FiiO 【並行輸入品】FIiO E12A ポータブル・ヘッドホンアンプ – dx90との相性は良好

E12に比べてホワイトノイズ等が全くと言って良いほど感じられません。音の傾向は、厚みを持たせて解像度も上がる感じですが、音の透明度というかクリアさが若干無くなります。この点ではe12に軍配が上がるかと思います。とはいえ、駆動時間は長めとなっていますし、サイズも若干厚みのあるスマホ程度でコンパクトです。イヤホンメインでdac機能は不要であると考えている人でしたら、十分に価値有る商品ですね.

注文してからdacが入っていないことに気がつきましたが、これはこれでアリだと思います(dacありだと駆動時間が極端に減るので)。walkmanのnw-a16+ue900+galaxy-plusで使っていますが、音が変わります。クリアさは若干損なわれるようにも思えますが、それを上回るダイナミックさが加わります。ベースや、バスドラのダイナミックさだけでなく、シンバルの切れもよくなった感じがします。nw-a16直差しだとボリュームを上げすぎると、うるさくなりすぎて(音が刺さる)同じようにはなりませんでした。こちらは、ボリュームを上げてもダイナミックさが上昇するだけでうるさくならないのが、不思議です。dacが入っていないので、対象のプレイヤーのキャラクターを残したまま、ダイナミックさをプラスするところがいいですね。dac入りだと、プレイヤーがただの「入れ物」になってしまうのに対して、E12aだと再生専用機をいくつか所有されているかたは、音色の変化を楽しめるので、とても趣味性が高いと感じました。値段もそこそこなので、音色とダイナミックさの変化を感じるには楽しくて良いのではないでしょうか。.

ポタアンに手を出す気は無かったのですがdx90(無印)のイヤホン端子がやられてしまい価格comなどでe12aが使えるということで今回こちらの商品を購入しました。結論からいうと、買って良かったです。ポタアンなのでかさばりますが、それでもイヤホンジャックの改善+明らかな音質向上がはかれます。(因みに使用イヤホンはrhaのt20です)dx90で同じような症状を抱えていらっしゃるかたはこちらの商品を試して見てください!.

1年ほど使ったのでレビューします。音はいろんな受け方があるのでレビューは控えさせていただきますが、音質はどちらかと言うと硬めの音がします。本当に鳴らしづらいヘッドホン以外は、だいたい音量が取れると思います。発熱は全くありません。本体はケースに入れずに荒い使い方をしていても多少プリントが1mmくらい剥がれただけで、傷ができたりすることは全くありませんでした。よく出来ている商品だと思います。.

色々と悩んみましたが評価が比較的に高いこちらの商品を購入しました!説明書が様々な言語の記載があったのですが、日本語だけありませんでした。google等で検索しても日本人の使用感のレビューはありましたが使い方の説明はありませんでした。なのでyoutubeで調べたら少ないですが日本人で使い方や付属品の紹介の説明動画を投稿をしている方がいたので自分と似たような人はそちらを見ると理解しやすいと思います。ipod touchを使用しています。dac機能が搭載されていないのでウォークマン等の使用の方が恩恵は大きいかもしれません。それでも、凄く良い商品だと思います!楽器の音がこんなにも立体的に聞こえるなんて初めての体験です!イヤホンで音楽をより楽しめるようになりました!リケーブル方式のイヤホンが近い内に届くので凄く楽しみです!iphoneやipod touchでポータルアンプを使用する際にいくつかパターンがあるそうなのでそちらも試してみたいと思います!.

Muses02からopa627auへオペアンプ交換してみました。結果ですが、相性の悪かったrha t20を高音質で聴けるようになりましたね。スマホ直挿しの音質に良質な中高音を足した感じと言えばイメージ出来ますでしょうか?(スマホのイヤホン出音は中高音を引っ込ませて低音を出す傾向が多い)muses02は、イコライザーをいぢると顕著にバランスが崩れましたが、opa627auではイコライザーに忠実な出音になりました。モニター系イヤホンより、リスニング系イヤホンが、より合うかと感じました。後に、興味半分でmf残党バランスアンプをfiioe12aの先に繫げてみました。すると、gnd分離の拡がり過ぎる音場や出過ぎる高音がマイルドになりxba-h3を出口に使用した際は、呆れる程の高音質になりました。fiioe12aとopa627auが秀逸であればこそだと感じました。.

E12も持っていますが audioone さんで安くなっているので e12a も追加購入しました。筐体は同じですが音質は別物ですね。パワフルで骨太の e12 に対し、e12a はすっきりクリアに鳴ります。バスブーストも e12 の過剰さに比べるとこちらはナチュラルに効くので常時オンで使えます。ホワイトノイズがないのも美点ですね。.

元々fiioのa3を使っていましたが僕はこっちの方が好きです。視聴環境としてはプレイヤーはonkyoのdp-x1a、イヤホンがrhaのt20iで聴かせて貰った感想です。まず聞いた瞬間の音のメリハリ。プレイヤーにiphoneでapple純正のイヤホンを使用している友達でも分かりました。聴いていて「楽しい」「こんな音初めて」などの感想が出ました。流石iemモデルとあってfiioならではの工夫がこなされていました。音の響きもアンプから出ているのが分かるくらいでした。初めて買うにしてはもったいない位のアンプでとても満足しています。.

利点と欠点

メリット

  • 初めてのポータルアンプ
  • E12 とは別物の音質
  • コスパ良し造り良し音も良し。

デメリット

Inateck br1006というbluetoothレシーバー&トランスミッターの先に接続し、レシーバーとして活用して繋いでおります。以前使用していたポタアンは、3000円程度で購入できるものでしたがレベルが全くかわりました。apt-x hdという高音質なコーデックにより繊細な音の表現が、堪能できることに感謝しております。オペアンプがmuse02ということもあり、興味があるパーツ等活用していることも気になる製品でした。fiioさん本当にありがとうございます。.

さすが、iem特化チューニングです。とにかく静かで、音量を最大にしてもホワイトノイズはほぼ0に近いです。解像度もかなり高いです。全ての音域において隙がありません。以前までは、イコライザーを弄っていたのですが、今回は弄る必要がありませんでした。素晴らしいバランスです。.

ベスト 【並行輸入品】FIiO E12A ポータブル・ヘッドホンアンプ レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.