JVCケンウッド Jvc Hp-Ncx78-B カナル型イヤホン ノイズキャンセリング ブラック – いい商品

評価が高い人で意見が共通しているように、きちんと装着すれば電源入れなくても十分な遮音性があり、電源スイッチを入れるとさらに静かになる。遮音性能は、同世代の既に販売されていないソニー製のアナログ式ノイキャンイヤホンmdr-nc33よりも遮音性は明らかに高い。ただし私に合ったのは低反発イヤピースのみだった。これ以外のイヤピースでは、周りの音が聞こえてしまい、電源スイッチon/offの違いは無くなる(要はノイキャン性能自体は低いようだ)。そもそも低反発イヤピースは、市販の耳栓と同じ材質なので遮音効果が有るのは当たり前。この手の商品に音質を求めるのは間違っているかもしれないが、1000円程度のイヤホン並。ヒスノイズは全く気にならず優秀だが、ノイキャン性能の低さ故か?全体的な造りについては、かなりしょぼい。ケーブルは切れそうで、質感も悪く滑らかさが無い。イヤホン本体も非常に軽くチャチな造り。イヤホンから出たケーブルは、耳の後ろを通すことになる特殊な形態となるが、このケーブル取り回しが難しく装着性の快適さを邪魔している。さらに付属ポーチも残念な質感。ソニー製のmdr-nc33と比較すると、遮音性とヒスノイズ以外は全て圧倒的に負けている印象。今回買ったのは、在庫処分・アウトレットの類で、3000円弱で購入できたので、この価格であれば買って損は無いと思うが、リピする気持ちにはならない。(追記)2017/1/6までは数社3000円を切る値段で一致していたが、2017/1/7現在、価格は一斉に上昇しており、取扱業者もオーディオ機器関連とは関係の無いアウトレット商品を扱うところばかりで、不信感が有る。こんな状態で、この値段だと、わざわざこの機種を選定する理由が無い。(更に追記)この商品は2009年発売で、いつまで製造していたかは不明ですが、メーカ保証の基準となる「補修用性能部品の保有期間6年」との規定を超えていると思われる。よって、ショップによる初期不良に依る交換は(在庫があれば)対応してくれる可能性はありますが、メーカに依る修理・保証は期待できないです。このような大事な情報が、ショップの記事に無いことも、更に、出品している業者への不信感が出てきますね。.

主に飛行機内で使用します。最初はa-tの物ですが、噂通りの断線で2個目を購入することに。この2点でのみ比較すると1.  音量調節機能がない。(a-tにはある) 機内オーディオには必需機能なので星3減。2.  モニタースイッチがある。 イヤホンを外さず、問いかけに対応できるので星1増。3.  a-tよりもケーブルがしっかりしていて、電池ケースが細く薄いので邪魔になりにくいので星1増。音への拘りが無いですが、こちらの方が耳に優しい音に感じます。機内オーディオに接続する方は、ボリューム調整用にミニアンプ帯同をお勧めします。.

音も良くてよいのですが、乾電池が必要なのとその部分が邪魔なのは本当でした。通勤では極力軽い荷物通いで使用。.

ノイズキャンセル機能を持つものを使ったのは、この商品が初めてです。 この商品に付属している大きめのイアパッドで使うことで、小型軽量で良くできた耳栓として機能しているので、他の方のレビューにもあるように電源スイッチをオンにしなくとも周囲の雑音はかなり下がります。 同じ室内で家族の見ているテレビの音が邪魔になる時や、電車での長距離の移動でも重宝しています。 お手頃な価格と実用性から、もっと評価されても良い商品だと感じます。.

全体的な評価があまりにも低いので、使用所感を評価として投稿します。ノイズキャンセルイヤフォンは、オーディオテクニカ・ソニーと使用して来ました。まず、しっかりとエージング(出来れば、きちんとしたエージング音源にて)してから評価すべきだと思います。良いとされているヘッドフォン・イヤフォンでも新品の音を耳にして「こんなもの?」感じることは少なからずあります。高音は、やや控えめです。しかしながら「サ行」が刺ささることが無いので、効いていて不快に感じたり疲れを感じることはありません。低音は、イコライザの調整次第で十分に鳴ってくれると感じました。激しい「ズンズン」を好む向きの人には物足りないかもしれませんが、普通にロック・ポップスjazz等を聞くのには不足を感じませんでした。ノイズキャンセルに関しては、他の方も指摘通り完全な自分空間を欲しい方には、やや物足りなさを感じるかもしれません。高音や金属音のキャンセルは弱いですが、低音系(車内の響き)はキャンセルが効いていると思います。そもそも家外の使用を想定していると思うので、強く外音をキャンセルしてしまうと返って危険を伴うのではないかと思います。私は、この機種のキャンセル具合で十分と感じました。はっきり言ってズンズン・ドンシャリ系好みの方には向いていません。私は、長時間聞いていても疲れの少ない音で、良いイヤフォンだと思います。しっかりとエージングが出来てくれば、全体がぼやけることも無く平均的に良くなってくれます。イヤフォン全体の欠点ともいえる音の広がりの無さは、ミュージックプレイヤー側でサラウンドを少し加える等して補えば、より楽しむことができると思います。.

飛行機内での使用を目的としたが、ノイズ低減の能力がまったく無し。単なる不良品か製品本来の機能の低さなのか判断すらできず、返品もできない。.

四六時中着けてるほどのイヤホンのヘビーユーザーです。この製品は一番のお気に入りで、使い続けて買い替え続けてもう5、6個目です。ノイズキャンセルタイプに限らず、カナル型イヤホンはとかく評価がバラバラになりがちです。人によって評価が全然違ったりする。何故かというと、耳に密着してるかどうかで音質がガラッと変わるからです。そこをまるで判ってない人があまりに多い。密着させてるつもりでも出来てない人が多すぎ。そりゃ隙間が開いてんだから音も悪いだろーよ。密着させるのにコツも要るし、イヤーピースの選択間違ってる人も相当居ると思う。耳の大きさに個人差もあるから断言は出来ないけど、殆どの成人男性ならLサイズだと思うんだけど、殆どの人は多分M使ってるんじゃないかな。Lだと圧迫感ありますからね。俺もそうだったけど。でも隙間が開いてちゃ意味無いんだよね。耳の穴に蓋しなきゃならないんだから。耳の穴より大きくなきゃ。いくら逆位相の音出したって耳が密閉されてなきゃ焼け石に水。イヤホンの小さなスピーカーで外音を完全に打ち消せるかよ。ノイズキャンセルで一番効果があるのは耳栓性能です。で、個人的に結局この商品に落ち着きました。この密着性はシュアー型以外ではありえない。大きなハウジングがイヤーパッドのストッパーの役目を果たす。コレがノイキャンイヤホンの命だと思う。あとこの大きさが外音に対する遮蔽板にもなってるのかな?本当にちゃんと装着することが出来るなら、この商品は本当にオススメですよ。踏み切りの前に立ったって殆ど音聞こえないんだから。ケンウッドさん、頼むから生産終了とかしないでくれよ?.

最初、屋内で試したときにはウリのノイズキャンセリングをいまいち実感できず、ガッカリしかけたのですが、走行中の車内ではその効果を劇的に感じることができました。風の音や走行音など、耳が遠くなったかと錯覚するくらい軽減されます。効果のある周波の騒音は、相当に無視しやすくなります。窓を半開した自動車で高速道路を走っている際、密閉型ヘッドホンでは音量を60%にしても雑音のようにしか感じなかったのですが、この製品では30%程度の音量で静かな曲を「音楽」として聴く事ができました。(なお、NCの妨げになるとのことで「手で覆うなどしないでください」と注意書きにはありますが密閉型ヘッドホンと併用して単純遮音力を高めたほうがトータルでの効果は高いように思われました)様々な音がとびかうやかましい場所で、なんとか音楽を楽しめるようにするには良い品です。さまざまな場所でおおいに長旅の癒しになってくれました。しかし、取説にも書いてありますが、人の声にはNCが効かず、その大部分が貫通してきます。音楽を聴きながらまったく支障なく会話に参加できるくらい。また、自宅でまばたきの音が聞こえるほどきっちり装着していても、壁の向こうで家族のたてる生活音はやっぱり気になりました。静かな場所でより静かに音楽を楽しむつもりのかたは、あまり期待しないほうがいいかもしれません。ただ、屋外で使うには、イヤホンから本体までのコードがハンパな長さでズボンのポケットに届かず、胸ポケットに入れたり襟につけたりするにはクリップがちゃちいのがちょっと困るかも。アルカリで連続50時間使用可とうたわれてはいますが、結構早期からNC効果の減衰を感じられます。私感8〜10時間くらいから。頻繁に使用するつもりなら、単四充電池を用意しておくのが良いかと思います。.

利点と欠点

メリット

  • タッチノイズ軽減「特化」、他はからきしでお話になりません
  • 全体評価が難しい。遮音性はGOOD。音質は、及第点。ノイキャン性能、造り、装着快適性はBAD。コスパはGOOD。
  • ノイズキャンセルイヤフォンを初めて使いました

デメリット

●ノイズキャンセル機能 ▲非常に効果が低いです。今まで panasonicの rp-hc30-wを使ってましたが、左の音量や音質が下がって来たので、この機種に買い替えました。panasonicの rp-hc30-wもノイズキャンセル機能は弱かった。しかしそれでも「はっきりと効いていることがわかる」程度の効果がありました。しかしこの hp-ncx78-wは「効いている感じがほとんどしません」まじで。他のレビュアーは、イヤピースや装着の仕方で効果が違うと書いています。たしかにその通りです。大きめのイヤピースを使って、耳の奥まで押し込む形でフィットさせれば、ある程度の効果を感じられます。しかしそれは逆に言えば、そうでもしないとノイズキャンリングの効果が分からないということです。つまり耳栓効果の方が大きいのです。しかし耳栓効果を重視するのであれば、最初から遮音性の高いイヤホンを買って低反発イヤピース使えば済む話です。hp-ncx78-wは形状的に、あまり耳の奥まで押し込めるようになっていません。私の場合、左耳側はどうがんばってもフィット感がいまいちです。●音質 △低音がスカスカです。ただこれもフィット具合に大きく左右されます。みっちりとフィット(密閉)されていれば低音もちゃんと出ます。イヤピースをいろいろ工夫しないといけないかもしれません。付属の低反発イヤピースを使えば良好です。ただ、サイズ的なバリエーションがない。それに低反発タイプは独特の圧迫感やこもった感じがあるので、好まない人が多いかも。●ホワイトノイズ ◎なにしろノイズキャンセル機能が弱い。だからホワイトノイズもほとんどありません(笑)。●機能、デザイン △電池ケースからイヤホンまでのケーブルの長さが、いまひとつ短い。電池ケースをどこにクリップ止めすれば良いのか困ります。もうちょっと長い方が使いやすいかな。●タッチノイズ ◎イヤホンケーブルを、耳の前方から右の上を通して、耳に引っ掛ける(巻き付ける)形で使う方式です。この方式のこともあって、タッチノイズは皆無に近いです。ケーブルがこすれる音はまず聴こえません。●使い勝手 ▲それは良いのですが、いちいちイヤホンを付けるのがめんどくさいですよ。取り外す時にもメガネのツルに引っかかりやすいし。毎回ケーブルを耳に巻き付けて、耳の奥まで押し込んでフィット感を調整して。めんどくさいです。購入する前にこのことに気付けば良かったんですが、ちょっと失敗。.

 沢山の他の方が既に指摘されていることですが、やっぱり、ノイズキャンセリングがほとんど意味を成していません。僕が使ってたsonyのノイズキャンセリングイヤホン(多分mdr-nc33)が断線したことと、もともとこの断線したイヤホンのコードのタッチノイズがうんざりするほどうるさかったので、まあ3000円なら…と思って買ったのですが、上手くいかないものです。人の話し声やパルス音みたいな物音が消えないのは当たり前ですし消えたら困りますが、電車の連結部から聞こえてくる唸るようなモーター音も一切消えないのはさすがに役立たずと言うほかありません。電車の中でipod touchで曲を聴いていても、断線したイヤホンなら音量4でよかったものが、最低6には上げないとまともに聞けたものではありません。ボイラーみたいな超低周波のノイズしか消えないんでしょうか? ノイズキャンセリングの性能だけでいうなら断線しちゃったイヤホンの方が圧倒的に高いと思います。気休めにもなりません。 で、残念ながらまだ欠点があります。長時間装着していると、耳の穴が痛くなります。シリコンイヤーピースが装着されているイヤホン本体の基部が耳の穴に入るわけですが、そもそもこれ自体が太すぎるのと、多分装着している感じからして角度もあまりよろしくない感じになっています。耳の穴って耳朶から頭頂部にかけて若干登っていく感じの角度で走ってると思うんですが、ここにぶっといプラスチックの筒を突っ込むわけで、しかも装着の仕方がまずいとこの筒は耳の穴に逆らって口腔部の方を向いてしまいます(きちんと耳の穴にイヤーピースを突っ込まないとこうなる)。痛てえに決まってんだろって感じですし、なんのために大中小のイヤーピースがあるんだかもよくわかりません。この型状で大のイヤーピース使う人いるのかな? 低反発のウレタンイヤーピースもありますが、余計痛くなりやすいです。 それから、リモコン付きイヤホンにはよくあることですが、コードの長さの配分に不満があります。イヤホンプラグからリモコンまでのコードは妙に長い(というか長すぎ)んですが、リモコンからイヤホンまでがやけに短いです。胸ポケットがあればいいですが、tシャツだと首元とかにクリップ留めるしかないです。本当はズボンのポケットとかにクリップしたいんですが。 あと、音質もおもちゃっぽいです。オーテクみたいな透明感はないくせに低音の迫力も別にありません。これも断線したイヤホンの方が圧倒的に良かったです。ノイズキャンセリングで音質求めてもどうなんだって気はしますが、正直なところさすがに100円ショップみたいなレベルで満足するわけにもいきませんので、これも不満点です。 一応褒めておくと、なるほどタッチノイズ軽減を謳っているだけあって、断線したイヤホンより圧倒的に軽くなりました。イヤーハンガーにイヤホンから伸びるコードをセットして耳にイヤーハンガーとイヤホンを装着すると、身じろぎしようが何しようがほとんどコードの音が気になりません。自分でわざとコードをペシペシ叩いたりしてみてようやく意識するかな、という感じです。皮肉なことに、電車の中にいるとノイズキャンセリングが役立たずな分タッチノイズはなおさら気にならなくなるようです(でも、静かな環境でもタッチノイズはだいぶマシにはなってます)。ただし、このタッチノイズ軽減という功績の7割はたぶんイヤーハンガーのおかげなので、どんなイヤホンのコードにも装着できるようなイヤーハンガーを単品で売ってくれりゃ全てが解決するんじゃないかという気もします。 残念ながら、ノイズキャンセリングの本分はノイズキャンセリング。できることなら、タッチノイズ軽減とノイズキャンセリングの性能を両立して欲しいんですよね 両立してくれたら5000円でも遠慮無く払えますが、これでは3000円でも若干後悔が残ります。.

普段は消音目的で耳栓 ( [・・・] )を使ってるんだけど、長時間の飛行機やバスで音楽や映画でもと思って購入。正直、電源入れた時と、入れない時での違いが分からない。耳栓による消音効果はあるけど、消音で言えば普段の耳栓 moldex の足の小指の爪にも及ばない。私自信がシャカシャカ音を出すのが嫌なので、控え目な音量で使うが、良く考えれば、それだとキャンセル効果出ないんじゃないか。つまり、バスや飛行機の周囲騒音を本気で打ち消そうと思ったら、それと同じ音量で逆位相の波を出さないといけないわけだから、控え目な音量で使って効果あるわけが無いと思う。効果がすごい高いと言っている人たちは、どんな音量で聞いているんだろうか。その音量でキャンセル無効にしても周囲騒音気になるんだろうか。.

今までソニー、bose、フィリップスのノイズキャンセリング製品を購入したことがあるが、こいつは最悪だった。ノイズキャンセルの効果がろくにない上に音質は価格帯以下の水準だ。.

結構遮音性高いんですが、それは電源切ってても同じ(え)。売りは下記;—————-1)周囲の騒音を高性能ノイズキャンセリング回路が出す逆位相の音によって、約1/8に低減。2)新設計回路により、気になるホワイトノイズを低減。<新設計構造によるノイズ低減機能>3)薄型ハウジング構造により、風きりノイズを低減。4)優れた遮音効果の密閉構造により、中高域ノイズを低減。5)一体型ブッシング構造により、コードからのタッチノイズを低減—————-要するに本体の構造故の遮音性、と言うことか、それはそれで良いんだけど。コードの擦れる音とか風切り音が他モデルで気になってたんですがその点もクリア。低反発樹脂のイヤピースもポイント高いです。今朝喫茶店に入って、ol3人が横でギャーギャーやってたんですが、問題なくpodcast聴けましたし、ギャーギャーもさほど気になりませんでした。あと、音質がドンシャリじゃないところが好み、反面ちょっと音程感弱いかも。分離は良いと思います。.

1万円程度以下のノイズキャンセリングタイプでは、もっとも音質の良い製品だと思います。ひずみの少ない自然な音質で、ボリュームを上げても耳障りになりませんので、ポップスでもクラシックでも良い感じです。耳にコードを引っ掛ける独特の構造ですが、耳へのフィット感は大変良いです。全体のコード長はやや長めです。ノイズキャンセルはマイルド、というか、特に低音のカット性能が足りない感じで、電車でのノイズキャンセリング性能を期待する方には物足りないかも知れません。コードに触れた際のガサガサというノイズが驚くほど抑えられていること、イヤーピースの風切り音もほとんど無いこと等を考えると、低音ノイズの多い新幹線車中より、街中を歩きながら使う方向けかも知れません。.

同価格帯の sony mdr-nc22 を使用していて、性能と価格には満足していたのですがカナル型の宿命といえるタッチノイズが大きいことが不満でした。本製品はプレスリリース上でタッチノイズが低減されたという記述があり、試しに購入してみました。[. ]>風きりノイズやコードからのタッチノイズなどを低減する新設計構造タッチノイズはmdr-nc22に比べて確かに少なくなりました。しかし、肝心のノイズキャンセル力がmdr比較で低く感じました。また、装着部が平面的なためか耳の穴付近にぴったり装着しなくてはならず、着けるときと外すときにわずらわしさを感じました。仕事中に使用する場合、話をするために頻繁に外す必要があるので、この外しづらさは利用頻度を大きく引き下げる下げる要因となりました。また個人差が大きい点ではありますが、耳が痛くなる傾向がありました。とはいえタッチノイズの少なさは確実だと思われますし、ノイズキャンセリングヘッドホンとしては低価格ですので、体を動かしながら使いたいのであれば検討に値すると思います。.

評価低いですが、これいいですよ。NC能力は思ったより高いです。特に低音域のNC能力が高いと思います。前の方が書いているように、イヤーピースの密着度で評価が変わると思います。想像ですが、この製品の考え方は、低音域を電気的NCで受け持ち、中音域以上を機械的NC(すなわちイヤーピースの密着による耳穴への音進入防止)で受け持ち、トータルで全音域でのNC性能を発揮するタイプではないかと思います。使用して今ひとつNC効果が感じられない方は、イヤーピースサイズの選択と装着具合を再検討してみてはいかがでしょうか。タッチノイズは低減されていますが、ゼロではありません。ここが改善されればパーフェクトでしょう。電池の持ちはいいです。エネループライトを使っていますが、20時間以上持ちます。.

海外出張に行く際に、機内の映画鑑賞用に購入してみました。耳にフィットさせて使うので、若干耳が痛くなりましたが、機内のイヤフォンより鮮明に音が聞こえました。ちょっと気になるのが、通勤時歩きながら使うと足音がズンズン聞こえました。ん〜こんなものなのかな?.

特徴 Jvc Hp-Ncx78-B カナル型イヤホン ノイズキャンセリング ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:200 mW
  • 重量:38 g

朝、通勤電車の座席で使用しました。普通に音楽が雑音なく聞くことができました。.

飛行機内での騒音対策として購入しました。イヤホンとしては機内備え付けの物より優れていますが、肝心のノイズキャンセリング効果については全くダメでした。価格が安かったので星一つにしました。その後ボーズのノイズキャンセリングコンフォートi20を購入こちらは星五つです。普通にイヤホンとして使用するだけなら良いでしょう。.

正直に言ってフィット感は良くて周りの音を遮断するのはいいが、ノイズキャンセリングをした時と比べると1/8にまでにはならないと思う・・・ビクターはイヤホンをつけない状態で1/8までになると言うなら、ものすごく分かる商品です。そして、私はこのイヤホン意外にsonyのノイズキャンセリングのイヤホンが2つほどあります。1つは、ウォークマン付属のもので、2つ目は、2009年6月にでたデジタルノイズキャンセリングのイヤホンです。この3つを聞き比べたところ、ノイズキャンセリングなしの状態では、この商品は一番でした。だが、ノイズキャンセリングすると、sonyのデジタルノイズキャンセリングする方には敵いませんでした。結論を言わせてもらうと、イヤホン自体の性能面は良いが、ノイズキャンセリングの性能は約15,000円以上のものには敵わない。よって、手頃な価格でノイズキャンセリングを楽しみたい方にはおすすめの一品です。.

ベスト Jvc Hp-Ncx78-B カナル型イヤホン ノイズキャンセリング ブラック レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.