FOSTEX ワイヤレス・ステレオイヤホン Te05bt – バランス良し

とても気に入ってます。無駄に低音が強い訳でもなく、細かい音を緻密に、かつ喧しくはなく、バランス良く綺麗に鳴らすといった印象です。特にアコースティックなものを聴くととても気持ちいい。.

非常にクリアでタイトな音です。カナル型にありがちなmid-lowが強調されたモヤモヤした感じが全くありません。買ってよかった。.

Fostexの製品は結構購入しているのですが何故かヘッドフォンやイヤフォンは未購入でした。今まではドイツ製のそこそこ値の張るワイヤードヘッドフォンを使用していたのですが外出時の煩わしさに今回の購入を決めました。ブルートゥースということで不安もありましたが音質も含め杞憂に終わりました。音質についてはダイナミック型でありながら透明感のある音です。超高域は若干不足を感じますが戸外で使用するには問題ないでしょう。品質や音質を考えるとこの価格は驚くべきことと思います。ただイヤーチップが他メーカーより大きいように感じます。私の場合大抵はmサイズでしたがこの製品ではsでジャストフィットでした。.

今まで失敗ばかりしてきましたが、やっと本物に巡り会いました。店舗で聞き比べしましてその中で良さそうなので取りあえず決めました。購入後1週間が過ぎたのでレビューします。fostexは昔からありましたが室内オーディオのスピーカーはイギリス製に拘りつづけてきました。このイヤホンは最初は屋外で聴いているような雑な感じでしたが1週間の間、音楽やエージングソフトを鳴らし続けたところ激変していました。音量もエージングなのでボリューム7割程度に上げて、鳴らしっぱなしでほっといても7時間ぐらい鳴り続けます最初は屋外で音楽を聴いているようだと言いましたが、それがコンサートホールにいるような静けさになっていました。早速好みの音楽を聴いてみましたが、定位、空間、余韻などリアルさを感じられてブルートゥースとは思えない音に変化していました。ボリュームを上げてもうるさく感じないのもすごいことです。(cd→aacの圧縮なのに)クラシックが好みですが、ボーカルもオーケストラも音楽に浸れます。(スマホのイコライザーで調整し好みのバランスにするとなお良い)イヤホンでここまで再生出来るのかと感心しました。今までのイヤホンやコンプライ・イヤーパッドは全て処分しました。唯一youtbeの再生・停止のみ効きませんがどうでもよくなりました。その他の動作も完璧なので、いつかyoutubeのバージョンアップされるのを待ちます。メーカーの方かな?と思うようなレビューにも惑わされ続けました。私はどちらかというと厳しく批評する方なのですがこれは文句なしおすすめですね。それに国産なので品質差も少ないのではと思いますよ。ほめすぎかな?.

Fostexなので音質的には合格点だと思いますが、ipx何がしかの防水性が皆無のため、汗をかいて濡れてしまうと、呆気なく動作不能となってしまいました。出来れば防水性が欲しかったですね。.

利点と欠点

メリット

  • いいですね!
  • 防水性が欲しかった。
  • バランス良し

デメリット

特徴 Fostex ワイヤレス・ステレオイヤホン Te05bt(bk)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 付属品 : イヤーピース(S、M、L各1ペア)、充電用USBケーブル×1、専用ポーチ×1
  • 型式 : 密閉・ダイナミック型
  • 通信方式 : Bluetooth ver.4.1
  • 対応プロファイル : A2DP、AVRCP、HFP、HSP
  • 対応コーデック : Qualcom aptX audio、AAC、SBC

メーカーより

拡大表示

拡大表示

TE05BT Wireless Stereo Earphones

アルミニウムハウジング採用の高音質 TE05シリーズをワイヤレス化。独自の 音質調整に加えaptX、AACに対応し、 ワイヤレスでも表現豊かなリアルサウ ンドを楽しめるTE05BT新発売。

拡大表示

■主な特長

【高剛性、高精度のアルミニウム削り出しハウジングを採用】ハウジングに剛性の高いアルミニウム素材を採用し、不要な振動を抑えて華やかな音質を実現。

【力強い低音、広帯域再生を実現するダイナミック型ドライバーを採用】クリアな中音域、そしてパワフルに響く低音。独自調整を施したφ8mm高精度ダイナミック型ドライバーを搭載し、 充実の広帯域再生を実現。

【Bluetooth(R)標準規格ver.4.1を採用】 電波干渉が少なく省電力で安定した伝送を可能とするBluetooth ver.4.1を採用。

【Qualcomm(R) aptX audio、AACに対応。低遅延、高音質伝送を実現】 搭載ドライバーの高い性能を伝える高音質コーデックを採用し、高音質再生は勿論、動画鑑賞時の音声遅延による ストレスを抑制。

【ハンズフリー通話/マルチポイント対応】 HFP/HSPプロファイル対応のスマートフォン、または携帯電話でハンズフリー通話が可能。また、マルチポイン ト機能にも対応し、スマートフォン、または携帯電話を2台同時に接続状態にすることができ、どちらの着信にも 応答/通話が可能。

※Bluetoothワードマーク及びロゴは、Bluetooth SIG,Inc.の所有であり、フォステクスカンパニー(フォスター電機株式会社)はライセンスに基づきこのマークを使用しています。 ※AACはドルビーラボラトリーズの登録商標です。 ※Qualcomm(R)aptX audioおよびaptXロゴはQualcomm Technologies International, Ltd.の登録商標です。※ 製品の仕様および外観などは、改良のため将来予告なく変更することがあります。※ 製品の色は、撮影・印刷の関係で実際の色と異なって見えることがあります。

■主な仕様 【型式】 密閉・ダイナミック型 【質量】 約17g
【感度】 93dB/mW 【出力】 Class2(最大通信距離約10m)
【電源】 内蔵充電式リチウムイオン電池 【通信方式】 Bluetooth ver.4.1
【充電時間】 1.5時間 【対応プロファイル】 A2DP、AVRCP、HFP、HSP
【連続再生・通話時間】 約6.5時間 【対応コーデック】 Qualcom(R) aptXTM audio、 AAC、SBC
【 ドライバーユニット】 φ8mm 【対応コンテンツ保護】 SCMS-T方式
【再生周波数帯域】 20Hz~20kHz 【付属品】 イヤーピース(S、M、L 各1ペア)、充電用USBケーブル×1、専用ポーチ×1
【インピーダンス】 16Ω

ベスト Fostex ワイヤレス・ステレオイヤホン Te05bt(bk) レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.