intime 轟(GO)MMCXリケーブル ハイレゾ対応カナル型イヤホン – デザインがダサい

今まで多数の中華イヤホン、2つのソニー製イヤホンを使って来ましたが、中華イヤホンは言うに及ばず、ソニーの2製品(ハイブリッドと3BA)を凌駕する性能だと感じています(あくまでも個人の感覚ですが)。音の傾向は製品名の通り、低音重視ですが、中高音もしっかり出ており、トータルのバランスは抜群です❗.

分かってたことだがデザインがダサい。ダサすぎる音質については価格相応。デザインが良ければ★5.

音も微妙な上、すぐに壊れてしまった。昔買ったソニーの5000円位のイヤホンの方が音が好みだった。.

アマゾンにて新品で購入しました。20時間弱エイジングを済ませた上での感想です。私は普段使っているイヤホン(mdr xb90ex )が断線してしまったのでこちらを購入してみました。低音中音高音ともに無難に乗りこなしていて、低音がかなり力強い印象を受けました。低音メインで聞いているので、一部分を除いてはとてもいいイヤホンです。特に中音域のクリア度合い、ギターやクラブ系特有の低音の音の強さに驚きました。 個人的唯一欠点なのが、このイヤホンはクラブ系のデジタルシンセの一部の音や、それと類似した特定の音が苦手だと感じました。音が割れていたり、こもってたり、シャリシャリしていたりと音の解像度がその点だけ低く感じます。いくつか欠点を感じた曲名を挙げると、ps4の音楽ゲーム 初音ミク project diva ftdxのサンドリヨン(アドレサンス)、jubeatのseventh heaven、passionate fate です。これらの曲に問わず、総じて電子音の特定の音(高音?)にどこか引っかかりを感じました。極稀にですがハードスタイルのキック(低音)が割れてるように聞こえる曲もありました。おそらくこのイヤホンの癖の一つなので、私の好きな曲が良く聞けないのはかなり惜しかったです。それ以外の中音域や低音は現状特に問題なく迫力を帯びて聞こえています。また、高音でも綺麗に聞こえる曲もあります。最後に 私が主に聞いている曲がこのイヤホンの苦手(個人的に音の鳴り方が好ましくない)とする部分が多かっただけで、ロックや中音域が主な曲に関しては、ずば抜けたイヤホンだと思います。 慣れるとこの癖が面白く、今まで聞かなかった曲が一変していい曲になったり、今まで気にしなかった音が聞こえてきたり音そのものが変わって聞こえたりと、曲を取っ替え引っ替えしてこのイヤホンを毎日楽しんでます。かなり気に入ったイヤホンなので、気になってたり、予算と都合が合うなら、購入をオススメします。補足として、あまりイヤホンや音楽の知識について詳しいことがわからないので、レビューとしてトンチンカンなことを書いてたら申し訳ありません。 他の方のレビューも参考にお願いします。評価は、惜しくも大好きな曲が苦手でしたが、曲によってはかなりいいイヤホンですので、星4にしました。長文失礼しました。.

イヤホンは値段で決まらないという事とリケーブルの楽しさを教えてくれたイヤホンです。.

利点と欠点

メリット

  • アマゾンにて新品で購入しました。20時間弱エイジング済み 個人的感想
  • 低音もしっかり出る、バランスの良い高コスパ機❗
  • 約1年使用。

デメリット

特徴 intime 轟(GO)MMCXリケーブル ハイレゾ対応カナル型イヤホン

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 目指したのは「スマホで鳴らせるイヤホンの最高峰」
  • 「轟」はintimeが挑戦した刺激的な音作りを具現化したモデルです。重低音を出せるイヤホンは多くありますが、 やや音像がぼやけて見える傾向にありました。弊社では新開発のチタンウーハーとVST2のマッチングを徹底的に行い「重低音なのに切れがある」そんな音に仕上げました。
  • 「轟」の名にふさわしく刺激的な音ではあるもののintimeならではの音の美しさは忘れていません。 ステンレス筐体の持つ速度感溢れる重低音と、決して低音に埋もれることの無いボーカルや、 他の楽器達とのバランスは特筆出来るレベルです。通勤時に聞くと、意外にこの重低音も普通に聞こえて来るから不思議です・・・。
  • 「轟」では速度感のある低域をしっかり得るために、チタンコートを施した振動板を採用しています。チタンの持つ軽さと音の伝達の速さが、豊かにかつ切れのある低域を再生してくれます。 低域重視のイヤホンは得てして、中高域の透明度が低くなりがちです。
  • しかしながら「轟」ではVST2とのベストチューニングを行い、太いのに切れがある類い希な刺激的な音をお楽しみ頂けます。

ベスト intime 轟(GO)MMCXリケーブル ハイレゾ対応カナル型イヤホン レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.