JVCケンウッド Jvc Ha-Fw03 Class-S Woodシリーズ カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 Ha-Fw03 – 散財マン

視聴コーナーの定番 jvc woodシリーズの新製品視聴に出されるだけあって、低価格製品やbluetooth製品とは別世界の音域を提供してくれます。その中でも比較的リーズナブルで、外れないチョイス。ハイレゾ音源はまだまだ普及してるとは言いがたいですが、普段聞いている音とは違う領域をしっかり捉えてくれる感じです。ロックにすごく合う印象を受けました。値段との折り合いが付けば間違いなくおすすめです.

とても音が良く、サイズの異なった交換用のスポンジ?がついてきたので耳にフィットします。次も同じのにしようと思っています。.

バランスも良く、特にピアノ、ドラムなどの生楽器の音が自然に出てて良かった。.

Woodシリーズは、以前のモデルのha-fx750、ha-fx1100も使用しています。以前にも3万円クラスのイヤホンを使用していましたが、初めてfx750を試した時、ほかのどのイヤホンにもない、実際に会場で聴いているかのような臨場感ある音に感動し乗り換えました。その後ずっと使い続けています。こちらのfw03は、ベーシックモデルですが、他社の上位機種にも劣らない素晴らしい音です。中高音の美しい音、低音の響きなどをしっかりと味わうことができます。特に中高音が際立って美しい音に感じました。同じクラスのイヤホンで、ここまで美しいサウンドのイヤホンはないのではないでしょうか。一度使うと手放せません。.

まず、見た目がとても好みです。 音質に関しては素人だと思うのではっきりと言いませんが伸びが良く、高音・低音共に良く出ていると思います。少なくとも私は満足しています。友達の近くで聞いていた所「音漏れしてるで?」という指摘があったので、多少音漏れするようです。ノイズ除去機能はないです。大変良い買い物をしたと思っています。.

再生環境はjriver(ssd)+ua1aとウォークマンa45です。音源はcdをそのままflacにしたもの。比較対象はshure315、ゼンハイザーcx200315が上がないためか、音の出る耳栓のためか、多少閉塞感がある鳴りかたをするのに比べて、素直に鳴ります。再生能力という意味では分解能などもほぼ同等に感じますが、開放感のある鳴りかたをするので、fw03の方が好みです。低音も歯切れがよいのでほぼ万能選手です。傾向としてはcx200に近いですが、cx200は軽く感じるのにそれがない。これは値段の差でしょうか。ウッドということからスピーカーで言うとタンノイのようなゆっくりした鳴りかたをするのかと思っていましたが、柔らか味はあるものの切れ味も私には十分と感じます。ほぼボーカルものしか聴かないため、楽器中心の聴き方をする人とは感じ方が違うかもしれませんが、一聴の価値は十分あると思います。.

想像していたより良いです。とても臨場感があり高音も綺麗に聞こえます。.

01、02、ばかり注目を浴びて03の存在が薄いですが、前から気になっていたので、購入して見ました。ハウジングは02より一回り小さいですが、耳穴の収まりが良く、質感は見劣りせず上品です。見晴らしが良く空間が広々とシルキーでマイルドな音色は、01、02、03、共通ですが、03だけは低音を控えめにした中高音を際立てた、華やかでスッキリした感じの音で、オールラウンドで聴きやすく、長時間のリスニングは耳への疲労も少なく快適です。 【01】高層ピラミッドの中低音寄りのバランスで、スーパーウーファーにスーパーツィーターを足したような繊細で伸びやか、スケール感が豊で超ワイドレンジサウンドです。 【02】高中低音、バランスの良い調和がとれた、華やかでメリハリが利いたキレの良い濃厚なサウンドです。03より空間が広いです。【03】高中音寄りのバランスで、低音を控えめにした華やかで、メリハリの利いたキレの良いスッキリしたサウンドです。02より高中音の密度が良く、低音を控えめにしたバージョンです。低音の量感不足はヘッドフォンアンプで補えます。02と03は似た傾向の音質ですが、01の音質だけはキャラクターが全く違います。低音が強いので、一度試聴することをお勧めします。.

利点と欠点

メリット

  • 聴きやすいスッキリした音色!

  • このクラスのイヤホンは初めての購入です

  • 好みです。ウェルバランス

デメリット

ソニー製の同価格帯のものを使用していましたが壊れたため買い替え。電車などで聴くと低音はやや弱めに感じますが、それはケンウッドらしく、原音を忠実に再現させてるんだと思います。他のイヤホンもいくつか視聴しましたが、これは高音が潰れず大音量でも疲れません。特にシンバル系の音が他の同価格帯のインナーイヤホンよりキレイに出ています。.

自分はamazonではなくy田電機で購入しました。本当は01のほうが欲しかったんですが、予算の関係から03にしました。音質はとても良いです。音に締まりがあってレスポンスも良く、音のバランスも最高です。最近では多くのイヤホンがハウジングにアルミやチタンを使用し、振動板にはカーボンなどの高剛性の素材が使われる傾向にありますが、その中でハウジングも振動板もあえて木を使うところにjvcのこだわりを感じました。音圧があるのに、音も刺さらず、それでいて繊細で低音も響かせられるこのイヤホンはまさに最高です。しばらくはこのイヤホン以外は使えなさそうです。笑.

買ってしまった。新品を失敗した。sonyのウィークマンaシリーズで聴くと、コンサートホールの壁に張り付いて聴いている感じがする。音場なしだが、音色は独特、耳障りな高音は出ないがfmラジオをウィークマンで聴くと、低音が耳障りな感じがした。結局、期待した音が出ると驚きますよ!出ないと、また、散財マン?.

型落ちだったこともあり、安価で購入。とてもバランスがいい音でとても気に入りました。.

安定した音質でさすがjvcさんと言ったところです低音もはっきりとしていますが、少し前の製品とあってか重低音の迫力は物足りなさが残ります他に購入される方にもオススメできる商品です.

ハイレゾ対応プレーヤーを買ってしまい、その音の良さにまたまた驚きました。iphone でも聞けますが、ハイレゾプレーヤーの方が、断然いいです〜2〜3年前の製品とはもう世界が違うように思います、sonyのハイレゾ対応ヘッドフォンよりいいかも?まあ音は個人の好みがあると思うので、私の好みにはぴったりでした。.

期待した程、低音が利いていない。全体としてはバランスがとれているかな。.

イヤホン自体は凄く良いのですが、jvcと書かれている部分が外れやすく、右側は紛失してしまいました…。.

・音質ハイレゾ対応ということで音は全体的に平均的に解像度が高いです。高音も中音も低音も良く、ロックなんかを聞くと、ディストーションノイズからボーカル、ベース音までよく聞こえます。音の解像度は高いですが、長時間聞いていても耳は疲れませんでした。・付け心地イヤホン本体は非常に軽く、付け心地はバツグンで、長時間付けていても耳が痛くなることもなく、素晴らしい作りです。イヤピースも5つのサイズが付属されているので、自分の耳にあったサイズが探せます。・デザインデザインがちょっと安っぽいのが勿体無いですかね。見た目は5000円くらいのカナル型イヤホンに見え、木目が高級感ある木目というより、木目っぽく塗装したかのように見えてしまい、高級イヤホンにしては勿体無い気がします。jvcのロゴもデカく表記しすぎで安っぽさが出てしまっています。オーディオテクニカのようなデザイン的にカッコイイ、シンボルマークなら良いのですが、「jvc」と大きく書かれていることに違和感を感じました。・スタイル違いha-fw03はケーブル交換できませんが、ha-fw02はケーブル交換が出来ます。イヤホンで一番壊れる原因であるケーブル破損。ha-fw02は視聴していないので分かりませんが、雑に扱いケーブルをよく破損させてしまう人はもう1万円出してha-fw02の購入を検討したほうが良いかもしれません。音質の保障は出来ませんが、mmcx端子のケーブルはメーカーは違いますが普通に買えます。g&v shure ケーブル 高純度ofc 低音域アップ mmcx 交換イヤホンケーブル 1. 2m se-niello-l安価なものでは1000円程度で購入できます。この価格帯のイヤホンはすべてケーブル交換できるタイプにしてほしいですね。・ケーブル絡みにくいケーブルになっています。縦に細かい線が入っていて、滑らかに触れます。最近スマホなどを操作するリモコンがケーブルについていることが多いですが、これにはないので、再生や停止、ボリューム操作は端末側でやらないといけません。・ケースマグネット開閉できる高級感あるケースが付属しています。ただケースに表記されている、class-sというマークが某車メーカーと似すぎてちょっと違和感を覚えました。高級感のあるセリフ書体でclass-sと表記するとこうなってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、もう少し何とかならなかったですかね。まぁあっちはs-classでこっちはclass-sですが. 。全体的に評価すると、価格に見合った音質ではあると思います。特別コスパが良いとは思いませんし、この価格ならこの音が出せるのは当然かなーという感じです。聞く音楽や好みによって色々とあるので、まずは視聴してからの購入をオススメします。.

特徴 Jvc Ha-Fw03 Class-S Woodシリーズ カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 Ha-Fw03

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 日本製。「木の振動板」で楽器のように美しい自然な響きを再現するWOODシリーズ。日本で生産された高品質イヤホン。ハイレゾ対応のベーシックモデルHA-FW03が登場。
  • ハイレゾ音源の豊富な情報量を忠実に再現する新ウッドドームユニットを搭載。ダイナミックな臨場感を鮮やかに奏でる。
  • 新開発“アコースティックピュリファイアー”を採用し、自然な音の広がりを実現。
  • 不要な振動を抑制し、美しい響きを実現する新設計メタルハーモナイザーを採用。
  • 人間工学に基づきエルゴノミックフィットフォルムを採用。イヤホン装着時の安定性を向上し、高いフィット感を実現。

メーカーより

拡大表示

拡大表示

ハイレゾ対応の高音質イヤホン

こだわりの高音質と上質な価値を提供するハイクラスヘッドホンシリーズ「CLASS-S」第三弾として、ベーシックモデル「WOOD 03 inner(HA-FW03)」が登場。

過去のWOODシリーズでも採用していた「木の振動板」をさらに進化させた「新ウッドドームユニット」が、ハイレゾ音源のダイナミックなニュアンスを再現する。

また新しいWOODシリーズイヤホンでは高い装着感を得るために人間工学に基づいたエルゴノミックフィットフォルムを採用。耳に装着した時の安定性が飛躍的に向上し、高いフィット感を実現。

ウッド、ステンレス、ブラス、アルミなど異種材料の組み合わせにより、不要な振動をコントロールするとともに美しい響きを引き出す、“メタルハーモナイザー”設計を採用。各モデルで素材の組み合わせを変更し、異なる音の響きを実現します。3モデル共通のブラスインナーハウジング、アルミキャップ搭載。

楽器のような美しい響きと自然な音の広がりを持った新しいWOODシリーズイヤホン。

安心と信頼の日本製

ハイレゾ音源が織り成す繊細な音とその細部に宿るアーティストの”想い”を伝えるため、高品質なパーツに厳選。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

新ウッドドームユニットがハイレゾ音源を忠実に再現

独自の薄膜加工技術を進化させ、従来の80µmから50µmに薄型化した軽量10mmウッドドーム振動板により、ハイレゾ音源の繊細なニュアンスの表現が可能になりました。

さらに、強力な駆動力に加えリニアリティを大幅に向上させたハイエナジー磁気回路の正確な駆動と、軽量なCCAWボイスコイルによる振動板の正確な振幅が、原音に忠実な再生を実現。

自然な音の広がり

新開発”アコースティックピュリファイアー”を採用。当社独自のスパイラルドッドイヤピースの技術を応用し、ユニット前面に不要な音を拡散するドットを効果的に配置。分解能を改善し、自然な音の広がりを実現します。

また、イヤーピースはその内壁に設けたディンプルにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散させることで、音のにごりを抑制し、クリアなサウンドを実現する“スパイラルドットイヤーピース”を採用。耳に最適にフィットする大きさを選べる、新たな5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属。

振動を抑制し、クリアなサウンドを実現

ドライバーユニット背面に、木製素材の新開発“ウッドスタビライザー”を搭載。ハウジングの響きを最適に制御し、にごりのないクリアなサウンドを実現。

また、スマートフォンやポータブルオーディオ機器と接続しやすくするため、プラグ形状にL型を採用しました。

高いフィット感を実現する

“エルゴノミックフィットフォルム”を採用。人間工学に基づき、音筒の角度や位置を耳孔に合わせ調整することで本体の安定性が向上し、高いフィット感を実現。

さらに、本体のサイズや形状に加えてケーブルの位置についても見直しを行い、重量バランスを最適化することでサポート力を向上させ、より高い装着感で安定して高音質を楽しむことが出来ます。

プレミアムモデル スタンダードモデル ベーシックモデル
愛称 WOOD 01 inner WOOD 02 inner WOOD 03 inner
型名 HA-FW01 HA-FW02 HA-FW03
制振構造 クアッドメタルハーモナイザー トリプルメタルハーモナイザー デュアルメタルハーモナイザー
ドライバーユニット 口径11mm ウッドドームユニット 口径10mm ウッドドームユニット 口径10mm ウッドドームユニット
出力音圧レベル 104dB/1mW 104dB/1mW 103dB/1mW
再生周波数帯域 / インピーダンス 6Hz ~ 50,000Hz / 16Ω 6Hz ~ 45,000Hz / 16Ω 6Hz ~ 45,000Hz / 16Ω
ケーブル MMCX端子型着脱式1.2m (Y型)OFC線 布巻きケーブル MMCX端子型着脱式1.2m (Y型)OFC線 グルーヴケーブル 1.2m (Y型)OFC線 グルーヴケーブル
入力プラグ φ3.5mm24金メッキ ステレオミニプラグ(ストレート) φ3.5mm24金メッキ ステレオミニプラグ(L型) φ3.5mm24金メッキ ステレオミニプラグ(L型)
質量(ケーブル含まず) 約14.0g 約12.3g 約10.0g
付属品 スパイラルドットイヤーピース (S,MS,M,ML,L各2個)、 低反発イヤーピース(S、M各2個)、ケーブルキーパー、 クリップ、キャリングケース スパイラルドットイヤーピース(S,MS,M,ML,L各2個)、 ケーブルキーパー、クリップ、キャリングケース スパイラルドットイヤーピース(S,MS,M,ML,L各2個)、 ケーブルキーパー、クリップ、キャリングケース

今までイヤホンにはそれなりのこだわりを持ってきたつもりでした。とは言え、基本貧乏なので五千円クラスから一万円クラス程度で出来るだけ良いものを選ぶことに歓びを見出していたのですが、そんな中で現在までの個人的ベストはAKGのIP2でした。デザインから何から本当にぶっきらぼうなんですが、なんだかんだ言っても素直な音が一番だと思い、IP2のクセも無く落ち着いた音作りには職人的なものを感じましたし、様々なイヤホンを使っては、結局最後はそこに立ち返っていたように思います。それに「音質」とか言うのは、つまるところ聞く側の思い込みに寄るところが大きいのだろうと感じてもいました。質が「ある程度」を越えたなら、それ以上は受ける側の感性に寄るところが大きいのだろうと。だから正直一万円を超えるイヤホンに手を出すのはあんまり意味が無いだろうと思っていたのです。しかし、それこそ「たかを括っていた」と言うべきなのでしょうね。このイヤホンで音楽を聴いてみて、本当にそう思いました。違いは割と一聴して分かるレベルで、まず気がついたのは、鋭い音が耳に刺さりにくいということでした。これはIP2もそうだったのですが、けっしてこもった音などと言う訳では無く、ロックの鋭い響きの先端で微妙なカーブを音の粒が描くような。音が紡ぐ空間の広がりもそれまでより三割ほど広く感じます。でもこれもまったく作為的では無く、それまでもそこにあったはずの「視野から見えなかった景色」がふわりと見えてくるような、本当にこれは嫌味の全く無い広がり方でした。正直なところ、IP2は確かに大好きなイヤホンなのですが、この製品はそれを完全に超えてきたと思います。両者は価格比でも勿論全く違います。しかし「良いものにはそれだけの価格が伴うのだろうな」と信じさせる製品です。ロックからジャズ、クラシックまで、何を聴いても隙がありません。もうひとつ言わせてもらえば、イヤホンだけでこれだけ音質が変わるのならむしろ巷で言う「ハイレゾ音源」なんて全く必要ないと思います。私が聞いたのはシリーズの一番入門機ですが、ハイグレード版になるとさらに音が変わってくるのでしょうね。ちょっと気になる気もしますが、スタンダードでこれなら上位版を聞くのが怖い気もします。でもひとつだけ欠点があるかも知れません。それは「音漏れ」です。確かに非常に良い音がするのですが、その分開放型のヘッドホンなどに近い構造になっているのかも知れません。例えばごく普通に聞いていただけなのに、周囲の家族には「音が漏れている」と不評でした。だから屋外で使うのはシチュエーションによってはためらわれるかも知れませんが、自宅で使う分にはこれ以上無いと思います。夜中に自室でひとり音に浸るときなど、最高のお供になると思います。気になる方は是非試してみて下さい。よほどのマニアでも無い限り、ほぼ絶対後悔しないと思います。.

今まで一番いいものでも希望小売価格が1万ちょっと超えるくらいのものしか使ってこなかったのでこのクラスは初めてです。これは同シリーズの中で最下位のモデルに当たる訳ですが、世界が変わったような感じを受けました。今まで使用していたものはどれも高音に弱く(自分が使ったものが低音寄りのものばかりだったかもしれません)ボーカルの声がカ行やサ行で掠れたような嫌な音になることが多かったのですが、これは全体的にフラットで低音から高音まで幅広く美しい音が出ます。また、どことなく不明瞭な感じがしていたところも綺麗に楽器の音やボーカルの声が聞こえるお陰で、さまざまな曲の今までになかった良さにも気づくことができました。素人丸出しでお恥ずかしいレビューではありますが、今までこのクラスを使って来なかった方にはエントリーモデルとして非常に魅力的な製品だと思います。.

オーケストラや女性ボーカルが物凄い彩やかに、決め細やかに鳴ります。又オススメはkalafinaの曲です。本当に凄い事になります。.

和らい音質ですが、細部まで伝わってくるブレースなどは、品質の高い部分と感じます。.

ビックカメラで、色々聴き比べて一番気に入ったので購入しました。3万円とかするイヤホンよりもこちらのほうが僕の好みの音でした。一概に金額ではないのですね。ボワンボワンという接触ノイズもなく、ハッキリしっかりとクリアにテンポ良く聴こえます。素人なのでうんちくが語れませんが、色々聴き比べると良いでしょう。.

この価格帯でここまでの音が出るのに驚きました。rma等とも比べてみましたが、こちらの方が音のクリアさがある感じがします。聞いていて気持ちのいいイヤホンです。.

今までappleのコンピュータに付属しているイヤホンを使って、専らクラシック音楽を聴いていました。もう少し音質の良いものはないかと、数千円台のイヤホンを買って試してみましたが、どれもダメでした。クラシック音楽に向いているということで、疑心暗鬼の中、このイヤホンを購入して試したところ望み通りの音質が得られて、大変嬉しいです。洒落た箱にも入っていて、今後大切に使っていこうと思っています。.

以前まで日本製で1000円ぐらいで買えるイヤホンを使用していたのですが、導線が見えそうだったのでこの機会にこちらに変えて見ました。 まずなんといっても入れ物からすごかったです。丈夫な箱に入っています。イヤホォン専用のケースが付いておりクッション性もしっかりとあります。そして肝心な音ですが、とてもクリアな音です。素材に木を使っているからか以前は耳が痛くなっていたのですが、こちらを使ってから耳への負担がとても少なかなり、耳の痛さがなくなりました。 最高です!感謝です!.

ベスト Jvc Ha-Fw03 Class-S Woodシリーズ カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 Ha-Fw03 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.