質は良くなく、コンプライのイヤーチップをつけるとノイズキャンセリングに匹敵するほど遮音してくれます。音質も低音は文句無くいいのですが全体的に篭った音です。beats ieと比較しますと低音は同等かturbineの方が若干良い程度です中高音は篭っている分だけturbineの方が悪く聴こえますが量的には同じくらいに感じます。ただturbineはbeatsよりも音量を上げなければ同じ音量になりません。サ行の刺さるイヤホンが大嫌いなのでこれ位篭っていた方が自分的にはいいので音質は満足してますがbeatsとの音の差が定価の差に表れてないようには感じています。 題名についてですが2本目のイヤホンは毎回ケースに入れ丁寧に扱ったつもりなのですが5ヶ月でイヤホンのジャックとコードの境で断線したようで左から音が出なくなり本体交換、メーカーの保障期間は長く、対応もすぐに新品を送っていただいたので安心していたら、送られてきたturbineは左の音量が明らかに足りておらず放置です。丸3年ちかく前に購入したmdr-ex700slがまだ現役なのを考えるとタフネスに欠けると思います。 デザインはいいですからbeatsがいいなと思ったけどまわりの人とかぶるからと思っているような方なら今なら値段差もあまりないのでいいかなと思います、ただ扱いには慎重に.

クラブ・ダンス系音楽(dnb、hardcore)を好んで聴き、djもしている者です。元々ath-pro700というヘッドホンでリスニング・djをしていたのですが、ヘッドホンのポーダブル性の低さに頭を悩ませていました。しかし、私はイヤホン独特の中途半端な高音が気に入らなく、同社のbeatsや、shureのフラグシップなども好みに合いませんでした。そんな中、このイヤホンに関してはイヤホン独特なそれがなく、気づいたら恋に落ちてました…。現在はリスニング・dj共にこちらを使用しています。自分はあまり音質オバケで無い上、上記の通り私はかなり変なこだわりを持っているようですが、一応自分なりに音質についてもレビューします。低音は締まっていて、まさにサブウーファーのよう。今までath-pro700、ma-15d、mdr-cd900st等で聴いたことのないところまで見えました。あまり比較していないのでわかりませんが、クラブのような音が出ているのかな…?要検証。中高音に関しても前述のとおり、イヤホン臭くなく、ヘッドホンのような音を出してくれます。耐久性に関しては、1年ほど割と荒い使い方をしていますが、未だ断線・接触不良ありません。今まで使っていたのがローソン100のイヤホンやrp-hje150だったので、結構感動しています。turbineやmonsterのロゴマークは半年ほどで剥げました。また、青/赤い線のあたりからユニット部分が分離してしまうことが一度ありましたが、瞬間接着剤でなんとかくっつけました。これって音質的にまずいんですかね…外見に関してなのですが、単品で見ると金属感のあるスマートなイヤホンなんですが、自分で装着して鏡を見てみると、想像以上にチャラいです。ここ注意。総合的に、満足度は高いです。★x5。私のようなイヤホン嫌いの人にこそおすすめしたいイヤホンです。試聴できる家電量販店も多いので、是非試してみては如何。.

低重音の響きはそこそこ良いです。深みもあって、流石モンスター、という感じ。しかし、説明には「ウーファーが入っているような」とありましたが、そこまででは無い気がします。中高音は形状から想像できる通りとても滑らかです。シャキシャキしていて、かつ耳に馴染むような音なのでとても気に入っています。ただ、高音はイコライザをかませないときちんと出てくれない…気がします。勿論値段相当のハイクオリティな音は出してくれるんですが、もう少し高音が出てくれてもいいと思います。まだエイジングもきちんと出来ていませんが、今後が楽しみなイヤホン。p. S個人的にはv-moda的なキンキン来る高音が好みなので、☆は4つにしました。.

Goldかこのtrbで迷いました。音質の面もありますが、とくに付属品とかで。goldの方は、ポーチが2つ付いてくるみたいですが、trbの方はポーチは1つしか付いてこないというレビューをyoutubeで見ました。それと商品紹介写真からわかるようにgoldはl字プラグでtrbはストレートです。ストレートだと断線しやすいのでgoldがいいと思っていたのですが、なにせ、高いのでやっぱりtrbにしました。私は、soundhouseで買いました。届いた箱を開封してみると、なんとポーチが2つ付いていました。もともとamazonの商品紹介写真では2つ映ってますが(・・;)それからプラグもストレートではなくl字でした。うれしい誤算もあって大変満足しています。素人耳で申し訳ないですが音質に関しても少しレビューさせていただきます。エージングはまだ2日ぐらいです。以前使っていたaudio-technicaのckm55と比較してまず、低音の量が違う。monsterではcomplyのイヤーチップを使っていることもあるのですが。なのでサブウーファーとは言えませんけど迫力は増しています。ただ、スピーカーと比べると低音は体(腹?)で感じたりもするので迫力は負けますが。それと、高音もしっかりと主張してきます。これが伸びというのかはわかりませんが、私はこっちの方が好きです。ckm55はクリアーという印象に対してtrbはズッシリ華やかという感じでした。あと、ckm55から乗り換えようと思った理由は、音の分離と低音がほしかったからです。低音は満足なのですが、音の分離は思っていたほどではなかったです。ヘッドホンはath-m50を普段使っていまして、すごく音の分離がよくこのくらいのイメージをしていただけあって流石にがっかりでした。しかし、よく考えると同価格帯のヘッドホンとイヤホンの音の分離が同じなわけないと気づきました。なので、買って後悔はなく、むしろ満足しています。わかりにくいレビューですみませんが、参考になれば幸いです。.

音質に関しては申し分ないです。ただジーンズのポケットに入れて歩いてたらすぐ断線しました。もうちょっと頑丈に作ってほしかったです。.

低音が素晴らしいです。締まった音を出します。かといって、中音、高音もクリアになります。なにより、全体的な音の広がりと厚みはさすがです。エイジングでどう変化するのか楽しみです。.

現状のウォークマン(xシリーズ)付属イヤフォンの低音域の音に満足できず、このイヤフォンを購入コノイヤフォンに使われているケーブルの品質は言わずともがなw【良いところ】・低音域が非常に綺麗に、よく出ているお陰でサブウファーで流すような 音色になり、音に深みが出ている。・エージングが完了した現在では、購入当初にくらべ、 高音域の音も程よく出ている。・全体的に低音よりだが、個々の音域のバランスが良く出てている。・mh beats ie by dr. Dre に比べ低音の品質は値段に見合って上で、音の品質の非常に良好【もう少し改善して欲しいところ】・高音、低音共によく出ているが、中間の反響音が少し足りない気がする。(個人差アリ)・音圧が低めなので、ボリュームを少し上げて上げないと、ウォークマン付属のイヤホンよりも、 人によっては少しボーカルが引っ込んで聞こえる私の全体評価を5段階評価で☆印で表すなら、*高音域☆☆☆☆*低音域☆☆☆☆☆*中音域☆☆☆という感じでした。以上.

ギター好きなら皆知っているあの『モンスター・ケーブル』が作ったこのイヤフォン。持ってみるとイヤフォン部分が非常に重い。シングルドライバー・ダイナミック型でありながら、音の広がりが素晴らしい秘密はここにあると思える。右が赤、左が青と識別もし易い。開発者はnoel lee。パッケージのインナーにこう記している。life is too short to listen to bad headphones. なるほど。同じモンスターケーブルの『beats ie by dr. Dre』に比べて、高音域の広がりが素晴らしい。具体的には楽器がクリアに分離し、エコーのかかり具合まで分かる。この『turbine』系列には『monster cable miles davis tribute mhmldie2』というものがあって、まだ『未試着』だが、電化マイルスをこのイヤフォンで聴くと凄い。ヘットホンやイヤフォンは今や持ち運び可能なオーディオ・セットで、色々な組み合わせで音楽を聴くのはとても楽しい。.

利点と欠点

メリット

  • これがうわさのモンスターか。

  • イヤホン嫌いな人にこそオススメ

  • 当たればいいです

デメリット

装着時ポジションかなりシビアです。ベスポジ前提で(当たり前ですが)評価します。 低音イヤホンですが、中高音はちゃんとでてます。ドンシャリではなく低音強めで中高はバランスよく乗ってる感じです。引っ込んでる部分は特にないかと。音色的にはあまり癖もなく、なかなか品良く、圧力もそれなりに感じられる。全体的にバランスもよく、悪い点は特にない・・・と言いたいんですが、最大の癖が音場。とにかく狭い。というかほぼない。私は普段音場全く意識してないのにこのメーカーのイヤホンは全部違和感感じる程に狭い/ない。まさに耳元でなります。奥行きとか立体感みたいなものがない、と感じる。ただ、不思議なもので打ち込み音源はノリ良く音も厚みを持って聞こえる。オーケストラとかはペラッペラで立体感ないからすごく不自然だけど・・・何故か音のバランスはいいせいか聞いて聞けない事はない(積極的に聞かないけど)。ジャンル問わず何でも聞く人には絶対的に勧められないけど、偏った聞き方をしている人や、サブ機として持つならベスト&使い分けする気になるイヤホン。装着感・音場に非常に難点があるので、試聴は必須と思います。〜〜追記〜〜電車中だと低音強めでバランス良く聞けるけど、家の中だとさすがに出過ぎだった(笑)中高音に被るぐらいでる。外使いとしてのが好印象です。まぁ家の中ではイヤホンってあまり使わないとは思いますが・・・〜〜さらに追記〜〜別売のスーパーチップでちゃんとサイズが合えば一番良い聞こえ方します。ただしチップは他のメーカーに比べると少し大きいのでサイズ選び注意です。.

たまたまイヤホンを探していて見つけました。モンスターケーブル?知らないなぁ、しかも高っ!って気になったのでネットで調べたらそういうことだったのね。でちょっと迷いましたが、どうせならって思いきって買ってみました。ビーツやれコラボものやれありましたが、デザインとイヤーピースが変えれるところが気に入りました。素人判断ですがしっかりした低音、しかし品がないわけではないし、中高音も、のびもよく、結構ボリュームあげても音漏れしないので満員電車にも持って来いです。ただクラシック向きというよりかダンスミュージックやロック向きかなぁと思います。あとこのブランドって壊れやすいとか断線しやすいって聞きますが、自分のは半年以上使ってますが(結構扱い乱暴な方だとおもいます)大丈夫です。.

低音はたしかにでますが正直これを買うならAKGのIP2を買ったほうが音もコスト面も得します。このイヤホンは買って3ヶ月で断線しました。中途半端な機種をかうならゼンハンザーのIE8を買いましょう大変満足できる機種です。.

このイヤホン普通に偽者でしたこのイヤホンを買うんだったら300円ぐらいのイヤホンの方が断然いいですね。.

特徴 Monster Turbine カナル型イヤホン MH TRB IE 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • イヤホンではなくスピーカーと名付けられた迫力のサウンドを体感
  • ジャンボジェット機のタービンエンジンをイメージした8mm径ハウジングから出るサウンドは、まるでサブウーファーがあるかのような低音を演出
  • ケーブルには正確な信号伝送を追求した導体「Micro Strand」を採用。さらにMONSTER CABLE社の特許技術”Flux Tube”を用いて、磁気を持つチューブ状のケーブルを加えたことにより、より自然な再生音を実現
  • MONSTERは1979年、エンジニアでもあり、ミュージジャンでもあったノエル・リーによって設立。ケー ブルメーカとして世界中のAVファンやミュージシャンを魅了し、2008年よりヘッドフォン事業に参入。
  • ・重量約20g ・コード長1.2m ・付属品 ソフトイヤチップ、3フランジイヤチップ、ケース

メーカーより

MONSTERは1979年、エンジニアでもあり、ミュージジャンでもあったノエル・リーによって設立。ケー ブルメーカとして世界中のAVファンやミュージシャンを魅了し、2008年よりヘッドフォン事業に参入。満を持して発表されたインイ ヤー・スピーカー「turbine」は多くの音楽ファンを唸らせ、その後もマイルス・デイヴィスやアパレルブランド 「DIESEL」などの画期的なコラボモデル を次々と発表し続け、世界中から注目されるトップブランドとなりました。

世界中で賞賛されたmonster定番モデル

「イヤホン」ではなく「イヤースピーカー」を目指したこの迫力をぜひ体感してください

ジャンボジェット機のタービンエンジンをイメージした8mm径ハウジングから出るサウンドはまるでサブウーファーがあるかのような低域を演出してくれます。

ケーブルには正確な信号伝送を追及した導体「Micro Strand」を採用。さらにMONSTER CABLE社の特許技術“Flux Tube”を用いて磁気を持つチューブ状のケーブルを加えたことにより、自然な再生音を実現。

イヤーピースに、耳の奥に差し込みより遮音性を高めた3フランジイヤーピースが付属。さらに専用ケースまで付いています。

ベスト Monster Turbine カナル型イヤホン MH TRB IE 【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.