Fiio [FiiO]RC-BT – 正規代理店で買うべきです

Shure se215のワイヤレス化で購入しました。メーカー純正ケーブルも出ましたが、1万円超えで納得の商品でなかった時の事を思うとイマイチ購入に至らず、あちこち見て検討してましたが、ようやっと価格的にも見栄え的にも購入してみたいと思えるのが見つかったので、こちらのケーブルを購入しました。イヤー部分のフィット感もすごく良く痛くもなく、外れることもなく、自分にはピッタリでした。ケーブルの長さも長くなく(もう少し短くてもいいかな)重さのバランスもいいので、どちら側にコードが偏ることもなくストレスを感じません。しいて言うのでしたら防水になっていれば星5を付けたかったんですが…純正ケーブルでなくても、こちらで満足できると思います。(当たり外れはあると思うんですが…).

Se215speに使用しています。味付けが濃く低域寄りの温かみがある音質傾向です。解像感が落ちるわけではありません。se846で例えると、ノズルをウォームに変えた時のような変化を感じます。ue900sにも使いましたが、特有の高域が減弱したように感じました。個人的には、ダイナミックとの相性が良いように思います。shureとwestoneのbtケーブルも使っていましたが、長すぎて垂れ下がりが不恰好だったため、bt-rcを購入に至っています。こちらは、丁度首回りを沿う長さで非常に取り回しが良いです。また、バッテリーの持ちも良く満足しています。不満点は、充電差込口のゴム蓋が閉まりにくい事と、音質に味付けが濃すぎる為にイヤホンの相性がある事です。価格が安いので余ったmmcxイヤホンを気軽にbt化するのに、そして短いbtケーブルを探している方におすすめです。.

Shureのse215spe bt-1のリモコンが曲送り戻しが出来ないのとacc対応ではないのが不満でこちらに買い替えました。作りはまぁ少しチープな感じはありますが概ね満足です、詳細には書いてなかったと思うのですがポーチがついていました。(まぁオマケ程度です)音量+-ボタンの長押しで曲送り戻しができるのでいちいちスマホを取り出さなくて良いので満足しています。耳かけの部分はワイヤー無しです、癖がついているのでコードは耳の裏を通って下に出ます、ケーブルと変に膨らまないのでいいと思います。音質ですがacc対応なのでbt-1と比べると綺麗に聞こえます、ホワイトノイズも気になりません。当方iphoneですがiphone以外をお使いでaptx対応の端末を持っていればもっと良い音質で音楽を楽しむことが出来ると思います。.

接続切れるなどは、1ヶ月使って起きていない。あっ、x線を使う車両の近くでは接続切れたわ。.

普段外行きはse215spe-b-bt1-aを使っているので早速試しました。このレビューでは接続切れが指摘されているのですが、私が試した分には・ペアリング問題なし・音質は shure 純正のものに引けを取らないということで良好です。音質は若干キラキラした感じでhiよりですが、クラシック、ロック、ポップス、edm等素人が聴く分には充分楽しめるし価格相当だと思います。というかブラインドテストしてちゃんと聞き分けできる人がどれくらいいるかな?というレベルですので音質的にはイヤホンが左右するレベルと考えても問題ないかと思います。bluetooth の接続はレシーバー側、周囲のノイズの状況等によって接続切れは発生するので私の環境が問題ないから問題ない!とは言い切れないのですが、5km程度都内を歩き回った分には問題ない感じでした。星を一つ減らした理由はコントロール部がゴム製で若干操作がしにくいこと、ボタンが小さめなこと、押し方を間違えるとリダイヤルというよくありがちなあれが起こったりしたので慣れが必要かなと思ったこと、ワイヤーがシュアーがけをするにはこれも慣らしが必要かなと思ったところです。音質重視の方なら気にならない些細な点になります。.

非常に小型ですが、音量自体はしっかり出ます。初めて装着した時は爆音でびっくりしました。音質は高音寄りですがシャリシャリではなく、キンキンだとおもいます。ロックだと、ドラムのシンバルがかなり前にでます。そうでなく。ポップス系のボーカル主体であれば、高音が邪魔にならず、もう少し聞き込めると思います。ただ、私はロック系を聞くことがが多く、またダイナミック型のイヤホンの低音が好きでzsr,pinacle p2、fx1100等を常用していて、それを有線接続で聞いているのですが、それに比べると、この機とダイナミック型では低音部が鳴らしきれない感じです。バスドラが全然ドンドン来ないです。装置自体は非常に小型で、コードにリモコン操作部が付いているだけのような感じです。他社のように首にかけるu字型の本体のような部分がありません。なので装着自体は煩わしい感じはありません。ブルートゥース接続は、ボタンを長押しすればできます。コードにはしっかりクセが付いていてsure掛け(耳掛け)専用みたいな感じですので、イヤホンもそのタイプ(プラグが前に向く)でないとセッティングが決まらないでしょう。mmcxプラグのshure掛けイヤホンをもっていて、スマホの音楽をイージーに聴くのには手軽でいいと思います。.

Shure 215のbt化に際し本ケーブル購入しました。他人にお勧めするには微妙かと、特にバッグにいれるとよく途切れる事が多く残念良い点・そこそこの音質・aac対応悪い点・ポケットに入れるとちょくちょく音切れ・電池表示がおかしい、100か60か10ぐらい?のみの表示のため参考として微妙。当方androidなためかもしれませんが.

このタイプのbluetoothケーブルは、安価なものをいくつか使用しましたが、その中では音はいい方です。接続などのアナウンスが、英語や中国語の音声ではなく効果音なのが、個人的には良かったです。ただ、やはりこういう商品は、音の途切れからは逃れることができないようです。ズボンのポケットぐらいの距離でも、ダメな時は途切れまくります。ある程度は無線の宿命ですし、それを考えてもいい商品だと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 求めていたケーブルの長さでした
  • コスパはそこそこだが、オススメは。。
  • この手の商品としては音はいい

デメリット

公称8時間再生できるとありますが、フル充電しても1〜2時間でバッテリー切れになるようになりました。fiioは中国のメーカーで、並行輸入品は保証が効かないので要確認です。.

残念ながら使用できずでした。右chのmmcxコネクタが硬すぎて手持ちのイヤホンが接続できず。lチャンネル側や他のイヤホン含め、いろいろとっかえひっかえしましたがこれのr側には一度もカチッとささらないし一見取り付いてるようでも、音は無音の状態でした。ペアリングなどは一応できたし、ちゃんと技適も取ってるのに、もったいない…。ちなみに技適番号のシールは、リモコンではないふくらみ側(バッテリー部分?)の方に貼られてます。ただこのリモコンと、も一つのふくらみ部分、ここのプラスチックの質感がそっけなすぎて価格ほどの高級感は感じなかったです。同スペックでカナル型ドライバーが直付けの製品を持っていますが、それが4000円ほどだったのでどうにも見劣りします。せめて音が聞ければ…と思い何度か頑張りましたがつなごうとする側が壊れないか心配になってしまいコレ以上の試行はあきらめました。残念です。.

特徴 [FiiO]RC-BT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ◆タイプ:耳フック/ ◆対応コーデック:aptX SBC / AAC / ◆ Bluetoothチップ:クアルコムCSR 8645 / ◆接続範囲:約20 m(障害物なしでオープンスペースに制限)/ ◆出力: ≥ 15 mW ( 32 Ω負荷)/◆全高調波歪み率+ノイズ:0.05 %以下
  • ◆バッテリー容量: 120 mAh / ◆連続再生時間:約10時間/ ◆充電時間:2時間◆充電端子: Micro USB / ◆充電仕様: dc5 V 500 mA以内推奨

メーカーより

FiiO RC-BT

MMCX端子搭載のリケーブル対応イヤホンをBluetooth化するBluetoothケーブル

  • Bluetooth用チップセットにQualcomm製「CSR8645」を搭載し、Bluetooth 4.1に対応
  • SBC、AAC、aptXの各種Bluetooth用コーデックに対応
  • 良好なコンタクト性を実現した新MMCX端子を採用
  • 多機能インラインリモコンを搭載
  • 連続再生時間10時間を達成
  • マルチペアリングに対応
  • iOSデバイスから電池の残量の確認が可能
製品の仕様

  • 製品バリエーション耳掛け用フック形状
  • 対応コーデックaptx, SBC and AAC
  • BluetoothチップQUALCOMM CSR8645
  • 接続範囲約20m(遮蔽物の無い開けた空間に限ります)
  • 出力≥ 15 mW(32Ω負荷)
  • 全高調波歪率+ノイズ≤0.05%
  • バッテリー容量120 mAh
  • 連続再生時間約10時間
  • 充電時間2時間以内
  • 充電用端子Micro USB

MMCX端子搭載のリケーブル対応イヤホンをBluetooth化するBluetoothケーブル

MMCX端子搭載のリケーブル対応イヤホンをBluetooth化するBluetoothケーブル

RC-BTは、FiiO製イヤホン製品だけでなく、業界標準のMMCXコネクタを使用するあらゆるイヤホンをBluetooth接続可能なワイヤレスイヤホンへと進化させる、Bluetoothケーブルです。これにより、お使いのイヤホンとスマートフォンとを簡単に接続することができるだけでなく、イヤホンケーブルのわずらわしさから解放され、圧倒的な利便性をもたらします。

RC-BTはイヤホン用ケーブルにおいて重要なコンタクト性においても従来製品からの進化を遂げています。これまでFiiOが採用してきたMMCX端子から大幅に接続安定性を向上させた新型のMMCX端子を採用することで、運動中の使用でも接触不良での音切れを起こすことなく音楽をお楽しみいただけます。

多機能インラインリモコンを採用

多機能インラインリモコンを搭載

RC-BTに搭載されているインラインコントロールリモコン部は、高音質の音楽再生を操作できるだけでなく高性能マイクを搭載し、最新のスマートフォンと同等の品質でBluetooth経由で音声通話を発信することができます。また、RC-BTのLEDインジケーターが製品の状態を簡単に教えてくれます。

  • 充電中:充電が完了するまで赤色のライトが点滅します
  • 動作中:青色の点滅
  • ペアリング中:赤色光と青色光が交互に点滅
  • バッテリー不足:赤色の点滅

連続再生時間10時間

RC-BTは大容量バッテリーと超低消費電力SoCの組み合わせにより、最大​​10時間の連続再生時間を達成しています。これにより1日に1.5時間音楽を聴く場合には1週間に1回の充電で十分という高いモバイル性を実現しています。しかも、2時間の充電時間でフル充電が可能です。

Bluetooth用チップセットにQualcomm製「CSR8645」を搭載し、Bluetooth 4.1に対応

Bluetooth用チップセットにQualcomm製「CSR8645」を搭載し、Bluetooth 4.1に対応

RC-BTは、 Bluetooth 4.1に対応したQualcomm製SoC「CSR8645」を採用。高い接続安定性を誇る「CSR8645」は、電波干渉の多い場所でも安心してお使いいただけます。

RC-BTはSBC、AAC、aptXの各種Bluetooth用コーデックに対応。ロスレス音源の魅力を余すところなく伝えます。

ベスト [FiiO]RC-BT 買い取り

This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.