Kinboofi KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 – KZの良さが凝縮された一本

【概要】次から次へと新作を発売しているkz社の最新(?)イヤホンになります。バランスドアーマチュア型ドライバー1基(高音)、ダイナミック型ドライバー1基(低音)、合計2基を片側に搭載しています。金属製でとてもアンダー3000円とは思えない高級感あるイヤホンです。【音について】最近のkz社イヤホン全般に言えますが箱出しでも充分よい音です。ダイナミックレンジは満足出来る程には確保されております。一言で言うと弱ドンシャリ系。高音はキラキラ感がありますが刺さりません。しっかりしたレスポンスのよい低音。音場は広くはないですがヴォーカルは近めに感じます。これでアンダー3000円かと、感嘆してしまいました。【使用方】コストを考えれば文句無しですが、ケーブルはリケーブルした方がいいかなと思います。またイヤピースも自分に合うものに交換すれば更によい音で聴く事が出来るかと思います。【総論】アンダー3000円でなら現在無敵のイヤホンはこれだ!と自信を持ってオススメできますね!.

すぐに外れてしまいます。幸いリケーブル用のケーブルがあり、そちらはすぐには外れないようです。他の方のコメントにはないので、個体差なのでしょうか??.

音質はとてもよく満足してるのですが、ケーブルと本体が外れやすいですハズレを引いたんですかね….

ここ最近のKZの新作で湧き上がってますが、どれを買うか・・・いっそ全部か悩むと思います。なんでそんな何本も必要なの?wって思われるでしょうがまぁ同志はゾンビの様にイヤ沼を新たな音を求めさまよい続けます。まぁ脱線した話は置いておいて、私的にはこの金属筐体のZSAは注目株でした。ZS6の金属筐体の見た目に惚れ惚れしてたので、エントリー価格で出てきたZSAは見逃せるはずがありません。箱が届いてさっそくご対面。1つ目、ちっさっ! 筐体がデカ目だったKZのイヤホンでしたが小さい!今まででかくて使いにくと思っていた方でも使いやすくなったのではないでしょうか。2つ目、金属筐体で質感も良く、価格以上の満足感が得られます。赤黒のツートンカラーもカッコいい!3つ目、ケーブルが良くなった、これに関してはZS10やES4と同じくゴムゴムのケーブルからブラウンのツイストケーブルにかわりそのままで追加購入しなくても使える為このイヤホン良いぜって友人におすすめするにも良い一品(最近の物でED16は残念ながらゴムゴムらしいです・・・)あとはイヤーピースですが、これはフィット感や音質で個人で使いたい物があるので、ほぼ交換前提なので問題ないかなーと思います。毎回交換してますが、ZSAはイヤモニの形をしてる物の小さいので耳にはめてガッシリというよりはイヤーピースで安定させて装着するのが正しそうです。今回ZSAにはスピンフィットのダブルフランジの物を選んで使用してます。そして肝心の音は箱出しですが、箱出しからKZらしい楽しい音を聴かせてくれます。他のプラスチック筐体にはない金属のよさであるキレがあり心地よく音楽が聴けますZS6のようなキンキンな高音ではなく、とても聞きやすく普段使いに良いイヤホンです。(ZS6はたまに違う刺激が欲しいときに使います)最近の物ではED15の音質が良いと思われた方であれば、さらにリケ―ブルや耳に収まる(はみ出ない)物に変わったと考えて良いと思います。最近のKZはイヤホンの出来が良く以前のZSTなどであった付いてたイヤピを取ったらステムのメッシュがいきなり取れるとかケーブルのピンが刺さらないもしくはゆるくて抜けるなどの不良を心配する必要性がなくなりました。安心して購入できると私は思います。今も過去の機種は販売されていますがなるべく新機種のほうが良いでしょう。ですが不良が全くないってことも無いので、その時は販売者に連絡を取れば問題ありません。過去に数回不良対応していただいたことが有り安心ですよー。.

音質は真面目に出てくるが、僕にはレンジが広いのに音が瘦せて聞こえて、まぁまぁでしょう。タブレットで聞いているがtablet本体の音質をさらけ出す力はあります。中華タブレットとは相性が悪いです。アップルだと低音も豊かになり、音楽が鳴りだします。要は音声回路のインピーダンスが低いからでししょう。間違い易い言い方ではf特が広いからです。.

いままでいろんな中華イヤホンを聞いて来ましたがこの価格でこの音とクオリティーがだせるようになるとは凄いですね…筐体の作りもかなりしっかりして安っぽさはありません音は若干サ行が刺さり前のドンシャリです、音の抜けが悪かったりはせずとてもクリアな音でした3000円でハイブリットが買えるとは恐るべし中華といったところでしょうか高級イヤホンをメインで使いサブでイヤホンを持ちたい方にもお勧めできる商品です.

タイトルどうりです。個体差なのでしょうが片方が微妙に高音が出ていない。イヤーピースのはまり具合のせいかと思っていろいろ試したがどうも違う。微妙な違いなので気にならない人もいるかもですが。コスパ最高なんだけどなぁ。今回は残念でした。.

Zs5/6と持っていて、zsaも気になったので購入。zs5/6のように大きくなく、違和感なく装着できて、尚且つ独特の刺さりも少なく感じます。気になった点は、付属ケーブルのイヤホン側のコネクタがl字になっていて、フィットしにくかったのと音量がとりにくかったことです。総合的に見て、この値段なら十分の性能だと思いました。.

利点と欠点

メリット

  • 小っこくて綺麗なハイコスパイヤホン
  • かなり好みです
  • KZの良さが凝縮された一本

デメリット

数ヶ月前に購入しましたが、今更ながらレビューを見てみると、どうやら自分の元には不良品が届いてしまっていたようです。本体の右の方にケーブルがしっかりとはまらず、使っているとすぐに抜けてしまう状態です。左側のケーブルを差し込んでもはまらないので、どうやら本体に問題があるようです。kzシリーズは音質はとてもいいのですがやっぱり不良品が気になりますね。.

音離れが良いのか中高音を中心に音場は広め、ボーカルは明瞭で聞き取り易くクリアーで明るめな味付け、ポップスや電子音楽を聴くには適していると思うが、反面低音は不足めでしっとり感はないのでクラッシック等には向いていないと思う、カシャカシャ感やドンシャリ感は無いので2000円台にしてはよく鳴らしていると思う。さて☆2つの理由はケーブル。他の人のレビューにもあったが、よく外れる。商品写真ではコネクト部分が凸ていてすっぽり嵌っているが、マイク付きを注文したのだが、付属していたケーブルはピンの手前が平べったくピンだけが刺さる仕様、首を回しただけでケーブルが外れる。接着剤かグルーガンで固めないと使い物にならない、さすが中華Style!!これから注文する人はマイクなしを注文すれば写真通りの商品が届くのではないかな?*付属していたケーブルは付根に二本線がありes4用と思われます.

試聴は「松任谷由美」で行いました・・・結論から言えば、気が付けば試聴の積りで聞き始めたアルバムを聞き入ってしまい、結局は試聴にならなかった。それほどに音楽を聞かせてくれるイヤホンでした。バランスは心地よいドンシャリ型と聞き取れましたが、ボーカル帯域も馬鹿には出来ない、ただし聞き始めたばかりなので音が団子になる傾向が有りましたが、これはエージングが進むと解像度と透明感と言う面では解消されて来ると思われます。*これは私の個体だけなのかも知れませんがケーブルとイヤホン本体の環濠がゆるく、気が付けばケーブルが抜けてしまうと言う現象が起きています。試聴時はケーブルとイヤホン本体をテープで固定して試聴していました。.

Kzのiem型ハイブリッドイヤホンは、1ba+1ddではzst、es3、es4などがありますが、zsaは末っ子になります。本体は加工精度が高いアルミ製で高級感があり非常に小さいため装着感もよいです。女性の方も装着についての心配は不要でしょう。ケーブルはofc素材と思われる線材の編み込みのため、柔らかく装着感や収納性が高いです。従来モデルはゴムゴムケーブルだったため別途リケーブルが必須でしたが、本モデルはリケーブル不要なためトータルコストは安く済みます。イヤーフック部の針金は装着の都度調整が必要なため針金が無い方が装着感がよいです。チューブを美容用の細いハサミなどで針金が出るまで切り開いて、針金の端をペンチ等で掴んで引き抜くとよいです。針金を引き抜いた後、チューブ部分をドライヤーなどで熱するとカーブ形状に記憶可能です。音質はkzらしくキラキラ感とクリア感のある分離の優れた音です。中音域〜高音域はes3とほぼ同等ですが音場はes3より狭いです。低音域は、ddドライバが先の機種より小さくbaドライバの真後ろに配置されているためか、締まりがあるものの沈み込みや躍動感はやや乏しいです。eqで低音域を上げるとダマになってまとまりのない破綻した音になるため、ddドライバの限界性能は低いようです。kzのddドライバはいずれもエージングが必要なため使用につれて低音域はある程度は改善されるとは思います。1ba+1ddで、見た目に拘るなら本モデル、音質を取るならリケーブルが必要ですがes3をおすすめします。本モデルはそのまま使用できるカジュアル向きと思った方が良いと思います。とは言え、メジャーメーカーのイヤホンと比較すると圧倒的な高音質ですので反則技と言えるぐらいコスパは非常に高いと思います。.

先程受け取ってすぐに開けてガッカリしました。ケーブルを本体に接続する際に、ケーブル接続付近の黒いパーツ部分がイヤホン側の溝よりも大きい為奥までしっかりとはまらないです。他の方のレビューにも、ケーブルが入らないハズレ品があると書かれていて若干不安ではあったのですが、まさか本当にハズレ品が届いてしまうとは……正直残念でしかありません。返品も含め検討しようと思います。音質・使用感以前の問題ですので、最低評価としました。これから買うか迷っている方はハズレ品が届く可能性もあるのでご注意下さい。.

見た目は思った以上に小さく、またしっかり作られてるという感じがしますただ、音はなんか軽すぎる感じ…また、個人差あると思いますが装着感が良くないです.

Kz社のイヤホンでリケーブルできるタイプでは久しぶりにzs6以来となるような元気系のサウンドです。zs6やed15等に近い、高音域の派手さと強めの低音で楽しく聴ける音のバランスに仕上がっています。高音の刺さりはあまり無くキラキラ感で言うとzs6の方が強いです。低音と高音域が強めなので、ボーカルが少し下がった感じもありますが、ドンシャリの楽しい音が好きな方にはめちゃくちゃおススメです。本体も小さく、作りもしっかりしていて安っぽさもありません。最近のzsシリーズで一番のオススメです。.

はじめての中華イヤホンはどれにしようかといろいろ探していましたが、kzの新商品ということでこちらの購入を決めました。装着して聞いてみると男性ボーカルの声がイマイチ聴こえにくい印象でしたが、イヤーピースを変えるとガンガンとパンチの効いた音になりました。大きい音量だと違いが出ますね。付属のケーブルは数珠みたいな色で、ビニール臭がします。他の方が指摘されてたようにコネクタの角度が付いてないほうが良かったです。2pinのコネクタは簡単にはまりました。ケーブルは一緒に買った8芯のものに変えたら、装着感が上がりましたので交換もオススメです。.

Kzのイヤホンはzst zsrと購入してきましたが、zsrについては長時間装着すると耳が痛くなり使わなくなっていましたが、zsaが発売されると聞き購入しました。届いて、箱を開けてまず思ったのが筐体のサイズです。kzのイヤホンでリケーブル出きる中では一番の小型サイズで最高です。箱だし直後の音に関しては、低音が結構出ていますがしつこすぎない程度で低音よりのドンシャリイヤホンだと思います。.

特徴 KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 Kinboofi (ブラック マイクなし)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【ドライバー】:KZ ZSA ケーブル修正版、新しいロット(ケーブルが外れない)。「KZ ZSA」のドライバー構成はハウジング内に1つ8mmのダイナミックドライバーと1つバランスド・アーマチュアが格納されています、トータルで1BA+1DDの構成となります。
  • 【音質】:音質はとても広大な音場が特徴的で、反響感が強く、この反響があることで音場の広さや高域の伸びを良く出来ています。低域から高域にかけてのふり幅もかなり広いです。特に低、中域のバスドラムの胴鳴りの表現は素晴らしく量、質共に優れております。強化された低域を伴う鮮明なサウンドを持ち運びしやすく、長時間のリスニングでも疲れません。またベースチューブ方式採用により、深く豊かな低音域を再生。
  • 【デザイン】:人間工学に基づく、滑り止めとして作用し、通勤・通学、ランニング、また更に高度なアクティブな運動をする時でさえ、イヤホンが落下する心配がなくなり、安心して音楽を楽しみながら自由に動き回ることができる。
  • 【ケーブル】:着脱式の設計を採用し、2pinリケーブルを交換することができる。本体付属のケーブルは柔らかくしなやかな素材が使用されているため取り回しは良好、後々ケーブルに巻き癖が付いたりといった心配もない。超軽量でも耐久性を確保。イヤフォンケーブルには長期使用に耐える。
  • 【保証】:弊社はKZ社から許諾を受けて正規品イヤホンを販売しております。 当店でお買上げの場合に12ヶ月の製品保証(修理・交換対応) ご購入日から12ヶ月以内に製品に不具合が発生した場合、無償で修理或いは交換対応致します。

【音質】:KZ社の最新作!!コスパ最強のハイブリッド型イヤホンです。 音質はとても広大な音場が特徴的で、反響感が強く、この反響があることで音場の広さや高域の伸びを良く出来ています。 低域から高域にかけてのふり幅もかなり広いです。特に低、中域のバスドラムの胴鳴りの表現は素晴らしく量、質共に優れております。 強化された低域を伴う鮮明なサウンドを持ち運びしやすく、長時間のリスニングでも疲れません。またベースチューブ方式採用により、深く豊かな低音域を再生。 音の分離感が向上し、立体感を感じ取れる奥行きのある広い音場です。構造の恩恵か響き方は独特で音場も広め、音が立体的に分離し、楽器ごとの聴き分けはしやすい、幅広いジャンルの曲を気持ちよく、個性なサウンドがクセになるイヤホンです。

【デザイン】: 見た目はかなりオシャレと高級感があります。人間工学に基づく、 騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。周囲の雑音や風切音をブロックし、深く豊かなサウンドを提供できます。イヤホン付属品は3種類サイズのイヤーピースを選べて、耳に不具合のことが全然心配しなくて、気軽いに使ってください。 滑り止めとして作用し、通勤・通学、ランニング、また更に高度なアクティブな運動をする時でさえ、イヤホンが落下する心配がなくなり、安心して音楽を楽しみながら自由に動き回ることができる。

【ドライバー】: 「KZ ZSA」のドライバー構成はハウジング内に1つ8mmのダイナミックドライバーと1つバランスド・アーマチュアが格納されています、トータルで1BA+1DDの構成となります。

【保証】: 弊社はKZ社から許諾を受けて正規品イヤホンを販売しております。 お買上げの場合に12ヶ月の製品保証(修理・交換対応) ご購入日から12ヶ月以内に製品に不具合が発生した場合、無償で修理或いは交換対応致します。

【ケーブル】:本体付属のケーブルは柔らかくしなやかな素材が使用されているため取り回しは良好、後々ケーブルに巻き癖が付いたりといった心配もない、 超軽量でも耐久性を確保。イヤホンケーブルには長期使用に耐える。

【仕様】: モデル名:KZ ZSA ドライバ構成:1BA+1DD コネクター:2pin 0.75mm ブラグ:3.5mm インピーダンス:18Ω 音圧感度:101db± 3 db 応答周波数:7Hz-40000Hz ケーブルの長さ:108cm マイク有り/無し 本体カラー:グレー/ブラック

1800円でこのコスパ。正直3000円ぐらいの時に買ってしまったら後悔していたであろうイヤホンでもある。1800円でzs5の音質によく似ているのはすごいと思う。(分離間などには流石に勝てないが)デザイン料だと思えば安い物だろう。まとめるとデザインが良くて安いので買いだと思います。.

そろそろ中華イヤホンを幾つか試してみたいと思っていたところにセールが行われていたのでこちらを購入しました。主にzs5と比較して感じたことを書いておこうと思います。個人の感想なので悪しからず……。解像度に関してはやはり昨今増えている多ドラ中華機と比べると1dd1baなのもあってか若干落ちますが、中華イヤホンはどうも聞き疲れしやすい印象でした。しかしこちらは聴いていて疲れるような感じは受けず、到着して数時間は使用しましたが装着し続けていることに違和感を感じません。音質ですが、基本的には音は若干低音強めのドンシャリ傾向です。個人的に押したいのがボーカルの鳴り方で、これがかなり好みです。zs5と比較して、定位感も優れているように思います。また初期から付属しているケーブルもzs5に比べて大分取り回しの良いものになっており(他の最近出た機種とは同じものかも?)、中華イヤホンの進歩が進んでいるのを感じて空恐ろしく思ってしまいますね……。イヤーピースは相変わらず微妙なkz製なので、各々好みのものを使用されるとよいかと思います。私はfinalの黒を使用しており、かなりフィットするように感じています。総じて聞き疲れしにくくイヤホン自体の装着感もかなり良いので、好みのイヤーピースさえ使えば普段使うのに最適なイヤホンではないかと思います。多ドラ機との比較は好みが分かれるでしょうが、私はzs5,zs6よりはこちらのほうが好きだと感じます。それらと十分に並べて検討できるイヤホンです。.

金属個体のビルドクオリティー、DDの低音が効いた中にBAのキラッとした高音・・・この価格でコスパ高いです。ただ、個人的には個体が小さ過ぎる事、その形状から、イヤーピースで固定されている感があり収まりが悪いと感じました。故に耳の小さい人にはお勧めかも?同時期にes4も購入しましたが、1DD・1BAとほぼ同じ構成、価格ながら、装着感、音のトータルバランスではES4の方が好みでした。音の傾向は同じでも、個体の素材、大きさに余裕があるせいか、はたまたグラフェンDDのせいか、ES4の方がバランス的に整っています。とはいえ好みレベルの問題であって、この価格、質感、ツートンカラーのコロっとした可愛らしさ・・買っても後悔しないと思います~.

5、リケーブル編を追加いたしました。)初ba機、zstやes3などいろいろあって迷ったのですが、筐体が小さめ、zstの後継モデルっぽいのでこちらにしました。全体のバランスはドンシャリ。低音の質感もいいし、高音も刺さらずきれい。高音のクリアさはdd機とは比べ物にならないし、低音の量感も程よく、締まっていて力強くて気持ちがいい。箱だしの状態で十分いい音です低音が強く中音域が弱いので、ポップス専用ですねこもりがないのでジャズもクラシックも聴けなくもないですが、中音域が抜けていて表情足りない。低音の迫力はありますが邪魔になります筐体は金属製でコンパクト。フィット感も悪くない。2pinコネクターはkz 2pin(zs3銀色)。zsaなのでzst/es3タイプと思いましたが、zs5/6互換タイプ。ケーブルは別売りのzs5/6互換タイプと同じものでしょう、付属品で十分です。送られてきたものは、l側の+-が逆でした。あとで交換してもらいます(※ただの接触不良だった模様で、交換する必要ありませんでした。2018. 5追記)初ba機でしたが、音のバランスがよく、筐体の出来もよく、ケーブルも交換不要。なのでba機初めての人にもおすすめできそうです[ここから、リケーブル編] (2018. 5追記)zsa付属のブラウンケーブルからkz zs3/zs5/zs6 アップグレードケーブルにしばらく付け替えていました。ブラウンケーブルに比べて高音の歪みが少なくなり、聴きやすくなった気がします。取り回しがいいものと思い、kzx4197 kz リケーブル kz zsa zs3 zs5 zs6適用 (zs5銀色 2pin3. 5)に変更。激変しました。zsaも他のモデルの例にもれず、リケーブルすることで本領を発揮するようです。kzx4197(通称きしめん)に変えて上品でよりリッチな音に。1ba+1ddのシンプルな構成の良さがでて、baのきつさが抑えられ、ddが豊かに鳴るように。高音域が減り、低音域が豊かになった恩恵で、中音域も聞こえるように。エージングが進んだせいもあるかもしれませんが。より自然な(フラットな)バランスに近づいたので、これならジャズやクラシックも聴けますねただ、やはり中音域が乏しいので質感と分離が欲しいところ。1ba+1ddの限界なのでしょうね。きしめんケーブルは2000円くらい、セールで1500円くらいですので、リケーブルしたほうが絶対にいいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。.

重低音に特徴があるというのに惹かれての購入です。スムースジャズやフュージョンが好きなのですが、リズム主体の曲を聴くと大変良い感じでズンズンきますね。かといって中高音域がスポイルされているわけではなく、ハイハットやシンバルトップのチリチリした繊細な高音も、低音に埋もれることなくきっちり聴こえます。ボーカルはs, t, chが若干強調されますが、刺さるような不快な感じではなく、息継ぎも聴こえるようなライブ感のある表現です。金属筐体ですが小さく軽く、装着感は良いですね。付属ケーブルも質の高いものですが、耳掛けのカーブが逆になっていて「これどうやって掛けるんや?」と一瞬悩みました。まあ反対側に曲げ直せば良い事なので良しとしますが、その辺の管理は甘いですね。あとステムが太くてイヤーピースを交換するのがメチャクチャ大変です。イヤーピースの傘を裏返しにしてステムの口がよく見える状態でジワジワ差し込むとうまくいくようですが、不器用な人はかなり苦労するかもです。.

6~7年ほど愛用していた10proが遂に壊れてしまい、前々から気になっていた中華イヤホンの実力を試してみるいい機会かな、と繋ぎの1本感覚で購入。結論としては「買ってみて大正解」でした。一番懸念していた音質的な部分含め、商品説明の謳い文句に偽りなしだな、というのが率直な感想です。3000円未満でこれだけの音が出せるとは…中華イヤホン恐るべし。(とは言っても10proと真正面から比較しようとは流石に思いませんが)存外満足いく一品だったので、今後これがエージングでどうこなれてくるかも楽しみに。繋ぎ改め暫くはメイン機として聴き倒していくことになりそうです。.

Kz zsa、買おうかどうか悩んでいたものの、結局買ってしまいました。今現在の所感ですが大雑把にレビューします。まずサイズですが小さいです。zs10は勿論zs6よりも更に小さい。コンパクトなshure勢と比較してもやや小さく感じるほど。同じ大きさのイヤホン探したらie80が大体同じくらいでした。小さくて軽いので装着感は良好です。が、ケーブルの2pinコネクタ部分がストレートではなく角度がついておりましてこれがちょっとフィット感良くありませんでした。何かこうイヤホンのケツ部分が上に上がっちゃう感じ。多分そういう仕様。ストレートタイプの物にリケーブルした方が個人的に使い勝手良いです。言葉にするの難しいのでザクっと図でも描いて説明しときますね。僅かですがノズルに凹凸があるのでイヤピのすっぽ抜け対策もされてます。初期zs6とzs10では対策されてなくて、es4ではされていたので今回はどっちかなー?と心配していたのですが、ちゃんとしてて良かった。フィルターはzs6・zs10に比べチープ化しているもののes4よりきめ細かいような気が?音についてですが、zs10やes4とは違いzs6系統の音に近い感じです。金属筐体らしいキラっとした音。それでいて少し解放感のある音。zs6で煩かった音がコントロールされ、より聞きやすい音になってる印象。今のところ音の刺さりを感じる曲には出くわしてません。高域、中域、低域バランス良く出てると思います。解像感も十分。音量の取りやすさはzs6>es4>zsa>=zs10といった感じ。ドライバ数的にes4くらいかな?と思っていたのでちょっと意外でした。もし今からkz製品を買うならzsaかes4を勧めたいです。zsaをkzラインナップで最もお勧めと言い切れないのは2pinコネクタの角度のせい。リケーブル前提なら最もお勧めしたいかも。見た目的にはzsaのが好き。でもes4はes4で気持ちいいし装着感も悪くない…。スペック的にzs10気になってる人もいるかもしれませんが個人的にはzsaとes4を買う方が楽しめるんじゃないかなぁと思います。zs10も良いイヤホンですけどね!とりあえずこの音と造形でこの値段は素直にコスパ凄いと思います。特に黒と赤の組み合わせは本当にグッジョブです。こういうカラー好き。.

聞く音楽は主にロックで、iphone8付属のイヤホンと比べての感想です。低音はそれほど量感はありませんが、高域は華やかな感じです。また、音の分離がよく音楽を聴くのが楽しくなります。イヤーピースの耳への収まりがしっくりこなかったのでaiuto azla sednaearfitに変更しました。ケーブルもkzx4197 kz 8芯 リケーブルに変更し、さらに音質がよくなりました。こういう風に自分なりにパーツを交換できるのも、魅力の一つだと思っています。.

すぐにエイジングをかけて、使いました。2. 3万円するイヤホンと遜色ない音質と響きでした。イヤーピースの使い心地が悪いのでそれだけ自分で用意した方がよいと思います。.

付属のケーブルを本体に接続しようとしたところ、ケーブルの端子が細すぎて本体に固定されなかった。返品の手続きを進めるつもりだが、無駄な時間と労力を費やすことに困惑している。.

個人的に中音がもう少し出てたらベストだったけど、低音も言うほど強くなく分離も良い。ベントがあるため音漏れは普通のカナルより大きいが、圧迫感が少なく、個人的には◯最初に届いたものはケーブルの規格が合わず装着できなかったが、twitterからkinboofiさんに連絡したところ、すぐに新しいものを送って頂けた。対応も迅速で気持ちよく買い物が出来た。.

まず開封して驚くのが本体のコンパクトさです。zs10が大きかったということもありますが、それでもzs6の3分の2程のコンパクトさです。この値段でありながら本体の安っぽさもなく、赤黒のメタルハウジングも綺麗です。箱出しから低音と高音もしっかり鳴り、スッキリとした抜けの良いドンシャリサウンドです。低音もそれほどブーミーではなく、高音も以前の機種のように刺さることはありません。音場はそこそこですが、定位は感じ取りにくいです。kzの1ba+1ddのイヤホンではzsaが1番好みです。スッキリではなくもう少し濃い音を求めるならes3、es4がいいかもしれません。さらに解像度や分離感を求めるならzs6といったところでしょうか。.

標記の通り。耳に装着しようとするだけでポロリ。お話になりません。※1.このコメント入力後30分足らずで担当者からメールが来ました。早急に代替え品送付との対応。 カスタマーサービスは10個星級。 完全動作する製品が届き次第、改めてレビューします。※2.ケーブル外れの理由判明。   2ピンコネクタ基部が物理的に大きくて、イヤホン部の根本まで刺さらないから。   よく見ると商品紹介写真と違うケーブルですね。   この写真同様のケーブルの方は注意が必要です。※3.別の方のレビューを拝見したところ、私と同様の事象と思われる書き込みが散見されます。   ・ハズレを引いて文句を言った客には代替え品送付で対応   ・低評価の客には星の数4つ以上に書き換え&レビュー取り消しの依頼   ではなく、不具合の報告があったらまず検品。完全な商品を客に渡す事を優先するべきなのでは。   品物が届くのを楽しみに待ち、ワクワクしながら開封して、いざ使えなかった客の落胆した気持ち   を理解して欲しい。   今回の件で、アマゾンレビューの星評価及び内容について鵜呑みにしてはいけない事を再確認しました。※4 ちゃんと奥まで刺さるケーブルが入った製品が届いたので、やっとレビュー出来ます。   私の耳では2ピンコネクタを商品紹介写真と逆向きに挿入すると、ぴったりフィット!   とんでもない低音が出るようになりました。   (商品紹介写真通りに挿入すると、奥まで入らずスカスカの音)個人差の話なので、ご参考まで。   2000円のイヤホンとしては上々の商品。後は耐久性ですね。※5 使用2日で右耳イヤホンから「ジリリリリ」と雑音が聞こえると共に、耳がピリピリと痺れ、痛痒   くなります。漏電してるでしょコレ!危険すぎて使用出来ません!!.

純正ケーブルで無く、4芯銀メッキケーブルにリケーブルした状態での感想を書きます。全体的にドンシャリ系の音のように感じます。若干低音寄りの音です。少しシャリシャリしている印象を感じます。ただ、音場の自然感はかなり良いと思います。どこで何がどのようになってるのか…分かりやすい。はボーカルはkz zs10と比べると前に出てくる感じです。ただ、これくらいがちょうど良い定位置じゃないかなって思います。続いてほかのレビューでは触れられていない悪い点について…。音については、人の感性で千差満別ですので音質の悪い点については差し控えさせて頂きますが、なんといっても「ノズル部分の太さ」がかなりネックかと思います。ノズルがかなり太く、現在廃盤品の「sony ノイズアイソレーションイヤーピース」が奥まで入りませんでした。「spinfit」はギリギリ入りましたが、かなりキツキツでちょっと…。ただ、自分に相性の合うイヤーピースを見つければかなり化けそうです!.

このイヤホン、高音ばかりキンキン鳴ってとても音楽なんて聞いてられませんよ。頭が痛くなりそうで3分もたなかったです。はっきりいって絶対無理。不良品かとも思いましたが左右に差異はありませんでした。これは痛すぎます無理無理。.

コンパクトなサイズのシェルからは考えられないパワフルな音を鳴らしてくれます。標準のケーブルは針金の影響で扱いにくいので針金無しのバランスケーブルに取り替えて使っていますがzs6よりも良い音がします。サイズの小ささもあって女性にも良いと思います。イヤピースが多少問題があり、高さが低いものだと金属部の接触で耳が痛くなりやすい気がします。sednaearfitを取り付けるとその問題はほぼ解消できました。以上の話はリケーブル前提での話ですが低価格でも高音質を求められるのは良い時代ですね。.

お気に入りのzs6に似たデザインとツートンカラーが気になっていたら先日セールになっていたので購入しました。まず箱から出した感想は本体が小さい!可愛い! zs6に比べ丸みがあるので角が当たって違和感を感じる事はありませんでした。箱出し3時間ほど視聴した感想はスッキリしたドンシャリ傾向。zs6の全面に音が向かってくる感じではなく高域の刺さりもほぼないのでおとなしい優等生なzs6のイメージ。このあたりが1ba1ddの影響なのかなと思いますが視聴時間増えると変わってくるかもです。。zs6に比べるとステムが長くなったので好みのイヤーピースが装着しやすくなった点は○、ステムに返しがついて無い事とイヤーピースの質が相変わらず良くない事がもったいないと感じる部分です。結果、本体も小さく聞きやすいサウンドで私は寝ホンとしてzs6と使い分けできそうで満足いく買い物になりました。.

ベスト KZ ZSA カナル型 イヤホン 最新イヤホン ケーブル修正版ロット(ケーブルが外れない) 1BA+1DD ハイブリッド型 中華イヤホン オーディオ ヘッドホン 高音質 1基ダイナミック&1基バランスド・アーマチュア 2基ドライバーを搭載 Kinboofi (ブラック マイクなし) 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.