Kinboofi KZ ZS6 中華イヤホン 人気 2PIN 3 – 高音の刺さりはエージングである程度低減。

ZSTの使用でそこそこ満足していましたが、こちらのZS6を聞いてからは明らかに良い音質です。ZSTも良いのですが、高域と中域が平たく鳴っている感じで長時間聞くと疲れます。それに較べてZS6は低音、中音、高音すべてにおいてバランスがよく、音域も広がっています。更にリケーブルすることで更にその効果が出ます。4000円台で買えるイヤホンでは最高の品質ではないかと思います。是非お試しアレ。.

いわくつきグリーンを入手して2ヶ月弱ですが、グレーがタイムセールとなっていたので、購入しました。バランス用とアンバランス用をケーブル付け替えなしに利用するためです。装着感と再生音はイヤピースによって大きく左右されるのはこの種の商品に共通した問題です。試行錯誤するより、最初からコンプライタイプ(低反発タイプ)にしておけば間違いありません。低反発イヤピースもアマゾンで数組セットが1000円以下で手に入るようになり、重宝しています。初期のレビューを見ると、zs6は100時間近いエージングを推奨する記事が見られます。リスニング的に聴きこむ人ではその僅差を問題にされるのだと思いますが、通勤電車で毎日2時間程度ハイレゾdapで音楽を聴くのに使用している限り、最初から問題ない再生音ですし、エージングで劇的な変化は経験していません。他の高価格ハイレゾイヤホンと遜色ない音質、金属外装、2dd+2baというハイスペックがこの価格で手に入ることを考えると当面はベストバイといえるでしょう。.

Zs6はzs10発売のよりkzのフラッグシップモデルから陥落したものになりますが実際にこの両者を聞き比べると、改めてzs6の音質の完成度に感動することになります。zs10はzs6と違い音の出し方が180度異なる性格を持ったものになっていて特徴のないフラットな音の出し方になっています。なのでzs6の様な派手で煌びやかなイメージからはかけ離れた音作りになっています。しかも抵抗値が32Ωとzs6の倍以上に跳ね上がっていてスマホ直挿しでの再生は難しくパワーのある音楽専用プレーヤー等が必要になっています。(たとえその状況で再生しても基本的な音のイメージは変わりません)複雑な音を余すところなく表現でき広大な音場ステージの中で音楽の中に没頭できるzs6の音作りはzs10を聞くと改めてその良さが実感できるものになっています。.

私は音質は5が好みかと思います。ジャンル次第では良いかも。ケーブルの品質が悪すぎて、音が慣れる前に勝手に早送り、一曲飛ばしたりと最悪です。別途実績あるケーブルで使用中です。.

2018年4月に購入しました。金属製の筐体は造りも良く、某イヤホンに似ている部分を除けば所有欲も満たしてくれるものです。●音について箱出しすぐに聴き始めてもzs5程の高音の刺さりでは無く、普通に聴けるくらいでした。とは言え200時間以上エージングした後でも、一般的なイヤホンに比べれば刺さります。しかし、解像度の高い高音域と、量感のある低域によるドンシャリサウンドがこのイヤホンの魅力だと思います。低域については、もう少し明瞭さも欲しい部分はあります。高域の刺さりを抑えたい人はイヤーピースをコンプライ tsx 500 にすると改善されつつ、低域も増すのでおススメです。zs6 については、再生機器による音質の変化も楽しめます。一般的には高音がキラキラしたドンシャリですが、ポータブルアンプにmojoを使用するとドンシャリ傾向がやや抑えられ非常に聴きやすくなります。ケーブルも純正は、ゴムで安っぽくタッチノイズも高めなのでリケーブルしたり、購入後もいろいろ楽しめます。zs10が発売され話題になっていますが、zs10は比較的フラットな大人しい音で、キャラクターが全く異なります。解像度が高く、ドンシャリで元気な音を楽しみたい人はzs6 で決まりです!.

この商品を購入する前にaliexpressで廃番となったグリーンを購入したのでこちらが二個目ということになります。音質としては初期ロットに比べて高音の刺さりが低減され、低域、中域の押し出しが多少強くなった感じです。初期ロットをしっかりとエージングしたあとの音と言ったところでしょうか。とても元気で激しい音です。デジタルサウンドなどは聴いてて楽しいですが、解像度、高音・低音共にキツめなので、聴き疲れはしやすいです。初期ロットにあったコネクタ部分のグラツキは無かったもののやはり2pin端子はキツキツでした。リケーブルする際は純正ケーブルで数回抜き差しを繰り返した後にリケーブルすることをオススメします。(純正ケーブルのピンが曲がることもあるかも……)、このようなイマイチな点を入れたとしてもkz社の最近のイヤホン(zst pro、zs5ver. 2、es3)は他社の同価格帯のイヤホンより明らかに「コスパ」という面では勝っていることは確実です。zs6の新色のグレーはとてもいい味を出しており、グリーン、レッド、ブラックに比べて傷が目立ちにくいというメリットがあります。※お急ぎ便で注文したら配送業者がデリバリープロバイダとなり、勝手に不在にされたりして災難でした。こちらはお急ぎ便を選んだ自分の責任なので評価には入れません。皆さんも、配送業者がデリバリープロバイダとなった時は気を付けてくださいね。.

Zs5と同じユニット構成で、違いは筐体の材質とベント有無だけのようですが、音作りは随分異なります。zs5がhifiオーディオ的とするとzs6はゴージャスというかav的というか、意図的なドンシャリサウンド。zs5はどんどん音量を上げたくなる音だが、zs6は小音量で楽しみたい。これは小音量でも音痩せしないという意味もあるが、音量を上げすぎると低域の振幅の大きさで耳が疲れる感じ。どちらも価格からは考えられない良い音です。.

Zs5のプラ製からついに金属シェルです、その分重くなってます良く似た形状ですが形も改善され、耳への収まりが良くなっています。シェルのパーティングラインもバリもなく、すごくきれいな継ぎ目です。音の方ではbaの質が上がったのか、さすがの中域zs5よりさらにボーカルの明瞭さが改善されています。低音はたっぷり出ますが中域を邪魔しないし申し分ないです。高音は音切れ早いので、ゆったりと音の余韻を楽しむ音源には少し弱点があるのかなと思いますが、オーテクなどのハイブリなどでも感じることなので、この値段では十分なクオリティでしょう。ケーブルは2ピンを本体に差し込むときに堅くて、恐る恐る挿しましたがカチっと入るとあとはグラつくこともなく、しっかり固定されました。zs5からシェル素材と形状、中域の音質がアップグレードされた素直に上位機種として良いイヤホンです。.

利点と欠点

メリット

  • 中国の技術力の向上にビックリ!!
  • ZS10よりも間違いなく高音質です!!!
  • 色違い購入です

デメリット

半信半疑で購入してみましたが、5000円でこの音質は素晴らし過ぎる!イヤーピースやケーブルの質感に難は有るものの、音は素晴らしい!大手メーカーの3baイヤホンも所有しているが、それと比較しても全く遜色ない音質だと思います。音漏れを少し心配していましたが、通常の音量では電車などでも問題にならないレベルかと思います。.

ステムの角度が浅く、重めの金属製ハウジングのため装着感はあまり良くないです。ハウジングにスリットが入っているため音漏れしますので周囲の環境は選びます。音は典型的なドンシャリです。高音域の解像度が高く低音域も締まりが良いですが、2基のddに負けないようにba基の入力を相対的に上げているためか高音は金属的で刺さりを強く感じます。耳の負担が大きいため長時間の使用は無理でしょう。また、ハイハットなどの金属的な音やエレキギターなどの音が誇張されます。女性ボーカルとも相性が良いのでアニソンやedmを聴くには良いでしょう。クラシックやjazzなど全体的なバランスが必要とされるジャンルには全く向かないと思います。特定のジャンルに特化したイヤホンなのでメイン機にはなり得ません。メイン機にするならもう少し足してバランスの良いzs10の方が良いと思います。.

エレクトロのような、低音から高音まで作っているような楽曲では、高音が耳に刺さったり強すぎると感じるようなことが。baで無理やり高音出してます感はあります。ただ、エージングの度合なのか50時間程度すれば、刺すような高音は低減されるようです。エージング実施とすれば、鳴らす、休ませるを繰り返すと良いかもしれません。今までs社のextra bassシリーズばかり使っていましたが、zs6は透明感がまるで違います。s社のものが曇って聞こえるようで、zs6が手放せなくなります。低音ばかり追い求めても、透明感とか明瞭感の表現がなくなってしまうのだなと気がつきました。女声の独唱などでは、ささやきかけてくるような独特の聞きやすさがあると思います。聞く人によっては若干乾いた音がすると感じるかもしれないです。リケーブルは必須で、この部分はあとで使いまわしができるので、金額的に許せる範囲で評価のよいものをお勧めします。5千円以下という価格でここまで作れるのだなぁというのが正直な感想です。同価格帯で迷ったらzs6の選択はアリ。これでダイナミックとbaを2つずつ片耳に組み込んであるのですから。これを機会に中華イヤフォンにハマりそうです。.

タイムセールで価格が安かった(4千円)ぐらいだったので、お試しで購入してみました。まず見た目や質感からは安っぽさはありません。普通のイヤホンよりは大きく、金属なので重量がありますが、耳にきちんとフィットさせれば装着感もあまり気になりません。音質非常に解像度が高くドンシャリも強いなので、テンションアゲアゲの曲にはピッタリですが、クラシックやジャズなどには向かないと思います。また聞き疲れが少し起きやすい印象です。イヤーピースについては、コンプライ製を装着すると遮音性が高くなり電車等でも聞きやすくなりました。総論ですが、買いだと思います。3万円ぐらいするbluetoothのイヤホンを使用していましたが、久しぶりに有線を使用すると音質の良さに感動しました。ケーブルの煩わしさやノイズキャンセル機能が無い不便さは否めませんが、充電不要で残量を気にする必要が無いことは意外と楽です。.

音質はこの価格ではなかなか驚異的だと思います。まぁ個人的にはもう少し出せるならsatolexのtumuriの方がいいと思いますが好みの差くらいでしかないですね少しドンシャリ気味ですが篭りなどもなくクリアな方だと思います。フィット感もいいですがケーブルのワイヤーが個人的には好きじゃないのでいずれリケーブルしようかと思います。星一つ減らした理由ですが、このケーブルがなんとlr逆に配線されていました。r表記の方からどう考えてもl側の音が出るので気づかないうちは違和感がすごかったです着脱可能なので逆に挿し替えればいいんですがそこらへんのクオリティに不安を覚えるのでマイナスです。.

同時に購入したnicehckの2. 5mm バランスケーブルにリケーブルし、ポータブルアンプのxha-9000に接続して使用しています(音源はスマホからaptx hd送信)。付属の3. 5mmケーブルは細く柔らかめで取り回しは楽なのですが、ボーカルから高音域にかけて明瞭さが無く、楽曲によっては不快に感じられる程でしたが、リケーブルしたところ、かなりまともに鳴るようになりました。ボーカルがやや遠くに感じられるのは改善しませんが、高音域、特に金属製のパーカッションは生で聴いているかのような再現性。seinabo seyの「pistols at dawn」を聴いた際は、自身の周りを囲むシンバル音の生々しさに鳥肌が立ちました。.

今度で、2回目の購入です。中華イヤホンも品揃えが広がって選択肢が増えています。ZS6もそうした中で少し色褪せてきた感が無きにしも非ずですが、価格的にはまだ納得できる状態で、日常使いにはいい製品だと思っています。製品コンセプトは他の方が記述されています様に中華風です。リケーブルを前提に購入を勧めます。.

高音の刺さりは感じません、全体的に情報料が少ない感じです。エージング30時間は足りないでしょうか・・ スマホに直差しの感想です。ケーブルも替えてみましたが感想は変わらず。付属のイヤピースは堅めのカサカサした物で、評判通り良くないです。タイムセールで4,000円で手に入れましたが、ケーブルに2,000円。ほかにも選択肢はあるような気がします。好みでしょうが、zstの方が好き。その後、購入1ヶ月で、低音の音割れするように。ハズレ個体でした。.

特徴 KZ ZS6 中華イヤホン 人気 2PIN 3.5MM ステレオ 2ダイナミック&2バランスドアーマチュア (2BA+2DD) Kinboofi (ブラック マイクなし)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【音質】:2BA+2DDハイブリッド方式のカナル型イヤホンです。低音から中高音まで迫力ある音を楽しむことができます。全域のバランスよく、低、中、高音域とも、原音に驚くほど自然に再現します。全帯域の解像感、中高域の透明感が非常にハイレベルです。素晴らしい使い勝手の良さと音質を実現しています。
  • 【デザイン 】:機械感のデザインで魅力ある。男性と女性に適用可能です。暖かく解像度の高い音質はそのままに、人間工学的に耳の中でフィットするデザインになっており、長時間の装着でも疲れません。2PINコネクタなのでリケーブルの自由度も高く、お好みのサウンドへと変更できます。
  • 【高い遮音性】:カナル型の設計により騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。周囲の雑音や風切音をブロックし、深く豊かなサウンドを提供します。音漏れを抑えることで、通勤、運動など、他人に迷惑を掛けのこと全然心配しない
  • 【マイク付き】1回押し:着信応答/通話終了/音楽再生/一時停止、2回押し: 次の曲へ、3回押し:前の曲へ、長押し:通話を拒否。
  • 【保証】弊社はKZ社から許諾を受けて正規品イヤホンを販売しております。 当店でお買上げの場合に12ヶ月の製品保証(修理・交換対応) ご購入日から12ヶ月以内に製品に不具合が発生した場合、無償で修理或いは交換対応致します。

2ダイナミック&2バランスド・アーマチュア 4ドライバを搭載 (2BA+2DD)ハイブリッド方式のカナル型イヤホンです。 低音から中高音まで迫力ある音を楽しむことができます。全域のバランスよく、低、中、高音域とも、原音に驚くほど自然に再現します。 全帯域の解像感、中高域の透明感が非常にハイレベルです。素晴らしい使い勝手の良さと音質を実現しています。

機械感のデザインで魅力ある。 男性と女性に適用可能です。 暖かく解像度の高い音質はそのままに、人間工学的に耳の中でフィットするデザインになっており、長時間の装着でも大丈夫。 2PINコネクタなのでリケーブルの自由度も高く、お好みのサウンドへと変更できます。

カナル型の設計により騒音を遮断し、軽量、安定性を兼ね備え。 周囲の雑音や風切音をブロックし、深く豊かなサウンドを提供します。 音漏れを抑えることで、通勤、運動など、他人に迷惑を掛けのこと全然心配しない

KZ社から許諾を受けて正規品イヤホンを販売しております。 お買上げの場合に12ヶ月の製品保証(修理・交換対応) ご購入日から12ヶ月以内に製品に不具合が発生した場合、無償で修理或いは交換対応致します

モデル名: KZ ZS6 ドライバ構成: ダイナミック型ドライバ×2基、バランスド・アーマチュア型ドライバ×2基 インピーダンス: 15Ω 感度: 105dB 再生周波数帯域: 7Hz-40000Hz マイク: 無し カラー: ブラック グレー プラグの径 :2pin (0.75mm) リケーブル: 可能 ハウジング:メタル

【マイク付き】1回押し:着信応答/通話終了/音楽再生/一時停止、 2回押し: 次の曲へ、 3回押し:前の曲へ、長押し:通話を拒否。

ベスト KZ ZS6 中華イヤホン 人気 2PIN 3.5MM ステレオ 2ダイナミック&2バランスドアーマチュア (2BA+2DD) Kinboofi (ブラック マイクなし) 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.