Jabra スポーツ用 ステレオBluetoothヘッドセット Sport Rox J-SPORTROX-WH – 一度も使えず

買って間もなくペアリング出来ず訳が分からず取り敢えず放って置いた。久しぶりに引き出しから出して充電して満タンになったがケーブル外して電源ボタン長押しても電源すら入らず。購入時期を調べたら運悪く1年を経過。保証されないのは自業自得だが結局は14000いくらがゴミとなった。.

ブルートゥースがいまいち繋がりにくい印象を持っているかな?それ以外はGOOD!.

届いたばかりでまだ使い始めなのですが、とりあえず身軽になったことでかなりテンションが高い状態です。私の場合、体にしっかりキープされていて特に使い勝手については不満もなく、xperia z3で無事動いております。通話に関しても、相手に違和感や聞き取りづらいところはないか聞いておりますが特になく、むしろ今までより良好とのこと。ip54でこの手の商品というと妙に安いか2万円以上のばかりですが、その中で見ると値段に見合うよい商品だと思います。ただ、ip54というには、ちょっとusbコネクタ回りが不安だったりしますので、話半分でみておりますが…がんばって欲しいところです。音質については、可もなく不可もなくでして、この値段出してイヤホンを買ったぜ!というには不満なラインです。躍動感、臨場感はなく、とりあえず下からスコーカ域まで平坦で薄め、上に向かって少々前に出てくる感じのものに感じます。逆に特に聞き疲れもしなければ、神経を使うものでもないんで、スポーツをしながらーとかで利用するにはむしろいいかもしれません。使い込んでいくうちに音はまた変わってくると思うんで、日を置いてまた記載しにきます。.

 以前使っていた有線のイヤホンが所々断線して修復もできないので買い替え。 手持ちのiphone6が「イヤホンジャックが硬い」「ポケットに入れるとイヤホンの根元に負担がかかる」などからbluetoothイヤホンを検討した。 最終的に買ったのはjabraの「sport rox wireless」。 候補は、同じくjabraの「rox wireless」と、jaybirdの「音質で評判が良く、汗で壊れても永久保証のbluebuds x bluetooth」。 以下、長文で申し訳ないのだが、購買の決め手にした点、挙動を検証した点などをレビューする。 私も皆さんのレビューを大変参考にさせていただいた。 同じく検討中の方にも何かの参考になれば幸いである。(基本的にjabraの「sport rox wireless」と「rox wireless」でできることは同じ。)ーーーa「sport rox wireless」と「rox wireless」の違い1:防滴性の違い。 少し紛らわしいのだが、前者は「防滴・防塵(ip54) 」後者は「防滴・防塵(ip52) 」と書いてあり、「防塵性」は両者とも同じく5級だが、水の強さに違いがある。「bluebuds x bluetooth」と同じくらい水には強いのは前者。2:付属品の違い。 前者はアームバンドが、後者はポーチがつく。など。ーーーb「sport rox wireless」と「bluebuds x bluetooth」の違い1:音質の違い。 個人の好みか。個人的には不満ない。2:前者は磁石による電源制御が可能。 単純に面白そう、 買い物のレジのたびにイヤホンを片耳外すから便利そう、と思ったが、 ステンレス製のカバー部分に傷がつくし、レジでも片耳しか外さないから使わなくなりそう。3:前者はマルチポイント機能がついていて同時接続が2機種まで可能。(マルチペアリングは両者とも8機種まで) 購買の決め手にしたのはマルチポイント機能が有るからなのだが、 結論から言えば、私の生活スタイルには機能不足だった。 私は以下の機種を使っているのだが、 iphone6 ←電話、音楽が少し、メール、line、などなど macbook air 2011 ←音楽と動画がたくさん ipad mini2 ←本、音楽と動画が少し、など ケース1:家ではmacで音楽を聴くが、iphone6への連絡も気づきたい。 →しかし、マルチポイント機能は「電話の着信音のみ」をイヤホンに転送するもので、 それ以外の、line、乗換などのアラーム、デフォルトアプリのタイマー、などには気付けない。 ※メールなどmac上に通知を出せば気付けるものもある。 しかし、全てを同じようにmac上に通知できるわけではないし、 普段から重複して通知がくるのはわずらわしい。(余談だがiphoneのデフォルトのタイマーアプリは、マルチポイント機能を使っていなくても 時間が来ると「再生中の音楽が止まりiphone6本体のスピーカから音」が出る。これは従来からそうらしい。) ケース2:外で待ち合わせ、道中iphone6の電池節約のため、ipad miniで音楽再生。iphone6でlineや乗換アプリのアラームを使いたい。 →ケース1と同じ理由で、イヤホンからはlineの通知や乗換アプリのアラームはイヤホンからならない。  解決方法としては、iphoneをマナーモードにしてバイブで知ることだが、  しかしこれでは、そもそもマルチポイント機能を使っていない。 ケース3:家ではiphone6で音楽を聴きたい、その際macのライブラリをwi-fiで共有する。 →iphone6から全てのライブラリが再生でき、iphone6への電話やメールなどにも気付ける。  しかしこれも、そもそもマルチポイント機能を使っていない。 となり、「電話の着信のみ知らせるマルチポイント機能」は私には意味が薄かった。ーーーc「bluetoothイヤホン」としての「sport rox wireless」1:iphone6、mac、ipad mini2のどれか2つを同時にマルチポイント接続していた場合、 一方で再生しているときに、後からもう一方で音楽を再生すると、先に再生されている音楽が優先される。(そして再生されている音楽を止めて1秒ほど待つと、「裏で再生されている」もう一方の音楽を再生し始める。 他の方で「後勝ち」とのレビューもあったので、機種の組み合わせで異なるのかもしれない。)2:appletv(airplay)との併用。(夜中に動画を見たいので、画面はtvに、音だけはイヤホンからとしたい。 →itunes経由でairplayした場合は、画面と音がセットでtvに転送されるのでできない。 しかし「デスクトップ拡張」した場合は、イヤホンから音だけだせる。(macに負荷がかかるからあまりしたくない。)3:電源が入らない場合がある?? 充電中はledが赤く光るが、rox本体のボタンを押すと消える。(以下のurlに「安全上充電中は操作するな」とも書いてある。 https://www. Jp/‾/media/product%20documentation/jabra%20rox/user%20manuals/jabra%20rox%20wireless%20user%20manual%20revb_jp. Pdf ) ここで充電ケーブルを抜いてrox本体を操作すると、大抵電源は入らない。 →これには治し方があって、 改めて充電ケーブルを挿してから、しばらく何も操作せずに充電ケーブルを抜くと、 大抵治るようだ。(私も初期不良かと疑った。)4:急速充電できてるかもしれない。 ipad用の2. 1a usbアダプタを使うと、1. 5時間でledが赤から緑になる。(フル充電には通常2. 5時間かかる。 iphone6上のイヤホン電池アイコンで確認しても、ちゃんとフルになっている。)5:料理中や洗い物中にかかってきた電話はとりづらい。 まず、汚れた手ではリモコンは触りたくない。 しかし、iphone6本体を操作してとると相手の音声はiphone本体のスピーカからになる、 なのでもうひと操作してイヤホンに切り替える必要がある。(結局「何にも触らずに済ます」には、電話が切れるのを待ってhey siriで電話をかけることになりそう。)6:接続情報が「jabra rox wireless v2. 0」と表示される。 もし「sport rox wireless」と「rox wireless」の両方をお持ちの方は 接続情報の表記では区別がつかないかもしれない。7:iphone6には「友達を探す」という相手の位置情報を表示するアプリがあるが、 bluetoothイヤホンを接続して電話している間は、相手の位置情報が取れない。(電話で使っているiphone6、mac、ipad mini2、のどれからでも位置情報が取れない。) →つまり、bluetoothイヤホンの影響で期待した通りに動かないアプリがある。8:付属のイヤーピースを全て試したが、耳の痛くなる場所が変わるだけだった。 →以前使っていたイヤホンのイヤーピース(etymotic researchのhf5)が余っていたのでそれに流用して解決。 hf5のほうが軸が細いのだが、イヤーピース内部の細い筒?みたいなパーツを抜いたら付けられた。9:マイクがリモコン部ではなくイヤホン部についているので、 相手にちゃんと聞こえるか不安だったが、問題なかった。(相手は今までと違いを感じなかったとのこと。)ーーー 期待したマルチポイント機能はイマイチだったが、機種を切り替えたいときにbluetoothをonoffするよりは相当楽だし早いのはメリットに思える。bluetooth4. 0で消費バッテリーも相当に軽減されたのでbluetoothを常にonにされている方には嬉しいと思う。 不満が目立ってしまったが「有線ではできなかった新しい使い方ができるようになった、だから新しい不満も生まれた」ぐらいに受け止めている。 誰にでもおすすめはできないが、自分に合うかどうか調べる価値のあるアイテムだと思う。.

利点と欠点

メリット

  • 値段に見合う商品…か?
  • 一度も使えず
  • 気に入っておりますが

デメリット

特徴 JABRA スポーツ用 ステレオBluetoothヘッドセットJabra Sport Rox J-SPORTROX-WH

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:5mW
  • タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:対応(マイク)
  • サラウンド:対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:Bluetooth
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):20000Hz

ベスト JABRA スポーツ用 ステレオBluetoothヘッドセットJabra Sport Rox J-SPORTROX-WH 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.