JBL Synchros E10 カナル型イヤホン ブラック E10BLK 【国内正規品】 – 躯体は小さいがかなりの実力者

マウスピースが硬くて耳が疲れる。あと。外れやすい。高温の伸びがないのは仕方ないかな。.

最初、個体による不良品かと思いましたが返品交換していただいても同じ症状だったので平たいケーブルのサガなのでしょうか?音がクリアに聴こえる時はエージングしてないのに結構良い音なのですが、プラグ部分を回したりするとノイズが入り音のボリュームすら聴こえ方が変わってしまいました。まぁJBLさんなので、ちゃんとした商品なのでしょうけど梱包の時に無理やり入ってる感があったので断線してるのではないか?とまで考えてしまいます。また返品交換するのも気がひけるしキャンセルしました。.

音的に気に入ってます。耳穴に入れるゴムが取れやすいのは困りますが。。.

色、デザインとも気に入ってますが、肝心の機能がいまいち。ケーブルが引っ掛かる(きし麺型で材質がもっちりしてる)ので取り回しが良くない。いわゆるケーブルノイズの原因になる(シュア掛けにすることでかなり解消できますが)。あと、もちろん購入時に了解の上で買ったものの、やはりオン/オフスイッチのみでボリューム調整できないのが不便. もう慣れましたけど。.

Jblといえばスピーカーで有名ですが、イヤホンに関してはどうなのかなと思ってました。実際使用して見てさすがjblですね、この価格でこのサウンドは最高です。.

先ず、見た感じはかなりシンプルパットは大、中、小添付されていますのでご自身の耳に合った物を選択すれば良いでしょう。重低音から高音域まで素晴らしい再生力です。音量を下げると重低音が軽くなってしまいますが、そこまで下げてしまうと周囲の音に負けてしまいそうです。jazzとアップルで無料配信されたu2を聴いてみましたが、楽器一つ一つの音も楽しめとても好感が持てました。後は、移動で音漏れや周囲の音がどれだけ邪魔をするか確かめてみます。.

初めてイヤフォンを購入しましたが、音質には文句なしとは言えないけど、充分かな。家のスピーカー《ダイアトーンのds1000》よりは低音にパンチがある。中高音は同等で耳触りしないです。長く聞いていても疲れないですね。.

いいカイモノでしたー。毎日使って大活躍してるよ。マイクがついてて便利だし、オススメします.

利点と欠点

メリット

  • JBLお宅の購入です。
  • 低音がしっかりと出ていてロック向けかも。
  • 満足な音質

デメリット

Jblスピーカの音質が好きで、数台スピーカセットを所有しています。本品の用途はウオークマンでの使用です。早速、モニターしましたが、硬い音質でエイジングが必要と思いました。2日程、エイジングした結果、音質がなめらかになってきました。ヴォーカルが全面に出る音質はjblの特長で、満足しています。使い込むともっと良くなる予感がします。コスパは高いです。.

オーディオの専門家ではありませんので、素人的レビューですみません。まず、見た目の印象からですが、ケーブル形状は丸ではなくフラットです。だから多少雑な扱いでも絡みにくいのではないかと思います。イヤホン部分はストレートではなく若干の角度が付いているので、イヤーピースを選んでしっかりはめると耳のフィット感や音場への没入感は高くなります。樹脂部分の色合いもマット系の色使いで、価格よりも高級感が感じられます。銀色のメタリック部分はその上にjblと書かれているので、メーカーの存在感があります。それで音質については、私は現在akgのip2をメインに使っていますのでそれとの比較になりますが・・・。最初の印象は低音が強いな、といったところでした。ロック系の音楽ならベースが良く響く感じです。ip2でフラットな印象だった楽曲がメリハリがあるように聞こえる反面、曲によっては強調されすぎる低音で聞き疲れするかも知れないように感じました。音の解像度的な印象はまあまあです。広がりはこぢんまりとしていますが、音の配置はイメージできます。しかしやや高めの音(シンバル系など)は回りの音に沈み込んでしまう感じもあります。低音が強めに出るだけに、ネオアコ系の元々低音をやや控えめにした楽曲を聴く時にはかえって意外と合うかも知れません。(エコバニの初期アルバムを聴いてみるとリズム隊のシルエットがip2よりもしっかり感じられました)総じて音の腰が太く感じられるので、刺激を好む方がドラムンベースとかを聴くとイヤホンなのに頭蓋骨まで振動が響くような感じになると思います。以上イヤホンとしてのクオリティは高めであると思いますが、用途によります。少しだけ古めの楽曲のリズムを重視して聞いてみたい時にはオススメです。しかし、リズムを強調した楽曲をこのイヤホンで普通の方が聴くと疲れやすいのではないかと思います。.

低音から高音まで、とても自然な音作りだと思います。可もなく不可もなくといったところ。 只、タッチノイズが酷すぎます。これは、かなり酷いレベルです。これを低減できれば、☆4。 収納(バッグ 等)時のカラミを解決できたら、☆5です。 ガンバレ!! JBL!!!.

やっぱり jbl !音の分離・重低音、気分良く大満足でした・・ 価格も大満足、40年以上の付き合いですが失望は、一度もありません!我が良き友です・・・.

主に通話用として購入しましたが、非常に音質もよく、重宝しております。.

某電気量販店でいろいろと5千円以内で聴き試していましたがこのモデルが衝撃的で即買いしてしまいました。他の方の評価は高くないですが、今まで私が使ってきたものとも比べても低音がしっかり出ているのでロック系にはもってこいだと思います。.

価格相応の性能です。音質に関しては何も不満はありません。イヤホンのデザインもjblというブランドに相応しいデザインでとても素晴らしいと思います。気になる音漏れの問題は、大音量で音楽を聞かない限りはしないかと。しかし、問題点があります。問題としては、イヤホンの端子部分であるプラグ?の部分の作りが悪いせいで、音切れする時が少々、あります。あと、ケーブルの絡まりやすさ. これがなければ。それ以外は何の不満もないですね!満足してます。ただ、4000円という価格で作りが悪くては、jblの存在価値というのはないような気がします。そうならないためにも、改善して欲しいばかりです。.

Mdr-ex300slを普段使用しているのですが、そちらと比較すると音が全体的に荒く、篭ったように聞こえます。クリアさが乏しく感じます。上記の商品と比べて安価なので仕方ないとは思いますが、残念です。カナル式なので耳にフィットしますが、差し込む際にきゅぽっと耳元で音がするのも残念です。ケーブルが板状なので丸状のものと比べて表面積が大きいのでこすれた際のノイズ率が高いです。デザインは良いのでもったいなぁと思います。.

現在はjvcのha-fx850と、クリプシュのx11iを使用している者です。オーディオ用のイヤホンとしては、当然上を見ればキリがありませんが、昨今ではshureのse112(家族が使用している)やsonyのmdr-ex650など、5,000円前後でも相当なクオリティを持つ製品が続々増えています。それらと比べると、音質としてはバランス重視で、低音が若干弱い(軽い)印象を持ちました。ただ、今後音を楽しむ上で色々手を広げたいと思う方であれば、最初にこういったクセの少ないモデルを選んだ方が変化を感じ取りやすく、幅が広がるのではないかと思います。.

特徴 JBL Synchros E10 カナル型イヤホン ブラック E10BLK 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 4968929037001

思ったよりも音はよくない。。値段相応だと思う。期待したのが残念。.

低温がまったくでない。高音もそこまで。買わなきゃよかった・・・.

妻用に購入、娘と同じ機種です。満足しています。さすがjblですね。.

手頃な価格でjblのjazz soundがいつでも聞ける。ただ、ボリュームコントロールがついていないので面倒な時があります。.

Jblブランドが好きで量販店に行っても売っていなかったのでamazonで購入。音も視聴して買ったわけではありませんが、¥価格相応?にまあ満足。しかし、取替えのイヤーピースsmlと3種類入ってますがどれにしても私にはしっくりとこなくて耳から外れてしまう…。あまりに使いづらくて他の物に買い替えました。残念。.

低音重視の個人的な感想です。低音はそこそこで問題なくさらに中高音の解像度というか輪郭がはっきりしているしているけどシャカシャカしてない感じがしました。音に関しては結構好みですがイヤホンを装着した時に金属のギザギザ(ローレット)が耳にあたり痛い時があるのが残念。見た目はかっこいいのに。あとケーブルが硬いのもイマイチで星3つですね。.

個人的にiphoneの付属品イヤホンにすら負ける、音の膨らみが違いすぎる安物。ブランドの底力かと、レビューが良かったので買ってみたがかなり残念賞ですね。100均のと似ていて、スッキリ曇って聴こえます。お金出してこの音は、ないですね。.

低音がしっかり届く。いつも使っているヘッドフォンと比べ高音がマイルドになり、軽量なのにドコドンと頭の中に響いてくるので存在感がある。ベースやドラムに特徴のある楽曲ならこちらの方がいい。一方、女性ボーカルの曲だと高音の伸びやかな声が抑えられてしまうようだ。イヤーチップを大中小から選んで付け直し耳穴にフィットさせると、一気に別空間、録音ブースに入った感じ。没入感を味わえる。ただ、その時の耳穴への圧迫感はヘッドフォンには無かったので、これは慣れるしかないだろう。小さくスタイリッシュだけど、ハードな音響空間をくれる存在感のあるイヤフォンだ。.

悪くはないですが、同価格帯の中で、特に優れているということもないです。音に関しては、人それぞれですが、個人的には積極的に選ぶ理由はなかったかなぁ。.

全体的に歪みが少ないです。特に高音が綺麗に出てます。長時間聴いていても疲れません。私の場合エージングは一日ですみました。.

個人的な好みはそれぞれあると思いますが、値段の割には良いと思いますよ。.

先行されている他のレビュアーさんと感想が真逆になってしまいますが、自分が感じたことを正直に書きます。最初の印象は「低音が弱い」でした。ですが、エージングというのでしょうか数十時間ほど鳴らしっぱなしにしていると、少しづつ鳴ってくれるように変わってきている感じがあります。とはいえ、それでも低音は硬めで、中高音重視という印象です。たとえばiphoneの標準イヤホンと聞き比べるとその傾向を強く感じます。そのせいで、耳に感じる音圧は低めでしょうか。iphone標準イヤホンからこれに替えると音が薄く感じられ、逆だとこもって感じられます。数年前に購入したゼンハイザーの同価格帯のもの(インイヤー型)に音の感じが似ています。・・・と、ここまで書いて「中音重視」などという文字を見ると、自分なら昔のラジカセのような安っぽい音を想像しそうですが、そういうわけではありません。一定のバランスを保ちながら、ボーカルが前に出るように聴こえます。いずれにしても、低音を強調するタイプのイヤホンではないと私は感じていますから、ダンスミュージックなどベースやバスドラの強いビートを望まれる方には少し物足りないかもしれません。個人的にはポップスやロックなどのボーカルものに好適と感じます。楽器はいくつか演奏しますが音質への強いこだわりがあるわけではなく、オーディオに詳しいわけでもまったくありません。イヤホンも自分で購入するのは数千円程度のものばかりです。そういうわけで上記はあくまで私的な感想であり、自信を持ってこうだと言い切ることは決してできないのが心苦しいのですが、フィット感も含めて私は気に入りました。決して低音好きではなく、むしろ高音のクリアさを気持ち良く感じるほうだと自分では思っているのですが、それでも「もう少し低音が太ければ」という印象があり、そのぶんでマイナス1星です。音の評価というのは個々人でずいぶん違い、難しいものだと改めて感じています。自信を持って言えるのは操作法です。左耳から12cmほどのケーブル上に、操作ボタンが1つ付いています。 1クリックで、再生/停止 2クリックで、ひとつ次の曲間へ 3クリックで、ひとつ前の曲間へという操作になります(iphoneの場合です。他機種はわかりません)。試していませんが、電話の場合はクリックで「通話開始/終話」という動作にな、通話用のマイクもこの部分に内蔵されているようです。ケーブルの長さは、コネクタから耳まで120cmほど。左右は等長です。外観とその質感は、同価格帯の中ではかなり良いほうだと思います。長文を失礼しました。.

シリコンを付ける突起部分(音が出る所)が結構太くてどのサイズのシリコンを着けてもしっくりこなかったです。いつも移動中に使うので顔の向きを変えるだけで耳穴から浮くような感じがありました。最初は稲庭うどん系のコードがマフラーとかに触れて反発してるんだと思ってましたが前に使っていたsonyのと比べたら突起部分の太さが全然違ったので原因が分かりました。参考になるかわかりませんけどsonyのイヤホンでは中くらいのサイズのシリコンをいつも使ってるので耳穴が極端に小さい訳ではないと思います。音は同じくらいの金額のsonyの物よりは好みです。ごちゃごちゃしてない清い音な感じがしました。(なんじゃそりゃ).

Jblのsynchosシリーズは、ヘッドホンから好きになりました。低音、他のsynchosシリーズより出てます。synchosシリーズはモニター系のバランスのとれた音作りと思っていましたが低音があってビックリしました。中高音、なかなか出ていますが、低音よりなので高音がイマイチ出きれていない感じも。しかし、低音に邪魔されてこもる感じもなく、さすがjblのsynchosシリーズです。全体的に、なかなかお洒落で音もいいので沢山の人に使って貰いたいと思ってます。.

ベスト JBL Synchros E10 カナル型イヤホン ブラック E10BLK 【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.