Fiio USB-DAC ヘッドホンアンプ E7【並行輸入品】 – 良好な商品です。

やっぱりヘッドホンアンプにしてはイイと思う。ミドル級のモデルのしては割りとイイ感じの解像感が味わえる。.

まず説明書に日本語がないのでびっくり。操作方法は簡単だから困らないけどね。で、使った感想はというと、たしかに低音が増幅されたけど期待したほどではない。5000円くらいの安いイヤホンを使っているのでオーディオ専門店でもっと高いのを試してみたけどあんまり変わらないかな。コストパフォーマンスとアフターサービスを考えると正規品であって、もっと性能が高いのを買ったほうが良いと思います。.

問題なく使えてます こういったモノって初期不良さえなければあとは問題ない事が多いから自己責任で並行品を購入するのはアリだと思います.

並行輸入だったので少しためらいながらも購入。まったく問題なく今も使えています。箱も思った以上にきれいでした。このポタアンを使ったおかげで低音域の空間が広くなり低音が伸びました!中、高音に関しては大して変わったようには感じませんでした。(素人なだけかも低音好きの方にぜひお勧めです!.

今までは、ipod touchでmp3を聴いて満足していました。が、ある時wavファイルの音を携帯電話で聴いてから、pcオーディオの奥の深さに段々と取り付かれてきました。そんな時に、このe7の事を知り、手軽にハイレゾの世界を楽しむ事が出来るので購入しました。今ではshureのカナルヘッドホンも新調し、手軽にイイ音を満喫しています。今後は、usb-dac機能を活用し、pcオーディオの世界にのめり込むでしょう。.

並行輸入品とのことで、商品が届き使用してみるまでは少し不安もありました。しかし、実際の商品は(正規品は目にしていませんけど、たぶん)正規品と同じもので、使用感も良好です。使用環境は、今はお下がりになってipod touch状態のiphone3g→fiio l9→fiio e7→audio-technica ath-esw9です。これまでfiio e6を使っていましたので、それと比較すると、低域が増し、全体の音にも厚み、線の太さのようなものがでました。また、音の一つ一つがクリアになった気がします。サイズが大きく、そのため電気の流れも大きくなり音圧が上がったせいかもしれません。操作ボタンは、本体のサイドにあり、e6よりも大きいため、iphoneと重ねた場合でも操作しやすいです。縦横全体の大きさはiphoneよりも若干小さいですが、厚みは1. 5倍くらいあるため、持ち歩けないことはないでしょうが、屋外での持ち歩きにはあまり向いていないと思います。室内で聞く場所を変えて良い音楽を楽しむ目的の方が使い方として合っている気がします。正規品の80%程度の値段で、良好な音楽環境が構築できるのであれば、並行輸入品でもなんら問題ないと思います。トラブルがあった場合メーカー保証がないとのことですが、今後仮に故障したら、上位機種や他社製品にグレードアップしていくつもりですので、当面はお安く手に入った本製品を大事に使っていこうと考えています。.

利点と欠点

メリット

  • 並行品でも良いじゃん

  • なかなかイイ音してますよ。

  • うーん、どうなのかな・・・

デメリット

特徴 Fiio USB-DAC ヘッドホンアンプ E7【並行輸入品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 出力:150mW(16Ω) 16mW(300Ω)
  • 周波数特性:10Hz~100KHz
  • 適応インピーダンス:16Ω~300Ω
  • 電源供給:内蔵 1050mAh Li-ionバッテリー USB充電方式
  • 重量:100g

ベスト Fiio USB-DAC ヘッドホンアンプ E7【並行輸入品】 レビュー

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.