Mogura VR 【国内正規品】bionik Mantis PS VR(新型/旧型) Lenovo Mirage Solo 対応ヘッドホン HMD一体型 クリップ式取り付け オープン型 PS4/PS4 Pro Daydream(BNK-MNT-PSVR) – 使いやすかったです

PSVR本体に取り付け式なのでストレスフリーで使用でき気に入りました。また白い部分のアームの可動範囲がそれなりにあるので装着後の調整も容易です。音質は悪くはないのですが同価格帯のヘッドホンと比べると…個人的にはいい買い物をしたと思いますしPSVRを便利に使いたいという方にはお勧めです。.

 良い点:・psvrに装着した状態の一体感・音が値段の割には良い ここが今一つ:・本品を装着したままでpsvrを被ろうとすると、本品が邪魔で被りづらい。 ※本品を広げながら被る必要があるが、psvrの後頭部側も広げながら被るので…・ケーブルが絡み合ってしまうのを防ぐ為、ケーブル長が最低限の長さになっている。 確かに絡み合うことはないが、これも装着しづらさを助長している。 例えば左右2本ケーブルの長さに余裕を持たせれば、まだ被りづらさを軽減できると思うのだが。・耳に装着するというよりは位置を確認しながら近くまで持っていく作りなので、耳への装着感がない。 psvr付属のイヤホンよりは確実に音が良いですし、一体感あるデザインは他に無いものですので、装着した際のpsvrの被りづらさだけ惜しいと感じました。  .

Psvrにoculusのヘッドホンを追加するようなデバイスです。他のヘッドホンにはないメリットとしては・スピーカー部分は耳へ触れているだけで締め付け等無いので負担少ない・psvr本体が頭からズレない限りはどんなに頭を振ろうがヘッドホンもズレない・psvr着脱時にヘッドホンとの着脱順を気にしなくて済む・psvr本体とのデザインの一体化使い勝手に関しては他のイヤホンやヘッドホンでこの商品に勝るものはないでしょう。本体を装着する際の精神的なハードルや、長時間使用時の身体的ストレス軽減に大いに役に立ってくれます。デメリット・ケーブルが短い・スピーカーが耳にふんわり乗っているだけなので周囲の音が丸聞こえ・音質がamラジオ程度ケーブルはせめて後10センチくらい長いと着脱がしやすかったのではないかと思います。周囲の音が聞こえる、というのは人によってはメリットと感じる人も居るのでしょうがvrで使用するにあたっては没入感の妨げにしかならないので個人的には完全にデメリットです。そして、とても褒められたものではない音質。高域は耳ざわり、中域はざらつき不明瞭、低域はスッカスカです。正直100均のヘッドホンでももう少し聞かせる音が鳴ります。ゲームに使用するならこれで充分、なんて意見もありますが、音もvrの没入感を高める重要な要素です。鳴っていればいいってものではないと思います。目の前にいる人物にラジオから聞こえてくるような声で語りかけられてリアルに感じられる訳がありません。5000円程度ならまあこんなものか、となるかもしれませんが、1万円という価格帯でこの音質は非常に残念です。装着性はよいので金返せ、とまでは言いませんが、コンテンツによって今までのヘッドホンに戻すこともありそうです。.

ワンタッチで取り付けられ、装着や調整も楽。音質もゲームをやるのには申し分ない感じです。他の方が書かれてるケーブルの取り回しについては、結束バンド数本と、20cm程度の延長ケーブルを使って本体ケーブルと一体化させる事で解決します。.

Psvrもマイナーチェンジされ、ヘッドフォン周りが改善されましたので、旧型所有者としてもその辺りの使い勝手が少しでも良く出来たらいいなと期待して購入しました。取り付けも楽で見た目もいいですが、耳の位置の個人差のせいが、いまいちピッタリとフィットしません。上下の位置調整も出来るようにはなっているのですが、普段から比較的ヘッドマウントを浅く被ってるせいなのか、一番下まで下げても若干耳に届いてる感じが得られません。かといって、いつもより深く被ると今度はピントが合わなくなるので、フィット感を求めるのは諦めました。あと、回転軸があって、スイングするように前後にも耳当て部分が動かせるのですが、軸の部分の動きがとても渋く、プラスチックの擦れる音が鳴る為、耳元ということもあり、なにげに不快です。この辺りももう少しなんとかならなかったのかという感じで、値段の割には細部に安っぽさを感じます。音に関しては好みがあるのかもしれませんが、正直標準添付されてるヘッドフォンのほうが臨場感を感じられるように私は感じました。ケーブルの取り回しは、スパイラルチューブで、ヘッドマウントの信号ケーブルとヘッドフォンのケーブルを、ヘッドフォン端子付近から一緒に巻くと、ケーブルがばたつかず多少被りやすくなるかと思います。全体的な発想は良かったと思うのですが、細かいとこで詰が甘いところが残念ですね。ということで若干低評価となりました。.

音は人それぞれ好みが別れるとは思いますが自分には合いませんでした。映画、ゲーム、youtubeでミュージックビデオやlive映像などで数種類のイヤホンで聴き比べてみましたが3000円のイヤホン並みにしか聴こえません。音がスカスカです。純正イヤホンのほうが低音が効いてて迫力があるように思いました。没入感や爆発音、銃撃音など迫力が欲しいときには物足りないです。普段は1万円クラスのイヤホンを使ってますが同じ価格帯と比べるとガッカリしてしまいますね。良い点もあります。専用設計耳の圧迫感が無くて疲れないsonyがチューニングして販売してほしかったな。この商品を試聴できる機会は無いと思うので自分のように好みの音質でイヤホンを使っている人はよく考えてから買うのがいいんじゃないかと思います。.

オーバーヘッド型の普通のヘッドフォンは、その圧迫感と蒸れのため苦手なので、psvrを入手してしばらくは手持ちのインナーイヤー型のイヤホンを使っていました。しかし、これだと外音がほとんど聞こえなくなってしまい、家族持ちの身としては視界と聴覚の両方を完全に遮断される危険な状態(笑)となってしまう上、両耳からのケーブルとpsvrのケーブルが錯綜してしまい、脱着がとても面倒でした。何かこれらの問題の解決策を探していたところ本品を発見したので、さっそく購入してみました。外観や作りは、psvrに合わせたデザインのせいか、オモチャっぼく、結構な値段のわりには安っぽく感じます(psvr自体がそういうデザインなのでしかたありませんが)。しかし、実際に鳴らしてみると意外と良い音質で、ゲームには充分な感じです。可動範囲も広く、いちいち別のヘッドフォンを装着することと比べたら圧倒的に便利です。しかし残念なことに、せっかくここまで作り込んでいるのに、ケーブルの取り回しの利便性はまったく考えられておらず、ただ左右のスピーカー部分にy字の:ケーブルが繋がっているだけで、使用時にもpsvr自体のケーブルと絡まってとても邪魔です。うまいことヘッドセットの上側でケーブルをつないで、左側にある本体のケーブルに沿わせて邪魔にならないような作りにして欲しかったところです。とりあえず私は、右側のユニットからのケーブルを無理矢理ヘッドセットの前方上側を伝って左側に持って行き、そこから他のヘッドフォンに付いていた短いステレオミニジャックの延長ケーブルで本体ケーブルにあるヘッドフォン端子につないでみたところ、見栄えは悪いですがとりあえず取り回しは大分良くなりました。このケーブル問題と、作りのわりに価格が高いように感じるので★1つ減点とさせていただきましたが、それなりに高音質で利便性は高いので、一体型に魅力を感じられる方にはお勧めできます。.

日本での購入はちょっとお高めですが、psvrをプレイするならばこれ以上のヘッドホンはないんじゃないか?と思うほど親和性があります。音質等を言えば不満はありますが、とにかく使いやすい!!自分はイヤホンを長時間付けていると、耳が痒くなってしまうのですがマンティスを使用するようになってから、一切痒くならず更に没入感が増しました。psvrはゲームだけでなく、映画を観てもまるで映画館にいるような大画面で鑑賞できるので、ヘッドホンは必須ですよ。.

利点と欠点

メリット

  • 音質は充分。ケーブルの取り回しに改善の余地はあるがヘッドフォンが一体化するのは便利。
  • 見た目はよくなりますが
  • 使いやすかったです

デメリット

ヘッドセットと一体化するため、ヘッドフォンを装着する手間が省けるのは便利です。.

純正ぽいデザインでカッコ良く、軽量の設計で邪魔にならず、寝ながらプレイでき 音にこだわらない人なら おすすめです。.

初期型のpsvrを使ってますが、本製品を使うことで着脱がかなり楽になりました。工具なしにつけられて、扱いやすくていいですね。配線をすっきりさせたい場合、30~50センチ程度の延長ケーブルをつなげて結束バンドなどを使えば、よいかと思います。完全に耳を覆うわけではないのと、音質は人によると5千円レベルみたいなところがあり、もう少し縦方向に伸縮できればなお良かったですが、とにかくつけやすくなってかなり快適なので、個人的には大満足です。.

正規輸入だし、製品の特殊性から在庫リスクとかもあるのかもしれないが‥米国で買って送料を込みにした金額の2倍ちかい価格はボリすぎかな、と。音が安っぽいというレビューもあったが、当然だと思う。今の価格を半分にしてvr専用の取付具の設計、製造コストを引くと‥感想通りの価格になる。ちなみに米国では耳当てを大きくするオプションも売られている。このあたりは素晴らしき米国amazonで購入可能。国内正規品のメリットはというとサポートなわけだが、スピーカーやヘッドホンでサポートの必要な状況がどこまで発生するか?また、大手でサポート体制が整った代理店でもない場合に、どこまでのサポートがあるか?そんなところかなと。私自身は米国育ちでそのあたりは平気なので。最近はスマートリモコンとか、国内の販売業者がボリまくってるのが多すぎる。.

特徴 【国内正規品】bionik Mantis PS VR(新型/旧型) Lenovo Mirage Solo 対応ヘッドホン HMD一体型 クリップ式取り付け オープン型 PS4/PS4 Pro Daydream(BNK-MNT-PSVR)

  • インピーダンス 16 OHM
  • 再生周波数帯域 90-18000 Hz
  • 対応製品:PlayStation VR(旧型・新型)
  • ドライバーユニット 40 mm
  • インターフェース 3極3.5 mmステレオミニプラグ

米国ゲーミングブランド「bionik」がおくる、PS VR(新型/旧型) / Lenovo Mirage Solo 対応一体型ヘッドホン「Mantis」

「Mantis」はVRヘッドセットの形状に合わせて設計されたヘッドホンで、PS VRとLenovo Mirage Solo with Daydreamに対応しています。VRヘッドセットの装着時間の短縮と快適な長時間のVR体験の両立を可能にします。ヘッドセットのヘッドバンドにクリップで取り付けるため、各々のプレイヤーの耳の位置に合わせて自由に調整することができます。新型・旧型の両方のPS VRに対応しています!(PlayStation®オフィシャルライセンスプログラム申請中) ーーーーーーーーーーーー ● コメント(敬称略) ーーーーーーーーーーーー “この手のヘッドフォンは音が薄い感じがするのですが、Mantisは結構しっかりとした音がでます。PS VRと一体型にできるのもいいですね。” 水口 哲也 – Tetsuya Mizuguchi(レゾネア株式会社代表、米国法人Enhance Games CEO) ーーーーーーーーーーーー ● メディアレビュー ーーーーーーーーーーーー “MANTISが真価を発揮するのは、体を動かすVRゲームのプレイ時や、横になってVR映像を見たいシチュエーション。特に横になっているときは、ヘッドフォンが自重で下がってきたり手で直したり面倒だが、MANTISはPS VRと一体化するので姿勢に関係なく基本的にズレない。” AV Watch

Lenovo Mirage Solo with Daydream への装着も可能!

2018年5月発売のスタンドアローン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」に取付けることができます。 MantisとMirage Soloの組み合わせによって、VRヘッドセットの取り回しやすさが格段と進化を遂げました。ヘッドセットを装着してすぐにVR体験を楽しむことが可能です!

PlayStation VRをより快適にプレイすることを目的に設計。PS VRユーザーの要求に高い次元で応える専用ヘッドホンです

わずか122グラムの軽量!より快適なVR体験を 長時間のプレイでも耳の疲れを軽減させる軽量とフィットするデザインを追求。迫力の3Dサウンドを堪能できます。

ケーブルとヘッドホン装着の煩わしさを解決 HMD一体型の形状を採用することで、ケーブルが複雑に絡み合ってしまう問題や、HMD装着後にヘッドホンをさらに装着しなければならない煩わしさを解決。

クリップでカンタンにHMDに取り付け ヘッドホンの装着位置やパッド部分の調整も簡単。PS VRで今までよりも没入的なVR体験を可能にします。

ベスト 【国内正規品】bionik Mantis PS VR(新型/旧型) Lenovo Mirage Solo 対応ヘッドホン HMD一体型 クリップ式取り付け オープン型 PS4/PS4 Pro Daydream(BNK-MNT-PSVR) レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.