JONYJ 【Bluetooth 5 – 慣れると便利で使いやすい!

最先端bluetooth+edrが搭載されたワイヤレスイヤホンになりますので、転送速度が従来の2倍、ブロードキャスト通信容量が8倍ととても高性能です!なので高速、安定かつ途切れのない接続が可能!iosとandroid両方とも対応しています。またワイヤレスイヤホンは充電ケースから出し入れするだけで電源on/offの切り替えと、端末とのペアリングを自動で行います!とても高音質で、ノイズキャンセリング機能搭載により、通話中の雑音や周囲のノイズを抑制し、相手の声も聞き取りやすく快適に使用できます!充電ケースは、イヤホンを40回繰り返し充電でき、イヤホンを1回の充電で2-3h音楽を楽しめます!また急速充電機能付きで1時間で充電は完了し、充電ケースは90h連続駆動だけでなく、正面のusb出力ポートよりスマホや他の設備に充電できとても便利ですよ!.

ここ数年、bluetoothイヤホンの進化が、凄まじい勢いで驚いています。従来、ワイヤレスイヤホンと言えば、「ワイヤレス」でありながら、左右のイヤホン同士がケーブルで接続されているのが通常でした。現在は、左右のイヤホンが完全にワイヤレスなのですね。さらに特筆すべきは、イヤホンを収納するケースです。usbケーブルを挿し込んで、単に充電するだけのドックのようなケースではなく、ケース自体にリチウム電池が搭載されており、ケースにイヤホンを収納すると、充電が開始されます。収納ケースがモバイルバッテリーを兼ねています。これは、外出先でusb/acアダプタやusbケーブルを使用せずに、ケースとイヤホンだけで充電が可能ですので、とても便利なシステムです。このケースに収納することで、イヤホンの電源は自動でoffになります。使用しない時は、ケースに収納しておく習慣を心掛ける事で、ポケットやカバン内で意図せずボタンが押される等の誤操作を回避出来ます。勝手にリダイヤルされて困った経験のある方も多いと思います。同様に、ケースから取り出すと、自動的に電源がonになります。左右のイヤホンが同期していれば、片方のイヤホンのボタンを長押しする事で、両方の電源がoffになります。ケースへの充電は、microusb type-bで行います。ケースのバッテリー容量が500mahで、左右のイヤホンがそれぞれ50mahですので、ケースの容量だけで最大約5回のフル充電が可能です。左右のイヤホンは全く同じ形状ですので、音声の「左右」を特に気にしない方には、左右どちらの耳にもフィットするので、形状やlrの記述をわざわざ確認する必要が無く、便利です。一応、左右イヤホンそれぞれに「l」「r」の記載があり、「r」をメイン、「l」をサブとして使用します。また、左右のイヤホンそれぞれでアナウンスに若干の違いがあります(right channel , left channnel 等)。スマホやタブレットのbluetooth接続画面での、当製品の名称は「e19 r」です。スマホやタブレットとは「r」がメインとして接続され、「r」が「l」に中継する仕様です。そのため、片耳だけで利用する場合は「r」を使います。各種操作はイヤホン表面のクリックで行います。(静電等のタッチタイプではありませんので、誤操作はまず無いと思います)bluetooth5. 0の利便性については、当方、bluetooth5. 0対応の機器を所有していませんので、bluetooth4系との違いは確認出来ませんでした。.

早速、届いたので使用してみよう!説明書無しでペアリングをトライしました!けれどもできなかったので説明書を見ました!日本語の説明書がついてたのが助かりますね!さて、初めてだとペアリングは用途に合わせてパターンを選べるので、ちょっと慣れる必要があるかもしれませんね、1回やれば問題ない程度だと思うけど、説明書はとっておいたほうがよさそうw片耳モードと両耳モードがまずありましたね。 両耳の時はまず先に左右をペアリングしてスマホなどに左右セット状態でペアリングする必要ありでした。音質はごくごく普通かもしれません ちなみに低音があまり感じないのでクリアサウンド系かと思います。耳の奥まで差し込めば低音を感じますよw通話モードだとなぜか片耳からしか音が出ませんでした!設定の問題なのかはまだわかりませんがそういう仕様かもしれませんね(つ?-)イヤホンケースですが蓋がマグネットで開け閉めできるので衝撃で蓋が外れてしまわないかちょっと心配ですw磁力が弱くもなく強くもないので、マグネットなら強めの方が安心できそうな気がしますwなのでそこはちょっとおしいですねwそれと充電する際、ケースの底面が差込口なのでちょっと不便に感じる場合があるかもしれませんケース側面だと個人的にはよかったのですが、それをいうと細かすぎるかもwあと耳から落ちないだろうかという心配もありますが案外おちないもんですね!まぁちゃんとフィットさせていればですが、軽いランニング程度なら大丈夫そうです。激しく長時間動くと汗などで落ちるかもですが(つ?-)ただ装着感は個人差というか耳の形にもよるのであまり参考にはならないかもしれないですね、私の場合左はフィットするんですが右が左ほどフィット感がよくないことに気が付きました!ほんの少しでしたがw左右で耳の形が微妙に違うらしいですw総合的に私は十分満足していますwイヤホンにワンタッチで再生停止などできますし、動画も再生停止が有効でした!もちろん通話も対応してます。2タッチで曲飛ばしができたりなど、説明書に書いてありますよ。.

格安のbluetoothイヤホンなのですが、なかなかどうして、とてもいいです。充電用ケーブルの他に、セミハードケースやイヤーパッドの予備やらが付属して、至れり尽くせり。早速充電しましたら、右側本体メインボタンのエンブレムが赤く点灯し、充電完了とともに青いledに変わりました。とても分かりやすいです。ペアリングも簡単で、何千円(万円?)以上もするような高級ヘッドフォンの音を知らない私には十分な音質で満足(^^;「apt xコーデック」というのが効果的なのかもしれません。低音が足りないみたいなレビューを見掛けましたが、私には十分です。一点、左側のusb接続口のゴム蓋が、指でなかなか開けられずにかなり苦労しました。結局、爪楊枝で慎重に開けましたが(^^;ゴム蓋がきついのは防水性が高いことにつながりますから、必ずしも悪いことではありません。あえて購入値段は書きませんが、たまたま格安(1000円以下)で手に入れて使い勝手が良いので大満足です。ブルートゥース?イヤホンは頻繁にタイムセールにも登場しますし、安くなった時に買いましょう(^^)■使用開始してから2週間が経過し、追記させていただきます。■この機種の他に同等クラスのbluetoothイヤホンを2種類購入して使い勝手や音質などを比較しましたが、これが一番でした。ブルートゥース接続の速さもダントツですが、何と言っても音がいいです。豊かな低音と澄み切った中高音のバランスが絶妙で、音楽を気持ちよく聴けるだけでなく、youtubeのナレーションや講演動画の肉声がとてもリアルで良い音です。かなり音圧があります。出品者(販売者)さんに何度か問い合わせしましたが、レスポンスが早くて信頼できそうな対応でした。実際の購入価格2千円以下のカテゴリーではおそらく一番オススメです(^^).

—更に追記なにやら、解決しました。凄いありがた迷惑が設定されてる様です。有りえないと思う内容ですので私の誤解かも知れません。片耳モードに切り替えた際、iphoneの場合のみかも知れませんが、ステレオ?モノラル切り替え、又は左右チャンネルバランスが片方に全フリになります。それによってインプットが消滅、片方0%になってるものの、チャンネルは別れており、片方からのみ音が出る状態になり、ペアは行われている為、l. Rが別れた曲だと露骨に聞こえない部分が出て、繋がってるのかどうか謎が余計に深まるようです。また、iphone側のブルートゥースをカットした場合とブルートゥース圏外で検索中、このどちらも青?赤の点滅です。ペアリングモードに既に入っている状態と、単純なbt接続無しの表示に差が無い為btアイコンが出るようなスマートウォッチ等に慣れていますと”なんで毎回初回ペアリング終わってるのに勝手に初回ペアリングモードに入るんだ?”と、疑問に思う設計のようです。通常接続時は青の点滅ですので、赤?青サイクルはペアリング又は母機検索モード。実際には一度、母機に登録し接続無し。等になっていれば点滅状態でも”母機検索”の状態で、少し遅れますがブルートゥースが接続されます。意図的に電源を切り、サーチを立ち上げる必要はありません。どうやら、片耳モードがある関係で、2機別々に登録できる分、夫々ブルートゥースアドレスを持っており、更にl側が親として、もう片方のイヤホンにi/oに関わる命令が出せるように固定されているようです。(r側から電源を切らないともう片方が切れません)よって片耳から戻す際、イヤホン同士のペアを探すモードをキャンセルする方法もサーチに関する表記も音声のみで、音声も”ペアリング”と話しちゃいます。せめて、サーチ?コネクト?ディスコネクトぐらいは分けて欲しい??インジゲータとしては青点滅?青赤交互の表現しか出来ない為、間違ってr側から行ったりしますとチャンネルが逆転、しかしペアではありますから電源on/off以外の操作は可能、但し片方切ってもr側で設定した場合電源管理は出来ないので単体で動作してしまい、切断後表示とペアリング表示が基本同じなので、そのままペアリングだと誤解し再設定すると、そもそも接続に失敗したり、方耳モードとして独立してしまったり、アクセシビリティにこのイヤホンが何故アクセス出来るのか大変謎ですが、片方チャンネルに思いっきり偏り、片方から音が出なくなる???やたらと分かり難い???仕様のようです。これは必ずではないようで、何度か試したのですが、電話の着信や複数会話、又はline,airdrop,alexaアプリやamazonmusicの様な複数のキャストから受発信可能なソフトを介在した場合に起こるようです。時たまレビューに、片方の音が低すぎるとありますが、ボリュームレベルが片方に偏ってるかも知れません。ボリューム調節機能がある訳でもないのにチャンネルレベルを変更するはずが無い気がしますので???(というよりアクセシビリティを勝手に制御できないはず??です)私に起こったこの摩訶不思議な現象は個人的な勘違いだと思いたいですが、もし仕様なら猛烈に混乱しやすい物ですので、記載しておきます。因みに、サポートへのメールも電話も”届かず出てくれない”ので注意してください。電話はコールは可能でも出ません。メールはアマゾンから自動応答にて相手側のeメールサーバーエラーで送信に失敗したと通知されます。何かの参考になれば。-追記良い品だとおもっていたのですが、(レビュー下方)方耳モードを試して以降、両耳に”ほぼ”戻らなくなりました。ほぼ、というのも、右左のペアリングは音声で案内され、l. Rの音声案内も聞こえるのです。が、最初にペアリング指定を行った側からしか曲が流れません。タッチ操作も可能ですが、聞こえる音は明らかに2chで片方だけ再生されてます。(要するにl. Rが明確に別れてる曲だと見事に無音になる瞬間があります)ペアされた片方のチャンネルが”音だけ出さずに接続”されてる状態です。更に一度工場リセットを試した後はブルートゥースが切断されると突然ペアリングモードに突入、毎回毎回iphoneを検索し、ペアされたはずの片方からのタッチ操作を受け付けない片耳モードになってしまいます。サポートは電話に出ませんし、問い合わせの返信は自動のみ説明書のリセット(両耳への復帰)文章が謎すぎて意味が分かりにくく操作上のミスを疑い色々と試していますが??解決に至りません。返品処理を実施しつつサポートの返事待ちの状態です。どっちのタッチ操作も出来ていますからiphoneとの連携エラーかも知れませんが???–初期評価基本機能も音質も価格相応またはそれ以上ですが、バッテリーが本当に頻繁に切れます。amazonvideoを見ているときに使っていましたが二時間も無い内容だったのに、見終わる前にplase chargeの音声が連発されdvd一本見終わる前に停止しました。滅茶苦茶にバッテリーが切れやすいことだけ注意すれば良い品です。.

使用してみたら特に大きな不満はありません。この値段でこんな商品を買えるなんて嬉しい。1. ペアリングについて最初接続の場合、自動的にon·offします。簡単な操作です。充電ケースから取り出したら自動的に電源が入り、充電ケースに置けば自動的に電源が切れます。2. 音質についてもともと音質はそんなに気にしないタイプなので、お出かけの時に音楽と動画が楽しめれば充分で、だからあまりわかりません。音質を気にする方はboseを購入するほうがいいと思います。3. フィットコンパクトで、頭を動かしても歪みません。きちんと着用していないせいで、飛び上がった際に外れて落ちました。拾ってまた再生しましたが壊れていませんでした。イヤホンの後ろのカバーは落ちませんでした。品質には問題がないと思います。4. 遅延についてアニメを見る時、非常に気にすれば、若干遅延に気がつきます。音楽、動画を見る私にとってはこの遅延は気にならない程度です。5. 充電ケース小さくて場所を取らないので、持ち歩きにも便利で、ポケットにも入ります。総合的には素晴らしい商品です。完全に問題なし。ワイヤレスイヤホンを買おうとする方にいい選択です。ペアリング動作については下記の通り、ご参考まで。6. 使用モード:iphone6s最初、両耳でd06-lと接続しました。その後両耳のイヤホンを充電ケースに戻すと電源がoffとなります。右耳のイヤホンを取り出して、片耳のモードとしてd01-rと接続しました。い上の状態で次通り操作同時に両耳を取り出した場合→両耳モード片耳を取り出した場合→片耳モード(左右ともok)◆?. 両耳モードの場合、片耳のイヤホンを充電ケースに置く→もう一つの片耳はまだ作動しています。(両耳とも携帯と接続していることが前提です)→片耳モードの場合(l)、(r)を充電ケースから取り出し→自動的に両耳モード(約3秒ぐら)?.

イヤホンを着用したまま耳を塞ぐと、あっさり切れます。鞄等に入れているときは別として、スマホをズボンのポケットなんかに入れ体と接触してたりすると切れます。音楽を聞きながらレビューしてますが、接続しているスマホを目の前にして右側が切れたり、途切れそうになったりします。ノリノリの時なんかはイラッとします。ドライバーが小さいのか音は小さいです。音量の調整には慣れが必要かも。音質は可もなく不可もなく。電話もしてみましたが、どちらかが順に途切れそうになるため、気持ち悪く、まともには無理でした。大事な人との電話はおすすめしません。また、こちらの声は聞き取り辛いらしいです。他の方のレビューにもあったように、待機状態でタップ3回のリダイヤル機能は必要ないです。早速、かけたくない人に電話してしまいました。充電器との接触も微妙で、充電中にペアリングが始まったりします。壊れてんのかな?耐久性に関しては、まだ届いたばかりなので変化があったら再レビューします。製品の当たりが悪いのか、これがデフォなのかは解りません。bluetooh登場から20年程たちましたが、機能ばかり先行して、決して快適ではありません。まだまだ「早すぎる未来」のような感じがします。ただひとつ、ほめるとすればケーブルがないというのは、なかなかいいものです。補足不具合があるため、交換していただきました。対応も早く、すぐに届きました。ありがとうございました。途切れることなく聞けてます。充電時も、しっかりくっついてペアリングが始まったりしません。youtube等の音声の遅延も昔と比べて少なくなりましたね。まだ、届いたばかりで耐久性は解りませんが、ショップ対応が早いこと、不具合なければ使えると言うことで、☆を上げさせていただきます。☆3→5.

本レビューの内容は、?付属品 ?製品の質感 ?操作性 ?音質 についてです。チョット無線式のヘッドホンで音がいいのがほしい、お金は少し頑張って出すよ。という人には是非ともこれをオススメしたいですね。(レビューで掲載してるだけでも十個以上ヘッドホンを使っている人でもおすすめします)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~箇条書きのまとめは○耳の上にポンと乗っかるオンイヤー型(耳の小さい人ならオーバーイヤーになるはず)○イヤーパッドは、2cm超えの柔らかいスポンジ。合皮はサラサラとしっとりの中間くらい これもまた側圧が非常に弱いので、【オンイヤー型では珍しくつけていてキツさはない】○操作ボタンに関しては、右側のみで操作(ちなみに、イヤホンジャックも右側)○音はボーカルメインの高音より。【クール寄りのボーカルで、低音から高音まで全域が響く】○高音は刺さりにくく、低音はそれなり。中音域の濃密感が良い○音の情報量が同社のm04sやm07よりも高いくせに、分離能が素晴らしい!という感じです。そのため、10段階評価をするなら8点です。(後述のイヤーパッドの件がなければ、10点11点つけたくなる出来でした)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~装着感がいいことに加えて、非常に軽いことから、この製品もワイヤレス装着時に部屋でぼんやり?うろうろという時にはいいですね。の製品は、つけ心地に関してはどれも最高のようです。これも同じように軽くて長時間つけていられる、いい音を出す製品でした。しかし、イヤーパッドに接着不備があったのは残念です。(オーテクのa500でもあったのですけども???)=====================?付属品 ヘッドホン本体, usbケーブル, 3. 5mmステレオケーブル, 説明書=====================?製品の質感 ヘッドホンは「マッドブラックのヘッドバンド?ヘアラインの入ったハウジング」といったボディなので、指紋が全く目立たない、非常にオシャレな見た目のボディです。イヤーパッドの厚みは2cm超で、かなり柔らかいです。そして、側圧は非常にゆるく、つけ心地は良い物でした。(のヘッドホンはどれもそうですね)アジャスターは12段階の調節が可能です。私の頭(普通サイズよりやや大きい程度)は調節可動域10の位置で、ちょうど合うという形なので、頭の小さい人には細かく調節が効いて良いかもしれませんが、非常に頭の大きい人は着けられなかったりなどするかもしれません。この製品もm07同様に、折りたたみが可能ですが、ヒンジ部はプラのように見えて内部はしっかりと金属が使われているので、アジャスター最大の状態で折りたたんだりした結果、結構丈夫な感じでした。(ただ、チョット固めの印象、慎重に折りたたみたい)なお、ドライバー内蔵部は2接点のヒンジを使うことで上下左右に動き、耳にピッタリ合うという感じです。=====================?操作性 操作は右側の3つのボタンのみで行います。長押しで曲飛ばし戻し、スイッチオンオフ、ペアリング(ヘッドホン本体には書かれていませんが)短押しでボリューム増減、停止再生という形です。ボタンにポッチがないのですが、停止再生だけ離れた位置にあり、ボリュームも+と-の間に溝があります。そのため、まぁ使ってたらわかるなーという感じです。=====================?音質 音はボーカルメインの高音よりという印象です。ボーカルに関しては、クール寄りのボーカルという印象です。また、低音から高音まで全域がバランスよく響きます。特徴としては「中域の厚みがある」「分離能が良い」「どの音も切れが良い」といったものです。金額が上がった分だけ、高級ヘッドホンに近づいていることがひしひしと伝わる音質です。同社のm07なども音が良かったのですが、こっちのほうが中音域の濃密度が違いますね。【いわゆるリッチなサウンドです】(巷では低音出ているだけでリッチとかあるけど、それとはベクトルが全く違う)私はよく中々いいヘッドホンについては、高域の音から低域の音がしっかり出ているという評価をすることが多いですが、その場合の多くは、中域の濃密感を殺してのドンシャリというものが多いです。これの場合は、fidelio l2のように「全域で過不足無く?心地よいサウンドを奏でる」という音でした。低音も出すぎず、高音もシャリシャリしすぎず、本当にいい音だと思いました。.

利点と欠点

メリット

  • 充電ケースがモバイルバッテリーにもなり、とても便利です!
  • 軽量で分離能に長けた高音質の一品!つけ心地も中々【の本気を見ました】
  • バッテリー以外は素晴らしい,だったはずが。サポート?表示が不親切/悩ましい

デメリット

 商品到着後、取説を見ながら左右のペアリングをしようとするも、何回やっても成功せず。試しに、耳に装着し音楽を聞いてみるとペアリング出来ていた。いまだに、設定がよくわからない。 ケースは非常にコンパクトで、これに入れてusbで接続すれば充電。とても便利ではあるが、ケースの蓋の真裏に充電端子が付いているのが残念。蓋をかぶせたら、後ろが底の部分と通常は思うのでは?そこに充電端子があると、横向きに使用するしかない。ただし、蓋はマグネットで止まるし、外れたりする心配はない。 ジョギングする際に装着して、約1時間使用してみた。耳から落ちそうな気配は無かった。ただし、ファイルの早送りなどの操作をする際に、落ちそうになったことが何回かあった。本体の真上を押せば問題ないが、耳に手を持っていった際に、横から当たってしまうことがあるため。おとなしく停止してから操作するか、慣れが必要。1時間程度の装着では、耳に疲労が残ることもありませんでした。 ジョギング中は、音飛びや他との干渉は無かった。(ジョギングコースに、そもそも人があまりいないこともあるが)今までは、左右が連結されたコード式のイヤホンを使用していたが、外れやすかったり本体コードや衣服との擦過音が嫌でした。この商品は、そのような悩みからは解決してくれます。 音質は、低音の広がりはあまり感じず、高音はたまにシャリシャリ感がするときもあるが、インナーイヤーのサイズと金額を考えれば、まずまずといった感じ。 某有名メーカー品の購入を検討していましたが、値段に5倍くらいの開きがあり、ダメ元でこの商品を購入しました。結果は、まずまず満足。壊れるまでこれで行こうかと思っています。.

特徴 【Bluetooth 5.0進化版】 Bluetooth イヤホン 両耳 高音質 完全 ワイヤレス イヤホン 耳掛け式 自動ペアリング IPX7防水 ブルートゥース イヤホン マイク付き 軽量 Siri対応 Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング iPhone&Android対応

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●完全ワイヤレスで、驚きのサウンド:ケーブルを排除した完全ワイヤレスで外れにくく、どんな動きも妨げません。クリアでパワフルなサウンドを実現しました。弊社のイヤホンは、軽量で快適な付け心地と、外れにくさを実現しました。また、独自のデザインにより安定した装着感を実現しています。
  • ●安定したBluetooth接続:先進技術アンテナなので、信号が強くなり、5.0の高いバージョンのBluetoothコアを採用、10m長めの伝送距離iosとandroidに対応可能。独自のデジタル信号処理や、音量に合わせて最適化するイコライザーにより、音量にかかわらずクリアです。バランスのとれた迫力のサウンドを実現。日常のあらゆるシーンで、お気に入りの音楽を快適に楽しめます。
  • ●クリアでリッチな高音質 : ワイヤレス イヤホンは専門のオーディオエンジニアがチューニングしており、どの音域でもバランス良くクリアで高品質なサウンドを楽しめます。豊かで質の高いAACオーディオに対応するは、音楽や映画などの様々なサウンドを、本格的な響きであなたの耳に届けます。
  • ●IPX5完全防水:オープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用します。これにより、内部への水の侵入を防ぎ、雨や汗を気にせず使用することができます。スポーツやエクササイズなどのアクティブシーンに最適スポーツイヤホンです。※ご注意:充電ケースは防水仕様ではありません。【自動ON/OFF】ワイヤレス イヤホンはケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入るので電源ボタンを押す必要がありません。イヤホン同士のペアリングが自動的にされるので、あとはデバイスをワンタップするだけで簡単にペアリングが完了です。
  • ●設定は自動、切り替えはシームレス : ワイヤレス イヤホンはケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入るので電源ボタンを押す必要がありません。イヤホン同士のペアリングが自動的にされるので、あとはデバイスをワンタップするだけで簡単にペアリングが完了です。い。真摯に受け止め、ちゃんと対応いたします。

●最先端チップBluetooth 5.0 搭載 従来のV4.2より通信速度が2倍、通信範囲が4倍に向上し、優れた互換性があり、これまでにない簡単・高速かつ途切れのないBluetooth接続体験を可能にします。

●フィット感 人間工学設計で耳の穴に優しくフィットし、長時間の使用にも、耳が痛くならない。

●CVC 6.0 ノイズキャンセリング&HIFI高音質 CVC6.0ノイズリダクション技術を採用し、ACCオーディオに対応しています。音も粒も感じられる程クリアで、純音信号をそのまま高速伝送高音質を実現、明瞭な高音域と豊かな中域、迫力の重低音を再現、どの音域もクリアな高音質でバランスがよく聞きやすくなっています。

●IPX5完全防水:オープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用します。これにより、内部への水の侵入を防ぎ、雨や汗を気にせず使用することができます。スポーツやエクササイズなどのアクティブシーンに最適スポーツイヤホンです。※ご注意:充電ケースは防水仕様ではありません。

●片耳でも両耳でも使用可能 また、2台のスマホ別々に接続も可能です。 片耳使用 ドライブ、ウォーキング、デスクワーク、作業中、通勤、通学、DVD鑑賞、電話会議、様々なシーンで使用可能。 両耳使用 運動する際に、ケーブルが邪魔になることもありません、 安全で快適なデザインにより耳に心地よく、激しく動いても正しい位置に留まります。

●抜群な高い互換性 Bluetooth を搭載した全ての機器と接続して使用可能。 iphone, ipod, ipad,などのアップル製品や、各社のスマートフォンはもちろん、Bluetooth 機能のあるパソコンや、オーディオ機器など、幅広く仕様可能。

ベスト 【Bluetooth 5.0進化版】 Bluetooth イヤホン 両耳 高音質 完全 ワイヤレス イヤホン 耳掛け式 自動ペアリング IPX7防水 ブルートゥース イヤホン マイク付き 軽量 Siri対応 Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング iPhone&Android対応 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.